« カンボジアで進む外国企業のプランテーション化
メイン
村に生き、農業を続けることが抵抗なのです »

村には地下水が流れている

 正月、締め切りがすぐ来るなあと気にしながらぼんやりとテレビの駅伝中継を眺める。走者が次々と画面に現れ、次の走者にたすきを渡して消えていく。

 "たすきわたし"という言葉を思想と運動の言葉として使ったのは山形の百姓・菅野芳秀である。学生時代、三里塚闘争にのめりこんだ彼は、運動の遍歴を経てふるさとへ帰り、家業を継いで百姓になった。その地で彼は、農を軸に自立する地域づくりを志した。彼なりの世直しを、自分の足元からはじめようと思いたったのだ。

 地域の自立の基礎を、彼は循環においた。循環の要は土と水である。彼の家と田んぼは朝日連峰の裾野にある。田植えが終わったばかり彼の田んぼに立って、一面に広がる淡い緑の海とも見える田んぼの連なりを見ていると、心がワクワクと満たされてくる。

 「この田んぼに満ちている水は、連峰の裾野のやや高いところにある池に山に降った雪解け水が注ぎ、そこから水路を伝って田んぼに導かれている。池も水路も、この地に生きてきた人たちが、何代にもわたって築いてきたものだし、豊かな実りをもたらす田んぼの土も、おやじや、そのまたおやじたちが山草を刈り、牛に踏ませ、堆肥に積んで肥やしてきたのだな、と、この田んぼを見ているとつくづくそう思う」

 農という営みを通して地域を根っ子のところで支えてきた土や水、それをつくる山の木々は、その地に住むものが、人から人へ、たすきのように受け渡すことで守られてきたと彼はいうのだ。

 しかし、その土と水をこの40年、さまざまの開発によって壊され、そこを耕す百姓自らもまたその壊しにかかわってきた。「もっとたくさん、効率的にと農薬や化学肥料をばら撒いてね」と菅野は語る。

 水と土と、その水と土を作る山を次の世代に引き継がなくては、というところからはじまったのが、彼の運動だった。

 この「たすきわたし」ということに関連して思うことがある。真壁仁という人物についてである。山形の百姓で詩人にして思想家。山形市の在で250年続いた自小作農家の長男として生まれ、高等小学校を卒業した後、家業の農業に従事しながら文学に興味をもち、詩作にはげんだ。

 彼の家は当時の水準で中農に属していたが、絶対主義天皇制とそれを支えた地主制の矛盾は、彼の身辺のいたるところにあった。仲間と文学を談じ、詩をつくるかたわら、農民運動にもかかわり、検束されたこともある。

 彼は戦後も一貫して農業にたずさわりながらさまざまな社会運動に取り組んだ。彼の活動の領域をひとつの言葉でくくるとすれば農村文化運動という言葉が適当だろうと思う。彼の活動は、農業問題を軸にしながら地域の文化、教育、青年・女性運動にまでまたがった。

 真壁は、地域を包括的にとらえることを試みたのである。彼はその行動と、そこから紡ぎ出した思索を、膨大な著作に残したが、なかでも山形の村に伝わる農民芸術としての黒川能の研究と紹介は傑出している。

 だが、真壁が世の中になしたことで、もっとも偉大なことは「地下水」をつくったことだとぼくは思っている。

 「地下水」というのは、彼がまんなかに座り、そのまわりを文章や詩を書き、農業問題や村の民主化などについて語り合い行動していた青年たちがとりまいてつくった同人誌である。

 ここから数多くのすごい百姓が育った。日本の有機農業運動の先達星寛治をはじめ木村廸夫、斎藤たきちといった面々だ。1960年代、僕は20代から30歳代で、彼らはやや年長、同じ世代といってもいいだが、生まれ育ち仕事をする根拠地を持ち、その地でいろんなことに取り組み、すごい文章や詩を書いていた。ぼくは農業関係の新聞で働いていたが、いつも仰ぎ見るように彼らを眺めていた。

 なぜこれだけの百姓たちが現れたのか、不思議に思って調べていくうちに行き着いたのが真壁仁だった。真壁が掘った「地下水」が何年かの時を隔てて噴き出したのだ。

 70年代末、ぼくはもう一群の山形の百姓に出会う。山形県の置賜地域を根拠地とする置賜百姓交流会の面々である。先にあげた世代より一回り若い。だからもう50代後半から60歳そこそこになるのだが、ぼくが彼らとはじめて会ったときは20代の若者で、東京に減反反対のデモでやってきて、ぼくが周辺の労働者を誘って応援に駆けつけたのが、出会いだった。

 その後彼らは自分たちの根拠地で減反不実施闘争(みんな村八分にあって挫折するが)、戦争のために二度と銃を取らない農民の集い、アジアの農民との連帯運動などに取り組む。今ではその仲間から町長、議員、農業委員なども出て、地域の先達として足元から世の中を変えるうねりを作り出している。菅野芳秀も、その仲間の一人である。彼は地域で農業を軸とする循環型地域社会づくりの市民の運動をつくり、地域のさまざまな階層、女性、行政、農協、商工業者、保守から革新までの議員たちをまとめあげて、"もう一つの仕組み"と、その仕組みを動かす市民主導の民主主義をつくってきている。手がけてもう20年近くになるが、いつも難題に直面し、これでいいということにならない。まさに永久革命だなと、彼の話を聞くたびに思う。

 こうした置賜百姓交流会の面々の動きを見ていると、「ああここにも地下水が噴出したのだ」とつくづく感じる。彼らは、一見何のつながりもないかに見え、本人たちのそのことに気づいていないのだが、真壁仁の掘った井戸と世代を隔ててつながっている。

 村には地下水が流れている。その地下水を通して志や思想はたすきわたしされ、思いもかけない遠くまで空間、時間を貫通してつながる。

 あと一晩眠ればお正月。ぼくはといえば、締め切りを気にしながらぼんやりとテレビの駅伝中継の"たすきわたし"をながめていることだろう。みなさま、いいお年を。

<追記>
真壁仁の百姓の思想については、東北芸術工科大学東北文化研究センター(電話:023-627-2168、山形市上桜田200)発行の『真壁仁研究』第7号に、「百姓は越境するということについて」という文章を書きました。興味ある方はご一読ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6428

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

"たすきわたし"とは何とも素敵な言葉ですね。真壁仁という人を初めて知りました。日本の農民芸術というと先ず賢治を思い浮かべるのですが、やはり何かつながりがあるのでしょうか。興味は尽きません。
 地域に根差した経済文化芸術の大きなうねりというものが、これからの日本にどのように現れてくるのか。否、実現せねばならぬか。異国の地にありながらも想わずにおれません。
 THE JOURNALにおいても、地域の特色ある取組みがどんどん取り上げられることを期待して止みません。

皆様よいお年をお迎え下さい。

私が、本格的に農業に取り組んで20年近くになります。
菅野芳秀氏の世代からもう1代若い世代ですが、故真壁仁氏の伝説的なお話は、いろいろな機会で知ることがあります。
確かなものは、脈々と受け継がれていくものだと、改めて感じています。

人は、誰でも間違いを犯す。
けれど、間違いに気がついたときにやり直すこともできる、そう思っています。
農業に経済原則が導入され、農業の基本を忘れた村の人も近年、基本を取り戻しつつあります。(すべてではありませんが・・・。)
高度成長期前までは、農業政策は・それなりの効果があったと思っています。
けれど、それ以降農家の目は、中央にいってしまい、自分の足元を見ることをしなかった。
自分が、立っている大地を忘れてしまったと思っています。
中央が当てにならないから、ようやく自分達で何とかしようという機運が生まれてきている。
けれど、30年以上方向性を誤った道(政策)を取り戻すことは容易でありません。
もつれた糸をほどくには、大変な努力が必要でしょう。

この政府には、しがらみが少ないと思っています。
そういう意味でも、何が農業に必要なのか、それを見極めていただきたい。
そのためには、関係団体の声でなく、全国各地の地元の農家一人一人の話を聞く努力をしていただきたい。
それから、新しい方向性を示していただきたい、そう思っています。


年の瀬ESSAIです

僕の村である山形県旧斎(いつき)村の村長に上野甚作がいた.
農民歌人として「島影」を編纂した。「国民健康保険試案」を提言したことでも知られている。
彼は推されて満州開拓団団長を引き受け満州に渡ったが、ソ連の侵攻時に農民を守ろうとして日本軍に殺害されたとも言われているが、彼の死の真相は謎のままである。
どこの地にも大地に根差した文化が息づいていた。
現在「上野甚作賞」が地域の短歌文化を育んでいる。

さて、百姓と村から逃げたい一心だった僕が足元を掘り起こしてみようと思えたのは、上野甚作の資料を公民館で見つけてからである。そして足元を掘り起こしていたら、世界も見たくなったのである。
そして世界のあっちこっちの生業の小農に手を突っ込んできた。
しかし、軟弱な精神の僕には飢餓も、紛争も、旱魃も、ビアカンペシーナもだんだん重くなってきた、と気弱にもなる。

さて、篤農家でもなく有機栽培農民でもなく、産直農民でもない、親から引き継いだ田畑でいくばくかの儲けになるならと耕している多くの兼業農民、僕もその一人であった。彼等多くの生業農民の「沈黙を語らねば」等と考えているわけでもないが、この声が聞こえてこないのが憂鬱である。

「地域化の時代」をエコノミストに投稿したのは十数年前、自ら実行の時ではないかと、大野氏等の投稿を読みながら、心のどこかでリセットが繰り返されるのであるが。

そして、今は家族が生きるために田畑から離れている、それでも数年後には必ず戻ると幾度も決心しているのである。

僕も異国に地ブラジルにあって、意識は絶え間なく揺れ動いていると感じる今日日である。
ここの仕事を片付けたらと、いつも思うのであるが、人間というのは永遠に不満なんですね。

良いお年を!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

大野和興(おおの・かずおき)

-----<経歴>-----

1940年愛媛県生まれ。
農業ジャーナリスト。
四国山地の真只中の村で育ち、農業記者として約40年を日本とアジアの村を歩く。
「日刊ベリタ」現編集長、「脱WTO草の根キャンペーン実行委員会」事務局長、「アジア農民交流センター」世話人、「国際有機農業映画祭」実行委員会代表。

BookMarks

-----<著書>-----


『食大乱の時代』
2008年7月、七つ森書館


『百姓が時代を創る』
2008年2月、七つ森書館(増補版)、共著

『日本の農業を考える』
2004年4月、岩波書店

『百姓は越境する』
1991年8月、社会評論社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.