Calendar

2010年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月15日

【第29回】政治家に訊く:長島昭久

nagashima100315_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:長島昭久(ながしま・あきひさ)
政党:民主党
選挙区:東京21区
生年月日:1962年2月17日
血液型:A型
座右の銘:命もいらず、名もいらず、官位も金も望まぬ者ほど御し難きものはなし。しかれども、この御し難き者にあらざれば、国家の大業を計るべからず。(西郷南洲遺訓)
趣味:ゴルフ、水泳、司馬遼太郎、水彩画
お気に入りのグッズ:虎グッズ
ホームページ:http://www.nagashima21.net/

───────【質問事項】───────

─政治家になろうと思ったのは学生時代ですか?

nagashima100315_2.jpg

 1979年、高校時代最後の冬に世界史を揺るがす大事件が起こりました。ソ連がアフガニスタンに侵攻しました。米ソ関係は緊張緩和に向かうと言われていた時代です。ソ連が攻め込み、イランでは革命が起こって長く続いた王制がひっくり返り、第二次オイルショックで日本経済も打撃を受けていました。私は高校から大学にかけての時期で、新聞を読みながら世界の情勢に興味を持っていました。世界が大変なことになっているのにも関わらず、日本の政治は40日抗争で福田派と大平派が内ゲバ状態でした。何をやっているんだという気持ちでした。そのとき国際関係をリードできるような政治家が必要だ、リードできるような政治家になりたいと思いました。もちろん学生時代でもありますので漠然としていました。

─学生時代はどんな子だった?

 ほとんど勉強していなかったです。クラブ活動を一生懸命していました。当時はやっていたディスコに行ってみたり、どこにでもいる平均的でやんちゃな学生だったと思います。

─直接政治に触れるきっかけは?

nagashima100315_3.jpg

 石原良純(いしはら・よしずみ)氏は私の同級生でした。彼の兄である石原伸晃(いしはら・のぶてる)氏が選挙に出馬するということで私にも選挙の手伝いをしないかという依頼がありました。ちょうど大学院生だった私はそろそろ政治に実際触れたいと思っていた時期でした。
 1990年2月の選挙でした。半年前の1989年7月から手伝い続けて、見事に当選しました。勝った後、スタッフにならないかという誘いを受けました。それから3年半、第一秘書として次の選挙まで過ごしました。

─秘書から留学に至る経緯は?

 政治改革ブームがあった1993年、秘書業務の後のアフター5は大前研一(おおまえ・けんいち)氏の平成維新の会に参加していました。実はその頃友人から「一緒に日本新党から選挙に出ないか」と誘われていました。ずいぶん悩みましたが結局出ませんでした。ふんぎりがつかなかったのです。「おれはこれをやりたい!」というものがまだ確立されていませんでした。
 秘書時代、選挙はたくさんの人を巻き込んでいくものだと実感していました。しかし自分にははっきりとした指針も、覚悟もなく、あきらめざるをえませんでした。挫折を味わい、秘書を辞めようと思いました。そして留学することを決意します。
 なぜかというと、日本には安全保障や外交を本気でやるような講座はありませんでした。本場の米国で勉強したいという思いがありました。ワシントンの大学に入学し、その後3年半ワシントンのシンクタンクに進むことになります。回り道ではありますが、米国での7年間にできた人的ネットワークは貴重に思います。

─防衛大臣政務官と野党議員で、変わったなと思う瞬間はありますか?

 野党暮らしは6年です。一番歯がゆい思いをしたのは、情報です。与党側に質問してもちゃんと答えてくれません。今は守る立場なのでよくわかりますが、質問されるとはぐらかします。
 私は沖縄の基地問題にずっと取り組んでいました。防衛大臣政務官に着任して早々、現行案に至る経緯を聞きました。最初の15分で、今までどうしても解けなかった問題が一気に明確になりました。
「何度も質問していたのに答えてくれなかったじゃないですか」
「そりゃそうです。政府に入っていただかないと情報共有できません」と言われました。
 私は本を書いていますが、ずっと解けない問題がありました。それはなぜ基地の移設先が辺野古に決まったのかです。決まった理由はたくさん聞いていたのですが、どうもしっくりきませんでした。どうも人為的に思えていました。それが着任して説明を受ける最初の15分で解けてしまうのです。「やっぱりそうだったのか」と思いました。
 情報をすべて聞いた上でないと政府は判断できません。

─それだけ情報がありながらうまく物事が進まないことがあるのでしょうか?

nagashima100315_4.jpg

 あるんです。これがポリティックスなんでしょう。
 つまり内閣の閣僚内で意見がまちまちです。米国側との交渉、地元沖縄との調整、連立政権内での話し合い、いろいろな思惑に加えてマスメディアの存在があります。全部悪いとは言いませんが、マスメディアは物事を成功させても面白くないのでしょう。情報を出すことで沖縄で火が噴く、米国が不信感を持ちます。そういうことで相互不信が生まれ、相互調整が破綻していきます。それは今までの半年間を振り返った反省点にもなります。情報統制ができれば簡単ですがそういうわけにもいきません。

─メディアとの関わりで印象的なことはありましたか?

 家の周りに不審者がいるという連絡が入ったことがあります。NHKの記者でした。初めての夜討ちです。

─どんな心境でしたか?

 ご苦労様といったところでしょうか(笑)夜中の1時までマンションの前にいるんです。初めての夜討ちはゾッとしましたよ。

─計画や方針は得られる情報によってかわると思います。野党時代につくった「沖縄ビジョン」と今の政府案との整合性はどのようにとっていくのですか?

nagashima100315_5.jpg

 いい質問ですね。ある程度は修正が必要かもしれません...

(続きは「《インタビュー》長島防衛大臣政務官:普天間基地移設問題 野党時代の「県外・国外」案は修正する」にて)

─ビジョンを変更するのであれば、修正するプロセスは公開しなければいけません

 オバマ大統領は「核のない世界」という言い方をしました。目指すけれども自分が生きている間に達成できるかわかりません、現実に乗り越えなければいけないハードルがあると言いました。同じように東アジア共同体構想、基地無き安保構想も理想として旗を降ろす必要はないけれど、現実にクリアしなければいけないハードルがあります。ハードルをきちんと国民に国会審議を通じて説明しなければいけないと思います。
 5月の終わりに結果が出ます。私は総理が決定に至ったプロセスをテレビの前で丁寧に演説すべきだと思います。それで理解していただけなければ仕方ありません。選挙で洗礼を受けるしかありません。私はある程度国民に理解していただけると思います。その前に連立政党に納得していただかないといけません。

─先週のNHKの番組「いま考えよう日米同盟」で日米問題が取り上げられ議論してました。はっきりしていそうでしていない「日米同盟のメリットとデメリット」について、長島大臣政務官が出演されたと仮定してお答え下さい

 メリットは少なくとも効率のいい安全保障が得られるということです...(続きは映像で)

2010年3月15日、防衛省大臣政務官室:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

2010年3月11日

【第28回】政治家に訊く:喜納昌吉

 今年の参院選で改選になる喜納昌吉氏に、次期6年間の目標を訊きました。映像の後半には出版したばかりの著書『沖縄の自己決定権』が紹介されます。


《映像更新日:2010年6月4日》

───────【基本情報】───────

名前:喜納昌吉(きな・しょうきち)
政党:民主党
選挙区:全国比例区
生年月日:1948年6月10日
血液型:O型
座右の銘:すべての武器を楽器に すべての基地を花園に 戦争よりも祭りを すべての人の心に花を
趣味:囲碁
好きな食べ物:天ざるそば
お気に入りの店:ライブハウス「チャクラ」
ホームページ:http://www.kina-okinawa.com/

───────【質問事項】───────

─政治家になってかわったことはありますか?

kina100311_2.jpg

 政治家になり、「わからないこと」をたくさんわかってしまいました。見たこともないような難しい資料を見て、一時は登校拒否ならぬ登"会"拒否になりました。ちょうど僕の子どもも登校拒否していたので、初めて親子の気持ちが一致しました。国会議員4年目でようやく呼吸ができるようになりました。

─幼少時代はどんな子でしたか?

 みんなと遊ぶと楽しくていつも私が一番最後まで残っていました。そうすると草むらに寝て星空を見て、「宇宙には何があるんだろう、果てがあるんだろうか、その先は...」と考えるような子でした。

─勉強嫌いな学生だったのでしょうか?

 中学校のときの成績は9科目中(5段階評価の)"3"が1つありました。ちなみに"2"が4つ、"1"が4つで、その中に音楽と国語がありました。今一番必要とするものが一番低い評価でした。
 進路を決めるとき、自分の好きな女性と同じ学校に入りたいと思っていました。その女性は沖縄で3本の指に入る高校を志望していましたが、僕の学力が足りず担任の先生に志望校を変えるように言われていました。それでも行きたかったので問題集を開いて解いていくと、どんどん答えが頭の中に入り、合格しました。それから1、2年間も勉強が好きで、2年の時点でトップになりました。しかし1番になったとたんに勉強に飽きてしまいました。競争したい学生だったんだと思います。

─その後音楽家として活躍していきますが、始めたきっかけは?

kina100311_3.jpg

 父のもとに毎日大勢の弟子たちが集まって演奏していました。ずっと猫を抱いてその光景を見ていました。不思議なことにみんなが帰るとその空間に実存的な静寂が残るんです。そこで楽器を手にとって、演奏の真似をしていました。13歳の頃に一つの作品が生まれ、ヒットしました。人から学ばずに身についたものでした。

─政治家になる前から音楽家として積極的に活動していた

 よく考えてみると、仲間たちがいたおかげです。人ができなかったことをよくやってきたなと思います。終戦50周年の1995年、沖縄の与那国から広島・長崎まで舟を漕いで海を渡りました。小泉政権で日本が自衛隊をアフガニスタン・イラクに派遣した時、これはまずいと思いイラクへブレーキをかけに行きました。「すべての武器を楽器に」をキャッチフレーズに掲げてライブを開催しました。いつもすぐ意識がヒートして、後戻りできないんです。

─その頃から政治家を意識するようになったのでしょうか?

 小泉政権の頃に「許せない」という感情がありました。僕が政治の世界に入って、変えるしかないと思いました。
 僕は音楽で平和を求めていました。沖縄に平和をつくるために沖縄がきっと僕に才能を与えたのでしょう。今は沖縄の歴史の精神に応えるために政治をやっています。

─政権交代後、普天間基地移設問題をめぐり意見が錯綜しています

 一つ言えることは、日本の政治において沖縄の問題は常に後回しでした。今回は沖縄の問題が先頭に立っています。これはすごいことです。

─党と喜納氏の考え方に隔たりがあるように感じます

kina100311_4.jpg

 我々は沖縄の抱える諸問題を解決するために民主党から出馬して当選しました。民主党を応援して勝たせました。そして今からやろう...という時に民主党が自公政権と同じようなことをやろうとしたら私たちはどこに生きたらいいと思いますか。
 政権交代の時に「県外・国外」を約束しました。政権をとったら急にマニフェストには書かれていなかったと言ってしまうのは白々しいですよ。「沖縄ビジョン」にも書いているんですから。
 岡田外相は「サンデープロジェクト」の番組中、「民主党政権は普天間基地の辺野古移設に反対しましたよね」という質問に対して「いや、それは沖縄県連だけです」と言いました。岡田外相は沖縄に来たときには「県外・国外」と確かに言っていました。
 もし問題解決にあたって本当に困っているならば、民主党と一緒にたたかって政権交代を成し遂げた僕たちとしっかり話し合ってもいいのではないでしょうか。ワーキングチームを米国で作ったりしていますけど、民主党の沖縄出身の議員は参加していません。だから変に我々が怒るのでしょう。

─7月には参院選ですが、今後のご自身の方向性は?

kina100311_5.jpg

 7月の参院選は出ます。他党だけでなく民主党内でもケンカしているから結果はどうなるかわかりません。閣僚の方からは腫れ物に触るように扱われています。だからこそみなさんの応援をどうぞよろしくお願いします。

kina100311_1.jpg

2010年3月11日、参議院議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影(映像更新日:2010年6月4日)

2010年3月 4日

【第27回】政治家に訊く:石田三示

ishida100304_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:石田三示(いしだ・みつじ)
政党:民主党
選挙区:比例南関東ブロック
生年月日:1952年1月27日
血液型:O型
座右の銘:身を捨てて公に尽くす
趣味:機械いじり(農機全般)
好きな食べ物:米
お気に入りの店:リサイクルショップ

───────【質問事項】───────

─政治家を志す経緯は?

ishida100304_2.jpg

 千葉の山村で一農民として生活をしていました。そんな所で高野孟さんや藤本敏夫(ふじもと・としお)さんなど、国の行方の方向づけをしている方々の議論の輪に入っていたことが大きかったと思います。酒を飲みながら一緒にいることで問題意識が出て、少しずつ自分が変わってきたのだと思います。
 初めて政治に直接関わったのは、若井康彦(わかい・やすひこ)氏が千葉県知事選挙に出馬した時です。町づくりの観点から支援しました。若井氏は県知事選に敗れ、民主党から衆院選に出馬します。その頃から私は民主党とつながりができ、青木愛(あおき・あい)氏の後援会に関わっていくようになります。

─政治家になる前は農業法人の代表をしていたのですか?

 高野さんが当時通っていた「鴨川自然王国」と、「大山千枚田保存会」の代表を務めていました。保存会での活動は、一般の農家と発想が違っていたと思います。周りと違うのは藤本さんや高野さんの影響が大きかったでしょう。

─東京から近い地域ですね。初めて農作業をする人にたくさん会ってきたと思います

 農村、農業に入ってきた人は、「来てよかった」「また来たい」「想像していた世界と違って楽しかった」と感想を口にします。初めてくる人に対して閉鎖的にならず、間口を広げてあげることが「担い手」を生む筋道になりると思いました。筋道をつくった上で、制度を整えていくことの必要性を感じていました。

─「担い手」が少ないのは本気で農業をやろうとしても踏み出せない理由があるのでは?

ishida100304_3.jpg

 生活ができる自信がないからでしょう。たとえば月10万円の所得を保障して、ある程度の農地が与えられ、田んぼを耕しながら何年かかけて生活するベースをつくるような取り組みはあります。半農半X(はんのうはんえっくす)という専業ではない農業、農村との関わり方もできつつあります。
 今まで国は農業だけで食べる専業農家の育成をやってきました。農業大学に入り、キャベツ農家を育成し、農協が技術をサポートするような取り組みです。農家の長男が跡を継ぐ傾向があったのでうまくいったのかもしれません。しかし今は違います。都会育ちで農業を全く知らない人も農業に興味を持って農村に入ってくることも考えられます。もう少しハードルを下げて、農村や農業への間口を広げる必要があるかなと思います。

─民主党政権は作らないことに対して税金を出す減反政策をやめて、作ったときの赤字分を税金で補填する戸別所得補償制度を進めています。農業政策より社会保障政策に近いように感じます

 秋の収穫期にいくらで売れるかを考えて春に植えたコメは植えません。春になったらカエルが出てきて、水が貯まったら田んぼに入って米を植え、次の一年間の暮らしが始まります。儲かる儲からないの話ではないのです。集落や担い手が見えない戸別所得補償制度ではいけないと思います。

─バラマキとの批判があります

ishida100304_4.jpg

 ソ連崩壊以降のキューバは食料が輸入されなくなりました。危機的な状況になれば意識が高まり、税金を投入して食料をつくるような動きになります。日本でも"ギョーザ事件"がありましたが、一時的な騒ぎになる程度で危機感は薄いです。
 有権者が食料や農業、農村に対して意識が低いままでは税金を入れるにしても合意を得るには難しいです。

─農業と直接関わりを持っている有権者は少ないように思います

 農業問題は農業者の問題ではありません。食料の安全保障という観点からも、国全体、国民全体の問題です。いまだに「食料は海外からもってくればいい」という意見があります。国際的には人口が増え、食料が足りなくなることはみんながわかっていることです。輸出入の話も出るようですが、今日、明日は大丈夫という短期的展望の議論でしょう。政治は長期的に見ることができなくてはいけません。
 長期的に見てみると、水や土地、森林は国際的な投機の対象になっている世界的な動きがあります。それらが農村に存在することはすごいことです。農村こそ日本の国際的な戦略地域と表現している学者もいるほどです。農村に税金を投入し、食料を作ることは当たり前の国策です。これからは、農業現場でやってきたものを伝えて、世論の支持を得るようにしていきたいなと思っています。

─これからの目標は?

ishida100304_5.jpg

 夢があります。それは国会議員全員を田んぼに入れることです。
 大山千枚田で活動していたとき、農水省の方を田んぼに入れるというイベントがありました。関東農政局の局長など20人ぐらいが来ました。イベントの後の懇親会で田植え経験について質問すると、全体の3分の2は経験したことがない人たちでした。この連中が田んぼの議論をしてもダメだなと思いました。
 国会議員も同じでしょう。昭和初期の政治家であれば見たりしたことはあると思います。今はほとんど経験したことがないのではないでしょうか。始まりは実際に肌身で感じることからです!

───────【こだわり】───────

ishida100304_6.jpg

ishida100304_7.jpg

 「昼はいつもコレ!」
 自分で作った長狭米(ながさまい)を炊いて秘書と一緒に食べているとのことです。

2010年3月4日、衆議院第二議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.