Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« [内憂外患特別企画]拝啓 民主党代表選候補者様~子ども手当て編(1)
メイン
《録画放送中》菅直人 vs 小沢一郎 決戦の日! »

[内憂外患特別企画]拝啓 民主党代表選候補者様~子ども手当て編(2)

 9月14日に行われる民主党代表選。事実上、次の首相を決める選挙だが、有権者すべてが参加できる選挙ではない。この制度に異論・反論はあるが、現在の仕組みではいかんともし難いのが現実だ。そこで、Infoseek 内憂外患編集部では、毎週実施している2,000人への世論調査に加え、次のような質問を実施した。

*  *  *  *  *  *

 Infoseek 内憂外患では、「拝啓 民主党代表候補者様」と題した記事を企画しています。みなさんの日頃の生活に根ざした「リアルな声」を届けたいと考えています。あなたが新しい首相に対して、「今度の政権でこれだけはやってほしい!」または「これだけはやらないでほしい!」など、みなさんの声を、菅・小沢両候補者に手紙を書く気持ちでお寄せください。

*  *  *  *  *  *

 任意フリーアンサー方式(書いても書かなくても良い、という回答形式)の質問に対し、ほぼ2,000人全員から意見をお寄せいただいた。お忙しいところご参加いただいたことを深謝し、今回の質問の趣旨により近いものを抜粋して紹介したい。

今回は、「その(2/2)」です。

●どこのお宅も同じだと思いますが、毎日毎日頑張っています
 わたしは中学生・高校生の子供を持つ母です。このところの不況で主人のお給料は100万ほど減り、パートにでたくてもなかなか採用されず、受験生の高校生の娘の進路も主人の会社の先行きも心配でなかなか家計も今年の夏のように厳しく少ない蓄えをも切り崩しつつ、どこのお宅も同じだと思いますが、毎日毎日頑張っています。

 国を動かす国会議員のみなさまも同じように大変だと思いますが、議員さんに当選されると同時に、選挙の時の苦しさや国民の声も忘れてしまうのでしょうか?

 豪華な会館や立地条件に似合わないくらいの宿舎・簡単に入れる保育所など、わたしたち庶民とはかけ離れた環境で、庶民の生活のことを考えられるとは思えません。

 議員のみなさんは事務所費や秘書をやとったりと、私たちにはわからないくらいの費用がかかるのかもしれません。でも大きなお屋敷にお住まいになり、たくさんの不動産を所有されておられる方もたくさんおられますよね。そんな方々に庶民のくらしの細かいことまでわかるわけないと思います。

 その不動産をお買いになるぶんのお金でもっと困っている方に寄付されたり、学校や施設などに役立ててくださる方はおられないのでしょうか?学校では子供たちに配るプリントの用紙にも困って、裏表印刷したり、新しい本が図書館にいれられないで困っているという事情もあるんですよ。

 料亭やバーなどでお金を使えるんだったら、ちょっと歳費を縮減してそちらのほうに予算をつけてくださらないと、みなさんのような立派な学識をもった大人は育たないと思います。議員のみなさんのお子様方は小さいころからしっかりとした教育をつけていらっしゃるんでしょう?国民の不公平感を少しでも軽減してくださる方の登場を心から望んでいます。どうか、いち公務員として、自分の幸せより、国民ひとりひとりの幸せを考えてくださる方にこの国のほんとうのトップになっていただきたいと思います。

●子供を持ちながら再就職が可能なのか
 2人の子供の母親です。子供手当、ありがたいと思います。代わって、配偶者の扶養控除が無くなっても、筋が通っていると思います。育児に余裕ができたら、働かなくてはな、と思えます。

 理想としては、主人と子どもに「いってらっしゃい」を言って送り出した後に、勤めに出ても、ちゃんと子供を「おかえりなさい」と迎えてあげられる、というスタイルで働きたいです。なにより家庭第一で、ちゃんと仕事もできるという環境に、現状なっているのでしょうか?退職して9年目になる身としては、子供を持ちながら再就職が可能なのか、不安に思っています。

●今の庶民の状況を本当にわかっていらっしゃいますか?
 歯科の勤務医です。保険点数の改悪とともに昨今の不況のあおりを受けて、歯科業界は青息吐息の状態です。ウチはまだ地域でも「老舗」の部類なので、なんとかもってますが、ご近所では廃業する医院も出てきました。

 直接、生命にかかわることのない歯は、痛みさえとれればどんどん後回しになっていきます。患者さんのなかには「お金ができてからでもいいですか?」などと、こっそり訊く方もいらっしゃいます。

 歯や口腔はQOLを落とさないために最低限必要な器官だと考えます。その改善や修復を後回しにするということは、QOLに多大な悪影響を及ぼすということです。気が付いたら、他の臓器にまで弊害が及んでいた、ということがおこっても不思議ではありません。

「食べていく」ために働いてお金を稼ぐ。当たり前のことです。でも働きたいのに働けない、働いてもお金にならない、といったケースは特に私の住んでいる地方都市ではまま見受けられることなんです。そのために「生活の質の向上」は後回しで、とりあえず食べることに目を向けざるを得ない、今の庶民の状況を本当にわかっていらっしゃいますか?

 首相が誰か、ましてや民主党の党首が誰かなんてはっきり言って興味はありません。極端な話、「日本」という会社の経営者が誰であろうと、今の閉塞感から脱却できるのであれば、宇宙人でもかまわないとさえ思います。

 政権をとるとかとらないとか党首になるとかならないとか、そんなことより大事なことが山ほどあると思うのに、民主党になっても国民の声は届かないのか、と残念です。かといって、他政党に政権が移ってもそう変わらないでしょう。

 せっかく与党になったのなら最低限失望させないでください。「やっぱり自民党と一緒か」と思うことほど、歯がゆいことはないんです。

●フルタイムでの共働きでは苦労する
 子どもを保育園に預け共働きしているが、同じような子育て中の友人の中では働きたいけれど、保育園が待機児童になっており働けない。

 保育園に預けて働いても、保育料が高くて収支が悪い。保育園の対応時間が短く、フルタイムでの共働きでは苦労するなどの現状があり。子ども手当ての拡充もよいが、政治家がわからない庶民の目線での本当に困っていることの改善を望みます。

●給食費の未納生徒が多く毎夜集金に悩まされている
 私の娘はマンモス中学校の栄養士をしている。給食費の未納生徒が多く毎夜集金に悩まされている。子供手当てを個人に出すのならば、給食費などに当てるとかしてほしい。子供手当てを貰っているにかかわらず、今の親は学校に出すべきお金を出さない人が比較的目立つ。子供手当て等出すべきではない。

●本当に底辺で生活している人の生活はご存知ですか?
 日本を変えるといって変化しないまま過ぎている気がします。本当に底辺で生活している人の生活はご存知ですか? 少子化対策をするのであれば、未婚の母として生活している人をもっと保護するべきです。

 ちゃんと所得を申請できないような仕事をしている人が大半です。未婚だろうが既婚だろうがこどもは国の宝です。手当てを増やすのではなくて、お金がかからないようにしていただきたい。私利私欲ばかりの政治家だらけでうんざりです。

●拝啓 民主党代表候補様
 私は40歳で子供を産みました。現在、子育てと、親の介護で板挟みです。少しでも、この状況が改善される様願っています。

●子供を産み、育てる環境の整備を進めて欲しい
 少子化対策として、「こども手当」という名のお金のばら撒きではなく、待機児童数の多い地域での認可保育園の増設、任意接種のワクチン(小児肺炎球菌、Hib等)の接種費補助、出産一時金の増額(値上げはされているが、それに伴い産科の出産費用の値上げがされているため産婦には何の意味も成さないので)など子供を産み、育てる環境の整備を進めて欲しいと思います。

 国内居住の外国人に参政権を与えるのは日本が日本でなくなるので絶対にやめて欲しいと思います。

●朝食はビスケット2枚、夕飯はカップラーメン
 教員をやっています。子供手当てがどのように使われるかはその家庭しだいだとは思いますが、学費、子供の食事など子供に使われるようにしてほしい。

 実際、親の酒・タバコ代に消え、朝食はビスケット2枚、夕飯はカップラーメン。これでは子供の生育に問題が出てしまうと考えます。私の勤務する学校に通う生徒は長男であり、学校を辞めて働かなければならないとまで考えてしまっています。このような子供がいることを忘れないでほしいです。

●子供たちはサービス業の道具ではない
 私は保育園に勤務している。今厚生労働省は保育の根本を改正しようとしている。公的責任をなくし各保育園自由に競争してくださいというものだ。厚生労働省は親は自由に保育園を選べるし規制を緩和し待機児童を減らせるとしているがはたしてそうだろうか?

 子供たちはサービス業の道具ではない。国が子供たちの責任をおえない国に未来はあるのか?

 同じような制度に高齢者私設があるが国が管理していたころとくらべ格段によくなったのか?結果は要介護度の低い人はほとんど入所できていない。お金持ちだけが優遇される。それは当たり前のことで企業はお金を稼ぐために会社をしている。だからお金がより入る人をいれたい。やはり子供たちは国がしっかりとセーフティネットを引き。一番困っている生活保護、母子家庭、障害児の家庭など一番弱いひとたちをたすけるために尽力してほしい。

 あなたたちはコンクリートから人へといっていたではないか。子供たちのために多くの予算をつかってほしい。日本は先進国で子供にかける予算は韓国につぎ下から2番目である。未来の日本をささえる子供たちに予算をつかってください。

●いつか自分も虐待に走るんじゃないかという不安も常にあります
 3歳の息子を育てしながら、在宅ワーカーしている主婦です。保育料が高すぎて子供を預けることもできず、正直寝る時間もないです。家事育児仕事に追われ、いつか自分も虐待に走るんじゃないかという不安も常にあります。せめて、週に一日でも無料で預かってもらえれば家事と仕事もはかどるのに。

 無駄な財団など、早急に売却処分して下さい。そしsて、国会議員の給料と選挙システムの見直しをして下さい。国会議員のみなさん、お金もらいすぎです。選挙にお金使い過ぎです。

 公共の電波やネットを平等に利用した活動に限定して、政党助成金など不要なシステムにして下さい。お金持ちしか政治家になれないようなシステムは早急にやめてほしいです徹底的に無駄を省いて、子供手当はせめて一人5万円まで出してほしいです。そうなれば、安心してもう一人生んでもいいかなという気持ちになれます。

●待機児童が減るように対策を打ってください
 育休を取得して子育て中のママです。今度の政権では今後の保育園待機児童対策をどうするかを早急に決めていただきたいです! こども手当増額しなくてもいいので、待機児童が減るように対策を打ってください。よろしくお願いします!

●先生方が気を使いすぎているように感じます
 子供が小学生です。最近の小学校は、問題が起こらないようにと、先生方が気を使いすぎているように感じます。保護者説明会では「○○してください」ではなく、「できるだけ○○してくださるようご協力お願いします」とおっしゃいます。新政権ではもう少し自由に子供を指導できる環境を作って欲しいと思います。

●恒久に安心して一生を送れるような日本にしてください
 4月に出産を終えた一児の母です。主人はバスの運転士ですが、同じ仕事内容をしていても雇い主(市の職員か民間か)によって、条件や収入に大きな格差があります。世間では、公務員の給与が高すぎるなどと言われていますが、公務員の給与カットもされている現代、彼らの労働条件、給与基準が本来の正当な報酬だと思います。

 その削減に目くじらを立てるより、民間の生活水準を上げるような努力をしてほしい。もちろん、私たちに見えない部分に、多大な無駄がはびこっていると思います。本当の無駄は徹底的に一律排除し、子供手当などの一時的な政策ではなく、恒久に安心して一生を送れるような日本にしてください。子供だましは、腹が立ちます。気持が冷めます。

text by Infoseek 内憂外患

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7346

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 子ども手当ばかりバラマキの象徴の如く槍玉区に挙がりますが、子ども手当よりも遙かに巨額な税金を投入して給付額を維持している今の年金制度についても、同列に評価できる人はいないのでしょうか。


 今の報道タブーを感じます。


 まぁテレビにしがみついているのは団塊世代前後が殆どですから、致し方ないのでしょうけど・・・

子ども手当はバラマキだという声をよく聞きますが、税金を投入する時にバラマキとそうでないとの境は何なのでしょうか。
エコポイントはバラマキでなくて、子ども手当はバラマキという理由が理解できません。
また、子ども手当を批判する時に子供の為でなくパチンコや酒、タバコ代に消えてゆくという話もよく聞きます。
生活保護に関しても暴力団関係者が保護を受けているだとか、保護を受けながら遊んでいる等とほんの一部の不正者を大きく取り上げる報道を盛んにして、制度そのものをゆがめて来た過去があります。
子ども手当についてのパチンコ代うんぬんもそれと同じ話です。
ちなみに、今の子ども手当など想像もつかない過去の話ではありますが、私は中学の修学旅行はお金がなくて行けなかった者で、貧乏な家庭にとっては子ども手当はとても貴重なものだと思います。
我が家の息子はちょうど今春、高校を卒業したので子ども手当はもちろん、高校の無償化の恩恵も受けることは有りませんでしたが、子ども手当は是非充実させるとともに、もっと子ども達がのびのびと育つような教育制度の改革や環境の整備をして欲しいと思います。

>子供手当てを個人に出すのならば、給食費などに当てるとかしてほしい。子供手当てを貰っているにかかわらず、今の親は学校に出すべきお金を出さない人が比較的目立つ。子供手当て等出すべきではない。

具体的な統計があるわけでなし、個人の感想などに何の価値もありません。

子ども手当は言わば「中抜き」です。今までの補助金のあり方は中間搾取を伴うものでした。だから直接支給は無駄にならず有効なのです。旅行?いいではないですか。子供との思いで作りには有効ですよ。こういう消費が、本当に必要とされる分野を伸ばしていくのです。必要な企業が大きくなり、ゾンビ企業は縮小されるのです。

待機児童、医療サービス等は都道府県、市区町村によってかなり差があり、政府の直接の問題ではなく地方の大半の首長が自民党の方がなっています。小沢総理が言うように財源を全て地方に回せば、自治体が100%の責任で執行できます。今よりかは自治体によりサービスの格差は生まれるとは思いますが、選挙民の判断で住民にとってより良い首長を選べば良いのです。昨今の投票率は40%台ですが、これからは各選挙民、住民一人ひとりが効率的に使える財源となります。選挙に棄権していては住民全体は良くなりません

基本増税ではないのか?
と疑いさえ持たないのだろうか、なぜなんだろう。

常識で、子供手当てを装った増税色の一手だろうに・・・

財政が足りない、何時までも国が半分も借入金を用立てて、やりくり出来るとでも思っているのだろうか。 

半分を事実借り入れているのだ。意味も無く借り入れているとでも思うのだろうか、窮地であるから半分も借り入れていると思えないのだろうか。

貸し手が居てくれてやっと成り立っているはず。
既に預金が郵貯が相当に回っているらしいのに・・・
なぜそれに気がつかず、単純に何ら疑いさえも抱かずに、貰える物と思うのだろうか、
同時に穴埋め分と、そしてプラスして、子供手当てに名を借りた、その実種明かしが、子供手当てに要する分以上の増税であろうトリックでなければ、
お金が湧いて出てくる事などありもしない以上、
今の財源状態で、やる意味がないと、思えないし勘ぐれないのだろうか。
子供手当ての正体が実は増税だと思うのだが、
他の増税分を克明に精査すれば、赤字必至だと思う。
この世に美味しい話があるとすれば、
美味しい話を持ちかけてきた人が美味しい思いができるだけ。
常識なんだけどなぁ。
今のところニュースで後6000円出して貰わないと赤字と書かれていたが、人によりまちまちだろうが、平均としての試算かもしれない。
だとすれば、条件に合わず、子供さえ居ない家庭ではたぶん大損になるのだろう。
金が湧いて出てくるはずが無い。

今のところニュースで後6000円(現行1.3万)出して貰わないと赤字と書かれていたが、もしもハッタリで無ければ、手口暴露されたに、似たりだ。
つまり、子供手当ての正体が実は増税だったとばらされた様なこと。
今後も様々な技をかけて、トリック満載だろう。
実のところまだ何とも言えないだろうけど・・・

もうちょっと利口になろうよ。

国は配偶者控除を廃止しました。
それなのに子ども手当は半額です。
これでは、ちっとも生活は楽にならない。
子供産まない方が、老後が楽なんじゃないかとさえ、囁かれる。
官僚太って国滅ぶだ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.