Calendar

2012年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

« 寺島実郎の"脳力"を疑う ── 核兵器も原発もない世界をどうして目指さないのか?
メイン
原子力ムラに尻尾を振る野田首相──大飯原発再稼働宣言の空疎  »

"大飯再稼働"という無責任の極致 ---- 歯止めにならなかった関西広域連合

(※本記事は6月4日に配信された「高野孟のTHE JOURNAL」の一部を掲載したものです)


takanoron.png 大飯原発が立地するおおい町議会が5月14日にいち早く再稼働に同意を決議したのは、ある意味で当然だろう。また、10年度までに県内に落ちた累計3461億円の電源開発交付金や年に100億円を超える電力会社からの核燃料税など"原発マネー"という真綿で首を絞められている西川一誠=福井県知事が、何のかんのと言いながら、結局は再稼働受け入れに傾いて行くであろうことも見えていた。

 しかし、これこそが強力な歯止めになるだろうと思われていた関西広域連合の知事・市長らがこうもアッサリと膝を屈するとは驚きだった。嘉田由紀子=滋賀県知事は筋金入りの環境派だったはずだし、橋下徹=大阪市長は、思想的には筋金など入っていないが、昨秋の市長選で「脱原発依存」を公約に掲げ、ことし4月には野田政権の「大飯原発安全宣言」に対して「おかしい。このプロセスで許したら本当に怖いことになる。こんな民主党には政権を代わって貰わないと」と、政権打倒宣告まで突きつけた。飯田哲也=環境エネルギー研究所所長や河合弘之弁護士ら名だたる脱原発派の論客もブレーンに付けていることを思えば、その覚悟はいかにも本物に見えた。それが、5月31日には「まあ、うわべばっかり言っていてもしょうがないんでね。事実上の容認です」「負けたと思われても仕方がない。反対し続けられなかったことに責任は感じる」と、抜け抜けと言い放った。嘉田も「臨時的な再稼働はやむを得ない」と変節した。

 結局は、政府・経産省、経済界寄ってたかっての「関西で夏場に15%の電力が不足するぞ」という脅迫に耐えられなかったということなのだろう。橋下は15日に大阪市内の料亭で、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)、大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭(京阪電鉄相談役)、関西経済同友会の鳥井信吾代表幹事(サントリー副社長)らと会食しているので、そこで再稼働の必要性を吹き込まれたに違いない。嘉田も28日に滋賀経済団体連合会の定例懇談会に出席し、その後に関西電力関係者と「今夏の電力需給状況などについて意見交換」(知事ブログ)しているから、ここでも同じことが起きたのだろう。

●やっぱりイノチよりカネですか...

 嘉田や橋下ら関西広域連合の決起には、カネとイノチのどちらが大切かという本質的な問題提起が含まれていた。原発マネー漬けの福井県やおおい町がイノチよりもカネの原理から逃れられないに決まっている。それに対して、仮に大飯原発が福島並みの事故を起こせば、そこから県境まで僅か15キロの京都府も、20キロの滋賀県も甚大な直接的被害を受けるし、何よりも、大飯原発から琵琶湖の北端までは40キロ弱の距離しかないのだから、これが汚染されれば、滋賀県のみならず京都府、大阪府、兵庫県の芦屋市や神戸市まで水道水が途絶して生きることが出来なくなる。だから同連合は、カネでは買えないイノチの根幹に関わる問題として、福井県と政府に再稼働断念を迫ることが出来る立場にあった・・・


>>ここから先は「まぐまぐ!」の「高野孟のTHE JOURNAL」に登録してお読み下さい(下記URL参照)
http://bit.ly/vmdxub


────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。多くの方からのご支援をお待ちしております。よろしくお願いします。有料メルマガ購読の詳細は下記URLをご覧くださいm(_ _)m
http://www.mag2.com/m/0001353170.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8457

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.