Calendar

2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メイン

達増拓也 アーカイブ

2011年6月 6日

菅首相退陣で復興連合政権の樹立を!

日本一新の会 達増拓也(岩手県知事)

 ついに菅首相が退陣することになった。

 やはり、参院選で大敗し、民意による不信任を受けた首相が、自ら作ってしまった「ねじれ国会」を切り盛りして政権を運営するということが、無理だったのだ。

続きを読む "菅首相退陣で復興連合政権の樹立を!" »

2011年2月 9日

シリーズ小沢一郎論(14)── 小沢攻撃をめぐる最終戦の行方

日本一新の会 達増拓也
(岩手県知事)

■小沢攻撃をめぐる最終戦の行方

 1月31日、小沢一郎氏が検審起訴された。マスコミが総じて「起訴される=(イコール)悪」という決めつけ報道を垂れ流し、反小沢の政治家たちがそれに便乗している。ネットでは、そのような理不尽な報道や政治に対する批判が怒涛のように書き込まれている。マスコミ論調が支離滅裂さの度を深めるのに対し、ネット論調は資料分析の的確さや論旨の合理性に磨きをかけている。

続きを読む "シリーズ小沢一郎論(14)── 小沢攻撃をめぐる最終戦の行方" »

2011年1月24日

シリーズ小沢一郎論(12)── 民主党よ、統一地方選にもっと真剣に!

日本一新の会 達増拓也
(岩手県知事)

 春の統一地方選、知事選はあと9週間、県議選はあと10週間でスタートだ。民主党はもっと地方の問題に目を向け、地方に関する政策をアピールすべきではないのか。豪雪被害にも、もっと目を向けて欲しい。

続きを読む "シリーズ小沢一郎論(12)── 民主党よ、統一地方選にもっと真剣に!" »

2011年1月17日

シリーズ小沢一郎論(12)── 与謝野入閣は政権交代民意の否定

日本一新の会
達増拓也(岩手県知事)

■与謝野入閣は政権交代民意の否定

 政権交代が実現した前回衆院選において、敗北した麻生内閣の経済財政担当大臣そして財務大臣、金融担当大臣を務めたのが与謝野馨氏である。その与謝野氏を菅内閣に入れるということは、政権交代の民意を否定することなのではないか。

続きを読む "シリーズ小沢一郎論(12)── 与謝野入閣は政権交代民意の否定" »

2010年12月12日

シリーズ小沢一郎論(8) ── 形式主義のワナの背後に安易な権力維持の誘惑

日本一新の会 達増拓也(岩手県知事)

 民主党の岡田幹事長が、小沢一郎氏の国会招致を国会決議も視野に調整を進めるということで、菅首相もOKし仙谷官房長官も賛成している。

 「検察の暴走」の尻馬に乗って、国会も暴走、という展開である。秘書や元秘書の根拠薄弱な逮捕・起訴や、小沢氏本人の根拠の無い強制起訴が不当であるように、根拠の無い国会招致も不当である。

続きを読む "シリーズ小沢一郎論(8) ── 形式主義のワナの背後に安易な権力維持の誘惑" »

2010年11月 8日

シリーズ小沢一郎論(5)── 「小沢政治」待望の盛り上がり

日本一新の会 達増拓也(岩手県知事)

 今まで日本一新の会に寄せた拙文には個別のタイトルをつけていたが、今回から「シリーズ小沢一郎論」の共通タイトルをかぶせる。今までが1〜4であり、今回が5になる。

 文化の日、産経新聞の1面、東谷暁氏の「『小沢政治』は葬るべし」という見出しのコラムが目に留まった。スゴイ見出しだなー、と思って読んでみると、こう書いてある--「検察制度そのものに対する批判とともに、小沢氏の『政治とカネ』も、『でっちあげ』に過ぎないとの見方が有力になり、小沢氏への同情と期待が膨らんでいるのだ。」

続きを読む "シリーズ小沢一郎論(5)── 「小沢政治」待望の盛り上がり" »

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.