Calendar

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« シリーズ小沢一郎論(7) ── 危急存亡の秋(とき)とオザワ現象
メイン
小林恭子:ウィキリークスによる外交公電の暴露──米ニューヨーク・タイムズは事前に政府に相談していた »

高野孟:仲井真知事が再選、日本政府は「県外」の意思を対米交渉へつなげ

米軍普天間飛行場の移設問題への対応が焦点となった沖縄県知事選で、現職の仲井真弘多氏の再選が決まりました。仲井真氏は選挙後の会見で、普天間基地の県外移設を求める考えをあらためて示しました。

民主党政権は県知事選の結果をどう受け止めるべきか、そして今後の米軍基地問題の行方はどうなっていくのか、高野孟が語ります!

*   *   *   *   *

高野孟(《THE JOURNAL》主宰)

「県内」と「県外」を訴える2候補が対立していれば、沖縄県民は選択の仕様があったかと思います。今回はどちらの方が現実的な道を打ち出してくれそうか、ニュアンスも見極めた苦心の投票をしたという珍しい選挙でした。

日本政府、民主党政権はこれまで普天間問題を保留にしてきました。今回の選挙は1つの区切りになり、いよいよ新しい知事を相手にしながら打開の道を具体化しなければならない、これ以上保留していられないという意味で「険しく」という新聞見出しの表現通りだと思います。仲井真氏が勝ったから険しくなったわけではないというところがポイントでしょう。

今回の選挙で2候補者とも「県外」移設を訴えていて、両方の票をあわせれば沖縄県民の意思は「県外」で、県民投票をやったに等しい結果です。

日本政府は、「県民の意思は圧倒的で、無理矢理新しい基地をつくるようなことがあれば座り込みをしている県民や支援者を蹴散らして流血の事態を起こしかねない、それでもどうしても新しい基地をつくるのか、それとも長い目で考え直そうか」と逆に開き直って対米交渉するきっかけをつかんだということです。

(つづきは映像にて...)

【関連記事】
高野論説:海兵隊の抑止力とは何かを検証せよ!(2010.1.30)
高野論説:"抑止力論の罠"に絡め取られた鳩山首相(2010.5.5)
《対談》吉元政矩×高野孟:普天間基地問題の根源を考える(2010.6.24)
沖縄県知事選をめぐる民主党の2つの顔(NewsSpiral)

────────────────────────

■有料会員制度スタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では10月に有料会員制度をスタートしました。本記事も、有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。有料会員制度の詳細については下記URLをご参照下さいm(_ _)m
http://www.the-journal.jp/contents/info/2010/10/post_66.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7553

コメント (22)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

高野 様

極めて分かりやすく、シンプルにお話になっておられ、全面的に納得できます。

今回の選挙は、お話の通り、「県民は県外信認を投票したのであり、どちらが現実的で、信頼できるか、安定感があるかの選択の選挙でしかなかった」。

民主党は、アメリカとの約束に縛られ、自前の候補者さえ出せなかった。しかるに、岡田幹事長は、川内氏などの行動を制限し、特定の候補の応援を禁止した。

高野氏も指摘されておられるが、党の方針さえ出せず、さらに議員個人としての行動を束縛する強権的発想は極めて危険である。

菅政権は、沖縄の意志は政権の意志としなければならないのであるが、其の覚悟ができているかどうか疑問である。

投票による国民、県民の意思は、民主主義国家にあっては尊重されなければならないのに、アメリカとの交渉姿勢が国民側にたって行われるか、残念ながら、まったくわからない。

アメリカは民主主義の国である、堂々と世論をバックに粘り強く交渉してほしいし、国家としての威厳を示してほしい。

さすがです!高野さん。

自分は伊波さんが選挙に負けた結果を知り、がっかりしてしまったわけですが、こうなっては、当選した仲井真さんに、基地は県外への公約をしっかり守ってくださいね、という思いを持つのが精一杯でいたのですが、
上記の高野さんのご指摘に、ああ、そうか、なるほど!と思い、認識を新たにしました。

【今回の選挙で2候補者とも「県外」移設を訴えていて、両方の票をあわせれば沖縄県民の意思は「県外」で、県民投票をやったに等しい結果です。】

そうなんですよね!自分はその視点はありませんでした。
さすがです!心から尊敬する高野さん。
ますます尊敬の念が深まりました。

また、
川内さんの行動は天晴れです。男・川内です。
何にも策を出していない岡田さんが川内さんの行動に対し、ごちょごちょ文句言うなんて、お門違いですよね。

さて、
基地は県外へという県民投票をやったに等しい結果なわけですから、
4・25の県民大会での県民の意思は、いまも変わらないともいえそうです。

ですので、アメリカさん、そろそろ、諦めてくださいね!
これ以上、沖縄の人たちを苦しめるのはやめてください。危険もいち早く除去してください。

高野氏は、地政学を考えたことはないのでしょうか?
沖縄から米軍を、いや抑止力を追い出したい方々は、中国の偽装漁船をどうお考えですか?
米軍及び自衛隊のプレゼンスが低下することで、漁夫の利を得るのはイデオロギーに関係なく中国であることくらいは理解できるでしょう。
それでも、その主張続ける方々は、沖縄を中国に献上でもしますか。

「 コロコロ変わるのは良くない 」 という唾棄すべき理由で ( 誰がそう主張したんだ? ) 成立した無能無策の菅直人首相と現内閣では, 沖縄問題の解決は絶望的である。 一刻も早く内閣改造を行うべし。 どいつもこいつも, 全く救いようがない。

この沖縄県知事選挙の総括は納得できる良い話でした。

でもね、高野さんには今の菅政権への論説をして頂きたいのです。

この状況で尚、菅でよかった。小沢は終わったというお気持ちでいるのか?

数年後に行われる衆議院選挙でも民主党が勝つので、10年先を見越した民主党政権の進む道が開けていると思うのか?

高野さんは、意図的にこの話題から逃げているように感じています。

マスコミの洗脳もあるでしょうが、小沢悪をいまだに口にする大多数の国民には、菅政権だけではなく民主党自体に期待はずれ、諦め、酷評をぶつける有様です。

小沢さんが十数年かけて積み上げてきた官僚政治の打破、国民生活を守る為の政治が もう何もかもが崩れ去りそうです。

自民党や官僚を中心とした既得権益を守りたい側にとっては喚起の瞬間に成る。もうこれで一生安泰で、今までどおり血税を我が物に出来て優雅に暮らせるだろうと笑いが止まらないことになる選挙。

一方、疲弊した地方や国民は、これからは政治に何を期待すればいいのでしょうか?政治家が何を言っても口先だけだと思わされた後で・・・

そんな悲観的に考えないで良い素晴らしい高野論説が聞きたいのです。

小沢信者には、そうならない方法が一つあると思っています。

高野氏は、投票率という現実の数字をどう考えているのでししょう?

「投票率60・88% 過去2番目の低さ」

この事実だけで、基地問題に対する県民意識の低さが如実に出た結果ではないか。
伊波前宜野湾市長は、辺野古移設に反対し普天間継続使用を結果的に確定させた。
正直なところ、マヌケとしか言いようがない。

中井氏の殿下に対する「皇室軽視発言」にはあきれました
殿下に「座れよ」ってか?

この人は小中学生ですか?
思えば柳田法務大臣も小学生レベルの発言で更迭されました

民主党、ちょっと緊張感が足りないのではないか。次期地方選で民主候補に投票する理由がもうほとんど無い。投票して何か意味があるのですか?

論説に関係なくてスミマセン。

最近、家に戻っていつものようにテレビのリモコンのスイッチを押そうとすると、急に胸糞が悪くなって躊躇します。
なのでテレビ視聴はつとめてバラエティー番組を中心にしています。

大手メディアはどうしても民主党政権を終らせるか、官僚の言いなり政権にしたくて仕様がないようです。
小沢幹事長のときは「政治とカネ」で検察のリーク情報を垂れ流して世論誘導し、「八ツ場ダム中止」のときには反対派住民総出演による政権批判。
普天間問題が始まると「米国激怒」報道で鳩山総理叩き等々、うんざりです。

こうして、官僚・検察とマスコミが一体となってずっと前から、官僚に害のある政治勢力を抹殺してきたんだろう。

ただ私の周りの今まで旧政権を支持していた叔父さんや従兄弟は、少し気がついてきたようで、最近のマスコミはヒドイと言っています。

マスコミは自民党の漢字読めない総理や大臣のヘベレケ会見はネタにできるけど、官僚の作った政策は全く批判できない。
全国各地に98の空港ができても批判もできず、同じような港湾整備をしても何にも言えず、箱物事業は止めることになっていたはずなのに最近も各地に合同庁舎や財団法人の豪華な建物が完成してしまいました。

最悪なのは小泉時代に法案をドンドン通過させ、団塊世代の大量の役人の天下り先を完成させてしまったように思います。
裁判員制度も全国各地で行われているところをみると、単なる天下り先の一形態としか思えません。

私は最近思うのですが、日本は階級社会が出来上がってしまったと、
「官僚・役人貴族社会」と「平民」と「ドレイ」。

投票率が60%、
その有効投票のほとんどが2候補、
つまり、沖縄県民の過半数は、県内移転反対。

違いは、仲井間氏は穏健派?
伊波氏は、過激派?

問題は、6月以後、
沖縄の問題を馬鹿マスゴミが、ほとんど忘れたがごとく、ほうり出しているという事。
それこそ、お得意の世論調査でもやって、騒いだっていい筈のものなのに。
なんたって、首相を後退させたほどの話題だったのだから。
世論調査の結果、米軍基地は出ていかなければならないのではないでしょうか・・・と、「報道」すればよかった。

首相交代後に、ほとんど沖縄に触れるマスゴミがないという事は、沖縄は単に政局の「ネタ」として有効利用されただけ、という事になる。
何が「報道機関」だ。

問題は、政府と国会とマスゴミにあるという事だ。

普天間移設を、普天間移設問題にしてしまったのは、ご存じの通り民主党である。
グアム協定には、数々の負担軽減策が盛り込まれ、ロードマップも提示されていた。
2014年以降、嘉手納以南の米軍施設の返還、訓練の分散化など、全ての軽減策が実施不可能となった。
負担の押し付けではなく、軽減のための辺野古移設であったことは明白ではないか。
このことを、マスコミは全く伝えないし、ここの執筆陣も全く書かない。
一体、どれ程の国民がこの事実を認識しているだろうか?

もう一度書こう。
普天間移設を問題化したのは民主党である。

投稿者: 匿名 | 2010年12月 1日 07:30 さま

沖縄県民が苦難の道を選ぶならそれもまた自由ではないでしょうか?
20年後くらいには沖縄の非軍事化も達成できるかもしれません。

あれ‥?

昼間見た投稿が削除されてますよね‥コメントに対するやり取りなどでしたが‥(特に違和感を感じませんでしたが)

これではいつの時点のものが信用に値するのか?って気にもなりますし、他のエントリーのコメントが片寄ってたり行儀よすぎたりと感じた時には、削除・選別ゆえの結果だろう‥などという色眼鏡を持たざるを得なくなってしまう。ある意味「世論調査結果」同様の信じるに値しないものとなりませぬように‥。

この選挙結果を県外移転推進と捉えると鳩ポッポ政権のように袋小路に入ってしまう。
落ちたりとは言え米軍の抑止力に代わる自衛力を持たないわが国の状況と、沖縄の地政学的重要性を考える時、尖閣事件を持ち出すまでもなく、県外移転まして国外移転などはあり得ない。高野氏が自衛隊増強論者で無いならば何を持って抑止力の代替と考えているのかお聞かせ願いたい。まさか憲法九条なんてことは仰らないと思うが。

しかし、これを県内移転反対と捉えれば道はある。即ち市街地の移転である。
辺野古沖は環境保全上からも海域埋め立ては大いに問題がある。米の環境基準なら埋め立てなどという選択肢はない。日本は植民地だから構わないと考えているのだろうが、湿地(湖沼や河川だけでなく浅海域も含まれる)の保全はラムサール条約を持ち出すまでもなく地球的規模の関心事であり、回避に最善を尽くさなければならない。

余談だが、この環境問題を米紙に広告し米国民の良識に訴えると言う戦略・戦術を外務省が行わないのが不思議である。

次善の策として、普天間は現状として、環境対策として学校や住宅は基地周辺から移転させるのである。当該地区の東側には何コースかのゴルフ場がある。ここをニュータウンとして開発して、普天間周辺の市街地を移転させる。普天間の住宅跡地はゴルフ場として換地すればよい。
おそらく辺野古を埋め立てて基地を建設するよりは安く出来ると考えられるし、基地建設のような後ろ向きの事業ではなく、県民の生活改善と言う前向きの事業となる。
本来は基地を横断する道路を地下道路として建設したいが、基地の保安上ウンというわけが無いので、迂回するための高速道路(無料)を建設する。
県内の建設業者もこれなら反対は無いだろう。
ま、レームダックの菅政権では無理だろうが。

最近の検閲は、少しひどいんじゃないかな?

私は、ジャーナルの有料化(カンパ)に、最初の日に応じました。

多分、解約したのも最初のほうじゃないかなと思います。
11月末に解約しました。

あまりに、検閲がうるさいからです。
半分くらい、消されてしまう。今回など、一度載ったものまで消されている。
これじゃ、1円でも払う気がしない。

単純に他者をののしる行為は良くないかもしれない。
しかし、ブロガーに対するモノは、よほど見当違いの非難はのぞいて、すべて載せるべきだろう。

また、書き込みに対する非難も、一定に許容度を持つべきではないだろうか。
第一、「匿名」に対し、馬鹿と云おうが阿呆と云おうが、そんなものまで他人への誹謗中傷の範囲に入れる必要はないと思う。
HNであれ、しっかりと名乗るものにまで、あまり過激な非難をしようとは思わない。(時々、無意識にやってしまう事も有るが)

あまり、一生懸命に消去するなよ。

少しはウィキリークスを見習ったらどうか。
アッサンジュは、とても日本のマスメディアじゃ言えないような「良い事」を言ってるよ。

編集部様

消去の理由は、ある程度推定し理解はしておりましたが、何人かの方から、クレームが出ていますので、投稿します。
一端掲載許可した複数の投稿を一度に消去するのであれば、何故消去したのか、その理由を、明確に掲載すべきであって、一方的に消去するのは、フェアーなやり方ではありません。健全な運営体制を確保していただきたい。

いつもTHE JOURNALをご愛読いただきありがとうございます。編集部の西岡です。

コメントの削除についてご意見が来ておりますので、ご説明させていただきます。

まず、昨日から本日にかけて、システム管理の際にいくつかのコメントが誤って削除された可能性があります。誠に申し訳ございません。本当に書き込みが消えてしまったかどうかは、一度削除された書き込みを元に戻すことができない仕組みとなっているので確認ができないのですが、誠に申し訳ございませんが、書き込みが消えたと思われる方は、同様の内容を再度投稿していただけましたら幸いです。

そのほか、投稿が反映されないというご意見についてですが、コメントの承認・不承認については下記URLの基準に沿って行っております。
http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

コメントについてはよほどのものでない限りは削除しない方針にしており、スパムや匿名のコメントを除いて、全体でみれば削除の割合は10%以下です。これまでアクセス禁止などの措置をとったことは一度もありませんので、相対的に見れば、他のニュースサイトと比べてそれほど投稿制限が厳しいものではないと思います。

なお、異論・反論についてはもちろん受け付けておりますが、あまりにも本人の思いこみが激しい反論や事実関係が不確かな書き込みは、申し訳けございませんが削除させていただいております。

異論・反論があるときほど基本となる事実関係をちゃんと確認し、丁寧な言葉遣いで意見することは社会人としての最低限のマナーだと思いますので、そのラインに沿って判断しています。THE JOURNALは社会や記事投稿者に怒りをぶつける場ではなく、生産的な意見を交わす場を目指しており、その意味でコメント欄を承認制にしております。

また、本人は軽い気持ちで書いたコメントも、記事投稿者の心を傷つける場合もあります。なかには「ジャーナリストや政治家だったら反論から逃げるな」という失礼極まりないことを語る方もいますが、THE JOURNALではそういった方針では運営しておりません。政治家やジャーナリストをはじめ、多くの識者や未知の読者に抵抗感なくTHE JOURNALに参加してもらうために、基本的なマナーを守っていただける方のみの投稿を承認しています。

長文を失礼いたしました。わがままなお願いで申し訳けございませんが、今後もTHE JOURNALの発展のために、何卒ご理解ご了承のほどお願いいたします。

>オキナワの痛みを理解する賢明なる
Journal読者を前にして愚痴をこぼしても失礼と思いながら・・・

日米同盟にホコロビひびが入ったといわれている。
何も外交せず米国を尻追うばかりで、何をしてそういうのかよく分からない。カビの生えた安保は理解できますが。
地政学的に沖縄が重要という。二次大戦で本土決戦前の捨石、捨てられた島だったのに、いつの間にか県外からビンボウ沖縄県を基地の部分だけ高く評価しても県民は困るでしょうに・・

沖縄の海・空に、亜熱帯の山まで米国基地を無料で使い放題させていながら、脳天気に抑止力をのたまう。
沖縄住民の異常負担を認めながら東アジアの安全保障を力説する。
なかなか都合のよい話です。
仮想敵国をソビエトから凶刃北朝鮮と中国にシフトしながら、隣国中国との経済の戦略的?互恵関係は年毎増えるばかり。

普天間の一件で日米同盟条項に変化があったのか、国内のアメリカ後追いの・外務省インチキ発信では、アメリカが怒っているらしいが詳細のところは知らない。事実ならば米国政府報道官辺りで、公式に出された真実をメディアは報道して欲しいものです。米国サイドの顔色を盗み見るばかりで、自国県民の普天間廃棄の民意はどこ吹く風で、金で懐柔しようとする民主・自民政策がまかり通るからどの国の政府か分かりません。


海兵隊のグアムへの引越しは米国の世界戦略の一環で軍の再編成の政策だと聞いていた。現地グアム受け入れ側の体制が整わず期ズレ?変更があると外電は伝えているが? 総て米国サイドの話である。
沖縄にはオキナワの日本には広く国民の都合があるというのに、いつまでも異国との意図的?随意契約に?合わせてどうするのでしょうか。


北朝鮮の砲撃による戦時下なみの緊張感は突然に暴発した。米国の紛争誘発の水先案内の裏工作の匂いが充満するが、韓国の住民にとって苦痛の危ない戦争・青天の霹靂です。争いが好きな訳でもないでしょうがテグスネ引いていた米国は密着な米韓の軍事同盟関係で対北朝鮮に共同訓練で対決した。


暫くぶりに移転問題で小康状態にあった普天間、嘉手納基地が大挙米国から空飛・暴力集団が参集して、世界有数の米国占領基地の威力を如何なく発揮した。米国にとって普天間の引越しなんて屁の河童で、現実離発着ができれば普天間だろうが辺野古だろうがお構い無しです。まだ極東一の嘉手納基地がでっかく極東アジアを睨み、デンと構えているのを国家・国民は認識し安心して?欲しいものです。


日本が外される、外れているような迷走のアタフタぶりを呈する安全保障・外交のお粗末さは、安保以前に、地政学以前に、抑止力以前のお話で自衛隊は軍隊だったか、存在さえ忘れてしまいそうです。

>東シナ海通信・・・弔電・長い拙文にてご容赦ください。

(私は長い沖縄駐留の米国軍隊にいつの間にか不健全な免疫が出来てしまいました。本来ならば米国のハワイ並みにハワイ州民と太平洋艦隊の同居のように、地元住民がオキナワの青い海とどこまでも高い青空の中で、共存共栄関係に化けていくものと期待していたが、現実は冷戦終了の時代に関係なくメリケン軍の存在で沖縄が毒されるばかりです。事実を直視しない自分が否で自己嫌悪になるばかりです。)

東シナ海 様

ご投稿内容を全面的に支持します。この件で持論を述べていくとかなり長い投稿になりますので止めます。ただ基本的なことだけ投稿します。

わが国は、独立国であり、アメリカとの安全保障条約があるといっても、国民、県民の意思に反することは、憲法上できないはずである。

今の政府は、国民第一であるが、まるでアメリカの属国を容認する自己矛盾に陥った政権といっても良い。

この時代にあって、国民世論からあまりにも遊離し、いまだ自立の精神を持ちえない政府は、情けないとしか言いようがない。

菅政権は、日本人としての誇りだけは失ってほしくない。市民運動家としての戦う精神はどこに行ってしまったのか。今こそ故市川房江さんに恩返ししてほしい。良いところまで失ってほしくはないものだ。

高野様

普天間移設については、沖縄県民以外の国民の多くも強い関心を持って見守っていると思われます。
沖縄に住んでもいない者が発言するのは無責任ではありますが、安全保障に関わる決断を一地方の住民に任せて良いかどうか、の疑問を感じているのは事実です。尖閣問題でも沖縄地検に判断を委ねたことと同様の問題意識です。

日米安保については様々な意見があっても良いと思いますが、高野さんは、日本が安全保障に関して自立出来るとお思いですか?
海兵隊の沖縄駐留の是非は分かりませんが、普天間移設を軽々しくあつかうことは、鳩山さんが淵野辺に回帰せざるを得なかった状況の繰り返しになり、日米安保が再度揺らぐことを危惧します。
日本は、経済的には中国を含めたアジアを中心に生きるのは間違い無いところです。しかし、当分の間、安全保障に関しては米国を頼るしかないのではないでしょうか?

むしろ、毎年、膨大な財政赤字を抱えながらも、中国の軍事拡大、北朝鮮、イラン、アフガンと
相変わらず世界の警察の役割を担い続けている米国に対して、日本として何が出来るかを考えることも必要なのではないか。

民主党は、外交・安全保障に対しての統一見解が無いと言われてきました。
鳩山さんは「駐留無き日米安保」。小沢さんは「国連軍創設を前提とした安保」でした。それらは現実的ですか?沖縄に関しては「沖縄ビジョン」もあります。これらが党としての「共通認識」なのかの疑問を感じています。

冷戦時代、当時の佐藤総理が非核3原則を唱えながら核の持ち込みを許す「密約」が明らかになりました。私は、この密約を墓にまで持ち込む気概に驚きました。
つまり、菅総理は、日本人の生命と安全を守る政治家としての信念と覚悟を問われていると思います。

<東シナ海通信様>
誠に正しい見立てであり、私も同様に考えるものです。しかし、それよりも関心したのは、貴方の勇気です。
かの国の砲撃についてもわが国の同盟(ホントかよ)国が水面下で誘発したものと思います。
なぜ、その様な論調がネット上においても大勢にならないのか?それは、一民間人にとっても大変あぶない状況だからです。
デモ隊に紛れ込んでいたとされる某宗教団体だけでなく、小沢支持グループの各所でくり拡げられている分断工作・・・。
私などはとうに監視対象であり、絶対に検察審査員には選ばれない人間とは判りつつも、自分の身を守る為に、できるだけ核心をついたコメントを控えている状況です。
我々、民間人などアリを潰すよりも簡単にやられるでしょう。
だらしのない国会議員たち、特に小沢氏に投票した200人の議員は一握りの人間を除き息を潜めています。
さすがに某勢力とて、国会議員200人を不審死や軽犯罪で一気に追い込む事はできないはずです。団結して戦うべきは国会議員でしょう。

<有料会員について>
事務局様、いつもお世話様です。
さて、真っ先に有料会員になろうとしたのですが、会員になれませんでした。私は日中は会社のPCから夜間・休日はauの携帯からアクセスしていますが、会社のPCでは経理上会員の申し込みは難しく、ならば携帯から申し込もうとしました。しかし、ニコニコ動画は携帯各社の内、auだけは未対応なのです。入口から弾かれました。
今後、カンパが経理上、難しいならサポーターでも何でもいいので、他の課金方法をご考慮頂ければ幸いです。手数料を負担してもいいので、郵便振込みは不可能ですか?
なお、私の住んでいるマンションは、何故かauしか電波が入りません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.