Calendar

2010年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

« 平田伊都子:フランスのロマ サルコジ仏大統領にEUの審判が下る
メイン
松山千春×鈴木宗男×佐藤優:激白! 政治家ってナンダ!? »

【記者会見を全文公開】鈴木宗男氏が食道ガンを公表 「神様がまた一つ試練を与えてくれたかな」

 受託収賄などで実刑判決を受けた鈴木宗男元衆議院議員(60)は20日、衆議院第二議員会館内で開かれたシンポジウムで、自身が食道ガンであることを公表した。25日に検査のために入院し、早ければ26日に手術を行う。収監の時期については、高等検察庁とも相談のうえ、手術が終了し、術後の検査で完治されたことが確認できてからになる見通し。

 以下は、鈴木氏自身がシンポジウムとその後の記者会見で語った内容の全文。

(編集部注:一部に言い間違いなどについて前後の文脈を入れ替えた部分があります)

────────────────────────────

suzukimuneo101020_1.JPG

鈴木宗男氏(新党大地代表、元衆議院議員)

【シンポジウム内での発言】

収監の時期をよく聞かれますけれども、今日、はじめて言いますけれども、実は9月29日と30日に、私は7年前に胃癌をやったものですから、定期的検査もあって検査をしたところ、今度は食道ガンと言われました。

胃の下の方の食道がんで、胃カメラを飲んで細胞をとってみた結果、食道ガンと言われ、「来週から入院して手術をするように」と医者から言われております。

このことを今日、弘中弁護士や高等検察庁にも話し、検察庁も了解して食道ガンの手術が終わり、さらにその後のある程度の期間の検査が必要とのことですので、その検査を受け、万全の体で収監されたいと思っております。

【シンポジウム終了後の会見】

9月8日に上告棄却、さらに9月15日の異議申し立ても却下されましたので、私は1日も早く収監されるべきだという思いもあって、10月18日と19日に検査する予定だった胃がん手術後の定期検査を、9月29日と30日に前倒しをして病院に入りました。

その際、胃カメラも飲み、細胞も取って検査してもらった結果、10月6日に食道ガンがあることを言われました。

その結果、「胃ガンの手術をしたお医者さんが一番いい」という病院の勧めもあって、胃ガンをしたときのお医者さんとも相談したら受け入れてくれることになり、病院の部屋の空き具合や手術の日程等、すでに日程なども入っている人もいるものですから、25日の週からでないとダメだと言われまして、私は25日に入院をします。

そこで再度胃カメラを飲みながら、お医者さんが最終判断をすることになっています。内視鏡でできる段階なのか、さらにはお腹を開かなければならないのか、それを25日に判断し、翌日には手術をしたいというのがお医者さんの判断でありました。

そういった意味で、ここはお医者さんの診断を厳粛に受け止めながら、とにかく体あっての話でありますから、しっかり治していきたいと思っています。

平成15年8月29日に437日の勾留から保釈されまして、このとき2年ぶりにドッグに入ったら胃ガンと言われました。このときは「転移の可能性が高い」と言われまして、私自身「人生終わりかな」と思いました。あのとき、55歳でしたから、人の倍生きたと思って110歳と自分に言い聞かせながら、これも巡り合わせだなという思いを持っておりました。

今回また最高裁の上告棄却が決定して、また、ガンという判断を受けまして、これを一つの鈴木宗男にとっての宿命かと思いながら、もともと「宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃え」てきた私ですから、「神様がまた一つ試練を与えてくれたかな」と思って、私なりに気持ちだけはしっかり持って、病気とも闘っていかなければならないと思っています。

【質疑応答】

Q:テレビ朝日のヒラオと申します。さきほど、講演の対談の中で弘中弁護士が検察等と手術が必要だと相談されたとおっしゃっていましたが、検察と相談されて収監される時期については手術・検査後でいいということは言われているのでしょうか?

収監の時期については弘中先生が以前から高検と協議をしております。弘中先生には先週のうちにこのことを話しました。しかし、新しい事態ができたものですから、先週、弘中先生が高検と連絡をとって、今日がアポイントになったと思いますけれども、お医者さんの診断書等も持って行って、説明をし、検察もこれは人道的な面もありますから、了承というか、理解をいただいたということであります。弘中先生からは「手術後に定期的な検査が必要ですから、検査の結果を見て判断をしましょう」ということで、検察と打ち合わせをしてきたという報告を受けています。

Q:弘中弁護士とお話をされて、収監のめどはいつごろになりそうですねという話とか、お医者さんとの話の中で、手術・検査後に治るのはいつごろになりそうだという話が出ているのでしょうか

あくまでもこれはお医者さんの判断、つまり手術をしてその後の経緯、そして最低でも2〜3週間の術後の検査が必要だと言っていますから、それ以後のことになると思っています。

私は「早く行って早く出てきたい」と思っておりましたから、そのために(定期検査を)3週間もお医者さんもお忙しい中を日程を前倒ししてやったのですが、たまたま前倒しの結果、早くに私のガンがわかって、これだけでもよかったかなという思いはしています。

Q:TBSのシミズと申しますけれでも、先生自身はご体調でどこか悪いところですとか、何か感じられたところはありますか?

前回の胃がんの時もそうでしたけれども、何か自分自身感じるというものはありませんでした。ただ、お医者さんに言わせると「感じるのは相当悪くなってからですよ」ということですので、特別、日常生活にどうのという極端な変化はなかったですね。

Q:手術をすれば完治されるという見込みでいいのでしょうか?

これはもう信じるしかないです。転移がどうのと心配したらキリがありません。しかしいま、とにかく処置としてはすぐに手術が必要だということですから、この手術を受けるのが一番だと思っています。

Q:北海道新聞のハセガワです。まず、食道がんの病状として具体的にステージがいくつとかを先生から言われているのかということと、先生の今後の政治活動、収監された後、政治活動の変更についてご意思をうかがえればと思います。

食道ガンですから、ステージがいくつということはないようです。

25日にもう1回内視鏡をいれて、またさらに細胞をとって検査をして、どういう手術がいいのかを最終的な判断をするそうであります。ここは私は専門家ではないので、お医者さんにまかせたいと思います。

2年の実刑でさっき言った220日の未決勾留をひかれて、510日、1年5ヶ月の刑期です。その後の政治活動は、私は先に民事訴訟も一つおこしてますし、私は私なりに弘中先生はじめ、足利事件の菅谷さんを担当された佐藤博史さんが「もう一回鈴木さんの事件はきちっと検証していきたい」と言っておりますから、この2人をもっとも信頼してるし、世間的にも刑事事件では日本一の弁護士だと言われているおふたりですから、この2人にまかせながら、私や事務所の関係者もこの作業に協力していきたい、こう思っています。

私は私なりに、バッジはなくても終身政治家だという思いの中で、私なりの経験だとか、私なりのやりのこした仕事があります。

アイヌ民族の権利の確立だとか、北方領土問題がありますから、若い先生方に少しでも国益の観点から尽力いただけるようなお手伝いができればいいなと考えております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7453

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 【記者会見を全文公開】鈴木宗男氏が食道ガンを公表 「神様がまた一つ試練を与えてくれたかな」:

» 鈴木宗男氏 食道がんで手術へ 送信元 時々時事爺
弱り目に祟り目ってやつか [ニヤリ/]それとも収監先延ばしにする作戦か [疑/]いや、医者が診て食道がんって判断して手術するって言うんだから本当なんだろう... [詳しくはこちら]

コメント (19)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なんと壮絶な・・。こんなことがあっていいのか、悔しい、筆舌に尽くしがたい思いです。
ご家族のご心境とお気持ちも察するに余りあるものがあります。
病状が深刻でなく、手術が成功し、術後経過良好にご回復し、そして無事ご生還をただただお祈りするばかりです。

この報に接し、尚且つ限りなく冤罪であることを承知していながら、最高裁はそれでもあくまでも収監をするというのか、刑期をまっとうせよというのか。最高裁と検察は何の後ろめたさも、謝罪の気持ちも、恥ずかしさも、そして人間としての心の痛みすらもないというのだろうか。

再度、鈴木さんの無事ご平癒・ご生還を心よりお祈り致しております。

日本はおかしい。この奇妙さを広く知らしめるべく集会などを開く必要がある。インターネット人口だけでは心もとない。信じられないような権力の横暴に対し闘わねばならない。情報を共有し、共に同胞である認識のもとに、独立国日本にすべきである。すでに仙ごく氏も公言したように日本の属国は伝統なのだ。では済まない。日本人よ立ち上がれ。そして冤罪を受けた人々を救おうではないか。これは我々の問題でもあるのだから。

余りにむごい事実に声も出ません。

明らかに、437日の勾留は鈴木宗男さんの心と身体への、拷問だったのですね。
緩慢な人殺し。満州進出の時に、甘糟大尉なる人物が行った数々の残酷。それに匹敵する残酷さを持って、官僚に抗うものを排除して行く。現在進行しつつある事象はそう云うことなのです。

鈴木宗男さんのこと、長い間誤解しておりましたが、THE JOURNALのお蔭で真実を知ることが出来ました。
強い意志を持って、優しい心も持って、足元の庶民の持つ大きな包容力と世界を見る素直な目を持って、政治に警鐘を鳴らし、何処へでも出かけて、困っている人の声を聴いた。

そう云う政治家を捨てて良い訳がありません。保守官僚オンリー政治が日本を再生出来っこありません。

鈴木宗男様、ご家族様、ご友人の皆様、全国の心ある国民のご平癒への願いが届きますように。信頼あるお医者様によって、きっとお元気になられて、私たちの元にお帰りになられると信じております。

<余りにむごい・・・>はtanuです。失礼しました。

哀しい...それだけわ。

神様からの試練にしては
きつすぎです、、、

陰ながら応援する事しかできない、、、(--;)

拝啓、鈴木宗男先生
 昨日、帰宅して夕刊を読むと「鈴木宗男氏食道ガン発覚」とあるじゃないですか。新聞手にしながら、うそだろう、と胸で繰り返しました。なんで、こんなにも苦難、いわれなき犯罪を背負い、試練の連続なのか。健康あってこそ、悪に立ち向かえるのに・・・。試練を乗り越えるにしても、宗男さんは並みの精神力ではなく「悪と闘った」その苦闘は、しらずしらず免疫力を弱めていたのかもしれない。
 宗男さんには、強力な応援団がいます。佐藤優さん、松山千春さん、弘中惇一郎弁護士、地元の有権者、そして数多の国民の声なき期待です。
 まだ鈴木さんを誤解する人がいるのも事実です。そんな人には「国家の罠」「汚名」の本をおすすめしてます。
 批判する人が、思いつきや印象で宗男氏を語るのは安易だ。日々マスコミの垂れ流す情報が、いかに国民に認識をゆがめて「白痴化」人間を育てているか。物事の構造を一面で理解するのではなく、新聞テレビに常に懐疑の眼を向けて情報の裏を捉えてほしい。
 今は、宗男さんの応援団に託して、宗男さんは治療に専念していただきたい。腐敗する権力と宗男さんは真摯に闘った。そのうえ病と闘うのは酷なことですが、免疫を高め、気を楽にし、信頼する医師に託し、快復につとめていただきたい。
政治家、鈴木宗男氏に今後も期待します。

天木さんも言っていました。日本の司法、特に最高裁は最低だと。日本の司法の堕落は最高裁という司法官僚だとの事。良く判る。控訴を繰り返す事を反省が無いと判断する。大きな間違いだ。無実を主張するから控訴し、訴えるのに、裁判官も指定無罪は無い。何故ならば検察が調べた絶対性を信じているからだ。いまこの検察の大罪を目の前にしても、再捜査、再審もしようとしない司法は検察との癒着、同じ穴の狢なのだろう。これを変えようとする鈴木宗男さんは、小沢氏と同じ官僚の邪魔者にされているのでしょう。この日本の不幸は現政権でも変えられないでしょう。

鈴木宗男さんの命がけの戦いに敬意を表します。引き続き試練を乗り越えられてますます人間味に磨きをかけられることを楽しみにしております。宗男さんを信じ、応援する人は増え続けております。おかげさまで司法官僚やマスコミのでたらめさも次々に露呈しています。私達もこの国をなんとかする為に働きます。今後とも宜しくお願いします。

鈴木さんの切歯扼腕の思い、本当に遣る瀬ません。捲土重来を期して、ご療養とご回復、ご活躍を祈念致します。

鈴木さんの真実を語る力強い下記アーカイブは必見で、永久保存版にしたいと思います。
http://iwakamiyasumi.com/archives/4038
◎part2(58分)

鈴木氏を通して見えて来る政治家に纏わる「政治とカネ」等の事件や問題は日本風土が創り上げた遺伝子なのか?と最近思えて来た。
被告とされる方達が真実を語っても国民には聞こえてこない、「故松岡氏や故中川一郎氏」の死の真実は蓋をされ闇に葬らる。
公正公平真実が報道されるべきメディアに個人知や胆力がまったく無く、ぶら下がりの一方的報道をする。受けての多くの国民は風土が培ってきた偏見と思い込みで「冤罪」の片棒を担がされる。
小沢事件もそうだろう、田中角栄のロッキード事件も検察とアメリカ(ロッキー社)との裏取引があった様だし、松本サリン事件での
河野氏犯人説もまさにメディアによる犯罪であったと私は思っています。最近社会によるいじめが蔓延している日本を見ていて悲しくなります。血税やおこぼれを頂いて生活されている階層の方達が少しでも早く誰の為の職務なのかと気付いて頂き心改め?てほしいものです。国民もメディアリテラシーを身に附けたいものです。

<ムネオ先生>
総評会館におけるシンポジウムに出席したものです。「まぐろ漁船」にでも乗ってくるつもりで修行してくる。だけど皆さん、私の様なものはまだ何とかなるからいい、世の中には冤罪で職も家族もなくし、絶望している人がたくさんいるんですよ、皆さん!
と、どこまでも他者を思いやるムネオ先生の言葉に感涙しました。
どうして、そんなムネオさんに癌などの試練を与えるのでしょうか?
神様、あんたも従米なのか?日本の仏教の神、八百万の神もしっかりせんか!と喝を入れたくもなります。
ムネオ先生のお体が心配です。どうか、ご無事に生還されることを願ってやみません。
つくづく、小沢一派には腹が立ちます。可視化法案や郵政法案すら歯牙にかけない、従米ファシスト政権に民主党を変貌させてしまったからです。
「小沢一郎は自分が悪者になること、一歩引くことで局面の打開ができる日本で唯一の政治家」なんて、褒めていた側近!あなたこそが、日本を民主主義から遠ざけた自覚がないのか?国民は小沢一郎が掲げた「生活第一」にちゃんと一票を投じて、政権交代までさせたじゃないか!それが民主主義ってもんだろ!
それを、こんな政権にしやがって!それを無責任にあいつが悪い、こいつが悪いというしか能がない。政治は結果責任じゃないのか。
小沢さんも悪いよ。いつまでいじいじ引っ込んでるつもりか!代表選挙だって、追い詰められての出馬じゃないか。執行部をあれだけ抑えられて、しかも菅政権誕生には挙党一致だからと、喜納氏や真紀子氏の票まで回して、結果がもうすぐご自分が塀の中に落ちる。
何年政治家やってきたんだ。
期待して一票を投じた国民のことを少しは考えろ。

<鈴木先生>お加減はいかがですか?神は試練を、乗り越える力のあるもののみに、与えると聞いたことがありますが、私から思うに随分不公平だなと思います。ただ、先生の後ろには道内だけでなく多くの有権者がおります。まずはしっかり治療に専念頂きかならずや、政界に復帰して下さい。今はそれしか申し上げようがありませんが、お体をいたわり先生のライフワークを成就されることを心からお祈りしております。

この世に神様なんて居ないんだね。
一度は貴方のことを悪い奴だと思ったことをお許しください。今の小沢さんみたいにマスコミに洗脳されていた私です。でも、今は違います。どうか病に打ち勝ち、北海道に大地ありという信念を持って必ずお天道さんのもとに帰って来て下さい。待っていますよ!

宗男先生

私は、鈴木さんの心根を引き継ぎます。
私のようなものが、僭越ですが、総評会館で鈴木さんがお話されたこと、ずっと心に留めて生きてゆきます。

なんのお力にもなれなくて、本当に悔しいです。

鈴木さんのご家族様
どうぞ、鈴木さんをお願いします。大事な大事な政治家です。

宗男さんが、またガンと聞いて
びっくりしました。
本当に、どうしてという思いですがどうか手術が無事に済んで早く良くなることを願っています。

そして、一日も早く戻ってこられてまた政治家として活動してください。

新党大地がやっている
「可視化法案の即時成立を求める請願署名」
私も、一人でも多くの署名を集めるべく頑張ります。

捜査の可視化、それこそが二度と
宗男さんや多くの冤罪被害者を生まないための、最初の第一歩と
思います。

請願書署名用紙ダウンロード クリック→ www.muneo.gr.jp/image/可視化署名運動.pdf

皆様も、ご協力お願い致します。

審査会召集に重大な疑義
【検察審査会の構成】
Q9 検察審査員の任期はどれくらい?
A9 任期は6か月で,いつから始まり,いつ終わるかは,第1群から第4群までのうちどの群の検察審査員・補充員として選ばれたかによって異なります。
第1群;前年12月28日までに検察審査員・補充員が5人ずつ選ばれ,任期は2月1日から7月31日。
第2群;3月31日までに検察審査員・補充員が6人ずつ選ばれ,任期は5月1日から10月31日。
第3群;6月30日までに検察審査員・補充員が5人ずつ選ばれ,任期は8月1日から翌年1月31日。
第4群;9月30日までに検察審査員・補充員が6人ずつ選ばれ,任期は11月1日から翌年4月30日。
※検察審査員候補者は,各検察審査会ごとに第1群から第4群までの4つのグループに分けられる。
【審査会議】
Q50 会議の期日の通知は,会議の何日前ころにあるのですか?。
A50 最初の会議の通知は,1か月くらい前にあります。それ以降は開かれた会議の席上で検察審査員の方々の都合も考慮して決めています。
上記により、第1回議決は4月27日で1群と4群の審査員で構成。(召集期日は確認していないが、妥当と思われる)
第2回議決は10月4日であり、2群と3群の審査員で構成され、読売、毎日ノ報道により、吉田弁護士は実際の審議は8月の月始めとある。この審議委員の招集は、上記Q&Aに矛盾する。やはりこのような会議招集は役人仕事からして1月程度の準備は必要。筆者は出来レースと判断します。大至急、調査下さい。

 おはこんばんようはございます。(時間的にそのぉ~(笑 )

 鈴木宗男さんが手術を無事終え、大腸検査も異常無しとの報に接しました。

 本当に良かった!

 今後も健康には十分に留意して、末永くご活躍ください。大いに期待させていただいています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.