Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

« 【第39回】政治家に訊く:岩屋 毅
メイン
【第41回】政治家に訊く:萩原 仁 »

【第40回】政治家に訊く:浅野貴博

第40回「政治家に訊く」は浅野貴博氏です。

浅野氏は北海道釧路市の酪農家に育ち、神戸大学大学院卒業後、2003年から鈴木宗男氏の秘書を経て、2009年総選挙に新党大地公認で出馬しました。2010年鈴木宗男氏の実刑判決確定、失職にともない、現在は新党大地代表代行を務めています。

今回は政治家になるきっかけや力を入れる政策だけでなく、収監中の鈴木宗男氏の様子などについても話を伺いました。

───────【基本情報】───────

名前:浅野貴博(あさの・たかひろ)
政党:新党大地
選挙区:比例区
生年月日:1978年4月5日
座右の銘:我以外皆師
趣味:読書・音楽鑑賞・スポーツ・人間観察
好きな食べ物:辛いもの全般、トウガラシ入りラーメン、タイ料理
ブログ:http://ameblo.jp/asanotakahiro

───────【質問事項】───────

asano110125_7.jpg

私の実家は酪農経営をしています。牧場は遊び場のような所で、幼少期から手伝いをしていました。

私は2人の姉がいる末っ子長男で、実家の後を継ぐ意志がありました。両親とは実家を継ぐ約束をし、高校時代は獣医師資格を取得ようとしていました。しかし外国語に興味があり、外交官になりたいという思いがありました。酪農を継ぐというマニフェスト違反になってしまう...と迷いながらも、父に想いを伝えました。

もちろん父はショックを受けていたと思いますが、「おまえが決めたなら一生懸命勉強しろ」と言ってくれました。一方母親からはそれから1ヶ月ほど「今からでも遅くないから酪農を継ぎなさい」言われ続けました。

──大学は地元・北海道を離れたと伺いました

地元を離れ、関西外国語大学・国際外国言語学部へと進みました。

新しく住んだ大阪に対して、当時は恐いイメージを抱いていました。次第に関西弁も柔らかく聞こえるようになり、親近感がわき、最初のイメージとのギャップに驚きました。

学生時代は中国に留学したことが印象的です。北京と広州で合計約1年生活しました。そこでのつながりは財産になっており、昨年繰り上げ当選したときにも連絡をいただきました。

──鈴木宗男代表との出会いは大学時代ですか?

asano110125_3.jpg

鈴木代表と初めて会ったのは、高校3年生の時で、北海道の自宅にトイレを借りに来ていました。力強く手を握っていただきました。こんなパワフルでエネルギッシュな人がいるんだなという印象でした。当時、まさか自分が鈴木代表の秘書になるとは思っていませんでした。

──政界への直接のきっかけは?

2003年のことです。私は外交官への試験に落ちてフリーター生活を送り、行き場所がなくなっていました。その頃、鈴木宗男代表が437日間の交流期間を経て、出所して間もない時期でした。郵政選挙があるということで、選挙の手伝いをしないかという話があり、地元に戻りました。

──鈴木氏の印象はどのようなものでしたか?

asano110125_2.jpg

秘書になるための面接を受けた時は、ものすごいオーラを感じました。父親と一緒に座っていて、鈴木代表が部屋に入ってくると部屋の中の空気が変わります。

面接中は電話が途絶えませんでした。交わした言葉はほんのわずかで、「君は家の手伝いをしているのか」「はい、幼少のころから手伝っておりました。実家での経験は大きな糧となっています」「おお、そうか」というやりとりだったことを覚えています。

最初は地元の選挙の手伝いをして、その後2004年1月末に東京事務所で欠員が出たので東京の事務所で働くようになりました。

──9月に繰り上げし、政治家になりましたが"これはやりたい"というものは?

取り調べの全面可視化法案を絶対に成立させたいと思います。新党大地として、鈴木宗男代表の後を継いだものとしてやらなければいけないことです。石川知裕氏が任意の事情聴取の状況を録音していましたが、改めて検察の取り調べのひどさが明らかになりました。取り調べを録音し、検証可能な措置をとらなければ事実は明らかになりません。私は日本を冤罪が生まれる国にしてはいけないと思います。(つづきは映像にてご覧下さい!)

(取材日:2011年1月25日 撮影・構成:《THE JOURNAL》編集部)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7858

コメント (5)

北海道が生んだ、自由民権活動家の鈴木宗男先生のお弟子さんですね。残念ながら、鈴木宗男先生は、弾圧にあい現在刑務所に収監中です。新党大地さんも苦しい戦いを強いられていると思いますが、見えない支持者達は大勢います。取り調べの全面可視化法案並びに冤罪防止法の制定に頑張ってください。本日の国会も酷い弾圧大会でした。予算委員会集中審議というものが、政治と金弾圧委員会に化けてしまいました。彼等は、小沢氏が無罪になったら、どうするつもりなのでしょう。おそらくは、法的は無罪でも道義的な責任は残ると言うに違いありません。無実の人間に石ころを投げた人間の道義的責任など、きっと何も感じないのでしょう。かくいう私自身にもかつては疑問に感じながらもついつい石ころ投げに参加していた後ろめたい記憶があります。先生、テーマは【冤罪防止法制定】にしたほうが、戦略上良いと思います。こうして、大テーマの杭を先にドカッと打っておけば、中テーマとしての全面可視化や、其だけではカバー出来ない弱点があっても、他にも中テーマを出せるでしょ。ギチギチの法案はいけませんが、官僚は賢い連中です。大地に根を張るような戦いを支持致します。

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

鈴木さんが収監される少し前、議員会館で「領土問題議員向けシンポ」があり、佐藤優さんと宗男先生の有益なお話を伺わせていただきました。
この主催者が浅野貴博議員でした。参加者が多く、われわれ一般参加者は隣室で音声のみの聴講でしたが、浅野議員が「申し訳ありません」と何回もおわびに見えられ、若いのにしっかりしていて人柄も良くこの人なら鈴木宗男さんの留守を守れるなと確信しました。
後日、可視化請願書も札幌の事務所へ送りました。
宗男さんの近況をまた伝えてください。

浅野貴博様
がんばってください。考えがしっかりしている。
宗男さんが見込んだことだけある。期待してます。

減税日本というのは、地方の維新というのも、スローガンとしてだけでなく政策目標としても正しいと思うが、減税とか安保とか地方とか、ただ1つのイッシューで1本の旗を立ててそこに集まれというのは、政党政治である以上、無理があると思う。それぞれの政策は相互に関係があって、ある条件の下で、他の政策との関連のなかで、その是非が判断できるので、減税とか増税とか言ってみても、それだけでは罵りあいになりかねない。まずは、中央官庁の官僚が自分の組織利益の最大化を目的に行動する体制を変えること、これは政治主導であり地域主権である。地域主権という旗を1本立てて欲しい。減税だ増税だ、いや雇用だと言っても、デフレからの脱却が必要な条件になる。デフレ状態のままでは財政再建もヘチマもない。デフレ退治という旗も1本立てて欲しい。そのデフレ状態が解消しないのは需要が増えないからである。需要が増えないのは消費が増えないからでその原因には国民の間の将来不安があるのはまちがいない。医療・年金・介護のセーフティ・ネットを整備することが高齢化社会への準備として必要であることはみんな同意している。セーフティネット整備の旗(スローガンとしては年金・医療でいい)も1本立てて欲しい。この地域主権・デフレ脱却・年金の3本の柱で、一致できる政党が、ガラガラポンで集まって、とにかく1つの政党を作って欲しいと思う。それから言いたいのは、外交とか安保とか、領土とか環境とかのことは、本来どの政党が政権にあっても変わらないはずのものである。言い換えれば国民間の分配の問題ではないはずである。こうした問題で政党が分かれて争うのはやめて欲しい。政治改革や参議院制度、外国人地方参政権の問題も、イデオロギーの問題にしないで、国民の意思を統合する方法としての民主的な手続きのありかたとして議論して欲しい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.