Calendar

2010年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 【第26回】政治家に訊く:赤石清美
メイン
【第28回】政治家に訊く:喜納昌吉 »

【第27回】政治家に訊く:石田三示

ishida100304_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:石田三示(いしだ・みつじ)
政党:民主党
選挙区:比例南関東ブロック
生年月日:1952年1月27日
血液型:O型
座右の銘:身を捨てて公に尽くす
趣味:機械いじり(農機全般)
好きな食べ物:米
お気に入りの店:リサイクルショップ

───────【質問事項】───────

─政治家を志す経緯は?

ishida100304_2.jpg

 千葉の山村で一農民として生活をしていました。そんな所で高野孟さんや藤本敏夫(ふじもと・としお)さんなど、国の行方の方向づけをしている方々の議論の輪に入っていたことが大きかったと思います。酒を飲みながら一緒にいることで問題意識が出て、少しずつ自分が変わってきたのだと思います。
 初めて政治に直接関わったのは、若井康彦(わかい・やすひこ)氏が千葉県知事選挙に出馬した時です。町づくりの観点から支援しました。若井氏は県知事選に敗れ、民主党から衆院選に出馬します。その頃から私は民主党とつながりができ、青木愛(あおき・あい)氏の後援会に関わっていくようになります。

─政治家になる前は農業法人の代表をしていたのですか?

 高野さんが当時通っていた「鴨川自然王国」と、「大山千枚田保存会」の代表を務めていました。保存会での活動は、一般の農家と発想が違っていたと思います。周りと違うのは藤本さんや高野さんの影響が大きかったでしょう。

─東京から近い地域ですね。初めて農作業をする人にたくさん会ってきたと思います

 農村、農業に入ってきた人は、「来てよかった」「また来たい」「想像していた世界と違って楽しかった」と感想を口にします。初めてくる人に対して閉鎖的にならず、間口を広げてあげることが「担い手」を生む筋道になりると思いました。筋道をつくった上で、制度を整えていくことの必要性を感じていました。

─「担い手」が少ないのは本気で農業をやろうとしても踏み出せない理由があるのでは?

ishida100304_3.jpg

 生活ができる自信がないからでしょう。たとえば月10万円の所得を保障して、ある程度の農地が与えられ、田んぼを耕しながら何年かかけて生活するベースをつくるような取り組みはあります。半農半X(はんのうはんえっくす)という専業ではない農業、農村との関わり方もできつつあります。
 今まで国は農業だけで食べる専業農家の育成をやってきました。農業大学に入り、キャベツ農家を育成し、農協が技術をサポートするような取り組みです。農家の長男が跡を継ぐ傾向があったのでうまくいったのかもしれません。しかし今は違います。都会育ちで農業を全く知らない人も農業に興味を持って農村に入ってくることも考えられます。もう少しハードルを下げて、農村や農業への間口を広げる必要があるかなと思います。

─民主党政権は作らないことに対して税金を出す減反政策をやめて、作ったときの赤字分を税金で補填する戸別所得補償制度を進めています。農業政策より社会保障政策に近いように感じます

 秋の収穫期にいくらで売れるかを考えて春に植えたコメは植えません。春になったらカエルが出てきて、水が貯まったら田んぼに入って米を植え、次の一年間の暮らしが始まります。儲かる儲からないの話ではないのです。集落や担い手が見えない戸別所得補償制度ではいけないと思います。

─バラマキとの批判があります

ishida100304_4.jpg

 ソ連崩壊以降のキューバは食料が輸入されなくなりました。危機的な状況になれば意識が高まり、税金を投入して食料をつくるような動きになります。日本でも"ギョーザ事件"がありましたが、一時的な騒ぎになる程度で危機感は薄いです。
 有権者が食料や農業、農村に対して意識が低いままでは税金を入れるにしても合意を得るには難しいです。

─農業と直接関わりを持っている有権者は少ないように思います

 農業問題は農業者の問題ではありません。食料の安全保障という観点からも、国全体、国民全体の問題です。いまだに「食料は海外からもってくればいい」という意見があります。国際的には人口が増え、食料が足りなくなることはみんながわかっていることです。輸出入の話も出るようですが、今日、明日は大丈夫という短期的展望の議論でしょう。政治は長期的に見ることができなくてはいけません。
 長期的に見てみると、水や土地、森林は国際的な投機の対象になっている世界的な動きがあります。それらが農村に存在することはすごいことです。農村こそ日本の国際的な戦略地域と表現している学者もいるほどです。農村に税金を投入し、食料を作ることは当たり前の国策です。これからは、農業現場でやってきたものを伝えて、世論の支持を得るようにしていきたいなと思っています。

─これからの目標は?

ishida100304_5.jpg

 夢があります。それは国会議員全員を田んぼに入れることです。
 大山千枚田で活動していたとき、農水省の方を田んぼに入れるというイベントがありました。関東農政局の局長など20人ぐらいが来ました。イベントの後の懇親会で田植え経験について質問すると、全体の3分の2は経験したことがない人たちでした。この連中が田んぼの議論をしてもダメだなと思いました。
 国会議員も同じでしょう。昭和初期の政治家であれば見たりしたことはあると思います。今はほとんど経験したことがないのではないでしょうか。始まりは実際に肌身で感じることからです!

───────【こだわり】───────

ishida100304_6.jpg

ishida100304_7.jpg

 「昼はいつもコレ!」
 自分で作った長狭米(ながさまい)を炊いて秘書と一緒に食べているとのことです。

2010年3月4日、衆議院第二議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6693

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

プロフィール拝見しました。
田んぼから見えるもの、田んぼから聞こえる声を大事にして、今後の政治活動に力を注いでください。
けれど、それは農家のためでなく、日本の農業・漁業・林業の視点からであることを望んでいます。
農林漁業は、1、2年の計では成り立ちません、長期展望がなければ荒廃します。とは言え現代社会においては急激な変化にも、対応できる必要性もあります。
難しい舵取りも要求されますが、田んぼの声を聞くことを忘れなければ必ずできると思っています。

ご意見を伺い、田んぼ視線を持っておられることがよく分かります。
現在の農業問題も的確に捉えておれれます。
その中で気がかりと言うのか、この問題を、公に表明することは、難しいと知りながら、お尋ねしたいことがあります。
というか、多くの意見を知りえる立場においでになるだけに、要望というものです。
FTA問題をどの様に考えられているかと言うことです。
私自身は、賛同の立場です。
万が一のことを考えると、国内の食料生産量を確保し、自給率の向上を計らないといけない。国内価格と海外では価格差もあり、国内の生産者にとっては、経営を圧迫する要因ともなり、国内生産者の減少や企業論理での海外生産量の増加(今現在その傾向ですが)が懸念されます。
それでも、早急にFTA問題を解決しないと、日本全体の経済は、海外から遅れをとる危機感もあります。
果樹や牛肉にしても、国内農家は高品質で対抗してきています。寧ろ、逆に海外に打って出れるほどになったのでないかとさえ思えるのです。
先日も近隣の農家の会合で、FTAの話をしました。概ねFTAに賛同であり、これが全国的に再調査する時期にきているとも感じています。
ただ、これはやる気のある農家だけなのか。その点が不明でもある。現状で満足し未来志向が乏しく、外圧に対して極度に反応する、内向きの思考が強い日本人特有観念が未だ強い人も多いとも思えます。
先の選挙では、この問題を引っ込めた経緯は、ある意味分かりますが、もう一度早急に政府として検討する課題でないかと私は感じています。
できるなら、来る参議院選挙でもう一度取り上げていただきたい。

本田勉さん | 2010年3月 8日 18:48  

国内農家は高品質で対抗

横から失礼します・・。
1.引用【果樹や牛肉にしても、国内農家は高品質で対抗してきています。】に、強く共感します。
【高品質】をキーワードにすると・・・、
現下の小売業者が苦し紛れに、「品質を下げてでも、低価格を売りにしていること」は経済的・産業的の両面で国家の全体最適には適っていないと思っています、我々庶民の個別最適には適ってはいますが。
実行の困難を承知で言えば、小売業者が:
1)「個別最適」に適うのは、近視眼的な短期的利益を追う大衆迎合戦術であり、【対抗する】が含意する「志と覚悟」に欠けている、
2)国家の将来をも見据えて「全体最適」に適うビジネスモデルや条件を追求するのが、「志も覚悟もある」ビジネスだと確信します、【対抗する】精神が肝心だと。「相対的な高品質を、相対的な低価格で供給すること」こそが、「志と覚悟」を持っていること、満足感に欠ける現状に【対抗する】挑戦心を持っていることの健全なCorporateIdentityないし高級なCorporateBrandの証明になる筈なのですが・・。

2.引用【寧ろ、逆に海外に打って出れるほどになったのでないかとさえ思えるのです。】
私に取っては無縁な農業ですが、「日本の将来」の脈絡を頭の中で考えても、真に上記の「健全で強い自負」が重要なポイントだと思い、ご指摘に敬意を表します。予ての私のエールに即して言えば、「大海を知らない井の中の蛙」が漸く「大海に立ち向かう!!」
一方で、蛇足と大きなお節介ですが・・、
引用【海外に打って出れる】には、「文化も常識も全く異なる海外の人達を、自分達に共鳴させる自信と自負」が不可欠です。
精神的な自信と自負は扨て置いても、彼らに「事業の何たるか、技能斯くあるべし」を説くには、「暗黙知を形式知に変換されていること」が必須ですが・・、大丈夫ですか??(重ねて、蛇足です(笑)。)

(日本人を止めた)無国籍人 | 2010年3月 8日 20:32様
レスありがとうございます。
農業全体(米農家においても)、独自の販売ルート(直販体制)まで、しっかりとしている農家は全体の2割ほど、経営感覚を持っている農家は6,7割ほど、残り1,2割が不安定な農家でないかと、勝手に推察しています。
農家もそれほど愚かではないはずです。
それは、先の選挙にも表れている。農家の個別補償の主旨を捉えているからです。
まだ万全な政策では、ありません。ここでその点を指摘に論説してもよいのですが、野党にエールを送りたくありません。また、他人のふんどしで相撲をとられられ兼ねません。自分達の足で、汗をかいておかしい点を探せと思っています。(野党の関係者も閲覧しているかもしれませんので・・・)

これは、旧政権のお陰(良い遺産)と言えるものなのか分かりませんが、日本の農産物の安全性は、非常に高い。
神経質すぎるくらいの政策のお陰と言えるかもしれません。
雪印における牛乳、狂入病による全頭検査実施、鳥インフルエンザなど、食品の安全にこれほど細部にまで厳しい管理体制が整っている国は、そうないでしょう。
国内のお米の検査も一般の方には、十分に把握できないと思いますが、厳しい検査体制を持っています。
確かにほんのごく一部で、裏に隠れて動く不当の輩もいますが、全体としては、健全であると思っています。
また、ある報道での捏造問題とはいえ、お茶の葉の残留農薬問題を契機に、農業で使用できる農薬の制限も一段と厳しくなりました。
更に、生産者の顔が見えるようにと、トレサビリティ制度も拡充し、生産者側の意識も変わってきています。
昨年の新型インフルエンザ問題にしても、後から過剰でなかったのでないかと疑問視されるくらいに対応策がとられました。
先日は、雪山遭難で、そこまで救助しないといけないのかと非難の声もありましたが、私は逆で、過剰すぎるくらいの安全体制を確保しているから、安心して暮らせると信頼されているのだと思っています。
今後も政府としては、この位ある意味過剰過ぎても、安全をサポートすることを、第一において政策決定してもらいたいとも思っています。
FTAにおいては、逆に輸入される農産物に対して、オーストラリアほど、観光客の持ち込み食べ物を規制するくらいの厳しい監視体制を断固とって欲しいと思っています。
そのことが、日本は生産物に対して、品質に拘っていることを内外に示す結果となる。
そして、生産者の製品に対する愛着信をも生む土壌になる。

本田 勉さん | 2010年3月 9日 08:44

引用【農家もそれほど愚かではないはずです。】???

誤解が有っても困りますので・・・、私は農家についてそのような認識は一切持っていませんよ。私の思考方法と比較すると、お互いに遠い位置関係にあるのは間違いないですが。

私の【大丈夫ですか??】という部分からその言葉が出て来たのなら、「暗黙知の形式知への転換」は、農業はおろか日本国内の非常に多くの分野で進んでいないのに・・という意味です。輸出に依存し製造ラインの大きな部分を自動化している大企業などは例外ですが。

(日本人を止めた)無国籍人 | 2010年3月 9日 20:19様
私の表現が多少過剰に取られたようで、こちらこそ申し訳ありません。
閲覧されているのか、確認も出来ませんが、政治家の方々にも分かっていただきたい思いで、こうした表現になりました。
これまでの様に、甘い蜜をやるから、おとなしくついてくればいいんだ!
そういう手法はもはや、農家にも通用しなくなっているんだ!
寧ろ、襟を正して、心を開いて、農家と話して欲しい。そういう政治を心がけて欲しい、その想いからです。
ご心配をおかけしたようで、誠に恐縮しております。

先日、某TV番組で「ランドラッシュ」世界農地争奪戦が、激化していることを知りました。
安全保障を語るときに真っ先に話題に上がることは、軍備問題です。
けれど、食料を自前で調達できない問題の方が、私から見ると深刻でないかと思うのです。
国内での、自給率アップが優先事項ではありますが、現状をもっても100%の確保は難しいでしょう。
ある意味他国の資源略奪とも取れますが、共存共栄を計る意味においても、「ランドラッシュ」に遅れを取ることは、国益を損なうことにも繋がります。
ぜひ、国会でも取り上げていくべき事柄でないでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.