Calendar

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

« 「ボートピープル」の謎
メイン
「青天の霹靂」の朝鮮総連本部売却 »

「脱北家族」への過保護

 日本政府は脱北家族に対してあまりにも過保護です。氏名も履歴も顔写真も公開しようとしません。二年前に日本人妻の平島筆子さんが帰国した時の対応も同じでしたが、その時はやむを得ませんでした。平島さんには北朝鮮に残してきた子供と孫がいたからです。

 ところが、今回の脱北家族には北朝鮮に残してきた家族は一人もいないということです。それが本当ならば、神経を使う必要性はありません。6年前に偽造パスポートを使って不法入国者した金正日総書記の長男、金正男のときはマスコミに好きなだけ撮らしたわけですから。

 今回一つわかったことは、夫婦は、56歳の元漁師と62歳の妻とのことです。姉さん女房は北朝鮮では本当に珍しいです。妻の家柄が良いから年下の男性でも結婚ができたのでしょう。妻の家系が気になります。

 また、専門学校生の長男は30歳で、たこでなく、いかの漁師の次男は26歳とのことですが、長男と次男は独身だったのでしょうか。年齢的には結婚しても、また子供がいても不思議ではありません。過去の脱北者のケースからしてこの場合は、リスクが伴うので残してきたか、離婚してきたかのどちらかです。もし、そうならば北朝鮮に残してきた家族がいるということになります。

 まあ、日本政府とマスコミが人道的な配慮から彼らの詳細を伏せても、彼らが韓国に行けば、遅かれ早かれすべてがわかります。韓国のマスコミがほおっておかないでしょう。時間の問題です。

 それと、船は兄弟が操縦し、両親は船酔いで吐いたというのもどうかと思います。元漁師の父親が吐き、専門学校生の長男が弟と交代で操縦していたとはどう考えても解せない話です。家計を助けなければならない長男が、それも30になっても、専門学校に通っていたとは、これも気になります。

 また、当初は、「一家はたこ漁師次男が生計を支え、苦しかった」と言われていましたが、朝日新聞(6月6日付)は「一家はたこ漁師である次男の収入で、地元では経済的に恵まれている方だった」と書いていました。ということは、「生活が苦しく、1日おきにパンを食べるのがやっとだった」と言っていたのとはあまりにも矛盾しています。家族全員が時計をはめていたほどですからひょっとすると「貧困からの脱出」ではなかったのかもしれません。

 微量ながら覚せい剤を所持していたことも含め、今回の脱北には何か深いわけがありそうです。万に一つ、今回の亡命が覚せい剤絡みなど「犯罪からの逃亡」ということならば、日本政府の「過保護」は汚点を残すことになります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1832

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

辺 真一(ぴょん・じんいる)

-----<経歴>-----

1947年東京生まれ。
明治学院大学(英文科)卒業後、新聞記者(10年)を経て、フリージャーナリストへ。
1980年 北朝鮮取材訪問。
1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。現編集長。
1985年 「神戸ユニバシアード」で南北共同応援団結成。統一応援旗を製作。
1986年 テレビ、ラジオで評論活動を開始。
1991年 南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催。北朝鮮への名古屋からの民間直行便開設に助力。
1992年 韓国取材開始。(以後今日まで二十数回に及ぶ)
1998年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。
1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人。
2003年 海上保安庁政策アドバイザー。
2003年 沖縄大学客員教授。
現在、コリア・レポート編集長、日本ペンクラブ会員。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
「辺真一のコリア・レポート」

-----<著作>-----


『「金正日」の真実』
小学館、2003年1月


『金正日「延命工作」全情報』
小学館、2002年11月


『強者としての在日』
ザ・マサダ、2000年11月


『「北朝鮮」知識人からの内部告発』
三笠書房、2000年1月


『北朝鮮亡命730日ドキュメント』
小学館、1999年6月


『北朝鮮100の新常識』
ザ・マサダ、1999年5月

『ビジネスマンのための韓国人と上手につきあう法』
ジャパン・ミックス、1997年12月

『朝鮮半島Xデー』
DHC、1994年8月

『表裏の朝鮮半島』
天山出版、1992年4月

-----<共著>-----


『読売 VS 朝日 社説対決 北朝鮮問題』
中央公論新社、2002年12月

『韓国経済ハンドブック』
全日出版、2002年3月

『一触即発の38度線』
飛鳥新社、1988年7月

-----<訳書>-----


『北朝鮮が核を発射する日』
PHP研究所、2004年12月

『凍れる河を超えて(上)』
講談社、2000年6月

『凍れる河を超えて(下)』
講談社、2000年6月

『私が韓国をキライになった48の理由』
ザ・マサダ、1998年9月

『潜航指令』
ザ・マサダ、1998年7月

『生きたい!』
ザ・マサダ、1997年7月


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.