« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月28日

驚きのスクープ カルザイ大統領の実弟はCIAのエージェント

 眠る前に、あした(10月28日付)のNYタイムズ紙をオンラインでチェックしたら、とんでもないスクープ記事が載っていたので速報しておく。

 アフガニスタンのカルザイ大統領の実弟、アへメド・ワリ・カルザイ氏が、長年にわたってCIAから資金提供を受けている事実が判明した。情報ソースは、現職および過去のアメリカ政府高官である。カルザイ弟氏は、ブッシュ政権の対アフガン戦争以来、アメリカ軍に対して民兵のリクルート活動への協力や、タリバン指導者の居宅をアメリカの特殊部隊やCIAに貸与するなど、積極的に協力している。一方で、カルザイ弟氏は、アヘン等の麻薬取引で巨大な利益をあげており、同国の麻薬取引の中心人物となっている。アメリカ側もその事実を把握しているが、親アメリカ政権のカルザイ大統領のファミリーの一員であり、なおかつ、軍への協力の実績からこれまで目をつぶってきた。ただ、カルザイ弟氏が麻薬取引であげた巨額の利益は、タリバンの資金源にもなっており、アメリカ側にも強い懸念の声が強まってきている。また先の大統領選挙で、投票用紙の偽造やニセ投票所の設営など多くの不正に関与していた疑いももたれている、云々。

 記事中で面白いのは、アフガニスタンで、NYタイムズ紙記者のインタビューを直接受けたカルザイ弟氏が、麻薬取引への関与やCIAからの資金提供の事実をいちおう否定はしていたのだが、金については、兄のカルザイ大統領から「必要経費」として(for"expenses")、定期的な支払いを受けていたことを認めており、なおかつ、その金の出所については知らない、と答えている点だ。つまり、記事はCIAの金が直接カルザイ大統領のもとに渡っていた可能性さえ示唆していることになる。

 政権の腐敗と、アメリカの繰り人形という評価が根強いカルザイ大統領の実弟がCIAの資金提供を受けたエージェントだったというNYタイムズ紙の暴露は、オバマ政権のアフガン戦略の見直し作業にも大きな影響を与える可能性がある。グッチのデザイナーが世界一オシャレと太鼓判を押した民族衣装に身を包み、タリバン政権崩壊後のアフガニスタンに乗り込んできた当時のカルザイ大統領のイメージと、現実の政治のこのあまりもの落差。

 アフガニスタンはオバマ政権にとっては鬼門だ。国内の医療保険改革、国外のアフガン戦争。この2つがオバマ政権の命運を決める最大のファクターだ。

 こうしたアメリカの、そもそもの対アフガン政策の基盤が揺らいでいるなかで、日本の自衛隊によるインド洋上での給油活動を継続しないと、アメリカの機嫌をそこねないか?などという、狭い狭い見地からの発想で、ずるずる前例主義を重ねていくやり方は、もう状況にそぐわないのではないか?

 同様に沖縄の普天間飛行場の移転問題に関しても、「約束を守らない国は信用されない」などという単純なすり替えで問題の本質から目をそらす姿勢もどうなのだろうか。大体、オバマ政権は前のブッシュ政権が諸外国と結んだ「約束ごと」を相当程度、覆している事実があることを忘れていないだろうか。政権が交代すれば、前の政権が結んだ約束ごとを見直す契機が現れるのは、むしろ当然なのではないだろうか。「もっとも厄介なのは日本」とワシントンポストの東京発の記事が出ていたが、こういう記事が出ること自体は何ら不思議なことではない。外交とはそのようなことの連続であったのではないか。

 NYタイムズ紙の見事なスクープ記事をみながら、さまざまな考えが頭をよぎった。

■カルザイ弟の写真(huffingtonpost)
http://images.huffingtonpost.com/gen/114589/thumbs/r-KARZAI-BRO-huge.jpg

■Brother of Afghan Leader Is Said to Be on C.I.A. Payroll(NY Times)
http://www.nytimes.com/2009/10/28/world/asia/28intel.html

2009年10月24日

気球少年とメディアの病理

 オバマと「核なき世界」の理念ばっかり、書きすぎたので、ちょっと違う話題を。

 コロラド発のその「ニュース」に接して、僕は思わず、ずいぶん昔、日本で起きた「風船おじさん」の出来事と、故・植木等がクレイジー・キャッツ時代に歌っていた「スーダラ節」の「♪わかっちゃいるけどやめられない♪」というフレーズを思い出してしまった。古いね。

 ことの発端は、10月15日に、コロラド州フォートコリンズに住むファルコン・ヒーネ君(6歳)が、自家製のヘリウム気球に乗ったまま、誤って上空に飛んで行ってしまったとの家族からの通報だった。地元警察が大々的な追跡・捜索活動を展開して、CNNなど全米テレビネットワークは、この気球の飛行を2時間近くにわたって生中継して視聴者は固唾を飲んで気球の行方を見守った。ところが着地した気球には誰も乗っていなかった。場合によっては、途中で少年が落下した可能性もあるとして、さらに大騒ぎになった。ところが、ファルコン君は、自宅の屋根裏部屋にずっと隠れていて無事だったことがわかった。ああ、よかったね、でこの出来事は済まなくなってしまった。何とこの騒ぎ自体が自作自演のでっち上げだったことがわかったのだ。

 この家族は、今年、アメリカの人気リアリティ・ショー番組『ワイフ・スワップ』に出演していて、一躍地元の人気者になっていた「有名人」だった。父親のリチャード氏は、元気象予報士でアマチュア科学者。宇宙人やUFOの研究なども手掛けているという。母親のマユミさんは日系の女性。『ワイフ・スワップ』は何度か僕もみたことがあるけれど、2つの全くバックグラウンドが異なった家族のあいだで母親だけを取り換えてみて何がおこるかを楽しむという趣向の番組だ。性的なニュアンスを含む夫婦交換(スワッピング)を逆手にとってファミリー番組にしたといういかにもアメリカ的なショーなのだが、この100回目の番組にファルコン君一家は出演して人気を博していた。

 自作自演の疑惑が浮上したのは、無事が確認されたあと、CNNの「ラリーキング・ライブ」に家族そろって出演した際に、ファルコン君が「だってこれはショーのためだって言ってたじゃん」と父親に発した言葉が飛び出したのがきっかけだった。以降、ファルコン君一家は、うそつきの汚名を背負うことになった。地元の保安官事務所の結論は、夫婦が計画立案して家族に協力させた、その動機は、世間の注目を集めて、テレビのリアリティ・ショー番組との契約を有利にするため、という全くもって情けないものだった。

 この騒ぎをみて僕が思ったのは、ずうっと生中継していたテレビ関係者のなかには「なんだか変だなあ」と気づいていた人たちがかなりいたのではないか、という疑問と、テレビに露出することが人間の生き方・価値感をいかに変容させてしまうか、という病理だった。そして、メディアの「♪わかっちゃいるけどやめられない♪」と延々と中継を続けたもうひとつの病理。そんななかで、例の「ハフィントン・ポスト」のアリアナ・ハフィントン女史が、MSNBCの生番組に別件で出演した際に、司会者に対して「坊やの無事が確認された今の段階で、何でいつまでもこの話題を延々と報じ続けるのか!もっとほかに報じるべき重要なことがあるでしょ!」と食ってかかっていた。このやりとりから実にいろいろなことを考えさせられる。このやりとりの模様は以下にアクセスするとみることができるので、おすすめしたい。
http://www.huffingtonpost.com/arianna-huffington/a-funny-thing-happened-on_b_323120.html

 どこの国でもメディアの病理は一緒なのかもしれない。僕は、あえて、日本の元精純派タレントの件や、認知症に苦しむ元女優のことには触れないことにしよう。

2009年10月12日

「核なき世界」への想像力がオバマをノーベル平和賞に導いた

091012kanehira.jpg
フランスのムルロア環礁での水爆実験

 出張先のアリゾナ州ツーソンで、オバマのノーベル平和賞受賞決定のニュースを知った。まだ朝の5時半だった。ちょうどツーソンで第五福竜丸事件関係の取材を終えたばかりだったので、何だか感慨がひとしおだった。世の中、捨てたもんじゃない、と。ユニラテラリズム(単独行動主義)からの脱皮や気候変動への積極的取り組みなどと並んで、受賞理由のひとつにあげられていたのは、「核なき世界の理念が、軍縮や軍備管理交渉に力強い刺激を与えた」ことだった。この「核なき世界」への想像力こそが、オバマを今回の受賞に導いたのだろう。気候変動では、すでにゴアがノーベル平和賞を2007年に受賞している。単独行動主義については、ブッシュにノーベル助演男優賞を謹呈してもいいくらいだし。

 ホワイトハウスの地下にはSituation Roomと呼ばれる24時間体制の危機管理室があって、あらゆる「異変」が即時に上官へ報告されることになっているが、ノーベル平和賞受賞決定の第一報も、この危機管理室からの上官へのe-mailだったという。

 例によって、共和党や反オバマ右翼の連中は、この授賞決定に怒りで煮えくり返っている。「タリバンやイランに屈したようなもの。ノーベル賞に巣くっている野郎たちの自身に対する自爆攻撃だ」(ラッシュ・リンボー)、「ゴルバチョフが受賞した翌年にソ連が崩壊したごとく、オバマは2012年の選挙で敗北する」(ビル・クリストル)、「ノーベル賞に少数者保護枠があるとは知らなかった」(エリック・エリクソン)、「オバマは賞を返上すべき」(ジョン・ボルトン)云々。その煮えくり返り方が、かえって可笑しい。

 オバマは、歴代のアメリカ大統領のなかで、初めて核兵器をこの地球上からなくそうと宣言した人間だ。核兵器は究極の大量破壊兵器である。通常兵器とは異なる。一瞬にして数万、数十万、数百万の人間を消滅させることができる。9・11が10回以上起きてもまだ及ばない破壊力をもつ。仮に、核兵器によって生命の消滅を免れたとしても、放射能による被害が一生その人間を苦しめる。それをアメリカは戦争の実戦で使った。広島と長崎で、である。核実験によっても多くの人間が被害を被った。第五福竜丸はアメリカの水爆実験に巻き込まれてヒバクした。この事件がきっかけになって、杉並区の主婦たちが立ち上がり、日本に初めて原水禁運動が誕生したという歴史がある。マーシャル諸島やムルロア環礁でも米・仏の核実験によって島民が被害を被った。旧ソ連のカザフスタン共和国にあるセミパラチンスクの核実験場跡地に取材に入ったのは1994年のことだから、もう15年も前のことだ。モスクワから持って行ったガイガーカウンターの針が振り切れて使い物にならなくなったことを記憶している。新生児の奇形・異常が当時でも多発していた。中国の核実験は広大な領土の辺境地域で行われたが、それらの地には少数民族が住んでいた。現在も続くチベットやウイグルの反乱は、根っこのところで、どこか核実験につながっているところがある。核による被害の連鎖は、まるで核分裂の連鎖反応のようにつながっているのだ。何ならそこに原子力発電所でのヒバクを付け加えてもよい。ベラルーシのチェルノブイリ周辺は今でもセミパラチンスクと同様の現象がみられる。ツーソンで聞いた話だが、米空軍参謀総長カーティス・ルメイ(東京大空襲の立案・実行責任者)はベトナム戦争のさなかに、インドシナで核兵器を使えとホワイトハウスに提言した。当時のニクソン副大統領がそれをアイゼンハワー大統領に伝えたところ、「Crazy」の一言で片づけられたという。

 僕らは、広島・長崎で起きたことを他国の人間より知っているべき立場にある。なぜなら僕らの自国の広島・長崎で今も人々は暮らしを営んでいる。原爆が投下された土地で彼らは復興を遂げた。それ自体が非常に貴重な歴史なのである。だから、日本には、核兵器に対する態度に関して、より強い道義的責任(moral responsibility)がある。オバマは今年4月の歴史的なプラハ演説で、核兵器を実際に使った国(=アメリカ)に生じた道義的責任(moral responsibility)に初めて言及したアメリカ大統領である。原爆投下を命じたハリー・トゥルーマンは、1947年の一般教書演説=トゥルーマン・ドクトリンにおいて、共産主義(具体的にはソ連)を全体主義のひとつとして位置づけ、民主主義の敵と定義づけ、世界におけるアメリカの使命=パックス・アメリカーナを高らかに宣言した、とアメリカ人は教えられている。その後ろ盾が核兵器だった。広島・長崎はソ連を念頭において投下された。核兵器は全体主義をも含めた全体を消滅させるほどの威力があるというのに。

Profile

金平茂紀(かねひら・しげのり)

-----<経歴>-----

1953年北海道旭川市生まれ。1977年に在京の民間放送局に入社、以降、一貫して報道局で、報道記者、ディレクター、プロデューサーをつとめる。「ニュースコープ」副編集長歴任後、1991年から1994年まで在モスクワ特派員。ソ連の崩壊を取材。帰国後、同局で筑紫哲也氏がアンカーマンをつとめるニュース番組のデスクを8年間つとめる。2002年5月より在ワシントン特派員となり2005年6月帰国。報道局長を歴任後、2008年7月よりニューヨークへ。

BookMarks

-----<著書>-----

ブログが本になりました!
↓ ↓ ↓

『報道局長業務外日誌』
2009年6月、青林工藝舎


『米原万里を語る』
2009年5月、かもがわ出版、共著


『テレビニュースは終わらない』
2007年7月、集英社

人気のWeb日誌、出版!
↓ ↓ ↓

『ホワイトハウスから徒歩5分』
2007年6月、リトル・モア


慶應義塾大学出版会、部分執筆


『ジャーナリズムの条件4』
2005年5月、岩波書店、部分執筆


『従軍のポリティクス』
2004年7月、青弓社、部分執筆


『二十三時的』
2002年11月、スイッチパブリッシング

『電視的』
1997年12月、太田出版

『ロシアより愛をこめて』
1995年3月、筑摩書房

『世紀末モスクワを行く』
1994年12月、パルコ出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.