Calendar

2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

Recent Comments

« 鴨川市で「大山村塾」発足! ── 第1回講演会を盛大に開催
メイン
ないものねだりよりあるものさがし ── 大山村塾第1回の結城登美雄講演の要旨 »

大山村塾「会場はこんなところでした」 ──結城登美雄の"あるものさがし"

千葉県鴨川市内で、新しい地域活動が生まれました。関東各地で桜の見頃を迎えた先週末の7日、地元民が中心となり「大山村塾」(塾頭:高野孟)を発足させました。

この地域づくり運動にTHE JOURNAL編集部から上垣・西岡が参加しました。写真と映像を中心に、当日の塾の様子をレポートします。4月7日付の高野論説「鴨川市で「大山村塾」発足! ── 第1回講演会を盛大に開催」とあわせて御覧下さい。

☆ ★ ☆
▽  大山村塾とは? フォトレポート ▽

ooyama0407_3.jpg

「大山村塾」の文字が会場入口に。「大山地区のことだけを考えようという訳でなく大山公民館を会場とするのでそうなっただけのこと。松本村の松下村塾が明治維新の原動力となったように旧大山村のこの塾が平成維新の源となるかもしれない」(大山村塾HPより)と、塾名の由来を見ると、開放的に、志高くといった印象。

ooyama0407_7.jpg
THE JOURNAL編集部が会場に着くと、すでに満席に近い状態。会場を見回すと、"THE JOURNAL"ブロガーの顔が。甲斐良治氏(農文協)、二木啓孝氏(BS11編成制作局長)、篠塚恭一氏(日本トラベルヘルパー協会理事長)...と大集合でした。

ooyama0407_5.jpg
まずは高野孟塾頭が挨拶。大山村塾とは...「地域末端に生きる"下々"の者たちが、たとえささやかであっても自分らで事を起こして、何ほどかマシな世の中を作るために動き始めなければならないという思考と行動の模索の現れです」

ooyama0407_8.jpg
そして結城登美雄氏の講演です。テーマは"THE JOURNAL"の結城ブログにもあった「『ないものねだり』から『あるものさがし』へ」

ooyama0407_4.jpg
結城登美雄「自然を生かす技を持っているのが地域です。『私はこれなら出来るぞ』ということから始めていきましょうや」

ooyama0407_1.JPG
まさしく車座座談会といった光景。結城氏の「『よい地域』であるための7つの条件」に深くうなづいてました。

ooyama0407_9.jpg
質問者は3人で時間切れ。他は懇親会に持ち越しです。パチパチ。

ooyama0407_10.jpg
続いて高野孟塾頭「どうなっているのだ野田政権」です。

ooyama0407_11.jpg
終了後は地元のカフェ「Sugar Salt Cafe」で懇親会。店主は2008年に鴨川を訪れ、翌年に移住した「Iターン」です。

ooyama0407_12.jpg
地元の笹谷釜さんからぐい呑みをプレゼントされてご機嫌の結城氏。2次会はたっぷり地酒を飲まれたようです。

ooyama0407_13.jpg

大山村塾は隔月で講演会が開かれ、第2回目は6月9日の予定です(詳細は→コチラ←)。そして講師は、THE JOURNALおなじみの甲斐良治(農文協編集局次長、前『季刊地域』編集長)氏です。どなたでも参加可能です!

☆ ★ ☆
▽ 大山村塾はどんなとこ?映像はコチラ! ▽

「結城登美雄です。仙台市から参りました」
プレゼンスライドと組み合わせた映像です。1時間ほどありますので、お茶でも飲みながらゆっくりと"結城節"をご覧下さい。

なお、映像制作は「高野孟のTHE JOURNAL」読者の支援があって生まれました。是非ともメルマガにご登録頂き、周りの友人・知人の皆様にもこれを大いに広めて頂ければ光栄です。

>>「まぐまぐ!」の「高野孟のTHE JOURNAL」の購読は下記URLをご参照ください
http://bit.ly/vmdxub

────────────────────────

【関連書籍】
jimotogaku.jpg
地元学からの出発―この土地を生きた人びとの声に耳を傾ける (シリーズ地域の再生)

【関連記事】

初の「大山村塾」に170人 鴨川(2012.4.10 房日新聞)
鴨川市で「大山村塾」発足! ── 第1回講演会を盛大に開催(2012/4.9 高野論説)
結城登美雄:地元学からの出発

────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。有料メルマガの詳細と、ニコニコ動画の有料会員の方は下記URLをご参照下さいm(_ _)m
http://www.the-journal.jp/contents/info/2011/11/the_journal_2.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8421

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.