Calendar

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

« 中山訪米は成果があったのか
メイン
「脱北家族」への過保護 »

「ボートピープル」の謎

 青森県深浦町で保護された脱北者家族の次男が微量ながら覚せい剤を所持していました。次男は「眠気覚ましのため持っていた」と警察当局に語っているようです。覚せい剤の「効能」を知っているということはおそらく初心者ではないでしょう。常用者の可能性も考えられます。密売者かどうかも含めて調べる必要はあるようです。

 家族は「新潟を目指して来た」と語っていますが、なぜ新潟にそこまでこだわる必要性があるのでしょうか。最初から韓国に亡命するのが目的ならば、日本の陸地ならばどこでもよかったはずです。日本にたどり着けば、新潟でなくても、青森からでも韓国には行けるわけですから。新潟に定住したいというなら話は別ですが、新潟に行かなければならない事情でもあったのでしょうか。

 家族は「(北朝鮮では)生活が苦しく、1日おきにパンを食べるのがやっとだった」と語っているようですが、事実ならば、栄養失調にかかり、脱北する体力も気力もなかったはずです。おそらくもやしのように痩せこけていてしかるべきなのにどういうわけか全員健康というから不思議です。

 また、家族は、次男がタコ漁をして一家の生計を支えていたようですが、本当に苦しければ、専門学校に通っている30代の長男は学校を辞めて働いてしかるべきなのにこれまた不思議です。

 陸路からの中国亡命にせよ、資金がなければ、脱北はできません。船も、エンジンも、燃料も、食糧も調達したようですが、「1日おきにパンを食べるのがやっと」の経済事情で、どうやってその資金を調達したのでしょうか。謎です。

 父親は中国語を多少話せ、また4人は着岸時、多少の人民元を所持していたということは中国を行き来していたか、中国と何らかの取引をしていた可能性も考えられます。家族の姓名、年齢、職業、居住地、さらには長男が通っている専門学校の校名がわかれば、いろいろと分析もできるのですが、北朝鮮に家族を誰も残しておらず迷惑をかけることがないわけですから本来ならば、公表してしかるべきです。それが未だ公式発表がないのはどういうわけでしょうか。

 家族が生きるため、食べるため脱北してきた経済難民ならば国連難民保護法や昨年施行された北朝鮮人権法にのっとって人道的に対応し、希望の地の韓国に行けるよう政府は最大限配慮すべきです。しかし、まかり間違って、仮に何らかの犯罪にかかわったうえでの逃亡ならば、ことは簡単ではありません。

 ボートピープルの日本亡命が成功したということが口コミで北朝鮮に伝われば、北朝鮮には脱北予備軍が大勢いるわけですから、今後日本に向かってくる可能性は大いにあります。まして中国ルートが厳しければなおさらのことです。船の大小に関係なく、また強奪してでも、船を手に入れてやって来るでしょう。

 キューバからの難民同様に数人でなく、数十人、数百人と押し寄せて来た場合、生きる糧を求めてやって来る純粋な経済難民と政治的迫害から逃れてくる政治亡命者と、収容所から逃走してきた犯罪者や、北朝鮮が難民を装って送り込んだ工作員らを判別できるのでしょうか。まさか、北朝鮮に身元を照会するわけにもいきませんし。

 ちなみに、2000年から2005年6月まで韓国に亡命した脱北者4,080人のうち10.7%にあたる436人が北朝鮮や中国、あるいは逃亡地の第三国で犯罪を犯していました。野党のハンナラ党の議員が統一部に提出を求めた国政監査資料で判明したのですが、それによると、殺人10人、人身売買23人、麻薬密売10人、強姦・強盗・窃盗など151人、公金横領21人となっていました。

 これあくまで自己申告の結果です。少し手荒な取調べや詰問をしたら、おそらく犯罪者の数字はもう少しは跳ね上がっていたかもしれません。以下の米国の民間の人権団体が行なった脱北者へのアンケート調査を参照してください。

http://www.krp1982.com/questionnaire.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1831

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

辺 真一(ぴょん・じんいる)

-----<経歴>-----

1947年東京生まれ。
明治学院大学(英文科)卒業後、新聞記者(10年)を経て、フリージャーナリストへ。
1980年 北朝鮮取材訪問。
1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。現編集長。
1985年 「神戸ユニバシアード」で南北共同応援団結成。統一応援旗を製作。
1986年 テレビ、ラジオで評論活動を開始。
1991年 南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催。北朝鮮への名古屋からの民間直行便開設に助力。
1992年 韓国取材開始。(以後今日まで二十数回に及ぶ)
1998年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。
1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人。
2003年 海上保安庁政策アドバイザー。
2003年 沖縄大学客員教授。
現在、コリア・レポート編集長、日本ペンクラブ会員。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
「辺真一のコリア・レポート」

-----<著作>-----


『「金正日」の真実』
小学館、2003年1月


『金正日「延命工作」全情報』
小学館、2002年11月


『強者としての在日』
ザ・マサダ、2000年11月


『「北朝鮮」知識人からの内部告発』
三笠書房、2000年1月


『北朝鮮亡命730日ドキュメント』
小学館、1999年6月


『北朝鮮100の新常識』
ザ・マサダ、1999年5月

『ビジネスマンのための韓国人と上手につきあう法』
ジャパン・ミックス、1997年12月

『朝鮮半島Xデー』
DHC、1994年8月

『表裏の朝鮮半島』
天山出版、1992年4月

-----<共著>-----


『読売 VS 朝日 社説対決 北朝鮮問題』
中央公論新社、2002年12月

『韓国経済ハンドブック』
全日出版、2002年3月

『一触即発の38度線』
飛鳥新社、1988年7月

-----<訳書>-----


『北朝鮮が核を発射する日』
PHP研究所、2004年12月

『凍れる河を超えて(上)』
講談社、2000年6月

『凍れる河を超えて(下)』
講談社、2000年6月

『私が韓国をキライになった48の理由』
ザ・マサダ、1998年9月

『潜航指令』
ザ・マサダ、1998年7月

『生きたい!』
ザ・マサダ、1997年7月


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.