Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« [インタビュー]郷原信郎:「政治とカネ」を代表選の争点にするな!
メイン
[現場ルポ]小沢コール一色だった代表選合同演説会初日 »

《録画放送中》小沢 vs 菅 民主党代表選挙合同立会演説会!



《撮影・配信:民主党本部》  

東京・新宿駅西口で4日13時ごろより行われた「民主党代表選挙合同立会演説会」の模様がインターネットで録画放送中です。もちろん、小沢一郎氏、菅直人氏の両候補者が同じ舞台に立って演説を行っています!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7314

コメント (63)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

菅VS小沢 「究極の選択」で悩む中間派議員に判断材料
http://tanakaryusaku.seesaa.net/
国会議員・地方議員・党員・サポーターの方々は「好き嫌い」や「首相がコロコロ変わるのは」といったような事で日本のリーダーを決めて欲しくないです。
記者クラブメディアの報道を鵜呑みにし誘導されて投票するなんて問題外だと思います。
上記のサイトで紹介されていますが、来週に討論会が予定されているようです。
冷静に考えて誰がこの国のリーダーに相応しいのか、真剣に考えて頂きたいと心から思います。

9月3日の夜9時のNHKのニュース番組で, 小沢一郎氏が地域主権にした場合, 財政問題で支出を3割から4割程度減額可能だ, と幾ら説明しても, 三人のアナウンサーと記者 ( ? ) が理解できないのを見て, あるいは理解したくないのを認識して, 小沢一郎首相を誕生させて, 実行してもらう以外にない, と痛感した。 選挙戦としては, 小沢一郎氏の主張を, 支持者の民主党員達が各自解説して, 訴える, という行為が必要不可欠に違いない。 

<首都圏の小沢支持者は新宿へ>
今から来れる人、暑くて大変だけれど、新宿へ集合!
ちなみに、私と友人は12:30頃、西口交番前にいます。

 こんにちは。

 これは小沢一郎氏引き立ての立会演説会?

 小沢氏は、具体的政策を訴えていましたが・・・スバラシイ!!

 菅氏は、前半自慢話、中盤何か解らぬ「薬」の話、後半・・・?

 このように、総理大臣の資質を問うだけなら、小沢氏の圧勝だが。

 「オザワ オザワ オザワ ・・」パチパチパチ

 うむぅ~ 本来このお二人で勝負してはいけないのではないかしらん?!

やっぱり小沢候補は数段上だ。政策の具体性でハッキリその違いをしめした。管さんには具体的な政策が今日も語られなかった。12月の予算?果たしてどう信用するべきか?その信頼性を感じない。

いやあ、菅さんひどかったな。
昔話と自慢話に終始し、政策論はひとつもなかった。
官僚批判は虚しくひびくだけ。
この人、嘘つきだ。

新宿での立会い演説のネット中継終了

小沢の圧勝と言うか、圧勝過ぎた。

菅は決して悪く無かったが、
体調が悪いのか
若年性アルツの可能性が強い
可哀想だ。

小沢氏の素晴らしい立会演説会でした。感動しました。
これからの日本をどうしていくか、短い時間で演説するのはむずかしいのですが、要点を簡潔に述べられていました。
一般人に大変わかりやすく、名演説に類するものだと思います。
これで議員、党員、サポーターの票が大きく期待できるようになりました。
菅氏は、この暑い中で、自分の生い立ち、エイズなどの自慢話など聞くに堪えない演説でした。この人には、これからの日本をどうしていくかより、自分のことのほうが大事らしい。総理の資格なし。
こんなのを選んだら、国がおかしくなってしまう。

 地方にいて、街頭演説見れませんが、マスコミ洗脳されて勘違い正義の人「小沢けしからん」と暴漢現われるかもしれません。田村やわらちゃん、護衛頼みます。あなたのキレのいい発言好きです。
 うちらの地区は分析の結果、小沢支持議員が多いようです。もう空はさわやかな9月色です。(^-^)

ネット速報で、
新宿立会い演説会。小沢氏登場!熱気と頑張れコール!
菅氏登場!(・・・・書けない)
文字だけなのに、涙目になりそうだった。(-_-;)

■菅首相の「1に雇用、2に雇用、3に雇用」は笑える■
池田信夫プログより引用。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51475571.html

民主党の代表選挙は、小沢一郎氏が優勢になって意外な盛り上がりを見せてきたが、政策論争はお粗末だ。特に笑ったのは、菅首相が「1に雇用、2に雇用、3に雇用」というキャッチフレーズを繰り返したことだ。
『私は、まずやるべきことは、1に雇用、2に雇用、3に雇用だと考えます。つまり、仕事がないということは人間の尊厳にかかわることでありまして、仕事があることによって尊厳が保たれ、安心な生活になってまいります。少し具体的に申し上げますと、この雇用を生み出せば、経済の成長につながります。また働く人は、税金を払っていただいて、財政の再建にもつながります。』
「雇用を生み出せば、経済の成長につながる」というのは、因果関係が逆である。その雇用はどこから降ってくるのか。雇用は労働需要がなければ増えず、労働需要はGDPが上がらないと増えない。つまり経済が成長しない限り雇用は増えないのである。これはきわめて初歩的な経済学の知識なので、民主党のスタッフは官邸に注意したほうがいいと思う。
引用終わり

菅さんの「1に雇用、2に雇用、3に雇用」は、彼の無能さを象徴するものだと思う。
菅さんは劣化して、もう、野党時代の切れ味は全くない。
その点、小沢さんや鳩山さんはまだまだ劣化していない。

去年あのまま小沢首相だったらと考える。
その間に中堅、若手も経験を積み
野党も「政治と金」などの不毛な論争などに陥らず力を蓄える事が出来た。
ホントに検察とマスコミは余計な事をしてくれた。

小沢さんはうまいね。菅さんは菅さんの流儀。好みの問題。

ふだん映像露出の少ない分、小沢さんの姿が新鮮に見えた方は多いかもしれない。拍手・声援も多かった。

小沢さんの剛腕依存派対そんなのまぼろし派の対立に見えてきた。
ここに投稿している私のような一般人であれば夢を見るのは許されようが、小沢さん支持の国会議員までも剛腕期待を口にされているのは誠に嘆かわしい限りです。「導いて下さい」といった議員さんも複数おられましたが何をかいわんやです。せめて小沢さんの覚悟の何分の一かでも示して欲しい。

この2週間の選挙戦はごまかしのきかない長さです。政策の整合性やら具体性が問われてきます。
「地方への一括交付金で財源が」の話も実現は何年か先のことであり、政策経費であっても50%~70%で済むというおいしい話ではない。直面する財源の裏打ちなしでは素人でも納得しない。国債の増発なりインフレターゲットを設定しお札を増刷するなり何らかの方策を誠実に明示するべきではないか。選挙のためのお題目だけでは政策論争にならない。


em5467-2こと恵美さん

暑い中ごくろうさんです。

私はサポーター投票券に『小沢一郎』としっかりと書き込み今投函して来ました。貴方の情報で5月にサポーター登録しておいて本当に良かった。感謝します。

ところで、ライブ見逃してしまいましたので宜しければ会場の雰囲気・小沢支持と菅支持の割合など聴衆の様子を教えて頂けませんか。宜しくお願いします。

「オザワ!オザワ!」のシュプレヒコールがおきて小沢さん優位と感じました。菅さんはラフなシャツ姿でしたが小沢さんは炎天下きちんと背広を着ていて小沢さんらしいと思いました。
近くにいた男の子たちが「オザワって人気ないって言われてるけどあるじゃん」と話しているのを聞いてわざわざ出掛けた甲斐がありました。帰り際にどこかのTV局に小沢さんと菅さんと夫々の顔のプリントされたうちわを渡されマイクを突きつけられて「どちらを支持しますか?」とインタビューされました。「政治と金」をどう思うかとも聞かれたので「マスコミは内容をきちんと報道してください。ダーティだとは思っていません」と言ってやりました。

地方への交付金拍手財政が悪いという理由で今、停止されているんでしょうか。それにインフレターゲットで景気回復は保証されないというのは現在では常識では?高度な経済金融政策集団による国家計画倒産をするつもりなら良いでしょうけれど。
三橋氏の説を掲載した日経が経済誌の恥さらしとボロクソに言われてましたよね。

中継を視聴していて東京(都市部)での立会演説会なのに小沢氏の方が拍手が多いように感じました。(贔屓目すぎるかな)党員・サポーターは都市部を中心に菅優位との報道ですが、残りの選挙期間で小沢氏の露出が多くなるほど小沢優位になると思います。
そうすると様子見の議員も小沢支持に雪崩を打つのでは。
昨晩、行きつけの飲み屋のかみさんが、小沢さんて結構ドッシリシテいて、朴訥な話し方で好感が持てると話していました。
小沢嫌いのかみさんでしたのに、意識が変わってきたようです。
もう一息だ。小沢頑張れ。

<立会い演説会報告>
 片道ほぼ1時間20分をものともせず、この炎天下で演説される小沢さんに少しでも大きな拍手が聞こえるようにと新宿まで行ってきました。
 開始の15分前ぐらいに会場についたのですが、予想どおり、聴衆でいっぱいでした。嬉しいことに私のすぐ傍には私以上に熱心と思われる小沢氏支持の二人の若者と若くはないが美人の女性がおられて、小沢演説に汗たらたらながら皆でしっかり拍手と声援を送ってきました。皆さん、私と同様に民主主義の危機を感じてここに来ているとおっしゃっていました。
 菅氏の演説になったら、とても暑くて、内容の無い演説は聞いていられないとして、女性は我々と握手をして帰りました。私は冷気がくるビルの出入口近くに移動し、一応最後まで聞いていましたが、「日本の援助で外国に感謝されている。」などと総理の実績を述べられておりました。
 菅氏の演説に拍手がなかったわけではありませんが、やはり、小沢氏に強く期待する人は大勢いるが、菅氏に強く期待する人は少ないように拍手の強さから感じました。
 尚、この炎天下で、演説車には両候補者の他、司会・進行の係りの方や警備のSPの方達がずっと立っているわけですが、上着なしのノーネクタイは菅氏一人でした。
 他者に対する配慮や礼儀の有無もこうした服装一つに現れるものだと私は思いました。
 又、演説妨害を目的とした街宣車の騒音が小沢氏の途中からあり、菅氏の時には消えていました。

「民主党代表選挙合同立会演説会」見に行けなくて残念!

浜松にもどなたか代理でも良いから、駅前でマイクを持ってくれないかな・・・。


8区は生意気な斉藤氏だ。次の選挙には無所属でも良いから、アンチ斉藤をたてましょう!

上記コメントの皆さま、ありがとうございます。

これだけでも、十分に、場の雰囲気が伝わってまいります。先日、私は、普天間(宜野湾)・広島・夕張での演説会を「逆説的」に主張したものですが、一度目は掲載されず、二度目に縮小したのが掲載されました。

外交・平和・経済の原点で、この催しが行なわれていれば、遥かに「民主党」の価値が向上したと思われます。

小沢さんが、いつも、辺境な過疎地から演説を行なう意味がそこにあると思いますが、民主党の連中は「都市優先」なのでしょうね。残念です。

この投稿も掲載されるかどうか、危ぶんでおります。でも、報告していただいた皆さまに感謝する意味でも、書かせてもらいました。改めて「ご苦労さまでした」。

菅さんは話をそらせてたようで、頭が良い
と言うよか、ズルイ印象。
小沢さんの演説は、矛盾多過ぎてて、
菅さんの話はうわのそらで、流した。

小沢さんの話は正面から突っ込んで、墓穴を掘ってしまった。矛盾だらけで、真逆の事言い過ぎてて、こりゃあ参ったな~。
後に演説が文面となってくると思う。

円高メリットの話は、笑えた。
以前から、田村耕太郎元衆議院議員
のブログを見ていたので気がついた。

すべからくに於いて、さすが小沢さん、やっぱり小沢さんです。
また、小沢さんの演説上手、実直さと誠実さがそのまま体現されたいずまい・たたずまい・所作・人様を魅了する接遇や語り口などは小沢支持の多くの皆様がご存知の通りですが、それに加え以前にも増して気迫のこもった演説でした。
私は地方ですので演説会には行けませんでしたが、多分、多くの聴衆の方々が炎天下での小沢さんの人様に敬意を怠らないキチンとしたネクタイ・背広姿でのいづまいに誠心誠意な誠実さを感じ、その気迫溢れる決意や並々ならぬ覚悟や訴えそして演説とその内容に魅了され、そして明日の日本国への確かな光明を見出し、一人ひとりの心の中に希望と期待感が湧き上がり勇気づけられたのではないでしょうか。
大阪と北海道でも、小沢さんは、変わらずに、小沢さんらしく、誠心誠意・実直に・心を込めて懸命に皆様に訴えかけると思います。


<hroko | 2010年9月 4日 15:31> 様

会場の様子や雰囲気をお伝え下さいまして、ありがとうございました。
ツイッター中継で何となく察してはいましたが、お蔭さまで、ご案内により目に浮かぶ様にわかりました。


<小沢コールしてきた>
酷暑の新宿西口、至る所に警察官。街宣車の正面、報道陣のすぐ後ろに陣取った。私と仲間三人、偶然周囲の女性陣も、話しを聞くと小沢支持と判明。
皆で、小沢登場と同時に「小沢コール」をしようと話しあう。
小沢登場、拍手と歓声、小沢コール開始、周囲の男性陣も加わってくれた。小沢さんは、スーツをピシッと着て、思いを込めた様に、解りやすく、理念を語り、合間に「よしっ!」と男性陣が頑張って声を出してくれた。
センテンス毎に拍手と歓声を飛ばす。
菅氏の顔がみるみる歪み、苦笑いをしている。
小沢が懸命に語りかける隣で、胸を反らし、えっらそうな態度の菅氏。失礼な態度にますます小沢に恥をかかせてはいけないと、歓声に力を込めた。
小沢の演説終了とともに多数が離脱。我々も撤収。目の前に大河原議員、誰かが食ってかかっている。大河原女史は先日のBSで「小沢さんは、こんな立場になっちゃいけないんです。政治と金の問題があるんです」と声を張り上げていたオバ。
私に「菅さんの演説を聞きましょう」と話し掛けてきた。「冗談じゃない」と。
背中に「菅って人気がないんだな」という報道陣の声。してやったり!

オザワンはやっぱりいいね。
財政出動,補助金の廃止,内需の拡大,強い円による海外資源への投資それとともに円安傾向への誘導。
本当に実現できれば、間違いなく日本の景気は良くなるね。
どうか小沢総理になりますように!

ついでに先ほどニコ動も見てしまいました。

候補者はともかく民主党の運営はずいぶん時代遅れなんだなという印象。

新宿駅西口へ行ってまいりました。その報告をいたします。

12時30分過ぎに到着。
菅さんのパンフレットを配っている人の数がとても多い。ただし、受取る人は、少ない。

この時点で既に、新宿駅西口はかなりの人々が、路上、建物内等すし詰め状態。

12時45分頃、小沢さんのパンフレットを配る方たちが路上に現れるや、人々がパンフレットをもらおうと殺到。手渡しで後ろの方へ配る光景も。

私がパンフレットをいただいたときは、配っている方の手元に、わずか数枚づつしか残っていないようでした。小沢さんのパンフレットには、小沢さんの大きな顔写真が。宝物です。

13時前、小沢さん、菅さんが登場。

隣のおばちゃん「あっ、小沢さんだ。あれ?菅さんいないよ」「いるよ、ほら、あそこに白いシャツ着て」「やだね、半袖シャツだよ」

小沢さんの演説の最中は、遊説バス正面に陣取った集団を中心にあちこちから大きな拍手が。

小沢さんの演説が終わった途端、周りの10数人がその場を退散。
聴くに値しない、と思ったのでしょうか。(その予想は正しかったと言わざるを得ませんが。)

菅さんの演説中、後ろのおばちゃん「あたしさ、前は小沢って嫌いだったのよ。でもさ、最近、ちょっと好きになってさ」「やだ、あたしもよ」「なんだ、そうだったの?やっぱ、ここは小沢さんだよね」「うん、うん」(おばちゃんは、人の話を聞きながらも、お喋りするんです。)

そして、この録画の映像の後のことなのですが、「オ・ザ・ワ! オ・ザ・ワ!」のオザワコール!! この部分が録画されていないのが、残念。

小沢さん、笑顔を浮かべ、(ちょっと嬉しそうなお顔に見えましたが)手を振ってらっしゃいました。菅さん、ちょっとお気の毒な雰囲気。

うしろのおばちゃん、「あたし、ちょっとあっちへ行って、オザワ!オザワ!って一緒に言いいたいよ」

小沢一郎さんの、一語一語気持ちを込めて話されるそのお姿と、力強いお声、録画以上の迫力でした。時々腕時計に目をやり時間を気にされる光景は、ずば抜けた戦略家であると同時に、実務もこなせる、やっぱりスーパースターなんだなと、そう思わせるものでした。

あぁ、小沢一郎万歳!!です。

投稿者: 山口 | 2010年9月 4日 14:45 様
投稿者: 梅光 | 2010年9月 4日 16:21 様

まったく、その通りだと、思います。

『完全保存版』の「某民主党支部」は、そこです。案の定、小沢事務所には届けてくれなかったようです。

菅さん指示の事務所であろうが、民主党の事務所なので、翌日に『完全保存版』も届けてもらおうと、持参したのですが、やはり、前日の資料は、そこにありました。

やはり、握り潰されていたようです。

悲しいですね。

私は、『政治と金』の問題は、皆さんが、石川議員の作成した収支報告書は、全て正しいことを、本当に信じられた時、真相に、辿りつくのだろうと、思います。

具体的には、2004年中に、陸山会は、土地代金の全部若しくは、一部の「出金記録が無い」ことを証明しない限り、『完全有罪』なのだ、と言う事が、理解できた時、初めて『真相』に辿りつけるのです。

私が出来る事は、ここまでです。

あとは、こちらで、『真相』に辿りついてください。

小沢さんに伝えて!検察とマスコミの『ウソをあばく、魔法の言葉』。たった、一言です。
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/797.html

皆さんが書かれているように、小沢氏と比べると、菅氏の演説は驚くほど無内容で、聞くに堪えないものでした。新薬の話はいったい何を言い出すのかと思ったほど。限られた時間の中では無用なレトリック、味付けです。
経済施策、予算については12月を見てほしいと逃げの一手。これでは小沢氏の施策と比較のしようがありません。
どうしても、比較されると困るから、正面対決は逃げてしまったと考えざるを得ません。
あと10日あまり、両者の差はますます広がるのではないでしょうか。

少なくとも、私の周りでは、圧倒
的な小沢コールで盛り上がり、どこにマスコミの言う「世論」があるのか、全くわかりませんでした。菅さん支持と思われる、おばさんが「信じられな~い。なんで、みんな小沢なんか応援してるの?」って、あたりを見ながら、呆然として、しゃべっているのが、とても印象的でした。

自身の目で較べてみよう!

◇小沢一郎
「僕には夢がある。国民の生活が第一。」 http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/s/e/n/sensouhantai/ozawa5_senkyokouhou.jpg

◇菅直人
「元気な日本の復活を目指して」
http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/s/e/n/sensouhantai/kan5_senkyokouhou.jpg

「1に雇用、2に雇用、3に雇用雇用を生み出せば、経済の成長につながる」というのは、因果関係が逆である。と喝破されている方がおられるがまさに正論。菅さんは、公務員の3倍増を計画されているのではないか。
 しかし、12月の予算を見て判断してくれとは、言いも言ったり政策論争にも何もならんですね

私は大手企業の四次下請レベルの経営者です。歴史的なつながりで家業の一部として受注しておりますが、最近は恒例の競争値引きと国際規格ISOの強制で一年をしめれば収益ゼロが続いてます。社員の加齢とともに若者を雇用したいけれども余剰資金が無いのが現状です。いくら菅さんが、「1に雇用、2に雇用、3に雇用」と声高に叫んでも、雇用は決して生まれない。現在の状況での新規雇用は“苦しみと倒産”を創出するのです。下請けはそれほど追い込まれております。小沢さんが力説しているように、地方自治体に資金を預けて企画発注させれば、中央官庁や首都圏企業に集中する発注権が地方に分散し、同じ品質のものが安価に購入できかつ雇用も創出するし余剰予算も確保できるとの言葉には大いに期待を抱いております。小沢さんの言葉には明日からの可能性を感じとりました。

暑かったけど、本当の民意を少しでも示せればと思い、行ってきました。

周りの人の拍手は小沢さんのほうがダントツに多かったように思いました。
菅さんに代わると、チラホラ帰る人が目立ち、今まで人がいっぱいで身動きできなかった入り口も通れるように。

終わってから、ちょっとあたりを見ていましたら、あちこちでテレビカメラでのインタビュー、そしてどちらを支持するかのアンケート。 
一番目立ったのは、フジでしたか・・・ 丸いシールを支持する候補者のところに張るもので、どういうわけか、菅さんのシールが小沢さんのシールの2倍以上貼られていました。
あの暑い中で、ほとんどの人が帰られてからのアンケートでしたので、ただ通りがかりの人にも聞いたのだと思います。

聞いていたときは、本当に小沢さんのほうが、演説の内容でも支持者の数でも勝っていたと思います。

でも多分、明日のワイドショーでは、「ほとんどが菅総理支持で・・・」なんていうコメントがつくのでしょうね。
くだらないマスコミです。

  - 9.4 朝日社説の異常さ ー
 「刑事事件として立件するに足る証拠が認められなかった」のに、お前、なんかおかしいやないか、説明せい!・・・一体、天下のアサヒに何が起こっているのでしょうか?
 罪刑法定主義をもういいいいっぺん勉強してほしい。日本は法治国家です。権力の行使は法律に基づいて・・・悪いことをしたときには「法律の定めた手続き」に従って、「法律の定めた範囲内」で処罰されるのです。悪いことをしたかしてないかわからないのに、これではまるで人権侵害、訴えられますよ。一時の感情や好き嫌いで社説を書かないようにしていただきたい。 以上です。

立会演説会に行ってきました♪

私も渋谷駅近辺に住んでいるので、em5467-2こと恵美さん来ているかな?なんて思いながら妻と二人で12:30頃から凱旋カーの正面、新宿駅西口小田急百貨店前(ちょっと日陰になっているところ)で立会演説会を待っていました。私たちの少し前にキリッとしたショートボブでメガネのスマートな女性が小沢さんのスタッフからパンフレットを受け取り希望者に配ったりしており、もしかして”em5467-2こと恵美さん”?なんて小沢さんの演説を聞く前から少しミーハーな感じ。「イカンイカン・・・」

私たちの右前には、黒い帽子の華奢で上品そうな白髪のご婦人がいらっしゃって「小沢ガンバレー」っと声を上げていました。私も私の左前のメガネで少し背の低い男性と共に拍手と声を上げてきました。

内容の差は歴然。まず現内閣を非難しない小沢さんのスタンス。好感が持てます。「しかしながら」と前置きして予算について、一律10%削減のシーリングについて「自民党と同じ手法」と官僚主導で政治が税金の使い道を考えないことに問題があることを指摘。

「時間の関係で」景気と円高対策について政策を語る小沢さん。予算の予備費を2兆円使う。円高対策はすばやく行い、一方で円高を利用して海外の資源に投資すべきだ。隙の無い論理。最後は大きな”小沢コール”。(タイミングをはかって小沢コールを仕掛ける!ヤッタ!!)

小沢さんの演説が終わると帰る人が続出。小田急ハルク前のカリオンデッキに移動して見ていましたが、菅さんの演説はエイズの話やアフリカの話など喫緊の問題の話が少なく盛り上がりに欠けていました。

<立会演説会報告>
観衆の「小沢コール」は圧巻でした。
菅さんの支持者は揃いの「青いタオル」を持たされて振っていましたが、私の隣の青いタオルを持った三人組みは、「小沢さん、凄いね~」「どうなってるんだ~」「サクラじゃないの~」と悔しそうに話していました。
「サクラは貴方たちでしょう?」と言いそうになりましたが可哀想で止めました・・・
行ってきて本当に良かった!! 自分の目で見て、耳で聞いての体感は大事だと知った。

小沢さん支持か菅さん支持かをまとめた民主党議員情報のリストです。
http://mecio.net/bn/WbGiin.exe
「世に倦む日々」さんから出てるようです。

これを見ると、民主党議員全412人中、小沢支持:216人、菅支持:140人、まだ中立:56人となっていて、小沢さん圧勝のようですね。

しかし、大新聞ではそうは書いてなくて、菅さんが追い上げてて僅差の良い勝負と書いています。これは、大新聞が菅さんを応援しようとして、民主党の党員やサポーターにそういう印象を与えようとしているのでしょうか。

鳩山さんも言ってましたが、TVで小沢さんが生で露出して、思ったよりソフトな感じで、しかも政策に詳しくて、一般の国民はびっくりしてるのではないでしょうか。

党員・サポータ票でも、小沢さんが圧勝するのだろうという気がします。

私は、特にシンパ民主党ではないんですが、冷静に見れば菅氏は総理の器ではなく、小沢氏の方が総理として優れているように感じましたが、一般大衆はそうでもないのかなと思います。

というのは、一般の国民からすれば同じ民主党ですから政策は基本的に同じと思っているからです。
ここのところ菅氏は意識的に小沢氏の主張に合わせてきています。
菅氏が総理になってから官僚に取り込まれているという事も一般国民にはあまり認識されていないでしょう。
菅氏の方が若い、菅氏の薬剤エイズ問題の活躍が有名、小沢氏は検察から強制捜査されマスコミの報道で悪役のイメージがあります。

最終的には、国政選挙と違い民主党関係者の投票で決まりますので、彼らの認識いかんで党首・総理が決まると思います。
そこのところは部外者(=一般国民)でよくわからないところです。
ここに参加される方は、優秀な方が多いので菅氏の詭弁を指摘される方が多いのですが、マスコミの偏向報道というか捏造報道が心配です。
最終的には、現役総理の強み(金+ポスト)で菅氏がどう小沢グループを切り崩せるかで、勝負が決まるように感じました。

しかし、最終的にはどちらが総理になるかで日本の将来に大きな違いがでますので、小沢氏には一般国民の目線も考慮して最後まで頑張って欲しいと思います。

em5467-2こと恵美 | 2010年9月 4日 12:06 様

事前にみていたら、お会いできたのですが、
私も立会演説には参りました!

みなさんともスレ違ったかも知れませんが、
とにかく暑い中、大ロータリーを埋め尽くす人混みで頭もクラクラ(右翼らしき街宣車の騒音にはイライラ)でした!

私はどちらにも声援・拍手しましたが、
さすがに「政治の浄化」「ロッキードの年に‥」等、嫌みったらしいマネは首相としていい加減にすべきであり、

小沢氏(強力な支持・応援団?)が圧倒していたように思います。

明日は大阪ですが、朝刊、午前中のTV等も(先週とどう変わっているのか)楽しみです!

""
12月の予算を見て判断してくれ""


総裁選が済んでからの12月では遅いわな。  会社で言えば「何にもセンム」が「棚ぼた」で社長になり、会社が潰れそうになっているのに、「潰れてからオレの仕事ぶりを見てくれ」と言っている様なもの・・・。

困るのは国民だ。 菅さんを応援している議員の皆さん、もういい加減に目を覚まして下さい。

感情で物事を判断しないで、冷静に明日の日本の事を考えてください。

今日4時からニコニコ堂に小沢さんが出ておられましたが、終わりの時にみんなの前で支持率の調査をしたら、小沢さんがダントツに高いでした。ここは自民党系なのにこの支持率はうれしいです。

小沢コール
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/16772677.html

""
12月の予算を見て判断してくれ""


総裁選が済んでからの12月では遅いわな。  会社で言えば「何にもセンム」が「棚ぼた」で社長になり、会社が潰れそうになっているのに、「潰れてからオレの仕事ぶりを見てくれ」と言っている様なもの・・・。

困るのは国民だ。 菅さんを応援している議員の皆さん、もういい加減に目を覚まして下さい。

感情で物事を判断しないで、冷静に明日の日本の事を考えてください。

ust で見ました。で、政治以前の話。
9月の党首選の演説会で「最後に一つだけ聞いてください。12月の予算を見てから判断してください」という人は、まず病院で診察を受けるべきです。この人に首相を続けさせてはいけない。

映像を見ましたが、小沢さんのこれほど力のこもった熱い演説始めてみた。どこが、口下手や?
いっぺんやらせて見ようかといった声が多くなってきたように思う。テレビの扱いも変わってきた。でも、今日の産経新聞の地方議員へのアンケートは菅圧勝!?本当か?おかしいなあ・・・

菅はトヤマの薬売りになったようです。市民派アジテータってこんなもんか?

新宿での演説をUSTREAMで観て感動した。

今日の小沢氏の演説は、歴史に残る名演説である。
「いま私が申し上げたことを、言葉では無くて、現実の結果で示します」という政治家として在り来たりの発言があったが、氏が発言したからこそ、私の魂は震えたに違いない。

参議院選で惨敗し真の政権交代が実現しなかった今、敗戦処理を引き受けてでも日本のために立候補する姿は、政治家として十分過ぎる資質と見識であり、今日の演説が日本の将来を変えたと言われるような時代になって欲しいものである。
もし、この候補を総理に出来ないのであれば、その責任の所在はアメリカや検察やジャーナリズムではなく、国民にあると言わざるを得ない。

雨中の演説の場合、聴衆の中で傘をささないとか、コートを着ていないという人が一人でもいれば、私は傘をさしませんし、コートを脱ぎます。同じ立場に立たなければ、その時の皆さんの気持ちはつかめません。
田中角栄の言葉である。
だからこの暑さの中、聴衆の中にスーツ姿の人を見て、小沢は律儀に背広も脱がず演説をしたのだろう。
また角栄は、どんな人に対しても、まじめに対応し、人を小馬鹿にするような態度はけして見せなかった。
菅との決定的な違いがここにある、角栄の薫陶が血肉となっているのだなと思った。

本日ニコニコ生放送にて凡そ90分の「小沢一郎ネット会見」を見ました。
さすが小沢一郎ではありました。視聴者はイチコロでだまされるなと感じました。
悪い意味ではありません。ただ者ではない、あたりまえですが。

小沢さん曰く、「日本改造計画」から変質はしていないとのことでした。
素晴らしい考え方ではありますが、ちょっと無理というのが私の感想。
地域主権についても、そうだよねと思う反面この日本で可能なのかと。
橋下知事、河村市長あたりの狙いが成功するかどうかがひとつの目安かもしれませんが。
個人・地域が自立しなさい、自分の頭で考えなさいが基本理念のようです。

小泉純一郎さんだから改革が出来た、パフォーマンスは真似できないが民主党ではこの私しかいない、政治主導についてそのようなお話でした。違いはセーフティネットがあるかどうかであるとも。

あれして欲しいこれして欲しい症候群の国民は自立できるのか。
小沢さんの覚悟を継承する人材は小沢党にいるのか。
それともゆるやかに変革するいわゆる現実路線を選ぶのか。

ニコニコ生放送番組終了時における「次の総理はどちらになって欲しいか」の問いに
小沢さん78% 菅さん22% という結果でした。

参加者の上杉隆さん曰く、世論調査というのは質問の設定等々でいかようにも変化するので絶対的なものではない、あくまで参考までにという程度と見た方がよい。(大手マスコミを含めて)
「ニコ動」では通常民主党の支持率は大手マスコミのそれと比較して相当低くなるという視聴者層だそうです。

新宿12時45分小沢に一度やらして下さい、b3の用紙には笑顔の小沢さんに(僕には夢がある。国民の生活が第一。小沢一郎)の文字。温かいチラシ。新宿13時、小沢さんの登場と共に、地響きのようなオザワコールが背中から、横からと湧き上がり、広場一体が熱狂の渦に包まれた。見知らぬ人たちが 小沢さん応援で連帯。思わず私も声を上げていた。今日に限らず一連の小沢さんと管さんの議論を聴いて、観て、管さんを支持と胸を張って言える議員が居るのだろうか。管さんの三ヶ月実績は大敗したことだけだ。

新宿西口立会演説会に行ってきました。地上への出口すぐでの菅氏のパンフレット攻勢でしたが、私がたまたま着ていたclubtのピンクの小沢さんT-シャツを見て、「あぁ、そうですか。」ですって。こりゃ楽でイイ。
20分ほど前に着き、開始までの炎天下はいささかつらかったです。しかし、スーツ姿の小沢さんが街宣車に登壇されたとたん、あたりにお集まりの多くの方々からの小沢コールが湧き上がりました。それがまるで霧のシャワーのようで、一時灼熱を忘れてしまいます。続いて、鳴り止まぬ小沢コールの中、にこやかに手を振るさわやか開襟シャツ姿の菅氏登場。お暑いのでしょう。袖もまくっておられます。
まずは選対の方のあいさつから始まったのですが、聴衆へのねぎらいの「ありがとうございます」の言葉を我が思いとしておじぎされるのは小沢さん。
演説の順番は小沢さんから。
街宣車からの大空間への演説ですが、なぜか辻立ちのような距離の近さを感じる聞き取りやすいお声です。群鳩舞う中、おそらく皆さんが感じられる意外な雄弁への新鮮な驚き。ずっと封じてこられた、まさに今が「ここぞ」の時なのだという思いを強くしました。「この難局に立ち向かえる力がはたして自分にあるだろうかと悩みましたが…」の言葉に「何いってんだー!アンタじゃなきゃだめなんだー!」と大盛り上がりの聴衆。なるべく冷静に聴こうと思っていたのですが、演説中何度もこみ上げる思いに、ついつい拳を天に。演説終了で各所から起こる再度の小沢コールが止むと、菅氏です。小沢さんのお声に耳が慣れていたため、菅氏のお声はまるでムード歌謡の司会者のように響くのでした。
車上に立たれる皆様に申し訳なく思いながらも、灼熱に耐えきれず、すこし日陰に移ろうとしましたら、同じような方が数人。背中から聞こえる菅氏の最初のお話が「さきほど市川房枝記念館にたちよりまして…」。となりを歩かれる男性が、「まだ言うか。」と一言。関係性をご存じの方のようで、目を見合わせて失笑をしてしまいました。
その後の薬の段には何をか言わんやです。
「…まわりを信じよう。そして、、私 自身を、、、信じようと…」のあたりで、通り過ぎる普通の若いカップルのひとこと「ウ〜ケるし。立場逆っしょ」には、ちょっと驚きました。

ネットはチカラですが、それだけでは、まだまだ全体からすると少数の「情報エリート村」の中でのことだと思います。街で現場で自分の意志を示すことを、やはりしようと思います。

選対→選管でした。

皆さんお忘れかもしれませんが…わが国の宰相は「菅直人」さんですよ。

新宿での演説を確認しました。
驚きました。
菅さんのトーク…いや、ネガティブキャンペーンでも自慢話でも何でも良いんですが。

…菅総理には早急にスピーチライターをつける必要があります。
本格的なプロでなくてもかまいません。会社の報告書をかける程度で十分です。

拙いです。
極めて拙いです。
「日本にとって」拙いです。
すでに手遅れではありますが。

総理大臣の職責と「無言で通すわけにはいかない」という職務上の性質を考えれば、日々シナリオを用意しないと。
周りの人と意思の疎通が取れているか心配です。

みなさんの特に女性陣の演説会現場を語られる言葉に心立つものを覚えいい気持ちです。ご披露頂きありがとうございます。

(閑話休題語調転調)

自分も行けばよかったな。ストリーミングで小沢氏の演説だけ聞いた。自分には<現実の結果で示します>の声と顔がすべて。鬼気迫る。彼が長年の間どいつもこいつもたいがいにしてもらえんかねと煮えくり返っていてそれでも抑え付けてきたいらだちをジャンプ台にしたコアが熱情があふれでた瞬間なんだろうなといっしょに熱くなった。

菅氏を支持する議員は特に新人はポスト小沢(およびポスト菅・鳩山)の時代の民主党政党人としての自分さがし場所取りをしているのかな。先を見ているつもりかも将来から逆算して身を振っているつもりかも知れないけどいずれ身にしみると思う。自分の小利口猪口才を悔やむと思う。去年の夏に着火した熱い志にターボ・アフタバーナーで再点火再燃焼する絶好の機会をもらったのに。惜しい。まあノーサイドになるのだし自分も小沢総理が出現しない限りはあるものを活かすいいところを探すといったんは思おうとしたのだからこのぐらいにしておこう。しかし天は必ず見ていると思いますですよ。

Livia | 2010年9月 5日 01:51様

>今日に限らず一連の小沢さんと管さんの議論を聴いて、観て、管さんを支持と胸を張って言える議員が居るのだろうか。<

いらっしゃいます。一人は馬淵澄夫副大臣です。

ご本人のブログで公表されています。

(引用開始)
政見の検討結果はあらためて記そうと思うが、僕は代表選挙における政策比較で、大きくは経済政策、政治改革、行財政改革、税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示している、菅候補を支持することを決めた。(引用終わり)

彼の偉いところは読者のコメントも全て公表しているところです。勿論というか非難轟々です。

---大阪の代りに地元議員と話す---

大阪に行きたいけれどどうしてもいけない。残念だから、朝から小沢菅両氏のTVを見ていたら、先ほど町内会祭に行っている妻から連絡有り、地元民主党議員(菅氏支持)がこられていると携帯に、、、急いで走って、話してきました。
彼のスタンスは、「政治と金」問題を終りにして政策論議をはじめたいからと発言。私は、「期ズレ」を「政治と金」に言換えているマスコミに、あなたたちが参加して盛上げているのではないか?と反論した。
私も地元の祭で目立つと差障りがあるのですが、言うべき事ははっきりと言わせてもらいました。

ニコニコ動画、Uスト、阿修羅、ツイッター 等のメディアがあって良かった。恣意的なマスゴミを通さずに、できるのは良いことです。
大阪に行かれるかたのツイッターを楽しみにして、Uストで拝見します。期待しています。

投稿者: とんがらぴ 様 2010年9月 5日 02:09
>ネットはチカラですが、それだけでは、まだまだ全体からすると少数の「情報エリート村」の中でのことだと思います。街で現場で自分の意志を示すことを、やはりしようと思います。

この当たり前の意見がここでは貴重に感じます。

「情報エリート村」=「二割方の愚民」

「関が原の戦い」が「西方」対「東方」であったように、ここは、「二割方の愚民」対「八割方の愚民」の戦いです。つまり、「ニ八国家」における天下分け目の大決戦の幕が切って落とされたという訳です。無論、戦場はネット上ではありません。

大将同士の力量差は歴然で、普通なら、”舌戦”の途中で白旗が揚がるのですが、「八割方の愚民」の数を恃んで未だ惨めな虚勢を張り続けるのです。最終決着には「二割方の愚民」がカギを握っているといっても過言ではありません。

新宿駅頭に何人の聴衆が集まったのか知りませんが、その多くをコアな皆さんが占めていたことは想像に難くありません。小沢コールは必然でしょう。しかし、界隈を喧騒をよそに歩いていた圧倒的多数の人たちの大方が、今のこの国の世論なるものを形成している、言うところの「八割方の愚民」で、この群集に入ってアンケートを採る”芸能テレビ局”のボードには、偏向著しいシールの数が貼り付けられるのです。

「小沢一郎総理大臣」を確信しますが、、「八割方の愚民」との戦いはその後も重要度をましていくのです。

どうもしっくりこないのは小沢氏の演説が終わったら帰ってしまう方がいたとか。もしサポーターということであれば、民主党の応援者という本来の立場を見失った、極端化すれば分離主義的表れとも見えます。

もう一点、論点が”格が上”とかの評価で判断するのはどうかと。大方が主観的な評価が基準であれば、その方のマスコミ調査批判も主観的な評価とも思われてしまう。
レベルが同じ、この読者にして、この政治家、このマスコミということになりはしませんか。

一人の政治家を信じ込むと他を一切否定、もしくは見えなくなるというのは危うさを感じます。

kouhukuji 様 2010年9月 4日 15:01 の御意見にちょっと救われた気持ちです。

戦前、東条がどっしりと構え”断固たる”態度で戦争を遂行し、多くの国民はそれを支持したのはそんなに昔ではありません。もう少し別の判断基準を持つべきではありませんか。

○○先生に導いて頂きたい、じゃなくこの分野で私はこう思うというのが主権者でしょう。

立会演説会へ行って来た。
同じ演説会場に、同じ時間にいても、見聞する場所と熱狂しているか冷静でいるかによって、こうも感想が異なるのかと面白くもあり、意外でもある。

このジャーナルの人気スターであるらしい「em5467-2こと恵美」さんやその他の常連さんは、街宣カーのまん前で聞いていたようだ。
当然、両派の動員した運動員も集結した場所であろうから、小沢氏が登場すれば「小沢コール」や拍手が鳴り止まないのも、このジャーナルの常連さんたちの小沢信者ぶりを読めば理解できるし、不思議ではない。

私は、京王デパートの前、京王線の出入り口の前(日陰)で、両者の演説を聞いていた。
頭をぐるりと回すと100人くらいの聴衆の様子が見て取れる場所であった。

小沢氏登場、演説の節目、節目で拍手する人、私の直ぐ前の人と左手横の二人連れのみ。
目の前の人は、このジャーナルに書き続けているタイプの人に見えた。最後まで大きな拍手をしていた。
横にいた二人連れは、周りの人たちの誰も拍手せず無言で聞いている雰囲気に負けて拍手を止めてしまった。

小沢氏の演説に対する拍手は、結局、私の周り100人くらいの中で、たったひとりであった。

菅氏の演説に対しては、5、6人の人たちが拍手をしていた。

正面から外れた、多分、一般大衆席(マスコミの世論調査の対象だろう)とも考えられる場所・ひとびとによる小沢氏や菅氏に対する支援・応援などは、実際はこの程度なのだろう。

さて、菅氏がスーツを着ていないことを批判している人がいたが、行政府は「クール・ビズ」を実行中なのだから、行政のトップがクールビズを守るのは当然であろう。
何十人もいたSPもノーネクタイであった。拳銃を隠すために上着は着用していたが。

あの炎天下、スーツにネクタイ姿の小沢氏の姿に、時代に取り残されつつある男の悲哀を感じたのは、このジャーナルでは私ひとりでしょうが(笑)

演説は、小沢氏のほうが言葉がはっきり聞こえて良かったと思う。
内容については、15分の制限があったので、両者とも、いつもの持論展開で退屈なものであった。

asuwoyokuさま、帰られたのは民主党の党員サポーターだからです。彼等はある種、政治オタク、民主党オタク(良い意味ですよ)だから菅氏の演説、考え方、閥に至るまで熟知してるから聞く必要がないのです。熟練者にそのもの言いはおかしいでしょう。演劇もオペラも俳優、歌手が下手なら帰るのは当たり前です。
聴衆が帰ったのは菅さんの責任です(笑)

冬にコートを着て夏に軽装をしてついでに流行を追いかけるのはいつの時代もオーディナリーピープルです。サムシングスペシャルな人は時代の舳先にいる人はいつも季節を問わず似たりよったりの格好をしています。自分の偏見かも知れませんがそう気付いてからもうずいぶんと年月が経ちました。

堀口雪文 様 2010年9月 5日 18:42

私は

民主党>菅氏

です。

小沢支持の多くは

小沢氏>民主党

ではないですか、と言っているわけです。

asuwoyoku さま
そうでしょうか?小沢さん支持者はそこまで考えていますかね?私は小沢さんを支持してますが流れでこうなりました。菅さんって前から理念はよくわからなかったような気がします。鳩山さんのほうが納得できました。
ただ、俗に言うオリジナル民主党と自由党小沢さんは確かに肌合いは違うでしょう。けれどオリジナル民主党の面々の節操のなさに、呆れた人も多いのでは?恵美さんもはじめから小沢さを支持ではなかったと、以前書いておられましたよ。私もはじめは小泉改革派でしたから。

投稿者: asuwoyoku | 2010年9月 6日 11:30 様

まさにそこなのです。

小沢さんさえいれば何党でもよいのかという勢いですね。むしろ自由党であって欲しいのかとさえ思います。
菅内閣も鳩山内閣の居抜きで営業しておりますので、そんなにやいのやいの言われても困るんですけどね。

それはともかく、小沢さんがいなければこの国は沈むと毎日聞かされ続けて、小沢様のご健勝とご長寿をお祈りする日々でございます。国外脱出もままならない身の上ですので。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.