Calendar

2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月29日

【第24回】政治家に訊く:玉城デニー

tamaki100129_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:玉城デニー(たまき・でにー、本名:康裕[やすひろ])
政党:民主党衆議院議員
選挙区:沖縄3区
生年月日:1959年10月13日
血液型:O型
座右の銘:天は正論に信念と勇氣を与える、夢は必ず叶う
趣味:音楽、映画鑑賞、釣り、読書 etc...
好きな食べ物:沖縄そば、カレーライス、和食系
お気に入りの店・ショップ・ブランド・グッズ...など:居酒屋「庄や」、沖縄各地の県産品
ホームページ:http://www.d21tamaki.com/

───────【質問事項】───────

─生まれ育った環境は?

tamaki100129_2.jpg

米国人の父と結婚の約束をした母のお腹の中に私がいました。朝鮮戦争が一段落して米国軍が本国に帰るようになる1958年頃のことです。軍人である父はローテーションで本国の米国に戻ることになっていたようです。僕を宿した母はお腹も大きかったので私を生んでから米国に行く約束を父と交わし、父だけが先に発ちました。私は与那城村(よなぐすくそん)で生まれ生活をしました。母は私が2歳ぐらいになったら米国に行くと想定していたようです。

私が生まれてから、母は米国に行くことを周りに相談したそうです。「沖縄で育てた方がいいんじゃないか」「米国に行ったら言葉も違うし難儀するよ」と周囲から言われ、母は米国に行かないと決めてしまいます。沖縄で私を育てようと決心した母は父の写真やもらった手紙を全部焼きました。自分の記憶を焼却したようです。私が生まれてから戸籍をとるまでに2、3ヶ月時間が経っていたのでおそらくそれは「迷いの3ヶ月」だったのではないでしょうか。

母は辺野古(へのこ)のバーで、店の掃除やホステスさんたちの洗濯などをして住み込んで働いていました。子どもの私がいると仕事ができませんから、生まれてから小学校4年生まで母と別居して与那城村の別の家に預けられて育てられました。

tamaki100212_1.jpg
玉城氏は、ヤシナイングヮ(養い子)として、同じ町(与那城村西原)に住む「知花さん」という家で育てられた。写真は「おっかー」と呼んでいた育ての母との2ショット。

見た目はハーフですが、国籍も日本、出身校も沖縄です。英語を話せないのがものすごいコンプレックスでした。昔は「英語しゃべってみー」と言われてからかわれました。今でも閣僚の方々には「デニーさんはバイリンガルです」と紹介されます(笑)

─職歴の「タレント」とはどのような仕事をしていたのですか?

tamaki100129_3.jpg

私はずっと言葉の世界にいました。ラジオのディスクジョッキーをしていました。どんな言葉が人を傷つけ、どんな言葉が人を勇気づけるか、言葉を発し打ち返ってくる響きで初めてわかるものです。リスナーの方や局の方には教えていただきました。

例えば「"手短に"お話ししましょう」「(マラソンで)この区間で"足切り"です」など、言われてみればこの言葉を聞いて嫌な気分になる人がいることに気づきます。差別用語というよりも使っちゃいけない言葉です。推して知るべしということもありますし、きちんと知識としておさめておくべきことがあります。

辺野古市長選での平野官房長官の発言で私が直接言ったことは、「もっと明確に、きちんと伝えることが出来るような言葉でお話しをなさった方がよろしいかと存じます」ということでした。

つまりそれは平野官房長官がまず前段で、「選挙結果は民意で重たい。しっかり重視していく」と述べて句読点をつけて後の質問に答えるべきということです。

─議員になろうと思ったきっかけは?

tamaki100129_4.jpg

2002年から市議会議員になり、政治の世界に入りました。その頃私は自分の思っている憲法擁護の姿勢や国の教育について「どうも違うよな」と疑問を持つようになりました。何に対して違和感を感じたかというと、憲法や国家について議論をさせないことです。

国を考えることについて議論をしようとすると、「また右傾化するのか」という話がすぐわきます。いやいや、右傾化するも何もまず話し合い・議論がなければ方向性やストーリーが描けません。

何か物事を発想しようというときにタイトルを決めます。タイトルを決めるには端緒が必要です。憲法も教育もその端緒、スタート地点がありません。そこから幅広く勉強したいと思い、保守系の方々やいわゆる「右翼」と呼ばれる方とも話をしました。

シンボリックな日の丸や、口ずさむ国歌という話じゃなく、もう少し源流をたどっていくことの方が自分たちのナショナリズムにつながるんじゃないかと市議会議員の時に思いました。

市議会議員、県議会議員と経験を積んで段階的に国政に行くものですが、私がやろうと思うことは国政に行った方がもっと近いかもしれないと思っていきました。

ちょうどそのタイミングで喜納昌吉(きな・しょうきち)さんが参議院で当選して民主党に入っていき、衆議院議員選挙ではぜひ沖縄から出馬をしないかと私は言われました。自分がやってみたい、やってみる価値があるという気持ちと呼びかけのタイミングが合いました。

─沖縄と東京で「民意」に違いを感じることはありますか?

tamaki100129_5.jpg

全国どこでも民意の違いはあると思います。個別具体的になればなるほど顕著になるでしょう。ただ沖縄からはっきりと言えるのは、日本という国が、例えば安全保障について"国としてどうしたいのか"が見てこないことです。だから基地問題で新しい基地を押しつけられようとしている地域の住民が国策に揺さぶられるのです。誘致・容認派が民意なのか、反対派が民意なのか、沖縄の民意は形成できません。

日米で合意されたといっても、それが県庁の考えと乖離していたり、県庁そのものが地元の意見と乖離していたりします。

─沖縄の民意が二分されていることは日本のビジョン(将来の構想)に問題がある?

日本は基地を作って米国に提供します。では日本が国防や安全保障をどう考えているのでしょうか?その答えが返ってきません。これが沖縄県民が国策に翻弄されているということの背景にある大きな問題です。

─解決策は?

tamaki100129_6.jpg

憲法をきちんと教育の中で議論させる事から先の方向性が見えてくるのではないでしょうか。話もしませんし、紐解きもしません。そんな状況で憲法をどうするか、国のかたちをどうするかという議論は、ものすごくあやふやな状況で国が運営されているような気がします。

私は「進んでいる」と思っていた東京に来て、沖縄で考えていることがなぜ東京では進んでいないんだと思うことがあります。東京には全国の民意が集まっているので、東京で動かしにくいのだろうと思います。

では東京からどう考えたらいいのでしょうか。国境に沿っている地域、北海道・北方4島から尖閣・与那国・石垣の地域の人たちの「民意」と、情報が集まりそこで決定されていると思われる東京、永田町や霞ヶ関を中心とした「国政の民意」とがつながっているかを常に検証する必要があるでしょう。

tamaki100129_7.jpg

沖縄では毎日安保が見えますが、ここ(永田町)では「晴れときどき安保」です。国の形としてまとまってないのではないかと思います。

政権が替わったけれども、何か決まったものがあるのかといわれればまだ決まっていません。鳩山政権の方向性、米国との安全保障、中国、ASEANなど、とりあえず前政権下で行われていたことを継承しつつ、少しずつ塗り替えていっています。もっと国としてのあり方をみんなで議論していくところからやりたいと思います。

───────【アイテム】───────

hitoiki.jpg
『ちょっとひといき』
玉城デニー著、琉球出版社

tamaki100212_2.jpg
著書にも載っている、1983年、ライブハウスで歌っていた頃の玉城氏

【関連記事】
■沖縄県名護市長選、辺野古移設反対派の稲嶺進氏が初当選
■《インタビュー予告》玉城デニー:平野官房長官発言と抗議文

2010年1月29日、衆議院第一議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

2010年1月22日

【第23回】政治家に訊く:河野太郎

k_taro100122_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:河野太郎(こうの・たろう)
政党:自民党
選挙区:神奈川15区
生年月日:1963年1月10日
血液型:O型
ホームページ:http://www.taro.org/

───────【質問事項】───────

─政治家になろうと思ったきっかけは?

k_taro100122_2.jpg

慶応大学に二ヶ月通った後に米国・ワシントンのジョージタウン大学へ編入しました。80年代前半のことです。米国ではワシントンポストを毎日読んでいて、その当時私が見ている紙面の範囲で"JAPAN"の文字を見ることはほとんどありませんでした。学生時代の知人には、「ソニーは米国の企業だろ」「人件費が安いから日本の工場で組み立てているだけだ」と言われたこともあります。日本の新聞では政治、経済、芸能、スポーツどの面でも米国の記事ばかりなのに米国では日本のことを取り上げてない、この日米間の情報の非対称性に疑問を感じていました。

当時のマンスフィールド駐日大使は「これほど重要な二国関係はない」と言っているにも関わらず、米国の人が日本のことを知らないというのは日本の発信の仕方に問題があるのではないか、日本は何か間違っているんじゃないか、そのもやもやっとした感情が「この国を何とかせにゃいかん」という自分の気持ちの大本につながってきました。

─学校卒業後の就職について

86年の2月に富士ゼロックスに入れてもらい、サテライトオフィスの実験を担当していました。私が国際事業部に所属していた時に会社がシンガポールに拠点を作る話が出てきました。私は東南アジアに新製品を市場導入する担当者に任命され、現地に行くことになりました。国内では製品カテゴリーごとに担当者がつくのですが、「お前全部やれ」と全製品を任されました。

─イチから拠点の立ち上げにたずさわった

もともとイギリス法人が持っていたテリトリーを日本が買収したので、何もないところから始めたわけではありません。所内には文化摩擦があり、面白い時代を過ごしました。シンガポールの目抜き通りのアパートをもらって住んでいて、あれだけ通勤時間が短かったことは今までないですね。本も読めないような距離でした。

─企業に勤めた経験が現在でも役に立っていると思うことはありますか?

k_taro100122_3.jpg

単純に日本からアジアを見るのと、現地で企業にどっぷりつかった上でアジアを見るのとでは違いが大きいです。当時アジアと聞くと発展途上国といった印象でしたが、住んでみるとそれなりの資本家もいましたし、勉強している人は米国やヨーロッパへ行っていましたから「コイツら、できるな」という人がいました。その頃知り合った人は相当偉くなっています。

─その後政治家に転身するのですか?

富士ゼロックスのシンガポールを辞め、自動車の部品会社に勤めました。それこそトヨタや日産、松下などの家電メーカーに部品を売っていました。

─また違う世界が広がっていましたか?

富士ゼロックス時代は仕入れ部品の価格が下がると、私はそれを部品メーカーの"生産力向上"によるものだと思っていました。部品メーカーの立場に立ってみてそれが勘違いだったことがわかりました。毎年下げろと言われ、下げなきゃ買ってもらえない現実があったということです。悪戦苦闘しました。トヨタや日産だけでは駄目だからといって海外にも目を向け、当時まだ自動車産業が始まったばかりの中国を歩きました。1990年代の頃です。

中国と合弁会社を作ろうと話を進めていました。その頃は中国南部の方がいい、賄賂を払えば何でもうまくいくという噂がありました。中国の工場長になる予定の人が賄賂の使い方もわからない人だったために、結果的には賄賂もなく、法律通り進めればいい北京で工場をつくりました。最初はみんなにバカにされましたね。「なんで南部じゃないんだ」と。

しかしその後南部ではころころとルールが変わるようになり、部品メーカーも撤退していきました。細々と利益をあげて、今でもうまくいっているようです。

─日本と中国では商売の仕方も違うんでしょうね

やはり粘り強いですよ。交渉決裂して飛行場に戻ってから「もう一回話をさせてくれ」ということもありました。

─企業に比べて政治家の方が大変だと思う瞬間は?

k_taro100122_4.jpg

選挙は当たり前の話ですね。やはり役所との絡みです。しかし大臣のように政府の中で権限があるポジションにつくと、指揮・命令で役所が動きます。政府のポジションを早くもらって、自分が思っていることを早いうちにやることは大事だと思います。

馬鹿な話かもしれません。ひとむかし前外務省は国の名前を、ヨルダンは「ジョルダン」、ベトナムは「ビエトナム」、イギリスは「連合王国」と書面に書いていました。小学校で書いてある国名と外務省とで違うのですから、国名、人名をわかりやすく変えろと言っていたのですが、外務省側は直すことはありませんでした。

総務省の大臣政務官になった時に、書類に「ジョルダン」と書いてあったのでそんな国は知らないと突き返したことがあります。当時外務副大臣だった杉浦正健(すぎうら・せいけん)氏がすべて直すということで、それ以降表記は直りました。これは一例ですが、くだらないことまで役所は頑張るので、政治家がしっかりしないといけません。

今は「政治主導」といっていますが、当たり前のことです。しかし当たり前のことをやってこなかったのです。

─世襲について

k_taro100122_6.jpg

世襲、世襲と言われますが、みんな結局選挙で通らないと議席はもらえません。例えば、総理大臣の息子が負けるということがあります。確かに議員経験者が引退するときに、その親族が候補者になるというケースが多いです。もっと能力の高い人がいるかもしれませんし、安易に親族が候補者になるということが政治家になる人材供給源が細ることにもつながります。そこは一般の人と公平にする必要があると思います。

私は自民党のグループの会長を務めています。この議論をするとき、自民党で議員経験者を父に持つ議員の中に「世襲じゃない、選挙で勝っているんだから何が悪い」と言われる方が多くいました。その通りですが、他に能力の高い人が出るチャンスを奪っている可能性がありますからもう少し謙虚にならなければいけません。少なくとも自民党が候補を公認しようとする時は、辞めた議員の3親等が続けて同じ選挙区で出馬することは避けるルールを作ろうという話をしています。

かつて中選挙区制の時は、自民党の候補者3人のうち1人が馬鹿であれば他の2人のどちらかを選べばよかったです。小選挙区制になると1人に候補者が絞られるわけですから、自民党に投票したい人は選択肢が一つになってしまいます。これからは1人しかいない候補者をどのように選ぶかを厳しく考えなくてはいけないと思います。

─世代交代を進めるポイントは?

k_taro100122_5.jpg

中選挙区時代は自民党から現職3人の候補者がいる時、そこに自民党から出たいという人がいた場合は、無所属で出馬して当選したら追加公認して自民党にする"下克上"がありました。小選挙区になると自民党は1人ですから、現職だから常に自民党公認になるのではなく、予備選挙をやって現職でもやめてもらうような仕組みを取らなければ世代交代は進みません。

【関連記事】
■《インタビュー》河野太郎:エサをもらうための検察報道

2010年1月22日、自民党本部:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.