Calendar

2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

« 野田・鉢呂はなぜ原発再稼働を急ぐのか? ── 火力発電増強で原発はすぐにでも止められる
メイン
小沢一郎氏元秘書3人に有罪判決 »

河野太郎×高野孟:核燃料サイクルなんていらない!

 毎月、多彩なゲストを交えて世界や日本について語る『高野孟のラジオ万華鏡』。今月は自民党衆院議員の河野太郎さんをお迎えし、核燃料サイクルの問題点について語ります。

 福島第1原発事故がおこる前から原発について積極的に発言してきた河野さんが、いま、考えている事を聞いていきます。

■ダウンロード(mp3)
http://podcast.jfn.co.jp/poddata/owj/tue_02/owj_20110920.mp3

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8245

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくはペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

河野太郎さんには時として裏返るハイトーンな声の延長でハイテンパーなイメージがあるが、この対談では高野さんの誘導宜しきを得てか? 非常に落ち着いた雰囲気で聴き易かったし実証的な努力の跡が顕れている。

まあ、公共財である人物、特に頑張っている政治家を論じるのにイメージという曖昧さに頼るべきではない。
嘗て東京財団が7回シリーズで「税と社会保障改革」を論議した際http://p.tl/gB_S 、国会議員では唯一人河野さんだけが皆勤賞だったというのは兎も角、相当に広く深く永い視角で的確な議論を展開されていた。彼の得意分野は核燃料サイクルは核発電だけではないのだと、少なくとも美女風のアシスタント嬢はご存じではなさそうだった。

彼のブログ「ごまめの歯ぎしりhttp://p.tl/NCXE」を読んでいると、健全な真摯さや覚悟の強さが印象深い。
過去と現在の自民党に対しても極めて批判的な姿勢で臨んでいる点も、期待できる。
持論の「善き政界再編」のためにも「政界の世代交代」のためにも、数少ない推進力になる人物だと思う。

この報道で、ほお~!と思ったのが、アシスタントの無邪気な質問「河野さんが総理になられたら‥」に対して、一切の遠慮も衒いもなくさらりと「其れは‥」と反応していたこと。準備万端という訳ではないが、健全で高い志を持つに足る中身の詰まった人物だから、特に懸念はしなかった。 
草々

閑話休題、かつ連投、御免なさい。

孫正義さんhttps://twitter.com/#!/masasonがこんなに挑戦的で時に挑発的なことを言い、三木谷浩史さんhttps://twitter.com/#!/hmikitaniが概ね穏当なことばかりを言っているからといって、「経営者として、どちらが優れているか」と品評するのは、其れ自体が間違えていると思います。

電力会社の今日までのシビアな原発事故の隠蔽実例の数々(ごまめの歯ぎしり(9月18日号、19日号)参照)、改めて、絶句。

東京電力の経営陣は企業のコンプライアンスとか、そういうレベルの議論は全く意味を成さないばかりか、そもそも企業経営者としての体をなしていない。監督官庁である原子力安全保安院が隠蔽事実を知ったとしても、事実上、大した咎め無しをいいことに、電力会社は益々つけあがり、無法状態で、やりたい放題となる。自浄作用が全くなく、内部告発制度も電力会社、関連企業に機能しているのだろうかと疑問だ。とにかく、役所に罪人が住んでいては、罪人を取締まれる筈もなかろう。

かくなる東京電力が一部上場会社として未だ存在していること自体、社会的にも許されることではないのだが・・・。

河野氏の仰る通り、電力会社の経営陣の総入れ替え、社外取締役の登用は当然でしょう。同時に、原子力安全・保安院や原子力安全員会構成人員も総入れ替え、組織見直しが不可避である。

また、エネ政策に関する決定事項が法的意味合いを持つ総合資源エネルギー調査会のメンバーも見直しが必要だ。経産省所管の調査会、委員会の人事に経産大臣の口出しこそ正常だ。自民党政権時代が異常だったのだ。経産大臣に就任したばかりの枝野氏は鉢呂氏(辞任直前にメンバー見直し済みだったとか)から「総合資源エネルギー調査会のメンバー見直し」を引き継いだ筈だが、総合資源エネルギー調査会メンバー構成がどうなるかしっかり見届けたいものだ。

自民党も捨てたものじゃあないと言えるのは、河野さんだけかな。
原発推進の張本人は自民党のご歴々だから肩身も狭いでしょうが、新たなグループで新しい反原発運動を展開すべきでしょう。今、自民党がやっている事は、国民には評価されない。国難を救うリーダーとなってはじめて自民党もと国民は評価する。しかし、今は、頭の中は、政権奪還だけだ。反って、国民の不信を買う、政権潰しは、国を転覆させる構想に見える。自民党は国民から、ノーと言われても、何もしない、何も変わらない、むしろ与党時代より悪くなった様に思える。河野さんは、今の自民党を壊し、新たな自民党を再編すべきだ。期待します。

河野太郎公式サイト | 再処理工場の稼働に反対する1
http://www.taro.org/2008/06/saishori1.php

河野太郎公式サイト |再処理工場の稼働に反対する2
http://www.taro.org/policy/saishori2.php

河野太郎は自民党のなかでも一番まともなほうですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.