Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 【第21回】政治家に訊く:平 将明
メイン
【第23回】政治家に訊く:河野太郎 »

【第22回】政治家に訊く:近藤洋介

kondo091225_1.jpg

───────【基本情報】───────

名前:近藤洋介(こんどう・ようすけ)
政党:民主党
選挙区:山形2区
生年月日:1965年5月19日
血液型:B型
趣味:乱読(父、近藤鉄雄氏と同じでした)
座右の銘:冷静な頭と熱き心
好きな食べ物:ラーメン
お気に入りの店:ブルックス・ブラザーズ
ホームページ:http://www.kondo21.com/

───────【質問事項】───────

─新聞社に入社するときにはすでに政治家を志していたのですか?

kondo091225_2.jpg

 政治家になりたいと思ったのは17歳の高校2年の時だったと思います。親父から政治家になれと言われたことは一度もありません。政治家の家はどの家も同じだと思いますが、いわゆる母子家庭で父親と接触がありません。家族そろって食事をするのは年に3回あるかないかぐらいでした。そういう意味ではあまり父とコミュニケーションを取ることはありませんでした。
 高校の時に「竜馬が行く」を読みました。とても面白く「坂本竜馬みたいな生き方がいいな」と、要するに前のめりになって国をつくる、血湧き肉躍る生き方をしたいなと思いました。
 竜馬だけでなく、桂、大久保、西郷、岩崎、それぞれの面々が生き生きと国をつくろうと立ち上がりますが、ああいう生き様はいいな、国をつくる仕事は色々な職業がありますが、政治家は間違いなくその一つだと思い、高校ぐらいの時に政治家になりたいと思いました。
 政治家をやるための修行の場所はどこがあるかなと思った時、政治家の秘書、官僚とありますが、官僚になるほど勉強が好きではなかったですし、身体を動かす方がいいなと思っていました。高校の時から政治家の伝記を読んでいて、チャーチル元英首相とジョン・F・ケネディ元米大統領が格好いいなと単純に思うわけです。その2人の共通項は、スタートがジャーナリストということです。チャーチルはピューリッツァー賞を受賞していますし、ジョン・F・ケネディも最初はジャーナリズムの世界に入っています。勉強するのにはいい道だろうと思い、新聞記者を選びました。そういう意味では動機不純な新聞記者でした。
 結構単純な性格で、いいなと思うと「これで行こう」と進んでしまいます。

─今考えて新聞記者でよかったなと思うことはありますか?

 新聞社入ったときは3日で辞めようと思いました。大体名刺しか置いていなくて、あとは勝手にしろという世界です。3ヶ月経ってまた辞めたいなと思いましたが、3年目続けたあたりからは楽しくてしょうがなくて、政治家になることをしばらく忘れてそれに没頭していました。もう一度生まれ変わったらまたやりたいと思う職業です。政治家は息子に勧めようと思いませんが、新聞記者はやってみろと言いたいですね。もちろんつらいですけど。

─新聞社を辞めて政治家へと転身されました

kondo091225_3.jpg

 新聞記者になって8年目から日銀クラブにいました。「馬鹿な役人」「銀行経営者はアホだ」とバブル崩壊の時に銀行についていろいろ書きましたが、書いてる新聞記者もとんでもなくて、借り手責任、貸し手責任とありましたが書き手責任について新聞社は誰も責任を問われていません。さんざんバブルを作り出した過程で日経新聞始め新聞各社がどういう働きをしたか、あおるだけあおっておとしめているわけです。マスコミも悪かったのです。だけど一番悪かったのは責任を取らずになあなあでごまかし続けてきた政治家です。
 それに気づいた時に、もともと政治家やりたかったんだから新聞記者も楽しいけどやっぱり政治家をやろうと思いました。

─取材"する"側から"される"側になって、メディアの見方に変化はありましたか?

 いや、変わらないです。ただし、こう言ったら怒られるかもしれませんが、取材するメディアの方が楽ですよね。される方はつらいですよ。いい世の中を作るためにはまっとうなジャーナリズムがなければいけませんから、新聞社なりテレビには頑張ってもらいたいと思います。出身母体なので経営なりの問題はわかりますが、できるだけまっとうなジャーナリズムが根付いてほしいなという気持ちは人一倍持っています。それだけに新聞に対しては厳しい見方をします。

─愛読紙はありますか?

 一応日経新聞です(笑)、ウソでも言わなきゃ。真面目な話をすると、私は活字人間なので新聞社を辞めてからもずっと主要5紙(日経、読売、朝日、毎日、産経)については目を通します。文藝春秋、たまに世界、スポーツ紙や週刊誌も一通り読みます。
 週刊誌のリードはとても勉強になります。政治家はコミュニケーションが大切ですが、リードからキャッチフレーズを学ぶことがあります。趣味だけでなく実益を兼ねた活字人間です。

─キャッチフレーズといえば「政権交代」について、2009年の総選挙とこれまでの選挙では雰囲気に違いはありましたか?

 結論的に言うと、小泉選挙を全く逆側から見たということだと思います。僕らはまっとうにメッセージを打ち出したし、やっぱり大きな風が吹いたことは間違いないです。

─政権交代の意義についてどうお考えですか?

kondo091225_4.jpg

 私は経済をフィールドにしていますが、バブル崩壊が1990年初頭と考えるとこの「失われた20年」の間、ずっと日本の経済は停滞しています。それがなぜかというと、政治にリーダーシップがなかったからだと結論づけられます。なぜ政治にリーダーシップがないかというと、まっとうに国民が選挙を通じて政権を選んでいなかったからです。鳩山首相が献金問題で色々言われていますが、少なくとも民主党政権は有権者の方々が一票一票で選択した政権です。しかもそれが戦後初めてのことです。だからリーダーシップを発揮しようと思えば十分できる政権です。こういう経済を立て直す意味でも政治のリーダーシップを発揮できるチャンスだと思っています。発揮できれば政権交代の意味はあったと思います。

─ホームページでは「山形を新しい日本のモデルに」と言われていますが、地元の山形から発する"地域主権"を聞かせて下さい

 山形県を含む東北地方は"道の奥(みちのおく)"が音変化して"陸奥(みちのく)"と呼ばれています。未開の地でありニューフロンティアです。例えば地球温暖化対策について、自然を壊し続けて近代都市を造って本当に人は幸せなのだろうか、という「成長の限界」をみんなが思っていると感じています。自然をうまく使いながら生きていく社会というのは東北地方に限るわけではありませんがまだまだたくさんあって、新しい21世紀型の生活モデルを提案できるのではないかと思います。
 エネルギーも太陽や風力やバイオマスといった再生可能なエネルギーをうまく使ったり、食べ物にしたって安全な食べ物、やはり人間は健康で長生きしたいというのが共通の目標じゃないでしょうか。そういうものを追及する一つの理想郷にできるのではないかと思います。東京はもう開発し尽くされています。

─経済産業省としては成長を引っ張ってきた東京がその状態では頭が痛いですね

 2つ意味があって、もちろん東京が引っ張って行かなきゃいけないということはあるでしょう。ただし幸せな国というと、イギリスでは歳をとれば郊外に住んでいますし、何も都市のど真ん中で生活することがいい人生ではありません。フランスも同様にパリはすごい大都市ですが、田舎町はすごくきれいで本当に豊かな生活をしています。米国ですらニューヨークだけでなく、それぞれ他の地域も特徴を持って立っています。強い国はそういうものだと思います。東京は継続して引っ張り続ける部分はありますが、その限界も見えているんじゃないでしょうか。

─何故民主党なのか、あなたが考える自民党と民主党の違いを教えてください。(投稿者: 日の出 | 2009年12月23日 15:16)

kondo091225_5.jpg

 単純ですが、一つは民主党の方が面白そうだったからです。大組織にいたって活躍はできないじゃないですか、当時の"大"自民党に入ったって。ましては私は2代目で、「ああ、近藤鉄雄の息子だ、たかがしれてるな」と思われちゃいます。
 私が入った10年前当時の民主党はベンチャー企業とまでは言いませんが田舎に帰ればバカにされ、「自民党にあらずんば人にあらず」という世界でした。ただ民主党の方が活躍する場所があると信じて入りました。情けない理由ですが、民主党の方が活躍できそうだ、面白そうだということです。
 2点目ですが、「政治って何だ」と考えたときに政治は結局現状を変えることです。もちろん政治家の役割と問われれば、国民の命と財産を守ることもありますが、政治というものの本質的は何かというと現状を変えることです。行政は基本的に現状を続け、踏襲することです。ルールを守るのが役人の仕事です。役人がルールを変えたらたまったもんじゃありません。すなわち変えない、執行することです。政治家が本当に楽しい政治をしようとすれば、変える方の政治に立った方が面白いでしょう。そう思って民主党に入りました。自民党だと「今まで通り変えられません」というのが本質的にあるのかなという気がします。民主党に入って1回落選し、5年浪人、今は議員生活7年目に入りますが、少なくとも当選3回生で今のポジションを考えたときには民主党でよかったと思います。政務官なんて自民党時代には盲腸と言われていて、何の役にも立たないし騒げば切るというものでした。自民党時代の政務官はただ会合にでて用意された原稿を読んで終わりという宴会要員でした。民主党の政務官は、役人と議論し、政策を作り込み、成長戦略原案を自分で書き、交渉するということをする...明らかに以前とは違うと思いますね。今日もこの後官邸に行って鳩山首相にレクチャーしますが、政務官が首相に政策を提言したり官房長官とやりあったりします。自民党時代にはあり得なかったことです。色々と世の中には批判があるかもしれませんが、少なくとも今は政治を変える立場を預かっていて、自民党時代と違ってよかったと思います。

─お父さんを取材している時に近藤政務官から電話が入ったようなのですが、どういう気分の時に連絡をとるのですか?

 連絡をとるのは2週間に1回ぐらいですが、政策についての意見を聞くことが多いです。私は政府の新しい経済ビジョンを作ろうという仕事をしているのですが「こんなイメージどうですかね」と聞いたり、キャッチな言葉が欲しい、頭を整理したいなという時にも話をしますね。自分のブレーンというと怒られてしまうかもしれませんが、彼も経済企画庁長官でしたし見識を持った方ですし、今も勉強好きで相当本を読んでますから。本を推薦してもらうこともあります。

───────【こだわり】───────

kondo091225_6.jpg

 文字「寅さん」もいいんですけど(取材中に鳴った携帯電話のメロディが「男はつらいよ」のテーマソングと発覚)...と取り出したのは文字「MONTBLANC(モンブラン)」社製の万年筆でした。
 
 近藤政務官は新聞社時代に鉛筆で原稿を書いていた最後の世代だそうです。ペンへのあこがれがずっとあり退職時に購入して以来12年間愛用しているそうです。

 「新聞記者への未練かもしれませんね」...とこだわりを話してくれました。

───────【アイテム】───────

kondo_chirashi091225_1.jpg

kondo_chirashi091225_2.jpg

2009年12月25日、経済産業省大臣政務官室:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6397

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 【第22回】政治家に訊く:近藤洋介:

» 財務省 主計局長! 鳩山政権の予算編成に協力する気が無いなら・・・・あなたには・・お辞め戴きます! カメもタマにはタメになる・・・亀井静香 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
もう今年も1週間で終りです。 早いものです。 今年の初春のころにはまだ・・・このオトコが官邸に居ついてました。 お懐かしい・・・(笑... [詳しくはこちら]

» 鳩山政権 今日で100日 マニフェストはどうなったのか? 送信元 ひげログ人
毎日新聞によると、発足から本日で100日目を迎える鳩山政権について、衆院選マニフ [詳しくはこちら]

» あけましておめでとうございます 送信元 雑感
  あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いおたします。 正月からというか年明け早々から、サンプロを見ながら、初日の出の時間を待っていた。まぁ... [詳しくはこちら]

コメント (10)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

味方を後ろから撃つ御仁です。楽しみにしています。

今度は鳩山政権のどこを狙い打ちするか?

マスコミの皆さん楽しみにして下さい。

梅光さんに一票。
小沢辞任要請事件は一生忘れないぞ!
どの顔して、民主党支持者が多いこのサイトに登場できるのだろう。
どんなに素晴らしい政策があったとしても、基本的に、仲間を平気で裏切る奴、マスコミに売る奴、民主主義が判らない奴は政治家以前に人として信用できない。

過去の経験を活かして産経に転職すべきだと多くの国民が期待してますよ

所轄官庁がこちらなのか、わからずに投稿します。
医療薬品のジェネリックが進む中、農業野菜の「F1品種」種子も同様な措置が取れないかと、考えておられないでしょうか。

医療薬品の開発に多額の費用がかかるその分を、現行医薬品に上乗せせざるを得ない理由は理解できます。
「F1品種」種子についても、同様かとは思いますが、開発後何年か経過後種子価格が下がるような手法が取れないかと考えています。

農業全般に言えることですが、経費削減努力をしたくても、種子はいわば独占分野企業に占められ、農家にとって削減努力ができない聖域のようになっています。

まして「F1品種」には、ある意味危惧する面が多いと私は感じています。
種子メーカは、開発競争にあけくれ、毎年新しい品種の種子を数多く、市場に出している。
普通の方であれば、トマトはトマトと風邪薬は風邪薬としてみています。
国内の消費されているトマトの種子のほとんどは、一社独占状態にあることをご存知でしょうか。
数少ないメーカの種子会社もトマトの種子を発売していますが、多くの生産者は、それを選びません。
また、開発競争に振り回されているきらいさえある。
同等なことが、他の野菜にもある。
各種子メーカは、それぞれ分野ごとに力を注ぎ、競合体制が薄いと感じています。
ある意味、独禁法違反でないかとさえ、疑ってしまう。

特許の問題もあろうかと思いますが、そうした所にメスを入れる政策を期待しています。


何故民主党なのか、あなたが考える自民党と民主党の違いを教えてください。

編集部様

「政治家に訊く」はホームページの上の広告っぽい所からしか入れないので、私は気付かずにかなり飛ばしてました。サイトのデザインとしてはどうでしょうか。この欄に意見が少ないのは自分が専門的に書きすぎたからという投稿もあり、確かに同じ人ばかり投稿されてます。

近藤洋介議員のHPから入りメールしたが10日経過しても全く返事なし! ◆その質問とは外国人参政権について、どの様に考えてるかについてです!

考えをハッキリ表明してください!逃げないで!

まずは、夏の選挙での当選おめでとうございます。

>大組織にいたって活躍はできないじゃないですか。

さて、民主党は308議席を有し「大組織」になりました。

ようは、活躍ができない可能性は「大」となりました。ということは、民主党から離党をするということでしょうか。それを望んでいる民主党支持者も世の中には、少なからずいるでしょう。

過去の選挙を見ていても「遠藤武彦氏」に二度敗退し、復活当選。そしてこのたびは、遠藤氏が出馬をしなかったということで貴方に有利に働きました。また同時に民主党へ吹いた風です。

もともと、貴方の基礎票は貴殿の父上である「自民党の近藤鉄雄氏」のものです。

つまり、貴方は民主党を離れ、無所属で次の選挙を戦うべきです。そこで、当選ができたら認めてあげましょう。今の貴方の言葉は、詭弁にしか思えません。まずは復活(比例区)で当選ができるようなセコイまねはやめるべきでしょう。


また貴方のWEBサイトに
「続投宣言された後の、他の世論調査でも引き続き厳しい数字が出ているようだ。小沢代表が激励に行かれた千葉県知事選挙も苦戦している。」と書かれています。
同時に、各地の出馬予定者からの電話で、苦戦をしていると書いていたこともありました。

ようは、貴方は選挙のためだけに民主党の執行部を批判をし「存在感をアピール」をしていたに過ぎません。

次の選挙に、有権者がどのような判断をするか楽しみです。

貴方の過去の行動・言動を忘れていない人間がいることを忘れないでください。

 いやー、この人は信用できますよ。「坂本竜馬がかっこいいから」とか「チャーチルも新聞記者だったから」とか「民主党なら活躍できそうだから」ってことを理由に記者・政治家になったなんて、臆面もなく言えるのですから。そう思ってても、普通はもっともらしい理由をつけて、書いちゃうもんです。

 ただ、これを見た有権者が、「裏表のない清廉潔白」をイメージするか、「限りない底の浅さ」をイメージするかはわかりませんが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.