Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 【第5回】政治家に訊く:後藤田正純
メイン
【第7回】政治家に訊く:海江田万里 »

【第6回】政治家に訊く:石川知裕

───────【基本情報】───────

名前:石川知裕(いしかわ・ともひろ)
政党:民主党衆議院議員
選挙区:北海道11区
生年月日:1973年6月18日
血液型:A型
座右の銘:不撓不屈(ふとうふくつ)
趣味:野球
好きな食べ物:豚丼(帯広名物)
ホームページ:http://www.tokachi-ishikawa.com/

───────【質問事項】───────

Q1:なぜ政治家になったのですか?

ishikawa091007_1.jpg

私の生まれ故郷は北海道の足寄町(あしょろちょう)という、香川県とほぼ同じ面積の日本一広い町です。過疎化が進んでいる町ですが、地域を元気にしたいという思いのが一番のきっかけです。

Q2:政治家になる前はどのような仕事や活動をしていましたか?

私は大学在学中から小沢一郎さんの書生として働き始めました。小沢事務所は必ず東京と岩手両方の事務所で勤務することになっています。私の場合はまず東京で日程調整や経理を務めました。その後岩手で何年か働き、また東京へ戻りました。片方だけだと仕事が身につかず、地域のこともわかりませんので、必ず転勤することになっているのです。

Q3:どのような政策にいちばん力を入れていますか?

ishikawa091007_2.jpg

私の選挙区は十勝地方です。面積は1万km2と岐阜県とほぼ同じ面積です。基幹産業が農業です。生乳の生産量は全国で約800万トン、その半分が北海道産です。十勝については100万トンと日本の生乳の8分の1を生産している地域です。そんな十勝では農業政策に一番力を入れていきたいです。

地方の雇用は公共投資によってある程度守られていましたが、だんだんと公共投資は減ってきました。これからは1次産業を基盤とした雇用を作っていかなければいけません。いま民主党が掲げている6次産業化、いわゆる農業と商工が一体となって連携を取り合うことに力を入れたいです。

Q4:6次産業化は地域の中で連携させるのですか?

北海道で捕れたスケソウダラが九州へ移動して高額な明太子になりますが、加工や流通で生み出される付加価値はできるだけ地域に落ちるようにしたいと思っています。そのためには規制を緩めたり、申請に必要な膨大な書類を簡素化することも必要です。そして何より地方分権を進めて、自分たちの町が生きていく方向性を自ら決められるような体制にしてあげることが大切だと思います。

Q5:日本をどのような国にしたいですか?

ishikawa091007_3.jpg

かつては総中流社会といわれ、活力ある国でしたが、今は格差が広がり何より若者が夢や希望を持てなくなっています。明治維新の場合は近代国家を目指し、太平洋戦争が終わり国土が荒廃した後は三種の神器に象徴されるような物で生活を豊かにしてきました。ここに来て日本という国が目標を失いかけている。これからの日本人は世界に出て世界中をもっと豊かにしていくんだという若者を作れるよう教育をしていくことが大切だと思います。

Q6:今回の「政権交代」をどう感じましたか?

新しい政策を次々に打ち出していることが一番政権交代の実感がわくところです。政権交代によって政策転換ができていることは国民の皆さんが一番感じているかと思います。これまで大胆な政策転換はできませんでした。それは自民党も官僚も一体となって物事を進めてきた結果、自分たちの失政を認めることにつながる政策転換はできなかったということです。

Q7:民主党の政権維持のポイントは?

これから政策を実行するにあたり、新しく法律を作る、または1つの政策を変えるとなったときに、それによってプラスになる方もいればマイナスになる方も出てきます。そこで常に民主党が「国民の生活が第一」ということを忘れずに改革を進めていけば必ず選挙で勝利できると思います。

Q8:地元(北海道)で抱える問題は?

ishikawa091007_4.jpg

雇用が問題です。私の選挙区でいうと農業の総生産高は約2,500億円で10年前から徐々に伸びています。公共投資はピークが約1,900億円で今は800億円を切っています。半分以下に落ちている中で雇用も失われています。だから農林漁業といった1次産業を基幹としてどのように雇用を作っていくかが今後の課題です。そうしないと仕事がないから札幌に行くという発想になってしまいます。

北海道の人口は3分の1が札幌近辺に集中しています。郡部といわれている地域は仕事が減り地域を離れ、今度は病院の機能が札幌に比べると弱くなり札幌に行ってしまいます。どんどん一極集中が進んでいきますから今度はその流れを変えなくてはいけません。私は日本全国を考えても都会を住みづらくしても良いと思っています。住みづらいから田舎に行こうというようしていけばいいと思います。

─北海道は全国でも都市と農村の生活差が顕著にわかる地域かもしれませんね

スポーツができないんですよ。野球チームが作れません。昔は各学校ごとにあったチームが今では2、3の学校で1つのチームを作っています。そういうものを見ていると何とかしなきゃなと思います。子供がいないとさみしいでしょう。

...といいつつ私も独身だから偉そうなことは言えませんが(笑)

Q9:読者からの質問

─衆議院選挙の途中で立ち消えたようなFTAと農家の戸別保障について石川議員の本音をお聞かせ下さい。(投稿者: 古人 | 2009年10月 7日 10:15)

日米FTAの締結とマニフェストに載り、その後党内で協議した結果「促進」と変えました。自由貿易の促進は世界の流れですし、日本もFTA・EPAは9カ国と交渉して妥結しています。ただ国内農業にどういった影響を及ぼすかを考えながら、現在は慎重に物事を計っております。今の時点で日米FTA締結はありません。

ただ二国間のFTAと違い、WTOは日本が嫌だと言っても世界が決めてしまうと日本の農業が不利な立場になってしまいます。そのために戸別所得補償を制度化して農業者が安心して営農できるように体制を作っていきます。日米FTA交渉を進めるために戸別所得補償制度を整えようという考えではありません。

これから畑作と稲作は来年モデル事業を始めて、再来年から完全実施。酪農・畜産、林業、水産業については数年かけて制度設計をし、導入していくというのが戸別所得補償制度のタイムスケジュールです。

Q10:書生時代の暮らしをもう少し詳しく教えてください。

ishikawa091007_5.jpg

これは面白いですよ。一年間は名刺ももらえず、ジャージ姿でひたすら仕事をします。まず朝5時に起きて、最初1ヶ月は車の運転の練習です。戻ってきて庭掃除です。7時に一緒に散歩をした後は、ご家族と秘書約10人分の朝食を奥さんと作り、先生が出られるまで準備を手伝います。その後も雑務がたくさんあります。

いろいろ失敗もしました。小沢先生は鳥が好きで、一度江沢民元国家主席からオウムをもらいました。オウムと一緒に2匹のツグミももらい、飼うことになったのですが、翌日になって2匹のうちの1匹が死んでるんですよ。その時はクビかと思いました。日本の環境に合わなかったそうなので、小沢先生は「生き物だから仕方ない」と言っておられましたが、顔面蒼白でしたよ。

Q11:国民・支持者にメッセージを!

政権が代わって一つ一つ政策を実行していっております。戦後60年間、自民党が築き上げてきたシステムではもはや限界ということで、国民のみなさま方から民主党に政権を移そうと、任されました。

日本を病人にたとえるとお医者さんが自民党から民主党に代わったのです。すぐ薬を飲んで治る病薬はありません。それを同じように、いまようやく我々も病気にかかっている日本を治すためにどういう薬、療法が良いのか、模索しながら徐々に回復させようとしています。すぐ結果が出てくるわけではありません。国民のみなさまにはこの改革を少し長い目で見て、支持して頂きたいと思います。

───────【こだわり】───────

ishikawa091007_6.jpg

「衆参国会議員で設置しているのはうちだけなんですよ!」

石川氏は独身のはず...と思ったのですが、実はこのベビーベッドは秘書用のものだそうです。

議員会館には託児所がなく、国会議員はもちろん子供持ちの秘書の方々はご苦労されているようです。

「働きながら子育てをと言っているだけに自分から実行しないと!」

2009年10月7日、衆議院第一議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6037

コメント (22)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

湾岸戦争時に日本政府からアメリカに渡した金の一部が金丸・小沢側にキックバックされたそうですが、どこで管理しているのですか?

衆議院選挙の途中で立ち消えたようなFTAと農家の戸別保障について
石川議員の本音をお聞かせ下さい。

西松騒動に関して、職権乱用の疑いが濃い東京地検(検察)に対しての処罰、検察(不当逮捕、不当起訴対して)監視システムの構築に取り組むべきだと思うがどうでしょうか。

このまま、検察だけを特別扱いするのは民主主義の崩壊だ。

石川議員には、自分が東京地検特捜部にて事情聴取された件について、東京地検・特捜部そして検察総長を国会に喚問し、何故、小沢氏関係者だけを取調べ、他の自民党議員の関係者を取り調べなかったのか、また、二階氏関連を不起訴にしたのと、質的に何が違うのかを、徹底的に追及して欲しいものです。

はじめまして、私は現在子供一人の三人家族で私も妻も病気のために現在働けず、生活保護のお世話になっております。

皆さんは保護をもらって働かずに生活しやがってと思っている方ばかりだと思いますので
こんなことを質問したら叩かれるのはわかっているのですが、どうしても伺いたいことがあります

この度民主党さんがやるといっている「子供手当て」のことなのですが、現在支給されている「児童手当」は生活保護を受けているとの理由から没収されています…

これはもちろんのように、今回の「子供手当て」でも没収されていくのでしょうか?

この児童手当とか、子供手当てというのは、収入とは別に子供の養育のために国が給付してくれているものと思っていますがこれは間違った認識でしょうか?
税金を払っていないくせに手当てを欲しいって思う考えが腐っているのでしょうか?

皆さんは税金も払わず、人の税金で生活しているのだから、甘えたことを言うなと思って居られるでしょうが、何も好きで保護を受けようと思って現在の生活をしているのではありません

現実、生活保護でもらえるお金は普通に生活するだけで精一杯のお金です、子供の養育費に回す余裕なんてほんとにありません・・・

なので、子供手当ては自分達の手に乗るようにしてもらえないのでしょうか?それが質問です

これを読んでいる人たち
生活に大して困らない議員達
皆さんに、この生活保護を受けることの、悲惨さ、辛さがどの程度分かるかはわかりませんが(実際分かるなんて期待はしていません、人は自分がそこまで堕ちないとわからないものですから、分かればもっと官僚も政治家もまともなこと考えると思います)
生活保護を受けてから数々の差別、非難を受けてきました、実際生活保護で生活するのは皆さんが思っている以上に悲惨です
(中には好き勝手やっているような方も居られるようですが)
引越しがしたくて、部屋を見に行っても、「生活保護に貸す部屋なんかありませんよ、今現在壁公園に寝てないだけありがたいと思ってください」などと言われ、引っ越すことも出来ない始末です・・
好きで受けた訳でないのに、人間扱いを受けないこんな制度・・・辛すぎる


<石川知裕様>
まずは、小選挙区での当選おめでとうございます。しかも、中川昭一氏に比例での復活を許さなかったのは立派の一言です。
テレ朝の選挙特番で、当確が出た石川さんへのインタビューの時、それまで、苦虫を噛み潰した様な顔を緩めなかった小沢さんが、ハンカチを瞼に当てて、目を真っ赤にしていました。
「小沢先生には、これから行動で恩返ししたい」と言ったあなた、師匠孝行をしましたね。
小沢さんは、リアリストで口が重い為に誤解されがちです。民主党がこれからどうなるか?未来は必ずしもクリアではありません。
何があっても小沢さんを支えて上げてくださいね。私を始めとした全国500万人の小沢シンパも行動を供にします。
しかし、万が一、小沢さんが国家国民の為にならない事をしようとしたら、政治家としてスパッと決断してください。
あなたの政治家人生はスタートしたばかりなのですから...。
いつかは、この国の大きな転換を図る為の舵取ができる政治家になってください。期待しています。
<HETARE様>
あなた方はご夫婦揃って病気なのですから、生活保護をうけるのは当然です。憲法で保証された権利です。堂々としていていいのですよ。
新自由主義者どもが、平気な顔で、弱者叩きをしています。随分、心ない言動に傷ついたとお見受けいたします。
その様な政治家は「生活保護の人は、パチンコをしている」などと言いながら、自らは国民の税金から高給を受けている事は、平気でスルーします。どの口がいうのか?という話でしょう。
また、ネットにいるニワカ右翼も口汚く攻撃しています。彼ら彼女らは、きっと凄く可愛そうな境遇にいるので、弱い立場の人間を攻撃して憂さ晴らししているだけです。
子供手当は、両親の収入に関係なく、社会で子供を育て様とする理念から生まれた政策です。
たとえ、生活保護を受けていても受け取れると、私は認識しています。
今度いつとは約束できませんが、私は長妻厚労大臣の後援会員です。たぶん2〜3か月後には、会える機会もあると思いますので、聞いてみますね。
時々、このサイトを覗いてみてください。

おそらくこの国のほとんどが政治で世の中が変るなんて思うことさえ忘れてしまっていたのに、新政権は次から次に大胆なイニシアティブを発揮してくれている。

過度な期待をしてはいないが、弱りきっていた日本の体力は思った以上だったようで、新政権の取り敢えずの外科手術でドボドボと毎日膿が出続けている。

喜びも希望もなくなりかけていた今日とそして未来に少し光がさしてきたと感じているのは私だけではないと思う。

恵美さん大好きです。長妻大臣のどうぞよろしくお伝えください。

声を上げる力もない人たちに新しい政治で希望が持てる明日が来るように。

[HETARE]様 (2009年10月 7日 15:36)

親鸞の「他力本願」の思想は「人間は他人によって生かされている」という思想だ、と思います。生活保護を受けていようがいまいが、私達は他人によって、生きさせてもらっているのです。従って、何も気にする事はありません。正々堂々とお暮らしください。あなたによって、生活保護を受けていない私も、生かされているのです。そうでなかったら、相身互いの友愛の世の中は、成り立たないでしょう。

>今は格差が広がり何より若者が夢や希望を持てなくなっています。

ぜひとも、格差社会が生み出した貧困の解決に力を尽くしてくださることを強くお願いしたいです。

いまの現実は、あまりにも酷すぎます。現場の声を聞いてください。

<HETARE様>

em5467-2こと恵美様のおっしゃるとおりです。強く同感します。

生活保護を受けるのは、憲法で保証された当然の権利です。何の後ろめたさを感じる必要はないと思います。

私は反貧困運動の直接の関係者ではありませんが、ほんの少しですが、それに関わっています。

生活保護の受給に、後ろめたさを感じる人が大多数であると聞いています。しかし、決して、そのように感じる必要はまったくないと湯浅誠さんはおっしゃっていたように思います。

生活保護の生活があまりにも酷い現状、人間扱いしていない制度も現場の声として知っています。これは政治がまったく何もしてこなかった責任はきわめて重いと思います。政治のみならず、国民にもその責任があります。

何とか、この酷い現状を変えようと、私も反貧困の運動に加わっています。今後も、何の力も無い私ですが、ありったけの力を尽くして、この現状を変えていくための活動をしていきます。この悲惨を放置することなどあってよいはずはありません。それに何もしないことは犯罪に等しいとさえ思っています。この貧困に激しい怒りを感じます。

差別、非難は決して許されないことです。そのことにも激しい怒りを感じています。
この問題に対しても、何としても、変えていきます。

何かお困りなことがありましたら、ぜひ、反貧困ネットワークなどの市民団体や弁護士会にご相談下さい。

あまりにも悲惨な現状を政治家の皆さんに、ぜひとも、知ってほしいです。湯浅誠さんをはじめとする活動家が働きかけています。
政治と市民の力が合わさらないとなかなか難しいようです。
本当にいまの貧困はぎりぎりのところにあります。一市民として、全力で取り組んでいきます。

>>これからの日本人は世界に出て世界中をもっと豊かにしていくんだという若者を作れるよう教育をしていくことが大切だと思います。
素晴らしい夢ですね、小生は東南アジアの日本企業現地法人で、足掛け15年程働いていますが、まったく同感です。
 日本の技術と資本で世界はより豊かになり、子供を売ったり、娘を色町で働かせたりという貧困と、悲惨が解消しつつあります。(この反面が、政府の無策のために、日本の派遣労働や失業率の増大に繋がっているわけですが)
 若者に限らず、老人も(小生は63歳です)、自分を鍛えて、海外に出ましょう。
 介護や福祉の問題も、日本だけで考えるのではなく、海外を含めて考えれば、遥かにハッピーな解決が可能です。小生のいるタイでは、大変な数のヨーロピアンが、老後を楽しく過ごしています。私の友人は、アルツハイマーの、父君を引き取り、看護婦資格を持つ若い看護婦さんを2名つけて24時間の完全介護で面倒を見ています。(その他に家事全般を担当するメイドさんもいますが、全て父君の年金で賄えています)
 東アジア共同体がまず手始めでしょうが、世界に向けて日本を開き、世界に向けて日本が出て行く、2次大戦の理念であった八紘一宇(世界を一つの家とする)を達成することが、戦後の復興を成し遂げ、欧亜に追いついた日本のこれからのテーマではないでしょうか。
 

石川様にお聞きします。
民主党の国土政策を。

前原国土相
「羽田ハブ空港へ、関空無策。」

民主党になっても地方軽視切り捨ては変わりません。

官僚の日本統治戦略、頭は東京に、手足は地方には続くようです。
社会構造は何も変わりません。

脱官僚でなく、どっぷり官僚です。

地方の声無視、従来の政策の継続性も無視で、民主党の政策の自由度が高いので、
ますます民主党は傲慢になるでしょう。
東京への集中投資でますます集中します。
地方の設備はますます不要になります。
更に東京へ集中します。
東京圏以外地方は人口が激減しているのですから。

地方主権が機能するのは、アメリカのようにナショナルセンターが
全体に配置されている場合です。
生活環境の向上も職があることが前提です。

1億円の住宅販売でもニューヨークは5%もありません。
地方の都市でニューヨークより多い都市もあります。
富が分散しています。
大企業も分散しています。

一方日本は90%超が東京です。
大阪で5%、横浜、名古屋、神戸ほかで5%です。
大企業への就職は東京しかありません。

地方主権とナショナルセンターの再配置か複数化をしないと
日本は良くなりません。

地方は仕事がなく、高齢者だけになっていますので。

※フランスは複数化政策、
 独、中、米は完全分散化
 英、スペインは国の分割化
 集中は日本だけ。

北海道で起こっていることは日本全体で起こっています。
札幌も雪印しかり、ニトリが東京へ本社を移す等、大企業は少ないです。完全な支店と地方企業の街です。全国同じです。支店がある街、地方中核都市はまだ良い方で、地方都市はさらに厳しいです。
高速道路無料化だけで、地方は活性化しないでしょう。

民主党はどう考えていますか。
石川様はどう考えていますか。

<パン様>の・・・この悲惨を放置することなどあってよいはずはありません。それに何もしないことは犯罪に等しいとさえ思っています。この貧困に激しい怒りを感じます。・・・

に同感します。本当は民主党にも真っ先に手を入れて底上げをしてほしいです。母子加算の中止も生活保護を受けてない人の最低所得がさらに下がっているため、贅沢扱いされたようです。また現実には生活保護を受けられる人で受けていない人も沢山いるようです。何処の誰であろうと余りにも惨めな思いを味あわせないでほしいです。

<HETARE様へ>
<恵美様、良心派様、パン様>も言われるように普通に堂々としていて下さい。
お子さんにとって、一番の安心はご両親が元気でいてくれることです。何より先に健康の回復です。そのためにも必要以上のストレスは百害あって一利なしです。お子さんの前では常に穏やかでニコニコしていてあげて下さい。そして安心感を与えてあげて下さい。子供は敏感ですよ。不安や惨めな思いを与えてはいけません。(お子さんの事が気になって、失礼な発言お許し下さい。)

<恵美様へ>は長妻厚労大臣の後援会員なんですね。長妻さんの顔つきが最近いつも硬直しているので大丈夫かと心配しています。ところで長妻さんと木村盛世さんとはコンタクトはあるのですかね。何か味方になってくれそうな存在の様に見えますが、また長妻情報お願いします。

昔、日本は企業は一流、政治は三流と言われてきましたが、おそらく各国の政治家は、日本は優秀な国なのに、何故、政治家はアホなのかと、世界七不思議の様に考えていたと思います。
国連のスピーチで鳩山総理が世界に向けてニュージャパンと発信しましたが、間違いであると進言して下さい。
リアルジャパンだと。

本日の大きなニュースは「派遣村」の「反貧困ネットワーク」事務局長湯浅氏が国家戦略室の参与に選ばれたと言うことです。
まさしく、今回の選挙が「静かな革命」であったことの証明となることです。
我が国にはHETAREさんのような立場に追いやられてしまった人が、多くいます。今までの政権は、それらの人たちに目を向けることなく来ていました。
本来「生活保護」という制度はセーフティネットの役割であったはずなのに、「施し」とされてきました。
それも弱者に目を向けない我が国の政治そのものの象徴です。

今それが大きく変わろうとしています。変えなくてはいけないです。
年間3万人の方が自殺する「自殺大国」から脱却しないと、それが民主党政権に課せられた任務と思います。

HETAREさん、もう少し待ちましょう。必ず人として尊敬される時代が来ます。
人々がお互いに慈しみ合う時代が実現できるように、みんなで励まし合いながらこの政権を支えていきましょう。

このチャンスを逃したら、この国は滅亡するか血を血で洗う内紛に陥るかの瀬戸際です。
私も「年間3万人」の中に入る直前と、戦慄を感じながら経営をしています。
だからこそ、ここで踏ん張らないといけないと思っています。

HETAREさん、お互いこのつらい「日の出前」を乗り切りましょう。

HETARE様へ

恵美様、良心派様、パン様、yuimakitu様、 山中閉居様なども言われるように普通に堂々としていて下さい。

実は、妹が子供を一人もうけて離婚し、生活が成り立たず、どうにもならず兄の私が生活保護を申請しました。一時、面倒もみました。それも限度がありました。もう40年程前の話です。

私にも葛藤がありました、プライドもありました。まさか妹が、、!

人が人としてそれぞれの現実を生き抜くとき、他人には言えない、話しても理解して頂けないことが沢山、たくさん、それも山ほどありますね。

自分で選んだ人生ではないが、いつの間にかそれなりの努力しても自分の努力だけではどうしようもない境遇に陥ることもあるのですね。

助け合い精神、つまり友愛が現実に生きておれば、温かい日常が貧しくとも送れるのでしょうね。

人は、病気や怪我で入院して、初めて健康のありがたさ、人の優しさなどがホントに分かるといいます。

元気バリバリ、かなりの現金が月々入るときには、弱者の気持ちを理解できないし、なかなか気付きません。それが浮世です。

だが政治が、断じてそうであってはならない!!!当たり前の話ですが、前政権は全く不十分、否、逆でしたね。

HETARE様 
何時 我が身でしょうか、そんなこと思いながらの日々を過ごしています。
やっと日本が生まれ変わることが出来ました。
民主党政権になって 手放しで喜ぶことは出来ないにしても 予算委員会質疑応答にも象徴されている国民主権友愛政治は今までになかった国会になったと思っています。
恵美様 あなた様はいったい どのような方なのですか?
(この紋所が目に入らぬか) 恐れ多くも・・・
歳のせいか 水戸黄門大好きです。
何時も元気を分けて頂いていますが この度HETARE様への勇気づけに ぼろぼろ嬉涙が溢れ拭うことも忘れてしまいました。
さて 恵美様 長妻さんですが強力強大な官僚 そして国民の狭間で大変苦しんでおられるようです。
一部激痩せも耳にしていますが、我々の味方を何としても守らなければなりません どうかどうか恵美様のお力お貸し下さい。

石川さん、がんばって!
とにかくがんばってください。
心ある国民は、皆な解ってます。

念願の当選と政権交代を果たし、初めて臨む通常国会の召集に応じられなくなってしまった石川さんの無念を思うと胸が痛みます。石川さんが元気な姿で返ってくる日を静かに待ちたいと思いますので、どうかお体を大切に。
今回のことは厳しい試練ですが、この国のあり方を考える上で貴重な体験であったと将来思える日が来るかもしれません。「疑惑の総合商社」と呼ばれた鈴木宗男議員。「外務省のラスプーチン」と呼ばれた佐藤優氏。いずれも過去のイメージを払しょくして活躍されています。男一匹、お天道様に恥じることが無ければ恐れるものはありません。私は応援しています。

この声が石川さんに届きますように。

 おはようございます。

 石川知裕衆院議員と同期の民主党衆院当選2回の議員13人が作った「石川知裕代議士の逮捕を考える会」(会長・福田昭夫衆院議員)は何をやってますかね?

 民主党議員は事の重大さを理解していない。まるで他人事なのは、他党議員も同じ。

 違法捜査による逮捕、逮捕後の人権侵害誤情報リーク、・・・こんなことを許していて、法治国家の名が穢れる。以下は転載です。

【特集!】(1/25)
「小沢vs.特捜検察」最終決戦 この国の主導権を握るのは誰か!?

 おはようございます。

 少し?長くなりますが・・・、ご容赦下さい。

 通常国会が開催され、今年度補正予算案・関連法案が衆議院で可決され、参議院の議論に可否が委ねられた。2月に入るといよいよ来年度予算案の審議が本格化する。合わせて、拘留期限延長の期限が逮捕された3名の訴追有無決定を促すことになり、それによって小沢民主党幹事長への嫌疑が訴追対象として現実味を一段と帯びて来る。

 事ここに至っては、法務大臣による石川議員逮捕事案捜査に対する「指揮権発動」の最初のタイミングを逸したここに至っては、次なる「指揮権発動」のタイミングとして本年度予算成立後ということにならざるを得なくなったと思う。未だ「指揮権発動」の行使を留保している法務大臣には、この間、東京地検特捜部の度重なる、国家公務員法に定められた守秘義務の、極めて高い蓋然性を有したと周知の守秘義務違反事実の調査、検証に注力いていただきたいと望む。

 報道における被疑者への著しい人権毀損の所以端緒となる所謂「推定無罪の原則」逸脱責任の有無は、偏に東京地検特捜部当該事案捜査実行担当検察官・捜査指揮担当検察官などの著しい人権意識欠如と、捜査訴追権能付与前提原則としての「国家公務員法における守秘義務」を定めた法律への厳格遵守意識の著しい欠如にあることは想像に難く無く、その管理・監視責任を負った法務大臣の、その出身政権与党国会議員の責任は極めて重大であると思う。

 この事案に関わる司法・行政の被疑者人権に対する遵法意識が、報道機関、東京地検特捜部、管理・監視責任所管大臣としての法務大臣、内閣を構成する政権与党国会議員、被疑者所属の政権与党民主党国会議員に問われている。この遵法精神の欠如が、法治国家国家統治権の検察権力への委譲という、法治の、民主主義の放棄に直結するものであることは明らかである。これは政権与党の如何に関わらず、法治国家にあって民主主義を標榜し政党政治に存立意義を見出すいかなる政党、政党政治家にあっても死守しなければならない国家統治権に関わる問題なのである。

 しかし、主権者たる国民からの負託として存在意義を有する法務大臣が、この「指揮権発動」を行使できるか否かは、恐らく、民意如何に依るのだと思う。つまりは、国民の、前述の被疑者人権に対する遵法意識、国家統治権の定礎となる法治国家としての遵法精神如何に専ら依拠せざるを得なく、法治国家主権者たる国民の係る遵法意識の更なる喚起が必要なのだと思う。報道機関の「寄らば大樹の陰」的報道姿勢顕著なのをみると、かなり難しいことのように思えるが、報道機関所属の人々とて、検察官とて、子孫に委ねて連続する国家国民であることに変わりは無く、権力に阿る近視眼的発想による法治国家、民主主義国家存亡への警鐘には、少なからず耳を傾ける筈だと期待したい。

 そこで今一度、私の投稿の中から「指揮権発動」について書いたものを二つ転載し、警鐘打槌の柄としたい。

~自投稿転載1~~~~~~~~~~~~~~~

 今回の一連の東京地検特捜部による捜査活動に対して、現段階においてだけでも、

 時を見て、指揮権発動をすべきです。
 
 それぞれが独立した検察権を行使出来る職責にある検察官は、訴追権限独占している上に強大な強制捜査権力を有して、主権者たる国民の負託を受けた現職国会議員を国会中に訴追できる権能を持つ者であるから、常に真実の前に謙虚であるべきで、求められる倫理観は国会議員のそれを凌駕するものでなければならず、常に法の元では公平・公正を旨とすべきである。その検察官は刑事裁判における訴追官として審級を通じた意思統一が必要であることから、検事総長を頂点とした指揮命令系統に服している(検察官同一体の原則)。

 司法行政最高権限を有する法務大臣は、検察組織全体への監視責務を一手に担っているわけだから、個別事案に関わる検察官に著しい瑕疵を見出したなら、実務統括指揮する検事総長に糺し、検事総長に対して躊躇うことなく指揮権を発動すべきである。もしそれを躊躇う事があれば、国家の統治権を、主権者たる国民から負託を受けた国会議員によって構成される日本国統治最高決定機関としての内閣権能を、検事総長に易々と譲り渡す、憲法違反を犯すことになる。もし、法務大臣が行使しないのなら、内閣の長としての内閣総理大臣が、速やかに法務大臣を解任し、自ら兼務して指揮権を発動すべきである。

 法務大臣の指揮権には、民主主義的な支持基盤を持たない行政機関である検察が、独善的な行動をとらないよう掣肘する目的がある。法務大臣の人事権とあわせて民主主義的な行政機関のコントロールを意味している。法務大臣と検事総長の意見が対立した場合、法的には「法務大臣の職務命令に重大かつ明白な瑕疵がない限り違法なものでも服従する義務がある」とされ、個々の事件についても検事総長を通じて各検察官に対して間接的に法務大臣の指揮命令が及ぶことになる。その結果是非については、指揮権を発動した際の国民世論が決定することとなり、政治責任の問題である。

捜査担当検察官の著しい独善による瑕疵
 
1.政治資金規正法の適用において著しく法の基の平等を欠く、独善性の存在。
 1-1.直近にあった、鳩山由紀夫氏に関わる同法違反事件における悪質性認定との不平等な独善性。
 1-2.西松事件など、同法違反事件における同違反事実の他議員への訴追権現行使有無の不平等な独善性。
 
2.政治資金規正法適用実態の恣意的変更の独善性の存在。
 表で寡黙な検察官が、わざわざブリーフィングを開き、その変更について、何故か弁明している。
 
3.被疑者人権を著しく毀損する捜査担当検察官による秘密漏洩の独善的世論操作意思の存在。
 客観的事実として、捜査担当検察官か被疑者担当弁護士しか知り得ない供述内容が、
 3-1.被疑者担当弁護士が、自身が情報提供は無いと否定しているにも拘らず、一言一句正しいと認めるほど正確な内容が報道されている事実。
 3-2.被疑者担当弁護士が、全く誤った内容であると指摘するものが報道されている事実。
 
4.違法行為である別件逮捕を疑わせる、繰り返される強制捜査の独善性の存在。
 
・・・ など、幾らでも在る。

~投稿者: ばろんでっせ | 2010年1月22日 07:42~~

上述の内、3.が検証容易、可能であると思う。

~自投稿転載2~~~~~~~~~~~~~~~

 仰るように、今まで一度しか行使された事が無く、それがご指摘のような歴史評価ですから、事後の騒動は想像に難くありません。

 しかし、法務大臣に与えられた、検察への監視権能として、法に定めがあるわけですから、それを使えないというのも可笑しな話です。

 それを行使する、内閣としての厳格公正・公平な基準を設け、法の精神に則って行使することには、それが妥当なものであれば何人たりとも疑義を挿むものではないと思います。

 単純に、その行使基準が、広く認められるものであるか否かは、該当事案捜査に対して、明らかなる法違反の顕著なるを以ってするなら、よいのでは無いでしょうか。

 皆さんがご指摘のように、検察官として国家公務員に課せられた守秘義務違反なら検証が容易であると思います。

石川議員捜査活動に対する指揮権発動手順

1.(基本理念)
 主権者たる国民に負託されて得た地位にある者をも、その強制力の前に跪かされ得る捜査訴追権能を独占する検察官には、他のいかなる国家公務員にも優って守秘義務の履行が求められるはずである。また、被疑者の人権にまで立ち入ってその捜査訴追権能を行使できる検察官は、その被疑者に対する厳格な人権保護意識、情報管理意識が求められるはずである。

2.(事実の確認)
 今回の事件に措いては、訴追に至る前段事情聴取過程において、被疑者供述が外部に暴露されたことにより著しい被疑者人権毀損を齎した、国家公務員に課せられた守秘義務違反発生の極めて蓋然性の高い事実があることを確認。

3. (事実発生経緯の確認)
 2.事実を捜査指揮担当検察官に、報道機関との直接接触は捜査指揮担当検察官、その補佐検察官が慣例となっていること、数社報道機関による一斉報道であることを指摘し、2.事実発生経緯を糺す。

4.(指揮権発動判断)
 3.の即答を促し、回答があれば直ちにその合理性判断を下し、回答が無ければ不合理と判断を下し、その旨を直接伝達する。
 4-1合理的との判断なら、高い倫理観への注意を促し、同質事実の再発防止を伝える。
 4-2不合理との判断なら、指揮権発動予定を伝える。

5.(指揮権発動伝達)
 4-2のとき、検事総長に、指揮権発動する旨(1.の基本理念を示し)、指揮権発動の事由、対象捜査事案、対象事案捜査指揮検察官などを指摘し、捜査の違法性認定により直ちに捜査活動の停止を申し渡す。
 
 当然、指揮権発動へ至る経緯と、その理由などは詳細公表します。

 勇気を持って、気迫漲らせて「指揮権発動」をやるべきだと思います。

~投稿者: ばろんでっせ | 2010年1月22日 20:05 ~~

この手順については、あくまでも素人私見であることを、特にご容赦願います。

 TVワイドショーなどに出演している民主党議員に限らず、同志石川議員を擁護支援すべき民主党議員、間接的にであっても選任責任を有するはずの小沢民主党幹事長の地位擁護支援すべき民主党議員として、今回事件騒動の本質に対する無理解の者が殆どなのには呆れかえるばかりだ。石川議員等の逮捕要件については全く理解してい無く、小沢民主党幹事長に注がれた汚名、嫌疑についても、法的部分と政治的・道義的部分の峻別が全く出来てい無く、殆ど理解してい無い。立法府に身を置く者として、驚くばかりの遵法意識欠如、人権意識欠如である。敵対勢力の攻め手は当に法的部分と政治的・道義的部分の恣意的混同にあるのであって、その混同によって予算審議を人質に捕り、小沢民主党幹事長への責任追及が為されている実態を知るべきだ。

 今、民主党議員の、小沢民主党幹事長周辺にいる民主党議員にあっても、小沢民主党幹事長への距離を置き始めたと伝えられている。何たる見識未熟者の多いことよ!
 
 覚悟を決めて、戦えよ!
 
自民党の轍を踏んで国家統治権を検察、官僚に渡す、
 
 亡国危機を見過ごすな!
 

いままで見えていなかった、この国の暗部が、今回の政権交代で白日のもとにされされています。検察によってつくられたシナリオ通りに、佐藤前福島県知事、村木元厚労省局長、大久保秘書、石川議員らが起訴された事件で、わたしたちはその病状の深刻さに気づかされました。マスメディアによってデマ情報が一方的に流されたことへの怒りはいかほどかと、お察しします。

マスメディアがこれほど腐っているとは、実はこれらの事件が起きるまで、認識していませんでした。石川議員はじめ犠牲になられたみなさんには、ほんとうに言葉もありませんが、マスメディアの実像を知ることができたという意味では、大きな収穫になっています。マスコミを使っての印象操作、世論誘導は、いまのところ成功していますが、これは許されるべきことではありません。
とにかく、国民が実質的な報道管制下に置かれている現状を変えなければなりません。記者クラブ制度はすみやかに廃止すべきです。 官僚や広告代理店との癒着がないか、調べることはできませんか。

http://twilog.org/iwakamiyasumi より
2010年02月11日(木)
是非、11社+通信社2社に直接、言ってください。ガンガンでも、ぐちぐちでも、いいですから、読者・視聴者は、ちゃんと見てる、いい加減に変わってと伝えてください。相当RT @umnmu @iwakamiyasumi マスコミは巨大な権力に見合う責任を負うべきです。
posted at 11:50:59

 初めてご挨拶させていただきす

この度は誠に以ってお三方の頑張りには、痛み入りました。
 心から御礼申し上げます
鳩山先生とは空き地にプレハブを置いた年に見えられ握手した者です。小沢先生にはご尊顔を拝する機会もなく、又マスコミ等不遜な対応を誤解したりもありましたが、堂々の政治姿勢に惹かれる者です。孫に残せる日本を造って頂きたくご期待申し上げる次第です
            草々

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.