Calendar

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

Recent Comments

上杉隆×高野孟:小沢一郎代表選出馬と民主党の行方
にぶいな 08/30
梅光 08/30
梅光 08/30
梅光 08/30
愛知一郎 08/30
Mr.T 08/30
梅光 08/30
梅光 08/30
佐藤勝義 11/04
佐藤勝義 11/04

« 菅 ─ 鳩山会談決裂! 小沢氏、民主党代表選立候補へ
メイン
名古屋市議会リコール署名開始 石田衆院議員は対立出馬断る »

上杉隆×高野孟:小沢一郎代表選出馬と民主党の行方

 ジャーナリストの上杉隆氏と高野孟が対談し、9月の民主党代表戦への出馬を表明した小沢一郎氏について、それぞれ持論を展開していただきました。


《対談映像(再生時間:5分52秒)》

* * * * *

高野:昨日小沢一郎が決起をすることをうけて、今日のJFNラジオ番組ではこれから一体どうなるんだということを話をしました。共通しているのは小沢が総理になるのは面白いということでしょうか。

上杉:まずひとつに、立候補した方がスッキリします。仮に総理になった場合、今まで政界で言われてきている官僚システム、メディアのシステム、つまり55年体制の残っている問題を一気に解消するところを一回見てみたいなと思います。

高野:小沢が「壊し屋」と言われていますけど政党を壊してもしょうがなく、55年体制の最後の土台部分を全部ブルドーザーでめくり返すぐらいの荒事をやってもらいたいです。

上杉:すでに国際的に時代遅れであることは明々白々です。

高野:菅さんがもう少し頑張るのかと思ったけど、なかなかそうも行かなかったです。

100827_uesugi.jpg

上杉:ちょっと期待はずれでした。期待していたんですけど。

高野:そういう意味では小沢さんに荒事をやっていただくのもまたいいじゃないかと。とにかく民主党代表選は面白くなってきました。

上杉:国際的には総理があまりかわるのはよくないと言われています。この場合はちょっと、しょうがないかなと思います。経済・金融面でも菅政権はもたついた感もありますし、一回かわって、菅さんにしろ、小沢さんにしろ、選ばれた方は最後まで自ら辞めずに任期満了、やってみて立て直してほしいです。

高野:「挙党態勢」がキーワードに上がってますけど、そう言いながら挙党態勢を考えずにみんな自分のことばかり考えています。今は全員が知恵を集めて必死になったとしても、ついて行けないぐらいの世の中です。政権を自分たちでもぎ取っていこうということを思わなければ乗り切れないと思います。

上杉:高野さんと私が並んで座っていると、民主党の犬かと言われそうですけど、それは違います。

...つづきは映像でお楽しみ下さい!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7288

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 上杉隆×高野孟:小沢一郎代表選出馬と民主党の行方:

» やはり犯人は小沢だ、小沢以外にはない 送信元 三保小次郎日誌
別掲の切り抜きは、今日の日経新聞からとった。 経済紙として発行部数世界一をほこる。 その論理もさすが一流である。 小沢氏の代表選出馬... [詳しくはこちら]

コメント (66)

管総理は、全員野球のつもり?

 小沢氏を排除しても、小沢グループを人事で冷遇することはなかったと思います。管陣営は「反主流」をつくりあげてしまった。管さんは、「金にクリーン」のイメージで浮上し、世論ウケを狙い、政権交代の功労者をバッサリ切ってしまった。私が管側の要職にあれば「小沢の体面を考え配慮しなさい」ともっと提言しているでしょう。
 鳩山さんがロシアで「管さんに友愛を感じなかった」と述べてます。まあ、そうでしょう。管さんに日本人的「義理・人情」のなにわ節を期待するのは無理なのか。
 民主党代表選で管陣営は、小沢ダーティを強調し、「そこまでやるかよ〜」とあきれる事態を招きそうです。その先に「細川内閣崩壊」後のような、無茶な政界再編がありそうです。戦いながら、先の流れを読んでいるのでしょうか・・・。

 日本はますますデフレ沈没しそうだ。漂流している暇はない。
若者は就職できず〜、会社は利益の出ない仕事をしている。(10年前、私が請けていた20万の仕事が今は8万に。年収700万の役所職員が300万円に減収にはならないでしょう。競争は底辺ばかりで格差を生み、消費も喚起されない。小泉改革、競争の原理、現実を見よ!)
 沈みそうな船を救ってくれるなら「船長は誰でもいい」「美しいことほざく暇はないぞ〜」という声もきこえる・・・

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

高野氏と上杉氏との対談を聞きながら、菅氏は何をやりたいか?を語らなかなったとの思いが強いです。問題は期待できそうにないことです。
小沢氏に期待したいこと。
1.官僚システムの再構築。
2.特定財源の一般予算化。
3.記者クラブなどマスコミ規制排除。
4.普天間の海外移転。
5.景気、雇用対策。
その他いろいろありますが、希望が語れるようになっただけでも,代表選の価値あり。
小沢氏の政策発表を心待ちにしています。

今の日本に従来の自民党的な景気対策を求めているマスコミや評論家の馬鹿さ加減にあきれてます。過去20年間やった結果が財政赤字の膨張になったことを何も学んでいない。問題は産業の構造転換という国家の形態を変えるという根本的な対策が必要なのです。エコカー補助金なんてやって意味があったのなら何で今こんなにマスコミはギャーギャー騒ぐのか、本当に馬鹿丸出しです。ここは小沢一郎で根本的な改革を期待するしかないでしょう。

高野 様

お二人は言わばネット世論を盛り上げている方々なので、マスコミに殴りこみをかけてほしい。

昨日は山口週刊朝日編集長が「政治と金は検察のでっち上げ」みたいなことを地上波で発言。岩上安身氏は、カット割しないで放送されることを望むと発言。こういう活動を期待してます。

先の二木様の投稿でも紹介しましたが、読売新聞ネットみんなのYES/NOでは小沢代表選出馬を76%が支持するです。
理由は高野様や上杉様と同様です。私も同意見です。
日本再生には日本一新しかないです。
脱官僚で官僚に目標を与え、デフレ脱却してインフレにして日本を成長過程に戻すには強いリーダーが必要です。
党幹事長時代に強引に陳情システムを替えた小沢氏に勝る政治家はいません。
宮内庁長官を怒鳴りつけたのです。この位でないとリーダーシップは発揮できないでしょう。
霞が関は小沢つぶしに躍起でしょうが、これを乗り越えて官僚システム改革をやりきると信じている。
それにしてもこのジャーナルの二木氏の小沢氏の政治資金スキャンダル、ネットの現代ビジネスで歳川隆雄氏が述べています。
こんなことなぜ今出してくるのか引き継いで精査したのだから6月にはわかっていたはずである。
8月30日発売の週刊現代に掲載されているとのことです。
小沢側からでなく、菅・仙石側からスキャンダル合戦を仕掛けました。おそらくこの日曜日の政治番組に合わせて情報提供しているのでしょう。
官房機密費もフルに使用していますし、マスコミ対策は万全なので強気なのか。

こうなれば小沢側もスキャンダルを流すでしょう。
高野様こんなことをやれば民主党はますます支持者が離れます。
民主党の退廃です。
菅・仙石とは何なのですか。視野が狭すぎます。志がなさすぎます。
結局は民主党自体がマスコミの餌食になるだけです。
菅・仙石はわかっているのでしょうか。もはや内閣は体をなしていません。
高野様、何とかこんなことを辞めさして政策論争に終始するように民主党首脳に進言してください。
クリーンとは政治と金でなく、政治家としての行動です。
民主党はクリーンな政治をやってほしいが、政権交代後から党内で一部グループからの小沢氏に対して批判・中傷が多く、多くの国民はうんざりしています。
是非お願いします。
※仙石はパソコンでせんごくで谷が出ないので石で失礼しています。誤字は重々承知しています。

ここにおられるコアな小沢支持者さんたちのおかげで、沸々と待望論が巻き上がりつつあります。小沢氏の発言を見るかぎり、既得権益者の方々からみれば反米でありましょう。が、これから先は的外れな批判をすればするほどそれ以外の人たちが「オザワ」に集束していくでしょう。
これだけ犯罪者扱いされて、民放調べで、15%の支持があれば十分と考えます。
ここの住人のみなさんにも願わくば、ニワカ支持者をも巻き込んで大きなうねりにしていってほしいと思います。

オザワさん、よくぞ断じたまえるかな!!!支持します!!!

「一度だけ、小沢を首相にしてやろうじゃないか」

菅は期待できそうにもない。たとえ短期間でも残り少ない人生の小沢を一度首相にしてやりたい。

■小沢はかく語りき
小沢「僕の政治の目標は、国家の目標も人づくりの目標もそうですが「自立」です。自分で判断して、自分の責任で行動しろ、甘ったれるんじゃないと言っている。人のせいにするな、自分でやったことは自分でしりぬぐいしろというのが基本です。
政権交代を果たした民主党が最初にやるべき3つの改革は、政治改革、行政改革、そして地方分権だ。そこが進まない、あるいは後退している。だから国民の不信を招いている。政府はいつもアメリカと外務省や財務省の言いなりになっちまうんだよな。マニフェストの変更などという中途半端なリフォーム的な改革じゃダメなんだよ。官僚主導政治から政治家主導の政治にするというのは古い家を壊して新しい家を建てるという改革なんだよ。官僚やマスコミなど自民党政権時代から続く既得権益にしがみついている連中を相手に、改革していこうと思えば、彼らの恐ろしいほどの抵抗に対して命がけの覚悟と決意を持って政権運営にあたらなければならない。アメリカと霞ヶ関にキチンと向き合える政治家は今の日本にいるのか。僕の改革は明治維新から続いている官僚支配体制を打ち破る革命的な改革なんだ。そういうことができる奴って、誰か他にいるかい」
「菅首相、前原クラスは官僚の敵ではない。官僚が本当に恐れているのは小沢です。」(菊池英博)

希望する政策は 1.官僚利権共同体の壊滅。人事権を政府内に。官僚政治から政治家主導。
2.特別会計の廃止。
3.特殊法人と独立法人の廃止。4.新聞とテレビの持ちあいを禁止。
5.司法改革、地検特捜部の廃止、検察審査会の廃止、裁判員制度の廃止。
6.対米従属から日米対等。普天間の海外移転。
7. 地方分権 
8. 介護手当てと親同居手当て 
9.売ることができない紙くずのドル買いをやめる。税金で為替介入をしない。

<高野様 二木様>
放送ありがとうございます。
選挙後は一致団結を標榜されていますが、私は、逆に党内融和を図っているゆとりがないと思っています。
小沢政権になれば、後から鉄砲を打つ輩を要職にすえれば、閣内不一致、党と政府の埋め難い不一致が生まれます。また、政治が停滞します。
ここは、負ければ一兵卒でいいじゃないですか?
いやなら党を出ればいいんです。
たぶん、小沢さんは負ければ潔く離党して、別の政治勢力を結集しても「日本一新=国民の生活第一」の実現に全力を尽くすでしょう。
小沢とともに、全国600万人の支持者も民主党から離れます。
いっそ、スッキリしていいじゃないですか?
きっと、とても素敵なクリーンな政権になるでしょう。
もっとも、民主党政権が続けばですが…。

どちらが勝つことになんでしょうね。

鳩山さんの友愛の理念を引き継ぐ方に勝利してほしいと個人的な願望がありますが。

民主党の原点に戻るということはそういうことであるはずですから。

普天間はどうするのでしょうか?
最低でも県外、できれば国外を目指してはどうでしょうか。
はっきり示してほしいですね。

鳩山さんが東アジア共同体をつくるための活動をされることについて大賛成です!
議員を続けられることの賛否については私にはわかりませんが。
ともかく、東アジア共同体の実現はぜひとも成し遂げなければならないことです。鳩山さんのその活動に強く期待しています。

日本にとって20年来の不況の締めくくりみたいな時期に、小沢丸が船出しようとしています。

小沢さんが立候補を逡巡したには、この時期に選挙で大騒ぎする事の愚を十分知っていたからだと思います。

普通に考えてみれば、今この時に選挙にうつつを抜かしているような国会議員なんて言うのは、本当の害毒でしかあり得ないと思います。
全員辞職すべきです。

しかし、菅・仙石・前原・野田がこのところ見せている行動を見る限り、日本は本当に沈没しかねない不安を覚えます。
今こそ、挙党一致で、適材を適所に配置し、先頭で旗を振る男を選んで不況の嵐を防がねばならない時なのですが。

6月以来のこの政権の動きののろさ、先見性の無さ、決断力の欠如、頑固さ、独善性・・・・などを見るにつけ、仕方ないのだと思います。

皆さんがおっしゃる、ころころとトップの首を挿げ替える事の愚を犯しても、やはりリーダーには、理念を持って嵐の中を的確な航路を進める人間を当てなくてはならないのです。
神輿は菅でもよかったのです。
ただ、指揮棒を振る人間さえ間違えねば。

タイミングの悪さは、反対派の言うとおりでしょうが、政治家が小沢しかいない以上、小沢で行くしかないのです。

もっとも、タイミングの悪さなどといったものは、この国の国民が勝手に作り上げた「誹謗・中傷」のなせる技なのですが。

最後に、逃げ口上を一言、
これから起こるかもしれない異常な事態は、小沢さんの責任では、一切ありません。
これまでの自民党政権がやってきた事の結果がほとんどなのです。
それに対する対処法こそは、小沢政権の責任となります。

高野さんはこのビデオではほとんど伏せ目がちでコメントが所々か細く感じられました。この前の金を取り上げられた小沢一郎は政治家として終わったとのジャーナルでの論文を読めばさもあらんかなと思います。

ジャーナルのひとに要望です。
これは除去されて結構ですがそれなら、なおさら高野さんの反論が聞きたいです。ジャーナリストとしての自覚があるなら除去して知らん振りじゃなしに今一度、小沢一郎が終わったというあなたの発言をカメラに向かって顔を上を向け声を大ににて発言されたし

高野孟さん
上杉隆さん

ご両人の同意点を高野さんの台詞に代表させると【55年体制の最後の土台部分を全部ブルドーザーでめくり返すぐらいの荒事をやってもらいたい】
真に、此処がポイントだと確信します。

代表選に照らせば、問題は
「どちらの候補者が、
1.その荒事を仕掛けて、
2.後遺症を短期に治めつつ、
3.上手に且つ綺麗に後事を造り上げるのか?
国民に希望を与える体制を造れるのか?」だと。
判断は分かれる処ですね。

現実の与件を無視した机上論で言えば・・、
上記の課題をクリアーしてくれるのなら、私もどちらが首相になっても好い。

こんにちは。
このサイトは変わらず拝見しておりました。
最近は、政治系以外のブログでも小沢さんや閑(菅)さんについての話題が頻繁に出てまいります。

私もお気に入りのブログのいくつかでそんなコメントを眺めていて、余りにも小沢さんに対する事実誤認が酷い事に驚き、ちょっと反論を書きこんだら反論ばかりが返ってきましたので、意見の相違はあっても事実を互いに認識しようと云う趣旨で陸山会事件や西松事件について知っている事実をせっせとコメントしていました。
おかげさまでそれらのブログでは小沢信者の称号をいただくことになりました。(笑)

でもこの信者の私のコメントにそれぞれの思いを返して頂ける方の意外な多さに目を瞠りました。
反対意見でも読んでくれているんだ。と解ったので陸山会事件の経過などを簡潔に書きこんだりリンク先を貼ったりと結構楽しめました。小沢=悪という人が結構多いサイトに皆さんも出かけて見られては如何でしょうか?ブログ自体に悪意が無いサイトであれば意外と反小沢の方々とも話し合いになると云うのが実感です。
もとより相手を論破する必要は全くありません、ただ報道されない(公にしているのに語られない)事柄や事実と違った報道をされている事柄・小沢さんの足跡を事実に即して簡潔に説明してきました。
読んで頂けるのなら幾分小沢さんに対する偏見(なにしろ汚沢の世界ですから(笑))が和らぎ、今の体制に疑問を持つきっかけになれば良いと思っています。

皆さんも既にやられているのかもしれませんが、他の小沢さんを理解していないブログ(政治系に限らず)を訪問して人柱覚悟で意見を述べられては如何かと思います。私は今後も人柱稼業をあちこちでやってみようと思います。別なサイトで火だるまになっている私をお見かけの際は、優しい言葉の一つでもかけてやって下さい。宜しくお願い致します。(笑)

高野孟さん
上杉隆さん

ご両人の同意点を高野さんの台詞に代表させると【55年体制の最後の土台部分を全部ブルドーザーでめくり返すぐらいの荒事をやってもらいたい】
真に、此処がポイントだと確信します。

代表選に照らせば、問題は
「どちらの候補者が、
1.その荒事を仕掛けて、
2.後遺症を短期に治めつつ、
3.上手に且つ綺麗に後事を造り上げるのか?
国民に希望を与える体制を造れるのか?」だと。
判断は分かれる処ですね。

現実の与件を無視した机上論で言えば・・、上記の課題をクリアーしてくれるのなら、私もどちらが首相になっても好い。
与件から観れば・・・、私見は
小沢さんは、1項は強いが、2項は弱い。
菅さんは、2項は期待できるが、1項は弱い。
この選挙戦で夫々の弱みを如何に矯正できるか?
人の矯正力を借りて自分を追い込む手立ても有効だろう・・本人にその気が有ればだが。


>村上龍が想像したらしい・・

小沢ほど誤解されているひとはいない・・・
論理的だが口下手である。
政治家には不向きかもしれない。

経済から外交まで三次元的構想と戦略をもっていながら・・・
演説は苦手でシャイである。
頭は切れるが社交的でもなく
孤独ながら孤立はしない・・・最後の政治家である。

>よらしむべし、知らしむべからず・・・のブログより
・小沢の登場に反対するマスゴミは、
自らの存続自体が危機に陥るだろうことを、
もっともよくわかっているから、
必死に小沢叩きをやる。
・笠間東京高検検事長が就任した。
小沢を小突きまわし、敗北した佐久間前特捜はいない。
検察を使って引き摺り下ろす前の手口はもう使えない。
検察の陣容が変わり特捜は抑制的に動かざるを得ない。
・・らしい・・・

小沢と菅の代表争いは政策の異なるグループの権力争いである。とことん相手を排除する勢いで動き回ればよい。どちらが勝利すると得があるか下種な判断をすればよい。なまじっか政策論争の大上段を持ち出すと、逆に本物の生き残り陣営が薄っぺらになる。党の分裂を心配しながら戦いができるわけがない。およそ元身内の反目へタレ議員から、金と政治の中傷道具が持ち出される事が予測できます。極めつけの官僚マスコミが狂喜する品格のない下世話の話です。

小沢が代表に就任するでしょう。民主に止まらず、自民を巻き込んだ大胆な解党・複雑・新種の組閣人事で、世論の風評とマスコミを蹴散らして欲しいものです。ついでにアメリカへ物申す外交と、経済の底上げができる内閣の組閣をシャイな・国民的・風評・悪者、最後の政治家小沢に期待します。

""菅陣営、「政治とカネ」で攻撃=小沢氏側は「手腕」アピール―民主代表選""


もし報道の様なら民主党は分裂した方が良いのではないでしょうか?

卑しくも同じ党の人間をこの様な攻撃を加えるのは最低の人間のする事ではないでしょうか?

恐らく選挙後の挙党一致は不可能だと思います。 戦後の教育の悪い面が出たのでしょうか?

本来、総理なら悠然とした態度で自分の政策を掲げ、相手の悪口を言わないでもらいたい。

投稿者: 梅光 | 2010年8月28日 14:35

検察リーク報道 -> 捏造だ。小沢は悪くない。
菅陣営の小沢攻撃報道 -> 菅は卑しい。

戦後教育の悪い面とはまさにこのような二律背反を自分で気づかない事を言うのではないでしょうか。

板垣英憲さんもこんなことを言っている。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken  http://www.a-eiken.com/
「鳩山前首相は、民主党結党直後、ホテルオークラ内の中華料理店で出版社の社長と私と3人が集まって昼食の冒頭、「私は菅さんを信用していない」とはっきり言っていた。人を騙し、ポストは横取りし、コスイ人間だと言わんばかりの口調だった。」

「民主党の大儀」「友愛の精神」という鳩山氏の「原点」においても、このような菅氏への警戒心を抱いていたということは、私にも意外である。似たような話は聞いてはいたが、当事者からのこの発言は、「変わらぬ人間性」としかいいようがない。

そして「似たもの同士」は迎合し、癒着し、相手の弱点に付け入る。

「おい、億という金を融通しているのだから、これで世論操作に失敗したらただじゃおかないぞ」と「弱い犬ほどよく吠える」

鈴木宗男さんは「むねお日記」で「三つの約束」を実現してほしいという。
一に円高対策、二に対米自立 三に官房機密費の透明化

沖縄県民に何一つのメッセージを出せない、内閣。
円高も株安も「眺めるだけ」の傍観内閣
機密費疑惑を問われても、コメントすら出さない。「ない」といったことを「ある」という。

「菅一派」達があれこれとひねり出す常套句の小沢批判の前に
内閣として「国民の敵」なのか「味方」なのかが問われているのだ。
「Enemy of JAPAN」

「民主党の大儀」を拒否し、それがいやならさっさといさぎよく民主党から出て行くべきだ。河村官房長官のように、あと二週間、機密費金庫にある「現生」を持ち出して「手土産」を持参すれば拾ってくれる「どこか」はあるだろう。

世川行介さんち


羽田孜議員の事務所から、
 突然の電話があって、
 元首相が、僕の本を30冊用意しろと言っている、
 ということなので、
 午後4時に、若社長と議員会館前で待ち合わせて、
 届けた。

「今日、小沢(一郎)がこの事務所にやってきてね、
 私のテーブルの上にあった『泣かない小沢一郎~』の本を見て、
 この本、何だよ?
 って、訊いた。
 明日、みんなに配るんだよって話しておいた。
 この本がみんなに読まれて、
 小沢を正しく理解する人が増えるといいな」
「……、」

<sirokuma様>
人柱、ご苦労様です。私はそこまで炎上する勇気がありませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m
<高野様>
「菅には期待したけども、ダメだった」なんて簡単に言わないでください。
私は高野さんのお立場=オリジナル民主党の生みの親もあり、「菅に任せるしかないだろ」という高野論説にも、あえて批判をしないできました。
その上で、今回のインタビューの発言には納得できません。
ここは、何が何でも菅代表再選の為に力を尽くすのが、人の道ではないでしょうか。しかもゲラゲラ笑いながら…。言う事ですか?
一本、筋を通しましょうよ。高野孟の名が泣きますよ。

(日本人を止めた)無国籍人 | 2010年8月28日 14:23続き

鳩山さんの今後についてお二人のご提案がありますが・・・、
鳩山さんの「友愛」は、「個人の想い」以上のものではない、理念や思想のレベルに達していない。

日本国として認知していないという手続き論は別にしても、元日本国総理の立場で外交の場に「個人の想い」を振り撒くことに、何の意味がいあるのか?
私は、Negative。

国内で出しゃばるのは止めさせたいという心情は共有しますが、日本の外交が傷付くと。
鳩山さんには、先ず自らを元日本国総理の看板に値する「深み」を備えるべく勉強をして戴くことではなかろうか・・、あの細川さんと同様に。
その上で時間が残っているなら、表舞台に出て来られることは否定しません。

代表選挙で、「負けたら一兵卒、いやなら離党しろ」っていう訳の分からない投稿がある。本当にバカバカしい議論だ。どこの国の議院内閣制の党首選挙でも、党内の争いは、選挙が終わればノーサイド。一定の支持を集めた候補者を要職で起用するのが当然。礼節をわきまえた、先進国らしい党首選を期待したい。基本政策が、09年衆院マニフェストなのは、本来両者共通。全共闘的「運動論」で、統治政党の問題をみるのは、やめるべきだ。

投稿者: 無名 | 2010年8月28日 15:34
さんに同感。

小沢=悪のイメージはマスコミの捏造(私もそうだ思っている)
しかし
反小沢の情報は驚くほど報道の通り信じて猛烈に批判するその姿勢が分からない。それもまたマスコミが正しいとは限らないではないか。少なくとも、そのように立ち止まって考えることができないのなら、ここの人たちが言う多数の愚民と同じということ。

代表選は楽しみだが、どちらにしても負けて党を割るようなことをすれば私はその人をただの保身政治家だと思う。
60年以上の自民党一党独裁から日本は変わろうとしているのだから、政権与党の民主党はしばらく続かなければならない。また細川政権の時と同じことを繰り返すなら、日本に二大政党制など不可能だ。所詮その程度の国民だということだろうが。

<小沢一郎は困った男だ>

小沢一郎と言うのは実に困った政治家だ。政治家なら誰もが憧れる総理大臣の椅子には無頓着。

また新聞世論にも媚びず自分の信じる道を突き進む、周りの人間の悪口雑言や自分を貶める謀略にも耐えて再び立ち上がる。

近年こんな政治家は西郷隆盛以外に見たことがない。しかしこのような政治家でなければ国家の大業を成し遂げられないのだろう。

ネット上の調査ではロイターの不公平な調査を別にすれば、どこも小沢さんが大幅リードの結果が出ているが、共同通信社の世論調査は菅支持が圧倒的だ。おかしい。というのは同時に行われた菅内閣の支持率が、前回より10パーセントも伸びているからだ。円高株安の後手後手の対策でどうして世論が10パーセントも評価を伸ばすのか。共同通信社の調査、摩訶不思議。

対談内容は、それ程興味もない。
ただ、高野さん、貴方の小沢氏嫌いがハッキリ解っただけでも十分です。
小沢氏は呼び捨てで、管氏は管さんですか?貴方の性根も良く理解しました。

ジャーナリストを自認しているのなら、もう少し離れて見ていたらどうなんですか?貴方も人間だから好き嫌いはあるだろう。だが、公に向かって発言をするなら、もう少し慎重に発言して欲しいですね。

言葉の一つ一つに感情が篭って、見ている人間、聴いている人間に誤解を与えかねない事を理解すべきです。

第一声が「小沢」で次に「管さん」では、聞いているこちら側としては、そう判断をせざるをえません。

マスコミ報道は中立・公平に徹すべし。貴方方、ジャーナリストもジャーナリズムの原点に立ち返ったら如何ですか?私は、色々な意味・ものを含めて最後のチャンスだと考えています。

ジャーナリズムこそ、民主主義の原点だと思います。判断するのは国民です。(メインは党員・サポーターですが・・・)その判断を捻じ曲げるような事だけは慎んで頂きたい。
主役は国民であって貴方方ではない。

誰の意見だったか思い出せず残念ですが,2,3週前にある新聞で識者が「小沢一郎は西郷隆盛に似ている」と指摘する記事を読みました。結局,西郷隆盛がいると明治の新政治体制が落ち着かなかったのが,西郷隆盛が敗れたことで明治維新が一段落し,ようやく国が発展に向かいだした,という主旨でした。
今回の高野・上杉対談の後半の鳩山氏に関する提言は面白かったですが,前半は話の展開に無理があります。結局,小沢一郎は壊すばかりで国が成熟しないのではないでしょうか(成熟しないことも悪くありませんが)。僕自身,菅首相の考え方・やり方もすべて支持するわけではないですが,小沢氏が新内閣をつくるよりも,現内閣が継続することを支持します。あのマニフェストはやっぱり野党のものなんですよ。だから菅内閣の考え方そのものは鳩山体制の時に比べ与党的になったという点で,着実に進歩しています。鳩山氏の掲げる理念は僕も好きでしたが,結局,口約束が過ぎたせいで父親同様,政治がうまく回りませんでした。では,そこに戻る必要があるのか。それが言いたくて久しぶりに投稿しました。
だいたい,小沢一郎が55年体制をぶっ壊す,なんて妄想もいいところで,僕に言わせれば小沢一郎は昭和最後の政治家ですよ。小沢が推した鳩山がこけて,なんで小沢が出てくるのか。それだけでも思いっきり時代を逆走しているような気がしてなりません。
なぜ小沢一郎が自分で立ち上がる決心をしたのか。西郷隆盛が負けるとわかって西南戦争したのと同じだと思います。西郷隆盛は,勝っても負けても,西南戦争を起こすことは結果的に国を一つにまとめることになるとわかっていたのではないでしょうか。小沢が勝てば次の選挙で間違いなく自民に政権が移るでしょうし,負ければ政界再編か引退でしょう。これは時代の節目なんだと思います。
最後に,小沢一郎が代表選で勝利するとは到底思えませんが,立候補すると決断したことは,きっと後になって評価されるであろう立派な決断だと思います。

高野編集長がこれまでもそしてこれからも菅直人を支持するのは納得がいく話です。言動などシンパシーを感じるからでしょう。菅氏の政治行動の原点には何かしら国民を幸せにする魅力が薄いように感じる。小生は「日本改造計画」「日本一新十一基本法案」そして「国民の生活が第一」を基礎とした思想に惹かれますので小沢一郎ならびにチーム一郎を応援します。

民主党代表選に関する朝日新聞論説委員(星浩等)に依る小沢批判は度を越しており、下劣で醜い。
真の政治改革を行い、「国民生活を第一」を標榜する小沢氏を推定無罪の政治とカネの問題で追求し、代表選を不利に陥れる書き様は読者としても許せない。
小沢氏が民主党党首(首相)になると朝日にとって余程困る事が有る様だ。クロスオーナーシップや
記者クラブの廃止等で利権が無くなるからだろう。
全国の読者に朝日新聞の不買運動を起こすよう呼びかけよう。

毎度おなじみの共同通信世論調査結果が発表されています。
菅氏支持69%、小沢氏支持15%、小沢氏が勝った時は56%が解散すべきとの事でした。この結果からは、解散はほとんどする必要がないということか。意に沿わず残念な結果のようです。
良くあきもせず熱心に、ミーチャン、ハーチャンに聞くようなくだらないアンケートをするものだとあきれてしまう。
今まで、何か良くわからない事件をあたかも小沢氏が犯罪に問われるものだと一方的長期間報道しておいて、小沢氏支持はすくないと圧力をかけて、恥ずかしくはないのだろうか。あきれている。
三流の報道機関に落ちぶれてしまったのだろう。そんなことを言うと三流の報道機関に怒こられるか。
国民の関心は、景気であり、雇用であり、将来の安定である。小沢氏は早く小沢ビジョンを発表し国民に向けて丁寧に説明してほしい。マスコミは悪意を持って国民の目を政策からそらさせているが、国民はマスコミにいつまでも誘導されるほどおろかではない。
根拠の極めて低い情緒的支持率など、政策を目に見える形で実行すれば、(支持率などそれほど気にすることではないが)、すぐ50%など超えてしまうだろう。マスコミの目くらましは、残念ながら効き目がなくなっている。

>中立・公平を願うさん

私も昨日のTVで“小沢”“菅さん”というのが非常に気になりました。

聞き間違いかもしれないと特に投稿もしなかったのですが、同じように感じた方もいらっしゃったのですね…

嫌いな人間は呼び捨てにするというのは仙谷さんもそうらしいですね。

高野さんは、公共の電波まで使って小沢は死んだとまで言ったのですから、もし死んでなかったときにはきっちり落とし前をつけてもらいたいものです。

<小沢一郎をもっと知ろう>

最近、世川行介氏の『泣かない小沢一郎(あいつ)が憎らしい』(同時代社)という書籍を読む機会があった。小沢一郎という政治家の生き様を周辺の人々(羽田元総理、二見氏、平野氏ら)からの取材を通じて赤裸々に綴ったものだ。そこには豪腕小沢というより、人間として正しい生き方に執着する小沢の真の姿が描かれている。

私はこの本を読んで小沢と言う政治家が「何度叩かれても国民のために再び立ち上がって歩き出す」姿に涙があふれてしまった。彼ならもっと楽な人生を歩めただろうに、何故、わざわざ苦難の道を歩もうとするのか?この本にはその理由が鮮やかに描かれている。

今まで小沢氏をはじめ多くの政治家をテーマに取り上げた本を読んできたが、この本のように小沢氏の心理状態まで踏み込んで読む人々を感動させる本は始めてだ。低レベルな小沢神話にとりつかれた多くのマスコミはもとより、文筆家でもある高野氏や上杉氏には是非読んでいただきき、出演されるTVなどで紹介して欲しいものだ。

冥王星 | 2010年8月28日 19:35 様
1点違う所があります。

巷では小沢一郎氏は「壊し屋」(ザ・クラッシャー)の
異名があるそうですが、本当は「修理屋」だと思います。

その証拠に前原が偽メ-ル事件で民主党が解体寸前だった
のを政権交代が出来る所まで「修理」しました。
(新進党・自由党時代では、最強の敵 自民党
 野中幹事長に阻まれたためうまくいかなかった)

そして小沢氏は小泉・竹中にめちゃくちゃにされた
日本を「修理」するために立ち上がったのです。

「西郷隆盛」のような結末ではなく
「ランド・トラビス ※」のように活躍しなければ
 なりません。
(※:スーパーロボット大戦Zの主人公
   モデルはどう見ても小沢氏)

但し、マスゴミ・アメリカなどの既得権益達と戦う時は
「この瞬間は、ザ・クラッシャーだあああぁ!」
と言って下さい。

小沢一郎氏が民主党代表選にとうとう出馬表明しました。
代表に選ばれれば 自動的に日本国総理大臣になります。
小沢氏の健康状態を案ずれば そんなに長くは首相の職務に徹することは出来ないと存じますが・・

小沢氏を支持&信奉されるお考えの方は 事、ここに至ったのですから、何が何でも勝利してください。

戦後政治史では 日本社会党がなくなりました。次は 自民党です。
自民党が解党しなければ 戦後の政治システムは新しく出発できません。
現在でも 菅首相は“官僚システムの網”に絡めとられようとしてます。
小沢氏が勝利しても“脱小沢グループ”は民主党を離脱することなどありえません。
小沢氏は負ければ 民主党に居られなくなりますが・・・

 かって 小沢氏は細川政権で 煮え湯を飲まされております。
どーか やっと耐えに耐え掴み取った 二度目のチャンスになります。。
くどく申し上げます。

“小沢氏を支持&信奉されるお考えの方は 事、ここに至ったのですから、何が何でも勝利してください。”

 後最低3回だけ 民主党政権(非自民)で予算編成を行えば 戦後の政治システムが変わってゆきます。
 新しい日本が始まると存じます。

見たか!

主宰の深甚なる(失礼ながら)おとぼけ大作戦の大成功を!

ジャーナリズムかくありきである。

国民が自らの意思を堂々と表明する事なしに、民主主義政権の樹立は不可能なのである。

怪しげなプロパガンダ営利組織の妄言に耳を傾けることなく、アメリカと中国について、真摯に学び、冷静に賢く判断する事こそ重要なのである。

万歳!

<小沢一郎と西郷隆盛>

徳川幕府を倒し明治政府を確立した最大の功労者は西郷隆盛といわれている。昨年、自民党から民主党へと政権交代を果たした最大の功労者は小沢一郎であることは誰も異論はないだろう。

革命家としての西郷と小沢のこの類似性を考えてみると、今後の小沢の行く末に西郷と同じ不吉な影を感じてしまう。明治政府の最高実力者であった西郷は倒幕の同志であった大久保利通と征韓論で対立し、最後は大久保に追い詰められ西南の役で自刃した。

民主党政権の最高実力者でもある小沢も政権交代の盟友の1人である菅と、政策(マニュフェスト)を巡り対立している。ところで参議院選挙後、菅は検察や官僚を味方につけ小沢潰しに動いていることが報じられている。もし小沢が代表選挙で菅に負ければ西郷のように小沢も政権与党から離脱し、3年後の衆議院選挙で追い詰められ辞職を余儀なくされるのではないだろうか。

ところで西郷が亡くなった直後、大久保も暗殺され、明治政府は伊藤博文などの小物政治家に支配され、軍国主義化に傾斜していった。民主党政権も菅の後は、7奉行などの小物政治家に支配され、戦前と同じ道を辿るようになるのではなかろうか。そしてこの結果責任は最終的に国民が負わなければならないだろう。

高野さん、
私は、あなたのお話をポッドキャストで聞いています。
その中で、貴方は、小沢氏を終わった政治家とし、仙谷氏、枝野氏との仲のよさを強調していましたね。
何を理由に小沢氏を「終わった」と断定するのか。
支持者には、正直不快でしかありません。
誰を支持するのかは本人の自由ですから勿論かまわないと思います。
ただ、ジャーナリストは、あくまでも事実を伝えるのが本来の仕事であるわけですから、
他の方も書かれているように、ご自身の信条は別として、お仕事ではもう少し中立の姿勢を貫かれてはいかがでしょうか。

小沢さんは負け戦はしない人でんな。
菅さんは勝ち戦でも失言(本心)で退廃する人でっせ。
これからのマスコミの偏向・捏造・娯楽報道と菅さんのKYトークで毎日、国民は大いに楽めまっ。
マスコミと悪玉コレステロールはこうでないとあきまへ~ん。

気になるのは、最近の読売新聞の覇気のなさ。悪行が高じて祟られてるんとちゃいまっか?
ひょっとしたら猛暑の影響で、代表選に焦点を合わせて、老害の鍋奉行が昇天されそうな状況なんでっか?ホンマ心配してまっせ。
それとも再度、大連立の夢を見て永田町墓地を彷徨ってらっしゃるのでしょうか?
ナミアムダップン、ナンミョーホレンソウ、アーメン・ソーメン、ブツブツ・・・。どうか国民に祟りがありませんように。
冥土の土産話に、悪役小沢総理のアメリカや既得権者のぶった切りをお願いしまっせ!!

ふと思いついたのでひと言

小沢氏が総理大臣になりいつの日か大手マスコミの世論調査により内閣支持率が60%と
発表されたとしたら、マスゴミと誹謗している皆様はどのような評価をされるのか。
マスゴミから濁点がとれるのか否か。

何せ判断基準が「小沢肯定」だけのようですので。


3社の社説の中でも、そのタイトルに「小沢憎し」の
感情がもろに反映されているのが、
朝日の社説である。
「小沢氏出馬へ―あいた口がふさがらない」
などとぬかしている。
あいた口がふさがらなくなったのは、
この記事を読んだこっちの方だ。

投稿者: kouhukuji | 2010年8月29日 01:18 さま

<小沢氏が総理大臣になりいつの日か大手マスコミの世論調査により内閣支持率が60%と発表されたとしたら、マスゴミと誹謗している皆様はどのような評価をされるのか。
<マスゴミから濁点がとれるのか否か。
<何せ判断基準が「小沢肯定」だけのようですので。

う~ん^_^; The Journalの読者をあまり解っていらっしゃらない様ですね・・・この様な世論調査の結果が出た場合、「な!だから世論調査なんてあてにならないだろ!!」ってコメントを書き込むんですよ。

お二方ともお忙しい中、各テレビ・新聞の政治部記者や政治コーナー担当ではまず発言しないこうした小沢一郎さんが民主党代表選挙に立った事についての意義・一定の評価を述べていただき溜飲の下がる気持ちを感じております。

内閣の根幹は僕は余程小沢一郎さんに対するアレルギーがない限りは、例えば納得したら○○大臣でも小沢さんは留任させると考えています。

要は今後3年で日本が息を吹き返し生き残るための最後の出馬であり、そのために寸分も惜しまない決意。ならば応援し、国民も国に何が出来るかを考える良い時期と思料致しております。

 おはようございます。

 小沢氏が鳩山前首相に託して「挙党体制」要求の要が、仙谷由人官房長官の更迭ということだと、巷間伝えられていますが、本日の朝日新聞第一面トップ記事が

仙谷氏の政治資金、長男側へ支出 320万円ビル家賃に(2010年8月29日4時32分)

仙谷由人官房長官に関する政治資金スキャンダル?違法性事実の有無は兎も角(笑、これを朝日新聞が、第一面の、トップ記事にした勇気は買いたい(大笑。

 仙谷由人官房長官には、総会屋絡みなど、様々な風説が流れているが、鳩山前首相と再会談を申し入れている菅党首の意図が何処にあるのか、興味津々です。

 国家運営のあり方、日本国の立ち居地を前進変化させる意味において、日本国主権者の民主主義意識の熟成の為にも、衆愚政治の謗りを避ける為に、日本国国民全体に停滞しているように見える知的教育・訓練を再体験させ、恐怖や怒りなどの感情、個人的な利害、マスコミによる情報操作や扇動などに惑わされず理性的な意思の決定ができる日本国社会になる為に、小沢一郎氏が政権与党民主党の党首となり、願わくば日本国総理大臣となって、正しい民主主義の啓蒙を図ることを通して、将来展望が開けた日本国を再構築していただきたいと強く願うものです。

<自己保身のために仲間を犠牲にした、敗軍の将は斬って捨てるべき>
高野さんが、小沢氏が勝っても菅氏らと協力して、と言うような発言をされていたが、私はむしろ、菅一派は、政権運営はもちろん党内にも留める必要はないと思う。およそ、古来から政治、軍において責任の所在を曖昧にすることほど、リスキーなことはないからだ。まして、鳩山辞任から参議院選挙、今回の代表選の経過をみても、約束を保古し有権者を裏切り、新人候補の後ろから弾を打ち、小沢氏を日干しにしようとした男(菅、仙谷、前原、渡辺)は信用するに値しない。古代なら間違えなく軍律違反の斬首である。しかも、組閣以来の無能さは明らかで使い道すらない。テレビに露出しネームバリューがあると言うだけで、今ではそれすらも地に落ちている。こんな連中を小沢氏が許せばまともな思考回路の人からは信用されなくなってしまいうと思う。ときには、残酷だがみせしめも必要だ。小沢さんは人情のひとだから、こう言う決断は苦しむかもしれないが、組織を強化するためには、信賞必罰は貫いてほしい。

熱烈な自民党支持者 | 2010年8月28日 20:31 さま

「<小沢一郎をもっと知ろう>

最近、世川行介氏の『泣かない小沢一郎(あいつ)が憎らしい』(同時代社)という書籍を読む機会があった。」

私も読みました。貴方の感動とお説に同感いたします。

小沢氏と羽田元総理の「政治家としての熱い夢」がこれ程までに苛酷で艱難辛苦に耐えないと実現しないのかと、政治の世界の恐ろしさを知りました。
しかし、ようやく実現の第一歩を踏み出す時が来ました。
私もサポーターとして、その時を迎えるために参加します。

読売新聞から
菅首相に近い民主党幹部は28日、小沢一郎前幹事長が2006年〜09年の代表当時、「組織対策費」として特定議員に政治資金を集中的に配分していたことを問題視し、調査に入っていることを明らかにした。  以上転載
これが事実であればただただ呆れるばかりだが、これが菅氏がいう挙党態勢の表れという事か。週刊現代のスクープ記事といい、とても同志に対する所行とは思えぬ振る舞いだが、この醜態を晒す様が菅陣営の実態なのだ。
こんな陣営と懸命に代表選を戦わなければならないとは、実に情けない限りだ。
今朝のサンデーフロンティア、スクランブルを見ても、歯がゆいばかり。朝日論説の星の意地悪さには我慢出来ないが、それにしてもあのディベート力のなさは何なんだ!と。
陣営は、TV出演する際、また地元活動の際の討論対策を急がれよ!
予想される議題や質問を想定し、対MC、コメンテーター、視聴者毎にどう応対するのが国民が受け入れ易いものになるのか、徹底して陣営諸氏全体で議論すべきである。
特に「政治と金」「世論調査」「消費税、財源問題」など。

メディアの反小沢の集中砲火は凄い。
政治のワイドショーである。やるならとことんやればよい。さすがに馬鹿な国民でも呆れて、ウンザリして、いつかは小沢の生活重視の政策に注視するでしょう。

>財務省の権力はどこから・・・
エリートでも「ワル」でなくては・・・最後は「腹」で決まる・・・
キャリア官僚が出世する要件の1つに「ワル」を挙げていい。ワル三原則は、「センス」と「バランス感覚」、それに「度胸」になると思う。三原則は、「頭」「ハート」「腹」と言い換えてもいい。
財務官僚は頭がいい。だけど腹がない奴はダメ。 
財務省は組織として意識的に「ワル」をつくってきた。らしい・・・・

「清濁併せ呑む」ができないと、財務省という社会では偉くなれない。それを呑めるのが最後は腹になる。
大蔵省、財務省の「ワル」が日本を動かしてきたと見てよいか。政治三流と言うより、政権交代が起きていなかったからだ。本格的な政権交代で「シロかクロか」ということがなかった。常に自民党が政権を持っていたから、競争原理が働かなかった。(歴代の自民党政権は)財務省に丸投げしながら、細かいところで文句を言う程度。だから、大蔵省の手練手管が勝っていた。

>民主党に政権が交代しても、財務省は「最強官庁」であり続けると見ているか。
民主党の政権運営は「政治主導」というより、
「政治家の官僚化」にも見える。
今の民主党議員がやっているのは、
官僚の真似事だろう。
政治家が真似事をしている限り、財務省はまだまだ強い。
JB press  中野 哲也 から引用


・素晴らしい・・官僚の生き様を突いた、人間論である。そッくりそのまま風評悪者・小沢氏に当てはめても違和感がない。・・清濁併せ呑む・・田舎臭い口下手なドブロクが似合いそうな最後の政治家・・・
近くに小沢がおりながら民主党の中に反小沢の新種が生まれるのはなぜなのか。不思議です。闘う相手は自民党であり、アメリカであり、官僚政治であるはずが、官僚に取り込まれな内部分裂の政治遊びです。
仙谷・菅直人・前原・あたりは小沢空間からよっぽど離れたいのか・・・
権力と金が欲しいのか、はっきりのたまえばいいのに・・・・
官僚は天下り好き?保身優先の責任回避が蔓延り、政治家は選挙民の民意を枕詞にして身の安全を図る・・・・
とことん国民を舐めきっている行政と政治の世界です。
ほとんどの国民が馬鹿だといわれても、テレビの政治遊び番組を眺める余裕さえない。

今日、名古屋にいる友人から下記の様なメールが入りました。

小生は小沢氏の出馬に大賛成ですが、友は管さんがこけてからでも遅くないと言う・・・

後半は小生も同じ意見です。(最も代えなくて済む人を初めから選ぶべきでしょうが・・・・・)


””小沢氏は今回は出馬しない方が良かったと思います。菅さんは遠からず
挫折するでしょうから、その後、期待されて総理大臣になった方だベストだと思います。今回、負ければ、彼の政治生命も危なくなるでしょうし。
勝っても、マスコミがまた〔政治と金)の問題で大騒ぎするでしょうし。

最近一番あほらしいと思うのは、一年に何人も総理大臣が替わるのはおかしいと言うマスコミの論調です。
より良い人に替わって、国民の為になるのなら100人替わってもいいでしょうに。””

>梅光氏
>最近一番あほらしいと思うのは、一年に何人も
>総理大臣が替わるのはおかしいと言うマスコミ
>の論調です。より良い人に替わって、
>国民の為になるのなら100人替わっても
>いいでしょうに。

せめて自公与党時代も同じことを言ってたら説得力があるんですがね。
今この時期に言うのは後だしジャンケン、言い訳でしかないですよ、見苦しい。

民主党支持者のモラルも問われ始めてることに気付いた方がいいと思うんですが。

o-hara | 2010年8月29日 14:52様

菅陣営の小沢代表時代の政治資金の使われ方の調査とその一部書類(コピーらしいが)のリークには呆れています。政治資金をどのように使うかは政党運営のノウハウそのものです。それを外部に調査しているだのとリークしている姿は私にはアホそのものに見えます。自民党にノウハウを盗まれちゃいますよ。学級委員会レベルと言われるゆえんです。

結果は明白でしょう。小沢代表時代に政党本部が手狭になるくらい議員が増えたんでしょう。小沢さんの政治資金のコストパフォーマンスは素晴らしと思っています。

これと同じように小沢首相には税金をうまく使って欲しいと思っています。

あとサンデーフロンティアの山岡さんは素晴らしかったと思います。星氏の『3か月前に選挙したばかりなのに』に対して、山岡さんの『世の中凄いスピードで進んでいるんです。この円高、株安をどうにか出来なければ日本は沈没してしまうんです』この後、星氏はほとんど口を挟めなかったと見ました。

投稿者: いくらなんでも | 2010年8月29日 18:45 様 ””民主党支持者のモラルも問われ始めてることに気付いた方がいいと思うんですが。””

民主党支持者だけでなく、民主党議員、マスコミ、いや全ての国民のモラルが下がっていると思います。  
民主党支持者は全てが今の民主党政権を支持しているわけではなく、小生の様に小沢党として応援している人も大勢います。

モラル低下の最たるものは閣僚や管さんの補佐官などから小沢氏の政策ではなく、やがて不起訴になるであろう事を「政治と金」で攻撃したり、オマケに総裁選に出るべき人間でないとテレビを使って国民を洗脳する事です。

これだけ相手を攻撃して、もし小沢氏が勝った場合に本当に首班指名で小沢氏に入れる事が出来るだろうか?
また、次の選挙で小沢氏の下で民主党公認として立候補する事が恥かしくて出来ないのではないでしょうか?

カタカナ授業を受けた人間にはなかなか理解できない事です。小生自身時々はモラル低下を反省しております。

何故に
小沢を擁護するとさすが高野さん。
何故に
小沢終わったというと高野は売国奴扱い。
以前もコメントかかせて頂いたが、当初はムネオは売国奴だと騒ぎ、小沢擁護すると今度は、ムネオは救世主だになる。そのときとまるっきり同じ。
全ての基準は小沢様。
小沢が何をやった・何を言ったから論理的に考え、いい・悪いに至るのではなく、全て感情のみで‘私の大好きな小沢様を貶すなんて許さない。キー!‘
ここに蔓延る小沢信者はアイドル小沢の追っかけですか?
顔写真の入ったうちわでも持っているとか、幸せを呼ぶ壷でも持っているのかと勘繰ってしまう。

私は高野信者ではないが、高野さんは高野さんの人格(経験、見識、情報、理念、理想。。。など)として、発言し記事を書いている。しかもこのサイトの主催者は高野さんでしょ。小沢批判を言うなんてカンジワルイとかわざわざかくなら、見なきゃいいでしょ。私には、いいものはいい、わるいものはわるいとしっかりとした理念に基づき発言されているように思える。(小沢検察問題だって小沢に限らず今までの検察のやり方に基づきその延長線上での発言で理に適っている。小沢信者のように、単に小沢をはめたからとかいうそんな単純な局所的見地からではない。)
それに小沢は終わった存在だという発言も、単に小沢信者のように好き・嫌いとかいう単純な低レベルの基にした発言ではなく、その裏には、小沢の人間性やら行動やら今までの結果やら、表には出せないような事などを基に至った結論で言っているでしょ。今までの高野さんの論評や発言を読み聞きしていればそのくらいわかるでしょ。

最近、小沢側近議員がやたらとTVにでてきて、おかげで小沢側近議員がどんな方達がわかってきたが、非論理的で全て感情論で単細胞。何故に小沢なんだという事をしっかり説明できている議員は一人もいない。長々と話すが結論は全て‘小沢はすごい、とにかくすごいからいいんだ‘というだけでしかない。寧ろ、どんなに小沢が凄く、立派かを説明し納得させて貰いたいのに。
特に驚いたのが‘私達を導いて下さい‘と発言していた議員までもがいた。(オイオイ、あんたら国民の代表者でしょ。あんたらは予算を作り法律つくり国民を導く存在でしょ。勘弁してよ。まぁ、だからこそ、小沢側近議員なんだろうと思うが)
寧ろ高野さんの方が小沢の凄さを論理的に説明されている。

特にここ最近固定化している小沢信者さん達と、小沢側近とされる議員達が同じに見えてしょうがない。もしかして、ここに固定化している小沢信者さんは、小沢側近議員や小沢の秘書軍団や小沢の身内なのではないかと思ってしまうのは自分だけなのか。話の内容や話の持っていき方がすごく似ている。
しかも、先日のテレ東にでていた松木議員なんて、まるで二木さんの記事に呼応し対するような発言までされていた。(松木議員が書き込みしている?まさかそんな事はないでしょうが。)

内容よりは「語り口」に語る人間の本音があらわれるといいます。上記で、何人かの人が書かれているような、高野さんの「小沢、菅さん」という対比です。人間としての距離感がこのような物言いにあらわれるのですね。

そして距離感が、人物評価を曇らせてしまうのが、われわれ凡人の傾向なんですね。高野さんもそういう存在であることを確認しただけでも、この映像は興味深いですね。多分、高野さんも反省していると思いますよ。

でも、唇が濡れ濡れのままで、数日後には、同じことをするでしょうね。でも、高野さんを責めることはいたしません。私も同じだから。

ただ、その発言内容についてきめ細かくチェックして、その中に高野さんが、隠した裏のメッセージ[思惑が適切カを読み取らなければ…と思う昨今です。本当に面倒な世の中ですね。

ところで、「負ける選挙はしたくない」と某陣営は、撤退のタイミングと言い訳を図っているようですね。

[付記1]ザ・ジャーナルの常連として投稿される数人の方々に、その情報力と分析力に敬服いたしております。
[付記2]どなたか、「朝日」第一面「仙石」記事について、なぜこの時期か? 分析していただけませんか。

おもしろい話です。

「鳩山前首相が菅と小沢二人の性格を分析」8/23プライムニュース
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d090515_0


● 菅→我が強い。何事も頭(理屈)で考える人。友愛が似合わない人。
◎ 小沢→何事も心を大事にする人。私(鳩山)と同じ。

鳩山予測 「どうなるのか民主党」

新しく連立を構築するのはなかなか難しい。
小沢政権なら鳩山外相の可能性がある。

ほとんどの政治評論家は6*4で小沢の勝利を予想している。マスコミは接戦と言うが。将棋でいえば菅政権は詰んでいる。

 おはようございます。
 
「挙党一致」は誰のもの?

 一度は決着したはずの“「挙党一致」を軸とした鳩山前首相仲介”が蒸し返され、可笑しなことになりつつある。

 菅政権のlegitimacyは「脱小沢」しかなかったが、仙谷氏などは、それでは党内過半数の支持を得られないことに気付き始めた。鳩山派内にある「挙党一致」を求める声を梃子に、「挙党一致」を菅政権の新たなlegitimacyとすべく蠢き始めた。元は小沢氏が、鳩山前首相が菅氏側に求めた「挙党一致」を、菅氏側が掠め取ろうとしている。要注意!である。

 小沢氏側が採れる戦略は少ない。もう、ここまできたら

1.仙谷官房長官更迭、枝野幹事長の更迭、小沢氏の意向に沿った人選とのバーターで、菅政権の「挙党一致」legitimacyを受け入れる。
2.「挙党一致」模索は菅氏側が完全拒絶したことで終了しているとして、鳩山派の旗色選択を望まずに党首選に専念する。

の何れかしかないと思う。(選択肢1.は、ここの小沢シンパの皆様にお叱りを受けるかもしれないが。)

 さて、小沢氏が党首選に勝てるか否かの鍵を握るのが、鳩山氏の旗色、鳩山派総意としての旗色だが、既に明らかにしている鳩山氏の小沢支持が覆ることもあると思う。「挙党一致」の美名の下、「友愛」を掲げる鳩山氏としては、自身が政権担当時に手掛けた政策の実行とバーターで、中立、或いは、菅政権支持に廻らないとも限らない。その時は、今となっては、少人数になるにせよ、脱党も覚悟したほうが良いと思う。無責任と裏切りを常とするような連中と徒党を組む legitimacy は全く無い。

 兎に角、小沢氏には勝っていただきたい。小沢氏支持の議員の方々は、地元有権者の厳しい叱責に晒されるかもしれませんが、是非、今こそ小沢政権が必要なのだと、死力を尽くして説得してください。心からお願いします。

p.s.仙谷氏の違法な事務所費処理が朝日で報じられ、同氏は言下に否定していたようですが、何方か善良な市民団体が告訴しませんかね?(笑 近隣住民が実態無しの証言をしているようなので、現地付近にお住まいの善良な市民団体の方、如何でしょうか?

テレビ新聞ネット注意深くしっかりと見ておきましょう、コメンテーター、タレントの政治的な発言よおくおぼえておきます、これからの世の中にどれほどの影響をもたらしたか、それに対しての責任、反省然りと検証すべきです

真坂  今更小沢氏の代表選辞退は無いでしょうね。  管さんが白旗を掲げ、小沢氏の軍門に下る以外には有り得ないと思いますが・・・・。

真坂の坂が・・・・・・。

加藤の乱の二の舞は避けてください。 

 絶対に折れないで下さい。

絶対に妥協をしないでくれ!

例え負けても突っ走れ!

必ず道は開ける!

腰砕けで加藤の乱の二の舞にはならないでくれ!

小沢さんの胸中を察すれば
1.菅政権のままならやがては行き詰まる。
2.菅政権が行き詰まった時に共同責任を取らされるのは真っ平ご免だ。
(鳩山政権の二の舞は真っ平)

この2点から、考えるのではないでしょうか。
自ら党運営ではなくて、政権運営をしないとダメだな。

 マスコミが慌ててどう騒いでも、ここ迄来たら、つまり菅完敗の流れは、変わらないのだから、機を逃さず突然の首相辞任表明で、かろうじての名誉ある撤退をすれば、再び遍路の旅にでも出て、再起を期する可能性も残るのではないか。
 思えば参院選、マスコミをうまく騙しながら、楽勝出来たのに、『消費税増税を言って、辛勝でも出来たら、増税を言って選挙に勝った初の首相として、歴史に残る総理大臣に成れますよ。そして長期政権が見えてきますよ。財政も外交も我々が十分にアシストしますから何も心配ありません。小沢は早くつぶしてしまいましょう。好きな様にやって総理生活を堪能して下さい、、、、』てなことをささやかれて、又弱みも握られており、ついつい『小沢さんは静かにしていて下さい。その方が身のためですよ』『消費税上げます』なんてこと言ってしまった。後悔先に立たず。悔やんでも悔やみきれないだろう。夫人からは、脇が甘いと、愛人問題に次いで’、再度叱られた事だろう。参院選後の呆然自失とした虚ろな表情が哀れであった。
 首相辞任表明で、名誉ある撤退、"We shall return",
今のタイミングしかない。
 愛すべき菅直人君へ!

どんじらけ!!

報道ステイーションによれば小沢氏が立候補取りやめ、一本化が大となったとの事・・政治に関心の無い家内が「小沢さんて以外に気が小さいのでは・・・。張子の虎・・」と。

これでは今まで小沢さんを応援していた人たちは・・・・・。


一本化は本来参院選で負けた菅さんが降参して降りるのが本当ではないでしょうか?  命乞いをして、せめて厚生大臣にでもさせてもらえれば・・・・。


小沢氏が立候補を表明した時にマスコミは小沢氏を批判し、今度は早くも小沢氏が立候補を取りやめる説明が付かなければとまた批判をし始めている。


本当に小沢氏支持の議員達を見捨てる様な立候補断念は加藤の乱の末路が待っていると思われる。

それ故に絶対に降りてはいけない。 小沢応援団を裏切らないで下さい。

小沢氏が立候補取りやめの可能性大とのニュースを見て・・。

家内曰く

「民主党は未だ駄目か。期待していた小沢さんがこれだけ煮え切らなければ・・・・。菅さんと同じかも・・・。例え首相になっても・・・決断力がないかも・・・。以外に気が小さいかも・・・。張子のとらだったのかねえ。日本はどうなってしまうのかねえ・・。」

小沢 はもう既に終わった政治家でしょう
一日も早く議員を辞める人です
辞められない理由があるのですかね
年金暮らしをしたらいいのに
田中角栄・金丸が天国で泣いていますよ
日本の国益のためには働かないで辞めたほうが国民のためになります

小沢 はもう既に終わった政治家でしょう
一日も早く議員を辞める人です
辞められない理由があるのですかね
年金暮らしをしたらいいのに
田中角栄・金丸が天国で泣いていますよ
日本の国益のためには働かないで辞めたほうが国民のためになります

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.