Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 【第3回】政治家に訊く:岸本周平
メイン
【第5回】政治家に訊く:後藤田正純 »

【第4回】政治家に訊く:篠原 孝

shinohara090930_5.jpg

───────【基本情報】───────

名前:篠原 孝(しのはら・たかし)
政党:民主党衆議院議員
選挙区:長野1区
生年月日:1948年7月17日
血液型:B型
座右の銘:身土不二(しんどふに)
趣味:テニス、野球、読書
好きな食べ物:りんご
お気に入りの店・ショップ・ブランド・グッズ...など:買いものは主に地元のお店で。ブランド等こだわらない。あえていうなら地産地消で国産品を購入。
ホームページ:http://www.shinohara21.com/

───────【質問事項】───────

Q1:なぜ政治家になったのですか?

shinohara090930_1.jpg

私は55歳で立候補をしました。1996年から羽田孜(はた・つとむ)元首相、堀込征雄衆議院議員、北沢俊美現防衛大臣の3人から「長野1区で選挙に出てほしい。民主党は都市政党のままでは政権交代できたとしても再び政権がひっくり返ってしてしまう。そうならないためにも田舎の律儀な有権者に支えられた議員を多くつくっておかなければならない。そのためには農政が必要で、君に農政を任せるからぜひ民主党に参画してくれ」と言われて立候補しました。

Q2:政治家になる前はどのような仕事や活動をしていましたか?

霞ヶ関(農水省)に30年間いました。2回生以上の民主党議員で、私以外で霞ヶ関の管理職を経験しているのは、財務大臣の藤井裕久さんを含めて5名しかいません。他の官僚出身議員は10年間も所属しておらず、ろくすっぽ霞ヶ関を知りません。霞ヶ関とのつきあい方を見ていると、どうもトンチンカンに感じます。

Q3:どのような政策にいちばん力を入れていますか?

農政ですね。現に私は農業者戸別所得補償を2004年に打ち立て、民主党の農政の柱にし、ずっと同じ政策で戦ってきました。農政はプロじゃないとわかりません。農政の法案を通すには、「落としどころを探って合意する」という感覚が必要です。

こんなこと言ってはなんですが、民主党の人たちは企画・立案はできますけど、国会で法案を通すことは本当にヘタクソです。みんな青年の主張コンクールや弁論大会の優勝者のような人ばかり。農政はそれでは進みません。

Q4:日本をどのような国にしたいですか?

shinohara090930_2.jpg

先ほどの政策にも絡みますが、私は「農的循環社会への道」(2000年8月、創森社)という本を書きました。日本は大国ぶるのではなく、中肉中背の中ぐらいの国であり、分際をわきまえて生きていけばいいと思います。他国から原材料を取り寄せて輸出して儲けるのでなく、国内で回してみんなで仲良くやっていける社会にすべきだと思います。貿易などは減らすべきだと思います。食べ物の世界では地産地消・旬産旬消と言いますが、食べ物だけでなく、無駄なエネルギーコストをかけないのが一番良い。そんな国にしたいと思います。財界からすると、そんな国にしたらたまらないかもしれませんが。

Q5:今回の「政権交代」をどう感じましたか?

いいことだと思います。

ただ組織をいじくるのはもう少し時間が経ってからでいいかなと思います。組織に属している人ならわかると思いますが、新しいことを始める時より、組織を変える方が時間とエネルギーが必要なんです。それをいま一挙にやっているので、ひっちゃかめっちゃかで危なくて見ていられません。その点、小沢さんはピシッとするノウハウは心得てます。

Q6:民主党の政権維持のポイントは?

あまり急ぎすぎず、1つずつ政策をきちんとやり遂げることです。そうすれば国民は納得してくれるのではないでしょうか。例えば菅直人さんが執着してきた高速道路無料化は7割以上の有権者が反対しています。もしCO2対策をするのであれば、CO2を出している車とそれををバックアップしている道路から上がってくる税収を森につぎこむ、というような柔軟な政策の転換をしてもいいのではないでしょうか。

Q7:自民党は再生できると思いますか?

再生してもらいたいです。二大政党の一つとして。消滅してもらっては困ります。しかし、10年間ほど政権野党にしておかないと再生できないと思います。次の衆院選は民主党が勝ち抜き、10年間ぐらい与党としてやっていけばそのことが自民党再生のためにもなります。自民党は苦しんだらいいと思います。

Q8:企業献金廃止に反対ですか?賛成ですか?

賛成です。だから政治資金規正法改正案を今年6月1日に提出しました。翌月鳩山代表の故人献金問題で急に審議されるようになりましたが、その審議でも私が答弁に立ちました。提案者は私と岡田克也さんと他3名でした。

企業献金はこれから3年で廃止し、個人献金だけでやっていきます。そのかわりお金が少ないですから、私も大変です。私の場合は2008 年は完全に赤字。今年は選挙がありましたので、さらに赤字です。これが政治家の実態ですよ。

Q9:読者からの質問

shinohara090930_4.jpg

─「WTO」体制からの離脱を含めて貿易自由化完全実施すること見直すのか。(投稿者: 八代勝美 | 2009年9月29日 12:13)

世界貿易協定(WTO)のラミー事務局長とも議論してますが、自由貿易のテーマが少なくなりました。その一方で、各国が食料・農業政策を自主的に決定する権利である食料主権というものを全面に出してきています。私は、自由貿易というものは10年、15年後には過去の理屈になっているんじゃないかなと思います。地域でできたものをその地域で食べるというのが絶対に良い。食べ物だけではなく、電気についても送電ロスが少なくなります。

─自由化をめぐってマニフェストを修正するということがありましたが

当時の直嶋政調会長が米国も要求していない米国とのFTAを締結すると先走って書き、あわてて菅直人さんが修正記者会見しました。どこの手続きも踏まずに出していました。これは噴飯物だし懲罰すべきだと思います。

「透明性」「情報公開」と言いながら、党内の人間が知らないうちに文言ができあがり、公表するというのはいかがなものかと思います。それに関係した役人が結果責任を問われ、給料も役職も下がるような影響が出ました。また、農村部にも影響を与えましたから、当然懲罰すべきです。しかしその政調会長は現在経済産業大臣になっています。とんでもない話だと思います。

Q10:最後に一言を!

(長野1区の有権者から得た)16万票の付託はちゃんと成し遂げなくてはなりません。この次の選挙を民主党が勝ち抜くように進めて行かなくてはいけません。このままでは政権が次の参院選で終わってしまうような可能性もなきにしもあらずと思います。これを阻止しないと羽田さんの付託に応えたことにはなりません。

今回はおそろしいことに都市部で民主党の候補者がみんな当選しています。「もう農政なんていいや」という安直な気持ちが民主党幹部には広がっています。田舎の農民はそれを敏感に感じています。民主党はのぼせ上がった巨大与党でなく、謙虚な与党になってもらいたいです。

───────【こだわり】───────

shinohara090930_3.jpg

あえて言うなら「減らず口」ですかね。

僕は政治家には向いてないと思っていますが、菅直人さんには「政治家に向いている」と言われたことがあります。その理由を聞くと、「篠原さんの激烈でシニカルなモノの言い方、率直で走りすぎる筆といい、役人時代はさぞかしご苦労されたでしょう。その点政治家は言いたいことを言っていいんです。民主党は党議拘束違反も厳しく問いません。自由にやっていただいて良いんです。ただ一つ、有権者に対して絶対的な責任を負い、次の選挙でそれを判定されるだけです」と。私は「ああ、この党首(当時)はいいこと言うな」と思っていたのですが、それでは終わらないんです。でも、菅さんはオチとして「篠原さんは政治家には向いてますけど、党内出世は見込めませんからね」と言いました(笑)。「党内出世なんていらないよ!」って言い返しましたけどね。

───────【アイテム】───────

michi090929.jpg
『農的循環社会への道』
2000年8月、創森社

2009年9月30日、衆議院第一議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5992

コメント (9)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

篠原様
まずは数代にわたり長野1区を支配してきた小坂憲次氏一族についに勝ち上がり、おめでとうございます。

これで信濃の国も、民主主義が定着するかと歓迎しております。

さて、篠原氏のBLOGで長野市長選挙についての記事がございます。
冒頭に
『長野市はいま、地域主権の時代を切り拓く市政、市民がいきいきと生活できる市政、市民の自発的参加を大切にする市政の実現が強く求められています。今度の市長選挙は、その新たな市政を創造するにふさわしいリーダーを選択する大切な選挙です。過去の選挙が低投票率で推移してきたことから、市民の選択肢を拡げ市政の関心を高めていくこととします。
 私たちは、市民ひとり一人の力で、冷たい市政から市民が頼れる温もりのある市政に転換します。 』
と書かれ、誠に理想的な呼びかけと思います。

そして、
『3. 市民の手による候補者の擁立、市民参加の選挙活動をすすめていくための組織母体としての確認団体を設立する。
会結成の呼びかけ人(発起人)はより多くの人に賛同してもらうよう別途検討する。 』
と書かれております。

既に候補者の一人として、リッツカールトン日本支社の高野登氏の名前が挙がっております。

この方をもし候補者として迎え入れるとするなら、『民主党として』迎えるのでしょうか。

それとも『民主党を含む、長野姿勢を変革する人たち』として迎え入れるのでしょうか。

民主党はこの度の選挙で大きなうねりを起こしました。そのうねりに乗ろうと60数名の方が市長選挙候補者に応募されたと新聞に出ております。そこから検討されて3名に絞り込み、その中にも高野氏が入っているいると記事も読みました。


高野氏はその考え方経歴から、民主党だけでなく社民党や共産党まで含む、より広範な市民の手で市長にあげていくのが、もっとも良いのではと思います。

篠原議員は、この候補者を民主党を中心として擁立されますか。
又は、上に書きましたように出来るだけ多くの団体が同じ立場に立って、統一できる候補として擁立されますか。

先ほどのコメントで、言葉が足りないところを補足させてください。

それとも『民主党を含む、長野姿勢を変革する人たち』として迎え入れるのでしょうか。

それとも『民主党を含む、長野市政を変革する人たち』として迎え入れるのでしょうか。

その次の段落
民主党はこの度の選挙で大きなうねりを起こしました。そのうねりに乗ろうと60数名の方が市長選挙候補者に応募されたと新聞に出ております。そこから検討されて3名に絞り込み、その中にも高野氏が入っているいると記事も読みました。

これに以下を加えてください。

高野氏がそれら多くの方々と異なるのは、既に市民の間から擁立の動きがあり、ご自身もリッツカールトン日本支社長という要職をなげうって、『故郷長野』を良くしたいという熱意を持たれています。

以上訂正をお願いいたします。

 篠原さんにお聞きしたいこと、佐賀県在住の山下惣一さんが言っておられる「WTO」体制からの離脱を含めて 貿易自由化完全実施すること見直すのか  それとも日本の食糧自給率高めるために 米なとは 例外とするのかです。所謂 ミニマムアクセスについては やめることも含めてです。
 農村に金をばら撒くだけでは 農林業 再生できるのか 疑問に思っています。

篠原さん

末尾【あえて言うなら「減らず口」ですかね】以下の部分は篠原さんの為人(ひととなり)や信条に触れていて好感を持ちますが、厳しさを厭わずにYellとして申し上げれば・・(とはいえ、TheJournalが水を向ける質問形式のインタビューが災いして、篠原さんの本当の考えが出ていないかも知れないとは留保しながらですので、的外れな指摘になることをを期待しています。):

【そんな国にしたいと思います。】と国家像を描くことは国政を担う方としては当然であり、其れが無い者達も多い中では評価できますし(僭越な言い様ですが・・)、【分際をわきまえて生きていけばいいと思います。】の考え方にも「考え方の基本」としては共感する部分がありますが・・、然しながら、論点が具体論になると一変する。

1. その国家像や具体化された考え方が、【他国から原材料を取り寄せて輸出して儲けるのでなく、国内で回してみんなで仲良くやっていける社会にすべきだと思います。貿易などは減らすべきだと思います。】と来ては、匙を投げだします。何を考えておられるのでしょうかと。経済大国である日本という大国家の経済的成立条件を全くご存じないのではないのか?

2. ご専門の農政に最大限の力を発揮されて、農業が活性化され農業人が豊かさを享受できるシステムを導入されることに専念されることをお勧めします。但し、日本が現実論として「農業大国」になり得るというならいざ知らず、その実現性が略々皆無の「農業」という重要ではあるが「小さい窓」から「巨象の尻」を眺める如く「大国日本の全体像」を眺めて的確な国家論を紡ぎ出せるといった誤解は、国家にとって有害であり金輪際止めて戴きたい。

3. 【財界からすると、そんな国にしたらたまらないかもしれませんが。】
財界が何を言っても関知しないが、日本国家の経済が立ち行くまい、従って国民生活が立ち行くまい・・。自然は目一杯豊かだが、経済は縮小を続け、国民は経済的豊かさを失い続けて、社会は「怒りと苛立ち」に満ちている日本を受け入れる「覚悟」が国民の大多数に共有されていて、その状況が「真に国民の望むもの(※注)」であるなら話は別ですが・・、この仮定は、私には「太陽が西から出ること」に等しいものです。     (※注)「間違うこと」を常とする「民意」とは全くの別物です。

記事を読んでの印象は、人間的な暖かさは余り感じません。頭はいい人なのでしょうが、私のようなプロでないと出来ないというあたりに、相当の自惚れが見え隠れする典型的役人あがりなのでしょう。既成概念の枠でしか物事を考えられない方は、期待しても仕方ない。

Q10:最後に一言を!

(長野1区の有権者から得た)16万票の付託はちゃんと成し遂げなくてはなりません。

・・・・・・・以上引用・・・・・・・・

篠原氏に投票した人の多くは、自公政権の「利権追求・ムダ使い」をなくせという意思表示だったのでは?

それとも、長野1区では「自公政権の利権を守れ」と、篠原氏に投票したのですか?

16万票を浅川ダム建設の言い訳にする訳ですね。
篠原氏が「盟友」小林氏を長野市長選挙民主党候補に仕立て上げましたが、県庁からの天下り公務員であり、2000年の田中康夫氏が選挙で立ったときには、反対陣営に公務員でありながら肩入れしていたのでは、という疑惑のある人物です。

しかも今回は長野市議選挙に立候補させる予定を、市長選に立候補させるという暴挙。

元々勝てる可能性がないのを承知で出したと言うことは、浅川ダム推進の現市長を、側面から応援するための立候補ではないですか?

長野県民主党と篠原氏は、今回の選挙で我を忘れ、どのような意味で選出されたのかを忘れているなら、次回はないと思った方が良いです。

それとも議員であるうちにせっせと利権で稼ぎますか?

篠原氏の発言
「民主党はのぼせ上がった巨大与党でなく、謙虚な与党になってもらいたいです。」
そっくり篠原氏にたたきつけます。

篠原様、初めまして、こんにちは。

篠原様を始めとして、民主党の国会議員には好印象を持っています。
私はいつもBBCWORLDNEWSを見ているのですが、日本の民主党の国会議員くらい舌鋒鋭くないと、国際的には通用しないのではないか、と思っていました。確かに自民党の議員さん達は、浪花節で人間味豊かである事は間違いないのですけど、国際的にはそれだけではいけない、といつもBBCWORLDNEWSを見て感じています。
あの番組に出てくる各国の政治家は、理詰めで話して、論理の組み立て方が巧みです。ああいう論理の組み立て方では、日本の政治家・官僚達は一溜まりもないと思いますね。今まで、日本の外交力の無さ、をあの番組で実感できるのです。
民主党の国会議員は、よく勉強されていて、きちんと議論が出来て理詰めで話す事ができますよね?
それが、ある面で、冷たい、人間的ではない、という評判を生んでいるのは事実ですが、国際的には民主党の方が、政治家としての「王道」を歩んでいる、と思いますよ。
民主党の国会議員の皆さん、本当に頑張って下さいね。

篠原議員の農業、農政に対する姿勢には、共感を持っており、是非、活躍を期待しており、選挙でも応援させていただきました。
しかし、長野市民として、今回の市長選挙に対する対応は何なのでしょうか。あれでは、市長選挙を国政の道具にしていると非難されても仕方がないと思います。
篠原議員を応援しているものとして、残念としか言いようが無い。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.