朝鮮総連への「ガサ入れ」
2007月04月26日

 渡辺秀子幼児拉致事件の捜査は、朝鮮総連関連施設への捜索から総連最高幹部らの参考人として事情聴取要請にまで発展しました。過去に総連中央本部を含め総連施設への強制調査や家宅捜索は何度かありましたが、国外移送目的略取容疑、即ち拉致事件との関連での「ガサ入れ」は今回が初めてです。

 呼び出しを受けている総連最高幹部とは、徐万述議長、許宗萬責任副議長、そして次期議長と目されている南昇佑副議長の3人のようです。疑惑の貿易会社「ユニバース・トレイディング」社を設立した金炳植第一副議長(当時)の下で当時、組織局長、国際局部長、そして総連系貿易会社を統括する「朝日輸出入商社」の主要ポストにあったことから「疑惑の対象」とされたようです。

 警察の捜索を「謀略的国策調査」と激しく反発している朝鮮総連が警察の事情聴取に協力するとは思えません。仮に警察が総連本部に赴いたとしても捜査に協力するとは考えられません。そうなると、令状を取っての連行ということになりますが、徐議長と許責任副議長のトップ二人は日本の国会議員にあたる北朝鮮の最高人民会議代議員です。果たして警察が証拠を固めて、あるいは別件で逮捕に踏み切れるかどうか、今後この「綱引き」が焦点となるでしょう。

 今回の警察の手入れで朝鮮総連に激震が走ったのは疑いの余地もありません。というのも、5月25日に結成52周年を迎える総連は現在、第21次全体大会準備の真只中にあるからです。まして、先の日朝作業部会で北朝鮮の宋日昊国交交渉担当大使が拉致被害者の再調査条件として「総連への弾圧中止」を強く求めたいただけに「まさか」という思いかもしれません。拉致問題では安倍政権が一切妥協も、譲歩もしないことを改めて思い知らされたでしょう。

 ところで、朝鮮総連を未曾有の窮地に追いやっている問題の人物、金炳植はすでに故人となっています。彼は当時、韓徳銖議長の妹を妻としながら、義兄の韓議長をないがしろにし、権力を牛耳ったためそれが原因で、1972年10月に北朝鮮に「追放」されました。韓議長が金日成主席に要請し、ピョンヤンを訪問中の金炳植をそのまま幽閉させてしまったのです。

 当時、総連中央が金炳植に貼った「罪状」は「反党反革命宗派分子」でした。議長の自宅に盗聴まで仕掛けていたというから驚きです。関係者によると、金炳植がNo.2にまで頭角を現し、事実上、総連を私物化するまで権勢を誇ることができたのは、後ろ盾に「金正日書記」が控えていたからだと言われていました。

 有力財界人との会合「万ん賀ん会」を作るなど財界へのロビー活動、自民党を中心とした政界へのアプローチ、さらには韓国の軍人、政治家への買収工作から情報収集まで大胆な「対外活動」と「秘密工作」が北朝鮮から評価されていたのでしょう。71年に滞日中の金大中大統領候補に20万ドルを渡していたことが、それから26年後の大統領選挙中に発覚し、問題となったこともありました。

 謎なのは、その活動資金です。金炳植をよく知る者によると、有能な若手活動家を選抜し、多様な「経済活動」に動員し、資金を調達していたようです。「ユニバース・トレイディング社」は数多くあった金炳植の「私組織」「拠点」の一つとのことです。

 北朝鮮で「隔離」された金炳植が収容所送りされなかったのも、また21年後の93年に社会民主党委員長として復権できたのも、一にも二にも日本に残した彼の膨大な「隠し資金」「隠し財産」の賜物で、それを回収し、党に「献金」したからだとも言われていました。

 北朝鮮で72年から93年までの21年間「隠遁生活」を送っていたとされる金炳植は、その間「日本問題研究所」所長の職にあったとも言われています。これも、「南朝鮮問題研究所」と並んで工作部署の一つです。日本政府が認定した日本人拉致は77年から80年の間に起きました。仮に金炳植が日本にいた「残党」を使って日本人拉致に何らかの形で関与していたとしても不思議ではありません。


コメントなどは
[*]テロ支援国指定継続へ
[#]中山発言と「デッドライン」
[1]メールを送る
[2]Mobile@THE JOURNALへ
[0]トップへ

辺真一の「コリア・レポート」
Copyright
携帯アクセス解析