Calendar

2012年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

« 首都直下M7級地震の可能性が高まっている?──加えて富士山噴火近しの情報も
メイン
3・11から1年 ── 限りなく曖昧な日本の野田総理 »

あれから1年、3・11をどこでどう過ごすか ── 首都圏の皆さんは日比谷公園へ!

(※本記事は3月6日に配信された「高野孟のTHE JOURNAL」を掲載したものです)

 東日本大震災とフクシマの惨劇から1年、この3月11日をどこでどう過ごすかは、我々一人一人にとって、少々重い課題である。いろいろな提案やアイデアが私のところにも寄せられたが、私は大震災当日と同じように自宅で、電気を消して、薪ストーブと蝋燭と手回しラジオだけの静かな夜を過ごそうかと考えていた。が、加藤登紀子さんからお誘いを受けて、3月10〜11日に東京・日比谷公園で行われる「ピース・オン・アース」のイベントに11日の夕方から参加しようと思い立った。

★Peace On Earth:http://www.peaceonearth.jp/

 登紀子さんや次女のヤエさん、坂本龍一、中沢新一、鎌田實の各氏が中心になって企画したこのイベントは、2日間にわたって11時から19時まで、同公園の噴水前特設ステージ様々な出し物が繰り広げられるが、山場は11日の17〜19時になるらしい。首都圏に居て「どうしようかな」と迷っている方は是非とも日比谷公園へ。ちょっと遠くて、という方はニコニコ動画で全編ナマ中継されるので、それを観ながら、一人で、家族で、あるいは仲間と一緒に、この日を大切に過ごして頂きたいと思います。大切にというのは、結局のところこの1年ではっきり分かったことは、この国を立て直すのは我々下々の一人一人の力が寄り集まるしかないということであるからして、あれから1年をしっかりと噛みしめながら、これから自分はどう生きるのかを考えて、自分なりのやり方で動き出す日にしなければならないし、もうすでに動き出している人たちは,もう一度同志たちとの繋がりを確かめて決意を新たにする日にしなければならないという意味です。

 さてあなたはこの日本の一周忌をどう迎えるのか。▲


>>「まぐまぐ!」の「高野孟のTHE JOURNAL」の登録はこちらから(下記URL参照)
http://bit.ly/vmdxub


────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。有料メルマガの詳細と、ニコニコ動画の有料会員の方は下記URLをご参照下さいm(_ _)m
http://www.the-journal.jp/contents/info/2011/11/the_journal_2.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8398

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.