Calendar

2012年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年9月 4日

さよならニューヨーク! そして、それでもオバマは歴史を変えると信じたい。

kanehira100904.JPG

2010年9月初めのニューヨークから見たアメリカの風景を僕なりに素描してみよう。

経済の全般的停滞が続いている。景気は相変わらず思わしくない。NY現地時間の3日に発表されたばかりの米労働省雇用統計によると、8月の失業率は9.6%と、7月の9.5%とほぼ横ばいでなかなか改善の兆しが見えない。民間部門の雇用者数が6万7000人増加したとしているが、全体的には8月だけで12万1000人が職を失った計算になる。オバマ政権の繰り出してきた経済刺激策も不発気味で、雇用統計の内容を受けて、追加景気刺激策が来週中にも発表される。オバマ大統領は「正しい方向に向かっていると確信しているが、より力強い景気回復を促進し、雇用創出を加速させていきたい」と述べるにとどまっている。今年第2四半期のGDP(国内総生産)も1.6%と下方修正されたばかりだ。景気の減速感が一層鮮明になっている。こうしたなかで、中国が日本を抜いて世界第2位の経済大国になった。2030年には中国が世界一の経済大国になるという予測があることはある。ただ、中国の成長にも減速感が出てきており、世界経済の先行きに不透明感が強まることも予想される。バーナンキ、サマーズ、ガイトナーという名前に人々が拒否反応を見せ始めていることを注視し続けなければならない。

続きを読む "さよならニューヨーク! そして、それでもオバマは歴史を変えると信じたい。" »

2010年8月18日

日本は、世界第二の経済大国の地位を中国に抜かれたことを、なぜ報じないのだろうか?

kanehira100818.JPG
↑ ニューヨークタイムス電子版より

 僕は日本に住んでいないので、ここニューヨークにいて、日本に関する大きなニュースで、アメリカやヨーロッパなど他国のメディアが大きく報じているのに、当の日本のメディアがほとんど報じていないという現象は、どこかおかしいのではないかと思ってしまうことがある。8月16日付のニューヨークタイムズの経済面トップ記事は、公表された第二・四半期の経済指標によれば、中国が日本を抜いて世界第二位の経済大国になったという記事を大きく掲げていた。AP通信やブルームバーグも同様の記事を配信し、アメリカのCNBCやABCニュースでも報じていた。ところが、日本のメディアではこのニュースがほとんど流れていないことを知った。これは一体どういうわけだろう。たかが指標じゃないか、というなかれ。その現象に潜む象徴的な価値がいかに大きなものであるかを考えるべき重要な意味合いを持つニュースだと僕は思う。アメリカに次ぐ世界第二位から、とうとう三位に転落、しかも中国に抜かれた。この現実に最もナーバスになっているのは、実は、内閣府および諸官庁と、それをカバーするメディアではないか。ここアメリカでの記事に目を通してみてそのように実感せざるを得ないのだ。The Second Largest Economy。この語の呪縛がいかに戦後の日本人の生活を縛り続けてきたか。ある時はそれは大いなる国民の「誇り」と「矜持」に結び付き、ある時は醜悪な「奢り」に結び付き、またある時は自らの境遇との比較においていかに無意味な数値にすぎないのかを思い知らされる「空虚」の象徴でもあった。さらには、幸福と言う概念と、この第二の経済大国という語がいかに無関係であったのかも私たちはある程度認識してきたはずだった。

続きを読む "日本は、世界第二の経済大国の地位を中国に抜かれたことを、なぜ報じないのだろうか?" »

2010年7月27日

内部告発サイトWikiLeaksが史上最大規模のアフガン戦争秘密文書を暴露した

kanehira100727.png
↑ 史上最大規模の秘密文書を暴露したWikiLeaks
 http://wikileaks.org/wiki/Afghan_War_Diary,_2004-2010

 WikiLeaksと言えば、今年の4月に、米軍のアパッチ・ヘリが2007年に行った地上のイラク人たちへの無差別攻撃映像を暴露したことでも知られている内部告発サイトだ。創設者のひとりジュリアン・アサンジ記者らの地球規模でのラディカルな活動ぶりは、既成ジャーナリズムの退潮を尻目に、金儲けビジネスとは袂を別った<ジャーナリズム精神>が果敢に生き続けていることを示したと言っても過言ではない。大体、あの米軍ヘリからの攻撃映像を、既成のメディアは紹介することさえビビったのだから。

続きを読む "内部告発サイトWikiLeaksが史上最大規模のアフガン戦争秘密文書を暴露した" »

2010年7月11日

スパイ映画よりずっとスパイ映画的でドタバタな現実

kanehira100711_1.jpg

kanehira100711_2.jpg
↑ フェイスブックにUPされたアンナ・チャップマンの写真より

 こんなことが現実に起こってしまうのだから、アメリカという国の映画産業が滅びないわけだ。現実は映画のようにドタバタ進行し、映画のようなドタバタな結末を迎えて、次の現実のシークエンスへとまた移る。スラプスティックそのものだ。アメリカ司法省によるロシア・スパイ網摘発事件は、冷戦終結からもう20年近くも経ているのに、ロシアも(アメリカも)まだこんなことをやっているのか、と僕らを呆れ果てさせてくれる効果はあった。大体、スパイの定義とは何なのか? 生活資金の出所がいわゆるインテリジェンス=諜報部門の組織からであることか? アイデンティティを偽ることか? 死ぬまで変わらぬ忠誠心を国家に抱くことか? 一体、この情報過多社会の中で彼らが得ていた情報の価値がどれほどのものだったというのか? まだまだわからないことが多いけれども、何しろ派手なストーリー展開だった。

続きを読む "スパイ映画よりずっとスパイ映画的でドタバタな現実" »

2010年7月 8日

『Musashi NY Version』に大喝采をおくる

kanehira100708_1.JPG
↑ 『Musashi NY Version』の終演後のカーテンコール(筆者撮影)

kanehira100708_2.JPG
↑ 会場に井上ひさしさんの遺影が。(筆者撮影)

続きを読む "『Musashi NY Version』に大喝采をおくる" »

2010年7月 5日

トロント・ダイアリー(4) ── G20場所取り合戦と「記者会見クラブ開放以前の問題」

kanehira100705.png
↑ G20公式集合写真撮影時のビデオ(カナダ政府HPより)

kanehira100706_1.JPG
↑ オバマ大統領のサミット締めくくり記者会見(メディア・センターにて筆者撮影)

kanehira100706_2.JPG
↑ 菅直人首相の内外記者会見は、会見中、座席からの撮影は禁止だってさ。他の国だとあり得ないけど。(会見終了後に座席から筆者撮影)


 いまさら、トロント・ダイアリーでもないでしょう、と言われるのを承知の上で、敢えて「その4」を書く。もちろん僕はとっくの昔にニューヨークに戻ってきていて、これを記しているのだが、本当にG8とかG20とかいう国際会議の存在意義が今後もどれほどあるのだろうか、という念をいっそう強くした。NYタイムズの試算によると、今回のサミットの経費は1時間当たり1200万ドルかかっているそうだ。これを3日間にわたって続けたのだから、アメリカが、アフガニスタン戦争で使っている1年間の戦争費用とほぼ同じ額になったのだ、と。ほとんどセレモニーだけの話し合いの場にこれだけの巨額のお金をつぎ込む必要があるのかどうかの議論=サミット不要論が再燃する可能性があるのではないか。人気映画『ザ・ミリオン・ダラー・ベイビー』をもじって『The Billion Dollar Maybe』とか言われているし。

続きを読む "トロント・ダイアリー(4) ── G20場所取り合戦と「記者会見クラブ開放以前の問題」" »

2010年6月28日

トロント・ダイアリー(3) ── G20の各国記者のわけのわからない迫力

100628_2.JPG
↑ Wカップ戦を観戦するサミット・メディア・センターの記者たち

kanehira100628_1.JPG
↑ G20晩さん会に出席するオバマ夫妻を見守る(26日)

 27日になって、急激にインターナショナル・メディア・センターの記者たちの数が増えた。きのうまで僕らが座っていた席は、朝10時過ぎに行ってみるとインドネシア人の記者団が「占拠」していた。僕らがささやかに机に貼り付けておいた自社の名刺はきれいに剝されて、インドネシア国旗が机の上にはためいていた。それに中国の記者たちの数がやたらと目立って増えていて、カフェテリアのコーナーの丸テーブルに集団で座り込んで何やら談笑している。わけがわからないけれど何だか迫力があるのだ。彼らの特徴は男性も女性もスーツを着ている割合が非常に高いことだ。黒・濃紺・グレーのスーツにネクタイ。ラフな格好でいかにもジャーナリストといった感じが多いヨーロッパの記者たちとは対照的に、彼らは「お役人」のように見える。後、彼らは集団で行動することが多い。よく言えばみんな仲良しで、悪く言えば、いつも誰かとつるんでいるような動き方だ。

続きを読む "トロント・ダイアリー(3) ── G20の各国記者のわけのわからない迫力" »

2010年6月27日

トロント・ダイアリー(2) ── 内側と外側の目の眩む落差

kanehira091027_2.PNG
↑ 炎上するパトロールカー

 今日のトロントは荒れた。昨日(25日)に引き続いて、今日も大規模なG8/G20に対する抗議集会とデモがあった。もともと今回の取材では、「サミット会場の内側と外側」というテーマで取材をすることを考えていたので、昨日も今日もハンディ・カメラをもって同僚のSierraとともに取材に出た。外は雨模様だ。インターナショナル・メディア・センターに終日いても、ブリーフィングやペーパーを待っているだけなので、正直に言って退屈きわまりないこともあるのだが、それも仕事は仕事として割り切るしかない。経験的に言えば、雨の日のデモは荒れる。

続きを読む "トロント・ダイアリー(2) ── 内側と外側の目の眩む落差" »

2010年6月26日

トロント・ダイアリー(1) ── Big Brother Is Watching You.

kanehira100626.JPG
↑ インターナショナル・メディア・センターは寒すぎる。地球温暖化どころじゃない。

 24日の夜にカナダのトロントに着いた。美しい街だ。G8サミットの取材は一体何回目になるだろう。9回目くらいか。モスクワにいた時と、ワシントンにいた時、それと東京にいた時をあわせるとそれくらいになってしまう。所詮は会議取材だ。政治の舞台がグローバル化するなかで、世界のリーダーたちが集って共通の関心事であるアジェンダを話し合うとしても、自ずと限界がある。それにサミットの役割とか評価がこのところ随分と変化した。「サミット不要論」が公然と語られるばかりか、今ではサミット会場の外側と内側の落差というか障壁の方がニュースになったりする。そういうなかで、サミット取材のあり方も問われる時代に僕らはいる。

続きを読む "トロント・ダイアリー(1) ── Big Brother Is Watching You." »

2010年6月24日

マクリスタル司令官解任の衝撃

kanehira100624.jpg

 アフガニスタン戦争で現場指揮をとるトップ、マクリスタル司令官が解任された。戦況が泥沼化するなかでのかなり衝撃的な更迭劇だ。オバマ大統領はさきほど、バイデン副大統領と後任のペトレイアス中央軍司令官、ゲイツ国防長官らを両脇に従えて、ホワイトハウスで緊急声明を読み上げ「(司令官のふるまいは)民主主義制度の核である軍の文民統制を傷つけた」と明言した。直接的なきっかけは、今週発売の雑誌「ローリング・ストーン」誌のインタビュー記事のなかで、マクリスタル司令官とその側近らが、言いたい放題のオバマ政権批判を繰り広げたことによる。いわば「舌禍」事件である。「ローリング・ストーン」誌の記事に目を通すと、ほとんどオバマ政権の中枢にいる人間たちを馬鹿呼ばわりしていて、現地司令官のフラストレーションが直に伝わってくるようなある意味で非常に面白い記事なのだ。例えば、オバマ大統領については、「最初の面会の時、多くの軍人に取り囲まれて、不快そうでビクついているように見えた。」「たった10分間の最初の1対1の面会時も、オバマはマクリスタルのことをよく知らず、あまり関心がないように見えて、(マクリスタルは)失望した」とある。バイデン副大統領に至っては、マクリスタルは質問した記者に対して「誰だよ、そいつ? むかつくぜ(Bite me!)」とまで言っている。ジョーンズ安全保障担当補佐官については「道化者。1985年で終わってる」。ホルブルック補佐官は「首になるのをひたすら恐れている手負いの獣」などなど。「ローリング・ストーン」誌の記事は、元ニューズウィーク記者で現在はフリーランスのマイケル・ヘイスティングス記者が、パリ→ベルリン→カブール→カンダハル→ワシントンDCと飛行機で移動するあいだに部分的に同行して、酒も入って上機嫌だったマクリスタル司令官とその取り巻きたちから「本音」を聞き出すことに成功したのだ。マクリストル側はオン・ザ・レコードの取材だとしっかり認識していたのだという。なぜこんな長距離を移動したのかと言えば、当時、アイスランドの火山噴火で飛行機がキャンセルになって飛行距離が長引いたという幸運があったのだという。こういうしつこい取材こそがジャーナリズムのひとつのあるべき姿である。

続きを読む "マクリスタル司令官解任の衝撃" »

Profile

金平茂紀(かねひら・しげのり)

-----<経歴>-----

1953年北海道旭川市生まれ。1977年に在京の民間放送局に入社、以降、一貫して報道局で、報道記者、ディレクター、プロデューサーをつとめる。「ニュースコープ」副編集長歴任後、1991年から1994年まで在モスクワ特派員。ソ連の崩壊を取材。帰国後、同局で筑紫哲也氏がアンカーマンをつとめるニュース番組のデスクを8年間つとめる。2002年5月より在ワシントン特派員となり2005年6月帰国。報道局長を歴任後、2008年7月よりニューヨークへ。

BookMarks

-----<著書>-----

ブログが本になりました!
↓ ↓ ↓

『報道局長業務外日誌』
2009年6月、青林工藝舎


『米原万里を語る』
2009年5月、かもがわ出版、共著


『テレビニュースは終わらない』
2007年7月、集英社

人気のWeb日誌、出版!
↓ ↓ ↓

『ホワイトハウスから徒歩5分』
2007年6月、リトル・モア


慶應義塾大学出版会、部分執筆


『ジャーナリズムの条件4』
2005年5月、岩波書店、部分執筆


『従軍のポリティクス』
2004年7月、青弓社、部分執筆


『二十三時的』
2002年11月、スイッチパブリッシング

『電視的』
1997年12月、太田出版

『ロシアより愛をこめて』
1995年3月、筑摩書房

『世紀末モスクワを行く』
1994年12月、パルコ出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.