Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« 《録画放送中》小沢 vs 菅 民主党代表選挙合同立会演説会!
メイン
《録画放送中》小沢 vs 菅 民主党代表選挙合同立会演説会! @大阪 梅田ヨドバシカメラ前 »

[現場ルポ]小沢コール一色だった代表選合同演説会初日

ozawa100903_1.jpg

9月1日に告示された民主党代表選。

初めての合同立会演説会が9月4日、新宿駅西口でおこなわれました。

《THE JOURNAL》編集部は、発表では3,500人といわれる聴衆の中で反応をうかがっていました。

小沢氏がマイクを握ると同時に"大小沢コール"が沸き起こり、一瞬緊張ムードが漂いましたが、最後まで、小沢コールが会場を包み込んでいました。

途中、TVメディアの実況中継アナウンサーに対し、年配のご夫婦が「あなたたち、ちゃんと事実を伝えなさいよ!ジャーナリストの端くれなんだったら」と詰め寄る一幕もあり、今回の代表選と、それをとりまく報道に対する有権者の真剣な姿勢を感じました。

ozawa100903_2.jpg

ozawa100903_3.jpg

このあと小沢氏は池袋駅西口にて演説をおこないました。

この気温がまだ一週間は続くとのことで、まさに"暑い戦い"となります。

次の合同立会演説会は、9月9日(木)、札幌大通駅です。

min100904_1.jpg

min100904_2.jpg

会場の雰囲気をお伝えするために、動画もアップいたしました。

"手持ち"で撮影しましたので"手ぶれ"がひどいですが、我慢してください。

代表選!菅 VS 小沢、合同立会演説会[新宿駅西口、2010年9月4日](1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=uLEpYhNGj-k

代表選!菅 VS 小沢、合同立会演説会[新宿駅西口、2010年9月4日](2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=AuQzZLXqdQU

代表選!菅 VS 小沢、合同立会演説会[新宿駅西口、2010年9月4日](3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=zE5NuSmDqk8

2010年9月4日、新宿駅西口・池袋駅西口:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7320

コメント (122)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

編集部さん暑いのにお疲れ様でした。また、正確な報道をありがとう!

東京、大阪と二度の演説会がありましたが、ほとんどの国民は小沢氏の話を始めて聞く人が多かったのではないかと思います。
お金がらみでグレイのレッテルを長期間にわたって貼られてしまうと、その払拭は並大抵ではありません。
小沢氏の朴訥で誠意ある強い指導力を、アッピールしていけば、これから日々支持率が増えていくと期待します。
国家像、政策ビジョン、リーダーシップなど総理に不可欠な資質は小沢氏が断然優れています。
菅グループにのぞみたいのは、小沢氏対する中傷を止めて、フェアーに戦ってほしい。個人に対する中傷は見苦しいし、国民はおろかではありません。よく見ています。

<事実を伝えるメディアがいない>
 私も現地に行き、ジャーナルスタッフの方と同様に感じましたが、熱心な小沢支持者ですので、贔屓目で見ている恐れがあると考えていました。
 スタッフの方はきっと私よりも客観的に評価されていると考えます。でも、相変わらず、メディアはその現場の本当の雰囲気を報じてはいません。
 菅氏のホームとも言える東京で何故、こんなに強い小沢支持の声が挙るのでしょうか? 勿論、私のように従来からの熱心な小沢支持者もいるのでしょうが、西松事件以来のメディアの異常な小沢叩きに、疑問を感じ、そこに民主主義の危機を感じたり、あるいは日本人の心にある判官贔屓が呼び起こされたのかもしれません。
 既に一年以上、新聞購読を止めている私のところに、今日、朝日新聞の勧誘電話がかかってきました。
私は「日々害悪を垂れ流し、民主主義を破壊する犯罪行為を行っているメディアは、朝日に限らず、一刻も早くつぶれて欲しい。情報は全てネットでとっている。」と言ってやりました。先方は「有難うございました。」と言って電話を切りました。
 私は代表選挙で小沢氏が圧勝し、メディアの報ずる世論の欺瞞性が証明できたらと願っています。

毎週日曜日に長男家族が夕食に来る事になっている。今日、小学2年生の孫が入って来るなり、「おじいちゃま、小沢さんと管さんとどっちが勝ったと思う?」と質問してきました。

私がしばらく考えて、「小沢さんかな? わからないが・・・」と言うと孫がすかさず「小沢さん」と答える。「どうして?」と尋ねると、孫が今朝の読売新聞を持って来て、立会演説会の写真で小沢さんはパーを出している、菅さんはグウを出しているからとの事。」子供の考える事は面白い。

以外に当たっていると嬉しくなりました。爺馬鹿ですが・・・・。

創価学会の婦人部みたいだな。

国民の将来を決める党代表=総理大臣選出選挙。それを決める権利があるのは民主党議員と党員サポーターのみ。
この一年間、国民の期待に(ある部分は)応えられなかった上に、この経済危機状況で代表選という政治空白を生み出している。

そのことについての反省や遠慮というものがあれば、こんな悪ノリできるはず無いと思うだが。

小沢支持者の浮世離れ具合がよくわかる事象だと思う。
菅支持者の方がまだ節度があると判断しました。

~民主党代表選挙、菅候補が小沢候補を逆転し、引き離しつつあるのか?~

(末尾)
ただ、小沢候補陣営に、ちょっとイメージ戦略が得意な人がいない。新人は現職の二倍の勢いを出さないといけない。

菅候補は、現職だが、ボロボロである。しかし、小沢陣営の力量不足から、菅候補の二倍の勢いは出せるかは微妙である。同程度の勢いなら、菅候補がダブルスコアに近い差をつけてしまう。

そんな情勢でしょう。

小沢氏は2人の対立候補と闘っている?

民主党の代表選挙は、小沢氏と菅総理だけの闘いではなく、
小沢氏は、マスコミが作り上げた「悪人の小沢」とも
戦っています。こんなハンディで戦うのは小沢氏くらいです。
市井の人々が、このマスコミ不公平さに気付いてほしい。

引用「菅氏のホームとも言える東京で何故、こんなに強い小沢支持の声が挙るのでしょうか?」

理由はいろいろあるでしょう。
熱狂的な小沢支持者が駆け付けたから。
ごめんなさい、これだけでした。

小沢支持者にとって、こんなに「頼って間違いないんだ」と確信させるパフォーマンスを否定するものではありません。勝負かけてますから、覚悟のほどは想像するにあまりあります。
私は演説内容に感心するところは皆無です。
景気と云うなら10兆ぐらいのことをかましましょうよ、核心をついた使途で、元気出ないよ小沢さん。

新宿の立会演説会は、別件があり、行けなかったですが、映像を見ても、小沢コールはすごいですね。

堀口雪文様
首を長くして待っていますので、ブログの方もよろしくです。


M.I.(団塊世代)さんのご意見を読んで、まさにおっしゃるとおりではないかと感じ、投稿させていただきます。
テレビ、新聞での小沢叩きが国民の声を代弁しているのなら、きっと有権者は今回の代表選に見向きもしないはずだ。意図的な動員をかけられたわけでもない多くの人が、自らの意志で小沢さんを応援しようと集まっている姿なのだと思う。それは、判官贔屓ということもあると思うが、大衆がメディアから与えられる情報に疑念を持ち、自らネットなどで情報を探して、何が真実かを自分なりに判断していることの証明なのだと私は考える。
一体、脱小沢ということは誰が望んだのか、国民でないことは今回はっきりしたのではないだろうか。

《THE JOURNAL》事務局 様

ご苦労様です。
動画アップ、楽しみにしています。
余談ながら、大手メディアが現場の実体実情を正しく報道しないなら、ジャーナルなどネットメディアやフリーランスなどが組織横断的にスクラムを組んで世間一般の人々に広く周知する様な何か良い手だてはありませんかねー?

民主代表選:投票用紙取りまとめ依頼 小沢派の高松議員
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100905ddm001010050000c.html
こんなやり方を執る小沢にいったい何を期待できるのか、まったく持って理解できない。

また「政策の小沢」などという言葉も出てきているが、これまでの演説でもすべて抽象的表現に終始しており、とても具体的な政策ビジョンがあるようには見えない。

だからといって菅がすぐとは言わないが、すくなくとも平野氏をはじめとする小沢信者が病的に菅を酷評するほど両者の資質に差は無いと思う。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/photograph/garticle.htm?ge=761&gr=2459&id=84183

このYOMIURI ONLINE
に掲載されている写真を見れば
小沢さんの勝ちは確実です

小沢さん:パー
菅さん:グー

ですから

代表戦の演説を聴いても、小沢さんの話が抽象的だと仰る方がいる事にびっくり!
先日の記者クラブ主催の討論会でも、記者の方が小沢さんの話を理解で来ていない様子が写っていて愕然としたのですが、聞く着が無ければ何も理解できないと言う事でしょうか。

管支持の手塚議員も、新宿での小沢さんの演説は何も頭に残らないと発言していましたが、本当だとしたら政治家やめてください。
どちらを支持するかは、個人の判断ですが、理解できないではあまりに馬鹿すぎます。

態度を決めていない新人議員さんが、地元で辻立ちし<どちらが言いか皆さん教えてください>などと話しているのをテレビで見ました。
それでも政治家なのでしょうか?
政治家としてのあなたの考えは無いのでしょうか、民意を汲むのは大事な事です。
でも、政治家は自らの考えを話して賛同者を増やしていかなくては、その時々の民意というあやふやなものに右往左往しているのでは、政治家と言えますか・
何をもって政治家を志したのか???わけが分かりません。

TBS久保田智子アナ様に要望
民主党街頭演説会での小沢コールについて、(当方ust、ツィッター、各種掲示板等で視聴)今朝の久保田アナと、評論家の田崎史郎氏のやり取りをみました。
さすがTBS、捏造もするが、事実の捻じ曲げまでもするとは、“こんな恥知らずな人は見たことがない”と郷原さんが見込んだことはあるなと感心しました。
そこでひとつお願いがあります、久保田アナは大変好感を持っている女子アナです、汚れ仕事(捏造、事実の捻じ曲げ)をさせないで、朝ズバの担当からはずしてください、よろしくお願い申し上げます。
と朝ズバにメールしました。

態度表明されていない議員さんで、アンケートや自身の掲示板で意見募集してる方もいますよー。


古本伸一郎議員 http://www.s-furumoto.net/
→TOPページの下の方でアンケートやってます。ちょっと質問がわかりにくいですが、要するにYesが菅さん支持でNoが小沢さん支持です。

小室寿明議員 http://www.komuro21.com/
→TOPページの下の方の「9月1日民主党代表(=総理)を選ぶパブリック・コメント」から入ると質問があります。「送信」でメーラーが起動するようです。

斎藤やすのり議員 http://www.saito-san.jp/
→掲示板で意見募集してます。「RAINBOW Forum」 → フォーラム:「斎藤恭紀 掲示板」 → トピック:「民主党代表選挙について」 から入室。投稿が掲示されるまで数日かかってるようです。


せっかく議員の側からアンケート・意見募集してるんだから、意見がある人は積極的に意思表示しましょう!(あくまで理性的に)

この週末が山場だったと伝えた後の世論調査でしたか、支持率調査でしたかで、フジテレビがやはり菅圧勝と言う結果を出していました。
菅さん:65% VS 小沢さん:17% くらいだったと思いますが、この東京・大阪共に起こったすごい小沢コールの後の支持率調査でこの数字を出してくると言うことは、今後、小沢さんがもし勝ったときの攻撃材料(世論に反しているだの、不正選挙をしただの)へのマスコミの布石だと思われます。
その証拠に、同じフジテレビ(とくダネ)で、小沢支持議員の不正選挙の可能性についてふれていました。
その方のHPに行ってみましたが、全くのデマだと、相手方を怒っていらっしゃいました。こういう手を使うのは決して許せないと。

それから、私も自分の手で、たくさんの国民を前にグーとパーをやってる気持ちになってみましたが、なるほど、と思いました。

グーは、やるぞ! 俺が勝つぞ!どんなことをしても勝つぞ!という鋭い戦いの気持ち。
パーは、皆にありがとう、皆さんのために精一杯頑張ります、と言う国民に対するいたわりと感謝の気持ち。
グーは、固さ。
パーは、やわらかさ。
グーは戦い。
パーは笑顔、平和。

を、自分の心が感じました。
お二人を見て、そのとおりだと思いました。
世界を、そして日本を、平和な笑顔の国に導けるような良い結果が出ますように、心から願い、小沢さんを応援いたします。
ただ、サポーターでも党員でもない普通の主婦ですので、票は持っていませんが。

投稿者: m/o | 2010年9月 6日 09:19様に賛成

今の国会議員の程度の悪いのにはあきれます。 支持者に聞いてからでないと決められないとは情けない。それでも議員ですか?
顔を洗って出直してください。

過日も下記を投稿しましたが・・・

平野先生ありがとうございます。

未だ決めかねている国会議員や既に決めたと言っている議員にも先生から教えて上げて頂けませんか?  兎に角、小生の様な素人でも菅さんと小沢先生とは格が違いすぎる事が一目瞭然です。


本当に今の民主党議員は管さんで良いと考えているのでしょうか?
また、未だ決めかねているという議員で選挙区に帰って、支持者の意見に従うというアンポンタン議員は自分が国会議員で有ると言う事を自覚しているのでしょうか?


「未だ三ヶ月しか経っていないから多めに見てよ」とは何たる事か?零細企業はもたもたしている内に不渡りを出し、倒産してしまいます。銀行は待ってくれません。


菅さんの「12月の予算を見てから・・・・」はとんでもない発言だ。12月過ぎに代表選挙が有るでなく、地方票は11日必着。14日には国会議員の投票で決まるのですよ。12月とは休み休み言ってもらいたい。

地方議員の中にはマスゴミの捏造報道を信じて、菅さんでなければ次の統一地方選挙でなければ戦えないと馬鹿な事をテレビの前で言う者がいる。

菅さんではそれまで持たないのではないですか?「三年間は解散しないで衆参ダブル選挙をするという事を真坂まともに信じないでしょうね。特に1年生議員や地盤が弱く前回やっと当選した2回生以上も・・・・。

静岡8区選出の斉藤氏は礼儀知らずで生意気で、目立ちたがり屋で両議員総会でのパフォーマンス、管直人総決起集会でのでしゃばり。 8区で民主党を応援した者には耐え難い。


投稿者: 無名 | 2010年9月 5日 23:43さん

高松議員は明確に否定されてます。
http://kazuo-takamatsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ce99.html
上記の内容が本当なら菅さんサイドはこんな卑怯な方法を使って選挙なんてしないで、政策で戦って欲しいです。

m/oさんの指摘は興味深いと思いました。
先入観なしで菅さんと小沢さんの話を聞けば、小沢さんの方が問題の本質を突いている内容になっているのは明らかです。
菅さんはキャッチフレーズを多用することで、逆に問題の本質が見えない内容になっています。

しかし、小沢さんは自分が総理大臣になることが目的で国民の生活は本当は考えていない悪人だという先入観があると、小沢さんの話もすべて信用できなくなり、聞いても頭になにも残らないのでしょう。どんなに優れた商品であっても、それを売るセールスマンが信用されないと買ってもらえないのと同じ現象だと思います。逆に信用があれば、だめな商品でも満足して買ってしまいます。

先入観が他人から植えつけられたのだとしたらそれは洗脳です。立会演説会の内容について公平に聞くことができない人は、洗脳されていると言ってよいでしょう。

小沢さんは国民の不満の原因をみごとに言い当てていますが、天皇の政治利用や外国人地方参政権のように憲法を独自解釈して暴走することがあるのが心配です。暴走をとめてくれる亀井さんのような人が必要だと思います。

新宿に行ってきたけど・・・。

動員コールではなかったね。
集団が固まっていなかったし
誰か一人がコールしたら
離れたところから
いっせいに
コールが始まったね

なんだか大地の声のようで
感動したな

もし、動員だったとしたら
超高度な芸術作品だね

共同通信論説委員長の肩書を持つ田崎史郎氏の解説では、「小沢さんには、熱心な支持者がいて選挙カーの周りでは小沢コールが挙がって盛り上がりを見せていたが、会場全体を見渡すと周辺部はそんなに盛り上がりを見せていなかった。」というような事を話しておりました。
その他も菅擁護ばかりでしたが、この人の表情も以前とは比べ物にならないくらいさえないものになって来ました。

小沢さんは、立候補して本当に良かった、総理大臣を決める選挙となるとマスコミも小沢さんを生で長時間出演させねばならずそのことで小沢さんに纏わる諸々の疑惑がスカッ!と晴れつつあります。

マスコミは慌てているでしょうね?今、民主党代表選を通じて、マスコミ各社は否応なしに、自らの電波(運営経費)で、大幅な時間を割いて小沢さんの釈明の場・真実を語るを場を与えなければならなくなった、この事が立候補の第1の成果です。
この機会を逃したら、小沢さんの政治生命はそこで終わったかもしれません。公正公平とは言えませんが、少なくとも、これほど多くの自由に語れる時間を、国民の視線の下でマスコミから提供される事はなかったでしょう。それを思うとよくぞ決心してくれたと思います。

今歯車は良い方向へと次第に強く確実に回り始めています。最後まで気を引き締め選挙戦に勝利してください。

炎天下でのスーツでの演説、ご苦労様です。気力は充実しておられるご様子ですが、体力の消耗は免れません、くれぐれも無理はされないように後8日間頑張ってください。

<なんだなぁ様>
まず、草加の婦人部と同一視するのは間違っています。
草加は動員されますが、我々は、個人の意思で一円も金を貰わずに交通費を自己負担で駆けつけた勝手連です。
さらに、悪ノリというなら正に菅一派であって、あちらは動員を掛けていました。
「名づけて青いタオル作戦」事前に青いタオルを配って菅演説に併せてグルグル回す作戦です。
新宿西口を青一色に染めて、マスコミアピールを狙ったのでしょう。
どちらが、悪ノリか?疑問の余地はないと思われます。
街頭演説会を決めたのも小沢氏ではなく菅執行部ですので、お忘れなく。

他の版に書いたものだけど関連するからコピーしました。
編集部が認めれば掲載されるでしょう。
小沢信者でも菅支援者でもないので比較的冷静な立場の者です。


立会演説会へ行って来た。
同じ演説会場に、同じ時間にいても、見聞する場所と熱狂しているか冷静でいるかによって、こうも感想が異なるのかと面白くもあり、意外でもある。

このジャーナルの人気スターであるらしい「em5467-2こと恵美」さんやその他の常連さんは、街宣カーのまん前で聞いていたようだ。
当然、両派の動員した運動員も集結した場所であろうから、小沢氏が登場すれば「小沢コール」や拍手が鳴り止まないのも、このジャーナルの常連さんたちの小沢信者ぶりを読めば理解できるし、不思議ではない。

私は、京王デパートの前、京王線の出入り口の前(日陰)で、両者の演説を聞いていた。
頭をぐるりと回すと100人くらいの聴衆の様子が見て取れる場所であった。

小沢氏登場、演説の節目、節目で拍手する人、私の直ぐ前の人と左手横の二人連れのみ。
目の前の人は、このジャーナルに書き続けているタイプの人に見えた。最後まで大きな拍手をしていた。
横にいた二人連れは、周りの人たちの誰も拍手せず無言で聞いている雰囲気に負けて拍手を止めてしまった。

小沢氏の演説に対する拍手は、結局、私の周り100人くらいの中で、たったひとりであった。

菅氏の演説に対しては、5、6人の人たちが拍手をしていた。

正面から外れた、多分、一般大衆席(マスコミの世論調査の対象だろう)とも考えられる場所・ひとびとによる小沢氏や菅氏に対する支援・応援などは、実際はこの程度なのだろう。

さて、菅氏がスーツを着ていないことを批判している人がいたが、行政府は「クール・ビズ」を実行中なのだから、行政のトップがクールビズを守るのは当然であろう。
何十人もいたSPもノーネクタイであった。拳銃を隠すために上着は着用していたが。

あの炎天下、スーツにネクタイ姿の小沢氏の姿に、時代に取り残されつつある男の悲哀を感じたのは、このジャーナルでは私ひとりでしょうが(笑)

演説は、小沢氏のほうが言葉がはっきり聞こえて良かったと思う。
内容については、15分の制限があったので、両者とも、いつもの持論展開で退屈なものであった。


ここでもそうだが毎日新聞の記事をもって高松和夫議員や小沢氏を非難しているコメントをよく見かける。
新聞なんて信じている人がこんなに多いのにはがっかりさせられる。とりあえず、高松議員がブログで新聞記事の内容に対して反論しているのでそれを読んでから判断して欲しい。そして、野口武則記者の過去記事なども評価すべき判断材料になるでしょう。
当然、私にはどちらが正しいかはもちろん断定などできない。
しかし、新聞、TVの各種報道をそのまま信じ込んでしまう人が減少することを切に願う。
マスメディアが世の中を支配しているように感じられてしかたがない。

嘗て田中康夫氏は「この国を良くするための装置だと思っている人」と「小沢一郎」を評していたと記憶している。

自分は「小沢支持者」ではあるが「信者」ではないと思っている。思ってはいるが、政治、経済等の体たらくが人心の荒廃を生んでしまって久しい社会が立ち直る気配さえない今日にあって、拠を求めた時、「小沢一郎」しか浮かんでこないというのも又事実なのである。その意味では、宗教活動における信仰者の心理状態と似通ったところがあるのかもしれない・・

「小沢一郎」に、その志を賛同する党派を超えた国会議員が集い一極を形成する。夢物語にも感じた時もあった「構想」の第一歩が、今や現実味を帯び、その成就が目前に迫っているのを実感している。流石の検察にも”三の矢”は無いであろう。

何度でも言うが、「小沢一郎」の行く手を阻むものは「八割方の愚民」なのである。この難敵を生み出したのが「マスメディア」であることは言うまでもなく、今や彼ら自体が「八割方の愚民」の中に溶け込んでしまっているのである。朽ち果ててしまった「言論機関」の今の姿に一々非難を浴びせるのは「死屍に鞭うつ」行為でしかない。まして、未だ何かを期待することなど「愚の骨頂」である。

麻痺してしまった「リーダー輩出機能」を復活させない限り、国家の復活など夢のまた夢なのである。
「二割方の愚民」の奮起を促すものです。

今朝のテレビ(10チャン)でコメンテーター(名前は忘れた)が半年位小沢さんに総理をやらせて見たら面白いと発言していましたよ。
コメンテーターも東京・大阪での小沢コールの多さに影響され試用期間の積もりで言ったのでしょうが、少し風向きが変わってきたのかも知れません。

無名さんと同じように、公の場で仲間の高松議員に事実確認もせず批判されてる民主党議員もいますね。
参議院議員 松浦大悟
https://twitter.com/GOGOdai5

あいも変わらず、無意味なアンケート結果を報道しています。
現役の総理が強いのは、日本の国民性にあっては当然のこと、普通の人であれば、良くわかっていることです。
小沢氏が総理になれば、少なくとも、総理としての支持が30~40%加算されますので、何らアンケート結果など心配することはありません。ただ、議員が全く軟弱で、今尚判断に困っているようで、あきれてしまう。こんな連中は、必ず次の選挙では、落選であろう。自分の態度を決められず、様子見とはどういうことか?
政策で判断するべきである。
うろたえないことを強く求めたい。

USTREAMの民主党チャンネル「過去のライブ」に、東京・新宿と大阪・梅田のそれぞれの街頭立ち合い演説会の模様がアップされています。

http://www.ustream.tv/channel/dpj-channel

演説内容の対比は置くとして個人的に感じることですが、マイクで拾っている会場の音声が加工されていると思うのは私だけでしょうか?
つまり、「小沢コール」が占める周波数帯域がイコライジング(フィルタリング)によって下げられているような不自然な感じを覚えるのです。確証はありませんが・・・




近年は、マスメディアを介しないネットメディアのストリームも有益な情報ソースになりました。

どちらかというと保守層に人気の高いニコニコ動画の「ニコ生放送」が小沢一郎候補を迎えての「小沢一郎ネット会見」を配信しております。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv25848987

 ※録画は無料会員登録をすれば視聴できます。

小沢候補は、1時間半にわたり広範囲な質問に答え、様々な意見や見解を述べています。

<出演>
角谷浩一:政治ジャーナリスト(進行)
岸 博幸:元経産省官僚、竹中総務大臣秘書官、現慶大大学院教授
池田信夫:経済評論家、上武大学教授
上杉 隆:ジャーナリスト、元鳩山邦夫公設第一秘書


比較的リラックスした雰囲気の中で、とても興味深い(面白い)番組でした。

ニコニコ動画では菅直人候補にも出演依頼をしているそうです。

R.Amemiya 様へ

確かに音声がおかしいと思いました。ビデオでは(もちろんテレビでも)小沢コールがほとんど聞こえません。
実際私は新宿で、かなり後ろのほうにいましたが、それでもものすごい小沢コールで、前のほうにあるマイクに入らないはずはないと思いました。
おかしいな・・・

小沢支持者を馬鹿にするような発言が見られますが、私はそんな人に聞いてみたい。あなたは支持者がいますか?と。私は積極的に支持を示し応援をしている方は、まさに民主主義を理解して実践している方と尊敬します。もちろん、菅支持者に対してもです。
斜に構えて、世の中を引いた目で見ようとも、日本人であるならば、この国の社会構造の中で生きていかねばならないのです。そのために少しでも自分が幸せになるための努力の1つこそ、政治参加だと思います。そして、自分が目指す社会を唱える政治家がいる。なんと幸せなことだとは思いませんか?
それでもあなたは、支持者を馬鹿にしますか?

R.Amemiyaさま 木村さま

テレビや民主党本部が流している音声は話者のマイクを直接ラインでつなげていますので、周囲の音がほとんど入らないような仕組みになっているのだと思います。編集部の撮影したビデオは内蔵マイクで会場の音をそのまま拾っていますので、周囲の音が比較的入っています。話者の音声は悪いのですが、よく言えば、そのぶん会場の雰囲気が伝わったビデオになったかもしれません・・

朝日新聞(ANN)世論調査での小沢氏支持が低いことについて私はこのように考えます。それは菅内閣の支持率世論調査内で行っていることが考えられます。
まずはじめに
<菅内閣を支持しますか。支持しませんか>
支持する 46 支持しない30
<それはどうしてですか> 四択
<どの政党を支持しますか>
<仮に衆議院選挙を投票するとしたら比例区ではどの政党に投票しますか>
<民主党の代表選挙が始まり菅直人さんと小沢一郎さんが立候補しました。民主党の代表は次の首相になります、どちらが首相にふさわしいと思いますか>
菅さん 65 小沢さん 17
(以下は詳細項目他省略)

このような質問は初めに菅内閣を支持しますかが 49ですのですでにゲタをはいています、いまさら菅さんがふさわしくないとは普通ではいえないのでのでは、したがって菅さんが65 49がゲタマイナスすればほとんどイーブンではないでしょうか。
内閣支持率調査とは別に世論調査をしないと事実が見えてこないと思います。これがマスコミの戦略ですね。

 

<やまかかしさんに同意>
支持する、しない、候補者の好き嫌いは、あくまで個人的な問題だが、少なくとも、小沢氏支持者に対して馬鹿にするなら、それ相応の根拠を披見して頂かないと、納得できません。首相がコロコロ変わるのが云々とか、手法が古い云々とか、その点についても、支持者は反論しています。対立軸として小沢支持者を唸らせるような意見はないのですか?理解出来ません

[現場ルポ]小沢コール一色だった

この表題に違和感を感じます。

小沢コールを発していた方々と某宗教団体の動員の方々がかぶるのは、私だけでしょうか?(小沢コールをしていた方達の怪しさ。オタク系というか。。。)
I love 一郎 のうちわや野次の飛ばし方が異常としか思えない。3ヶ月前に責任を取り辞意を表明した方を応援するやり方とは到底思えない。

冷静に観るべきではないでしょうか?自分にはかなり嫌悪感というか、怖さを感じます。


ただかといって、菅を積極的に支持できるかといえば微妙で、雇用雇用と叫んでいますが、じゃーどうやって雇用を生むのか具体性がない。これじゃ、あいも変わらずに口だけとしか思えないから期待が持てない。
小沢に対しても脱官僚主導というが、これもまた覚悟というだけで口だけとしか思えず(覚悟以外の具体的な事は?)、財源はあるというが実質小沢が実権を握っていた8ヶ月ではできなかった人が何故に今度はできるのか?前回できなくて今回できる根拠は何なのか?(最後のご奉公や一兵卒とい言葉を何度聞いた事か。。。)

どちらもあいも変わらず、昔ながらの根拠を具体的に示さない昔ながらの口だけ政治家を脱していない様に映ってしまう。

ただ、一つだけ期待というか何かが変わるかもしれいというなら、小沢なのかとも思う。ただそれは良くなるというのではなく、全てをぐちゃぐちゃにし焦土にするという意味でだが。
でもまぁ、一度焦土にでもしないとこの腐った社会主義日本を変える事はできないのかな~。
すると、やっぱり小沢か?
小沢マンセー!

お昼のテレビ朝日 「ワイドスクランブル」
菅総理支持の菊田真紀子衆議院議員に密着取材。
新潟にいる菊田議員に新宿での演説会終了の報告が秘書からメールで。
その内容は、

「演説内容と迫力は小沢さんがすごかった」

投稿者: zele様 | 2010年9月 6日 10:36

高松議員の件、本当ならば、大変な問題です。
クリーンを口にしながら、無表情で仲間を貶めていく、この感覚は通常の人間には理解できません。
小沢氏に、黙っていろ、と言った非常識も、本人達の中では、至極真っ当なことだったのでしょう。
こんな情も常識もない連中が国の執行部?
この人達が検察と結託したらどうなる?
なんて恐ろしい人たちに政権を渡してしまったんだろう。

途方議員票がかなり厳しいらしいです!
地方にという小沢さんお声が届きません。
来年の統一地方選挙を考えて怯えているらしいです。

みなさん、どうか地元の地方議員への呼びかけお願いします。

大阪の立会演説会に行って来ました。確かに、あの場の雰囲気では小沢氏圧勝でした。しかし、実際の投票では地方議員が勝敗を決めそうです。

ツイッターで今流れた情報では【現状の地方議会、大方の予想では8:2で菅氏優勢。現状のままだと小沢さんは代表になれず。。。】だそうです。
皆さん、楽観してはいけません。

宮城県の斉藤やすのり議員のブログによれば、

> 宮城県でお世話になった先輩議員の多くが菅総理支持を打ち出している。支援者の方や一般の方からも「当然、菅さん支持だよね」とか「小沢さんを支持するなら、もう応援しないからな」、「先輩たちについていかなきゃダメよ」など多くが菅総理支持。

> 私はまだ政治の世界ではキャリアがない。だから、「政策を聞いてから」とか「理念と合わない」とか生意気言うのは10年早いかもしれない。きょうもある方から「斎藤さん、おごるなよ」と言われ、一瞬、意味がわからなかったが、その方はきっと私に「お世話になっている方や世論に背を向けるなよ」と提言してくれたのだろう。

http://saito-san.sblo.jp/article/40540382.html

と地元から圧力がかかっているようです。

★☆ 地方議会では、圧倒的に菅氏が優勢です! 小沢総理の実現を望む方は、地方議会の議員へ声掛けを!

先日、「自民党みたいになってきやがったな~」と、合同立会演説会について批判をしてしまいましたが、今は不明を恥じております。

ここ数日・一連の会見、演説会、TV出演などの「興行」は、大正解です。
小沢さんへの誤った先入観が、徐々に溶け始めているようです。

小沢さんの腹からの言葉を、直接届ける事は良い事でした。

ヒイタ事を書いてしまって、申しわけございませんでした。

民主党代表選挙の選挙運動がヒートアップしてきている。非常に望ましいことだ。
政策中心にガチンコ勝負をして欲しい。
これまでの経過を見ると、誰とは言わないが、誹謗中傷に力点をおいた演説が聞こえてくるのは残念だ。
各メディアの世論調査、メディア(地上波TV,新聞紙)に関係しているコメンテーターが言われる事が「金太郎アメ」現象を来しているのには、いささか違和感を感じる。裏側が透けて見えるようだ。
要は、各候補者の言われることを真剣に聴いて、理解し、判断すれば自ずから結論が出てくる。
議員諸氏(国会議員、地方議員)には~情けない議員も散見されるようだが~国民のため、国益のために、来る14日には、適切な判断をしてほしい。選挙権のない者からのお願いである。

 格差社会という難破しそうな船。
北海道は「蟹工船」の作者、小林多喜二のふるさとだ。

民主党代表選挙演説会、次は9日(木)札幌(大通り駅)です。大通り公園が東西にあるのであふれるほど集合してもいいですよ。昨年の日ハム優勝パレードみたいに多くはないですが、どんどん集まってください。本州の方も旅行気分で、とうきび、ラーメン、ジンギスカン食べに来てみてはどうかな。(^-^)

 広告の電通のリサーチで政治家でもっとも発信力の強い政治家に、田中真紀子、鈴木宗男、田中康夫氏の名があがってます。
親小沢ばかりですね。
 その宗男さんは、6日に拉致解放された常岡さんに対面し、アフガニスタン、インド経由で日本に戻り、9日は札幌の小沢応援にかけつけるだろう。「ムネオコール」もおこるだろう。
ところで松山千春はくるのか? 佐藤優さんも北海道滞在か? 大阪の熱気に負けないぞ〜〜
小沢の対立候補は、菅総理だけではない、偏向マスコミも敵だ。

新宿に行きましたが、行く前の私は小沢さんでも菅さんでも無かったのですが、小沢さんは日本の未来を語り、菅さんは過去の自慢話、という二人の演説を聞いて小沢さんを支持する気持ちになりました。
別に熱狂的な小沢ファンでなくても、あの演説を聴けば小沢コールが起きるのは必然でしたね。小沢さんは決して口べたではなく、演説が非常にうまい。これは新発見でした。メディアの評価はアテにならないね。

地方議員の票が8:2で菅候補に有利というツイートを見て、とても不安になりました。
日本の将来ではなく、自分の議員としての身分がどうなるかという基準で投票行動が行われ、日本の未来が決まってしまうかと思うと、暗然たる気持ちです。
小沢さんの政策と人柄がいま国民の中に、少しずつ知られるようになってきたことをうれしく思っていたので、首相にはなんとしても小沢さんになってほしいと思います。
今週には、国会議員対象で討論会が行われるのでしょうか。国会議員票でしっかり差をつけて、小沢首相を実現するために、どんなことが必要なのか、考えています。

民主党の地方議員の皆さまへ

「もし私が,自分の選挙だけを心配して投票先を決めようと思っている地方議員ならば・・・」

 私なら,今回の代表選では,ためらわず小沢一郎さんに代表になっていただきます。

 理由は,次のとおりです。

1 政権発足直後の支持率の高さが,安倍政権以降を短命に終わらせている大きな原因になっています。小泉さんも,政権発足直後の支持率の高さから出発しながら,急落したり,選挙で負けたりと,山在り,谷在りでしたが,それをしのぐ芸当ができたのは,それが小泉さんだったからです。誰も小泉さんのマネはできません。

2 管首相が小沢さんに勝っても,大マスコミの世論調査どおりなので,大きな”ドラマ”にならず,騒がれるのは,せいぜい1週間です。しかも,政権の支持率の支えとなっている小沢さんとの対立に決着がついてしまいますので,1か月もあれば,支持率は参院選後の数字に逆戻りになってしまいます。

3 選挙後,管首相のもとで,”挙党一致”が実現しても,大手マスコミは,小沢さんの影を騒ぎ立てるだけ,前向きのニュースになりません。

4 管首相の勝利は,政権の安定を望む国民の世論を受けたものになるので,せいぜい事業仕分けがニュースになるくらいで,来年度予算は,財務省主導のつまらないものになります。また,管政権がいくら特徴を出したものにしても,その時は,大手マスコミからの”大蔵省主導”のレッテル貼りをされ,その予算で,来年春の統一地方選を迎えることになります。

5 しかし,小沢さんが代表になれば,大手マスコミの期待を裏切った,大きな”ドラマ”となります。小泉劇場も意外性があったればこそです。

6 しかも,小沢総理のもとの”挙党一致”のほうが,前向きのニューズになり,しかも,野党もマスコミもびびります。

7 そして,小沢総理さんのもと,これから秋,急遽,概算要求を見直し,来年3月に来年度予算を通し,統一地方選を迎える。”ドラマ”です。

 どちらが自分の選挙に有利か,それを考えても,私なら小沢さんです。

「毎日」の悪意に満ち満ちた捏造と思われる「高松議員事件」
高松議員は、明確に否定されている。 高松議員のブログを見て感じたこと…
http://kazuo-takamatsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ce99.html
今の政府には、菅より“もっと恐ろしい裏の策士”がいる、小沢より“もっと大きな権力を握った悪”がいる。
ロシアに当てはめると、センゴク首相カン大統領か? しかし、“もっと恐ろしいのは”プーチンにはない「赤の思想」…旧ソ連の…

64 : 17。これは本当だろうか?
新宿の会場を見てるととても理解しがたい数字だが。実際の情勢はどうなっているのだろうか。
マスコミの捏造と簡単に片付けられない心境だ。

小沢さんの政策、
政治主導はさておき、
「紐付き補助金を一括交付金として地方に渡す。」
「地方は自主財源として使えば地域経済の活性化にもつながる』
こんな政策が実現すれば、特に地方には大変結構な政策であり、何も迷う事なく、支持する先は「小沢」しかない筈だが、これをもってしても地方世論、地方議員は理解出来ないのか。

「地元の意見を聞かないと決められない」
実に情けない。これが国会議員たる者の発言なのか?と思うが、これもまた現実である。自分の選挙に全く自信が持てないのだから仕方がないが、如何に日常活動が出来ていないかの表れであろう。

残すところ1週間だが、一選挙民としては、地元市県会議員、国会議員(ちなみに菅支持のようだが)にメール、電話で「小沢支持」をうったえる以外やりようがない。
本当に歯がゆい日々だ。

情勢を掴んでいる方、教えて下さい。

小沢氏の東京、大阪での演説会でのひたむきに訴える姿、共感を覚えます。
私は、現役を引退してかなりの年月が過ぎましたが、高度成長期に明日の会社の成長を夢見て、一心不乱に、仕事をしたことを思い出します。
小沢氏のひたむきに聴衆に応える姿は、人の心をひきつけるものがあります。マスコミの問いかけに対し、若者が、小沢氏の演説に心打たれたとの言葉を聴き、うれしくなりました。この国も捨てたものではない、マスコミ世論に負けないよう、ジャーナルで声援していきたい。小沢さん、体には気をつけて最後まで頑張ってください。

>さて、菅氏がスーツを着ていないことを批判している人がいたが、行政府は「クール・ビズ」を実行中なのだから、行政のトップがクールビズを守るのは当然であろう。[民主主義者]>

上記「批判している人」の一人です。「クール・ビズ」そうですか。宣伝費だけ80億円を投資し、○○が膨大な利益を手にしたあれですね…。

何ごとも裏表があるもの、君は、行政のトップが…と言いますが、あのかっこうで就職活動している人間[何十回も拒否されている学生]がいますか? 自分が涼しく、腰に手をあてて睥睨するなど、品格に欠けております。

クール・ビズを決まり文句として論ずるには知識不足です。場におうじた格好をすることこそ、文化だと思います。就職活動の学生があれでも良くなったとき、学生服が学校から無くなったとき、はじめて総理大臣がそうしたらどうでしょうか…?

ましてや冷房の温度と関係のない場所ではないですか…。失礼しました。※投稿者名もすごいですね。

サポーター票はもう発送締切が近づいてしまってますが、議員投票まではまだ1週間の選挙戦が続きます。きょうの常識が来週の答ではありません。
Mr.Southpawさんのおっしゃるように、わたしは「二割方の愚民」です。ネットを世界に開かれたものと過信すると、ネットに幽閉されてしまうだけだと思います。体幹の弱い民主党議員がもっとも気にする生の声として、街に出なければなりません。永田町の信号待ち、コンビニ、電車内、ありとあらゆる場面で、とにかく独り言では気持ち悪いですから二人以上で語るのは、けっこういいボディブローになるんですよ。無言でも判るようなバッジや小物を身につけるのも有効です。ズームイン朝(ってまだやってます?)の外でアピールとか。小沢支持者なら、どぶ板ですよ。

まるで関が原の戦いみたいw

両者互角。態度を決めかねている議員がどっちにつくか。

まぁ、どっちに人望があるかで決まるでしょうね。

石田三成につくか、徳川家康につくか、天下分け目の戦いです。

豊臣政権内の争い。政権内で浮いていた家康が結局は権力を手中に収めます。

恐らく中間議員は、選挙後外様大名の憂き目に遭わないように行動するでしょうね。

ということで結果は見えている感じはします。

 こんばんは。

 国家権力を握り、民主党代表選挙に横暴を振るう(仙谷官房長官の策謀が風説として?流布されていますが(笑 )菅政権・菅民主党執行部との厳しい戦いを強いられている小沢一郎氏を強く支持する私としては、大変勇気付けられるブログを、勝手にご紹介します。

 河上みつえさんの国政ブログです。

コロコロ代わってもまともな総理を!

来年の統一地方選挙を睨んで、菅党首の下で大敗した参議院選挙のことなどケロッと忘れて、本能的な御身大事に、世論調査に示される民意欲しさに菅氏支持に廻る地方議会議員の近視眼的を、それに従属する党員・サポーターを、瞬間、忘れさせていただきました。

さぁ 小沢支持の皆さんで、スローガンを叫ぼう!

コロコロ代わってもまともな総理を!

小沢一郎氏を総理に!

そうでない方々には、失礼しました。

小沢支持を表明した新人議員が、地元で突き上げを食らっています。
各地で開かれる党員サポーター懇談会でも、ほぼ菅支持一色だそうです。
逆転の秘策ありますか~。

民主党高松議員の投票用紙の件は
高松議員がブログで否定されています。もう何でもありですね~。
http://kazuo-takamatsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ce99.html

このところ[嫌小沢]さんの投稿が増えていますね。
これは[小沢勝利]が見えてきた反動に他ならないと云えます。

なのでこれら投稿が増えれば増えるほど小沢優位ということになります。
腹立たしい方も多いでしょうが、そういう意味でのバロメータと見れば、さもありなんという事です。

菅はここまで底が浅いとは思わなかった、、というのが大方の見方ですが、一方の[雄?]自民党ももう全く対抗できない状況は問題有りです。

<小沢氏、危うし!>

代表選挙に向けて菅、小沢の戦いがいよいよ本格化してきた。当初、小沢陣営の圧勝かと思っていたが、現時点では凄まじい混戦模様のようだ。

まず国会議員は小沢陣営がかなりリードしているといわれていたが、議員の3割を占める小沢チルドレンといわれる1年生議員の半数以上は「世論に逆らってまでは…」と小沢支持をためらっており、下手をすると国会議員の数では両陣営は殆ど拮抗するとも言われている。

どうやら菅本人や長妻、仙谷、れんほう、小宮山、手塚議員らが一年生議員に電話をかけまくった効果が現れているのだろう。とにかく菅陣営は「小沢が総理になったら、自分たちは追い出される」という恐怖心で必死になっているようだ。

また地方議員は来年の統一地方選を控え、小沢では勝てないという雰囲気が強く菅陣営がかなりリードしているといわれている。問題は党員・サポーター票で、この行方が、まだ両陣営とも見えないようだ。

マスコミは世論の動向が党員・サポーター票を左右すると言っているが、サポーターには小沢支持者が多いという見方もある。

国家議員は拮抗、地方議員は菅有利となると小沢氏が勝利するためには党員・サポーター票が決め手になる可能性は強い。現在小沢氏は地方行脚(川上戦略)を開始しているが、果たして残された短い期間の中で逆転勝利をつかむことができるのか、西郷隆盛の「西南の役」のようにならなければいいがと願うばかりだ。

おそらく、12日から13日にかけて、党員サポーター票、地方票は菅が圧倒、7〜8割確保か?と言うような謀略情報がマスコミに流されると思う。赤い長官の指令で。
それが、勝ち馬にのりたい議員に雪崩を起こさせる。代表選後にガセだと分かっても、ウワサだったんだからと誰も責任追及されること無く、逃げることが出来る。
ネガキャンに抱きつき戦略、仕事は二の次の閣僚応援など、あちらはなんでもあり陣営だから、本当に何でもするだろう。小沢一郎と書かれた党員サポーター票の廃棄すらしかねない。

何か[悲観論]も増えてますね。
心配無用と思います。

党を割れば良いだけの話です。
骨の有るサラリーマンが[ケツまくって]会社辞めるのと同じです。

ここまで来たら、総理になっても菅追い出し、負ければ新党で良いじゃないですか。

ここまで主義主張、、というか[生き様]が違うんですから、そうした方が世の為人の為です。

この演説会に、サクラがいたかどうかは分かりませんが、演説会に自陣の応援団の動員をかけるのは、一般的なことではないでしょうか?恐らく菅陣営も動員をかけていたのではないでしょうか?
何れにしても、小沢コールが陳腐な演説になされたら、相当しらけたものになると思います。
演者と観客が一体となったときのみ、その場の熱気が生まれるものです。
その場にいなく、映像を通してしかうかがい知れませんが、それでもその場の、熱気は十分伝わってきたのは、私だけでしょうか?

新宿西口の合同立会演説会の動画をみて、ルーマニアのチャウシェスクを思い出した。
菅さんは、プライドが高く自信家だそうですが、どういう風に思ったんでしょうか。
マスコミ工作が足りないと思ったのか、小沢さんには負けたと思ったのか。
菅さんのこれまでの言動からすると、自分自身を客観的にみる事は出来ないでしょうね。

本気で小沢さんを応援している人が多い証拠だ。
1年生議員が小沢一郎支持に躊躇していると言う心配の声がある。
確かに、そういう世論調査を気にする人もいるだろう。そしてマスコミはそうした例ばかり報道する。
もし、そうであるならば当然逆の圧力もあるはずだ。すなわち「菅総理では参議院選挙を見ても分かるとおり選挙に勝てませんよ」と言う声も当然あるはず。しかし一切報道されない。
なんといっても次の国政選挙は3年後だ。それまでに何が起こるかわからない。
マスコミ報道に右往左往するのは良くない。
まったく心配要らない。坦々と選挙活動を進めればよい。

地方議員は確かに小沢さんへの反抗が強い可能性はある。本当の改革が怖いのだ。
名古屋の例を見れば分かる。名古屋では市議会は完全に既得権益にしがみついている。

しかし党員・サポータで既得権益がない人は当然小沢支持だ。

そもそも、小沢一郎の人となりを詳しく知っていた普通の一般の人なんて、インターネットが普及していなかった1990年初頭には皆無に近かったんじゃないのか。当時の情報を仕入れる先はTV、新聞、ラジオ、週刊誌、書籍、であり、マスメディア側の、どこが信頼するにたるかを判断して、ほんとのところはどこかを判断するしかなかった。私たち迷える子羊は、今思うと、すべてのメディアが作り上げた小沢一郎像に騙され続けてきたという事実を知るに至ったということだ。国家権力の横暴さに、少しでも触れた事のある人であれば、世の中の矛盾やその裏のカラクリの実際を、知ってやろう、追求してやろう、と思うだろう。小沢一郎が、なぜマスコミにこんなに叩かれ続けられるのか、不思議に感じたのが発端だった。そして一連の検察による秘書の起訴、その実態の分析。インターネットにつながり、事実を知ろうとする人ならたどり着ける現在の事実を、テレビと新聞が一般国民に、進んで知らしめようとしないこの功罪は、恐らく歴史に残る大罪となるだろう。マスメディアのお仕事は事実を脚色せず、そのまんま伝え、国民に判断を仰ぐというところだと私は認識している。それが、いつのまにか、コメントすることがあたかも仕事であると勘違いし、国民が勝手におもしろがるのをいいことに、本末転倒の情報操作が自分の仕事だと勘違いしている、それが今のマスコミの現状ではないか。我々国民は事実を事実としてとらえ、正しい間違っているを判断し、この国を世界に誇れるより良い国になってもらいたい、その思い一つでこの政局を眺めている。パフォーマンスだとかなんとか、そんな意識にとらわれた人間をこの国の大事な責任を持った立場に立っていて欲しくない、これこそが良心的切実な国民の願いではないだろうか。

今が、本当に踏ん張り時なのだと思います。
相手は、小沢氏の人気に驚き、あくまでも黒い小沢は民意に見放された、というストーリーを作るべく、本来仲間である民主党議員に冤罪を捏造するといった、荒業に出てきました。
世論調査も、捏造くさいです。
本日のTBSラジオで、時事通信の記者が、納得行かないというニュアンスの発言をしていました。
この人は公平な報道をする方です。
捏造、世論操作と、なりふり構わぬ所作に出てきたということは、相手も今が天王山だと思っているからです。
こんな汚い連中に、日本国を任せるわけにはいきません。
小沢支持者は、中間の議員に、小沢支持の働きかけをすべきです。
彼らは、心では小沢、実益で現執行部と、迷っているのではないでしょうか。
小沢支持でも、地方選は大丈夫!と安心させてあげてください。

uchi-uchi さん、小沢さんの紐付き交付金廃止について意見を聞いてみたらどうでしょう?私が思うに地方議員が菅支持なのは、連中が紐付き交付金の「紐」で美味しい思いをしてきてるからだと思います。選挙ための世論のわけないじゃないですか?地方は中央の世論の影響は受けません。小沢さんの地方一括交付金政策は、だれにもごまかすことの出来ない金です。今まで、官公庁は地方が欲しがるせいにし、地方は官公庁の圧力のせいにしながら美味しいとこを山分けしてきたはずです。普天間しかりヤンバしかり。地方議員は利権を失うから、小沢さんを支持できないんです。だから、地方議員には、何故地方自治体に自由になる金が来る政策にはんたいするのか、不正を絡めて突っ込んで聞いたほうが良い。たぶんしどろもどろになるはずです。若い議員は辻立ちで一般人に暴露しましょう。増税せずに景気浮揚する政策に反対するのか、その理由を突き付けるべきです。

>小沢氏は勝つでしょう。・・・・

敗戦後・・・仙谷、前原、玄葉、岡田その他、菅直人はどのような逃げ場所、立ち位置を見つけるのでしょうか。
代表選後挙党一致で民主党は政策実現に取り組む・・・・・?

勝てば理屈いらず・・アカン直人のたまう古い政治?とは異なる小沢正規軍です。
  
小沢が代表に選出されると、菅直人を支持した取巻きや閣僚が外野に追いやられるのは当然である。子供の遊びではあるまいし、大臣クラスが挙党一致の名目で再度要職を宛がってもらうなどと期待する馬鹿はいないでしょう。少なくともそれなりの期間、静かに?蟄居するのが責任ある政治家としての常識だと思う。人材の枯渇といわれるとショウガナイ話で、民主党議員の陣容がその内容だったということです。

菅直人にいたっては自ら要職を辞退するのが筋とゆうものです。
格別の権力闘争とは言いませんが政策の異なる政策表明で争ってきた訳で、なまじっかアメリカ民主党のオバマとクリントン女史のように、大統領選の対決後に政府内で一緒に働くことは日本がまねできるほど、日本の民主主義が進化している、選挙民の意識が革新している土壌はないと思うからです。
闘い終えて手を携えて・・・オトコ男の仲・・有り得ないでしょう・・・


英語のYes or Noの文化圏の合理的な解釈はアメリカそのものです。日本文化の建前と本音を使い分ける不浄の納まり具合は、嘘が蔓延する政治の世界では納得すべき話ではないはずです。面従腹背の官僚政治を一掃する為にも選挙後の閣僚陣容を一新するのが当然だと思う。
マスゴミは選挙後の対立を歓迎しているのか、報復人事を危惧しているのか、低レベル・低脳の言質をメディアが、何故取ろうとするのか全く理解出来ない。

排除の論理ではなく・適材適所の・無駄のない・古式スタイルの・トップダウン再来です。時代は小沢氏スマイルに無理な変化があるように、時代は否応無しに変化しています。
変わり切れないのは特権維持に走る・・官僚と既得権益者と自民党とマスコミだけ・・・・・・
表でオープンに政策しない仙谷官謀、老害に達し派閥を遺棄した森喜郎は小沢氏に比べ甚だしく古い時代の代表です。

開かれた民主主義を枕詞にしながら、
メディアのインチキ・リーク民主主義の動きには腹がたちます。その前に虚頭の?各誌が既得権益Keepに走り廻る、自分らのメディアクラブを解散すべきであろうと思う。

テレビは一方的にアナログからデジタルを強要しながら、正義の番人のように振舞う。
電波枠を独占しながら、権益自己保身の・・ふるいアナログ振る舞いを繰り返す。
テレビ・・・報道はそれこそオカシイ古い体制と思いませんか?

ナゴヤシミンさん

>党員・サポータで既得権益がない人は当然小沢支持だ

僕は建設業界なので、俗に言う「既得権益」側の人間だが、オザワン支持だよ(笑)。
ちなみに、業界のオッサンには、菅さんとオザワンならオザワンっていう人けっこう多いよ。tatsuya

 小沢氏悲観論が多いし、TVも報道が少なくなりました。どのような動きと捉えるかは別ですが、菅氏を支持する方がそれほど多いとは思われません。
 それよりも、今回の立会い演説で、参集した人達が多くいたことが凄いと思われます。安保改定以来、日本人がデモ等主張することはありませんでした。それが、多くの人が街頭に出て、小沢氏にエールを送ったと言うのはすばらしいことであると思います。その点をもっと評価すべきでしょう。明らかに、メディアの言う国民と現実の国民の違いが白日に晒されてきているのでです。今回の代表戦で、小沢氏が敗れても、その差はメディアのいう8:3 または7:3でなければ、マスコミに対する疑問は深まりますし、その後の菅氏への支持率が下がれば、またそれは疑問を呈するでしょう。どちらにしても、メディアは国民という立場に無いということが明白になります。今回の小沢氏の立候補は、日本に革命を起こしたのだと思います。水は高きより低きにしか流れず、気付かないメディアに悲しさを覚えます。
 同じく、悲しみを覚えるのが、民主党の一年生議員です。小沢氏に当選させてもらったのに、反小沢になる。今回は良かったと思っても、信義の問題は、政策以前です。
 ここ数日を見ると、小沢氏の圧勝が決まったのでしょう。私は負けて分裂し新党立ち上げに期待してたのですが、民主党以外のほうが、政治家が多いような気がしますので。

18:38 Shintaさんに加えて

小沢さんが背広にネクタイで崩さないのは、単なるイメージ狙いだけではありません。
わざわざ集って下さった聴取者の皆さんへの礼儀であり、そしてまた、自分に付き添っているSPへの思いやりだからです。

小沢さんは演説の最初に丁寧に、丁寧に御礼の挨拶から始めます。しかし、管さんは、東京でこそ小沢さんにあわせて、御礼の挨拶から始めましたが、急きょあわせたのでつかえてしまいました。そして、最初に演説を始めた大阪では、それがありませんでした。

管さんら政策通をわざわざ自称しなければならない政治家さんには、しょせん自分しかなく、具体的な国民の姿は見えていないのだろうと思います。

投稿者: 民主主義者 | 2010年9月 6日 11:09 さん


>このジャーナルの人気スターであるらしい「em5467-2こと恵美」さんやその他の常連さんは、街宣カーのまん前で聞いていたようだ。私は、京王デパートの前、京王線の出入り口の前(日陰)で、両者の演説を聞いていた。頭をぐるりと回すと100人くらいの聴衆の様子が見て取れる場所であった。当然、両派の動員した運動員も集結した場所であろうから、小沢氏が登場すれば「小沢コール」や拍手が鳴り止まないのも、このジャーナルの常連さんたちの小沢信者ぶりを読めば理解できるし、不思議ではない。<

オイオイ、そこの場所じゃ全体的な雰囲気はよくわからんでしょう。日陰から覗く様な場所の一部の周りの人のことを例にあげて「冷静に・・」と言われても、チョットね~・・。それと、動員はかけてないということですよ、「小沢コールや拍手はアチラコチラからランダムに自然発生的に・・」といろんなネットサイトで報告されていますよ。
それと、小沢さんの応援者が行くのは、管さんの応援者が行くのと同じで、当たり前のことでしょう。行ったら、出来るだけ近くに行きたいと思うのも自然な道理・人情でしょうが。また、演説車の近くにいたのは小沢さんの応援者だけではなく管さんの応援者だって当然いたでしょうに・・、何をおっしゃっているのやら。
もうひとつ、例えハンドルネームとは云え、恵美さんの個人名を勝手に引き合いに出してもっともらしく言うのとか揶揄批判するのは、やめましょうよ。言いたかったら、「恵美さま」宛先で正々堂々と投稿し問いかけるのが筋であり礼儀でしょう。一般人に対して失礼もはなはだしい限りだ。


>さて、菅氏がスーツを着ていないことを批判している人がいたが、行政府は「クール・ビズ」を実行中なのだから、行政のトップがクールビズを守るのは当然であろう。何十人もいたSPもノーネクタイであった。拳銃を隠すために上着は着用していたが。あの炎天下、スーツにネクタイ姿の小沢氏の姿に、時代に取り残されつつある男の悲哀を感じたのは、このジャーナルでは私ひとりでしょうが(笑)<

何を仰っているのやら。だったら、いつどこでもどんな会合・会見・場所でもどなたとの面談面会でも、小沢さんの一貫した背広ネクタイ姿と同じ様に、管さんは管さんで夏場一貫してマダム・スシが持ち込んだ「クールビズ」とやらで通せばいいでしょう。しかし、国会やこの前の出馬会見や記者クラブ会見などでは背広にネクタイじゃないですか。それとも、国会や会見はフォーマルだから背広にネクタイ、今回の国民に訴え対面するときは炎天下でもあるし「気さくさ」を演出したいから気軽に「クールビズ」でいい、とでも思っているのかな?
政治家にとって国民・選挙民は最大限に尊重し敬意と礼節をもって接するべき相手様でしょう。管さんがさかんに「国民の皆様の判断を仰ぎたい」と本当に心底思っているのであればなおさら、例え炎天下であろうと、国民の眼前で誠実に威儀を正している小沢さんを見習うべきだ、と皆さんが感想し判断するのは極めて道理であり人の道にかなった自然で当たり前の意見でしょう。
それに対して、あなたの考え方は考え方として、人様にまで踏み込んで意見し人様を揶揄するのは行き過ぎでしょう。管さんが本心の信念をもってやっているかどうか・一貫性のある所業かどうかなどは別としても、「私は、長袖シャツのまくりスタイルは政府推進のクールビズに適うものでもあり、それはそれでいいと思います」と、ただそれだけのコメントだけで充分でしょう。
余談ながら、多様な意見や見解の投稿披歴はおおいに結構で大変歓迎すべきことだと思いますし学ぶべき点も多いですが、人様の見解について批判的に仰るときはそれなりの敬意や作法があってしかるべきと思います。それが道理・人の道だと、私は思います。

 6日のテレ朝「テレビタックル」に民主党の生方幸夫氏が出演してた。「小沢の金の問題が片付いていない」とまた発言していた。意見はスルーパスだ。「金の問題って何んだよ」と突っ込む出演者がいないからだ。
 腹がたつのでチャンネル切ってしまった。

 検察は「犯罪を構成する要因は何一つ無い」と判断し小沢氏は「不起訴」になった。その後、検察審査会は、検察の捜査資料に基づいて「起訴相当」という結論を出した。同じ資料で答えがちがう。素人の正義感で「小沢さんが知らないはずがない」と推理して決議した。
 金の問題というより収支報告書の記載でしょう。小沢さんは会見で、収支報告書を見せてます。いつでも、どうぞ、と。
 疑惑を抱く生方議員はすぐに収支報告書を見てほしい。
 真偽はどうでもいいのか?
ただ単に小沢を叩くのが目的なのかもしれないが・・・。

高松議員は毎日新聞に対して抗議する予定だそうですが、ブログなんか書いてる前にただちに記者会見をして公に抗議するべきでしょうね。
自信があるならそうすべき。
ブログにて官邸出入りの記者を通じての官邸の謀略と匂わせているのなら、それを暴く良いチャンスです。
毎日新聞をはじめとする大マスコミに一矢を報いる大手柄になりますよ。

白紙委任は一般的にはありうる話ではあるし、どちらの陣営がどうのこうのと云う話でもない。関係が密な場合には馴れ合いもあるし関係を勘違いすることもある。行き違いもある。

謀略とかそういう話はご免蒙りたい。
米国の誰かさんが潜水艦で小沢さんに会いに来たとか。

今回の民主党代表選での小沢さんへの熱い応援が、このまま14日で終わるのが勿体ない気がしてきた。

この小沢さんに対する熱い気持ちを民主党だけでなく、国民運動にするためには、むしろ小沢党から積極的に総選挙を仕掛け、新政権の信を問う方が、すっきりするような気がする。

日経新聞支持率調査
小沢さん負けてます。よろしく!
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E2E7E2E29B8DE2E7E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

今ここに至って、ようやく2候補の対立軸が明確になりました。菅氏のエリート主導型政治vs小沢氏の大衆主導型政治です。菅氏と小沢氏のそれそれの支持国会議員を見るとまさにその通りですし、菅氏が官僚と共にあるのもそのせいだと思われます。また、小沢氏が立会演説会で非常に人気があるのも、その場にいた一般大衆が小沢氏が大衆の代表であることを無意識的に理解したからだと思われます。その文脈の延長線上に、政治主導(大衆主導)vs官僚政治(エリート主導)があるのだと思います。

「同じく、悲しみを覚えるのが、民主党の一年生議員です。小沢氏に当選させてもらったのに、反小沢になる。今回は良かったと思っても、信義の問題は、政策以前です。」

小沢氏に当選させてもらったのにというフレーズに困惑を覚えます。目眩がします。
地域の有権者の皆さまに当選させていただいたことを忘れないでいただきたい。チルドレンであってはいけない、それを超えて小沢氏を支持すればよい。

私は民主党だから一票を投じているのです。

小沢党でも菅党でもごそっと落選しますよ。

ナポレオンは1815年、
流刑先のエルバ島を脱出しマルセイユ付近で上陸、
パリに向かって再び天下をとった。
その期間のナポレオンの動向を伝える
官製新聞「ル・モニトゥール」の見出し。

「凶悪な食人鬼、巣窟より脱出」
「コルシカの鬼、ジュアン湾に上陸」
「怪物、ジァップに到着」
「虎、グルノーブルで一泊」
「略奪者、リヨンを通過」
「暴君、首都に60里に迫る」
「皇帝、フォンテーヌブローに」
「皇帝陛下、昨日チュイルリ宮にご帰還。臣民、歓呼で迎える」

オザワンが当選すると、
大新聞やTV局がコレと同じことになります。

 小早川秀秋がたくさんいるようである。
 勝敗は9/14を待てばよいが、その間、壮大なリトマス試験紙はくっきりと見分けさせてくれる。
 私欲のために政治を手段にしかしない者。
 私欲を捨て他の為に政治家たらんとする者。
 こんな機会は滅多にあるものではない。
 関ヶ原でも、日和見で名を汚した者、信念を貫き名を残した者、勝敗に関係なく存在した。

もう勝負はついた。
小沢は自信にあふれている。
東京・大阪の合同立会演説会は圧勝であり、札幌では更に差が開く。菅は気の毒だ。今度はどんな話をするのか、どんな話をしても小沢のあの迫力には勝てない。
6日夜11時のTBSに出演してキャスターから世論とかけ離れるのはと責められても、尊重するが、TBSの世論もあれば他の世論もあると自信たっぷりに言い切っている。
にこにこ動画の支持率で相当自信をつけたとみる。
おそらくマスコミの虚偽支持率はこれからも変わらないが、水面下で流れは完全に変わったとみる。
地方議員・サポーター票も心配ない。
完全に小沢は活火山である。大爆発寸前であり、マスコミを吹っ飛ばすとみる。
ただ小沢総理についても心配がある。菅よりましとしても経済政策は地味である。デフレ日本は生半可な経済政策で再生できないほど重病である。システム変更+超スーパ特効薬が必要である。
小沢は日本がどの程度の病気かという認識が持っているのか、それにかかってくる。
菅のデフレ時に増税などは馬鹿丸出しで話にならないが。
もっともそれをしていたら小泉に続いて大恐慌時の総理として歴史に名を残した。米のフーバー、日の菅と。
まず小沢勝利は間違いないとみる。

ジャーナルの皆さん、新聞社のアンケートに驚いていますが、冷静に見れば、たいしたことありません。
たとえば、読売の場合、
小沢氏   17%
菅氏    73%ですが
菅氏には、現役総理であるし、あまりころころ代わるのはよくないという極めてあいまいな浮動的支持率が56%あります。
従って、実質的支持率は、
小沢氏   17%
菅氏    17%
であって、拮抗しているのです。
新聞社は、小沢氏が勝ったときの言い訳をちゃんと準備しているのです。
議員、党員、サポーターがうろたえなければ、勝利間違いなしと、確信しています。皆さん、最後まで頑張りましょう。

クールビズだから、という意見がありますが、クールビズって何かご存じですか?

地球温暖化対策のひとつとしての方策ですが、事務所などの冷房用エネルギー消費を抑えるため、軽装にして、冷房の設定温度を上げるというのが、クールビズの考え方です。

記者会見などの室内では背広を着て、外では軽装というのは、政府の意図しているクールビズとは全く逆のことをしているわけで、単に自分が暑いかどうかで、背広を着るかどうかを決めているにしか過ぎないのです。

tatsuya さま 2010年9月 6日 22:02
>ちなみに、業界のオッサンには、菅さんとオザワンならオザワンっていう人けっこう多いよ。tatsuya

レスありがとうございます。そうであるならばテレビ報道は益々やらせ疑惑が浮上します。最近、支持者とおぼしき人が「小沢支持なら、次は応援しない」と若い議員を恫喝する場面が報道されます。
小沢氏が代表になると少なくとも県知事や大都市の市長選では与野党相乗りは許しませんから、そうなると民主党は選挙に勝たないと与党のうまみがない。首長も相乗りの方選挙はらくだから良いに決まっている。
この辺に菅支持の要因があるんじゃないかと。
菅さんが小沢さんを選挙の要職と言い出したが、こういう人たちから見たら「おいおい話が違うぞ」と言うことだろう。つまり絶対にないと言って良い。

堀口様 ありがとうございます。
地方議員は来年選挙を控え、マスコミが作ったミンイに敏感であることのようです。
後援会からも「なんで、3ヶ月前に辞めた人間がまた出てきて、そんなのを応援するんだ!」といって突き上げられる場面は、テレビでも色々取材され放映されていますね。
そういった、突き上げに議員の方がしどろもどろになり、上手く説得できていないと言うのが印象です。ただ、メディアの扱い方がやや変わってきたので、党員サポーター票に影響すればいいです。

世論調査の結果にこれは偽装だとか民主党内の世論とは違うとか議論がありますが、これは正真正銘党員・サポーターの集まりです。

注目は拍手の量とそれぞれ語っている内容で、その違いが歴然としているのではないでしょうか。

http://www.youtube.com/user/minshu08#p/c/0D049DEFE796E166/1/7Sbrh1E48t8

http://www.youtube.com/user/minshu08#p/c/0D049DEFE796E166/2/TAIy_J-NkRI

今そこにある危機

菅政権は、これからの経済対策をみていて欲しいと、ノーテンキぶりを発揮しています。
しかし、世界では、世界的な経済危機のおそれがあるなか、各国が、金融、財政、経済対策をそれぞれ独自に競い、打ち出しています。
にもかかわらず、菅政権は、急激な円高、株安の動きに、「注視」を繰り返し、対応に失敗し、マーケットに完全になめられています。
菅総理の続投が決まれば、たちどころに、為替、株式の各市場は、マーケットのえじきにされるのではないでしょうか?
日本経済を守るためにも、なめられない総理大臣が必要です。

uchi-uchi さま、私もこの映像は見ました。後援会の皆さんは批判する、でも、小沢さんには投票したい、さて。私ならどう答えるかなとシュミレーションしたとき正直に言っちゃうなと思いました。「でも、今の民主党には、日本の難局を舵取りし、首相として仕事のできるひとは小沢さんしかいないんです」と。
結局みんな自分のことしか考えてないから人に強く言われると右往左往するんです。
有権者も、自分が小沢さんの政治理念、政策、人柄、惚れ込んだものがあればハッキリ議員に言えばいいんです。逆もまたしかりです。
選挙の票のために自分の信念をげるような議員はどうせ将来ろくな議員になりません。自分の信念を後援会に説得出来ないような議員など、議員としては能無しです。皆が反対するから…なんてうじゃうじゃ言う議員は、市民にとっては投資する価値も給料を出す価値もないですよ。そんなやつは、落とさなければなりません。

asuwoyoku様 | 2010年9月 7日 09:32

埼玉はかの有名な反小沢の枝野が県連会長の地元ではないでか。
地方議員は小沢支持といえば県連会長枝野の報復を意識してテレビカメラの前では発言しませんよ。
そこで判断はできませんよ。
しかも参議院選では枝野の埼玉と仙石の徳島が民主党票を大幅に落としているのです。
彼らは現体制には本当は不安のはずです。
サポーター票は選挙区単位ですから、小沢は選挙区単位に対策を立てているでしょうから、問題はないです。
地方議員についても立会演説会の情報が流れ、ネット情報も流れれば、参議院惨敗の影響もあり、菅が圧倒的とは思えません。
むしろ不安のはずです。
地方議員のマスコミ調査では小沢支持では世論と違いますがという質問がうるさくてとりあえず菅といっているという情報もあります。あるいは小沢選管から菅支持と云えという情報もあります。
選挙は結果しかわからないのが、最近の選挙です。
大前健一が立候補した都知事選では一週間前の新聞報道で青田当確と出て流れが決まりましたが、昨年の神戸市長選挙では一週間前地元新聞は民主党支持の現職圧勝と報道したが、無名の政党支持なし無所属の新人候補が蓋をあけると僅差も僅差数百票位の差まで詰めていたのです。
マスコミ報道はいくら出ても今や何の信憑性もありません。
恐らく世論調査の結果に対しては読者、視聴者からかなり批判が上がっていると推測します。
小沢人気は一部マスコミにも流れ出しています、マスコミも騙しきれなくなっていると腹を括りだしたのでしょう。
6日のTBSではスバモ二と打って変わってキャスターもゲスト杉尾も変わり鋭い突っ込みを入れていたが、小沢に論理的に説明されて黙ってしまった。小沢つぶしは失敗している。

あなたの意見が正しいことを証明したかったら、小沢派が県連会長の地方議員・サポーター大会を紹介ください。
そうすれば信憑性がありますよ。
埼玉では岩手で小沢支持が多いというのと同じです。
菅が小沢を要職につけると言いだしましたが、選挙に強いので選挙関係と馬鹿な話をしていますが、菅は立会演説会の完敗で不安なのではないですか。
大阪では最初のにこやかな顔が最後には超不機嫌な暗い顔に変わっていたのですから。かわいそうでした。

小沢一郎を応援する北海道の皆様へ!!

来る9月9日(木)15時より札幌大通り公園にて民主党代表選挙立会演説会が開催されます。
東京・大阪の立会演説会の状況はご存じの通り非常に盛り上がった立会演説会となりました。

ついては、小沢一郎を応援する北海道の皆様にお願いですが、東京・大阪の立会演説会に負けない盛り上げをお願いします。

北海道の大地は勿論、海を渡り・山を越え日本全国に「小沢・おざわ・オザワ」コールを響き渡らせていただきたいと願っています。

本日、小沢一郎と投票用紙に書いて投函してきました。


 
 大変なことになっている。いよいよ、現実味を帯びてきた。戦場で議論している場合ではない。
 
 一に動け、二に動け、三に動けだ。

じじいは、長年、日本社会党支持者で、現在も、強いていえば、社民党支持。耄碌している自覚もあるからして、でかいことは言えません。

民主党の代表選、ヒートアップしていますなあ。ご愁傷様、いや間違うた、ご苦労様です。

見たまま、感じたままを申し上げます。失礼の段、お許しめされよ。

1.新宿、梅田の演説会、小沢さんが圧勝でしたな。演説内容も、拍手声援も。菅応援団の皆様も、悔しいのわかりますが、真実は認めないといけませんぞ。
菅さん、両手を腰に当てたりはずしたり。車から逃げるように降りられる姿、目をつぶりたくなりました。顔も引きつり目もうつろ。可哀想です。日本国総理大臣の恥を天下に晒していいのでしょうか、民主党支持の皆さん!

2.マスコミは、菅さん応援団ですな。大手のテレビ新聞、横並びで菅さん応援。支持率、真逆って、B層の爺でもわかります。大本営発表を思い出しますなあ、年寄りは。これで、菅さん続投決まり・・・と、思っていました。ところが、どうも、昨日今日あたりから、雲行きが怪しくなってきたようですな。
朝日新聞を始め、マスコミの反小沢ぶり、なりふり構わずヒステリックではないですか、皆さん。
黒を白、白を黒と言い続け、国民を犠牲にした大本営発表。どうも、舌を出しながらの反省だったようですな、特に朝日。
しかし、テレビのコメンテーター達、なんかおかしくなってきましたぞ。反小沢・嫌小沢で元気が良かった方たちが、うつむき加減になってきました。新宿・梅田効果かもしれませんぞ。油断大敵、菅総理。9日の札幌、頑張らないと、スッカラ菅になりますぞ(笑い)

3.小沢さん独裁的と思っていましたが、どうも、菅さんの方が、独裁的なようですな。閣僚にも諮ることなく、消費税増税を言い出したり、小沢さんを重要なポストに任用するといいだしたり。仙谷官房長官、狸にだまされたみたいな顔していましたぞ(元々?)。
爺にとっては、どうでもいいことなんですが、最期っ屁を放ちます。「今の内閣は、救国内閣ではありませんぞ」

流山の素浪人様につづき、お言葉を拝借し、私からも、


「小沢一郎を応援する北海道の皆様へ!!」


来る9月9日(木)15時からの札幌大通り公園における民主党代表選挙立会演説会にて、

北の大地・北海道から、
海を渡り・山を越え・
天空をつんざき、
日本全国津々浦々までに
「小沢・おざわ・オザワ」
の怒涛の大コールを
響き渡らせて下さいますよう

切に願っております。

態度未定であった議員に、何度かメールを送信し自分の意見を丁寧に申し上げ、高い見識と英断を求めていたところ、つい先ほど小沢支持の決断をする旨のメールが私の元に届きました。
皆さんもメールやFAX頑張りましょう

奥野 様 2010年9月 7日 11:11

このビデオは②と③です。⑥まで見てもらえば小沢支持の発言もいっぱい見られます。埼玉県の県連は小沢支持だそうです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010090600763

>あなたの意見が正しいことを証明したかったら、小沢派が県連会長の地方議員・サポーター大会を紹介ください。<
とのことですが私のほうよりあなた様の探していただいたもののほうがより説得力はあるのでは?

小沢氏を得意分野で起用発言。
菅総理、小沢氏の得意分野は総理大臣ですよ。お忘れなく。

投稿者: 横丁の永田 | 2010年9月 7日 13:51 様

うまい!!
座布団10枚

投稿者 9月 7日 田舎のじじい(75歳)さま
>またの訪問を願っています。

楽しい爺・時事評論読ませていただきました。
加熱・膨張・興奮気味の代表戦で冷静になれるペーソスの効いたお話です。
読みながら小沢勝利に続く閣僚人事陣容がどうなるのか・・・
政治への興味が倍増しております。

The journalに投稿される多くの論理的な政治コメントも読んで勉強になりますが、謙虚に物申す主張あるじじい様のお話に、涼しさを呼び込む風刺なご意見を感じます。
じじい様のような政治コメンテーターがテレビに登場すると視聴率が倍増することになるでしょう。
笑いながら政治を切りまくる・・・想像するだけで楽しくなります。


>日経新聞支持率調査
>小沢さん負けてます。よろしく!
>http://www.nikkei.com/news/headline/article/
>投稿者: dokusya | 2010年9月 7日 00:16


こういうことやってるから、ネット調査は偏りが大きくて信頼できない。

asuwoyoku さん| 2010年9月 7日 09:32 
こんにちは。以下、お読み戴けば結構、特にご反応は不要です。

貼り付けて戴いたVideo②(蓮舫さん)③(中山さん)を拝見しました。有り難うございました。
お気持ちは解りますが(笑)、拍手の多寡をこのお二人の間で比較しても大きな意味はないのでは?人気に段違いの差がある。然し、ひょっとして実際の投票行動に「大きな意味が有ったりして!!??」(笑)。

一方で私には演説内容には歴然たる違いが観えました。この違いが拍手の多寡に何処まで影響を与えたのか不明ですが。実際の政治現場の経験の広さと深さに、彼我の違いがあったと思います(因みに、「我」は蓮舫さん(笑))。
特に景気対策について。

1. 中山さんは耐震工事など納得的な公共工事を挙げたあとで、「公共工事」を厳しく選別せず無限定なものに拡散させる脈絡でこの件りを終えた。この拡散した公共工事は一人中山さんだけではなく予て小沢さんの演説からも伺える。
更に言えば、小沢グループは今の日本には必須の長期的視野に立った新経済成長戦略に言及しない。小沢さんが大切にし豹変も虎変も拒否する2009年マニフェストには経済成長戦略の言葉だけはあるが具体的なものは何もない(具体化は今年の6月)。小沢グループにはその戦略資金が物理的にない、のみならず資金を捻り出す根拠がない。
小沢グループは短視的な「景気対策」だけを強調する。デフレ脱却を言うのなら、そのような景気対策は全く意味がないことは過去10年以上日本が実証して来たのですから。私が「古い20世紀的手法」と表現する所以の一つです。
(勿論、景気底割れを防ぐための景気対策は必要ですが、此処でのポイントは「新成長戦略に言及しない」こと、「景気対策だけを強調すること」です。)

2、他方で、蓮舫さんが経済対策に言及しなかった処は彼女の要反省点ですが、菅グループとしては現政権の方針に従って新経済成長戦略を着々と推進する訳で、蓮舫さんの言及がなくてもその方向性は好ましいものとして私には明確に観えている。例によって、その「着々」が遅く小さいのは大いに不満ですが、此処での論点ではない。

処で、此処TheJournalでは不評の竹中(平蔵)さんが先日の講演で、「民主党の2009年マニフェスト(くどいですが、小沢さんが拘っているもの)には、経済成長戦略がない、法人税引き下げもない、デフレ脱却論もない、消費税引き上げもない」と扱き下ろされていた。真に小沢さんの政策の大きな問題点としてその通りだと思っています。小沢さんは豹変も虎変もすれば良いものを。因みに、竹中さんは「今は有る!」とは当然ながら言わなかったが(笑)。
勿論、此れも時間の経過と一年の政権経験が齎した成果であり、蓮舫さんも菅さんサポートの演説ではこの菅政権の成果を政策の違いとして大々的に打ち上げれば良かったのに・・(笑)。

新聞、テレビの「世論」「支持率」誘導による選挙干渉、もう、大メディアは必死ですね。国民感覚と乖離しているのはメディア側で、各社誰かの指示で「今回はこれくらいで」的な示し合わせたような「支持率」って、本当のところマスコミの「指示率」って言い替えたらいかがか。
最近はもう、マスコミに叩かれている、それだけで、応援したくなります。マスコミが嫌がるってことはきっと国民の味方なんだと思えてくるから不思議。マスコミ、やりすぎちゃたね。今回だけは、いくら小泉フィーバーに騙されたB層の人も気付いちゃったんでは。

今 ハガキを出して来ました。

もちろん 「小沢 一郎」と書いて・・・。

日テレ16:53からのニュース番組everyに小沢さんが録画ですが出ます。
でも、日経新聞のテレビ番組欄には押尾事件や女性看護師の殺人事件は載ってますが、小沢さんの名前がスルーされています。
日経新聞のバカヤロー

投稿者: igarashi |様

「支持率」って、本当のところマスコミの「指示率」って言い替えたらいかがか。(うまい! 座布団30枚)

JNN世論調査では「指導力あるのはどちら?」の質問では
小沢61% 菅23%と出ました。

マスコミに叩かれている、それだけで応援したくなります。
マスコミが嫌がるってことは、民主主義の利益なんですね。
マスコミがつぶしたい人物が国民には必要なんですよ。
鈴木宗男をつぶすな! 小沢一郎をつぶすな!

asuwoyoku様 | 2010年9月 7日 09:32
埼玉県連のビデオのご紹介有難うございます。
蓮眆さんは美人で得をしていますね。また弁舌もさわやかで淀みがありません。しかし全く言霊がないですね。2009年マニフェストの大事さに触れながらも現在の菅政権がそこから逸脱している矛盾に気が付いていません。また経済政策には全く触れていません。菅内閣の弱点ですね。
一方、小沢氏を応援した中山さんは鳩山さんと小沢氏の出会いのエピソードを紹介されていて、小沢・鳩山両氏の結ぶ付きの強さを感じました。また経済政策にも力をいれて話されていました。
サポーターの小沢支持の多さにもびっくりしました。
東京・大阪・埼玉と大都市圏での小沢支持の多さに勇気付けられました。
党員・サポーター票でもいい勝負をすると確信しています。

菅内閣では総理の発言より官房長官の発言が重い。

総理の発言(小沢氏を重職に)を言下に否定する官房長官は何!
幹事長当時の小沢さんよりこわもて感がある。
閣僚もピーチクパーチク言っているようだが。

日テレのnews everyの菅さん、だんだん小沢さんの主張と似てきたように思いました。14日までには小沢さんと全く同じに事を言うようなってしまうかも。何だか怖いわ....

マスコミの偏向ぶりを見ると
またしても不正選挙の為の世論操作か、と先の参院選を思い出し、再び不安を禁じ得ません(今度はそうはうまくいかないはずだと思いつつも)。

菅さんが真の敵は悪徳ペンタゴンであることを認識しているのなら、ここは、自分自身の非力を率直に認め白旗を上げ、大同団結(即ち真の政権交代をなし得る小沢一郎への一本化)に走るのがベストだ、と思う。(自分自身への信任選挙だと大見栄切って臨んだ参院選の大敗に責任を取るというしっかりした大義もあるのだから…。まだ遅くはない)
もはやこの状況では菅さんではダメだ(=悪徳ペンタゴンにやられる)、というのははっきり分かる。
民主党議員もサポータも、国民の真の敵を認識し、またそれと闘える人はどちらの候補なのか
を考えて行動すべきだと思う。立ち会い演説で答えは明らかです。

ところで
信任選挙だと明言しての参議院選大敗に恥ずかしげもなく辞任しないのも、ボクには理解できる…。
即ち、消費税発言によるとする参院選敗北を菅さんは受け入れることができないからではないか。
もっといえば不正選挙の結果は到底受け入れられない…受け入れなくてもよい!
…そう思っているからではないか。
菅さんを押している議員の多くもそう思っているからこそ、菅さん支持もできるのではないか。
こういう見方をする人は、かなりいると思う。

いずれにしても菅さんが総理の座から潔く退くこと、負けること、

「それが菅さん自身のため、民主党のため、ひいては日本のためです」…間違いなく。

マスゴミが「菅有利」を書いてる事を気にする向きが有るようですが、そんなの無視なさいな。
所詮マスゴミ、インチキ報道の専門家が云ってることなんか、気にするだけ馬鹿を見ます。
無視なさい。

背広とシャツ、これもどうでもいい事。
小沢さんが、菅のような格好をしても似合わない。
でも、熱いのに大変だよね。
エライ。

さて、
小沢さんは、「補助金を止める」を言っているわけです。
これは、単に交付金にして一括交付なんて事だけにはとどまりません。
中間で、おこぼれに与る公益団体の排除にもつながる発言なのです。
私はそう見ております。
中間団体の排除という事は、「規制排除」にもつながる事は、言うまでも有りません。
日本の過去65年は、輸出主導と各種規制の固定化の歴史でした。
輸出産業を排除する必要は全くありませんが、「規制排除」こそは、新しい産業を生み出す根っこに他なりません。

「日本改造計画」に書かれている一番のイメイジは、グランドキャニオンに柵がない事です。(そうじゃないという方には、失礼)
この柵こそは「規制」そのものな訳です。
柵が有ることで、一定の安全は得られるでしょうが、さらなる発展は阻害されてしまうのです。
「規制排除」「規制解除」こそが、成長戦略なのです。
「規制緩和」なんて半端はいりません。
皆さま方の周りを見回してください。
下らない「規制」のなんと多い事。
これこそが、この20年間、日本の停滞を招いた元凶なのです。
新しいビジネスが、生み出される事を邪魔してきたのです。

菅さんのファンの方には申し訳ないけど、結局彼は、ただの「権力の亡者」です。
それ以外の何物でも有りません。
ここ数日を見て、それが解らないのは、見えないのか、見る能力がないのか、見る気がないのか、はたまた自民党か共産党の支持者、いや、みんなか?だからでしょう。
だんだんイチャモンが、笑えてくるレベルにまで落ちてきていますもんね。

皆さまのコメント、最近では、新聞やテレビより、「事実の確定」という視点でも、より説得力が勝っているように思える、ここ1~2年です。

小沢対菅というより、菅の後ろにいる記者クラブを中心としたメディアとの争いが、もう一つの注目点ではないでしょうか。ある意味、フリージャーナリスト対記者クラブとでも言いましょうか、格差づけられた、フリーの方々が、どれだけ虚偽情報を暴露していくか、日々、興味深いと思う昨今の情報をめぐる状況です。

もしかしたら、大メディアの中には、批判的なスタンスで腐っている記者もいるかも知れないと思うと、数年ぶりに見た朝日新聞の無残な紙面構成と比較して、その操作的内容のかげに苦しむものというもう一つの設定を見ようとしています。

もちろん、小沢さんには勝って欲しいと願っていますが、それ以上に上記の問題に焦点をしぼっております。札幌大通りの演説会に参加したいと願うが、仕事も無く、金もない現状では…。弱音を吐きました。(失礼しました)。

投稿者: 小沢支持者 | 2010年9月 6日 21:42 様

時事通信ではなくTBSラジオの武田カズアキ記者と思われます。武田記者は普通ではありません、腹が据わっています。小沢さんに関する新聞批判、特捜批判をしている名物記者です。別名 国会王子。

時事は山田さんも田崎さんも世論調査に疑問を呈すことはないかと。

埼玉県連の大会で中山ヨシカツ氏の公共工事のくだりで学校などの耐震工事と言った途端それは紐付きになる矛盾。自治体によって小中学校の耐震工事を完了しているところもあり、一括交付金との絡みもあり使途をフレキシブルにして欲しいものです。

元株やさん | 2010年9月 7日 19:00
以下お読み戴けば結構、特にご反応は不要です。勿論ご反応を戴ければ大歓迎ですが。

【「日本改造計画」に書かれている一番のイメイジは、グランドキャニオンに柵がない事です。・・この柵こそは「規制」そのものな訳です。】&【下らない「規制」のなんと多い事。】
以前からこの小沢文脈と元株や文脈には、略々!完全に!同感しています。
ああ、それなのに!途中の思考過程に大きな齟齬がないのに、最後の菅・小沢の選択が全く異なるのが不思議です。

因みに、今日の日経電子版「菅・小沢氏の代弁役、たもと分かった同期が火花」の中の寺田学さんの伝聞(下記記事)を、元株やさんはどのように読み理解されるのでしょうか?
PowerHarassmentも完全排除されるべき「規制」ですよね。小沢さんというかその取り巻きが造り上げた「小沢版規制」。この似非小沢流の管理手法と状況で、此の21世紀を世界と伍して行けるとでも?(笑)
-----記-----
「そんな寺田が最初に籍を置いたのは前幹事長、小沢一郎(68)を支える中堅らのグループ「一新会」だった。だが、組織のために個を押し殺す空気になじめず足は遠のいた。市民運動家出身の菅のグループは議員同士のつながりが緩やかで、居心地が良かった。」

元株や | 2010年9月 7日 19:00さん

>マスゴミが「菅有利」を書いてる事を気にする向きが有るようですが、そんなの無視なさいな。 以下、云々・・・<

意気込みや太っ腹はよくわかりますが(失礼、笑)、まあまあ・・。
小沢政権誕生を願い昼夜胸を痛め或いは心配しているここジャーナルの多くの読者・投稿者の方々や仲間の切実な心情も察し、同じ仲間として一緒になって互いの気持ちに寄り添い合い、細かな事柄でも一つ一つ丁寧に地道にフォローしあって行きましょうよ。
そうした細かなことの積み重ねがお互いの励みにもなり今のうねりにもなっている訳ですから。
そうでないと、「こんな意見つまらないことなのかな?些細なことなのかな?聞くのよそうかな?」と思って投稿をためらったり引いてしまったりする方や、自由闊達な意見表明を躊躇したりしてジャーナルへの投稿阻害要因になってしまいかねないかもしれませんよ。細かいことで心配し過ぎかもしれませんが、もし万一そうなったら寂しいじゃありませんか。
それと、たいしたことではありませんが、「マスゴミ」の「ゴミ」は少し違和感ありですね。植草さんのブログでも、唯一この表現がどうも品を落としている様でいつも気になっています。一応、正しく「マスコミ」で行きましょうよ。できれば・・ですが(笑)。

大変失礼なことで申し訳ありませんでした。他意は全くございませんので、お気に障りましたら平にご容赦下さい。

kouhukujiさん | 2010年9月 7日 20:06
以下お読み戴けば結構、特にご反応は不要です。勿論ご反応を戴ければ大歓迎ですが。

わああああ~!凄い!鋭い!
【中山ヨシカツ氏の公共工事のくだりで学校などの耐震工事と言った途端それは紐付きになる矛盾。】

そう言われて観ると・・・、
中山さんは、この手の矛盾の中で生きている方とお見受けしないでもない。
嘗て私がビジネスで付き合った方、相撲の「たにまち」を張っていた方と似ていないでもない。
そう言えば、あの人も・・・、此の人も・・。
止めましょう、大切なTheJournalの品を落して仕舞う。

投稿者: (日本人を止めた)無国籍人 | 2010年9月 7日 22:29 様

レスポンスありがとうございます。
ネット依存症悪化の一途を辿っておりまする。

投稿者: kouhukuji | 2010年9月 7日 20:06さま
小沢氏の一括交付金の使途はフレキシブルですよ。

不思議な選挙戦です。小泉選挙は湧きに湧きましたが、それ以上に立会演説会は小沢一色なのに選挙は小沢劣勢。世間も静かといえば静かです。
超円高15年ぶりの円高に無策でも菅内閣の支持率は上昇するという不可思議さ。
当然と言えば当然これは官僚・米・マスコミ対小沢の選挙です。
政調副会長桜井が急遽政策討論会を10日に開催と決定したが、桜井は菅派どういう意味か。
相当小沢の財源論一括交付金を各知事の意見を使って攻め立てるのではないか。
官僚総出で小沢政策メモの荒探しをしているはず。
ここで菅優位を決定づける予定とみる。
小沢側は橋下知事のぼったりパーと言った言葉を使い、きちん反撃すべきである。
大阪府の事例を見ればわかるはずだ。それにしても何でも言いたがりの橋下が何も言わないのもおかしな話だ。本来なら一括交付金大歓迎のはずなのに。
補助金の吸い上げは官僚の天下り先確保の意味合いもあるのだ。
古い話を何回もしても通用しない。是非最近の事例を持ち出してほしい。
これからが勝負である。

投稿者: asuwoyoku 様| 2010年9月 7日 13:22

埼玉県連は小沢支持ですか。
それにしても紛らわしい投稿ですね。
産経では岩手と沖縄以外は菅支持とありましたが。
最初から①~⑥を乗せてもらいたかったです。
①のレンホーの拍手で決まりかと思っていました。

奥野 様 2010年9月 8日 10:13

>不思議な選挙戦です。小泉選挙は湧きに湧きましたが、それ以上に立会演説会は小沢一色なのに選挙は小沢劣勢。世間も静かといえば静かです。
超円高15年ぶりの円高に無策でも菅内閣の支持率は上昇するという不可思議さ。<

なかなかの状況感覚です。でも、私にはしごく当然のように思います。
多くのひとは今と言う現実の困難さ、自らの責任性を理解しようとしているのだと思います。
ここの方々は検察の横暴と戦って不出世の小沢氏をなんとか男にしてやりたい、いまのマスコミや検察をゆるすなという事でしょう。
だから田中氏のような見解が受けるのも良く分かりました。
しかし現在の攻防は、そこに対立軸があるわけではないのです。国民は自分の責任をどう果たしていけばいいのか、新政権の下での新たな戸惑いと怖れと気持ちの整理、決断ということであり、だからいまの国の状況をもっと明らかにせよ、説明せよと言っているのではないですか。

>埼玉県連は小沢支持ですか。
それにしても紛らわしい投稿ですね。
産経では岩手と沖縄以外は菅支持とありましたが。
最初から①~⑥を乗せてもらいたかったです。
①のレンホーの拍手で決まりかと思っていました。<

政治の世界は右か左かでは捉えられません。さまざまな要素が絡み合っています。
2つしかアップしなかったのは小沢擁護発言ばかりに話がいくのではなく、両者の論調の違いに注目してほしかったからです、そういう小さな目論見はありました。すみません。でも、(日本人を止めた)無国籍人様はみごとにここにはまっていただきました(笑)。
情報についてはすべてを(といってもムリなので最大限か)捉えつくし、自分の思考と経験から判断しないとはめられますよ(笑)。
でも奥野 様はとても純で愛すべき性格だということはよく分かりましたよ。

(直前の記事に付け加えです)

国民は自分の責任を考えている、と言う趣旨の傍証を強化します。

例えば、
「消費税の負担は厳しいけれど、財政がないんだったらなんとかしなくては」とか
「子供手当てをもらうのは嬉しいけれど、国が借金だらけになって将来につけがまわるのはイヤ」とかの発言に表れている。

>そうした細かなことの積み重ねがお互いの励みにもなり今のうねりにもなっている訳ですから。

ここでいう「うねり」が起きているとして、その「うねり」は一体何処に向かっているのか、或いはいないのか。個人的にはネット上というコップの中だけの現象にしか見えないのですが・・

失礼ながら、このままだと此処がいわゆる井戸端会議の場と化してしまうと言わざるを得ない。まあ、憂さ晴らしも含めて、議論を愉しむことが目的であるならそれも良しですが、如何にも勿体無い。

此処に来て一月余りですが、今ではかったるい思いを禁じ得ず、出入りへの意欲が減退していく反面、「小沢一郎総理大臣」への思いが集約されているという意味では大変貴重なこの場所から離れ難くなっていることもまた確かです・・・

>「マスゴミ」の「ゴミ」は少し違和感ありですね。

仰しゃる通りで、ここの人たちのインテリジェントには如何にも不釣合いだと思います。

Asuwoyokuさん | 2010年9月 8日 13:24
以下お読み戴けば結構、特にご反応は不要です。勿論ご反応を戴ければ大歓迎ですが。

【そういう小さな目論見はありました。すみません。】
むっ!この告白と謝辞は、先ずは「まんまと嵌められた」私に向けて戴きたい!
然しながら、本人は未だに「嵌められた」という認識も考え方もないので、「いえいえ、とんでもない」と機会を戴いたお礼に熨斗を付けてお返ししますが(笑)。

Mr.Southpaw様 | 2010年9月 8日 13:50

レスコメントありがとうございます。


>個人的にはネット上というコップの中だけの現象にしか見えないのですが・・失礼ながら、このままだと此処がいわゆる井戸端会議の場と化してしまうと言わざるを得ない。まあ、憂さ晴らしも含めて、議論を愉しむことが目的であるならそれも良しですが、如何にも勿体無い。<

漠然とネット上とはいっても、実際にはここのジャーナルや阿修羅その他の個別離散的でランダムなアットサイト的な現象のグロスイメージであり且つHNとはいっても匿名による言論空間な訳ですから、確かに個別的には仰るとおりかもしれませんね。見方によっては大小は別にして想念的な井戸端の離散集合みたいな容態ですから現象を具体的にキャッチアップすることも困難ですし、それぞれが個別のポリシーで存在するのが特徴である以上、組織横断的な集約も今のところみられませんしね。
ただ、動向としての現象は連動性がありますから、その意味では「ネット上の現象としてとらえることが可能な現象」は実質的に存在し得るとは思います。
これが、この間の米国大統領選挙のときのように、外へ出て(実際に人も出て行って)目に見える形で現れると、この「うねり」はよりわかりやすく認識できるのだと思います。その兆候は、この前の新宿と大阪での立会演説会に「兆し」として実態的に現れたのではないでしょうか。

余談ながら、このジャーナルを「小沢一郎」や「民主党政権」と云うキーワードだけでなく、一般的な意味でのジャーナリズム・各種の特集記事サイトとしてとらえてみると、あなた様が今抱いている「井戸端」イメージから解放される(=脱却できる)のではないのかな、とも思いますが・・、どうなのでしょうか。

また、そういう方もいらっしゃるでしょうが、必ずしも「憂さ晴らし」とは私は思いません。いくら電脳空間で匿名とはいっても投稿するにはそれなりの勇気と見解もいる訳ですし何らかの動機もある訳ですから・・。
或いは、少し粗雑に言えば、余り乱暴でない限りは「憂さ晴らし」でも結構ではないかとも私は思います。いずれは「憂さ晴らし」ももう少しましな方向に変化するケースも多いのではないかとも思いますし・・。
ただ、「議論のための議論の掛け合い」や「人様の意見や議論をもて遊ぶようなコメント」、「相手様の心を断ち切ったり見解を封殺しきる様なコメントや議論」、「中傷非難の類」などは余り感心できませんね。そうでない限りは、お互いに許容範囲内と理解でき尊重しあえるのではないでしょうか。


>此処に来て一月余りですが、今ではかったるい思いを禁じ得ず、出入りへの意欲が減退していく反面、「小沢一郎総理大臣」への思いが集約されているという意味では大変貴重なこの場所から離れ難くなっていることもまた確かです・・・<

いいじゃありませんか。その確かな線で続けてゆきましょうよ、是非とも。

私もあなた様とご一緒に小沢さんを応援してゆきたいと思います。

あまり立派なご返事でなくてすみませんでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.