Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

« 高野孟:《書評》G・タリー他「子どもが体験するべき50の危険なこと」(オライリー・ジャパン)
メイン
山田正彦:なぜ、消費税の前にやるべきことをやらないのか »

高野尖報:死んでも死にきれなかった金正日

(※本記事は12月22日に配信された「高野孟のTHE JOURNAL」の一部を掲載したものです)

 心臓病と脳血管障害と糖尿病を抱えて、いつ命が尽きるかも分からない不安に駆り立てられながら、1日も早く金正恩(キムジョンウン)を後継者に仕立て上げようとして国内外を走り回っていた金正日(キムジョンイル)=前総書記は、「これでは、死んでも死にきれない。せめてあと半年あれば......」と悶えるような思いを噛みしめながら視察途上の列車の中で目を閉じたに違いない。

 何しろ、さんざん迷った末に正恩を後継者と定め、昨年9月に異例の党代表者会議を招集して彼を党中央委員にすると同時に、3段階も4段階も飛び越えていきなり「党中央軍事委員会」副委員長の要職に就けてともかくも形を整えて、精力的に全国の軍部隊や生産現場を巡って息子のお披露目を始めてから、まだ1年3カ月しか経っていない。来年は、正日が「2012年までに強盛大国の大門を開く」と言い続けてきたその年で、なぜその年なのかと言えば、2月16日が正日70歳の誕生日、4月15日が金日成の生誕100年にあたるという金王朝にとってまことに縁起のよい巡り合わせとなるからである。それらのイベントを通じて、国内のみならず外国からの賓客にも3代目を大々的に売り込んで、後継体制の安定への踏切台にしようとしていた。そこまで見きわめずに死ねるか。だから。せめてあと半年なのである。

●複雑な権力構造

 28歳の正恩を党中央軍事委員会副委員長に抜擢するに当たって、正日は、溺愛する実妹=金敬姫(キムキョンヒ)を党政治局員に、その夫=張成沢(チャンソンテク)を党政治局員候補に据えて、金ファミリーの身内で周りを固めて息子の安泰を図ろうとした。そのため、各種報道では、この2人が後見人となって一種の集団指導体制がとられるだろうとの観測がなされている。確かに当面は、それが正日の遺志であることを誰もが知っているし、服喪期間中にドタバタするわけにもいかないということもあるので、一見スムーズに体制移行が進むように映るが、内実はそう簡単ではない・・・


>>ここから先は「まぐまぐ!」の「高野孟のTHE JOURNAL」に登録してお読み下さい(下記URL参照)
http://bit.ly/vmdxub


────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も、有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。有料メルマガの詳細と、現在のニコニコ動画の有料会員の方は下記URLをご参照下さいm(_ _)m
http://www.the-journal.jp/contents/info/2011/11/the_journal_2.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8343

コメント (1)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.