Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« [インタビュー]郷原信郎:鈴木宗男議員上告棄却の意図的なタイミング
メイン
【インタビュー】石川知裕:検察の焦り─鈴木宗男上告棄却と村木裁判の関係性 »

竹中ナミの郵便不正事件公判傍聴記《判決の日》:検察が控訴しないよう、これからも応援をお願いします

 2010年9月10日(金)台風一過、秋晴れの大阪地裁。傍聴券を求めて数百名の人が参集。空には取材ヘリが飛び交い、地裁中庭には中継車両が10台も! 取材陣の中から「小室哲哉の判決でも、こんなに集まらなかったかも。芸能人の裁判以外で、こんなに集まったのは初めてちゃうか!?」との声が聞こえる。

 抽選を待つ間に、TV取材を2つ受ける。マイクを向けて記者が聞く。

「支援者として、今どのようなお気持ちですか?」

「厚子さんが無罪であり、冤罪事件であることは明らかやけど、検察が控訴するという噂を聞いている。そのような暴挙が行われないことを祈るとともに、厚子さんが一日も早く職場復帰できることを願っています。」

 とコメントさせてもらった。

 籤運の悪い私は、プロップのチャレンジド仲間たち6名に「抽選要員」をお願いして同行してもらい、抽選に挑む。あぁぁ・・・やっぱり私はハズレ!!(>_<)でも仲間が下二桁「73(ナミ)」の番号を引当て、なんとそれが当たりクジ!!

 厚子さんのご家族(ご主人のお父さんも、北海道から出てこられてた)も、仲間の応援でクジに当たり、ホッとしながら201号法廷に入る。

 午後2時。開廷。

 横田信之裁判長の「被告人、前へ」との声で、グレーのシックなスーツに身を包み、いつものように髪を後ろに束ねた清楚な趣の厚子さんが、法廷の中央に立つ。

「主文、無罪!」

 横田裁判長の声が静かな法廷に響き渡る。おぉぉ・・・という声が、さざ波のように傍聴席に広がる。思わず私は、大きな拍手をしてしまった!!報道記者たちが、一報を送るため、どっと法廷から走りだす。

 その後なんと、4時間弱にわたり、横田裁判長が判決文を読み上げた。あまりに論理的で詳細な判決文に、素人の私は頭がウニ状態やったけど、検察が挙げた一つ一つの「証拠や調書」を論破しているんや、ということだけはしっかり伝わって来る。心のなかで「横田裁判長に、座布団10枚!!!」と叫ぶわたし。

 厚子さんは弁護団と並んで座り、静かにメモを取り続けている。検察側も、すでにこのような展開は想定していたようで、少し呆然とした表情ながらも、身じろぎせずに座っている。

 午後6時前、閉廷。

 大阪地裁司法記者クラブで、弁護団と厚子さんの記者会見が始まる。厚子さんの表情は、いつも以上に穏やかで、愁眉が開いて温かい。

「無罪、の判決を聞いた時は、どのようなお気持ちでしたか?」と質問が飛ぶ。

「心臓が、一つ大きな鼓動を打ちました。」と、厚子さんが答える。

 そして「無罪を信じてやってきました。支えてくれた友人・知人や家族に感謝しています」と笑顔で答える。

「検察に対して言いたいことは?」

「二度とこのようなことが起きないよう、そしてなぜこのようなことが起きたのか、検察はしっかり考え、正しい信頼できる組織に戻って欲しい。私は多くの貴重な時間が奪われたが、これ以上奪わないで欲しい」と、静かな、でも切実な声で厚子さんが訴える。

「マスコミに言いたいことは?」

「初期には、あまりに酷い報道がなされ、自宅や職場にも押しかけられた恐い思いをした。家族にも辛い目を合わせた。でもマスコミは大きな力を持っているので、これからは検察が正しい組織に戻るよう、報道の力を発揮して戴きたい。」と、きっぱり。

 記者会見が終わり、記者クラブを出る厚子さんに思わず駆け寄ってハグしながら「おめでとう!」と声をかける。

 「ありがとう」と答えながら、厚子さんはすぐに記者たちにもみくちゃにされ、会見場を後に。

 「厚子さん、今夜はゆっくりご家族、弁護団の皆さんと祝杯を上げてね!!」と心のなかでつぶやきながら私も地裁を後にしようとしたけど、「竹中さん、支援者としてのコメントを!」「ナミさん、お話聞かせて下さい」という何社かの記者たちに声をかけられ、「検察が絶対控訴しないよう、厚子さんをこれ以上苦しめないよう、メディアの応援をよろしくお願いします。世論の高まりに力を貸して下さい。」と答えて帰路に着く。

 自宅に戻って、母と弟を誘い3人で晩ご飯を食べながら、明日からまた始まる「控訴許すまじ」の闘いに向けて、でも今夜はやっぱり祝杯じゃ~!!」と、乾杯する。

 厚子さんのご主人からも「家族、弁護団で祝杯あげてます。」と、携帯メールが届く。

 友人、知人、ツイッター仲間からも、続々「おめでとう!」「まだ道半ばやけど、がんばろ~」のメールが。嬉しい!!

 アルコールに強い、高知の女、厚子さんが、心からの笑顔がとり戻せる日。一緒に「ホンマモンの祝杯」があげられる日まで、明日からまた頑張ろうと決意しながら、長かった一日が終わる。

 支援者の皆さん、ありがとう。
 弘中弁護団の皆さん、最後までよろしくお願いします。
 そして横田信之裁判長、あんたはエライ!!!

 慣習を破るというのが、どんなに大変なことか、私は骨身にしみて知っている。あなたの公平な感覚は、きっとこれからの裁判を変えて行く、起爆剤になることでしょう。

 検察が控訴すれば、二週間後に高裁での裁判となります。厚子さんの生活と貴重な時間を、これ以上奪ってはなりません。二度とこのような冤罪事件を起こさないためにも、世論のうねりが起きますように。

 台風一過、少し涼しい風の吹く神戸の片隅で、願いをこめるナミねぇでした。

<文責:ナミねぇ>


【関連記事リンク】
◆過去の公判傍聴記(村木厚子さんを支援する会)
http://www.airinkai.or.jp/muraki_sien/index.html

◆なみねえのtwitter(公判速報はコチラから)
http://twitter.com/nami_takenaka

◆「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」(プロップ・ステーション)
http://www.prop.or.jp/news/topics/2009/20090727_01.html

───────────────────────
【プロフィール】 竹中ナミ(たけなか・なみ)
1948年兵庫県神戸市生まれ。神戸市立本山中学校卒。重症心身障害の長女を授かったことから、独学で障害児医療・福祉・教育を学ぶ。1991年、草の根のグループとしてプロップ・ステーションを発足、98年厚生大臣認可の社会福祉法人格を取得、理事長に。著書に「プロップ・ステーションの挑戦」(筑摩書房)、「ラッキーウーマン〜マイナスこそプラスの種」(飛鳥新社)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7340

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 竹中ナミの郵便不正事件公判傍聴記《判決の日》:検察が控訴しないよう、これからも応援をお願いします:

» ムードと消去法で戦われる民主党代表選 送信元 普通のおっさんの溜め息
[首をひねる菅さん、小沢さんの政策] 小沢さんが代表選に立候補したときマスコミは挙ってこの際に政策論議を戦わせる絶好の機会だと報道しました。 確... [詳しくはこちら]

コメント (23)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

竹中様

村木さんの「無罪」判決、大変うれしかったです。竹中様がこのジャーナルに投稿していただいたお陰で、途中からですが真実がどういうものか、教えていただきました。

検察が控訴することがあるでしょうか。偏向報道の朝日でさえ、今朝の記事の中には検察批判を少しですが、含まれているように思いました。
村木さんは「これ以上、私の時間を奪わないでほしい」と多くの人の心に響くお話をされております。しかし、「無罪」判決に対する検察の見解がTVではテロップで流されるという状況です。
今のままでしたら、検察が控訴しない保証はありません。検察組織に対するメディアすべてによる検証および検察首脳の責任の取り方を究明し続けることが必要なのではないかと感じております。

竹中様
今夜10時からのNHK「追跡 特捜部のずさんな捜査」は竹中様がコメンテイターとして出演されるのではないかと期待しております。

竹中ナミ様

まずはお疲れさまです。第一段階はクリアされましたことを心よりお祝い申しあげます。
検察が控訴しない為に、我々がお役に立つことがありますでしょうか?
村木様が一日も早く名誉回復されてお仕事に復帰されることを祈っています。

村木氏の無罪判決は本当に良かったと思います。ただ、この事件捜査だけが偶々そうだったという議論にして、他の事件の検察の捜査についての波及を防ごうとしている動きも見られます。しかし、この一件を皮切りに過去現在の様々な事件の検証やマスコミ報道のあり方、死刑制度の廃止などより良い方向での波及効果が生まれることを期待したいと思います。

検察、特に特捜部の問題はおそらく語りつくされている。私は、むしろ問題は日本のマスメデイアのあり方にあると思う。とにかく、よってたかって、被疑者を攻撃する、あるいは取材と称して人権やプライバシーを侵害する、大手の新聞は取材も面倒なのか、検察や警察の発表をそのまま無批判に報道する。標的になった人で精神的に耐えられる人は、超人的な精神力が必要だろう。村木さんがそうだろうし、小沢さんもそうだ。
この狂想曲は主として全国紙によって作られている。なぜテレビではないかといえば、映像という媒体を介するだけに、テレビは新聞ほど主観的な捻じ曲げができないのである。日本に全国紙は必要だろうか?すでに、(それがあったとしても)役目を終えたのではないだろうか?
真に冤罪を生み出す源は、現代においては、全国紙の愚かな行為と論調ではないだろうか?

今日の裁判所判決を厳粛に受け止め、新たな証拠がない限り、(今までの証拠で控訴することなく)起訴を取り下げてほしい。
特に今回の捜査は、極めて幼稚であって、プロの捜査とはとてもいえない。
控訴することがあれば、捜査機関が、国民の支持を全く失う事態になるだろう。
「一度しかない人の一生は極めて重いものである。人の一生を権力でもて遊ぶことは許されない。」

村木さん、無罪判決本当によかった。横田裁判長立派でした。
検察は控訴を検討中だとか。私は村木さんには申し訳ないが、控訴したら良いと思う。ただし、法務大臣は検察官の人事を固定して欲しい。徹底して検察官を法廷の場で、何をしたのか正して欲しい。場合によっては検察官を法廷の場で裁く必要さえあると思う。村木さんは国会でも指弾に会いました。共産党、民主党、自民党全ての党の議員は知らんぷりは出来ないのではないか。また、もっとも酷いことをしたのがマスメデアと思う。昨年六月からの報道を振り返りなさい。「手のひら返し」は酷過ぎる。鈴木宗男氏の事件も冤罪の匂いがプンプンしている。司法が問われる時代に入ってきたことを痛切に感じてならない。

ろくすっぽ、うらも取らずずさんきわまりない捜査。最初から、西松事件に対抗したとしか考えられない。いつ総選挙が行われるかわからない状況での民主党に対するテロ。最初から口利きをしたとされる塩田部長が逮捕されず、課長の村木さんが逮捕されたのもおかしいと思った。多くの人が指摘されているように、女性だから簡単に罪を認めるだろうと考えていたのではないか。

しかし、村木さんは罪の大小に関わらずこんなことを認めてしまったのでは、今までの努力が泡になると、6ヶ月に及ぶ執拗な勾留に負けなかった。やはりご家族や関係者のバックアップがよかったと思う。

村木さんの無罪は当たり前で、どうしてこうなったのか、メディアにはその義務があると思うが、ほんの一過性のニュースで終わると思う。検察はそんなに馬鹿なのか。それとも西松事件同様、麻生政権による国策捜査なのかわからない。

今回の事件でも、未だに恫喝と嘘で犯人を作り上げる昔ながらのやり方が全くかわっていないことが証明された。さらには、怪しいと思えばいつまでも勾留できるのも人権上非常な問題である。こんなとんでもない状況を放置されているのは、この国のジャーナリズムが死に絶えているからだと思う。

それでも、竹中ナミさんのような正しい事実をレポートしてくださる方がいて本当に助かった。

村木さん、長い一年数カ月だったと思います。本当にお疲れ様です。検察が控訴しないで済む事件じゃないと思います。担当の検察のメンバーは懲戒処分に値する問題だと思います。村木さんの事件は麻生内閣が中心となり仕掛けた、大久保秘書逮捕で支持率をUPを狙ったが不発に終わってしまい、民主党のに絡んだ不祥事を狙っていたところに、凛の会の事件、石井一の名刺を利用、検察と飯島勲が仕組んだもので、係長が単独では影響は小さく白羽の矢が無理やり村木局長に持って言った事件だと思います。NHK to Zでリクルート事件の元担当高井検事が偉そうに解説していますがリクルート事件自体冤罪でノコノコ、テレビで偉そうに言える立場かと言いたい。他の事件も特捜部の事件は政治がらみで大半が冤罪と言っても良いと思える事件が多いと思います。今は昔から比べて検察の能力が落ちているとのことですが昔から能力はなく裁判所と一体となり無理やり有罪にさせられていました。村木さん始め他のの取り調べの検察官に対して名誉棄損、損害賠償を請求の裁判を起こして頂きたいと思います。次期政権では特捜部の解体、検察、警察の機密費の廃止、法務省が人事権を持つ事

検察は事件の真実を調べる組織ではない。裁判所は、真実を判断する組織ではない。だから、起訴されると99%以上の有罪率になる。捕まったら、既に有罪該当者。裁判所は量刑を決める場所に化している。これが民主主義の下の裁判制度なのか。今回は、公判で、証人達が、誘導された調書の虚偽を晒されたから逃げ道がなくなった。検察にはもう控訴する資格などないのだ。東大出の勉強しかしなかった人間が如何に欠陥者であるかを証明した裁判だ。是非小沢総理になって完璧な司法改革を望みます。

村木さんは「無罪」ではありません。「無実が正しく証明された」のであって、検察・メデイアの陰謀の被害者です。

どなたかが投稿されてたように、この陰謀の狙いは石井一議員の「政治とカネ」問題のデッチアゲにより、政権交代間近の劣勢を危惧する側が、劣勢を挽回するために仕組まれたものと思ってます。

村木さん逮捕が昨年6月・・・

そして、衆議院総選挙が、2ケ月後の8月。

石井議員は、当時、民主党副代表
で、選対委員長、しかも、小沢幹事長と遜色ない、お顔と声と話し振り

この方を、貶めることを意図して、一挙に「政治とカネ」として、メデイアと一緒にネガキャンを張り、劣勢を挽回しようと、誰かが画策したに違いないと思っています。

検察の「道義的責任」「控訴検討」など、チャンチャラ可笑しいというべきで、これは「検察の犯罪」です。

検察内部で、この陰謀を仕組んだ犯人を探し出し、起訴して、検察お得意の「起訴されたら、有罪」の、優秀(?)な捜査能力を、犯人に味合わせるべきです。

ところが、一般市民として「厚生省側」にも、率直な疑問があります。
それが、マスゴミの報道の中では、説明されてないんですが、判決文の中では、どのようになってたんでしょうか?

それは、実際に課長印を押した「公文書」は「凛の会」に渡された訳ですが、これは、前から発行を要請されてた、上村元係長が、村木課長の指示ではなく、予算作業で忙しかったっため、「自分で作った」と当初の「指示があった」との調書を、公判で翻したと報道されてますが・・・

ここで、疑問?

・上村元係長への認可書発行要請 は、誰 が、いつごろ、どんな 形で?

・まさか、誰からも、頼まれもし ないのに、自ら「危ない橋」を 渡る事もしないでしょうから。
 (それとも、厚労省は、そうゆ  う体質?)

・係長が、発行を思い立ったら、
 さして、問題なく、自分の意思 で、課長印が押された、公文書 を発行できるのか?
 (現実に項公文書は、発行され  ています。)

・だとしたら、「課調印」の管理 体制に、村木さんの課長として の管理責任は、免れないのでは ないか?

・公印管理体制が「厚労省全体」 として、問題があるのではない か?

*どこの組織でも、公印の取り  扱いには「押印簿」、あるいは「公印押印申請書」があり、通常 は「鍵がかかる所で、厳重に管 理されてると思いますのでね。

・厚労省全体の公印が、杜撰な管 理体制にあったとすれば、他に もあったんではないかと、疑い 深くなってしまいます。

マスメディアは完全に痴呆症が進行し、正義のための社会接点を自ら閉ざしている。もはやメディアの構造問題であることが露呈しており、些細な問題として、済まされるような問題ではない。

山口一臣氏曰くの実態のない虚構である「政治と金」を呪文のように、ことある毎に、マスメディアは「説明責任」、「説明責任」と何度も、何度も繰り返し唱えてきた。マスメディア報道戦術に洗脳された国民も多いが、民主党の菅直人氏、仙石氏、前原氏、岡田氏、枝野氏、野田氏、ピーチクパーチクで、日本の政治は官僚主導ではないと偏向NHKの公共電波を使って言い切る(9月12日NHKテレビ放送)、思考停止の小宮山洋子氏(元NHK)などは深刻なマスメディア汚染議員たちであり、口害を国民に撒き散らしている。

言霊は、鏡の法則により、いよいよ、マスメディアに返ってくる、その時がやってきた。

司法も逃げられないときは正しい判断を下さざるを得ない。これまでの村木氏に対する新聞、テレビの出鱈目の垂れ流し報道に対するマスメディアが「説明責任」をきちんと果たさずして、メディアの言うことなど一体誰が信じようか。

マスメディア新聞、テレビはゴロツキ、暴力団となんら変わらない。

新聞を購読し続けることは国民による国民の背信行為である。オウンゴールである。国民は新聞社体質を変えさせることなく、メディア暴力団に加担支持するのだろうか。有り得ない。

新聞がジャ-ナリズムの原点を取り戻すには組織解散、解体以外に、手は残されているだろうか。運命共同体である特捜検察も構造的問題を抱え、同じ運命にあることは言うまでもない。

今回の村木さん裁判で、検察・メディアは全く信頼できないことが証明されました。

小沢さんの政治とカネに関わる事件でも、鈴木宗男さんの事件でも、今回の民主党代表選でも、本来なら最も信頼されるべき検察とメディアが、村木さん裁判と同様に深く関与しているという疑惑が高まっています。

検察とメディアは信頼を取り戻すために、一刻も早く、目を覚まして欲しいです。

このままでは、この国には正義が存在しなくなり、国が破滅し、すべての国民が不幸になります。


土曜日、日曜日のニュースでもっと取り上げられるのかなと思っていたのですが、テレビも新聞各社も想像していた以上に村木厚子さん無罪についての今般の件をやらなかった。これをとても残念に思います。押し黙る事で、なし崩し的に終わらせるものではない事と冷静・客観的に考えても…私は感じるのですが。。

検察が控訴すれば

 特捜検察 = 悪の権化

が一般国民にも強烈に印象付けることになるでしょうから、むしろ控訴したほうがトータルで考えると特捜検察解体に弾みがつくんじゃないかと。

特捜検察を浄化させないとこの国の民主主義が危ないですから、彼らの浅はかな行動をして関係者を一掃させてしまったほうがいいんじゃないかと。

検察のだけが悪人なのかを見極めて新しい法務大臣が厳しく処分する、ないしは法律を作って罰するぐらいの勢いがあったほうがいいですね。

日本の弱体化の最大の原因は検察官僚がコンプライアンスの名の下に社会のあちらこちらで甘い汁を吸ってることだと思ってるんで、この国の病根である特捜検察を自らの失態によって解体に追い込んだほうがむしろ得策なんじゃないかとすら思ってます。

村木さんの無実が証明されたことは慶賀の至りですが、これで「良かった良かった」で済む問題ではないでしょう。
これは、麻生政権による一連の民主党打倒作戦の一つ。昨年1月の自民党が行った衆院選の当落予想が、驚愕的な数字であった。そこで、漆間官房副長官が、東京地検特捜部では小沢民主党代表を、大阪では誰をターゲットにするかを、検察と打ち合わせた。
5月上旬に小沢代表を辞任に追い込んだまでは成功したと思ったのでしょうが、その後、民主党の支持率が上昇したので、大阪地検特捜部に仕事を急がせた。村木さんが簡単に落ちると思ったのだが、彼女が無実を訴え続けたのが、計算違いだった。
勿論、彼女が検面調書に言われるままサインをしていたら、次は石井議員、牧議員と手を伸ばしたのでしょう

裁かれるべきは検察の黒い構造とマスコミだと思いますね。

オリーブ・ニュースに「村木さん裁判、裁けぬ検察の冤罪製造システム」という投稿があります。
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?m=0&i=12

テレビで観た会見の印象が何か「おめでたい席」のような雰囲気もあり少し考えてしまった…。

論理的にはあの会見では、「無罪は当然です。検察に怒りと憎しみを覚えます。検察は過失ではなく保身と捏造だ!初期マスコミ報道も同様だ!」と怒りの会見になるべき。もし被疑者が政治家なら笑顔などもってのほかの場ではある。

なぜ笑顔で嬉しいのか…それは検察が信用できない、怖い冤罪を作り出す組織に他ならない事実の裏返しであろう。つまり正しく生きていても何の保証もない法治国家なのだ。だからあぁ「良かった」となる。

整理して言うと、今回の判決のニュースを見てまずショックを受けるのがまともな社会だと思う。「検察の酷さ」に。…検察がひどいのは解ってるから、「あぁ村木さんが餌食にならなくて良かった」との空気が当たり前になっているのが恐い。

竹中さん、村木さんの無罪判決おめでとうございます。無理筋の事件でしたが、竹中さん、江川さんのこまめな進捗状況報告がツィッター等でなされたことがこの判決に結びついたと思います。マスコミだけの情報だったら、判決も無理やり有罪だったのではと、真摯なご活動に敬服しています。
 但し、数名の方が指摘されているように村木さんの無罪は当然として上村氏に圧力をかけたのは誰だったのかが全くわかっていません。大阪地検では真実の追究はできないでしょうし、追求する気もないでしょう。
 上告断念で大阪地検の勇み足として一件落着になることを危惧します。

手足のない、つまり足で裏づけを取ることが出来ない検察庁に捜査権を与えている事が問題です。
それでも彼らは”仕事”をしなければ彼らの役所が整理の対象になりかねないので、無理に事件を作る。
自分たちがシナリオを作って、市民を拘留して無理な調書を取る。
特捜部は警察庁に移管すべきで、捜査と起訴公判維持を別の機関で
行うようにしなければならないのではないか。

もしも、今回の裁判で控訴すれば、検察にとって真実なんてどうでもよく、犯罪者さえ作り上げれば良いと思っている最低の人間のクズの集団であると自ら言っている様なもの。

控訴すれば、裁判で勝ちさえすれば、無実の人間と分かっていても平気で犯罪者にする、正に人間のクズの犯罪集団ということになる。
検察自体が犯罪者集団。
今検察がやるべき事は、村木さんに土下座して謝罪することのみ。

NHK15日(水)20:57BSニュースで「大阪地検、控訴断念」の放送がありました。上級庁と協議した最終結論と思います。当然過ぎる判断ですが、よかったと思います。
この上は、村木さんを「ご苦労に報いて余りある地位に復職させるよう」長妻さんに訴えましょう。

> テルさん

> 今検察がやるべき事は、村木さんに土下座して謝罪することのみ。


ホント、そう思います。と同時に今回取り調べに当たった検察官に対して、アリバイも取らずに捜査したり関係メモを処分するなどの不自然な行動がかなり目立ってますから、何故そんなことをしたのかきちんと検証してもらいたいです。

# 私個人の考えでは、あの当時から衆議院選を前にして民主党に政権交代させたくない一心で起こした犯罪だと思ってますが、はっきりと検証してほしいものです。

少なくとも自分たちが作ったマニュアルにも反する基本がなってない捜査をしたわけですから関係者は厳しく処分すべきだと思います。

未だに村木さんを取り調べた検察官がのうのうと仕事をしていると思うとそら恐ろしいものを感じます。罪のない人間であることをわかっていながら自己保身のために罪をでっちあげるということをした時点で検察官としての適正を著しく欠いていますし、人としてどうなんだろうと疑問を感じざるを得ませんね。

竹中ナミさん

検察の控訴断念、当然の結論ではありますが、とにかく本当によかったと思います。
竹中さんもやっとホッとされたことでしょう。お疲れ様でした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.