Calendar

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 尖閣漁船衝突ビデオ動画がYouTubeに流出!? 
メイン
検察を糾弾するデモに1200人が参加! »

外務省のロシア担当人事を一新せよ!

鈴木宗男氏(新党大地代表)

 メドベージェフ ロシア大統領が国後島を訪問し大きなニュースになり、更に輪をかけて日本は、河野駐モスクワ日本大使を一時帰国させた。

 日露関係がどう動いて行くのか、よくよくアンテナを高く張っていかなければならない。

 何時も言う事だが外交には相手がある。一方的に自国の主張が通る外交はよいとは言えない。

 それにしても菅首相・仙谷官房長官・前原外相はこれまでの日露関係の経緯、冷戦時代・共産主義ソ連との関係、自由と民主のロシアになってからの日本の対応、政策転換等をよく頭に入れて対露外交をやっているのだろうか。

 外務官僚からの間違った情報をもとに記者会見をしていたのでは話にならない。ロシア担当の外務官僚が裂帛の気合で菅首相・仙谷官房長官・前原外相にお使えしているだろうか。

 9月2日の対日戦勝記念日(第2次大戦終結の日)が制定されてから、ロシア側から北方四島に大統領が行くという話しは流されていた。

 この2ヶ月どんな報告・情報がモスクワの日本大使館から、外務省小寺欧州局長から官邸に入っていたのか、菅首相はしっかり検証すべきである。

 インテリジェンス能力が問われ、遅れをとっていたのでは論外である。

 ユジノサハリンスクの総領事館も大統領が国後島を訪問する2日前にロシアの国章をつけた飛行機が来ている。館員を張りつけてでも情報収集にあたるべきでなかったか。

 河野大使の一時帰国と合せてユジノサハリンスクの総領事も呼んで経過を聞くべきである。

 10月26日の「ロシアの声」(元のモスクワ放送)からはシグナルが出されている。それにもかかわらず28日、河野大使は記者団に「噂としては聞いているが、具体的な事は聞いていない」と、暢気な事を言っていた。

 こうした認識のズレが、情報の無さが菅首相・前原外相にとって大きな読み違いとなったにではないか。

 大使は天皇陛下の認証官であり、日本国民の代表としてその身分は重い。

 その大使が、外務省のロシア担当局長である小寺欧州局長が正しくない情報を官邸と外務大臣にあげていたとするなら、国益を棄損することである。

 今回の出来事を教訓に菅首相・前原外相・仙谷官房長官は積極的に外務省のロシア担当関係者から事情聴取し、信賞必罰をすべきである。

 今必要なのは緊張感である。そして菅首相を守り抜くと言う気合が大事である。今後の日露関係を考える時、思いきった政治主導で、外務省ロシア担当者の人事を一新して新体制をとることが国益につながるものである。

 新しい対露関係の構築をしてほしいものである。

 ちなみに北方領土問題の基礎的・基本的な頭作りをする為に「ムネオの闘い」(K&Kプレス出版4月28日)の第一章を読んで頂けたら幸である。

 わかりやすく正確に書いてあるので、特に国会議員・マスコミ関係者にお勧めしたい。領土問題について参考にして頂ければ幸いである。

 アメリカの中間選挙でオバマ民主党は大敗した。

 雇用・経済政策で「ノー」を突きつけられたと言われている。その言葉はそっくり日本に当てはまるのではないかと思う。

 上院はかろうじて過半数を維持したが下院は惨敗でこれまた日本と同じく、ねじれ国会になる。

 ただ日本と違うのは、選挙に負ける事がはっきりした段階でオバマ大統領は下院で次期議長に目される共和党のベイナー下院院内総務らに電話をし、協力を呼びかけている。

 7月の参議院選挙で惨敗し、参議院でねじれになるとはっきりした時、菅首相は野党第一党の自民党に協力の声をかけただろうか。

 この点がアメリカと日本の民主主義の違いである。

 改めてアメリカの指導者のしたたかさを見た思いである。

────────────────────────
※この記事は11月4日付「ムネオ日記」より転載しました。(タイトルは本誌編集部がつけました)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7498

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

北方領土返還、さらに遠のいた印象です。中国問題も軋みが出ておりますが、これは外交に必要な人材不足です。ロシアには、過去の内閣特命指令で活躍した、鈴木宗男さん、佐藤優さんが有能でした。外務省は、実績あるお二人を排除してしまい、国益を損ねました。外務省はアメリカの出先機関という意識が強すぎます。他国とのチャンネルが弱くなる弊害です。今のところロシアに対して、鈴木さんに匹敵する政治家は見当たらない。口先だけではなく、相手の信頼をえるのは容易にゃないと思います。

自民党も民主も、国の為の人材保護をしない。だから今の民主党には外交は出来ない。アメリカの言いなり、思う壺に嵌っている。アメリカの思いやり予算も削れない。いい顔するから増額を要求される。ロシアには鈴木宗男氏、中国には小沢一郎氏、この実力者を葬り去る事に協力する民主党に国民は騙された。与党になる事だけが目標であった。だからやらんとする事は、マニフェスト潰し、自民党の思う壺。しっかりしなければ政権も短くなるだろう。如何に無能な政党かが白日の物となって来た。

<小泉より酷い>
小泉は、アメリカの意のままに動く事で、経世会支配を脱し、長期政権を築いたが、仙谷政権は、より先鋭化している点でさらに恐ろしい政権になっている。
すでにアメリカ及び前原&仙谷は菅下ろしに動いている。対露、対中のパイプを完全に切断し、菅政権を弱体化するとともに、アメリカにすがらなければ生きられないと考える世論の醸成に余念がない。
外務省及び前原大臣は、その様なアメリカの意思の元に動いている。
本来、恥を知っている政治家なら、外務大臣として元国交大臣として、尖閣のビデオの流出やロシア大統領の北方領土視察を察知できないなど、万死に値するのだろうが、彼に限っては菅下ろしの道具に使う恥知らずである。
そもそも前原氏は恥の概念も憐憫の情も持ち合わせていない特異体質である事を思い出して欲しい。
偽メール事件で民主党を解党の危機に陥れたのに国会議場内で小泉総理から肩をポンッと叩かれ、見下されている事も判らずに顔を赤らめて喜んでいた人物。永田さんが自殺した報が駆け巡った当日に着物議連の一員として紋付袴で、楽しそうに記念撮影していた男だ。
心ある国民は、決して嫌中、嫌露の世論に与してはならない。
日本は中国もロシアも敵に回して沈みゆくアメリカ一辺倒で生きてゆける国ではない。いつアメリカは国債をデフォルトするか判らない。
甚大な被害を受けるのは日本と中国。両国の国力を削ぎ、アメリカは生き残る。良くも悪くも日本は東アジア経済圏を構築するしか生きる術はないのだから…。

H、MIYAUCHI 様に同感です、評価する愛国政治家鈴木宗雄さんの意見であるが

>そして菅首相を守り抜くと言う気合が大事である。

 これには絶対に同意できない、この政権が小泉以上の隷米主義者前原を押したて、反中国・反ロシア外交を推し進めようとしているのは明らかであり、確信犯である。

 こんな第二小泉政権・隷米売国政権は一日も早く潰れたほうが日本のためである。

 そして私は小沢救国政権を期待する。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.