Calendar

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Entries

Recent Comments

« 民主党政権の3年間を振り返る──鳩山由紀夫が「大山村塾」で講演
メイン
「年寄りの冷や水」に終わるか?石原新党──それとも"保守大連合"の起爆剤か »

「国民の生活が第一」結党パーティーに4000人が集結

seikatsu121025_4.jpg
「国民の生活が第一」所属議員のほか、鈴木宗男新党大地代表も参加した

新党「国民の生活が第一」は25日夜、ホテルニューオータニで結党記念パーティーを開き、支援者や党関係者ら約4,000人(党発表)が参加しました。

パーティーの開会挨拶は山岡賢次副代表が務め、来賓には三保恵一・福島県二本松市市長が挨拶した他、東京電力福島第一原発事故に直面している方々が登壇しました。

小沢一郎代表は「政権が進むに従い、私たちがみなさんに約束したことは忘れ去られ、捨て去られました」と政権交代後の3年間を振り返りながら新党結党の経緯を説明し、今後の主張として消費増税の凍結・廃止、脱原発を訴えました。

<「国民の生活が第一」結党パーティ 小沢代表あいさつダイジェスト版(無料)>

(TIME:03min06sec)

小沢代表あいさつ(ノーカット版)や来賓のあいさつ、全体の模様を含んだ映像は以下のアドレスから視聴下さい。

■「消費増税凍結」「脱原発」小沢代表が結党パーティーで訴え(全篇 TIME:17min39sec)
http://www.nicovideo.jp/watch/1351201175

seikatsu121025_3.jpg
乾杯の音頭をとったコメンテーターの勝谷誠彦氏

seikatsu121025_2.jpg
小沢一郎代表は10分以上にわたって熱弁を振るった

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8501

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.