Calendar

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

« 沖縄県知事選で民主党はどう動く 伊波氏の選挙協力は「困難」
メイン
普天間移設問題で気になる政府の動き 名護"前"市長と会談 »

「菅おろし」がはじまった!? 民主代表選に小沢氏出馬の可能性高まる

 参院選の惨敗後、静けさを装っていた民主党内の政局が動きはじめた。

 19日、民主党の小沢一郎前幹事長が9月の党代表選(9月1日告示、同14日投開票)への出馬を検討していることがわかり、これまで水面下で繰り広げられてきた「菅おろし」の動きが表面化した。小沢氏本人は出馬の意志について最終的な態度を明らかにしておらず、現時点では情勢も流動的ではあるが、民主党内の反菅勢力の間では小沢待望論が高まっており、出馬表明までは時間の問題となっている。

 代表選のカギとなるのは、一時は菅首相続投を表明しながらも、現在は特定の人物を支持することを拒否している鳩山前首相の動きだ。鳩山氏は菅首相や仙谷官房長官と同じく民主党創設にかかわったオリジナルメンバーだが、首相辞任後も鳩山氏と小沢氏は電話会談も含めて交流は続いており、鳩山氏および鳩山グループがすんなりと菅首相の続投支持に固まるとは限らない。

 そのほか、結束力のない「サークル活動」と言われる民主党の党内グループのなかで、鉄の団結力をほこる旧社会党(約35人)と旧民社党(約30人)グループの動きも注目されている。代表選の得票数の底上げには固定票の力が不可欠で、代表選を有利に進めるにはこの2つのグループの支持が欠かせない。

 首相就任後、わずか3ヶ月で直面した政局に菅首相が切り抜けることができるのか。それとも豪腕・小沢一郎が日本の新しいリーダーとなるのか。次期首相の座をめぐり、すでに激しい神経戦がはじまっている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7259

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「菅おろし」がはじまった!? 民主代表選に小沢氏出馬の可能性高まる:

» 【日本一新】国民の生活が第一の理念の元、小沢一郎は決戦に臨むべきだ【民主党代表選】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 先の参院選において、自ら設定した最低限の勝敗ラインすら大きく下回る大敗を喫しながら、変節菅とお子ちゃま六奉行どもは誰一人として責任を取ろうとしない!  ... [詳しくはこちら]

コメント (121)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

小沢氏自身が立候補することは、不明確であるが、小沢グループが、まとまって反菅で行動することだけは、はっきりした。
言葉が軽く、国をどういう方向に持っていくか、自らの信念を語らず、いつもへらへらした顔をしていて、一国の総理としてみっともないと思っていた。
小沢氏であれば、G7のリーダーたちと比べても何らそん色ない貫禄を備えている。中曽根氏以来の本格的総理になる可能性を多く秘めている。
人材も、菅、七奉行の幼い閣僚からスケールの大きい人材が期待できそうだ。財政に強いブレない与謝野氏は、絶対に内閣に迎えてほしい。
希望の持てる政治が久しぶりに期待できそう。今日はいいお酒を飲むぞ。

ジャーナルにしてはお粗末な投稿である。もっとことの本質をつきつめて書いていただきたい。
代表選には焦点があるから代表選なのだ。
確かに政権交代後
オリジナル民主党対自由党という図式であったが、
菅政権後挙党態勢を放棄したうえ、衆議院マニフェストも放棄したのである。
その選挙結果に対して、責任はおろか政策変更もあいまいなのである。しかもオリジナル民主党の執行部は新左派でとても保守勢力とはいえなくなっている、そのためオリジナル民主党にこだわることなく、衆議院のマニフェスト対参議院マニフェストという構図に変わってきたのである。
しかも菅内閣は二度にわたり、小沢氏に離党勧告を準備し、側近に対して小沢からの離脱を仕掛ける等小沢つぶしが政権の目的となっているのである。
仮に小沢が新党をつくり、離脱すればとても政権は維持できなく、元の半永久野党に戻るという危機感まで出てきている。呑気なのは仙石と枝野の全共闘だけである。
代表選は
①衆議院マニフェストに戻るのかどうか
②脱官僚、政治主導を続けるのかどうか。
③政治改革、行政改革、地方主権といった改革継続かどうか
を決める選挙である。
欧米も日本の経済後退長期化に懸念を持っており、強い政治リーダーを期待している中ので代表選である。
日本の経済後退の原因は官僚にありと欧米政治首脳、エコノミストは見ており、完全に流れが違ってきたのである。
それは中国の一国突出を警戒しているのでは推測しているが。
財政規律の菅内閣から小沢に変われば特別会計を利用してマニフェスト実行で大型予算を組むのは間違いなく、世界は大歓迎である。
我々はどちらに期待するかは明白である。
菅か小沢でなく、小沢が民主に残るか、新党かであるとみている。
既に菅は終わっている。

私は、あまり熱心な小沢支持者ではなかったが、あまりにも露骨な検察・マスコミの小沢排除行動に対して、判官贔屓してしまうほど小沢氏を指示するようになった。

もちろん、政治家に対してそのような感情だけで指示することは良いことではない。もっと冷静に、日本国にとって日本人にとって最も良い政治家(総理)は誰なのかを見極める必要がある。

日本は、経済、内政、外交、国防、社会保障など各方面に難題を抱えている。これらを一気にかたずけることなど誰にもできないわかっているが、少なくともこれらの問題に対して突破口を開いてほしいと我々は願っている。

果たして、管政権でそれができるか?自民党政権に戻せばそれができるか?いずれも無理であろう。それじゃ、可能性のある政治家は誰か?・・・小沢氏以外にいるだろうか?

日本の状況は、小沢氏を好きとか嫌いとかと言っている段階ではない。「溺れる者は藁をも掴む」の心境で、力のある総理が出現し溺れる日本を救ってほしいと願っている。

失礼ながら、貴誌の見立ても最近レンズが曇ってきているのか危なっかしい。
小沢氏には、不透明な部分も多く、それが、ある意味期待感につながっているのだろうか、待望論が言われている。しかし、よく考えると、「政治と金」の問題で見る脇の甘さは、八方塞がりのこの日本の国難を救える指導者になりうるか、健康問題を考え合わせと、疑問視せざるを得ない。かといって、小沢氏を超えそうな人材が、まだ育っていそうにない民主党の現状を考えると、はたと困ってしまう。

菅おろし…ですか…

どちら側から見るか、ですよね。
私から見れば、官僚(仙谷氏?)に取り込まれた(様に見える)民主党菅政府を国民の側に取り戻す為の権力闘争と映ります。
むやみやたらと党内の一部勢力を排除することで、わざわざ自分から弱体化するような愚かな内閣などではなく、政府・連立与党が一体となって'09マニフェストに掲げた政策を強力に推し進めてくれる内閣ならば誰がどの立場に就いていても構わないのです。
が、現在の菅政権及び党執行部にはそれを見出すことが出来ません。
どうしても現体制で執政するつもりなら即刻退場してもらうしか道はないじゃないですか。

とにかく、民主党政権に、国民の側に立った内閣を切望している国民の声が聞こえないようでは困るのです。

小沢氏の代表選出馬大賛成。
菅さんは民主主義というものを履き違えてる感があるし、外交や経済政策等において確たる信念がみられない。(あ、官僚のパペットになりさがっちゃったから当然か。)

私は、この代表選で民主党の政党としてのベクトルを測るつもりです。(結果はもちろん、そのプロセスにおいても)
真の民主主義政治が期待できなさそうなら、もう民主党を見限ります。
そのような支持者は多数いらっしゃるのではないでしょうか。

この国が今までとは違う階段を昇り始めるのか、昨夏の曲がり角の手前まで引き返すことになってしまうのか・・・。

野党時代、確かに菅直人氏は優れた政治家であったと思う。しかし政権交代後の彼にその面影を見ることは出来なくなった。総理自身が自分は総理に適していないと感じているかのごとき後ろ姿がどうしても見えてしまうのである。

経済は疲弊し、ここまで閉塞感が蔓延した日本全体を変えるためにはやはり小沢氏のような強力な政治リーダーの登場が必要ではないか。「政治と金」の問題で見る脇の甘さ・・・という議論もあるが、実際には彼が違法なことをしたという証左は未だ何もない。メディアを利用して創作されたイメージに踊らされてはならない。

総理がころころと変わっては他国の信頼を失うという議論にも騙されてはならない。米国とそれに連なるメディア、官僚組織は意のままに出来る菅総理のままでいて欲しいというだけの話である。適さない総理であったならば適した人になるまで、それがたとえ恥ずかしいことであったとしても何度でも交代させなければならない。

今の菅総理の言動をみてると、まったくやる気が感じられません。外見を言うのはよくないでしょうが、何かいつも瞼が閉じてそうで眠そうな顔付きで、ただのおじいさんという感じです。
「小沢総理」に改革への強いリーダーシップを期待したいと思います。
ただまぁ、検察審査会の議決がまだというのがネックにはなっていますが、そこを何とかクリアして欲しいと思います(これについては、仮に党首に選任されても、検察審査会の議決がでるまでは、「総理総裁分離」でいったら、というようなことを以前書きましたが)。

高野様


菅おろしという表現は少しおかしいと思います。

菅さんは自業自得というか、自分から下りてしまったような言動をとりました。

国民も民主党議員も、国民生活第一の政策を謳う民主党に期待していました。

菅さんがリーダーシップを取れれば菅さんでも良かったのです。

たった3ヶ月と云いますが、菅氏は
総理大臣になった途端に、総理大臣不適格だということを証明してしまったのです。

国民は、菅さんが長く留まっていればいればいるほど日本は逆戻りして立ち直り不能になりことがわかったのです。

メディアと検察が邪魔をしたので、小沢さんは1年遅れの登場になりました。

状況も悪くなってしまい、負担も大きく気の毒な思いがしますが、信念をお持ちなので期待しています。

メディアはこれからも小沢バッシングを続けるでしょう。

しかし、いつまでも、メディアと官僚が思うようにことは運ばないと思います。

メディアは虚報や偏向報道を続けていれば、いずれ大きな制裁を受けると思います。

メディアのことについて一市民の思いを書き続けていますのでご覧下さい。

http://civilopinions.main.jp/

何で2ヶ月ほどしか首相を務めていない菅さんを売国民呼ばわりしたり官僚に取り込まれていると断罪しているのか、ずっと不思議だった。
しかも内側から。
半年以上務めた鳩山さんたちでさえ、結論を出すのは性急だと擁護していた人たちが。

菅さんにその気配を感じるのは勝手だが、断定する材料がどこにあるのか。
まさかここのみなさんが信用しないマスコミ経由ではないだろう。
だとすれば、まだ何ら成果や結果は出ていない。
少なくとも半年経ってから確信を得て断罪すればよいではないか。

しかし、遅まきながら菅さんに対する性急な批判の理由がやっとわかった。
ひとえに民主党代表選があるからだ。
それのみ。
小沢さんの復権がかかっているからだ。

それと、菅さん批判の最大の理由は、政策でも何でもなく、小沢さんをコケにした(と感じた)から。
これに尽きる。
なぜなら、小鳩政権では副総理にまで就けていて、その時はこのような批判はしていなかった。
総理になって発言がころっと変わった、というなら、とりあえず会って軌道修正を説けばいいだろう。
しかし、一国の総理が「お会いしたい」と言っても、会いもせずにおいといて、外から批判ばかりは卑怯だ。
それと、参院選のマニフェストの大部分は小鳩政権下でできあがったものであることを無視するのも、きわめて卑劣だ。


「静かにしていて」発言にしても、私は菅さんの釈明はすとんと腑に落ちた。
しかし小沢シンパはいったん煮えくりかえったはらわたが治まらない。
小沢さんが「その程度のこと、大したことない。菅さんだって濡れ衣で引きずり下ろされた時は静かにするしかなかったんだから、今はそれが得策だろう」
とでも諭せばよいだろうに、一緒になって腹立ててるようじゃ、どうしようもない。

小沢さんが万が一民主党党首になったら、また政権はガタガタになるのに、本当に出馬するのだろうか(ガタガタになるのはバカマスコミに操られたバカ国民が悪い、といくら吠えても、なるものは仕方ないだろう)。
香山りかさんがいうように、実は小心者の小沢さんは案外自分が忘れられないように、鳩山さんの会合にわざわざ脚を運んだだけじゃないだろうか。

私は西松騒動でものすごく小沢さんに同情し、民主支持者として小沢さんの力量に非常に期待してきた。
しかし、今回、小沢さんの狭量さに気付いた。
国のためではなく、自分のために代表戦に出る、あるいはだれかを出す、のはやめて欲しい。

繰り返すが、菅総理にサシで会って意見ができる立場であるのにそれをせず、いずこかに姿をくらませ取り巻きの怒りをそのままにしていることが、その証拠だ。

菅内閣を左翼政権だと言うがとんでもない。そんな崇高な内閣であるわけがない。やっている事は自民党と同じで全て官僚任せ、さらに目線は財界に、とっくにに国民目線は捨てている。今もっとも為すべき事をせずに自分たちの目立つ事を述べるだけで革新ぶりをアピールする。そんな空き菅内閣のどこが左翼政権なのか!1年生に対する態度を見れば自分たちがいかに腹黒いのかわかろうというものだ!
 オリジナル民主党と称するグループは、自分たちが小沢と違ってクリーンだ、自分たちが正しいのだ!とわめいていた割には参議院選敗北の責任もとれずに、また国民から消費税反対と脱小沢を否定されたにもかかわらず、その責を認めず官僚とマスゴミを味方にして居座り続ける菅内閣は国益を損なうだけの害虫たちである。
 このコメントと同じようにマスコミが「政治と金」で小沢出馬を阻止しても目の肥えた国民をだます事はできないのだ。
 『陸山会が平成16年10月29日に世田谷区の土地を購入し、その購入代金の支払いしたのを平成16年の政治資金収支報告書に記載せず、翌年1月7日に支払ったと、平成17年の報告書に記載しているのが虚偽記載だ、と言うのが検察の訴因である。これは、これまでも指摘されたように、陸山会が「権利能力なき社団法人」なので、土地の登記権者になれないと云うことと、当該地が農地なので、宅地に地目変更の申請をしなければならないとい云うことを検察が見落としている。この【検察の見落とし】が意図的であろうが、法律への無知であろうが、それは許されないことだ。極論すればこの訴因には、「犯罪を構成する要因は何一つ無い」のである。
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=95329 olive!news )
 また、「小沢氏に決然と出馬を決意してもらうために決起しよう!」も参照 http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/642.html
「国民生活第一」を掲げる小沢氏に対して、今後の政治のあり方について宏壮な理想を語る事ができない菅には退場してもらうしかない。

「神経戦」が始っているのはもう1年以上も前からでしょう。

それをスーパーリアリストと呼んでいるのではないのですか?

権力闘争は政治家の本分です。間違ってはいけない。地位闘争ではない。

地位を得て権力を失うリアリズムは、利己主義とも言えない。

国民の代表たる政治の権力を取り戻す闘争の事を「権力闘争」としなければならない。

国民はその権力を正しく用いる資質を有しているのかどうか。

それが、権力闘争を正当化し得るかどうかの本質的な課題です。

そこに訴求して「国民の生活が第一」と掲げ、「国民が参加する政治」と掲げ、政権交代が実現した。

そうではなくて、国民は阿呆なのだから、黙っていろと言うのなら、現政権は理想の権力主体と言えるでしょう。

野球や相撲の観戦をしているのとはわけが違う。

なんとかならんか からの改名です。

現首相は、人格的な欠落者であると普通の人が接すれば簡単にわかるようですよ。

秘書がコーヒーの銘柄を間違えて買ってきたと言って、他人の面前で罵倒したといったエピソードが有名ですが、接したことのある上級官僚の方々や政治家の方々にとっては枚挙にいとまがないのではないでしょうか。

そういう人物だという証左が、小沢氏の面談について、首相は細川氏に仲介を頼んでいるというそばから、細川氏が否定していますから、どう見ても変節野朗としか見えませんわ、わたしには。

「原点に戻ってマニフェストを実行せよ」と菅政権を批判する民主党議員は無責任極まりない。それをいうならば財源をどう工面するのかを併せて政策として提示すべきです。秘策があるなら教えてほしい。暫定税率の廃止をいの一番に実行してくれるの。

鳩山さん・小沢さん・菅さんをはじめ多くの民主党議員の方は、政権党になって思い知ったことが多々あるのではないでしょうか。代表選なんかやってる場合じゃないですよ。こつこつと仕事しなさい。内閣改造で知恵を結集してください。

わずか3ヶ月で菅降ろしとは。

情けない。よほど、権力の近場にいないと困ることでもあるんでしょうね、反菅直人を唱える方々は。

gatosさん | 2010年8月19日 18:29

挙げられたポイントが数多くて、細かい部分で違和感が有りますが、
大局的には以前から同意見です。
此処では少数派ですが・・。

総理大臣がちょくちょく代わる、とはいうが、今の日本は緊急事態といってもよく、政局もそれに合わせて変動するのはおかしいことでは無いのではないか。
戦争に突入した時期、アジア太平洋戦争の末期、占領下と、混沌とした日本の政局は、東条英機以外、平沼騏一郎内閣で238日、次ぐ阿部信行内閣で140日、続いて米内光雅内閣で189日、小磯国昭内閣で260日、鈴木貫太郎内閣で133日、東久邇宮稔彦王内閣で54日、幣原喜重郎内閣で226日、片山哲内閣で292日、芦田均内閣で220日と、なんとも惨憺たる状態だった。
外国サンが「政治レベルが低い」と言うからといって、気取って無理に不適合な総理を置いておく必要など無く、だめならすげ替えれば良い。そうやって乗り越えることだってある。

なんとかなるさん

> 現首相は、人格的な欠落者であると普通の人が接すれば簡単にわかるようですよ。

人格的な欠落者を副総理及び財務大臣につけた小沢・鳩山は、おそろしく鑑識眼がないということですか。
さらには、2度も代表に選んだ民主党員たちは普通の人以下ということですか。

(日本人をやめた)無国籍人さん、

いつもまとまりのない書き殴りの文で、自分でも細かいところに違和感があります(汗)
なのに読んで下さり、気持ちを汲んで下さってありがとうございます。

上のコメントに名前を入れるのを忘れました。

すっからかんは、

首相在任期間と引き換えに、国民を売ったと思っている人が多くおられることでしょう。

レンホーも国民を馬鹿にするのもいい加減にして欲しい。
財務省のシナリオにのっとった事業仕分けも要らない。


管さんの場合、3ヶ月と言いますが、党選挙で選ばれた鳩山さんの降板に伴うピンチヒッターで、9月の党選挙によっては交代もあり得ることを前提として首相になっており、より支持される人がおればチェンジも違和感はないのでは。

最大政党の党選挙により選ばれた人が首相になることは政党政治において当たり前のことで、こうしたことを否定して、引きずり降ろすなどとの表現は、寧ろ開かれた政党政治の在り方を否定するものではないかと思います。

たまたま党選挙まで3ヶ月であっただけで、期間は関係ないでしょう。暫定としての党首であったに過ぎません。鳩山さんの降板にともなう緊急避難措置で、最初から3ヶ月は分かりきったことです。

やむなく談合により選ばれたものを、民主主義のルールに則った選挙で党首を選ぶのです。

非難する方がどうかしていると考えます。

「菅おろし」ではなく参議院選挙の総括が始まったのでは無いでしょうか?
元々が、菅内閣は選挙管理内閣。参議院選挙で勝つのが政権政党としての第一義だったはずです。参議院選挙の結果を受けて、代表選挙で総括をしておく。このプロセスを踏むことで初めて、政治主導に近づけるというものです。次の総選挙までに、この国が乗り越えるべき膨大な障害乗り越えて行くには、大きな志を持った強いリーダーが必要です。有耶無耶のプロセスからは、不良品しか出来ません。出来れば、菅さんと小沢さんが代表を選挙で競って、どちらがリーダーに相応しいのか白黒はっきりつけて頂きたい。その上で強力なシビリアンコントロールを実現していただきたいと願います。

 小沢氏の代表選出馬、大賛成!
本来、昨年3月に、大久保秘書逮捕と言う”国策捜査”がなく、マスメデイアの偏向謀略報道が無ければ、民主党代表ということで、総理大臣になっていた筈である。

 検察・マスメデイアの妨害によって、今日の民主党の混迷を招いている。

 小沢氏は鈴木宗男氏の如く、刑事被告人になっても、何も臆することなく、正義のため、国民のために、検察・マスメデイアと闘うべきだ。

 昨年からの、検察・マスメデイアの”小沢氏つぶしの策動”で、多くの人が、「これはあんまりだ、民主主義としておかしい」と言うことで、目覚め、自覚的なブロガーへ成長した。

 今回、検察審査会を悪用した策動で、小沢氏の政治活動が妨害されるようであれば、もっと深刻な”国民的な検察・マスメデイア批判”が噴出するであろう!

 国民の代表である国会議員が、しいては総理大臣を選ぶことになる政治活動を、司法官僚によって妨害されることは、どう見ても許されるものではないからだ。

 検察審査会と世論調査(世論操作)による、”小沢つぶし”はもう通用しない。

何か妙な感じがします。
だいたい、このサイトは小沢支持者が多いので、今日の鳩山派の軽井沢研修などの記事では直ぐ100件以上のコメントが殺到してるだろうと思ったのに、午後11時半の今でも、まだ18件。
内容はともかく、数が少なすぎです。
編集部の方々がコメントの削除などの作業に時間をかけて滞っているのでしょうか?

「菅おろし」と言えば何か聞こえが悪いが、今度の代表選挙は規定路線の事であり、今の管政権の運営の拙さや経済音痴に対してこれでも良いと思われる議員は管さんに投票すれば良い事です。

今の政権では民主党にとっても、国民にとっても困ると思う方は政策・実行力を考えて対抗馬に投票すれば良い事です。


対抗馬としては今ここに至っては小沢さん自らが出るべきです。今のこの時期、他の方では荷が重過ぎます。 小沢さんしかいません。必ず立ってくれるものと思います。条件闘争などしている場合ではありません。小生の周りでも「小沢立つべし」と言われる方が増えています。以前は「小沢さんは顔が・・・」とか「無愛想・・・」とか「お金の問題・・・」とか言われる女性が多かったですが、最近は変わりました。

今回、小沢さんはもし立候補しなければ、議員に留まる必要がないと思います。是非、管・仙石・枝野政権を打ち砕いて下さい。

<やっと辞めてくれる>
菅下ろし大歓迎。思うに一番権力に執着しているのは菅自身とその周辺であって、小沢氏ではない。それは選挙敗北後の一連の菅の行動を見れば一目瞭然だ。こんな国家の危機的状況の中で、自らが権力にしがみつくだけの仕事、画策しか出来ない人間に、総理として政治を任せることが出来ると思う人の気が知れない。コロコロ総理が変わる事だけをそんなに心配するなら、木偶でも作って総理大臣の席に座らせたらどうか。
政治は国民の生活である。能無しと強欲に総理の椅子は必要ない。

今日本は経済だけではなく、あらゆる分野において、衰退してきている。
今までも懸念があったが、ここになって、なお一層懸念が強まっており、もはや、日本の地位は世界で中国よりも低下しつつある。
そんな中で、この数ヶ月の間,菅は一体何をしてきただろうか。
苦手な外交に力を入れるわけでもなく、自らの地位に固執して権力闘争を繰り広げている始末。
ここまで悪化してきているのに、外交よりも代表選を優先するなんて一体どういう神経をしているんだろう。
自分はこの総理大臣にとてもとてもこの国を任せられないと思った。
総理大臣を任期途中で変わるのは良くない?
自分の事しか考えない総理大臣がずっと居座り続ける方がよっぽどよろしくない。
今この国に必要なのは国を第一に行動する総理大臣であり、自分を第一に行動する総理大臣は必要ない。
その点、小澤さんは常に自分よりも国益を第一にしてきた。
暫定税率の事をよく言う人がいるが、彼があそこで暫定税率廃止に待ったをかけなければ事態の収拾つかず予算が成立し得なかった。
予算が成立していなかったらどうなっていただろうか。
経済が混乱していただろう。
元財務大臣の藤井さんもそれを認めている。
そうやって、彼は私を捨て公をなすことができる人間なのだ。
今この国は極端に言ってしまえば生きるか死ぬかの瀬戸際に陥っている。
そんな事態に陥っているときに私を捨てきれない人間にこの国を救えるのか?
否、今この国に必要なのは公をなすことができる人間である。
公をなし、強いリーダーシップを発揮できるのは小澤さん以外にいない。
小澤さんに是非立ってもらい、この国を再び蘇らせてほしい。


今日本は経済だけではなく、あらゆる分野において、衰退してきている。
今までも懸念があったが、ここになって、なお一層懸念が強まっており、もはや、日本の地位は世界で中国よりも低下しつつある。
そんな中で、この数ヶ月の間,菅は一体何をしてきただろうか。
苦手な外交に力を入れるわけでもなく、自らの地位に固執して権力闘争を繰り広げている始末。
ここまで悪化してきているのに、外交よりも代表選を優先するなんて一体どういう神経をしているんだろう。
自分はこの総理大臣にとてもとてもこの国を任せられないと思った。
総理大臣を任期途中で変わるのは良くない?
自分の事しか考えない総理大臣がずっと居座り続ける方がよっぽどよろしくない。
今この国に必要なのは国を第一に行動する総理大臣であり、自分を第一に行動する総理大臣は必要ない。
その点、小澤さんは常に自分よりも国益を第一にしてきた。
暫定税率の事をよく言う人がいるが、彼があそこで暫定税率廃止に待ったをかけなければ事態の収拾つかず予算が成立し得なかった。
予算が成立していなかったらどうなっていただろうか。
経済が混乱していただろう。
元財務大臣の藤井さんもそれを認めている。
そうやって、彼は私を捨て公をなすことができる人間なのだ。
今この国は極端に言ってしまえば生きるか死ぬかの瀬戸際に陥っている。
そんな事態に陥っているときに私を捨てきれない人間にこの国を救えるのか?
否、今この国に必要なのは公をなすことができる人間である。
公をなし、強いリーダーシップを発揮できるのは小澤さん以外にいない。
小澤さんに是非立ってもらい、この国を再び蘇らせてほしい。


菅政権の場合
「菅おろしが始まった」
っていうより
「すでに死んでいる」
のですからいまさらでは…旧自民党末期のゾンビ政権と同じでね。
 小沢氏が立つにしろ立たないにしろ、代表選挙での「すげ替え」は規定路線でしょう。
 予想できなかった人がいるのでしょうか?
 擁護派でも選挙直後の高野さんのように「選挙責任者に詰め腹を切らせて小沢氏と和解し挙党体制を作る」と予測してたんじゃないですかね。
常識的な生き残り策はほかに無いし。
 代表選で菅さんを支持した大半の議員たちは「社長のあとを副社長が継ぐ」という論評とおり「路線継続」を前提に支持しただけなんですから、有権者の前に裏切られたわけです。
代表選挙でそういって当選したならともかく選挙後に路線変更を言い出すあたり、有権者よりひどく民主党議員諸氏は「騙された!!」ということになるでしょう。

 「菅直人を守れ!!」
っていう感情論はわからなくもないです。
が、すでに
「菅さん自身の主張が民意(選挙)で否決される」
という結果を出し、その後も財政再建論を主張し続ける、とまあ、
「否定された路線の変更をする気が無いことをご本人が明言」
しているわけで…官僚の振り付けかどうかとかそういう問題をすでに超えてます。
 菅さんの主張と真逆の主張で政権をとった党多数派が「チェンジ」と言うのは当然でしょう。

もっとも批判派からの罵詈讒謗はともかく、
「首相をころころ代えるのはみっともない」
と「政治家:菅直人」の資質や実績や能力を「誰一人認めていない」という意味になり、言い換えれば
「あなたは首相にふさわしくないが、仕方ないのでやめさせられない」
と支持派にすら公言されるご本人の胸中やいかに。

 菅直人さん自身の行動と結果が出ている以上、
「結論を出すのが早すぎる」
と主張の向きはそもそもどのような「根拠」がおありなんでしょうか?

~民主党「子ども内閣」への失望と怒り~

菅内閣は選挙管理内閣だし短期交代はあたり前では?

今更「菅おろし」もないと思うが。
そもそも参院選敗北、ねじれ国会を生んだ時点でお辞めになるべきであったと思う。
それでも、ねじれ国会を乗り切る対策を持ち合わせ、その裏付けをもとに国会を乗り切る自信があっての事だとすれば、その時点での続投宣言も理解は出来るが、しかし結果はどうか。

先ず党内対策では、挙党態勢をとるべき時にもかかわらず、選挙前に公の場で暴言を吐き排除の論理を働かせた相手に対し公に反省の弁を述べるでもなく、ただ事務的に面会の要請をするにとどめ、党内融和の努力も見えない事。
ねじれ国会にもかかわらず、少数政党と部分的であろうが協力を求めなければならないのに、議員定数削減を前面に打ち出したり、国会運営の対策すらない事。
ねじれ国会を悲観してか、党内論議も経ないまま、党主要政策の柱である筈の国家戦略局の法案提出すら諦め一方的に格下げしたり、来年度予算も一律カットの方針を財務省主導で行ない、党の大方針である筈の内閣官邸主導政治などは影を潜め、閣僚からも批判発言が出る有り様。

1年にころころ3人も首相を変えるのは如何なものか。
まだ3ヶ月ではないか。
成果も結果も出せていないのだからもう少し長い目で見てやらなくては。
等とマスコミも含め続投容認の意見がある事は理解しているが、
しかし、このような目先の事への対策もなく、解決能力もない姿を見せつけられては、昨夏の総選挙で一票を投じた支持者の一人としては到底容認する事は出来ず、「菅政権」にこのまま日本の舵取りを委ねる気持ちにもなれず、一日も早い退陣を求めたい。

この国の置かれている難しい局面を乗り切るには、強力なリーダーシップが求められるが、それが出来るのは、唯一「小沢一郎」氏しか見当たりません。
小沢氏には、マスコミあげて逆風が吹いていながらも、その事をよくよくご理解いただき、代表選挙には自らが立ち、「国民の生活が第一」の政治、昨夏総選挙の原点に立ち返る事を堂々と訴え、選挙に勝利して欲しいものです。

西松建設事件で真っ先に小沢氏を中傷した時から、胡散臭さを感じていた蓮方氏ですが、ここに来て、またやってくれましたね。「菅氏が首相を続投できない状況になったら、衆議院解散するのが筋だ」という発言をしました。

この発言の卑劣さは看過できません。首相が交代したら解散総選挙をすべきだと言うのならば、そもそも鳩山氏が首相を辞めた時点で解散すべきでしょう。何故、鳩山氏から菅氏に代わるのは良くて、菅氏から別の人に代わるのは駄目なのか?それは菅政権では大臣にさせてくれたけど、首相が代わったらそうではなくなるかもしれないという保身としか思えません。

そしてこの発言は、民主党員に対して、「菅氏を支持しなければ下野することになるかもしれない。それでもいいのか?」という脅しとも解釈できます。

事業仕分けで名を挙げたようですが、それが骨抜きであることは、特別会計に全く手をつけないことで明らかです。改めて彼女には失望しました。

能力(トップの場合は、人望。大きな組織では人格。我欲が最小、世の中への貢献欲が最大。などなど)がない方は、早々に退場してもらうしかありません。

弁護士資格を持ちながら、敵を追い落とすためには、マスゴミにのって国民を馬鹿にして続けている、枝野、1,000とかもどこかに出ていってもらいたい。社民の代表も天野氏の言われるように、自ら新党を作るのでなければ石川秘書の監禁問題で、何のコメントを出せなかったテイラクなので、政界から離れるべき。

四国のタヌキは、権力に目覚めたと日経の取材にはっきり答えており、どこかに行って欲しい。

膨大な蓄財と権力行使を知っているなど、政治家たちの小沢氏の毛嫌いは想像できなくはないですが、官僚の言いなりなって、自己の生活が守れさえすれば良く。読解力・理解力をなくした大衆を内心馬鹿にして、ペンタゴンと一致したことを守るの政治輩より、国民の生活を良くしようとしてくれている小沢氏にかなりの数の日本人が期待している。小沢氏の本音はどうか別として、彼しかいない。
*レンホー、お前もいい加減にしろよ。

カンカラカンになってから、財務官僚主導丸出しなので、新聞もニュースも政治に関する報道は見る気もしない。

「菅おろし??」菅おろしじゃなく、皆は「挙党一致体制への道筋を示せ!」って云ってるんでしょ?。
それなのに参院選大敗の執行部のままという姿勢に批判があるのだと思いますね。
菅執行部の姿勢は、誰が見ても無責任でしょう。内閣改造は代表選後で仕方ないんでしょうが、党の組織は大敗の責任を取って一新すべきです。
というより、執行部の面々が自主的に辞任すれば総入れ替えせざるを得ないので、反菅と言われる人たちも矛を収めざるを得ない。
小沢さん立候補の動きはなくなって挙党一致で行けると思うけどな~・・
このままじゃ菅総理が続投しても挙党態勢は出来ないので、早晩行き詰まる。小沢総理が誕生してもマスコミのバッシングで国政は停滞する。困ったもんですね。

>しかし、今回、小沢さんの狭量さに気付いた。

菅さんに対してもそうだが、ドサクサ紛れに人格までを否定するような発言を安直な見立てで繰り返す人の多いのが気になる・・

無責任な言葉の垂れ流しで八割方の愚民を作ったのはマスメディアだが、こういうところでも同様が繰り返されるのは如何なものか。

>わずか3ヶ月で菅降ろしとは。
>情けない。

今朝の新聞に「2、3カ月で首相を代えて良いと思っている者はいない」という国会議員のコメントが載ったが、物事の本質からずれていることも気づかずに決め付けてしまうような愚行を政治家が平然と行うのがこの国の惨状振りを現している。小沢不支持の理由を「国民の支持を得ている訳ではない」としたのは私の選挙区の代議士だが、八割方に呆けてしまっているようだ。同類はまだゴロゴロいるのであろう・・

今日も周りの八割方への切り崩し作業に入るのだが、政治家よお前もか・・という心境だ・・

小沢さんの行く手は想像を絶する茨の道のようである。

 おはようございます。

 高野さんが掲げた「政局談義より政策論議を」に反するように、扇情的タイトル「菅おろし・・」という究極の政局テーマを挙げて、読者を政局談義に巻き込もうという、ヤジウマジャーナリズムに嬉しいやら呆れるやら、可笑しくて面白くてとてもよい暑気払いになると思います。

★ 疑心 暗鬼を生ず ★

 さて、小沢シンパの戦闘気分が最高潮に達しかけて議論百出ですが、私は、ダブル辞任以降、小沢氏真意の在り所を、小沢氏側近筋が流す虚実綯い交ぜの観測気球(バロン・デッセ【(仏)ballon d'essai】)や、敵対勢力(政権政党民主党に敵対する旧政権・守旧官僚と、自称オリジベラル(オリジナル+リベラル(笑 )民主党現執行部の二つ?)が邪な意図を隠して流す情報を出来るだけ排し、小沢氏自身が語った言葉にだけ注意して分析、探知して書いてきたつもりです。

 小沢氏は昨日の鳩山前首相開催の懇親会席上(研修会ではない)「お互いに力を合わせて一生懸命頑張って、国民の期待に応えられるようやりましょう」と訴え、鳩山前首相も研修会冒頭に「今こそ私心を捨てて挙党一致の態勢をどうやってつくり上げていくかだ」と主張していました。

【NewsSpiral】(6/21)
高野孟:民主党政権審判の日に向けて参院選がはじまる!
▼ 一部の小沢支持者達による小沢氏への裏切り

にも書きましたが、小沢氏が選挙期間中にも同様の発言をしていたにも拘らず、所謂小沢シンパの方々の多くは菅一派憎しで恰も分派活動を促すかのような言説を展開されていたのは、小沢氏の真意から程遠いものであったように思います。この私の主張に対して、幾つかの反論をいただいきましたが、それらへのレス

同記事への投稿
今、小沢氏が行動することに『大儀』があるとは思えません。・・・

においては、ダブル辞任に至った小沢氏自身の罪への『禊』についても言及し、小沢氏自身がそのことを良く理解している筈であることも書きました。

 小沢氏の真意から外れて小沢氏側近筋が流す虚実綯い交ぜの観測気球(バロン・デッセ【(仏)ballon d'essai】)や、敵対勢力(政権政党民主党に敵対する旧政権・守旧官僚と、自称オリジベラル(オリジナル+リベラル(笑 )民主党現執行部の二つ?)が邪な意図を隠して流す情報を、無批判に鵜呑みにして

★ 疑心 暗鬼を生ず ★

罠に嵌る愚行は是非避けたいと思うものです。その多くは、小沢氏と民主党の力を殺ごうと躍起になっている方々に塩を送る、利敵行為とさえ思え、また、小沢シンパの方々や小沢氏自身をコリジョンコース現象に導きかねない大きな危険を孕んでいると思います。さらに、そのことは小沢氏の能力を矮小化させ、狭量の謗りを招きかねないことも弁えるべきと思います。

 デフレ克服をさておいての消費税増税頼みの財政健全化志向誤謬、欧米の意図的円高(自国通貨安)誘導への対処遅滞、国家戦略室権能減退にみる守旧官僚統治の拙劣、旧政権野党擂り寄り参院捩れ地獄政権運営夢想、無理筋日韓併合100年首相談話の現政策矛盾、・・など等菅政権の稚拙さが露見し、今回、小沢氏が「国民の生活が第一。挙党体制確立。」を掲げて起って、勝って、後に、民意がついてくるというシナリオも当然に有り得るとは思いますが、私としては、今回の民主党党首選の先にも、菅政権自滅の可能性が大きくあり、小沢氏が民意を得て起つ機会は未だまだ幾度もあると思っています。

 発言したか否か定かでない言動に右往左往しないで、小沢氏が公言している「国民の生活が第一」、「2009年マニフェスト実行に全力を注ぐ」、「お互いに力を合わせて一生懸命頑張って、国民の期待に応えられるようやりましょう」が真意と忖度することこそ、真に小沢氏を支えることに繋がると信じ、確固とした道理を備えてそれを広く国民に啓蒙(説得)し、多くの民意を得てこそ政治・行政を動かす真の力が生じるはずだと信じます。

p.s.小沢氏を評価しない民意、約80%を「愚民」と断じている方がいましたが、恐いですねぇ~(私も何処かでそう断じていたような気もしますが・・・(笑?)、まるでナチスドイツの優性説に依拠したユダヤ人狩りみたいで(笑。ところで、メンデルの優性の法則は、日本人研究者達によって解明されつつあるようです。他方、「愚民」定常化が齎す優性説的階層化を避ける為の政治家などによる主権者への主義主張啓蒙(説得)活動が民主主義の本質に関わって大切な役割なはずですが、このことは未だ日本国においては不理解のようです。これも近年日本国について語られる統治能力(governability)欠如の一端でしょうか?

kazu | 2010年8月20日 05:29

kqzuさんの言われるのはごもっともですね。小沢さんが何も言ってないのに、小沢さんを馬鹿にしまくったカンカラカン。カンさんらが大衆が支持している民主の原点から離れなければ参議院選挙の大敗もなかったし、小沢さんが表にでてくることもなかったでしょう。

それにしても、ハトさんは人格的にもまともで、フテンマは、東南アジアの国々から泣きつかれたからで、仕方ないにしても、小沢さんを党運営と政府と分けたのもペンタゴンのやりたい放題を許して
しまった原因だと思います。これはヨコミゾさんの影響も大きいとか。能無し官房長官を据えたのが大失敗でした。

マスコミの不条理
1.政治家としての理念を無視している。(菅氏は何をやりたいか語っていない。)
2.参院選の責任を問うていない。
3.党内融和を期待していない。
4.菅氏か小沢氏かのアンケートで、消極的指示を、続投支持にしている。流石に代表選をすべきかどうか、露骨なことをしていない。
5.参院選の菅氏不支持を二度のアンケート結果によって続投支持根拠に見事に切り替えている。
6.今まで、代表選は、政策を展開する複数の候補者の立候補が望ましいとしていた。
7.またぞろ、「政治と金」をいっているが、司法判断は、11名の検察審査員に任せておけばよい。すでにプロの判断は出ているのであるから、何か言うことは、審査員に圧力をかけることになる。報道関係者は、あくまでも中立が求められる。
8.代表を代えるのであれば、解散総選挙すべきだとの主張。民主党の規則にしたがうべきで内部干渉もはなはだしい。

菅政権が続くと懸念される一番の問題点。
菅氏続投支持、二度のアンケートに見られるように、マスコミの意志を国民の意思にうまく切り替えてしまう。今後官僚と一体になって政策のアンケートを実施し、政権に圧力をかけることが常態化する。この国をどうしようという理念のない総理を抱えたら、国民の悲劇が始まる。

憲法は政党政治を予定している。民主党という私的結社内の民主的手段で党首が変われ、国会におけて正当な首相が指名されるだけだ。どこに法的・政治的瑕疵があるのか?

>p.s.小沢氏を評価しない民意、
>約80%を「愚民」と断じている方
>がいましたが、恐いですねぇ~
>(私も何処かでそう断じていた
>ような気もしますが(笑?)
>まるでナチスドイツの優性説
>に依拠したユダヤ人狩りみたいで・・以下は意味の無い羅列・・

ナチスはともかく、相手はユダヤ人とは別次元のもの・・気取ってる場合か(民意の意味も解っていないようだ・・(汗?)ってか)

こんなところでインテリジェントをアピールしているつもりなら困ったことだ。グチャグチャ言ってる前に動いて汗かかないと何も生まれないということを知るべし!

とにかくこんなところで論文かいてる暇があったら動きなさい!ばろんでっせ殿


この人ら居なくても世の中動くんだな
なら余計なことせずに居てくれ
どうでもいいは
ただ、自国を窮地に追い込んだり
地に落として、周辺国や世界の
笑いものにはしないでくれ
権力奪取取りとり合戦でもやってろ
国政は有能な有能すぎて困る
役人が上手にやれ
アメリカとさえ上手くやればドル安も緩めてくれるさ
とにかく余計なことはしない方が
マシ

政局を動かす世論はマスコミ報道の反映である。従つてマスコミ報道は正確にして、かつ偏見ががなく、ましてや権力による広報機関に堕落してはならない。然し昨今の報道機関は、日本の最強権力者
である官僚の下請け化し、その報道は著しく歪められ管内が誕生し
た。
また管や取り巻き[仙石、枝野]は恥も外聞もなく、官僚、マスコミ財界、米にすりよつた。
管内閣が官僚の意のままになり、激しくシツポを振るのは当然の成り行きである。
(国民のことは度外視し、ただ権力保持に汲々としている)

しかしこんな状態はまさしく異常であり又国民にとつて大きなマイナスとなる。管内閣が存続することは、利権を固守したい官僚以下守旧派の思うツボである。

最近になって本質的に重要な”ある真実”に気付かされました。それは、9.11事件に

関する真実です。その結果、さまざまな事柄が実に明快に理解できるようになりまし

た。9.11事件は大いなる陰謀であり、その陰謀に関わっているごく少数の連中によっ

て世界が扱われているという事実は今多くの人たちに知れ渡りつつあります。
http://www.youtube.com/watch?v=E8NcRIT_XF4&feature=related


さて、世界がこのような状況にある中で一体誰が日本を導くことができるでしょうか

?正直、絶望的になりそうになります。

既得権益に少しでもしがみつこうとするような輩が現状を打破する可能性は完全にゼ

ロでしょう!あり得ないことです!

現状を打破しようとする者には、絶えざる攻撃があらゆる方角からなされるでしょう

。暗殺される可能性すらあります。死を覚悟で臨むことが求められるでしょう!

もはや好みの問題ではありません。かすかな希望として、小沢一郎という人しか思い

浮かびません。彼に希望を託すことしか選択肢はないと思われます。

決断の時 来たる

昨年の平成革命の志をかなぐり捨て、即座に官僚に土下座し、権力にしがみつくだけの
代表選まではなにをやっても批判に晒されるだけなのでなにもやらないという、凡そ政治家とは思えない思考回路の
そんな人物は、即刻日本の最高権力者の座から、引き摺り下ろさなければ、ならない。
在任期間の長短など関係ない、短ければ短いほど日本のためになる

そして、小沢一郎よ、あなた自身が代表選に立候補し、勝利して総理大臣にならなければならない。
そして、平成革命を完遂しなければならない。
仕組まれた政治と金、謀略の検審結果など、全く気にする必要はない。
小沢一郎には、この国の仕組みを替え、国民の生活が第一の国家、自立した国づくりの、責任が ある。


恵美さんの指示の通り、以下の檄文を民主党議員数人にFAX発信しました。

「小沢一郎を支持する民主党議員に告ぐ!!」

昨年夏の衆議院選挙で大勝させたのは誰か、忘れたのではないか。
「国民の生活第一」をスローガンに、期待を込めて一票を投じたのは誰か、忘れたのではないか。
政・官・業の癒着トライアングルで、庶民から搾取続けてきた自民党を退場させたのは誰か、忘れたのではないか。
民主党議員は、あの熱い思いを忘れてしまったのではないか。

昨年の衆議院選挙で、民主党が掲げた「国民の生活第一」のマニフェストに対し、私たちは信任を与えたのである。
小沢VS反小沢、オリジナル民主党VS合流党のような党内争いではなく、「国民の生活第一」のマニフェストを全てとは言わないが、着実に実行できる人が党首に、そして総理になってほしいのです。
今の菅政権はどうか、私たちに約束できる理念も信念もなく、官僚に操られた子供内閣と揶揄されているではないか。

政治は、メディアが作り出す世論調査や偏向したバッシングに左右されることなく、「国民に夢と希望を与え」「国民の幸せを創りだす」ことである。

「国民の生活第一」のマニフェストを着実に実行し、「国民に夢と希望を与え」「国民の幸せを創りだす」ことができる政治家は、現状では小沢一郎先生をおいてほかに考えられません。
従って、9月に行われます民主党代表選挙に、小沢一郎先生に立候補するよう働きかけていただきたく。
また、民主党国会議員同志に対しても、小沢一郎先生が民主党代表選挙に立候補するよう働きかけていただきたく。

誠に僭越な申し出とは存じますが、意をお汲み頂きよろしくお願い申し上げます。

<開かれた素晴らしい代表選挙>
昨日は封印していた夜のニュース番組をハシゴして観た。正直、笑顔の小沢さん、しゃべる小沢さんを久々に目にしてウレシかった。
それまでは「小沢氏八丈に現れる」なんて、まるでゴジラかネッシーか、という扱いの映像しか見ていなかったから・・・。
さて、民主党代表選挙は菅代表の正式な任期切れに伴う「党規約に基づく選挙」です。
だから20人の推薦を集められる人は誰でもどんどん立候補すればいい。それだけです・・・。
それを「菅おろし」とは穏やかじゃない。
もっとも菅代表側の立ち居地から見れば「おろし」ている様に感じるのでしょう。さんざん「小沢グループおろし」をしたから、自分もやられる!と思っちゃうんだ。誰かを騙す人間は、「あいつは俺を騙しているに違いない」なんて思っちゃうんだね。人を呪わば穴二つ!とは良くいったものだ。
思いだして欲しい。自民党は、総裁選挙の度に「自由で闊達な議論を交わして総裁選挙を行う政党」なんてメディアジャックしていた訳です。
民主党も政権与党として党員・党友(サポーター)、地方議員も加わり開かれた代表選挙を行います。
菅代表・対抗馬小沢元代表・はてさて穴馬は誰か?
よ~く、立候補者の言葉・理念・政策を聞いて、楽しめば良いのです。
それを「菅おろし」なんて、民主党を辱めるタイトルだと思うのは私だけでしょうかね。

菅さんには期待していました。
参議院選で突然に消費税を争点にしたところから失望しました。
国民が長引くデフレ経済で苦しんでいるときに、消費を減退させる消費税を持ち出すとは、あまりにもセンスがありません。
案の定の大敗北です。
消費税を上げる必要は当面全くありません。
国債の利率が下がり、円が高くなっていること自体が証明しています。
問題はデフレです。
需要が不足している時に需要を減退させる消費税アップはあり得ません。
財源は国債を堂々と増発し国難であるデフレ克服に使うべきです。
この間違った政策を推し進める菅首相には直ちに退院してもらいたい。

昨年の大久保秘書逮捕の時にどう考えてもおかしいので、初めて検察や政治の動きに関心を持ちました。
普通に考えれば、大久保秘書や石川議員の逮捕がおかしいことは誰にでも分かるはずとしか思えませんでした。
その後調べると検察の捜査はおかしいものばかり、マスコミの報道を鵜呑みにしてきた自分を反省しました。
それにしても分からないのは、これほど間違った報道事をされているのに、検察のいいなりになっている政権幹部の人達。
なぜ指揮権を発動しないのか? 理解できません。
守るべき人を守らず、現政権幹部は自分たちのために後ろから矢を射ていました。
私の選挙区でせっかく落とした千葉法務大臣にも続投させる状況の現政権幹部には総退陣してもらいたいと思います。

代表戦への小沢氏出馬を期待されている皆さんにとって、現在の政治情勢が「菅おろし」だなどと捉えている人はほとんどいないのではないだろうか?
これを「政局だ」「権力闘争だ」と言い募るのはThe Journalを含めたマスコミサイドの偏向した表現だと解釈する。
政治家個人の人格は知りようもないが、衆院選マニフェストで民主党に投票した私としては、こうもあっさり路線変更してしまった現政権の背信行為は許しがたいものだと感じている。
小沢氏であれ鳩山氏であれ、再び国民のための政治を取り戻してくれる人物であれば拍手喝采して迎えたい、それが今の政治状況を作っているのだと信じたい。
首相がコロコロ替わるのは恥ずかしいと言うコメンテーターが良くいるが、下記のG8のyoutube動画の方が日本人としてさらに恥ずかしいと思うのではないだろうか?
世界の中で日本トップのプレゼンスがどの程度のものであるかを知っておく必要もあるだろう。
http://www.youtube.com/watch?v=wii8O_m9fMs

 鳩山氏の別荘で開かれた懇親会に小沢氏も参加。小沢氏は9月の代表選出馬を検討しているという憶測が流れている。
 鳩山氏は「国民の生活が第一。挙党態勢で一致団結しなければならない」とあいさつ。(20日の新聞報道)
 このメッセージを我流に解釈すると、「改革の旗印で政権交代を実現し民主党を支えた功労者の鳩山前首相と小沢さんが、旧勢力と検察追従マスコミに『政治と金』問題で叩かれて支持率急落で、もういらない、静かにしていてください、と世論を意識して宣言し管首相サイドだけ浮上して、挙党態勢の崩れを招いた要因は管さん自身じゃないの」と言いたいのが鳩山さんの胸のうちか?。
 潮目が変わりつつあると感じながらも、小沢氏が浮上してきたらマスコミは再び叩くのではないか。また小沢=悪の誇大を「刷り込まれた」世論意識は急に改善しないでしょう。
 (正義の権化のようなマスコミこそうさん臭いが⋯⋯)
 鈴木宗男氏のように検察マスコミ連合で悪の虚像をつくられたが、著書「汚名」で汚名を晴らし、有権者の信頼回復をえましたが、小沢氏には時間が足りない気がします。
 もし、小沢氏が代表選出馬の決意を固めたならば、練りに練ったオバマ大統領並みの一世一代の憂国と改革の「演説」を聞いてみたい。総理になって為すこと、何をやろうとするかを。
管総理の政策もじっくり聞きたい。で、結局は多数派工作か?

小沢さんが立候補する事に対して、現閣僚達のトンチンカンな発言は困りました。

起訴され、裁判で有罪にもなっていないのに、マスコミの報道を鵜呑みにしたり、支持率を気にしたり、万一小沢氏が総裁に選ばれれば、閣僚には任じられない事を分かっていての発言。困りました。


未だに「政治と金」を問題にしたり、小沢氏になったら支持率が下がり民主党政権は立ち行かないのではと心配したり・・・。


「政治の金」が選挙に影響したなら、二人が辞任した時にV字回復はなかったでしょうし、菅さんの愚かな唐突な消費税発言でも支持率の急降下や参議院選挙での大敗北は無かったでしょうに・・・。

オマケに誰一人として責任を取らない。現執行部の体たらくを棚に上げて、「政治と金」が敗北の原因と言う。   もう少し国民の生の声を聞いてください。  マスコミによる捏造された報道を真に受けないで下さい。

蓮呆議員の「民主党はクリーンが求められている」には笑ってしまいます。  「クリーン」でネズミも捕らないような猫がただ飯だけ食って居座っていたら、
悪いネズミばかり増えて、国民は困ってしまいます。

貴方達が何んと言おうと国民にとっては多少汚れていても(本当は汚れていないのかもしれないが・・・。)、ネズミを捕ってくれて、国民の生活が少しでもよくなるネズミの登場を期待しています。

09年のマニフェストの実行と「国民の目線が第一の政治」の実現に向けて小沢氏自ら立ち上がって下さい。


これまでのマスコミによって人気投票的に造られた総理は初めは支持率が高く、次第に実力が無いのがわかり、ジリ貧の末の落城。

小沢氏は仮に初め支持率が10数%であっても、国民目線で一つづつ政策を実現して行けば、次の衆院選挙までにはこれまでの総理とことなり右肩上がりの人気になり、民主党政権は磐石なものとなると思います。出来る事ならガソリンの暫定税率廃止は任期中に必ず行って下さい。小生の周りには高速道路の無料化よりも暫定税率廃止に期待している人が多いです。

マスコミの菅氏支持の理由
1.理念がないから誘導しやすい。
2.指導性がないから、閣内ばらばらで、内政干渉しやすい。
3.「ねじれ」は、マスコミ主導で参画しやすい。
4.官僚主導であり、政策情報が事前に得やすくなる。
5.政治家が反対しても、官僚マスコミ連合で押し切れる。
6.自民党時代は、政治家、官僚、企業が、鉄のトライアングルで、政策を決めてきた。民主党菅政権は、政治家、官僚、マスコミの鉄のトライアングルになる。
何が変わったかというと、企業がマスコミにかわったのである。単に、企業からマスコミに変わっているだけであるが、この代わり方は、思想、信条の制限につながりかねない危険性がある。
マスコミは、特にフリージャーナリストの規制を強化してくるだろう。言論の自由が抑制されかねないのである。高野氏などは菅氏を支持しておられるので、体制側ジャーナリストは問題なしか?そんな区分は不可能であろう。

「政局より政策より」から今度は「菅おろし(はやめろ)」ですか。

もともと6月は主戦投手(党首)の緊急降板に伴う緊急リリーフでしょう。
うまく投げればロングリリーフもあったかもしれないが、ぼこぼこに打たれるは、投手エラーは続出するは が菅さんでしょ。

これ以上投げさせたらゲームが壊れます。
ここはすごすごベンチに下がるしかないのですよ。

「菅おろし」というと いかにも すばらしいピッチャーを無理矢理代えるようですが、違うのでは?

小沢さんは、代表選に出ないほうがいいと思います。過日の予算委員会を録画で全て見ましたが、このままでは八割に勝てません。潰されます。だれが勝ってもいいから、挙党体制で漸進的に政策を進めるべきです。去年の夏からまだ一年しかたっていません。


ところで八月は、あたしにとって特別な月です。
鎮魂の月です・・・65年前の夏、にっぽんは戦争に負けました。その戦いを敗戦と呼ぶことなく65回目の終戦記念日を迎えました。

  敗けたるを終戦とよぶみんぞくの心を知りてわれも生ききし
  乾ききるアスファルトみち歩きをり水を欲しいと思ふ八月
  昭和ありき 二十年十月十三日引揚者父以下七人降り立ちし駅


今年の夏の暑さと空の青さが、格別に身に沁みます。八月九日の日に、『長崎の鐘』をカラオケで歌いました。「いったい俺はなにをしているんだろう」と思いながら。

  カラオケで「長崎の鐘」をうたひゐる無慙なりわが戦後民主主義

私は、民主党の党内政局、内乱状態を苦々しく思っています。

まず、小沢さんは代表戦に立候補するからには、国民に対して自らの政治資金のの問題及びご自分の資産形成過程について、検察に述べた以上に説明を尽くさねばなりません。
総理大臣がお金に関して疑いを持たれている限り、「国民の生活が第一」も絵空事に聞こえるでしょうし、国民との間で信頼関係が生まれるとも思えません。
この問題をクリヤーしない限り、恐らく国会においては1本の法案審議にも入れないでしょう。
小沢さんが、真剣に我が国のことを考えているのならば、1点の曇りもなく説明をすべきです。
もし、説明する気持ちが無いのならば、代表戦への立候補を辞めるべきです。

小沢さんは原点回帰、衆院選のマニュフェストに戻るとも言っています。
原点回帰とは、公約の原点である「207兆円の組替え」は避けて通れず、一般会計から約10兆円相当を切り出し、マニュフェスト項目に振り当てることを意味する。
事業仕分けでは切り込み不能と分かったわけだから、予算配分の優先順位を付ける手段しかない。
例えば、子供手当の方が科学技術予算よりも優先順位が高い等々の順位をつけることです。
既存分野から10兆円の予算を切るということは、即座に10兆円相当の国民の血が流れることを覚悟しなければならないし、日本の将来を賭けることにもなるのです。
原点回帰は、参議院を通過するしないの以前に、国民との間でよほどの信頼関係が無い限り実現性に乏しいと思わざるを得ません。

小沢さんが立候補するならば、国家公務員、地方公務員の人件費を2割削減、国会議員120名削減も実現を宣言しなければならないでしょう。自治労、日教組の支援を無視して本当に実現出来るのか?
つまり、支持母体の血を流せるのかという疑問に答えなければならないのです。

現在、管政権が機能停止状況にあるのは間違いないところだ。
グローバル経済が急速に進む中で、日本は政治・経済共に存在感を失い、国内では景気失速、雇用喪失により将来への展望を持てない若者が多数溢れ、これでは国民生活が明るくなる訳がない。

民主党国会議員全員に言えるが、国民を忘れて、内戦をやっている暇があるのだろうか?

皆さん、こんにちは(いま8月20日pm3:40頃です)

「国民の生活が第一」を実現するひととして小沢一朗しかいない。
と言っている人が多い。
いまの菅政権ではできない、と。

①子供手当て・・・満額は断念。しかし、保育園などの現物支給に。
これは「生活第一」ではないのですか?
小沢さんならどうするんだろう。

②公立高校の無償化・・・やりましたね。

③医療介護の再生・・・コンクリートからひとへ、予算配分の変更。
医療・介護に雇用を、と言う政策に。

④農家の個別保証・・・全体ではないが、取り組み開始の予算設定。

⑤暫定税率の廃止・・・取りやめ。ただ、石油高騰の折には再考。

⑥高速道路無料化・・・実験して、その効果を検証。

こう見てくると、全然やる気がないって言われている菅さんも執行部も、まんざらではないのではないか。

暫定税率のとき、ストップをかけた小沢さんも大人だったのではないか。

詰まるところ、菅さんの「すこし静かにしていてください」と「消費税」発言なんだろうと思います。
それを反省したから、いまおとなしくしている菅さん。
やる気がないだの、官僚のいいなりだの、アメリカ追随政権だの。
ちょっと、言いすぎ。
確かに消費税発言はこんなとき、言わなくてもと思ったが・・・。

やはり、グローバル化のなかの日本は?
地方主権へ政治の形を変えるのか?
より大きな視点と、自分自身の覚悟が必要だと思う。

去年の選挙では新しい政治を期待して民主党に投票したが完全に裏切られた。
結局は自民党≒民主党だったことを証明しただけの政権交代だった。
最早、政治・政治家には何も期待できない。哀れなり日本国民。

何も期待していなから誰が首相になろうとどうでも良い。
「政局」大いに結構。小沢よ出て来い。それでなければ面白くない。
菅でも小沢でも何も変わらないのだから面白く見物させて頂く。

それよりも早く解散総選挙にならないかと期待している。
日本の政治は一度の政権交代では良くならない。
少なくとも10回は必要と見ている。
現政権に期待できなければ政権交代させれば良い。
次の総選挙が楽しみだ。

おいおい、高野氏
小沢氏も鳩山氏も和的解決方法を提示してるでないですか?
そしたら菅氏側が宣戦布告してきた売られた以上買わないと。

ジャーナルも落ちたものだ。
日本を救うには誰がリーダーシップをとるのが良いか、財務省なのか、真のリーダーなのか国民は考えているのだ。
今日も日本の株価が下がった。
9180円である。米は10270円。
リーマンショック前は日約18000円
米14000円。完全な逆転である。それが国力である。
バブル期は日38000円、米5000円位である。
しかも日本は世界で唯一の恥ずべきデフレ国家。
米も西欧も名目GDPは成長しているのである。給与は上がっているのである。マスコミも他国の心配はいい加減にしてほしいものである。

一人あたりのGDPも二位から十九位に。中国にGDPで抜かれただけでなく、今度は韓国に一人当たりGDPで抜かれようとしているのである。
太平洋戦争以来の大敗戦ではないか。
テレビでスウェーデンの消費税25%の生活を連日各局で報道しているが、今の日本なら消費税100%でも不可能ではないか、国民に使わず、企業や官僚に使っているのではないかという疑問を国民が持っている限り、増税などできないのであり、デフレで増税をやれば国家の自滅行為である。大恐慌をつくったフーバーの再来となる。今必要なのはルーズベルトだ。
だから国民は民主党に政権を託し、政治主導で無駄排除を期待したのである。
※事業仕分けでない。
その根本の国民との信義を破り、官僚側に立ち、国家主義、官権主義を振りかざしているのが菅内閣であり、民意ははっきり拒絶したのである。
閣僚もお粗末だ。蓮ボーはスター気取りで代表選で総理が変わるなら総選挙をとのたまっているが、もっと勉強すべきである。それを言うなら菅にいうべきだ。
国民を舐めるなと言いたい。
日本は非常事態だ。このまま沈没させては駄目だ。
財政規律では縮小均衡の繰り返しで小泉政権の二の舞、三の舞である。国家危機、国民生活危機を打開する信念のある政治家に託すべきである。ブレナイ信念の政治家は小沢だけだ。
まずは国民との約束のマニフェスト実現の為、特会を使った大型予算を組み、金融も出動して、デフレ克服して一方で行政の大リストラを行う政治家が必要なのだ。現在不足している保育所や地方の道路など必要なものは早期に一気に作れば良いのである。内需と外需の両方を拡大すべきである。
30兆円の需給ギャップは常識では埋まらないのである。
一旦埋まれば成長へと動き出す。

今必要なのは国家危機、国民生活危機打開総理なのだ。官僚擁護総理は降りてほしいのである。
チマチマした数字合わせや言い訳の能力でなく、大風呂敷、大改革が必要なのだ。
日本を国鉄からJRに変えるのだ。
小沢に是非出陣してもらいたい。

民主党の仙石大臣からは「小沢さんは本当に代表選への出馬を検討してるのか?」とソンナコト、トンデモナイというようなニュアンスの発言があったらしいが、これは、そういう空気を世の中に醸し出したいという戦術だろう。

僕は、小沢さんは検察審査会の問題はあるとしても代表選に出るべきだし、ここまでくると、もう出るしかない、と思う。出れば勝つ可能性が高いとは思うが、たとえ勝算が悪くなっても出るしかない。

出なかったら、昔の自民党の河野洋平(総裁選で負けそうだからと棄権したために次のチャンスはなかった)や加藤紘一(加藤の乱の途中で腰砕けになって逃げたので、次のチャンスは無くなった)と同じで、次のチャンスはない。
たとえ負けても、出れば、次のチャンスに繋がる。僕はそう思う。

それと、もう一つ、小沢さんはもう幹事長になるべきではない。幹事長になると、政権交代後の二重権力と同じことの繰り返しになる。小沢さんがもしやるなら、首相しかないと思う。

わずか3ヶ月、ですか。
3ヶ月も、本人にその能力がなく、強力な支持基盤もない人間に総理大臣を任せている国民の悲劇は?
無策の内閣、3ヶ月だって長すぎるくらいですよ。
「切り抜けて」菅に何を期待する?
ホテル会食三昧の、いかにも成り上がりのやりそうな下品な成金行動に、これ以上幻滅しろってんですか?
わかりますとも。そりゃ舞い上がりますよ。
普通の庶民が何個も0のついた数字を勝手にいじることができうようになったら。
菅や仙谷は、そういう意味で全く普通の人間です。
でも、普通の人間に国の舵取りは任せられません。

<流山の素浪人様>
私ごときの呼びかけに応えて頂き恐縮ですm(_ _)m
さて、小沢氏立候補を前提にすれば、まだまだ動かねばなりません。サポーターの票固め、切り崩されそうな一年生議員へのアプローチ・・・。
まずは、小沢さんの決断を待ちましょう。

1政治主導が発揮できるのは
2政策にぶれがないのは
3政治理念(国家のあり方)を示しているのは
4外国に対してちゃんと意見が言えるのは
5野党対策ができるのは
6実行力があるのは
他にも比較する問題は沢山あると思いますが上記に掲げた点で国民の生活をよりよくしてくれそうな代表(総理)としては 菅さんかそれとも対抗馬の人か どちらが優れているか比較して民主党代表選挙有権者が投票すればよい。
 私は有権者として上記基準で判断します。

投稿者: 山城 暢 | 2010年8月20日 14:56様

分かりやすい例えに感心しました。

これだけボコボコに打たれれば、自分から監督に申し出て、うな垂れてベンチに下がるのではないですか?  また、ナインも悪すぎる。ピッチャー同様に野球の「やの字も知らない」。

仙石・岡田・蓮呆などは悪すぎる。

応援団の静岡の牧野も野球を知らない。困った事です。

地上げ屋さんが書かれていますが、オザワンは「党が割れる事態だけはナニが何でも避けなければならない」と思ってるそうです。
僕も同感です。
衆議院300超の議席が民主党政権の原動力です。
いかに菅さんが役立たずとはいえ、仙谷さんが反小沢の古狸で枝野・玄葉が無能とはいえ、どちらかの勢力の排除→党分裂はやめてもらいたい。

さて「菅おろし」なんて言ってますけど、党代表を公選で決めるのに、オザワンが立つのがどうしてオカシな話なの?推薦人が集まれば、誰でも立候補できるんじゃないんですか、違うんですか?
だったら代表戦で負けたら、首相が交代するのは当たり前じゃないですか。
立候補の権利の制限や党代表を公選で決めることを否定する方が党規約に反してるんじゃないんですか?
そんなに菅さんが勝って欲しいなら、菅さんに党員/サポーター投票したら?
投票権ないなら、文句付けるのはどうかと思いますけど。

僕は菅さんが首相のままで、幹事長兼副総理にオザワン就任の挙党一致内閣。で、予算成立との引き替えに菅さんのクビ切って新たに代表戦って流れが良いデス。

高野さんも政局より政策と言っていたのですからこんな論評を書いてはだめですよ。
お友達の菅さんにも政策をしっかりと出して総裁選に臨むべきとアドバイスしてください。
小沢氏はしっかりとした国民向けの政策を出してきますよ。
菅さんや仙石、野田、前原氏などの政策・理念は残念ながら聞いたことがありません。(不勉強ですみません)
特に今の内閣・執行部の経済無策は酷過ぎる。
あまり得意でないのでしょう。
そういえば高野さんも経済は強そうではありませんね。

小沢党の皆さまへ

小沢さんに期待するのはよろしいと思いますが、それに反する民主党議員への罵詈雑言は慎んでいただきたいものです。自己と価値観を異にする人々を否定してはいけません。あまりに品が無い。

自民党の西田議員は党の総務会において「民主党なんてのは、奴らゴロツキの集まりですから」とテレビカメラの前で発言していました。即座にこれを諌める同僚議員がひとりもいないのはさびしいことです。同じように民主党にも執行部を北朝鮮呼ばわりをした議員がいました。悲しいことです、言葉を選んでほしいものです。

「八割の愚民」というフレーズは見たくない。

100%有能な人も100%無能な人もいませんからある面だけ捉えて云々するのは片手落ちです。そんなこと当たり前と思っている割にはそういう議論が多すぎませんか。本来人には適不適があります。ですから昔の人は適材適所という名言を残しました。ただ適材を適所にという言葉の裏には何をするかという大事な問題があります。いわゆる目的です。今の民主党に決定的に欠落しているのは党としての目的〈政党としての理念)です。内閣は党の理念を政策に練り上げ遂行するところですが、その理念が無いため今の内閣はダッチロールして国民の不信を招いているのだと思います。これはひとえに党首である菅氏および党務の最高責任者である枝野氏に責任があります。現体制は権力にしがみつくのではなく早急に挙党体制を敷いて党としての理念を明確にし、その達成への行程表を作り上げるべきです。そうすれば後はそれを内閣で遂行するのに誰が最適かという問題だけです。その時に適材適所を無視して足の引っ張り合いだけをやっていると、元の万年野党に直ぐ転落します。「小利を求めて大利を失す」ことになりますから、民主党の皆さんには心して今何をすべきか猛省して欲しいものです。

「菅おろし」があるのかどうかは知らないが、客観的に見て菅ではだめなことははっきりしている。小沢氏が立とうが立つまいがそれは同じことである。
 まず第一に「野党案の消費税率10%案」を掲げて選挙に大敗したこと。これは語るに落ちる。
 第二に「国家戦略局構想」をあっさりと取り下げたこと。野党が聞く耳を持っているにもかかわらず、「ねじれでは通すのが困難」と自分勝手な判断を下した。おそらく財務官僚の入知恵によるものだろう。
 そして第三に、直近の「円高対策無策」である。菅支持らしい藤井元蔵相ですら「総理は為替の重要性を全く理解してないようだ」と言っている。もし理解しているのなら、最低「口先介入」くらいはしてもよさそうなものだ。キャッチフレーズの「強い経済」が聞いてあきれる。
 ということで早く「しかるべき人」にバトンタッチしてほしいというのが私の切なる願いである。

小沢さんはもっと明確に発言すべきだ。
小沢支持の閣僚や党幹部は小沢さんの言を繰り返しテレビカメラの前で発言するのだ。
マスコミは小沢さんの発言を正確に報道しない、グループで同じことを言い続けるしかないのだ。
そうすればマスコミに洗脳されている人たちも気づく可能性がある。

しかし阿波狸一派はマスコミの支援の下、やりたい放題の旧ソビエト状態で、小沢グループも負けじと応戦中のようだが、参院選の惨敗で実情を知る議員や県連は小沢さんが立てばすぐなびくだろう。
”国会議員、選挙落ちれば唯の人””数は力”なのだ。
今は議員も県連もわが身可愛さに現政権および党執行部などに「支持します」と言って置きながら当日は小沢さんに投票するはずだ。
選挙下手な奴らなど支持する気など更々無いはずだ。
所詮は”へたれ”だ。

仙石・枝野コンビは、小沢排除しか考えていない。
官総理はその御輿に乗ってるだけだから小沢さんが「仙石・枝野を外せ」とズバリ!癌細胞切除を要求しても無駄だろうから、結局は全面戦争なんだろう。

現在コメント(67)に対するコメント・・・・pm22・40
昔日の想いを彷彿させるコメントの焼酎・放火です?
総ての中身を精読ませんでしたが、67の集中投稿に懐かしく楽しくなりました。
検察 ではなく検閲の自由封殺がコメントの鮮度を著しく損ねていたので、久方ぶりのフリートークに感動しました。ヤッパリjournalは鮮度がいのちです。今後も飛び跳ねる魚の生き締めをしませんようにお願い申し上げます。

政局よりも政策というが、政局を仕掛けて反小沢をぶち上げて民主党を分裂の危機に貶めているのは菅・仙谷・枝野たちであろう。民主党の多くの議員が反小沢でなく挙国一致体制で政治を・政策を前に進めようといっているにもかかわらず、政局を仕掛けているのは菅グループである。菅グループは何ら政策も取り組まないでひたすら政権にしがみついて見苦しい醜態をさらしている。
 菅グループは反小沢の旗印の下にこの際小沢グループを徹底的にたたきつぶすつもりで政局を仕掛けている。その事を少しも報道しないし、逆に今の民主党の混乱は小沢グループが引き起こしていると大々的に報道している。
  菅・仙谷・枝野らは自分たちが排除の論理で小沢氏を民主党から追い出そうとした事から、若し政権を離したらそれこそ徹底的にやられるという恐怖心から何が何でも反小沢でいくしかないと思っている。だから菅政権の周りから挙国一致と言われても怖くて怖くてそんな事はできないのだ。
 この間何回も小沢切りの企てをしたのだから、身を守るために仕方なく分裂になってもこの際親小沢で結集して菅再選を阻止する事は当然の成り行きであろう。挙国一致で政治を前に進めようとする勢力に対して、菅グループは反小沢で何度も何度も政局を仕掛けてきたのであり、ここに至っては国民生活第一を掲げる親小沢勢力に正当性があると言わざるを得ない。
 特に最近うざいのは蓮舫であろう。菅が再選されなかったら総選挙だって!あほか!
また今日のニュースで代表選にはクリーンな政治家が出るべきだとほざいていた。ここでも亦政局をつくろうとしているし、相手をけしかけるような事をマスコミを使ってやっている。
 参議院選の時、消費税増税は公約だと言いながら、敗北したら責任もけじめをつけない政治家が国民に対してクリーンな政治家なのか!国民の思いを次々と踏みつぶす菅のどこがクリーンな政治家なのか!蓮舫はよほど菅から甘いご褒美をもらっているに違いない。消費税増税・法人税減税をはじめとして次から次へと国民と約束した09衆議院マニフェストをないがしろにする菅のどこがクリーンなのか 偉そうに菅を持ち上げる太鼓持ちをしている蓮舫よ きちんと説明しなさい! 

自分に有利だとうそぶいて
方向を持っていく、反小沢の民主幹部は腐っています。
マスゴミ・検察などで流れを作ると国民は騙せると思っていること自体、国民を馬鹿にして政治を行っているので、一緒に組む必要がないです。

東大法学部、官僚の一部を打破しない限りは、中小企業はなくなるし、派遣で身分が決まってしまう可能性が高く、少し前のように高校卒業などの学歴ない方がのし上げる可能性が低くなります。

格差がはっきりついて、格差を乗り越えられない社会構造が完成するのは真近になっているように思えます。

何より、人間として嘘をついて大衆を騙す反小沢の連中が嫌いですわ。

多勢に無勢ではありますが、

鳩山前代表、小沢前幹事長のご両人は4年間をかけて実りある改革を実行する責任を負いました。しかし、お二人の「不徳の致すところ」で3ヶ月前に職務を投げ出しました。
このことに罪はないのでしょうね、両グループ、力を合わせて「今度はちゃんとやります」と軽井沢にて気勢を上げる始末。反省の色なし。

挙党一致は、自分が協力することなしでは言葉遊びに過ぎない。

私は、仙石さんや岡田さんが、わざわざ「カネと政治」の問題を持ち出して、嫌疑がかけられている状況での選挙への立候補は、野党からの攻撃も十分理解できると、敢えて、他党からの批判を煽り、強いてはマスコミに油を注ぐ発言は卑しさを通り越して、身なりは整っているが下司以外の何ものでもないのではと実感します。

経済、政治関係における検察の動向は恣意的な要素が大きく、ストーリーによる冤罪が多発しており、今回の小沢さんの問題においても郷原さんを始め心ある人々から同様の可能性が指摘されていることは周知の事実で、こうしたものがねじ曲げられて「政治とカネ」の枕詞だけが一人歩きしていることは同胞の議員なら全てが知っていることでしょう。

敢えてこうしたものには目を閉じて、あろう事か、枕詞をタテに野党やマスコミに立候補断念の圧力をかけろとの仕草は卑怯窮まりない輩ではとつくづく思う。

仙石さん弁護士として小沢さんへの検察の容疑は妥当と言えるのか見解を出すべきだ。

岡田さん、外務大臣としての基地問題におけるアメリカとの折衝で始めから腰の引けた姿には、国内において連理主義者と言われた面影は微塵もなく、そこには這い蹲る官僚のような姿があるばかりではなかったか。

こうした両人によって、こともあろうか、身内から定かではない「政治とカネ」を煽る言葉が腸を抉るように発せられる現況では、彼らが内閣に留まることは、この国が奈落の底へ落ちることと同義語だと思う。小沢さんはこうしたことを避けるためにも断固として立つべきでしょう。

xtc4241 | 2010年8月20日 16:12様

問題は菅総理の消費税発言だけではありません。とにかく、力量のない菅総理、仙石官房長官、枝野幹事長体制では官僚側にすり寄らない限り、政権を維持出来ないということではないでしょうか。この体たらくの調子で3年間はいくら何でもとなります。

例えば、財務省主導で公務員改革が進められ、菅内閣の6月の閣議決定は主権国民の意向を骨抜きにしてしまいました。問題の天下りをはじめ、公務員改革は政治主導で出来ないことを早速、証明してくれました。
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=95399

その他、厚生省、国交省、外務省、防衛省、法務省、経産省、環境省等々、とても菅内閣は政治主導で主権国民の意向を反映させた政策を進めているとは思えません。

参議院惨敗を見れば、直近の民意は民主党菅選挙管理内閣は早々にご退場願いたいと言っているわけです。

蓮法大臣や岡田大臣がメディア扇動情報を利用しての牽制発言は笑えてきます。小沢氏の「政治と金」問題は獣道の自民党と米国隷属の検察官僚との癒着により、仕組まれた、謀略そのものであり、メディアがウソも100回で真実とばかりに煽りたて、国民を洗脳してきたわけです。大臣、民主党議員まで、洗脳されては救いようがありません。このままでは日本丸は漂流するしかなくなる。

民主党の発足理念はよくても、その実現に魑魅魍魎の霞ヶ関守旧官僚権力を立法府のコントロール下に置くには相当な力量、胆力が政治家に要請される。残念ながら菅総理以下、菅内閣の実態を見れば言わずもがなでしょう。

蓮舫議員の最近の発言、びっくりしている。
女性としてかなり思慮深く賢い女性であると期待していたのであるが、まことに残念な発言がおおくなった。
事業仕分けで注目され、参院選で多くの票を獲得し、行革大臣になって、舞い上がっているところに、菅おろしが勢いを増しているので、われを忘れてしまったようである。
事業仕分けなど、財務省のお膳立てに乗って、持ち前のキャラが際立った程度のことである。マスコミをうまく利用した程度のこと、政治家としての本質が発揮されている訳ではない。
小沢氏に対して、代表選にでて菅氏に取って代わろうというのであれば、国民の信任がないから、解散総選挙しろ。「政治とお金」でクリアでないのに、出馬はまかりならない。などなど。
大先輩にして、党の政権交代を成し遂げた最大の功労者に対して、投げかけられる言葉であろうか。
情けないことに、大臣に魅せられた無様な姿をさらしてしまった。
今の内閣には、彼女だけではない。千葉大臣、何様だと思っているのだろうか?神奈川県民に落とされた理由を噛みしめるべきだ。神奈川県民に支持されない人間が、150名を超える議員の支持を得ている方に普通ではいえる言葉ではない。間違っても、検察審査会に圧力をかけることのないように、監視する必要がある。選挙に落ちたことは、大変なショックで、人間性を代えてしまうことがあるので、心配している。

蓮舫議員
メンドリ泣いて国滅ぶにならなければ良いのですが。

>「八割の愚民」というフレーズは見たくない。

正しくは「八割方の愚民」です。

事態は耳障りの良い言葉を選んでいるような場合ではないとも思いますが、お気持ちは理解できます。「八割方の民」とでも言い換えますが、この国の立ち直りを妨げているのは他ならぬここの皆さんであることは厳然たる事実であります。とにかく、ここが何とか成れば、取り敢えずこの国は正しい方向を向くことは間違いありません。

相手方への罵詈雑言が品性を欠くというご指摘には同意しますが、我慢がならないという気持ちが激しく伝わってくるということも又事実。ここに登場してくる全ての人たちがそうであるかは別にして、元来は人格者であると思いますよ。今日の国家の惨状を傍観して紳士ぶっている人たちとどうよ、と問われれば迷い無く前者を支持します。ただ、もう十分論ってきたでしょうから、今後はどうしてもこういうところで議論を愉しみたいのであれば、もう少し建設的なものへシフトしないと不味いでしょうね。このままでは結果として「八割方の民」と何ら変わらないということになってしまう。

今日も「八割方の皆さん」とのバトルが始まります!!
つくづく手強いですわ・・


森田実氏によると15日に軽井沢で菅総理と鳩山氏が極秘で会い鳩山氏が挙党一致を訴えた平和条約を出したのに菅氏が突っぱねたそうな。
こうなった以上、やるしかない。
しかし、民主党はおかしな党だ20人の推薦人があれば誰でも出るのは自由であり妨害する権利はない。
しかも、みんなの党の渡辺代表は「民主党の権力構造は小沢氏なしになりえない、ぜひ出馬すべき裏で闇将軍する方が駄目」と歓迎し国新の下地幹事長も複数候補でやるべきと出馬を歓迎、社民党も又市氏が歓迎の意向を示し小沢氏が選ばれたら連立復帰を模索している。
野党ですらこれなのに与党の党内で牽制って?
そりゃあ、菅氏の支持派は一番の脅威は小沢氏の出馬であったから必死なのはわかるが大人気ない。

em5467-2こと恵美 さま 2010年8月20日 13:11

<開かれた素晴らしい代表選挙>
このコメントを見てちょっと不安になってきました。
小沢さん、自民党の総裁選挙のような報道に開かれた選挙戦なんて出来るのかな。
菅さんとテレビを通じた論戦をするのかな。

事実上総理を選ぶ選挙は小沢さんの出馬が実現するとして、どんな選挙戦になるのだろうか ?

怒れる老人より | 2010年8月20日 22:58

まさにその通り、わたしと同時投稿だったので、見れなかったのですが、

 レンポー自身、事務所経費に対して、説明責任を果たしたと到底思えません。また、これはやられた可能性が高いですが、レンポー公認秘書の痴漢問題も、説明責任を果たしていません。

 小鳩の辞任、もしくは鳩のフテンマでの迷走で、勝利を確信した
あちら側では、表だけ民主のノーカン政権の樹立および維持の方策を立てる方向に行ったので、レンホー、アライの国費によるセックス関係の購入などの追及が止まったのでしょう。

 弁護士資格を持ったり、高学歴、支援者も含めて裁判沙汰が多い政治家。小沢秘書攻撃に対する
裁判維持できない案件を、民主で攻撃するのではなく、身内の政争の材料に使っていること自体が、
国民は馬鹿ばかりだと思っている証左です。1000も政争野朗。

フテンマもハトの突然のジャッジもまずかったですが、それなりの表にできない理由があり、それも
政治家はわかっているのに、民主の、特に、現執行部は駄目です。
民主の人材は豊富なので、小沢さん、割れても良いです。このまま、ノーカン、1000など、自分の名誉、権力しか頭にないやつらがトップは早く引きずり卸したい。

総裁選の争点!

某新聞は総裁選の争点は「政治と金」と管政権をヨイショするトンチンカンな事を掲載している。オマケに蓮呆も同じような発言をしている。パフォーマンスか自分の大臣ポストを失うのが嫌なのかは知らないが、今は何か大事なのか考えてから発言して欲しい。


総裁選の争点は

1、衆院選挙のマニフェストを実行するか 撤回するか

2、消費税を4年間上げないか  上げるか

3、政治主導か 官僚主導か

2年前のこの時期、
下らないマスゴミは、「民主党は、きちんとした代表選挙を行うべきである」と、連日やかましく、一大キャンペーンを張っていた。
自民党の馬鹿どもも、一緒にはしゃいでいたね。

あれは、一種の「小沢おろし」だったんじゃないだろかいな?

今回は、どうも「代表選挙なんかやってる暇はないだろう」「何人も総理を変えるのはまずいだろう」ってな調子で、どうも代表選はやってはいけないよ~と、仰っているようだ。

ここジャーナルまでが、「菅おろし」だって。
それに同調される方もおられるようで…

ああ、なんじゃろかいな。

マスゴミも、ミニゴミも・・・

少しは、ご自身の後ろを振り返って、ご自身に恥じる事の無い態度を保っていただきたいもんでございますね。

ほんま、幸之助はんもつまらんもん作らはって、わやや。
ついでに、市川はんも、つまらん若い衆を作ってしまいなはったな~

お二方とも、お墓ん中で反省してほしワ。

産経新聞 「われわれはマニフェストをよりよくするため見直しながら一生懸命やっている。それをけしからんとマニフェストを政争の具にする動きがある」
「民主党の前原誠司国土交通相は20日夜、都内のホテルで開いた自らのグループの会合でこう語り、小沢氏らの動きを牽制(けんせい)した。前原氏が「これからも菅首相を支えていこう」と呼びかけると仙谷由人官房長官ら約40人が気勢を上げた。」
前原と小沢氏がくっつく等とのガセネタが流れていましたがこれですっきりします。
小沢氏が出馬する環境が整いつつあります。
今こそ日本一新を。


Kouhukujiさん
それって「罪」なの?
「反省の色なし」って、参議院選挙負けても誰もやめない執行部支持のどの口が言うセリフなのかな?
選挙ってのは勝った方が主導権を持つものなのよ。
勝つためにいろいろ裏で多数派工作を画策することは別にとがめませんが、相手をさも「罪」があるようにマスコミ使って非難するようなやり方が「卑怯だ」と言う認識がないのは、致命的だと思いますよ。

投稿者: tatsuya | 2010年8月21日 09:21氏へ

卑怯を罪悪と認識していない人々へ、あるいは卑怯に感度が落ちている社会において、「卑怯」を錦の旗としても意味が無い。

致命的であるというあなた様の認識は勘違いでしかないでしょう。

投稿者: kouhukuji様 | 2010年8月20日 22:04

投稿ご苦労様です。
小鳩の鳩が辞めたのは政治と金と普天間です。
普天間は鳩だけでなく、岡田、前原、北沢、平野に副総理菅、幹事長小沢の連帯責任です。
小鳩は辞任すれば全員辞任すべきが筋ですよkouhukuji様。
いわば普天間プロジェクトチームで失敗したので、チーム長 鳩の下の3人の部長も解任です。
小鳩は責任を取り辞任して敢えて副社長菅に任したのに部長連中は何の責任もないごとくノーノーとして挙句は元専務現平社員小沢の退社まで画策する始末。
そして菅新社長と内閣・執行部は一番大事な総理として適格かどうかの民意を問うべき参議院選に国民との約束を勝手には破り、官僚に組みして大敗北して会社の自主運営を不可能にしたのである。
心配な管理職、会社員は前社長、前専務に戻ってほしい、それでないと今の新社長では国民は離れ、会社はつぶれると発言しだしたのである。
それでは俺らがもう一度立て直さねばとなるのは当然ではないでしょうかkouhukuji様いかがですか。
おかしいのは普天間の岡田、前原、北沢であり、選挙敗北にも責任を取らない菅、仙石、枝野ではないか。蓮ぽー発言は菅にいうべきで大臣を続けたいというエゴ剥き出し、ただの大臣病である。
前原は前名護市長自民党推薦の島袋氏と会談して利権を渡していると報道されている。
真実ならまさに党紀違反戦犯ではないか。
迷っていた鳩も平野、松野の行動でやっと目覚めたようだし、一時新党を考えていた小沢も今一度民主党でとなりだした。
これで小沢が総理になればマスコミの批判はともかくとしても、馬鹿集団悪餓鬼七奉行の権力失墜で民主党は本当に挙党一致が実現するのでめでたしめでたしである。
kouhukuji様社会の常識で判断しましょう。

次の次まで見透したい・・軸は政界再編

次が小沢さんなら、旧時代の体質(例えば、亀井某)を持った勢力が権力の一部中枢と周辺部分を占めるだろう。権力者の理想や理念が立派であっても取り巻き連中が、国益のための政策群を陰に陽に妨げる、または逆方向の政策を紛れ込ませるだろう。前進と後退が入り混じる。この構図の中では来るべき政界再編(「次の次」)は「悪しきもの」にならざるを得ないだろう。

次が菅さんなら、未熟だが真摯さを持った勢力が集まるだろう。前進を目指す政策は捗捗しくはないし遅々として時にはブレて横道にも入るだろうが、逆方向の動きや後退させる勢力は排除できるだろう。この構図の中では来るべき政界再編は「善きもの」になるかもしれない。

良し悪しは抜きにして、人間の体臭や来歴とはそういうものだと。
何れにせよ低次元の選択だが、現実は致し方ない。
何れにせよ儚い見透しだが、将来への期待が持てるか否かの違いがある。

ただ、小沢総理になると大変ですなあ。
マスコミ・野党・民主党の反主流派がタッグを組んで攻撃を仕掛けてくる。
ここにいる皆さんだけでも、小沢を守れるように頑張りましょうか。

この一年をかけ、小沢総理大臣誕生のためのツユ払いを、鳩山と菅とその仲間たちがやってくれたと思う。
特に菅とその仲間たちが、早くその本性を現してくれたのは、日本の民主主義にとってはラッキーだったと思う。
また、検察、財務省を頂点とする官僚組織、世論誘導をするマスメディアなどなど、この一年でだれが日本の政治にとって必要か、必要でないか、変えていかなければいけないのは何処か、政治を真面目に考える国民は理解したのではないだろうか。
もし小沢総理大臣が誕生したのなら、やることは去年総理大臣になっているより簡単だと思う。いままで見えていなかった敵は、すでに見えているのである。小沢総理には、私たち国民の先頭に立ち、これら内外の敵と対峙していただきたい。そしてできるなら一日も早く次世代のリーダーを育てて欲しい。裏切られる政治はもうコリゴリである。

岡田、蓮舫、前原、仙石諸氏等は現内閣の閣僚であり、菅政権発足時に小沢排除を主導尽力した当人であり、それら諸氏等が菅続投、小沢排除を前提とした発言になるのは、内容はともかくとして、何も不思議な事ではない。
だが、それらが発言している場に問題はないのか。
あくまで行政側として大臣という立場で臨む会見での発言となれば話しは別である。

岡田大臣が検察審査会を、蓮舫大臣が政治と金を、千葉大臣に至っては政治と金問題に国民は納得していないなどと法務を預かる者とも思えぬ発言までする始末。
そもそも政治と金問題に対し法的な問題も含めどこにどのような問題が生じているのかの説明も一切なく、ただただ問題だとする発言は厳に慎むべきであり、三権分立、無罪推定に対する認識の浅さに大臣の器にあらずという他ない。
前原大臣はマニフェストを政争の具とする姿勢を、仙石長官は既に挙党態勢になっているとして、政権運営に対する党側にある批判に対し批判で応酬する姿勢には謙虚さの欠片も感じ取れず、その認識の浅さに大臣の器にあらずという他ない。
それら大臣らのその姑息さその振る舞いに、政治家としての良識もなく何ともさもしい限りである。

さて問題は、その発言を許している内閣総理大臣菅直人そのものであるが、
それよりも、それら大臣が行政の側として会見の場で発言する事を問題として取り上げもせず、放置している小沢グループ側にある。
グループ諸氏は集団で枝野幹事長を幹事長室に訪ね、幹事長として問題の認識はないのか、何故放置しているのか、即座に内閣へクレームを付けるべきであるとして、マスコミを前に先ずは幹事長の認識をただし、追及すべきである。

挙党態勢をうたいながら放置する幹事長の姿勢を追及し、内閣にクレームを付けるなど働き掛けさせる事が出来るのは、小沢さん当事者本人ではなく、グループ諸氏等である。
主戦論には主戦論で臨むべき時期にある事を理解されよ。

中山・松野の鳩山側近の態度はじつに解かり易い。
今や有名無実となった鳩山グループの連中は派閥を事実上持たない小沢の勝手連の一つとなったのだ。
鳩山は自分の価値を高める為に官総理と二度も会って小沢を裏切った一年前の禊をしようとしたのに失敗したのだろう。
求心力維持に汲々する鳩山は見せ掛けの派閥代表に居座るつもりでいるようだ。
軽井沢の一件は側近の最後通達に押し切られたと私は見ている。

官グループも側近と中堅が無役で若手にしてやられて相当来ているという。
マキャベリストの官総理らしく同志の仙石・枝野の言いなりなのだろう。
同じく同志の岡田・レンホーは人倫に外れた発言連呼でポスト維持に必死だ。
今日もマスコミが小沢シンパの動きを逐一報道しネガキャンを張っているがネタ元は議員(公人)なのだから名前を出すべきだ。
どうせ反小沢の連中なのだろう。
記事を注意してみると同じ議員の発言を何度も流用し多数の発言のように見せている事もある。
記事には注意するべきだ。

いい加減、小沢は総理になって徹底した民主主義国家を作ってから引退すべきだろう。
今回は何があっても立候補し政治家の責任をとるべきだ。

しかし小沢は派閥を何故持たないのだろう?(自由党までは純化主義で鉄の軍団を自ら率いていたのだが…)
シンパグループの連合体では心もとないと思うのだが…

>正しくは「八割方の愚民」です。
多分、私もその愚民の一人だと自認します。
何故なら、前の衆院選ではマスコミ挙っての「政権交代」大合唱の中で民主党に投票しながら今回の参院選では、民主党には投票しなかったからです。
まさしく愚民と言えるでしょう。

鳩山内閣が総辞職し、菅さんが代表に選ばれた時は疑問に思うことは多々ありましたが、あまり関心を持ちませんでした。一度は指示しながら、それほど鳩山政権には失望していたからです。
菅内閣の支持率60%強には驚きましたが、1週間後には必ず10%くらいはダウンするだろうし、参院選直前には40%前後になっていても不思議はないと思っていました。
何故なら、愚民は頭は悪いしマスコミの影響も大いに受けるが、生きることに敏感なのです。
テレビに写る表情の変化や言葉の端々から真意を読み取るのです。

今回の参院選で、仮に菅総理が消費税を持ち出さなくても、民主党は50議席を割り込んだことでしょう。
鳩山時代の「政治と金」「普天間」は、それほど愚民を失望させ、顔も見たくない心境にさせたのです。
逆に、党内手続きは知りませんが、菅総理は良くぞ消費税を持ち出したと思ってもいたからです。

政治家は、菅さんであろうが小沢さんであろうが、取り巻きを含めて、無私の人は存在するわけが無く、必ず自分に有利になるような行動をしていると思います。
今回の代表戦は「党規約に基づく選挙」だそうですね。確かに推薦人さえいれば誰が出ても良い。
それでは、鳩山さんが辞任した時の代表戦は一体何だったのか?
もし、ショートリリーフの代表を選んだとすれば、これほど国民をバカにしたことはない。

宜しいですか?鳩山さんを選んだのも菅さんを選んだのも、多数の民主党議員なのです。
信じられますか?
民主党国会議員全員に言えるが、国民を忘れて、内戦をやっている暇があるのだろうか?

現在コメント数95なんですが、わたしの頭が悪いのか、ほとんどのコメントの意味がわかりません。なにか当事者間では了解しあっているみたいなのが、なおさら不思議の国に迷い込んだ気にさせられます。

一番わからないのは「八割方の愚民」とかいう文言で、まさか2割方の選民が8割方の愚民を善導するなんて、中世でも実際はだれも信じちゃいなかった選民思想をいまさら持ち出しているわけじゃないでしょうから、なにかの比喩なんでしょうかね。

2番目は、なぜ小沢前幹事長をそこまで信じられるのか。
菅総理の迷走は見ての通りだから、呆れるのはいたしからないにせよ、じゃあ小沢さんに替わったら何がどうよくなるのか、参議院が野党勢力に握られているのは首相が替わったところで動かないし、小沢さんが格別オバマと近いわけでもない。小沢首相で日本がよくなる理由が、わたしにはまったくわからない。
いくらか踏み込んでいえば、状況はまったく変わらないまま、野党の攻撃材料だけが増える。それでも小沢総理なら、安定した政権運営ができると疑わない根拠はいったい何なのでしょう。

3番目は、けっきょく民主党政権に何を期待しているのかわかりません。
わたしが民主党政権に期待しているのは、政治・政策・行政と国民の距離を縮めることで、鳩山内閣はその志がうかがえた、菅内閣のここまでは目先の彌縫策に追われやや後退、しかし9月以降改めて政治と国民の距離を縮める政策を推進するなら、別にだれが総理でも構わない。直接国民に働きかける政策は、別に特定のだれかでなければできないような政策ではありませんから。

とにかく、生きてるうちに一目小沢総理を見たいというのが、コメントの主旨であるなら、もはや何もいうことなどございませんが。

民主党の次期代表選を前にして 菅続投派と新代表志向派の論議がかまびすしくなって来た。
政策、そして2009年政権交代を実現した際のマニフェストを守るのかそれとも現実に即して(と称して)変えるのか 双方の対立軸を明確にしての選挙で決着を付けてほしい。
その上で新代表のもとで 文字通り挙党一致で政権運営に当たらねば、内外に問題が山積する現状を切り開けないことは誰にでもわかる。

この挙党体制だが、菅氏では期待できないのではないか と思わざるを得ない。

理由1:報道では 菅氏は 「党内から挙党態勢を求める声が出ているが」という記者質問に対し、「政調を復活し、ほぼ全国会議員が参加する場が動き始めている。そういう意味で全員が参加する政権運営、党運営は実現しつつある」と回答したとのこと。
内閣、党の要職ポストのほとんどすべてを 6月に「小沢外し」を支持の条件にした一派で独占し(枝野、仙谷、安住、玄葉、前原、小宮山洋子、野田、岡田ほか数えきれない)たうえで だれでも政調に入れるよ というのでは子供の理屈以下だ。
そいうのを特定の勢力への敵対、ないし排除というのではないか。

鳩山前総理が「挙党態勢が条件」としての菅続投支持を述べられたことがあるが、鳩山さんの求める「挙党」とは まさか こんなものではないだろう。

理由2:仙谷官房長官も 例のおとぼけで 現在も挙党態勢でやっている とうそぶいている。

理由3:菅氏は 6月代表選で「選挙が終わればノーサイド」と明言したのに 今につながる状況を生み出した いわば前科一犯だ。それが前非を悔い改めず、あいかわらず「自己弁護」を続けている。

以上から 仮に(私はそれをまったく望まないが)菅氏が当選すれば民主党はまっ二つ、分裂の恐れすらある。

小沢氏サイドのこのことへの考えは表明されてはいないが、小沢代表時代に 菅、仙谷両氏による一方に遍した今のような人事は見られなかったと認識している。

以上のことを 民主党の議員と党員、サポーターは代表選挙で 「首相をコロコロ代えるべきではない」という俗論よりもっともっと真剣に考えてもらいたい。
それを明言し、確実に実施できる人こそ、次期代表であり、次期総理でなけらばいけないのでないか。

「菅おろし」と恨み言を言う前に、菅氏を支持する方々はこのことを同氏に助言するべきではないか。

馬鹿だなー
そんな民主党が嫌だったら、他の政党に投票すればいいんだよ。
友達にも、他の政党を進めればいいんだよ。
ショートリリーフなんて、とんでもない事をした政党は、今後忌避すればいいだけだろ、民主主義は。
小沢の臭いが強すぎるのが嫌なら、他の小沢臭の無い政党を応援すりゃいいんだよ。
小沢に出て行けったって無理というものさ。
だって、民主党の議員さんは、小沢臭の方が強い人たちの集まりなんだから。(言い過ぎかしら?)


ま、そんな話は置いといて、
菅総理以下閣僚各位は、この2ヶ月間というモノ、日本の景気なんて事には何の興味もなかったんだろうか。
徐々に悪化する景気なんてのは、財務省の役人なんかのレクチャー受けていたって解る筈がない。

しかし、その気で見ていれば、毎日の株式市場だけ見ていたって、ある程度の見当は付いてくる。
市場は、泣いているんだから。
ただ下がるだけじゃない。
上げ下げだけではなく、毎日の出来高を見ていれば、その不安感だけは共有出来ようってもんだ。

どうなるかは、私には解らないが、日本経済は、とてつもなく不安定なところに立っている。
へたすりゃ、失業と自殺の大量生産かもしれないね。

菅総理は、総理大臣なのだろ。
遅きに失してはいるけれど、まだ間に合うよ。
補正に前向きな姿勢を見せるだけでもいいんだけど、自分から勝手にしかけた喧嘩に足を取られて、ホントに馬鹿な総理大臣だ、連中だ。

代表選挙のせいになんかしてほしくないね。
やる気になれば、いつだって出来るんだから。
現在の総理は菅なんだから。

ここにお集まりの方々も、政局より政策だというなら、菅総理は自由にやればいいんだよ。
やらないのは、小沢のせいでも、代表選のせいでもないんだ。
自分がやらないからなんだよね。
やろうとしないからなんだよね。

こんな奴らに、3カ月じゃ短すぎるから、もう少しやらせるのかい?
幼稚園や、小学校じゃないんだぜ。

日本の政局話も、ここ数百年の人類の世界史を紐解く観点から見れば、後世の人間にとっては恐らく点でしかないだろう。
その中で,点でも残せる人間はメッタニ存在するわけではない。
今の日本で、生死をかけて、人類の、小さく問えば、日本人の目指す方向を的確に描けるのは、政治家の中では恐らく小沢一郎しかいないのではないかと、雑多な情報から常日頃感じている。

YKKさんへ
鳩山が止めた際の参議員選挙前の代表選挙も党規に基づいたもので、代表の期間は小澤代表の残り期間です。小澤代表が止めた際の鳩山氏も小澤氏の残りの期間。これを全うできなかったため6月から菅が9月まで代表となっているわけです。全て党規(代表戦選挙定のとおりです。)
 推薦者が国会議員20名以上いれば誰でも代表に立候補できます。それだけです。

YKKさんへ
元々、鳩山代表の9月までの任期の残りを菅氏がやっただけ。
菅氏もそれがわかっていた。
だが、参院選に勝てば長期政権になる可能性があったわけで参院選負けたから仕方が無い。

””民主党の渡部恒三元衆院副議長は21日、テレビ東京の番組に出演し、9月の党代表選で動向が注目されている小沢一郎前幹事長について「たった1人が諸悪の元凶だから、この人がいなくなればすぐ挙党一致できる。””

こんな老害は早々に除名すべきではないでしょうか?

テレビに出まくり、同じ民主党員の小沢氏をここまで言うとは情けない。 マスゴミも大概にして欲しい。もう少し見識ある人間をゲストに迎えたら如何でしょうか?こんな人間を使うテレビ局も次元が同じと見なされますよ。

最近のテレビはお粗末過ぎます。

どんなに精緻に積み上げられた法律でも、千変万化する人間世界の全ての事象に最適解を用意している訳がない。其処では、肝心の目的や考え方(精神)が語られることは少なく、手続きがコト細かく規定されるケースが多い。困ったことに放っておくと、形式的な手続規定が、本来の精神や目的を蔑にして独り歩きする。
例えば卑近な例では、警察には内緒ですが(笑)、真夜中に車が一切通らない赤信号を、私は気兼ねなく当然のこととして渡ります。判断力のある人達は遣っている筈ですが・・。判断力のない人が遣って仕舞うので、時折困ったことになる。

党規然り、全てのルールに然り。
肝心なのは、公正さを基軸として千変万化する状況に応じて、最も適切なものを探し出す想像力と判断力だと確信しています。

全くの余談ですが、この判断は人間にのみ出来る作業だと、ロボットには出来ない、今は。

私も横断歩道を渡るときは右左前後をよく見て、人も車もなければ信号が赤でもわたります。

賞味期限が過ぎていても、臭いと色と味を見て食べたり飲んだりします。余談ですが。

サイダー・ハウス・ルールという映画が好きです。これも余談ですが。


それにしても、小沢さんはものを言わぬ故価値が上がっているように思います。
「国民の生活第一」「国民のため」とかその程度のことしか言っていません。言うは易し、ですね。

普天間、子ども手当て、経済政策、公務員改革etc.etc. なにも言っていません。
なのに小沢先生ならできる、小沢先生にしかできない、と信じ切っているところが、思考停止ですね。

あと、「大先生」「ご高説」「ご高論」とか、どんな位の高いお坊様かと思ってしまいます。(これは機密費配りまくっていた平野元議員に対してですが)
鳩山さんまで小沢一郎「先生」といった日には、びっくりしてしまいました。

民主党の原点に帰るっていうけど、少なくとも私にとって「~先生」は民主党と相いれません。

「3ヶ月しか経っていないのに選挙で自分たちが選んだ首相を変えるのは理解できない」 というきわめてシンプルな一般人の気持ちが理解できないというのは、思考が凝り固まってしまってると思う。

といくらいっても、ここではあまり意味ないのだけど。

投稿者: 匿名さん | 2010年8月21日 18:06
投稿者: 匿名さん | 2010年8月21日 19:06

「八割方の愚民」の一人です。
2人の匿名さんから適切なご説明を頂きました。これほど詳細に民主党の党規約をご存知とは驚きました。ご親切、感謝いたします。

20名の国会議員が推薦すれば、誰でも代表戦に出馬できることは理解しました。自民党も同じだったかな?
世の中の常識がどうであれ、国民の生活がどうであれ、世界情勢がどうであれ、規約を守ることは絶対必要ですよね。理解できないのは、たった3ヶ月前に圧倒的多数で選んだ菅総理に対抗して出ようとする議員の心理です。
参院選で負けたから代表戦をやるとのお言葉ですが、負けた「主たる原因」は何でしたっけ?

更に分からないのは、鳩山さんが軽井沢で研修会を開催し、そこに150人もの国会議員が集まったとの報道です。確か鳩山さんは、一度は引退宣言をしたはずなのに、なお影響力を行使しようとしているような気がしますね。
鳩山さんは「政治と金」の一人であり「考えれば考えるほど・・・」と名言を吐いたはずですよね。
元総理ですから失礼にならないように接するのが普通のはずなのに、そこに支持を求めて駆けつけるとは!軽井沢に集まったのは、愚民ではなく、みな優秀な国会議員ですからね。

八割方の愚民では、とても出来ないことですよ。

>菅内閣のここまでは目先の彌縫策に追われやや後退、しかし9月以降改めて政治と国民の距離を縮める政策を推進するなら、別にだれが総理でも構わない。直接国民に働きかける政策は、別に特定のだれかでなければできないような政策ではありませんから。
投稿者: 本多 | 2010年8月21日 15:43

仰る通りです。
拍手喝采!


>馬鹿だなー
そんな民主党が嫌だったら、他の政党に投票すればいいんだよ


民主党の次期代表選を前にして 菅続投派と新代表志向派の論議がかまびすしくなって来た。
政策、そして2009年政権交代を実現した際のマニフェストを守るのかそれとも現実に即して(と称して)変えるのか 双方の対立軸を明確にしての選挙で決着を付けてほしい。
その上で新代表のもとで 文字通り挙党一致で政権運営に当たらねば、内外に問題が山積する現状を切り開けないことは誰にでもわかる。

この挙党体制だが、菅氏では期待できないのではないか と思わざるを得ない。

理由1:報道では 菅氏は 「党内から挙党態勢を求める声が出ているが」という記者質問に対し、「政調を復活し、ほぼ全国会議員が参加する場が動き始めている。そういう意味で全員が参加する政権運営、党運営は実現しつつある」と回答したとのこと。
内閣、党の要職ポストのほとんどすべてを 6月に「小沢外し」を支持の条件にした一派で独占し(枝野、仙谷、安住、玄葉、前原、小宮山洋子、野田、岡田ほか数えきれない)たうえで だれでも政調に入れるよ というのでは子供の理屈以下だ。
そいうのを特定の勢力への敵対、ないし排除というのではないか。

鳩山前総理が「挙党態勢が条件」としての菅続投支持を述べられたことがあるが、鳩山さんの求める「挙党」とは まさか こんなものではないだろう。

理由2:仙谷官房長官も 例のおとぼけで 現在も挙党態勢でやっている とうそぶいている。

理由3:菅氏は 6月代表選で「選挙が終わればノーサイド」と明言したのに 今につながる状況を生み出した いわば前科一犯だ。それが前非を悔い改めず、あいかわらず「自己弁護」を続けている。

以上から 仮に(私はそれをまったく望まないが)菅氏が当選すれば民主党はまっ二つ、分裂の恐れすらある。

小沢氏サイドのこのことへの考えは表明されてはいないが、小沢代表時代に 菅、仙谷両氏による一方に遍した今のような人事は見られなかったと認識している。

以上のことを 民主党の議員と党員、サポーターは代表選挙で 「首相をコロコロ代えるべきではない」という俗論よりもっともっと真剣に考えてもらいたい。
それを明言し、確実に実施できる人こそ、次期代表であり、次期総理でなけらばいけないのでないか。

「菅おろし」と恨み言を言う前に、菅氏を支持する方々はこのことを同氏に助言するべきではないか。

投稿者: 山城 暢 | 2010年8月21日 17:36

馬鹿だなー
そんな民主党が嫌だったら、他の政党に投票すればいいんだよ。
友達にも、他の政党を進めればいいんだよ。
ショートリリーフなんて、とんでもない事をした政党は、今後忌避すればいいだけだろ、民主主義は。
小沢の臭いが強すぎるのが嫌なら、他の小沢臭の無い政党を応援すりゃいいんだよ。
小沢に出て行けったって無理というものさ。
だって、民主党の議員さんは、小沢臭の方が強い人たちの集まりなんだから。(言い過ぎかしら?)


ま、そんな話は置いといて、
菅総理以下閣僚各位は、この2ヶ月間というモノ、日本の景気なんて事には何の興味もなかったんだろうか。
徐々に悪化する景気なんてのは、財務省の役人なんかのレクチャー受けていたって解る筈がない。

しかし、その気で見ていれば、毎日の株式市場だけ見ていたって、ある程度の見当は付いてくる。
市場は、泣いているんだから。
ただ下がるだけじゃない。
上げ下げだけではなく、毎日の出来高を見ていれば、その不安感だけは共有出来ようってもんだ。

どうなるかは、私には解らないが、日本経済は、とてつもなく不安定なところに立っている。
へたすりゃ、失業と自殺の大量生産かもしれないね。

菅総理は、総理大臣なのだろ。
遅きに失してはいるけれど、まだ間に合うよ。
補正に前向きな姿勢を見せるだけでもいいんだけど、自分から勝手にしかけた喧嘩に足を取られて、ホントに馬鹿な総理大臣だ、連中だ。

代表選挙のせいになんかしてほしくないね。
やる気になれば、いつだって出来るんだから。
現在の総理は菅なんだから。

ここにお集まりの方々も、政局より政策だというなら、菅総理は自由にやればいいんだよ。
やらないのは、小沢のせいでも、代表選のせいでもないんだ。
自分がやらないからなんだよね。
やろうとしないからなんだよね。

こんな奴らに、3カ月じゃ短すぎるから、もう少しやらせるのかい?
幼稚園や、小学校じゃないんだぜ。

投稿者: 元株や | 2010年8月21日 17:38

日本の政局話も、ここ数百年の人類の世界史を紐解く観点から見れば、後世の人間にとっては恐らく点でしかないだろう。
その中で,点でも残せる人間はメッタニ存在するわけではない。
今の日本で、生死をかけて、人類の、小さく問えば、日本人の目指す方向を的確に描けるのは、政治家の中では恐らく小沢一郎しかいないのではないかと、雑多な情報から常日頃感じている。

投稿者: 風船 | 2010年8月21日 18:03

YKKさんへ
鳩山が止めた際の参議員選挙前の代表選挙も党規に基づいたもので、代表の期間は小澤代表の残り期間です。小澤代表が止めた際の鳩山氏も小澤氏の残りの期間。これを全うできなかったため6月から菅が9月まで代表となっているわけです。全て党規(代表戦選挙定のとおりです。)
 推薦者が国会議員20名以上いれば誰でも代表に立候補できます。それだけです。

投稿者: 匿名 | 2010年8月21日 18:06

YKKさんへ
元々、鳩山代表の9月までの任期の残りを菅氏がやっただけ。
菅氏もそれがわかっていた。
だが、参院選に勝てば長期政権になる可能性があったわけで参院選負けたから仕方が無い。

投稿者: 匿名 | 2010年8月21日 19:06

””民主党の渡部恒三元衆院副議長は21日、テレビ東京の番組に出演し、9月の党代表選で動向が注目されている小沢一郎前幹事長について「たった1人が諸悪の元凶だから、この人がいなくなればすぐ挙党一致できる。””

こんな老害は早々に除名すべきではないでしょうか?

テレビに出まくり、同じ民主党員の小沢氏をここまで言うとは情けない。 マスゴミも大概にして欲しい。もう少し見識ある人間をゲストに迎えたら如何でしょうか?こんな人間を使うテレビ局も次元が同じと見なされますよ。

最近のテレビはお粗末過ぎます。

投稿者: 梅光 | 2010年8月21日 20:57

どんなに精緻に積み上げられた法律でも、千変万化する人間世界の全ての事象に最適解を用意している訳がない。其処では、肝心の目的や考え方(精神)が語られることは少なく、手続きがコト細かく規定されるケースが多い。困ったことに放っておくと、形式的な手続規定が、本来の精神や目的を蔑にして独り歩きする。
例えば卑近な例では、警察には内緒ですが(笑)、真夜中に車が一切通らない赤信号を、私は気兼ねなく当然のこととして渡ります。判断力のある人達は遣っている筈ですが・・。判断力のない人が遣って仕舞うので、時折困ったことになる。

党規然り、全てのルールに然り。
肝心なのは、公正さを基軸として千変万化する状況に応じて、最も適切なものを探し出す想像力と判断力だと確信しています。

全くの余談ですが、この判断は人間にのみ出来る作業だと、ロボットには出来ない、今は。


投稿者: (日本人を止めた)無国籍人 | 2010年8月21日 21:04

私も横断歩道を渡るときは右左前後をよく見て、人も車もなければ信号が赤でもわたります。

賞味期限が過ぎていても、臭いと色と味を見て食べたり飲んだりします。余談ですが。

サイダー・ハウス・ルールという映画が好きです。これも余談ですが。


それにしても、小沢さんはものを言わぬ故価値が上がっているように思います。
「国民の生活第一」「国民のため」とかその程度のことしか言っていません。言うは易し、ですね。

普天間、子ども手当て、経済政策、公務員改革etc.etc. なにも言っていません。
なのに小沢先生ならできる、小沢先生にしかできない、と信じ切っているところが、思考停止ですね。

あと、「大先生」「ご高説」「ご高論」とか、どんな位の高いお坊様かと思ってしまいます。(これは機密費配りまくっていた平野元議員に対してですが)
鳩山さんまで小沢一郎「先生」といった日には、びっくりしてしまいました。

民主党の原点に帰るっていうけど、少なくとも私にとって「~先生」は民主党と相いれません。

「3ヶ月しか経っていないのに選挙で自分たちが選んだ首相を変えるのは理解できない」 というきわめてシンプルな一般人の気持ちが理解できないというのは、思考が凝り固まってしまってると思う。

といくらいっても、ここではあまり意味ないのだけど。

投稿者: gatos | 2010年8月21日 22:41

投稿者: 匿名さん | 2010年8月21日 18:06
投稿者: 匿名さん | 2010年8月21日 19:06
小沢に出て行けったって無理というものさ。
だって、民主党の議員さんは、小沢臭の方が強い人たちの集まりなんだから。(言い過ぎかしら?)


「八割方の愚民」の一人です。
2人の匿名さんから適切なご説明を頂きました。これほど詳細に民主党の党規約をご存知とは驚きました。ご親切、感謝いたします。

20名の国会議員が推薦すれば、誰でも代表戦に出馬できることは理解しました。自民党も同じだったかな?
世の中の常識がどうであれ、国民の生活がどうであれ、世界情勢がどうであれ、規約を守ることは絶対必要ですよね。理解できないのは、たった3ヶ月前に圧倒的多数で選んだ菅総理に対抗して出ようとする議員の心理です。
参院選で負けたから代表戦をやるとのお言葉ですが、負けた「主たる原因」は何でしたっけ?

更に分からないのは、鳩山さんが軽井沢で研修会を開催し、そこに150人もの国会議員が集まったとの報道です。確か鳩山さんは、一度は引退宣言をしたはずなのに、なお影響力を行使しようとしているような気がしますね。
鳩山さんは「政治と金」の一人であり「考えれば考えるほど・・・」と名言を吐いたはずですよね。
元総理ですから失礼にならないように接するのが普通のはずなのに、そこに支持を求めて駆けつけるとは!軽井沢に集まったのは、愚民ではなく、みな優秀な国会議員ですからね。

八割方の愚民では、とても出来ないことですよ。

投稿者: YKK | 2010年8月21日 23:47


コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)


※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。
例えば卑近な例では、警察には内緒ですが(笑)、真夜中に車が一切通らない赤信号を、私は気兼ねなく当然のこととして渡ります。判断力のある人達は遣っている筈ですが・・。判断力のない人が

すみません。間違ってクリックしてしまいました。

本田さんと、元株やさんの投稿に痛く感激してしまいました。(酔つぱらっているせいかな?)

今日は、大阪のNHKホールで、小椋佳のコンサートに行っていたので、少し情緒的になっています。

編集部さま。
コピーばっかりの長い文章を削除してください。

ちなみに本田さんに感激したのは、下記の部分です。

>菅内閣のここまでは目先の彌縫策に追われやや後退、しかし9月以降改めて政治と国民の距離を縮める政策を推進するなら、別にだれが総理でも構わない。直接国民に働きかける政策は、別に特定のだれかでなければできないような政策ではありませんから。

もと株やさんに共感したのは、次の部分です。

>馬鹿だなー
そんな民主党が嫌だったら、他の政党に投票すればいいんだよ。
友達にも、他の政党を進めればいいんだよ。
ショートリリーフなんて、とんでもない事をした政党は、今後忌避すればいいだけだろ、民主主義は。>

すみません。

本多さんと、もと株やさんの投稿にレスしたのは、引揚老人でした。

過ちては改むるに憚ること勿れ

3ヶ月でも遅い!反省すべきは党内政局の流れで菅を選んだ民主党国会議員。最も反省すべきは閣内で鳩山辞任に追い込みながら同じポストに残り菅を支持し、次や次の次を狙うさもしい大臣共。自分のことより国民のことを考えろ!

投稿者: 日の出 | 2010年8月21日 13:17さま
お説に同意します。
敵・味方が明確になって小沢氏出馬の環境が整ってきましたね。
小沢氏には政策論争で代表選を闘って欲しいと願っています。
同時に政治と金の問題についての検察との事情聴取のやりとりもオープンにする事を期待しています。
今度の代表選は党員・党友も参加できますから150票あります。
小沢氏サイドは地道に党員獲得を行ってきました。
私の予想では70%(100票)は小沢さんでしょう。
それに対しオリジナル民主を標榜する面々は世論(=風)頼みで日ごろの活動をバカにしていました。
先日の鳩山別荘での集まりを見てもほぼ勝負は決していると思います。
マスコミは得意の世論調査でこの結果を予想していると思います。
それだけに必死で小沢(=悪)を流し続けているのだと思います。
小沢総理で日本一新を。

このTheJournalでの承認制で、「編集部の皆さんの事務が大変になったなあ」とつくづく思いますね。大組織なら兎も角、小さな組織では持続可能性がない。
投稿する側も理由が解らないまま(ルールを逸脱していないと確信できるのに!)数日来待っている。

有料制でも何でも、早く次のステップに移行されることを希望します。
私は、其れまでの間は酔っぱらったりして編集部に余計な負担を掛けないようにしなければ・・。

投稿者: 匿名 | 2010年8月22日 09:00
は横丁の永田です。
失礼しました。

YKK氏へ小沢憎しで感情的になりすぎだ。

>理解できないのは、たった3ヶ月前に圧倒的多数で選んだ菅総理に対抗して出ようとする議員の心理です。

へ?
えっと、以前はマスゴミは無投票再選は非民主主義的だと煽って来たんだよ?
対抗馬立てて戦うのが民主的でしょ?
それに菅氏が選ばれたのは議員投票だけの暫定ね。
今回、無投票にしたら35万人の党員・サポーターに失礼。

小沢さんが代表選に出ると言うことは、小沢さんや小沢グループが
菅内閣では国民生活が第一、政治主導、国民との約束を掲げた2009年マニフェストが反故にされるとの判断でしょう。

私も同じ思いで、今の内閣には期待が出来ない。更に選挙で負けたための参議院過半数割れによる、野党多数の足かせが、改革など絶対にさせない状況です。

手づまりの状況を打開するには、まず民主党が挙党一致して乗り切るしかない。その為にも、小沢さんと菅さんとの代表選を行うことが望ましい。

お互いの思っている事を語りあり、全力で戦って負けた場合はしこりも残さず一致団結して衆議院の任期を全うする。

ここで、敢て菅さんは小沢さんの政治と金を問題視して、マスコミ公開で議論して、意かにこれまでの検察とマスコミが冤罪を起こしてきたのかを天下に示す。

小沢さんは、何故菅さんでは駄目なのかを政策面や政治主導とはを問う。

真剣勝負を行う事で、民主党の問題点と抱えている難題が見えてきます。

そして新代表が、どの党と連立して(不本意だが)3年間を切り抜けて改革を断行するのかを見守りたい。

本心を言えば、真の実績を積んでいる小沢さんが代表になって欲しいと信者は思っています。でも、選挙で菅さんが勝ちあがり、代表選挙で言われたことを守る。バックに大物が後押しするのなら・・・

その場合は、信者も菅総理を心から応援いたします。

小沢氏と菅氏が堂々と立候補し、選挙で争うのが筋。
不適格であれば、落選するであろう。
小沢氏の出馬に、ヒステリックに反応する一部の政治家とメディア。
法律違反になるのか?党規違反にでもなるというのか?
そうでないのなら、出馬を阻止することなどできまい。
小沢氏の当然の権利なのだから。

管首相が、民主党代表に選ばれた時から9月に代表戦があるのは決まっていたこと。
[だから暫定であり、議員だけでの選出。投票した議員たちもそれを前提として投票している(はず)当然立候補したお二人も前提が分かって立候補している。知らないかったと言うなららどうしようも無い方、すぐに議員辞職をしてください]


今回の代表選は、議員20名の推薦があれば立候補できる。それだけのこと。

後は何も無い。

支持不支持好き嫌い評価は、個々の方がすればよい、発言しても良いが、資格云々とか、代表が変わればどうこうとか、まだ実績を出せる期間がたっていないとかは、何の関係の無いことで発言すべきでは無いことです。

>旧時代の体質(例えば、亀井某)
視野の狭い亀井嫌いには呆れるしかない。
レッテル張り以外の根拠を述べよ。

>未熟だが真摯さを持った勢力が集まるだろう。
これで一度日本は大失敗をした。
戦前を忘れてはならない。
より大きな流れを把握できないとまた大敗戦となる

高野 様

菅総理が誕生した後の、田原氏との対談で高野さんが、「小沢さんは終わりましたね、もう政治家を辞めた方が良い」みたいな発言をしていましたよね、あの発言には高野氏をずーと尊敬していた人間としては誠に衝撃的でした、一体どうしてしまったのかと耳を疑いましたが、何が高野氏にああ言う発言をさせたのか理解に苦しみます、小沢さんは選挙で選ばれた政治家です、あの発言は本日、渡部恒三様が言われた、小沢く~んも私と一緒に引退云々と 同じレベルですよ、 ガッカリです。

広い視野を持ちなさいさん | 2010年8月23日 00:07

ご反応、有り難うございました。
私は、広い視野だけではなく深い視野時間軸の長い視野を常に心掛けて来ました。また、好き嫌いの感情だけで物事を見る(「考える」ことにはならないの意)ことを避けていて、このTheJournalでも度々書いて戒めてきました。
同じ考えの方からのご反応を喜んでいます。

AA.私にとって、亀井某の側面は最近の政策提案からほんの一例を挙げれば次の通りです。共通する要素は前時代的で旧自民党的な体質、投資誘発効果が少なく限りなく消費に近い巨額税金の使い方。大衆迎合Populismの思考などです。
小沢さんは、Populismは皆無故に正反対ですが、その他の要素は近似なもの(「同じもの」ではない、念の為)を持っておられると。それ故、亀井某の接近(「一体化」ではない、念の為)を許して仕舞う、現実にそうなっている。
1.先の通称金融モラトリアム法原案。Populismが目的なので人気が高いが、方法論が滅茶苦茶。極めて精緻かつ経済合理的に組み立てられている金融システムにPoulismを持ち込むことは滅茶苦茶です。金融システムが再度傷付く処だった。結果は亀井原案は換骨奪胎されて実施された。それでも評価され得るなら、それは狭く浅く短い思考と確信します。

2.亀井流の郵政改革法案。先の西川流民営化に問題が有ったとしても基本路線としての民営化は正しかった。亀井流は其れを逆走し国営ないし官営に戻し、国民の貴重な金融資産を嘗ての財投宜しく政治と行政の懐に入れて毀損するリスクを再注入した。

BB.「戦前」「大敗戦」についても反応させて戴こうと思いましたが、その意味が全く掴めませんので書き様がない。
また、上記に書いたことで既に無意味さと虚しさに苛まれている。

・・・ですので、仮に再度ご反応を戴きましても私からは再度の反応は致しません。悪しからず。

>先の通称金融モラトリアム法原案。
政治は結果である。
未熟な真摯さ、取らぬ狸の皮算用では意味が無い。

>Populismが目的
根拠の無いレッテル張りはやめるよう書いたはずだが。

>基本路線としての民営化は正しかった。
正しかったと述べる根拠の提示が無い。

>再度の反応は致しません。
視野が狭く、根拠のない主張を恥じずに述べる、独りよがりの卑怯者からの反応などなくて結構。

去年の今頃は「平成維新」と大騒ぎ。
今は鳩ポッポはだめだ、菅は無能だと大合唱。
小沢ならOK? ふざけんじゃない!!
小沢も民主党員だろ。

政治家を信用しているあんたらは大馬鹿者だ。
小沢が総理大臣になっても世の中何の変化もない。
良くならない。保証する。
政治家の語る理念など全く信用できない。皆さんも気づいている筈だ。
政治家は一般国民が育てるもの。
たとえ現政権に問題なくても政権交代させる。
これが健全な民主主義だ。正常な感覚だ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.