Calendar

2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« あきれて、ものも言えない。破綻AIGが巨額ボーナス支給。
メイン
AIGはPIGだという見出し »

AIGボーナス問題で世論に怒りの火がついた

 破綻再建中のAIG=アメリカン・インターナショナル・グループの幹部らに、巨額のボーナスが支払われた上に、さらに支払われようとしている問題で、ローレンス・サマーズ国家経済会議委員長が、言語道断(outrageous)と非難したのに続いて、16日になって、とうとうオバマ大統領自身が、ガイトナー財務長官に、1億6500万ドルの追加ボーナス支給を何とかやめさせるため、あらゆる法的措置を講ずる可能性を検討するように指示した。「現下の状況で、AIGのデリバティブ取引に関わった者たちが、いかなる理由でボーナスを受け取るに値するのか、理解に苦しむ。しかも特別の手当として1億6500万ドルもだ。彼らは、会社を生き延びさせようとしている納税者に対して、こんな言語道断のやり口を正当化できると思っているのか?」と、実に厳しい語り口で批判した。かねてから自分はウォールストリートを擁護する人間ではなく、メインストリート(大通りの一般の人々)を擁護する人間だと明言してきたオバマならではの発言だが。

 しばらく前から、破綻企業、特にシティ・バンク・グループなどの銀行・金融機関について、実質国有化に近い救済措置を打ち出しているオバマ大統領の姿勢に対して、「社会主義者」のレッテルを貼る向きがあったが、今回のAIGボーナス問題に関して言えば、民主党、共和党問わず、一様に強い非難の声が聞こえてくる。そう、ここのところ袋叩きにあっているCNBCでさえも、AIGのボーナス問題については、非難の声の広がりを受けて、刻々と細かく事実を報じている。
 
 AIGはどのような対応をとるのだろうか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1012

コメント (1)

AIGのボーナスが是非か否か?

少なからず 
我国においても
税金で生活している労働者は
考えて欲しい

少しは 生活保護に配分するとか
少しは 子育てに配分するとか
少しは 老後に配分するとか

考えて欲しいですね

もう AIGは存在価値なし!!

僕の老後は
終身保険と年金保険の
満期金・配当金

賄わないと足りません

明日は昼からWBCだ~
楽しみだ~

最後に
富山の北陸銀行も
公的資金注入銀行だったが
なぜに
金融機関は給料が良すぎる
HSBCもそうだが
なんだ~あの広告は
空港にど派手な広告出して~
金融機関は 貰い過ぎる!!!

それと
金融機関の人って
なぜ 人並み以上の給料なのに
なぜに
横領や着服が後絶えないのか?

 遊ぶ金が欲しかったとか・・・

民間人はあんたらより
遥かに 遥かに 安月給で
遊んでるんだ~

これから先の遠い未来
公務員の不祥事と
銀行員の不祥事は
絶対 根絶しないと思う

その最もたるのが
爺婆の老後を奪った
「年金」だ~

だから 税金払うのも
馬鹿馬鹿しくなるんですね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

金平茂紀(かねひら・しげのり)

-----<経歴>-----

1953年北海道旭川市生まれ。1977年に在京の民間放送局に入社、以降、一貫して報道局で、報道記者、ディレクター、プロデューサーをつとめる。「ニュースコープ」副編集長歴任後、1991年から1994年まで在モスクワ特派員。ソ連の崩壊を取材。帰国後、同局で筑紫哲也氏がアンカーマンをつとめるニュース番組のデスクを8年間つとめる。2002年5月より在ワシントン特派員となり2005年6月帰国。報道局長を歴任後、2008年7月よりニューヨークへ。

BookMarks

-----<著書>-----

ブログが本になりました!
↓ ↓ ↓

『報道局長業務外日誌』
2009年6月、青林工藝舎


『米原万里を語る』
2009年5月、かもがわ出版、共著


『テレビニュースは終わらない』
2007年7月、集英社

人気のWeb日誌、出版!
↓ ↓ ↓

『ホワイトハウスから徒歩5分』
2007年6月、リトル・モア


慶應義塾大学出版会、部分執筆


『ジャーナリズムの条件4』
2005年5月、岩波書店、部分執筆


『従軍のポリティクス』
2004年7月、青弓社、部分執筆


『二十三時的』
2002年11月、スイッチパブリッシング

『電視的』
1997年12月、太田出版

『ロシアより愛をこめて』
1995年3月、筑摩書房

『世紀末モスクワを行く』
1994年12月、パルコ出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.