Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Recent Entries

Category

« グリーンエコノミーが生態系と農民コミュニティを壊す ヴィア・カンペシーナは主張する
メイン
消された村 »

TPP ニュージーランドでも市民、学者、労働組合が反対に立ち上がり、ネットでも訴え

 政府や経済界の主張、主要メディアの報道などをみていると、TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉に参加している九カ国では、国内に何の矛盾もなく貿易と投資の完全開放を目指すTPP参加を追求しているかに見える。だが、政府がTPPに積極的といわれるニュージーランドでも、有力政党の緑の党、学者、労働組合、市民グループなどが反対に立ちあがっており、その運動をネットで結び、情報を流しあり政府に反対の手紙を送るウェブサイト「TPP WATCH」が活躍している。

 ウェブサイト「TPP WATCH」はTPPについて次のようにいっている。

「この協定は単に貿易についてだけではない。外国人投資家の特権的権利を保障するものでもある。それは、わが国政府が次の世紀に向け採用する政策や法律制度を左右し、参加9カ国を貫徹する巨大な条約である。その中には遺伝子組み換え食品の表示、外国投資法、薬価、ぺテンがかった金融会社の公認といったことが含まれる」

 そしてTPP参加による影響の一部として、次のようなことをあげてる。
「土地やさまざまの資源が外国資本に移転される。その中には鉱業採掘権、メディア法、ローカルコンテンツのためのサポート、居住権、金融投機のコントロール、医薬品価格、食品表示の義務化、タバコの包装、水や刑務所、学校、病院など公的施設の民営化等々が含まれる」

 いずれにしろ、これまで公のものとして国の法律や制度で守られてきたものが、すべて民間に移され、外国資本に牛耳られるようになると警告しているのである。そして、進出してくる企業として、映画などエンターテイメントではワーナーズやソニー、タバコでフィリップモリス、小売業でウォルマート、金融でメルリンチやAIG,JPモルガン、アグリビジネスでカーギルヤモンサントな等々巨大多国籍資本の名前を挙げている。

 また、アメリカの狙いとして、第一に遺伝子組み換え食品の販売や生産、表示に関する制限の解除をあげているのが興味深い。

 同サイトには、識者や政治家へのインタビューの映像もある。TPP反対で論陣を張っている著名な学者であるニュージーランド・オークランド大学のジェーン・ケルシーさん、緑の党の共同代表のRussel Normanさんらが映像を通して話しかけている。

【関連記事】
■印鑰智哉:モンサント、ブラジルの遺伝子組み換え大豆「開国」の手口
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/post_722.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7809

この一覧は、次のエントリーを参照しています: TPP ニュージーランドでも市民、学者、労働組合が反対に立ち上がり、ネットでも訴え:

» 関税自主権ってなんだ?? 送信元 ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ
Tweet 当初は農業の問題を取り上げてTPPに反対する人たちが多かった。 僕も取り上げたが、多くのブログで「日本の農業は今のままでも弱... [詳しくはこちら]

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ニュージーランドのウェブサイト「TPP WATCH」の情報、私の理解を深化させるもので、非常にありがたい。

環太平洋条約などともっともらしくいっているが、明らかに中国を意識したアメリカのための経済条約であり、農業だけでなく、金融、サービスなど広い分野で、アメリカ投資資本が進出してくる。拒否できないことになると,弱肉強食の論理が、大手を振って闊歩することになる。

わが国では、ほんの一部の大企業を除いては、深刻な事態を招きかねない。慎重な上にも慎重な配慮がなされないと、取り返しのつかない事態が予想される。

6月などといわず、徹底して論議し、各分野の了解がなければ、条約の締結を強行するようなことは絶対に避けなければならない。各分野の専門家が討議するので、大丈夫とは思うが、投機資金が乱舞するようなことは、絶対に阻止しなければならない。

 アメリカ市場原理主義侵略の隠れ蓑。
 アメリカの破壊された国民生活が、TPP各国へ輸出される、と言うことだ。
 堤美果氏「貧困大陸アメリカⅡ」に書かれている。
 極貧と奴隷労働の世界が待っている。
参考
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2009/04/post-5dd2.html

【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名サイト
http://jump.cx/whitehouse
ホワイトハウスの署名ページURL
http://wh.gov/kWa

突然のメールで申し訳ありません。2月1日14:00からTPP反対署名を
行っております。1ヶ月以内に25000人の署名を集めるとホワイトハウスから
正式な回答が得られます。
フリメールOK、住所不要。
やり方は上の署名説明サイトにあります。簡単に署名が出来ます。
アカウントを作って返送されたメールにあるurlから飛んでボタン押すだけ。
1ヶ月以内に2万5千集まればホワイトハウスから正式な回答が来ます。
署名と他の方への周知等をお願い致します。ご協力のほど宜しくお願い致します。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

大野和興(おおの・かずおき)

-----<経歴>-----

1940年愛媛県生まれ。
農業ジャーナリスト。
四国山地の真只中の村で育ち、農業記者として約40年を日本とアジアの村を歩く。
「日刊ベリタ」現編集長、「脱WTO草の根キャンペーン実行委員会」事務局長、「アジア農民交流センター」世話人、「国際有機農業映画祭」実行委員会代表。

BookMarks

-----<著書>-----


『食大乱の時代』
2008年7月、七つ森書館


『百姓が時代を創る』
2008年2月、七つ森書館(増補版)、共著

『日本の農業を考える』
2004年4月、岩波書店

『百姓は越境する』
1991年8月、社会評論社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.