Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 【第1回】政治家に訊く:細野豪志
メイン
【第3回】政治家に訊く:岸本周平 »

【第2回】政治家に訊く:中後 淳

───────【基本情報】───────

名前:中後 淳(ちゅうご・あつし)
政党:民主党衆議院議員
選挙区:千葉12区
生年月日:1970年1月12日
血液型:B型 RH-(マイナス)
座右の銘:継続は力なり
趣味:ドラム・ゴルフ・祭囃子
好きな食べ物:新米・新海苔・焼椎茸
お気に入りの店・ショップ・ブランド・グッズ...など:Paul SmithDIESEL
ホームページ:http://www.chugo.jp/

───────【質問事項】───────

Q1:なぜ政治家になったのですか?

chugo090929_1.jpg

1999年に自分の将来を考える機会がありました。その頃は自分の生まれ育った地域のために何かしたいという気持ちで地元での起業を考え、就職して4年目の会社を退職することを決断しました。しかし私が退職した直後に、地元の千葉県富津市は県内でも唯一の「財政非常事態宣言」を出し、私もそこで初めて地元が危機的な状況にあるということに気づきました。この地元の状況を何とかしなければと思ったことが政治家になろうとしたきっかけです。

その後市議会議員として活動しているうちに、地域を再生するには国を何とかしなければいけないという思いが強くなっていた頃にちょうど民主党から声がかかり、国政に挑戦したという経緯になります。

Q2:政治家になる前はどのような仕事や活動をしていましたか?

約4年勤めていた新日鉄では工場を作る仕事に就いていました。最初に携わったのは新設する工場の下工程部分で、機械設備の使用を決定し、試運転してしっかり工場が稼動するまで面倒を見る、いわゆる「プラントエンジニア」と業務についておりました。

Q3:どのような政策にいちばん力を入れていますか?

地方では社会保障の問題は厳しい状況にあります。私は地方議員出身ですし、国と地方の関係を現状のままではいけないというきっかけがありましたので、今でいう「地域主権」をどう確立するかという点に一番力を注ぎたいなと思っております。

Q4:日本をどのような国にしたいですか?

chugo090929_2.jpg

自分たちで主体的に物事を決められる地域を作ることがまず第一です。そのためにも本当に必要なものに財源があてられるような仕組みづくりが必要です。地方にいるとよくわかるのですが、本当に必要としている場所にお金が流れていません。これを改めるには予算分配の仕組みそのものを大きな枠組みで変えていかなければいけません。

Q5:企業献金廃止に反対ですか?賛成ですか?

賛成です。企業献金を受けて政治をすること自体が政治そのものををゆがめているところはあります。企業からの献金は受けない方向で私も考えています。

Q6:今回の「政権交代」をどう感じていますか?

まだ本当の意味での政権交代によって何が起こるんだろうということろまで進んでいないところでしょう。ただ私が期待していた以上のことが政権が始まって以来動いていると実感しています。その意味で大変意義深いものだと思います。

Q7:民主党は政権を維持できますか?

党としては維持する努力は必要かもしれませんが、私たち議員としては地に足のついた政策を実現することで皆さんに理解を頂く、そのために一生懸命がんばるということに専念することが必要かと思います。

Q8:地元(千葉)で取り組みたい課題は?

chugo090929_3.jpg

農業・漁業、アクアライン、環境が大きなテーマです。地元の千葉県第12区は房総半島の南半分にあたり、地域によって抱える問題がまったく違うという日本の縮図のような場所です。

中間地域については農業・漁業や廃棄物・残土について、南部では過疎が問題になります。またアクアラインの根元に位置する木更津周辺では、アクアラインを木更津市そのものに力がつくような方向に有効利用するにはどうしたらいいかが大きなテーマになります。この3つの問題を地域のために頑張ろうと思います。

Q9:国民・支持者にいまいちばん言いたいひと言を!

日本という国も房総も大変ポテンシャルの高い地域と思います。

あきらめずに進めば必ず未来が開けます!

───────【こだわり】───────

chugo090929_4.jpg

学生時代に結成したバンドではドラムスを担当。

当時全盛期だった「へビメタ(ヘヴィメタル:(例)RATT←厳密には"LAメタル"と言われるものです」)」に熱狂し、よく学校をサボってライヴを観に行ってたそうです。(ちなみに、編集部もヘビメタにはかなり前向き!)

議員会館で実演をという編集部のリクエストにも、快く応じて"スティックさばき"を見せてくれました。

chugo090929_5.jpg

───────【アイテム】───────

chugo100310_1.jpg

chugo100310_2.jpg

2009年9月29日、衆議院第一議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5991

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

《THE JOURNAL》編集部殿 

I.中後さん宛に限らず、全ての議員さんに訊いて戴きたい質問ですが・・、
今話題の亀井流「中小企業へのモラトリアム供与案」の考え方およびその論理を、是非お訊き下さい。
(結論は兎も角、論理構成の是非が観えなければ、人となりも観えないので・・。)


II.私見では、「血税による企業に対する公的支援」の「今の時代」の「国際的」な主流は、贈与Grantではなく、返済や返還を前提とした「事業が自立するための手立てや手段の供与」なのであって、次の二つの要素を無視ないし其れらから乖離した政策は、「適切な企業の公的支援」ではなく、不公正な「血税のばら撒き」に他ならないと観えるが・・。

1.「事業自体の生き残りの蓋然性SustainabiliyまたはGoingConcern」が容易に見極め得ること=時間が掛かっても、返済や返還が見込めること
2.上記の反面で、実体をなす事業もその容れものである会社も、時代の流れと社会の変化と共に流動し盛衰を繰り返す存在であること。新陳代謝は必要不可欠であること。「全てを十把一束げにして、ごそっと救済」という発想は、社会的不公正と不健康さを産む。
(この要素と不可分であって重要なことは、事業と会社の代謝の影響を直接的に受ける「人」への安全網SafetyNetとして、能力開発や職業訓練(=自立のための手立)が、「予め」用意されていることが重要となる。その用意が不十分であれば、別途の考え方で、人への緊急避難として限定的に「贈与」が用意されることが重要となる。)

III.蛇足を付せば、亀井氏の「中小企業へのモラトリアム」は「ごそっと救済」を想定している口振りであり、緻密な公正概念に欠けて、緻密に構成された経済産業構造に無知であって、雑駁な「前時代人」が考えそうな政策だが・・。

中後さん、

>Q7:民主党は政権を維持できますか?

党としては維持する努力は必要かもしれませんが、私たち議員としては地に足のついた政策を実現することで皆さんに理解を頂く、そのために一生懸命がんばるということに専念することが必要かと思います。

素晴しい政治姿勢だと思います。
政党は国民の声を吸い上げ、国民の為の政治を行えば良いのです。これこそが存在意義であり目的のはずで、政権を獲り、維持する事はその手段にしか過ぎません。
自民・公明党は手段であるべき筈の政権維持が目的になった為に醜悪な政党に成り下がってしまいました。これを反面教師として、政権に汲々とすることなく、ひたすら国民の声を聞き、国民の為の政治を行ってください。そうしている限り政権は後から付いてきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

政治家(国会議員・公認候補者・知事・市長...引退した方々など)の基本情報はもとより、政策から人柄までが分かるような「生きた」データベースを、取材や対談を元に構築してゆきます。
党や団体のイメージではなく、あくまで“政治家本人”にスポットをあてたコンテンツです。
できるだけ取材予告しますので、その政治家に対して“言いたいこと”や“聞きたいこと”がありましたら、コメント投稿ください。その場合、内容は簡潔にお願いします。
このページを通じて、閲覧者・政治家・編集部おのおのの相互理解が深まり、更に深い意見交換が生まれることを願っています。

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

民主党 http://www.dpj.or.jp/

自由民主党(自民党) http://www.jimin.jp/

公明党 http://www.komei.or.jp/

日本共産党(共産党) http://www.jcp.or.jp/

社会民主党(社民党) http://www5.sdp.or.jp/

国民新党 http://www.kokumin.or.jp/

新党日本 http://www.love-nippon.com/

新党大地 http://www.muneo.gr.jp/

みんなの党 http://www.your-party.jp/

たちあがれ日本 http://www.tachiagare.jp/

日本創新党 http://www.nippon-soushin.jp/

新党改革 http://shintokaikaku.jp/

→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.