Calendar

2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Comments

« 【第22回】政治家に訊く:近藤洋介
メイン
【第24回】政治家に訊く:玉城デニー »

【第23回】政治家に訊く:河野太郎

k_taro100122_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:河野太郎(こうの・たろう)
政党:自民党
選挙区:神奈川15区
生年月日:1963年1月10日
血液型:O型
ホームページ:http://www.taro.org/

───────【質問事項】───────

─政治家になろうと思ったきっかけは?

k_taro100122_2.jpg

慶応大学に二ヶ月通った後に米国・ワシントンのジョージタウン大学へ編入しました。80年代前半のことです。米国ではワシントンポストを毎日読んでいて、その当時私が見ている紙面の範囲で"JAPAN"の文字を見ることはほとんどありませんでした。学生時代の知人には、「ソニーは米国の企業だろ」「人件費が安いから日本の工場で組み立てているだけだ」と言われたこともあります。日本の新聞では政治、経済、芸能、スポーツどの面でも米国の記事ばかりなのに米国では日本のことを取り上げてない、この日米間の情報の非対称性に疑問を感じていました。

当時のマンスフィールド駐日大使は「これほど重要な二国関係はない」と言っているにも関わらず、米国の人が日本のことを知らないというのは日本の発信の仕方に問題があるのではないか、日本は何か間違っているんじゃないか、そのもやもやっとした感情が「この国を何とかせにゃいかん」という自分の気持ちの大本につながってきました。

─学校卒業後の就職について

86年の2月に富士ゼロックスに入れてもらい、サテライトオフィスの実験を担当していました。私が国際事業部に所属していた時に会社がシンガポールに拠点を作る話が出てきました。私は東南アジアに新製品を市場導入する担当者に任命され、現地に行くことになりました。国内では製品カテゴリーごとに担当者がつくのですが、「お前全部やれ」と全製品を任されました。

─イチから拠点の立ち上げにたずさわった

もともとイギリス法人が持っていたテリトリーを日本が買収したので、何もないところから始めたわけではありません。所内には文化摩擦があり、面白い時代を過ごしました。シンガポールの目抜き通りのアパートをもらって住んでいて、あれだけ通勤時間が短かったことは今までないですね。本も読めないような距離でした。

─企業に勤めた経験が現在でも役に立っていると思うことはありますか?

k_taro100122_3.jpg

単純に日本からアジアを見るのと、現地で企業にどっぷりつかった上でアジアを見るのとでは違いが大きいです。当時アジアと聞くと発展途上国といった印象でしたが、住んでみるとそれなりの資本家もいましたし、勉強している人は米国やヨーロッパへ行っていましたから「コイツら、できるな」という人がいました。その頃知り合った人は相当偉くなっています。

─その後政治家に転身するのですか?

富士ゼロックスのシンガポールを辞め、自動車の部品会社に勤めました。それこそトヨタや日産、松下などの家電メーカーに部品を売っていました。

─また違う世界が広がっていましたか?

富士ゼロックス時代は仕入れ部品の価格が下がると、私はそれを部品メーカーの"生産力向上"によるものだと思っていました。部品メーカーの立場に立ってみてそれが勘違いだったことがわかりました。毎年下げろと言われ、下げなきゃ買ってもらえない現実があったということです。悪戦苦闘しました。トヨタや日産だけでは駄目だからといって海外にも目を向け、当時まだ自動車産業が始まったばかりの中国を歩きました。1990年代の頃です。

中国と合弁会社を作ろうと話を進めていました。その頃は中国南部の方がいい、賄賂を払えば何でもうまくいくという噂がありました。中国の工場長になる予定の人が賄賂の使い方もわからない人だったために、結果的には賄賂もなく、法律通り進めればいい北京で工場をつくりました。最初はみんなにバカにされましたね。「なんで南部じゃないんだ」と。

しかしその後南部ではころころとルールが変わるようになり、部品メーカーも撤退していきました。細々と利益をあげて、今でもうまくいっているようです。

─日本と中国では商売の仕方も違うんでしょうね

やはり粘り強いですよ。交渉決裂して飛行場に戻ってから「もう一回話をさせてくれ」ということもありました。

─企業に比べて政治家の方が大変だと思う瞬間は?

k_taro100122_4.jpg

選挙は当たり前の話ですね。やはり役所との絡みです。しかし大臣のように政府の中で権限があるポジションにつくと、指揮・命令で役所が動きます。政府のポジションを早くもらって、自分が思っていることを早いうちにやることは大事だと思います。

馬鹿な話かもしれません。ひとむかし前外務省は国の名前を、ヨルダンは「ジョルダン」、ベトナムは「ビエトナム」、イギリスは「連合王国」と書面に書いていました。小学校で書いてある国名と外務省とで違うのですから、国名、人名をわかりやすく変えろと言っていたのですが、外務省側は直すことはありませんでした。

総務省の大臣政務官になった時に、書類に「ジョルダン」と書いてあったのでそんな国は知らないと突き返したことがあります。当時外務副大臣だった杉浦正健(すぎうら・せいけん)氏がすべて直すということで、それ以降表記は直りました。これは一例ですが、くだらないことまで役所は頑張るので、政治家がしっかりしないといけません。

今は「政治主導」といっていますが、当たり前のことです。しかし当たり前のことをやってこなかったのです。

─世襲について

k_taro100122_6.jpg

世襲、世襲と言われますが、みんな結局選挙で通らないと議席はもらえません。例えば、総理大臣の息子が負けるということがあります。確かに議員経験者が引退するときに、その親族が候補者になるというケースが多いです。もっと能力の高い人がいるかもしれませんし、安易に親族が候補者になるということが政治家になる人材供給源が細ることにもつながります。そこは一般の人と公平にする必要があると思います。

私は自民党のグループの会長を務めています。この議論をするとき、自民党で議員経験者を父に持つ議員の中に「世襲じゃない、選挙で勝っているんだから何が悪い」と言われる方が多くいました。その通りですが、他に能力の高い人が出るチャンスを奪っている可能性がありますからもう少し謙虚にならなければいけません。少なくとも自民党が候補を公認しようとする時は、辞めた議員の3親等が続けて同じ選挙区で出馬することは避けるルールを作ろうという話をしています。

かつて中選挙区制の時は、自民党の候補者3人のうち1人が馬鹿であれば他の2人のどちらかを選べばよかったです。小選挙区制になると1人に候補者が絞られるわけですから、自民党に投票したい人は選択肢が一つになってしまいます。これからは1人しかいない候補者をどのように選ぶかを厳しく考えなくてはいけないと思います。

─世代交代を進めるポイントは?

k_taro100122_5.jpg

中選挙区時代は自民党から現職3人の候補者がいる時、そこに自民党から出たいという人がいた場合は、無所属で出馬して当選したら追加公認して自民党にする"下克上"がありました。小選挙区になると自民党は1人ですから、現職だから常に自民党公認になるのではなく、予備選挙をやって現職でもやめてもらうような仕組みを取らなければ世代交代は進みません。

【関連記事】
■《インタビュー》河野太郎:エサをもらうための検察報道

2010年1月22日、自民党本部:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6517

コメント (9)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【ごまめの歯ぎしり】は、私も時々閲覧しております。
一度、お伺いしたかったのですが、現在の自民党をどのようにお考えになっており、今後の自民党をどのようにしたいのか?お伺いしたい。

以後は、私的意見であり、これまでもこの内容を投稿すべきか悩んでいました。
というのも、変えるというのは、自らがその意識を強く持たないとできないからで、忠告や進言を聞き入れる要因は少ないと考えているからです。
俗に言う、「何を偉そうに」と捉えることが多いからです。

私は、一党独裁政治を望んではいませんが、今の自民党には、立ち直って欲しくないと思っています。
自民党が、日本経済を世界の一翼を担うことに寄与し、国民の生活を豊かにしてきたことに賛美はします。
けれど、高度成長期半ばから、政治機能を硬直化させてしまった。
以後、自浄能力をことごとくつぶしてきたことが、今日の結果を招いたと私は思っています。

癌でいえば、早期に直せば回復もあるだろうが、もはや末期症状と思わざるを得ない。

極論を述べれば、自民党の栄誉を守るためであれば、これ以上名誉を傷つけず、歴史に残すべきでないかとさえ考えています。

傲慢な意見ですが、お許しを・・・。

 自民党は、小沢 一郎氏を不倶戴天の敵のごとく あつかっていますが、そんじゃそこいらの若造とはことなる深慮遠謀し この国を考えていると思います。
 一つだけ例 あげておきます。

 永住外国人に地方参政権についての小沢さんの考えていること   ブログでみつけました。

 公の政治に参加する権利ー参政権ーが国家主権にかかわることであり、また、国民のもつとも重要な基本的人権であることは間違いなく、その論理は正当であり、異論をさしはさむ気はまったくありません。ただ 政治的側面から考えると、主として永住外国人の大半を占める在日韓国・朝鮮の人々は、明治43(1910)年の日韓併合によって、その意に反して強制的に日本人とされました。すなわち 日本が戦争に敗れるまでは、大日本帝国の同じ臣民でありました。 日本人としてベルリンオリンピックに参加し、日の丸を背負い金メダルを取っています。また、日本のために多くの朝鮮の方々が日本人として、兵役につき戦い死んでいきました。このような意味においては、英連邦における本国と植民地の関係よりは ずっと深い関係だつたといえます。私たちはこのような歴史的経過の中で今日の問題があること忘れてはなりません。

  これに付け加えることがあるのだろうか。

 
河野 太郎さん 一度 お父さんと話し合われること切望いたします。 

八代 勝美 | 2010年1月22日 13:06 さん

永住外国人の件、おおいに同意します。

要するに、すぐに拒絶反応する人たちは歴史、哲学をもっと学んでから意見を述べよといいたいですね。

自民党員が見て見ぬふりをしてきた検察不正をブログで発言されており、国民目線に近い、良識派であることを評価します。

しかし、河野氏は自民政権下でも
それらしい発言をされるものの、具体的な実行が伴わないようです

評論家なら誰でも演じられますがこの平成維新の激動期にあたって
いまだに旧幕派にしがみついているのではなく、意を決して脱藩して新しい国づくりに参加されるべきではないでしょうか

永住外国人に参政権を与えるのならば、それなりの条件を付けるべきです。
今後、地方分権が進む可能性もあることを考えれば、特に国防上問題があります。それをふまえて考えるに、韓国政府は現在竹島に駐屯している兵士を引き上げさせ、今後一切、竹島、対馬を含めた国境の地を侵さないとする条約を結ぶ必要があります。中国、ロシアにも同様の条約が必要でしょう。
少なくとも日本人には何のメリットもない法案なのですから、私達、そして私達の子孫に決して不利になることがないよう、当然この程度の条件をクリアーした上で、参政権を付与すべきです。
さらに、特定の土地に外国人が集中しないようにする法律も必要ですね。大久保や鶴橋、池袋などに住む外国人には引っ越してもらいましょう。
また、憲法の問題もあります。もし、無理やり法案を通せば、間違いなく違憲裁判がおこされるでしょう。そこで、違憲判決が出れば、条件も何も無く、終了です。

==主として永住外国人の大半を占める在日韓国・朝鮮の人々は、明治43(1910)年の日韓併合によって、その意に反して強制的に日本人とされました。==
これ、二重に間違ってますよ。ジャーナル内のここの記事とコメントをお読みくださいな。
外国人参政権で考えるべき視点と日本
ttp://www.the-journal.jp/contents/wakabayashi/2009/12/post_36.html

【ごまめの歯ぎしり】28日付け拝見しました。
テレビ放映がない日のようですが、大いに切り込んだ質疑を期待しております。
国を思う気持ちは、党派を超えたものであり、人の揚げ足取りなどは、最低の討論でしかありません。
熱い議論を展開してください。

施政方針演説、代表質問においての国会答弁を聞いて残念です。

ひとつ提案ですが、国会答弁において「野次」のみの議事録を取り、それを広く公開する法案が、できないものでしょうか?

誰が、どの時点で、どのような「野次」を飛ばしたのか?

速記する方は、同時発言もあり大変でしょうが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.