Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« 民主党代表選!小沢一郎総決起集会での挨拶[ノーカット版]
メイン
《録画放送中》 小沢 vs 菅 民主党代表選 公開討論会(2010年9月2日) »

民主党代表選!菅直人総決起集会での挨拶[ノーカット版]

本日おこなわれた、民主党代表選へ向けての「菅直人総決起集会」での菅直人首相の挨拶(ノーカット版!)映像です。

9月1日、菅直人首相は、9月14日に行われる民主党代表選へ正式に立候補の届出をし、夕方5時より決意表明演説を行った。

会場には多くのマスコミのほか、菅直人首相を支持する1年生議員や、石井一氏などベテラン議員も多数集まった。

挨拶の内容は以下のとおりです。

-----------------------------------------------

本当に厳しい環境で、1年生議員のみなさんに励ましを頂いていること。そして、渡部恒三先生、石井一先生など、先輩や大先輩に一同に会して頂き「日和るなよ、がんばれよ」という言葉を頂き、心から感謝します。

私が初めて衆議院に立候補した1976年、ロッキード選挙と言われていました。名簿が100しかなく、無所属でした。誰も当選しない、と思っていましたが、たった1人だけ当選を確信していた人がいました。それは菅直人自身です。

結果は落選でしたが、終わったときには当選したかのようにみんなが喜んでくれました。政治とカネを訴えれば、「簡単ではない」という人もいるけれど、応援してやろう、という人もいる。それが政治の世界に入った大きな大きな一歩でした。

いま、日本を変えるために、何が必要か。「政策が大事だ」「力が大事だ」いろいろあります。しかし、「国民みなさんからの信頼」なくしては何もできません。

民主党は、そうした国民のみなさんから「この党が言うんだから、ここまでがんばってやってきているんだから、それなら一緒にやろうじゃないか」という風に思ってもらえて初めて、この困難な状況から突破する道が開けると確信しています。

代表選は私と小沢さんと2人の候補です。国民のみなさんに、これからの「日本のかじ取り役」「信頼できる総理」、どちらの候補者を選んでいただけるのか、という選挙です。

ある人が「今度の代表選は、民主党の代表選だけでなく、『カネが大事』『数が大事』といった古い政治から、『カネも地盤もないけれど志があれば、国民との議論があれば政治は動くんだ』という新しい政治と、どちらを選ぶかという、いわば歴史を選ぶ戦いだ」と言われました。

歴史、時代を選ぶ戦いの先頭に立たせていただけることを本当に光栄に思います。私はとにかく、これまで言いたいことを言ってきました。しかし、これからは言ってきたことを命がけでやり抜こうと思います。

text by Infoseek 内憂外患

2010年9月1日、衆議院第二議員会館:《THE JOURNAL》編集部取材&撮影

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7303

コメント (27)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ここでは菅さん人気ないですね。
小沢さんのほうは大変な盛り上がりですよ。

みなさん感無量で。

私は菅さんも小沢さんもどちらもよい挨拶だったと思いますよ。

どちらがなられても、約束を守るために最大限力を尽くしてくれれば、多少できないことがあっても納得して、応援しますよ。

ただ、菅さんのほうが現実的な分、約束守る確率高いかなとは思いますが、それでも小沢さんの言っていることが本当にできれば、それはもう、もの凄いことだけど。
だけど小沢さんは一切マニフェスト修正せずに本当にいくつもりなのだろうか。

もし、修正しても、約束が違う、とか裏切った、とか言わないであげてくださいね。


もはや大儀もクソもないですね。サポーターの皆さんは熱狂しているのでしょうけど、日本国民にはなんら関係ない争いです。経済は中国に抜かれたらしいですが、政治もとことん墜ちましたね

小沢氏支持派に言っておきたいのですが、谷亮子氏を前面に出すのはいかがなものか。アレは相当に世間の反発を買っていますよ

gatos様

ここは小沢さん支持者の聖地です。

修正しても約束が違うとか裏切ったとかは言わないと思います。

私は以前から、菅さん仙谷さん枝野さんの3人にシンパシーを感じておりましたので最高の体制なのですが、口汚く誹謗される方が多く残念でなりません。

まあ菅さんに元気が戻って来たようでなによりです。

首相交代直後の菅氏のメディア調査の支持率は約60%もありました。しかし参議院選挙は惨敗でした。メディアの世論調査支持率というものが、いかに胡散臭いかが証明されたようなものです。
御多分に洩れず、今回も菅氏支持率はマスメディア横並びで圧倒的ですね。2週間後にマスメディアの世論調査支持率数値の信頼性が問われなければいいですが。

参議院選挙で国民の信頼を得られなかったのは、もちろん、菅氏だけでなくその前の鳩山政権の普天間基地移設問題の着地失敗、ムダ削減腰折れ等々も原因にあります。ところで未だ菅氏も認識違いをされているようですので、リフレッシュしておかねばなりません。惨敗要因に「政治と金の問題」はありません。呉々もお間違いのないように。念のため。この言葉を持ち出せば国民がついて来るというほど国民もバカではありません。皆、謀略だったことがわかってきています。

総理を支える副総理という国政の要職にありながら、菅氏は鳩山首相が苦渋の折、支えるどころか、普天間基地移設問題はタッチしていなかったとは開いた口が塞がりません。あまりにも無責任ですね。本当に国政を任せて大丈夫なのでしょうか。

本来なら、ここは潔く、惨敗の責任を取るべきではなかったのでしょうか。本当に女々しいですね。哀れささえ感じます。

なんだが、街頭演説のような挨拶。いってる中身は「政治とカネ」。

なにがなんでも実行するのは「脱・政治とカネ」なのか?

仲間うちの決起集会だから、街頭演説のように叫んだほうが盛り上がるのはわかる。

でも心には残らないように思った。

昨日の共同記者会見では、小沢氏をネガティブに攻撃して、自分を見直させようと躍起になる菅氏の姿は惨めでした。
決起演説も、もごもごもごもご、結局人の書いたものを読んでるから、心が入ってないのだと思う。
菅陣営に冷静さはない。熱気で盛り上がっているだけで、本当にこの国を考えているとは思えない。
つまり、国民国民と言いながら、自分たちしか見ていないのである。
これが官僚に取り込まれた現内閣の姿である。

菅氏はマスコミ世論の支持率頼みで政治と金を訴えれば支持率は維持でき、国民世論の盛り上がりで地方議員・サポーターを取り込めると読んだのであろう。
ひどい挨拶である。
参議院選の消費税発言と同じである。
本日8時のテレビ朝日も政策の違いはなく、政治と金に問題をすりこんでいる。
しかし、マスコミはネット世論が怖いに違いないとみる。
ネットではスポニチ・毎日系で小沢82%、ダイヤモンドで小沢55.5%
菅、4.1%、きっこのプログ小沢70.7%、菅13.0%といずれも小沢圧勝である。これほど真逆なのもいかがなものか。
国民世論の盛り上がりなど期待すべきもない。

いつ潮目を変えるかがマスコミの課題であろう。
菅の失言待ちか。
それにしがみつく菅は哀れではないか。
官房機密費の切れ目が縁の切れ目か。

現職の総理が相手候補を揶揄する姿は本当に情けない。昨日の会見は見るに耐えないものでした。
政策がまるで出てこないのだから・・。対して小沢さんの答弁は今すぐにでも政策を実行出来る自信に満ち溢れていました。モノが違いすぎです。

他者を攻撃することによってしか、己の存在意義を見いだせていませんね。首相に必要なことは、トップマネジメントです。他者への攻撃などというつまらないことではありません。
元市民運動家という出自のせいか、およそ首相としての適性は無いと思われます。ここは、党内野党として首相の座を下りるか、議員を退職されたほうが、国民のためです。

産経新聞(9/2、7時56分配信」によりますと、
『小沢氏の剛腕期待、自民内に首相続投望む声』
とあります。

野党に期待される菅候補です。
民主党支持者として、いかが考えたらよいものか……。

訂正。
先ほど『小沢氏の剛腕期待……』と、書きましたが、
『小沢氏の剛腕警戒、自民内に首相続投望む声』
が正確です。お詫びして訂正します。

国民の「支持」なくしては何もできない。

全くその通りです。

菅氏は、国民の「誤認」を集めています。

命がけで「支持」支え持つ決意で結束している人々は、人間を見抜く目をもっています。

参院選の都内の街頭演説で、菅氏は毛沢東の政治思想を語っていました。

彼の「権力」についての理解や、「国民」に対する捉え方を良く理解した瞬間でありました。

今も民主党のYoutubeに残っているでしょうか。

消されているでしょうか。

野党時代の菅さんを頼もしく思っていました。正義感があふれているように見えたのです。

最近、その正義感は何処に行ってしまったのでしょうか?

政権交代の立役者が、既得権益側からの、ヤクザの難癖に等しい不当な攻撃を受けているとき、同僚のあなたは何をしてきたのですか?

昨日の共同記者会見を見ていて、あなたに正義感のかけらも見ることはできませんでした。

これは政策論議以前の問題ですが、総理大臣に求められる資質として、より本質的な事柄です。

私には、この人の言う「新しい政治」というのが良く解りません。
「新しい政治」とはどのような政治を言うのかを明確に説明願いたい。

どうも、この人は、国政をサークル活動と勘違いしているようです。

話は変わりますが、明日9/3の午後9時のNHKニュースに小沢さんが生出演します必見ですね。


小沢さんの決起表明を見て、泣きました。魂を揺さぶられるとはこういうことなのかと思いました。今の日本を救えるのは小沢さんしかいないと確信しています。

NHKニュースウォッチ9の大越健介キャスターは鳩山政権の頃より政治に絡む酷い偏向報道発言歴の持ち主であり、放送法1条、3条2項に抵触すること屡々である。普天間基地移設問題の頃の辺野古移転への誘導報道等からもわかるように、対米隷属の政・官と通じた偏向キャスターとの疑念を国民に抱かせるような人物が、国民の視聴料より成立する事業体のNHKのキャスターとして留まることは問題が多く、不適格ではないのか。報道の内容、編集の自由権利は放送法を遵守してはじめて確保されるものであるという基本的認識を持ち合わせているのだろうかとさえ思う。

菅さんも、大手新聞等も『政治とカネ』で小沢さんを批判していますが、小沢さんの『政治とカネ』の問題は存在しないとする見方の人もいます。他にもいると思いますが。調べれば即解決することのようですが、なぜ日本中が一年以上も『政治とカネ』で大騒ぎしているのでしょう?
もしこのブログ記事が本当であれば、菅さんが『政治とカネ』を持ち出して小沢さんを語るのはおかしな話です。総理大臣なら直調べられることだと思いますが??『クリーン』てどういうことでしょうか?
『政治とカネ』は存在しないとするブログを見つけました。
http://ameblo.jp/aratakyo/

<夏の終わりとともに・・・>
「クリーン、クリーン」「ミィーンイ」「ミィーンイ」と、終わらない夏を象徴する蝉の声。
儚い命を惜しんでいるだけだよね。
もうすぐ、爽やかな風が塵やゴミやため息までも、払い吹く。
空は澄み、地平の彼方まで歩き出す。共生の思いを胸に・・・手に手をとって。
そんな世界を夢見ているだけかい?いや、供につくろうよ。

あまりに馬鹿馬鹿しい菅発言なので、作風を変えてみました。

~菅首相は外交・安保政策について何も分かっていない~ 

投稿者: 大手メディアに影響される市民 | 2010年9月 2日 12:54 様

そのブログに紹介されている、阿修羅の投稿も読みましたが、残念ながら、それでは、検察に勝てません。

それに、その内容は、私が、既に2ヶ月前に『総集編』で、もっと、詳しく阿修羅に投稿しています。

しかし、そのブログの内容を見て、ちょっと、悲しくなりました。

それは、一番肝心な、『出金記録は、2005年』であることを、証明していないことです。
具体的には、2004年に小沢さん個人が支払った、と言っても、実際には、その「お金」は、陸山会から出ている、として検察は、主張しているのですから。

これでは、逆に、皆さんが、小沢さんの足をひっぱり続けることになります。

皆さんも、これを読んで、ご自分の頭で、『今、何をすべきなのか』を考え直して頂けませんでしょうか?

親小沢の悲しい『カン違い』により、『100%有罪』にされてしまう。後で気が付く『なんとやら』『緊急警告』
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/699.html

いい加減にマスコミと菅さんを一々論うのはやめてほしいものだ

両者には論評に値する何かはとおの昔に失せている

このままでは口撃している側も同類となりかねない

あとは、前代未聞のお粗末宰相を支持して止まない「八割方」のみなさんの目にこの体たらくざまがどう映っているのか。代表選における見所の一つと言っても良い。

[ 冨田秀隆 ] 様

すでに賢明なる措置を講じていらっしゃるとは思いますが, 「 THE JOURNAL 」 や 「 阿修羅 」 など, ブログの読者ではなくて, 小沢一郎氏の弁護人に, 直接あなたの主張を検討してもらう方法を, お考えになっては如何ですか。 前述のとおり, なさっていらっしゃるとしたら, 具体的に, 誰それ氏に論文を送って, 小沢一郎氏の弁護人に, 仲介の労を執ってもらい, どういう反応があった, とか, お知らせ願えませんでしょうか。 例えば, 郷原氏に読んでもらった結果, こういう感想があった, とか。 あなたの労力と努力が無に帰しているようで, まことに残念な気がしております。

わが国の大手メディアが『政治とカネ』『説明責任』を毎日毎日念仏のように唱え、総理大臣と80%の国民がそれに習って『念仏』を唱えている日本の現状が理解しづらいです。郷原さんによると『出金記録の記載の期日ズレ』が一年以上わが国を騒がせている諸悪の根源だそうです。『あっ、間違えました、修正します』ではダメですか?
なぜ総理大臣をはじめ沢山の国民は許さないのでしょうか?

この決起集会の参加者名簿に載っていなかった議員さんのホームページを覗いたところ、本日菅さん支持を表明されたようです。日ごろから割と評価をされている方です。
コメント欄には、ここで見られるような小沢さん支持者からの礼を失した非難の羅列がありました。
この議員さんの仕事ぶりを注視していればそういう書き方はないと思いますが。
一定の敬意を払っていただきたいものです。

投稿者: 良心派 | 2010年9月 2日 20:17 様

ありがとうございます。
実は、おっしゃる通りなのです。

でも、恥ずかしながら、政治の分野は、大の苦手なので、例えば、小沢グループのメンバーさえも、ろくに、知らないのです。

今日、下記の、小沢指示派の議員にメールで、『緊急警告』版と『完全保存版』版のワード文書も添付して送信したのですが、今現在、返信を頂いたのは、海江田万里議員唯1人でした。
しかも、社交辞令だけで、感想はありませんでした。
ちょっと悲しい。

送信したのは、この方々です。
山岡賢次副代表、松木 謙公議員、原口 一博議員、海江田万里議員、松野頼久議員、長妻 昭議員、篠原 孝議員、森 裕子議員、松崎哲久議員
(送信先一覧)
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html

他に、送信すると良い方を教えてください。

[ 冨田秀隆 ] 様

民主党衆議院議員・弁護士・小沢一郎支持・辻恵氏に送って, 電話で話し合うとか, 直接相談するとか, なさってみたら, 如何でしょうか。 あなたの努力が実を結ぶ事を祈ります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.