Calendar

2011年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

« 田中利幸:オバマ政権「核兵器廃絶」という名の戦力強化
メイン
「防災服を一括購入します」 民主党が防災服を新調したことに批判続出 »

三井環:検察審査会に検事総長や特捜検事らの訴追申し立て

村木厚子事件などに関連し最高検が不起訴処分をした16人の検事に対し、このたび東京検察審査会に不服申立をしました。

その申立書の全文を下記の通り掲載します。

本申立書を読んでいただけるとよく判ると思いますが、小沢一郎氏について検察審査会に申し立てられた理不尽な内容に対し、今回の申し立ては誰もが十分に納得性のあるものだと確信しております。

そこで検察審査会が起訴相当の議決をするよう是非多くの方のご協力をお願いいたします。

具体的には皆様方の住所と氏名、(可能であれば)ご意見を三井環事務所までメール(info@syowakikaku.com)でお送り頂ければ、賛同者の名簿、意見として検察審査会に提出いたします。

以上、宜しくお願いいたします。

審査申立書

東京第 検察審査会御中

2011年4月1日

1 申立人

三井 環

2 被疑者

① 林谷 浩二(大阪地検特捜部検事)
② 坂口 英雄(同庁副検事)
③ 國井 弘樹(同庁検事)
④ 遠藤 裕介(同庁検事)
⑤ 高橋 和男(同庁副検事)
⑥ 牧野 善憲(同庁副検事)
⑦ 佐賀 元明(同庁特捜部副部長)
⑧ 大坪 弘道(同庁特捜部長)
⑨ 玉井 英章(同庁次席検事)
⑩ 小林 敬(同庁検事正)
⑪ 榊原 一夫(大阪高検刑事部長)
⑫ 太田 茂(大阪高検次席検事)
⑬ 中尾 功(大阪高検検事長)
⑭ 鈴木 和弘(最高検刑事部長)
⑮ 伊藤 鉄男(最高検次席検事)
⑯ 樋渡 利秋(検事総長)

3 罪名及び罪条

上記①~⑥ 証拠隠滅(刑法104条)公用文書等毀棄罪(刑法258条)
上記⑦~⑯ 犯人隠避(刑法103条 刑法60条)

4 不起訴処分

平成22年12月24日(最高刑第380号)

5 不起訴処分をした検察官

最高検察庁検察官検事 長谷川 充弘

6

①被疑者林谷、同坂口、同國井、同遠藤、同高橋、同牧野は平成21年2月頃から同22年3月頃までの間、大阪地方検察庁において「取り調べメモ」を廃棄し、村木厚子事件の証拠を隠滅するとともに公務庁の用に供する「取り調べメモ」を毀棄したものである。

②被疑者佐賀、同大坪、同玉井、同小林 同榊原、同太田、同中尾、同鈴木、同伊藤、同樋渡は共謀の上、上記林谷ら6人の検察官が「取り調べメモ」を廃棄し、村木厚子事件の証拠を隠滅するとともに公務庁の用に供する「取り調べメモ」を毀棄した証拠隠滅ならびに公用文書等毀棄の罪に当たる犯人であることを認識しながら、これを隠ぺいしたものである。

7 不起訴処分を不当とする理由

①最高検が被疑事実について不起訴処分としたその裁定の根拠及び理由を告知されたく申立人は平成23年2月17日請求したが文書では明らかにされていない。ただ後記のとおり長谷川主任検事から本年3月29日、電話にて申立人に若干の説明があった。

本件の争点は「取り調べメモ」が公文書に該当するか否かにある。これまで「取り調べメモ」につき最高裁において、平成19年12月25日第三小法廷決定、同20年6月25日第三小法廷、同年9月30日第一小法廷決定がある。いずれの決定も「取り調べメモ」が公文書であって証拠開示の対象であることを認定している。

その決定をふまえて最高検は同20年7月9日付同年10月21日付最高検刑事部長通知が高検次席検事、地検次席検事に発せられ各検察官はこれらの最高裁決定を充分了知していたものと考えられる。さすれば本件「取り調べメモ」は公文書であること疑う余地がなく、被疑者ら6人はこれを廃棄したことを自ら認めているのであるから、証拠隠滅と公用文書等毀棄罪が成立する。

「取り調べメモ」は被疑者の供述の内容、言動等がなまなましく具体的に記載されているものでそのメモに従って検面調書が作成されるのである。メモの内容のすべてが検面調書に作成されるということはありえない。申立人が約29年間検事の職務に従事した経験からそれは絶対にありえないと断定しうる。
  
被告人に有利なことはメモにあっても検面調書にはないのが通常である。特に村木厚子事件では上村勉係長、塩田部長の検面調書は虚偽内容であって法廷での証言が真実だと裁判官によって認定され多くの検面調書の証拠能力がないとして排除されたのである。

当初の供述内容(真実)、村木厚子が関与した虚偽供述の内容、脅迫等を加えられて虚偽供述をした状況等、任意性、信用性を否定しうる事柄がメモには記録されていると考えられる。

その公文書を廃棄したのであるから、裁判の結果をゆがめる行為である。前田恒彦主任検事がフロッピーディスクを改ざんした証拠隠滅罪と本質的には全く同様の重大な犯行だと断定せざるを得ない。長谷川主任検事は伊藤鉄男次長検事、大林宏検事総長の決裁を得た上「嫌疑なし」との処分をした。

仮にも被疑者6人の犯罪を認定すればその上司である⑦~⑯の被疑者の犯罪、すなわち犯人隠避罪の責任が問われるのである。

被疑者6人の犯行を「嫌疑なし」としたのは門前払いすることによって検事総長らの犯行を隠ぺいしたとしか考えられない。3月9日長谷川主任検事は申立人に対し電話で「取り調べメモの内容がすべて検面調書の内容となっているため廃棄した」と説明した。

メモの内容がすべて検面調書に作成されたのか否か破棄しているのであるから裁判官、弁護人、第3者が対査することは不可能である。検察を信用しろというのであろうか。

村木厚子事件を通じて検察の信頼は崩壊した。その隠ぺいの体質は多くの国民の知るところとなった。検察を信用しろというへり屈は多くの国民には通じないであろう。「取り調べメモ」が公文書であると認定されるならば、その内容が仮にも検面調書の内容となっていたとしても本来公文書であるものが非公文書となるものではない。

ここまでへり屈を言ってまで検事総長らの犯罪を隠ぺいする必要があったのである。仮にも検事総長ら上層部の犯人隠避罪が立件されるならば法務検察は完全に崩壊するであろう。その配慮が働いた結果、被疑者①~⑥をの「嫌疑なし」と裁定したとしか考えられない。

②なお①~⑥の被疑者の犯罪の犯行状況は公判経過報告(三長官報告)によって検事総長まで認識しているのである。公判経過報告を検察審査会が入手すれば上層部の被疑者⑦~⑯の決裁印が捺印されていることが明らかになるであろう。犯人隠避罪はもちろん不作為犯でも犯しうること判例理論の認めるところである。

③平成22年9月27日付 同10月12日付告発状を参考までに添付したい。また平成22年12月24日付処分通知書、同23年2月15日付不起訴処分理由告知書同23年2月17日付の請求書をも参考までに添付したい。

④検察審査会は「民意を反映させてその適正を図る」組織である。常識的に判断してもらいたい。 常識的に判断するならば「嫌疑なし」などという処分にはなりえない。本件は最高検が捜査した事件であってその検察内部の論理が優先された結果、身内の者をかばい、また検事総長ら上層部をかばい、法務検察維持と自己の保身を図ったものと断ぜざるを得ない。

⑤裁定理由、捜査記録を検討されその結果、検察審査会において疑問点があれば、ぜひとも申立人に対し文書による反論の機会あるいは尋問されることを期待したい。

(連絡先)
三井 環事務所
〒110-0015 東京都台東区東上野6-1-4 イワツキビル201号
TEL 03-3844-8722 FAX 03-5827-3132
メール info@syowakikaku.com

==============================

tamaki110406.jpg

三井 環(みつい・たまき)
1944年愛媛県生まれ。中央大学法学部卒業。72年検事に任官。高知、高松地検次席検事時代には数々の独自捜査を成功させた。1999-2002年、大阪高検公安部長。2002年4月に現職のまま実名で、裏金告発のためテレビ朝日「ザ・スクープ」に出演しようとしたが、その収録の3時間前に、大阪地検特捜部より逮捕された。逮捕はでっち上げであり、口封じのためであるとして、裁判では無実を主張。最高裁まで争ったが、1年8ヵ月の実刑が確定。2008年10月に収監。10年1月18日に満期出所した。著者に、『告発! 検察「裏ガネ作り」』(光文社)、『検察との闘い』(創出版)、『「権力」に操られる検察』(双葉新書)がある。

※レイアウトの都合上、段落に関しましては一部変更させていただきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7968

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

三井さん頑張ってください。応援しています。住所氏名は別途連絡させて頂きます。

趣意書の②の中で、「~不作為犯でも犯しうること判例理論の認めるところである」と書かれていることが、ピンと来ません。
「~不作為犯でも訴追できること判例理論の認めるところである」
ではないかと愚考しますが、門外漢のため分かりません。ご教示賜れば幸いです。

<路は遠いが>
三井 環さんの行動はまさに道理にかなった行動であり、強く支持いたします。
しかし、今度の大震災によって多くの事象が覆い隠され、新たな事象が露顕してきたと思っています。
しかし、その病根は違うものでなく同じであり、「民は頼らしむべし、知らしむべからず」との寡頭支配の考え方にあると私は思います。
災難をもたらしているのは、情報と決定権を独占し、それに異を唱える人物を排除していくという、民主社会とは言えないわが国のシステム、それに気づくことのない多数の国民の存在です。
私から見れば、あれだけ近隣アジア諸国を蔑視し、新東京銀行を通じて都税を私的利益の為に浪費した石原氏を都民はまたも選ぶようです。
テレビを見れば、福島第一原発の事故状況は報ずるものの、ネットで流れているような鮮明な画像は流さず、風評被害の報道に重点を置き、危険性や事故発生責任についてはほとんどふれません。
独占企業である電力業界がTVでCMを流してきた理由がこの事故報道ではっきりわかりました。金力による情報統制だったのです。
三井さんの今回の行為は検察審査会が法務官僚の牙城である最高裁判所事務総局の出先機関であることを承知の上でのことと思います。
検察及び裁判所を牛耳る司法官僚は支配体制維持に都合の良し悪しだけで申立の採否を決めているように思われます。
千葉の森田知事の党籍詐称は取り上げず、小沢氏関連の告発は取り上げる。そして、「巨悪は許さない」と大見得を切りながらこの福島原発の放射大漏洩事件には捜査を始める気配すらない。犯罪意思の有無にかかわらず、これだけ多くの住民に損害を与えた事件は戦争を除いて他にあるであろうか?
司法も官僚に牛耳られている以上、選挙で国民主権を取り戻す以外に打開の道はなく、現状では河村名古屋市長の「減税日本」に期待するしかありません。
司法に幻滅を感じている私の予想では、残念ながら三井さんの訴追は受理されないと予想します。勿論、この予想が外れて欲しいとは思いますが。

三井環様 お久し振りです.1・30西宮デモと夜のシンポジウム有難うございました。 先生との、正義に立ち向かう固いお約束は決してして忘れておりません。 私は一昨年、あの森田健作氏を最初に訴えた、78人の県外からの一人でした。また、不条理極まりない小沢事件の「東京第5検審会」の吉田繁美弁護士の懲戒請求も申し出ましたが、いずれもダメでした。でも、民主国家て゛の不正義は許してはなりません。 就きましては、三井様を支援し、ご一緒に参加いたしたいと考えております。 なんでも仰ってください。 "田中俊雄"

賛同いたします頑張ってください。

メール送れない、なんで?
メールアド間違ってるの?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.