Calendar

2011年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

« ビンラーディン殺害は米国の"勝利"か?
メイン
《第10回》陸山会公判傍聴記 ── 水谷建設元社長のウラ金渡し証言は真実なのか? »

被災地支援活動に参加 at 宮城県岩沼市(二の倉海岸付近)

2011年5月2日(月)〜3日(火)、宮城県岩沼市(二の倉海岸付近)の被災地支援活動に参加しました。

深夜11時にバスで溜池山王を出発、途中休憩のため立ち寄ったドライブインや県内に入ってからの道路(高速)は、被災地に向かっていると思われる車で渋滞していました。

3日朝7時半に現地到着、ここでの活動は、地元の方々の指示で「海岸から押し寄せた津波によって墓地に積もった土砂を取り除く」ことです。

iwanuma110502_1.jpg

iwanuma110502_2.jpg

沿岸部のこの地域は、まだボランティアが入ったことがないということです。

iwanuma110502_3.jpg

iwanuma110502_4.jpg

民主党の森本哲生(もりもと・てつお)衆議院議員も同じ班で参加されていました。

iwanuma110502_5.jpg

iwanuma110502_6.jpg

現地の方々を含めて30数名での作業で、墓地に積もった土砂はほぼ取り除けました。

iwanuma110502_7.jpg

夕方、二の倉海岸に行きました、津波は、堤防を越えた直後、一旦地面をえぐるようにして、松の木を超える高さで街に入っていったそうです。

iwanuma110502_8.jpg

iwanuma110502_9.jpg

iwanuma110502_10.jpg

2011年5月2、3日、《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8038

コメント (1)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.