Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« 【インタビュー】石川知裕:検察の焦り─鈴木宗男上告棄却と村木裁判の関係性
メイン
[内憂外患特別企画]拝啓 民主党代表選候補者様~子ども手当て編(2) »

[内憂外患特別企画]拝啓 民主党代表選候補者様~子ども手当て編(1)

 9月14日に行われる民主党代表選。事実上、次の首相を決める選挙だが、有権者すべてが参加できる選挙ではない。この制度に異論・反論はあるが、現在の仕組みではいかんともし難いのが現実だ。そこで、Infoseek 内憂外患編集部では、毎週実施している2,000人への世論調査に加え、次のような質問を実施した。

*  *  *  *  *  *

 Infoseek 内憂外患では、「拝啓 民主党代表候補者様」と題した記事を企画しています。みなさんの日頃の生活に根ざした「リアルな声」を届けたいと考えています。あなたが新しい首相に対して、「今度の政権でこれだけはやってほしい!」または「これだけはやらないでほしい!」など、みなさんの声を、菅・小沢両候補者に手紙を書く気持ちでお寄せください。

*  *  *  *  *  *

 任意フリーアンサー方式(書いても書かなくても良い、という回答形式)の質問に対し、ほぼ2,000人全員から意見をお寄せいただいた。お忙しいところご参加いただいたことを深謝し、今回の質問の趣旨により近いものを抜粋して紹介したい。

今回は、「その(1/2)」です。

●諸手を挙げて賛成できません
 40代独身女性です。子育て支援のことについて皆さんいろんなご意見をお持ちだと思います。確かに少子化に至った原因の1つに育児への負担が大きいことは理解できます。

 ただ、現金で解決できることだとはおもえません。親の手元に渡ったあと、どんな用途に使われるかわからないお金です。それが私たちの税金だとおもうと諸手を挙げて賛成できません。教育環境の充実や地域環境のために使うような政策に使っていただきたいです。

●子供手当ては早く満額支給して欲しいです
 二人の子供がいるサラリーマンですが、子供手当ては早く満額支給して欲しいです。 今後、子供達が進学していくにつれて教育費も増えていくのでお願いします。

 消費税の生活必需品以外のものへの増税は財源確保の為に必要だと思います。やっと政権交代出来たのだから自民党の長かっただめな政治を払拭して下さい。

●よい物は取り込んでいくだけの度量をもって欲しい
 子供手当てのような馬鹿げたばら撒き政策は即刻廃止して欲しい。もっと大局的に給食費を無料化するとか保育所を増やすとか、で子育て世代を応援して欲しい。

 また、無駄使いの官僚達に上手く丸め込まれることのないような優秀な人材をスタッフに入れてほしい。只人気取りの為のタレント候補のような人を立てたりしないで欲しい。自民党政権時に決められたからという理由だけで廃止したりせず、他政党の政策でもよい物は取り込んでいくだけの度量をもって欲しいです。

●義務教育以下の子供だけに支給しないでください
 子供手当を廃止してください。子供にお金が掛かるのは15歳以下ではなく、高校生からです。大学に通い勉強をしたり、資格を取得したくても金銭的に諦めている子が多いことも考えてください。

 高校生以上の子供の親は年齢的にも40代50代でリストラや倒産などに合ったり、給料を下げられたりで生活が困窮している家庭が多い。15歳以下の子供にだけ補助するのは腹が立ちます。微々たる給与から払っている税金を義務教育以下の子供だけに支給しないでください。

●中学生時代よりむしろ支出が多い
 私は3人の子供を持つ専業主婦の母親です。子どもの健やかで豊かな成長を見守りたいため第1子の出産直前で出産退職をし、以来専業です。

 財源確保のため必要なのかもしれませんが、扶養控除廃止/配偶者控除廃止は反対です。子ども手当てがマニフェストどおり満額支給されないのであればなおさら。いっそうのこと子ども手当てはいらないので、これらの控除廃止をやめてほしい。

 公立高校無償化とはいうものの、今春第1子が高校生になり授業料以外の集金がとても多くびっくりした。中学生時代よりむしろ支出が多い。この先高校~大学と、とても負担が大きいのに子ども手当ては中学生まで。児童手当時代には所得制限でもらえなかったが、同じ所得でも子どもが1人世帯と3人世帯では家計状況がまったく違うことも理解してほしい。

●託児所増やすとかに使うべき
 私は子供ナシ、パートタイマー、夫の健康保険で、130万円の枠内で働いています。この枠をもう10万くらい上げてほしい、上らない時給で働いているので、手取りが増えないと労働意欲が低下します。あと、子供手当を個人に配るのは反対、子供手当で旅行したとか、聞くと腹立つ、託児所増やすとかに使うべき。

●私利私欲は捨てて国の為に働いてください
 私には3歳の子がいます。いずれは2人目も欲しいと思っています。しかし、今の日本を見ていると子ども達の将来に明るい希望が持てません。日本という国が破綻することのないようにして下さい。問題を先送りにして、子ども達に負担を押し付けるような事はしないで下さい。

 私利私欲は捨てて国の為に働いてください。きちんと働けば生活していける、老後の保障もしっかりした国にしてください。

●素直にできない理由を正直に国民にはなし理解を得るべき
 子供2人成人してはいますがまだ学生ですし片親なので正直暮らしはきびしいです。子どもは、成長するほどお金がかかるという現状を政治家の皆さんは御存じでしょうか!

 現政党はマニュフェストにこだわりすぎて現状が見えていない気がします。今できないことは、素直にできない理由を正直に国民にはなし理解を得るべきでなにがなんでもマニュフェストという考えかたは、改めてほしい。

 また子供手当などばらまくばかりでなく現物支給(給食費等)などに充てるなどもっと有効に使える方法を考えるべきだと思います。これから就職活動をひかえるこどもたちの現状を見るにつけ日本に未来はあるのかと問いたいです。

●暑い日も寒い日も風の強い日でも安いお店を自転車でハシゴして生活している主婦です
 節約の為に値引きシールのはってある食料品を買います。暑い日も寒い日も風の強い日でも安いお店を自転車でハシゴして生活している主婦です。議員の皆様はそんな買い物行動された事ありますか?

●保育園から高校まで無償化にしたら、もっと子供が増えるのでは??
 産みたくても経済面で「もうひとりは無理...」と思っている人がいると思います。教育にお金がかからなければ(教育費にあてていた分のお金が)他の物を買うお金にまわって景気が良くなるので良いのでは?

 子供の教育費の為に働きに出る主婦(主夫)が減って、本当に働きたくても仕事がなくて困っている人に仕事が回るのでは?カギっ子が減って母と子が一緒にいる時間が増えたら会話も増えて、不安定な精神状態の子や切れやすい子が減って、働きたい人は働いてお金が稼げて...強盗や無差別殺人やらの悪い事件が減るのでは?

 暮らしやすい社会になってストレスが減ったら女性はもっと妊娠しやすい身体になるのでは?お金の面でも精神面でもゆとりのある生活の中で子供が大きくなったら働く意欲のある常識ある社会人になって税金もきちんと回収出来て、子供が増えたら回収額も増えて良い方向になるのでは??

 小手先だけの政策で国を良くしようとしても時間もお金も無駄が多すぎです。いっその事、根本から大きく変えてみて欲しいです。子供の学校に無駄なお金がかかる国なんて日本くらいなものです。

 あと、地震の国です。台風等の災害も多いです。自然の驚異には勝てません。馬鹿な事に税金を使わずに、この先も、永遠に無くならない災害...そんな時に国のお金が惜しげなく使えるように、他国にいい顔をして外国に対して大金を使わずに、これ以上、国の借金を増やさずに減らす努力をしてください。

 議員の給料も半額でも十分生きていけます。人脈関係にお金がかかると言っていますが、そもそも人材やら付き合いにお金をかけてまで政治家でいる必要はありません。議員本人に魅力があればそれだけで自然と力になってくれる人々が集まります。そんな人達が支持してくれます。議員が恨まれなければ警護に大金使わなくてすみます。立派な高い金額の公用車でなくても普通の車で移動できます。高い給料で血税を無駄にする仕事をしているから恨まれるのです。飽きられるのです。もっと透明性のある政治を!スウェーデン等を見習ってください!!!

●いよいよ生活が、成り立っていきません
 年老いた、両親をかかえ、介護の日々の為、仕事にも出れません。子供手当や高速無料化を行うために、消費税を上げられると、いよいよ生活が、成り立っていきません。子供手当を実行するなら、所得制限を設けるなり、現金手当では無く、給食を無料や、教科書、教材の無料、修学旅行の無料化等、子供に直接関連する部分に使うべきではないでしょうか?私の知り合いは、子供手当で、テレビを買ったり、旅行に行ったりしています。これでは私達の税金はうかばれません。

●平凡な夢も厳しいのが現状
 家を持ち、子供を育ててそれなりの生活をしたいと思う。現実夫婦共働きでないとそんな平凡な夢も厳しいのが現状。結果、子供との接点や過ごす時間が希薄になり、目が届きにくくなったりきちきちの生活でこどもに良い環境が保ちにくくなっています。

 核家族化の典型でもありますが、子育て支援の一環としてよい政策をと願います。本当は子供は沢山欲しいです。

●小中学校の授業料免除および給食費の無料化を実施してください
 家庭の事情で仕事につけない者です。子ども手当より、小中学校の授業料免除および給食費の無料化を実施してください。ネグレクト等で食事をとれない子ども達の救いになります。

 また、議員数が多すぎます。会社でまずリストラをするように、議員にもリストラを導入すべきだと思います。

●少数精鋭の日本人のみでならねばと考えています
 44歳子供なしです。少子化大賛成です。対策を打つ必要はないと考えています。親になるには、そのための免許を得ないとなれないようにすればいいと思います。健全な教育が行き届くには、少数精鋭の日本人のみでならねばと考えています。現在の格差社会は民主主義の限界を示していると思います。極論ですが、格差をなくすには民主主義をやめないとと考えています。

text by Infoseek 内憂外患

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7345

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

日本人と言うのはつくづく自虐的だと思いますね。子供手当については、消費税とはあまり関係ないでしょう。税の再配分の問題で、配偶者控除や扶養者控除の廃止で浮くお金を子供手当に回すだけで、控除廃止の移行期間での税不足を埋蔵金などで数年やりくりが必要なだけで基本的に財源は確保されているいるのですからバラまきは当てはまらない。

託児所や幼稚園の充実は当然必要でしょうが、多くの低所得者が生まれている現状で、お金がなく将来に不安があれば子供を2,3人と生む気にもならないでしょう。

少子化を抑えるためにも子供手当は大きな力になりますよ。フランスなどでも効果が見えています。

一部の親は自分のために使うかもしてません、しかし、それは少数でしょう。それは親としての自分の胸に手を充てて考えてみれば分かります。私なら可愛い子供のために使うでしょう。ベビー用品や子供の玩具、遊園地の費用、習い事、全て、子供がすくすくと育つ情操教育には必要なことです。一部の不心得な親をもって全てを否定することほど馬鹿げたことはありません。

私は子育て手当てはもらえませんが娘は4月に長男(孫)が誕生し1万3千円もらえます。なんだかんだといっても喜んでいます。
時折TVで貰いながら文句を言う人がいます。いやなら貰わず、辞退すればいいだけで、辞退した後に何か言うべきです。住所と名前と子供の数を公開して。
 あた保育所を増やしてという意見ですが。規制を撤廃すれば駅前でも、会社内でもどこでもできるし、何も資格を持った保育士ではなく子育て経験者を活用すればと思います。保育園の充実を言われる方は今の規制で縛られた保育園を想定していますが。規制を撤廃し駅前のマンションの老夫婦に任せる等工夫はいくらでもできます。制度を壊し、生活者のための改革が小沢さんの考えで、幼保一元化などは木を見て森を見図の議論です。老人には生きがいを。それが若い世代に貢献することができる。これが全てではないが今の制度の中で物事を考えれば地方分権を言いながら総理を支持する改革派の逢坂さんになってしまう。
 規制撤廃とは規模や面積。収容人員で補助金が出るとか官公庁認定の。肩書きとかが欲しければそれでもいいが、子供が好きな老封の元で預かって貰う。
 子共だけでなく社会が人間をpだおじにする社会は」霞ヶ関の中央集権国家ではできない。

>投稿者: 妹尾 | 2010年9月13日 20:41 様

>辞退すればいいだけで、辞退した後に何か言うべきです。
>住所と名前と子供の数を公開して

これは脅迫ですよ。
こういうことを平然と投稿する人間がいる社会で、住所を晒した場合どのような危険が発生するか想像できます。

削除に値する投稿だと思いますが?>編集部

<マスゴミ洗脳マンセー>
皆さん殆どがゴミのコメンテーターの口移しですね。これじゃ小沢さんの目標としている、政策実現は前途多難です。まあ、大体想像はつきましたが。こうして意見を読むと多くの方は情報弱者であり、現実から疑問をもち、それに対して疑問をもつと言うことが全くないようだ。考えてみればいい、私たち40代でも今より子供が多かった時代、待機児童がいただろうか?しかも私達、昭和フタケタでも決して豊かではなかったが給食費を払えない人には学校側でなんらかの善処はしても、収入があるのに払わないなどと言うモラルハザードな人などいなかった。それを自分の子供の食いぶちを国でただにしろとは何事か。日本は社会主義国家ではない。かつて日本の給食は欧米から国が食べ物まで決定するのかと蔑まれた制度。なぜなら個が独立心旺盛な先進国では、食い物まで国が決めることに嫌悪感があるからだろう。子供て当てにしても、バラマキだと言う主婦は受け取りを拒否して頂きたい。独身のひとにとっては躾のわるいガキに金なんか配るなと言うのが本音なのなだ。私が子供手当に賛成したのは、今までのシステムだと、少子化対策にせよ、児童手当にせよ、箱ものや現物支給にすれば、結局は当該業界が潤うだけで、末端まで政策の果実が広がってないから直接給付に賛成したのだ。また、保育園や幼稚園を待機するならどうして自治体に住民運動をしないの?なんでも国がやってくれる資本主義国家なんてありません。地域によっては少人数化にしてるところもあるのです。また、ハコモノを建てたあとに、幼稚園、保育園はどうやって維持するのか、また、そのコストは?納税者意識が全くないと言って良い。正直子供手当がいらないひとは受け取りを拒否して欲しい。そして受け取るなら文句を言わず、自分自身の知恵を使って上手に工夫して使ってほしい。子供が欲しくても授からない人、子育てが終わり豊かな老後を送りたかった人、そして独身の人達。そういう人たちが民主党に入れたとき彼等はその政策を承認してくれたんです。高校、大学でお金がかかるというひと、ふざけるな。義務教育ではないのだから、きちんと学資保険をかけるなりして生活設計をしてください。

みなさん自分勝手なコメントが多いですね。自分に直接的に得なら賛成で、そうでないなら反対と。同じ日本人として恥ずかしい限りです。もちろん、子供手当ての思想を鳩山前首相は言っていたのですが、マスゴミはそれを無視してバラマキだのなんだのと悪口ばかりを言っていました。見事にその洗脳の結果と言えば、そうなのかもしれません。
中学校までは義務教育となっているのだから、社会が子供を育てることの意味があり、それが子供手当ての形になっています。高校以上はお金はかかるものの、各自の意志で行っている筈なので、それ相応の負担を負うのは当たり前だと思います。なんで、社会が各自が好きにやっていることまで経済的な負担をしなければいけないのでしょうか?経済的に厳しい人のために、高校以上は奨学金制度があるじゃないですか。必ずしも、進学の道が絶たれるわけではありません。もし意味がある支援をするという文脈で言えば、一握りの超優秀な学生だけ返済なしの奨学金を与えればいいと思います。凡人のために社会が経済的な負担をする必要はありません。そのような人は残念ながら、社会に対し経済的に投資したお金以上の貢献はできないでしょうから。

>投稿者: これは問題 | 2010年9月13日 21:15 この方を抜かして、大いに賛成です。本当にその通りです。

子供手当てのみに注目してる時点で視野が狭いな~と思いつつ、私はちょっと見方を変えて、

この世論調査に答えた人達は今自分達が住んでいる日本という環境で与えられている色々なもの、つまりは電気水道ガス等の公共サービスとか電話とか車とか、そういった文明の利器等は当然のものと思って全く感謝していないのではないか?と感じる。

人間は欲深いもので、言い出したらきりが無い、もらえばもらったで文句を言い、無ければ無いで文句を言う。

あれが無いこれが無いと、無いものに注目したがる、今あるものを見れば全然ちがう、他人がリッチだろうと何だろうと別に気にならない。

災害とかで全部失ってみれば、これまで何て恵まれていたかが多分気が付くのだろう。

でも案外すっきりするんじゃないかな全部失ってみると、、だからまず基本的に健康に生きていられる事に感謝しよう、それが実感できない人は水の中で息を止めてぎりぎりまで我慢してみるといい、ただ空気が吸えるだけでありがたいと思う。

断食などもおすすめする。

他人に文句を言う前に、自分がやるべき事をやろう。

それで、してもらったら感謝を忘れず、自分がしてあげた事は見返りなど期待せずさっさと忘れよう。

何でも不満タラタラの人達は恐らく心の問題を抱えている気がする、つまり本当の自分の真の欲求を抑圧していて、ありのままの自分で生きていないのではないか?

結果、自分に嘘をついているものだから人間関係がぎすぎすしたりして良好な人間関係が築けない、心の不満が日々の生活に響いたりして、世間体とか評判とかに敏感になって、他人と比べるようになり、金持ちをひがんでみたり、恵まれた人を妬んだりする、隣の芝生はより青く見えるって訳だ。

日本ほどゴシップネタやスキャンダルが売れる国はないらしい、つまり他人の不幸を喜んでいる、相当この国は病んでいると思う、、、どうすればいいんだか、、、

自分が今おかれた環境を振り返り、如何に恵まれているかを理解し素直に感謝すれば心も落ち着き、心に他人を思いやるゆとりが出来れば人々との絆も生まれ、結果として幸せを感じられる様になると思う、実感したければ直ぐにでも発展途上国へ行って住んでみるといい。

つまり、心の在り方でどんなに物質的に恵まれてても不幸だと思うし、その逆もあると言う訳。

子供手当てとはあまり関係ない話を書いてしまったが、こういう世論調査で子供手当てに不満をいう人はそれ自体に不満というより、もっと根本的な社会システムの在り方にも不満なのだろうと思う。

私個人としては欲張りではない方なので不満は少ないのだが、公権力等の不公正、不公平、又現代社会の歪みに対しては大いに声を上げていくべきだと思う。人間は不公平という事に関してはかなりの怒りを感じる、もちろん私も不公平に対しては怒りを抱く、ちなみに最近の怒りは鈴木宗男さんの事件です、だから何が公平、公正なのかをしっかり話し合い、国民レベルで合意し、共有する必要があると思う、しかしその為には正しい情報が必要である。

個人的には今のマスメディアと検察、司法を含む官僚システムは日本の癌ではないか?と思っている、直ぐに治療しないと手遅れになる恐れがあると思う。

私は子ども手当満額欲しいなぁ。正直にそう思う。
地方では、保育所は足りています。
むしろ、募集に満たないところもあるくらいです。
年部の一例を上げて、保育所が足りない足りないっていうのは、不公平じゃないかな。
弟のところも同意見、子ども手当が満額でたら、パートを少し減らして子供との時間を作りたいと、弟嫁は言う。

正直、子供手当という名前をやめ、少子高齢化対策金とかにすればいい。
子供手当で旅行しようが、パチンコしようが、そのもらった人の価値観であり、どうでもいい話。そんな物はどこで判断できるか?パチンコする人は給料でパチンコして、子供手当でおむつ買いましたといったら、誰にもその真相はわからない。
それでも、一人っ子の家は、2万6千円もらえるならもう一人子供を作ってもいいかなと思うだろう。少子高齢化がますます進み、年金が80歳からもらえるとかになってしまうよりよほどいい。
もちろん、倫理的な問題で子供手当という名前にしているのだろうけど。
子供を生む前の親に取っては、保育所を増やしたところで、子供を産もうという気にはならない。
ここで答えている人たちは、現状の今年か考えていない。そのために批判的な声が多くなっているのではないだろうか。

内憂外患に寄せられたコメントにも、世論誘導に乗って洗脳されたかのような「ばらまき」と発言する人が多すぎますね。

何度も、子供手当ての必要性をここで書いてきましたのであえて書くのは止めときますが、「ばらまき」には反論しておきます。

政治とは、国民から税金や保険料を納めさせ、その貴重な歳入を上手く振り分けて国民を豊かにして、国の安全を守ることにお金を使うことですよね。

その使い道が、自民党政権では公共事業や許可、認可制度、様々な規制や補助金を中抜きして、天下り団体に落としてきた。

言うなら、組織票と献金を受けるために多くの税金を投入してきた。景気対策という名目を着せた一部の企業集中型のばらまきです。

その使い道を変え、直接給付型に変えることを「ばらまき」と言うことこそ、頭の固い既得権者の言葉を鵜呑みにした洗脳だと理解するべきですね。

子ども手当¥26,000満額支給賛成です。¥26,000って貧乏人にしてみたら絶妙な金額なんですよ。子供をもう一人産んでもいいかなって考える額です。¥20,000じゃあ少し足りない。¥13,000じゃあ全然足りない。それに国民みんなで子供を育てるっていいことじゃあないですか?色んな意味で愛国心も生まれるだろうし・・・。親が貧乏人だから子供がまともな教育もうけられないって変じゃないですか?
できれば、子ども手当の支給方法は市町村などの自治体が独自に決めるのが一番いいんだろうけど・・・。

どちらかというと子ども手当よりも配偶者控除の方が「ばらまき」色は強いし、金持ち優遇の不公平な制度だと思うのだが・・。

なぜ子ども手当が必要なのか、民主党の説明不足はもちろんだが、マスメディアの報道や説明の仕方や内容に問題があるのではないでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.