Calendar

2010年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 郷原信郎:裁判所が検察の訴因変更請求を認めないのはなぜか
メイン
「事業仕分け第2弾後半戦」が始まる! 生中継はこちらから<会場B> »

記者会見の開放に賛成? 会見開放を求める会が前代未聞の"社"論調査を発表

100519_kaihou.jpg

 本誌主宰・高野孟も呼びかけ人の一人に名を連ねている「記者会見・記者室の完全開放を求める会(以下、会見開放を求める会 代表世話人:野中章弘)」は18日、都内で記者会見を開き、報道機関各社に対して実施した記者会見開放に関するアンケートの集計結果を公開した。

 アンケートは全国の新聞社、テレビ局、通信社、計231社に対し、「記者会見と記者室について報道目的・情報発信目的を持つ団体・個人に広く開放すること」に賛同するかどうかを聞いた。

 会見に参加した日隅一雄弁護士は「記者会見・記者室を開放しないということは、産地偽装と一緒です。情報が出てくる部分を隠して報じるメディアを信じていいのか、お金を払っていいのか。今回の結果がメディアを評価する新しい指標になる」とコメントした。

◇   ◇   ◇   ◇

申し入れ先:231社
回答社数:合計55社(回答率 23.8%)
内容
(1)「記者会見への参加、会見での自由な質疑について、報道目的・情報発信目的を持つ団体・個人に広く開放する」ことに、貴社の賛同をいただくこと。
(2)「記者室の自由な利用について、報道目的・情報発信目的を持つ団体・個人に広く開放する」ことに、貴社の賛同をいただくこと。
(3)「取材資料の提供、種々のレクや懇談、裁判取材における記者席確保など、『記者クラブ』加盟社・者が享受している種々の取材機会について、報道目的を持つ団体・個人に同等の機会を保障する」ことに、貴社の賛同をいただくこと。
(4)各記者クラブに所属する貴社の社員に対し、上記(1)(2)(3)の趣旨・意義を周知し、その実現を図るため適切な指示を出していただくこと。
(5)上記の(1)(2)(3)に貴社が賛同したことについて、貴社の媒体にその旨を掲載するなどの方法で、広く読者・市民に周知していただくこと。

全社回答リスト:拡大は「+」マーク、全ページ表示は右端のボタンをクリック

回答リスト(pdfダウンロード用リンク)
http://www.craftbox-jp.com/data/100518kekka.pdf

 会見開放を求める会は今後すべての申し入れ先企業に回答を配布する。いまだに提出していない企業には引き続き回答の催促をする予定だ。

【参考サイト】
・会見開放を求める会ブログ
http://kaikennow.blog110.fc2.com/blog-entry-16.html

・会見発表資料(pdf)
http://www.craftbox-jp.com/data/100518shiryo.pdf

・申し入れ書(pdf 4/19配布済み)
http://www.craftbox-jp.com/data/100518mousi.pdf

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6949

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 記者会見の開放に賛成? 会見開放を求める会が前代未聞の"社"論調査を発表:

» 近所 人妻 郡元 送信元 鹿児島のセフレ
出会い系サイトでタダでHをする方法 念のためフリーメールを用意。Yahoo!のメールが無料で登録も簡単。infoseek... [詳しくはこちら]

コメント (94)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ヤフーのトップページのニュースよく出てくる会社はそろって回答していないのが笑えますね。

新聞、NHKを含むテレビ等のマスメディアの報道の不信感が日ごとに募る中で、本調査ならびに結果が公開されたことを先ずは評価したい。

アンケート結果から、各報道機関が購読市民あるいは視聴市民に向けて、一体、いかなる立ち位置で記事を流しているかが一目瞭然である。

「回答無し」などというあるまじき報道機関も存在している。報道の見識もなく、報道ポリシーさえ国民に公開できないことは、日常の掲載報道記事に、国民に対し後ろめたいことがあることの裏返しであることは明らかである。いかに市民を愚弄しているかが透けて見える。

また、地方の弱小報道機関は資本関係、系列機関への従属性所以の回答無しもあろうが、これもまた大問題だ。ただただ配信記事を垂れ流すという、ジャーナリズムを背負う一報道機関としての存在の是非が問われることになる。

「社」論調査は評価する。加えて、「マスコミと検察」に関する「逆」世論調査もやってみて欲しい。選挙の洗礼を受けることなく世論調査やリークで世論操作をやってる奴らを逆に世論調査に晒して欲しいものである。

沖縄系はみんな回答なしなんだね。県民の置かれた実情をもっと広く訴えたいと思っているのかと思ったが、そうでもないのか。

緊急!!!

昨年3月の小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!

平野貞夫氏爆弾告発【朝日ニュースター】 2010.5.18
     
http://www.youtube.com/watch?v=qWveSoGbLCk

<上記匿名様>
私も当該番組【ニュースの深層】をリアルタイムで視聴していました。
平野貞夫さんの爆弾が炸裂していましたね。テーマは、官邸機密費についてでしたが、明らかに平野貞夫さんは、西松問題での誘爆を狙っていました。
麻生政権は、権力行使をしていたのですね。やはりねぇ~という感想です。それに引替え、鳩山官邸の情けなさには涙が出る。少しは権力を行使したらどうだ!
それより、上杉さんの狼狽ぶりが面白かった「森 英介」さん、反論があれば、ご連絡ください。と、何度も呼びかけていた。

各マスコミの回答から今の東京と地方の実態も良くわかる。
地方主権といいながら、資本関係で東京に抑えられて、発言権や思考能力すらなく、意欲も全くない。わずかに日本一の工業地帯としての愛知は元気である。
戦前はジャーナリストの首都大阪は完全に死んでいる。
今や大阪には反骨心も気概も意欲もない。
特にマスコミはひどい。ローカル放送でさえ、東京の三流芸能人や評論家をゲストに迎え、あがめたてまつる始末、自局でスターを育成しようとする意欲は微塵もない。福岡の方が意欲的である。
全てに中央集権が進み、日本全体が活力をなくしている姿が見て取れる。右向け右の社会である。

さて形だけで記者会見オープン化に遅まきながら踏み切った鳩山総理だが、その後普天間という大事な問題を進めているにも関わらず、記者会見を行わず、定例化もしていない。
全くの中途半端、情けない総理である。
高野様もご苦労様である。

本稿と関係ないが、上杉氏司会の朝日ニュースターで平野氏が昨日爆弾発言、小沢西松事件は森法務大臣の指揮権発動と発言している。
真実かどうか。
仮に真実ならそんなことが許されるのか。
森法務大臣に説明責任ありである。
ジャーナリスト各氏の調査を臨む。内閣の調査も求めたい。
小沢氏に関しては検察の不起訴との情報も流れているが、あれだけの大量のマスコミの黒情報ではなかなか復権しまい。きちんした対応が望まれる。

麻生政権時代の森法務大臣が指揮権を発動したとの情報ですが、現政権がきちと法務当局に指示して真相を明らかにすべきです。
この事すら出来ないようなら、民主党政権の将来は暗いですね。
旧体制の残党にやられっぱなしです。
しっかりしろ、鳩山総理。

読売新聞を読まなくて、朝一番に読むのがジャーナルや岩上さんなどのツイッターやブログ・動画です。夕刊も日刊ゲンダイを読んでいるので読売新聞は買っていても読んでいません。両親がPCをそないに使えないから新聞を読んでいるだけで私は大手新聞の購読はやめたいと思っています。せいぜいこれらの新聞でお世話になっているのが懸賞のコーナーぐらいです。月額4000円の元を取るには月に一回でも懸賞を当てることに必死になっています。それぐらいの価値しか読売新聞にはないと思います。ちなみにスポーツ報知もセットできますがこれは読んでいます。でも、ほとんど無料でもらえます。まぁ、押し紙で余っていると思うのですが・・・年間に2回ぐらいしかスポーツ報知の購読料は払っていません。

まいど馬鹿馬鹿しい話だが

平野氏の爆弾発言に「国会召還」しろと民主党が唱えれば
今度は千葉のババが、指揮権発動して
事実無根と封じ込める、それに馬鹿奉行達が平野氏の発言はデタラメだとマスゴミとともに封殺にかかる。

まるで「落語」でしかない。

WL1の風 様| 2010年5月19日 13:26

残念ですが、なるほどです。
小沢クーデターでやはり内閣改造しかないでしょう。
6月にはやってもらいたい。
鳩山・平野クーデーターで政権交代した民主党から自民党に変わっていたのだ、選挙前の民主党に戻すべきである。
できるなら西松事件以前の民主党に戻すべきであろう。
普天間も辺野古沖決着では、ばかばかしいにもほどがある。
今の内閣はトロツキストばかり。

奥野様 お願い

「トロツキスト」に関してはよく調べてから使ってください。

こういう小生の立場も、こころはトロツキストの端くれだと任じておりますので。

鳩山の真贋はまだ情報不足。
平野発言は、結構いい判断材料を提供してくれるテーマだと思います。

本日、韓国政府が哨戒船「天安」沈没調査の正式報告を行います。すでに内示されている限り、予測どおりの結果です。

もし韓国特殊部隊の「突出」があれば、普天間どこの話ではなくなります。米国はなだめるのに必死。中国は北朝鮮利権を確保しようと躍起。韓国は中国のいうことは聞かないから、米国はヒヤヒヤ。

ひとり日本だけは蚊帳の外。
それで「抑止力」なんですかね。

しかし一体、全体、北朝鮮はなんで魚雷なんぞ使ったのか気が知れない。
はやく「間がさしました」とあやまるしかないだろうに。

結局は国策捜査であった事が証明される事でしょう。こんな事は有り得ない、郷原氏にさえ想像出来なかった国策捜査、これは麻生を中心にした国策と言うより、漢字のの読めない麻生らしいボンボンの嫌がらせだったかも。しかしこれ程になるとはと驚いて居るのでしょう。それにしても怒りを知らない民主党議員の結束力の無さは内部で反小沢派と呼ばれる自民党の刺客が居ますからね。しかし、鳩山総理のメッキが剥がれた状況にまた内部抗争が始まるのでしょうか?小沢幹事長のそして石川議員の無罪なんて関係ない様な発言、バカ奉行は社会への発言に対する責任を取らせて辞任要求したらどうなのか?会社で社長に対して有罪扱いして無罪が確定したら、辞任要求されるでしょう。いや自ら辞表出しますよね。

<森英介元法相の証人喚問を>
 平野貞夫氏の「大久保秘書逮捕となった西松事件は森元法相による指揮権発動であった。」との発言は非常に重要です。
 西松事件及び陸山会の土地購入事件等、あきらかに政治家小沢一郎潰しを目的とした特捜による政治テロとの疑いを持ってはいましたが、これが麻生内閣の意志で行われたとすれば、漆間発言も含めて非常に納得がいきます。
 森英介元法相は冤罪を訴え再審請求を求めている死刑囚の死刑執行を行ったり、とてもまともな人物では無いとの印象を持っていましたが、政敵を検察という暴力装置で冤罪逮捕するといった民主政治を破壊するとんでもない悪党とは気がつきませんでした。
 本来なら、ジャーナリズムが真っ先に取り上げるべきでしょうが、官房機密費で篭絡され、記者クラブの中で腐敗・堕落しきった日本のメディアに期待はできません。
 皆でまともな民主党議員や鈴木宗男議員などに国政調査権を行使して、森元法相の指揮権発動疑惑を明らかにしてもらうよう働きかけようではありませんか。

マスメディアの誤報・虚報・偏向報道は酷すぎる。

極端な例を以下に示します。

永田町異聞
5月17日「これでいいのか石川議員手帳メモ誤報の後始末」
http://ameblo.jp/aratakyo/

マイニュースジャパン
「嘘は大きく、訂正は小さく」日経・読売の検察リーク虚報問題で購読打ち切りました
http://www.mynewsjapan.com/reports/1245

一市民が斬る!!
http://civilopinions.main.jp/

もういい加減にしてほしい。

マスメディアの誤報・虚報・偏向報道は酷すぎる。

その典型例がこれ。

永田町異聞
5月17日「これでいいのか石川議員手帳メモ誤報の後始末」
http://ameblo.jp/aratakyo/

マイニュースジャパン
「嘘は大きく、訂正は小さく」日経・読売の検察リーク虚報問題で購読打ち切りました

「一市民が斬る!!」
http://civilopinions.main.jp/

もういい加減にしてほしい。

ニュースの深層、今朝の再放送で見ました。


「政治とカネ」を声高に叫びながら、「マスコミとカネ」にどっぷりと浸かったおぞましさ。

官房機密費の毒饅頭を喰らい続けた大手マスコミとジャーナリスト、その腐りきった体質は、自浄作用などもはや期待できるはずも無く、自ら朽ち果てるのを辛抱強く待つしかないのでしょうか?


アンケート結果を拝見しました。
記者会見の開放については賛否両論あるようですが、記者室開放については、賛同的な意見が多いのが面白いですね。
経費が税金で賄われていることに対する後ろめたさがあるのかと思われます。

本丸である記者会見開放の前に、まずは記者室開放を熱心に迫ってみてはどうでしょう?
クラブ側とフリーの記者の交流が進むだけでも、面白い結果が期待できそうです。

外堀が埋まれば、落とすのは時間の問題?


番組の最後に平野貞夫さんがおっしゃっていましたが、河村前官房長官の2億5千万円の横領疑惑も、国会議員が開示請求すれば、公開する義務があるんだそうですね。でも、誰も声を上げません。

そりゃ、民主党内にも毒饅頭を喰らい続けた連中はたくさんいるんでしょうが、何とかならないものでしょうか。。。

投稿者: WL1の風 | 2010年5月19日 14:24 さん


>しかし一体、全体、北朝鮮はなんで魚雷なんぞ使ったのか気が知れない。

「アメリカ陰謀説」なんてものもあるようですが、笑い話で済ませてはいけないと思います。

アメリカはチャンスさえあれば、北朝鮮なんか潰してしまいたいでしょう。
北朝鮮が韓国を攻撃すれば、攻め込む口実ができます。

普天間問題で揺れる日本に対しても、北朝鮮の脅威が存在することを効果的にアピールすることができます。


中国も、隙さえあれば、北朝鮮に進駐したいのではないかと思います。

金正日の訪中の目的は、アメリカの標的とされたことに対抗するための、中国への命乞いでは?

WL1の風さん

哨戒船「天安」沈没事件に関しては, このブログのどこかのサイトで, 田中 宇氏の国際ニュース解説 会員版(田中宇プラス) を紹介しましたが, 読みませんでしたか。 この事件は, アメリカの核ミサイル搭載の原子力潜水艦との同士討ちであり, その潜水艦は現場に沈没していて, それに付随するニュースは禁止されている, という内容です。 調べてみてください。 私は原文は削除してしまいました。

ネットメディアや週刊誌にそこまでの信用性があるかどうかでしょう
「ぶらさがり」取材ですら嫌がる鳩山が、オープンな場ならコントロールできるとでも思っているのでしょうか?
責任の所在が既存メディアとネットメディアの違いでしょう。誤報を垂れ流しておいて、誰が責任とるのか、と
責任と信頼は表裏一体。「週刊ゲンダイ」が一番信用できる?w
どこのカルトだ、お前ら
次に民主に投票しようなんて無党派層はいないと知れ

良心派さま

私もその話は聞き及んでいますが
現時点では検証できませんので
米国説に関しては、判断保留しています。

今回多くの証拠物件が写真で提示されますので、少なくとも物証の限りでは
米国潜水艦説は無理な気がします。

逆に、今回の水中爆発の技術などの点では、不可解なことが残っているのも事実です。もし偶発的だとしても、哨戒船の真下で爆発をセットする米国潜水艦の意図もわかりません。

またもし米国説が事実であれば、ロシアの情報網に引っかかるはずですので、田中氏の説がホントかどうかは、様子見です。

北朝鮮にせよ、米国陰謀説にせよ
どこまでホントかどうかは状況証拠と
関係者の形相で判断するのが妥当でしょう。

 記者会見の主催者はどちらでしょうか。
 記者クラブ主催なのです。回答にもそれが現れています。(主催者が判断すると)
 そもそも官公庁の施設の中に記者クラブ専用の部屋があり様々な便宜を税金から受けていることについては頬かむり、酷い回答は更に部屋を広くとか甘えもいい加減にして欲しい。
 会見の主催は官庁の広報担当部とし、会見日時を定例化する。日例会見、週例会見、月例会見及び特別会見とし特別会見は重要事案発生の都度メディアと協議のうえ決定する。
 会見参加者は各社1名を原則とし事前登録制とし個人で記者登録を申請する。事前登録で許可された記者は何時でも会見参加可能とする。電子認証システムを活用し会見時の不祥事防止を徹底する。
 なお記者室等の便宜供与は一切廃止し、官の資材を使用する場合は料金を徴収する。

マスゴミの問題を、真剣に考える事は結構なことかもしれない。
マスゴミは、いつまでたっても「政治と金」ばかり。
国の行く末を考えることなど、どこ吹く風。
テメーらの生活さえ何とかなってりゃ、それでいいのだろう。
それが崩れそうになる時だけ、本当に国の形を考えることになるのかもしれない。

それを批判する方々は立派かもしれないが、金融庁・財務相・日銀あたりを取材に行った方がいいんじゃないだろうか。
ついでに、ユーロと欧州連合、そして日本の金融情勢についての取材でもしてみたらどうだろう。
日本国としての向きあい方、対応を迫らなくてはいけないのではないだろうか。

08年も、89年も、いつでもそうだが、世界で何が起きているのか。
そんな事は、なにも面白くない事だろうか。
後追いだけやって、大騒ぎをして、「世も末だ」と、嘆いていればよいのだろうか。
どうせ後になってから、「政府は何も対応しない」とか、「政府の対応は甘い」とかやるのだろう。
昨日までの借金の増大を憂えて騒いでいた事を忘れて、もっと金を使えとやるのだろう。
田中ナントか氏はバブルの郷愁に浸っているし、財部に至ってはスマートフォンにはまっているらしい。

何も無ければいいけれど、毎年3万人の自殺者が、もっと増えることになるかもしれない。

WL1の風 さん

了解しました。 [哨戒船 「天安」 沈没事件]  で検索すると, 出てきますね。 「米軍のヘリコプターが米兵の遺体とみられる物体を運び去る映像を, 韓国のKBSテレビが4月7日に報じている。 KBSテレビは公共放送で,  韓国のマスコミで最も権威がある」 などと書かれると, ほんとかな, とつい思ってしまいますね。 日本人妻のタイ人の女性が近所に住んでいて, 「デモの死者の数に関するタイのテレビニュースは, 信用できない」 と語っていましたが, どこもかしこもデマだらけで, 人生は嘘っぱちの中で始まって, 嘘っぱちの中で終わるんでしょうね。

こと恵美さん

凄く先鋭化してきましたね。

小沢以外全てダメって。

昔の「赤軍派」の論理ですよ。

貴女はこんな政治事態は初めてで

しょうネ。

貴女が惚れてる小沢っていう人物

の実像は貴女が思っているような

者ではない。もっとしたたかです

それが判ったら貴方はゾートと

するでしょう。しかし、その

ゾーが出来るかどうか「堀口さ

ん」も多分「高野さん」も見守っ

ているんですよ。

恵美さん、大丈夫、小沢は勝よ。

鳩さんの「友愛」ってのを馬鹿に

してはいけません。


<M.I.(団塊世代)様>
森英介氏の喚問ですが、私は否定されて終わりの気がします。それより、平野貞夫さんの喚問の方が実利があると思います。
平野貞夫さんが公言されている以上、勝算ありが前提と見立てます。平野貞夫さんは、明らかに森英介氏指揮権発動について、火に油を注ごうとしています。大事にしたいのです。その上で、伝聞情報をクリアすると思います。
平野貞夫喚問で最も困るのは、自民党と検察です。また、平野貞夫氏から攻撃された自民党が喚問に反対もできないでしょう。
<pipi様>
こんばんは。レス有り難うございます。pipi様は、小沢さんと何か関わりがあるのでしょうか?
小沢さんの本質を知れば「ぞう、とする」とは、何かpipi様が、その様な目にあったとしか思えません。
個人名などはいりませんから、お考えの一端、具体的な事象を教えて頂けないでしょうか?
私は、書籍等で描かれている小沢像しか知りません。赤軍派と呼びたければ、それでも結構ですが、小沢=悪の理由を教えて頂けないでしょうか?
また、堀口さんと高野さんのお名前を出されましたが、お二人と知り合いですか?
鳩山友愛を馬鹿にするな、とのご指摘…ですが、どんな実績があるのでしょう。友愛は大好きですが、政治は結果が全てです。
片目をつぶって良く見せよう自分に言い聞かせもしました。頑張って見ましたが、サッパリ良い所が見えません。
pipi様、失礼ですが、民主党のマニフェストは読まれましたか?「中小企業減税」は「大企業減税」に。「高速道路無料化」は「値上げ」に。「干渉退職を止めさせ、公務員は定年まで勤めてもらい、天下り根絶」は「これからも干渉退職はさせ、内閣人事局による天下り容認」に。「チルドレンファースト=子育て支援は月額2.6万円。源資は特別会計と一般会計の総予算を組み替える」が「子供手当を満額支給するなら、消費税をあげる」に。
どこに、約束を守った痕跡があるのですか?
おまけに、鳩山さんが沖縄でサンドバッグになっているその時、担当大臣達は、揃って税金で外遊でした。
その様な大臣を選び、野放しにしたのは他ならぬ鳩山さんです。内閣の人たちや検察に友愛を発揮してもらっても国民は、いい迷惑です。
って、腹が煮え繰り返ってまたまた過激になってしまいました。(反省)
鳩山さんの良い所、愛妻家、漢字が読める。森&麻生総理に比べて、明らかに知的です。
う~んと、他に何かありますかね?

[em5467-2こと恵美] さん

七奉行あたりが反党活動をしたから, と言って, 「総括」 だけはやめてくれ。 民主党から追放, で十分だ。

私が購読している地元紙も回答なしになっていました。とりあえず明日電話で見解を確認してみます。
平野貞夫さんの話は伝聞なんで本当なのか、どうなのか俄には信じ難いのですが平野氏の意気は感じます。
小沢さんの捨石になっても構わないと思っているのでしょう。
頭が下がります。

<良心派様>
レス、有り難うございます。
「総括」な、な、なつかしーーーい(涙)
やめてくださいよ、妙に闘争心が湧いちゃうじゃないですか(笑)

投稿者: em5467-2こと恵美 | 2010年5月19日 22:02さま


>民主党のマニフェストは読まれましたか?「中小企業減税」は「大企業減税」に。「高速道路無料化」は「値上げ」に。「干渉退職を止めさせ、公務員は定年まで勤めてもらい、天下り根絶」は「これからも干渉退職はさせ、内閣人事局による天下り容認」に。「チルドレンファースト=子育て支援は月額2.6万円。源資は特別会計と一般会計の総予算を組み替える」が「子供手当を満額支給するなら、消費税をあげる」に。
どこに、約束を守った痕跡があるのですか?


民主党のマニフェストのキーポイント、
この実現を希望し民主党を支持した人は多いいと思います


そして今論議されている法人税減税、
その税収不足を消費税の増税で賄おうとしています


消費税の負担は法人には無く個人に来ます


中産階級としての個人は、収入のほとんどを消費に回します


個人の負担だけが増加すると消費が細ります


法人が法人税減税により金を貯めこみ(内部留保)、
個人が消費税の増税により消費が細るとお金が流れません


お金が流れなけれが景気は回復しないと思います


マニフェストからの乖離が目立ちます
何の為のマニフェストなのか、、、

自民党時代から続いてきた政権は与党の政治家と官僚の二重構造になっており、官僚が政権実務を牽引してきたといっても過言ではない。自民党時代の閣僚会議に象徴されていた。

民主党に政権交代したからといって、官僚機構の人事が手つかずで、殆ど自民党政権の頃のままでは、どうなるかは言わずもがなであろう。

「日本国の正体」(長谷川幸洋著)の中で、霞ヶ関、永田町取材を通して、新聞記者、論説委員の多くの経験に裏付けられているのであろう、以下の通り、官僚の実態を適格に表現している。一部引用。
「官僚にとって、政権とは「お支えする」対象であると同時に、究極的には「自分たちの既得権益を守るための一時的な枠組み」にすぎないからだ。ときの政権が自分たちの既得権益を守ってくれるのであれば「お支えする」。だが、ひとたび、既得権益を壊すようなそぶりを見せれば、先ず警告を発し、最後の手段としては倒閣すらいとわない。」

すでにメディアは霞ヶ関に取り込まれ、補完勢力となっている。世論誘導などいとも簡単だ。昨年からのメディアによる小沢氏は悪との刷り込み誘導などは卑近な例である。

上記書籍の記載内容は殆ど現実そのものである。偏差値官僚には公僕としての意識など毛頭ない。対米従属を国是として、上位に置き、総理大臣の理念など、二の次となっている。

局長以上の官僚人事を、民主党に対する忠誠を尽くす意志のあるものに全員入れ替える大掃除をしていれば、今頃、こんなに官僚の巻き返し勢力に阻まれることはなかったであろう。財務省しかり、外務省しかり、防衛省しかり、検察庁しかり、国土交通省しかり、、環境省、通産省等々、枚挙にいとまが無い。今からでも遅くはないと思うが鳩山首相はどう考えているのだろう。

政権交代後半年内に国民の意向に沿った政策実現への道筋を明確にしないと国民は背を向けるようになるとは昔からよく言われている鉄則だが。

現在の普天間基地移設問題のゴタゴタも、昔のまま官僚機構が残り、その負の側面が顕在化しているに過ぎない。

選挙による政権交代など、政治家のみの交代に過ぎず、政権実務を担ってきた官僚機構は昔のままである。これでは、国民意向より、官僚の既得権益が重視されるのであり、本当の主権在民の政権交代にはなっていない。官邸の中も同様であり、旧来の官僚意向が優先され、これでは政治が変わりようがない。

結局、次期参議院選挙で民主党が勝利しないかぎり、昔の官僚の既得権益のみが優先され、無駄に税金が使用され、そして財務官僚の狙いである増税へ舵が切られる悪夢の時代がやってこよう。

現在の中央集権体制をガラポンするなりして、思い切った地方主権へ移行させないかぎり、この国はいつまでも主権国民の意向より、国家戦略無き霞ヶ関官僚の既得権益が闊歩する官僚天国が続くことになろう。

本題と関係ないですが、マスコミに踊らされるなということで、
登校させていただきます。

em5467-2こと恵美さんなど、民主支持者に鳩山さんはもうだめだとか、
7奉行を追い出せなどのコメントが最近、増えています。
日本の政治や民主党を案じてのコメントとは思いますが本当に鳩山さんは駄目なのでしょうか?

政権交代は、鳩山、小沢、菅の3人のうち、誰が欠けても達成できませんでした。
小沢さんは奇跡的な選挙術と卓越した理論と与党幹事長経験で民主を支え、
菅さんは薬害エイズ調査で実績を残すことで政権交代の期待を高めた。
鳩山さんは初期民主党のオーナーでパトロン、私財を投じて民主党を作った。
しかも、党内を説き伏せ小沢さんを向かいいれたし、小沢党首時代の幹事長で、
献身的にサポートし、前原が潰しかけた民主を立ち直らせた。
笑われるかもしれませんが、小沢さんを民主党に入れたのは坂本竜馬の薩長同盟仲介と
並べて賞賛されるべきと思っています。

鳩山さんの人事力に疑問というが、民主立ち上げ時に知名度があり、看板になったかもしれない、
武村をあっさり切ったのは鳩山さんだ。何より、今の内閣は自民党と違って順送り人事じゃないから、
元から折込済みの藤井大臣はとも角、それ以外では大臣の交代が一切ない。

普天間問題も迷走していることは事実かもしれないけど、本土メディアが報道しないだけで
沖縄では鳩山さんに好意的な人も多いと聞く。「鳩山がんばれ」であり「どうせできないんだから
辺野古でもよかった」は、ほとんどいないのではないか。
普天間の代替地が辺野古に決まっても地域住民の反対ですんなり、いくわけがない。
グァム移転についてのアメリカの事情もあり、逆転できるチャンスは、まだまだある。

政局はもういい。普天間は5月末までは、日米安保はどうあるべきかと基地の負担をどうするべきか、
駐留無き安保は可能かの議論をすべきであり、平野長官の動きがどうだとかは、2chなど他の
掲示板でいいのでは、ないだろうか。他の議論も前原を変えろでは無く、JALやダムの問題の解決は
どう振舞えばよかったかという方向の議論をしたい。

蛇足ですが、マスコミに踊らされてサッカーの岡田監督をもう駄目だと雰囲気批判をする人が多くて、腹が立ちます。
岡田さんと小野コーチがいなければ、フランスW杯には行けなかったことを前提に批判してほしい。
戦術批判じゃなく、人物批判しているやつは俺がゆるさん。

小生思うに鳩山首相の性格として、人の意見を聞きすぎてダメにされる。県外、海外は彼の本音だと思う、それを、防衛大臣、副大臣、前原、岡田らの意見に封じ込められてしまっているのではと思います。テニアンに行った川内氏の意見も無視、平野官房はじめ上記の閣僚がそれを前向きに考えた形跡が有るのか?マスゴミもこぞって自民党案を推し続ける中、上記閣僚はマスゴミとの繋がりもあり、またアメリカに連休中わざわざ行った前原の得意げな顔、アメリカに載せられて帰って来た後の動きを見て、アメリカから知恵を授かった様だ。鳩山氏が沖縄、徳之島町長と直接会う勇気こそ信じても可笑しくない無いのではないか、小沢幹事長が総理で有ったならこうは行かなかったのでは?まさに鳩山総理の人の良さがこう云う結果を招いている。マスゴミが言いたい放題先行しても文句一つつけない。評価を下げている犯人はマスゴミと上記閣僚達の反総理行動ではないのだろうか。


私の名前が(笑)
<pipiさま、こんにちは>私は「高野さん」と並んで書いて頂くような人間ではありません。ただの一般人です。ただ、小沢さんにゾーっとさせて頂きたいとは、思っていますけれど。本当に何かを変えようとするなら、ソフトクリームじゃやはり限界があると思いますから。歴史の証人として、勝負師小沢さんの真の豪腕をこの目で見てみたいですよ。
< em5467-2こと恵美 さま>
こんにちは。選挙後は小沢さん登場になるのではないでしょうか?このところの、マスコミ報道の嫌らしさといい、バッシングといい目に余るものがあります。ここのツィート窓の時事通信の新卒採用の見送り記事を読んでももう、最後の断末魔に近いかもしれません。考えたら記者クラブは国の法律で定められた労働団体でもないし、営業団体でもないのに、そういう団体が報道を牛耳り独占していること自体どう考えても民主主義社会のあり方として、正しいとは思えません。しかも、このふざけた回答。報道の自由を標榜し、知る権利を標榜するメディアという立場からすれば、あるまじき行為です。こんな連中に「説明責任って言われたかねえよ」って感じです。
官房機密費のことだってそうです。メディア関係者でカミングアウトして謝罪する人すらいません。大人として恥ずかしくないんでしょうか。私は官僚よりメディァの方が、国民という立場に立つぶん数段悪質のように思えてなりません。

[鳩山応援団] 氏の言うように, [「辺野古でもよかった] と言う沖縄県民は,  [ほとんどいないのではないか]  たとえ  [普天間の代替地が辺野古に決まっても]  沖縄県民の反対で, [すんなりいくわけがない。 グァム移転についてのアメリカの事情もあり, 逆転できるチャンスは, まだまだある]  と思われる。  沖縄県民の現地での反対闘争を日本全国民で支援しよう。 13年間杭一本打たせなかった座り込み闘争を, 成田三里塚闘争の再現で, 沖縄にある全大学の学生諸君を中心とした闘争で, 続行し, 辺野古移設を実力で阻止しよう。 辺野古闘争は, 成田三里塚闘争と並んで, 歴史に名を残すだろう。 勿論, 民主党鳩山首相の汚名と共に。

<政治の裏と表>
政治は確かに私たちの側から見れば、国民不在の「権力闘争」という面がある。政権交代で民主党に対する期待が大きかった分一年立っていない段階でも歯がゆさを感じている方も多いだろう。ましてや一方的に敵の攻撃に晒されている現状に私も含めて怒りも感じている人達も多いと思う。政府の政策進行の未熟さも、それも「良し」とすれば、次第に育つ面も出てくると思います。以前小沢一郎代表(当時)の民主党のCMで、あっちこっち叩かれるのがありました。今思うと小沢一郎は現状を見越していたのかとも思えます。実際、凄まじい攻撃を受けているのですから、支持者の心境と致しましても、かなりの痛みを感じています。そしてその攻撃に日々鍛えられ逞しくなってきてもいる訳です。魑魅魍魎の政治の世界、私たちでは想像するしかない実態もあろうかと思う。その中で、政権にしがみ付く執拗さと、失ってからの一連の攻撃は「矢玉」が尽きつつあるのかなと思っています。昨年からの小沢一郎の力を恐れるが余り、真実であればとんでもない「指揮権の発動」から、マスコミ一体の攻撃でも政権は崩壊してはいない。逆に今後の党、政権運営で何を成すべきか鮮明になった。彼らの「御旗」はエセ世論調査なるものだが、話の頭に常にそれを持ち出しても「賞味期限」が過ぎてしまう。「それが何だ」で腰が据わっていればいいのである。政治は確かに有権者が望む「結果責任」である。民主党が掲げたマニフェストは、結果責任を果たすには、困難さも兼ね備えた結果責任である。所謂「粛々」と進まない困難さである。「こう出れば、こう来る」小沢一郎はそれぞれの時点で手は打って来たと思っています。そして目の前の最大の求められている結果は7月の参議院選挙です。毎週飽きもせず垂れ流しの「世論調査」の様に民主党小沢一郎が敗北するとは敵も思ってはいないのだろう。「政治と金」作戦は十分に綻びてしまっていると見ています。私の希望としては、国会終了時点での内閣改造です。これまで戦略として民主党は「のれんに手押し」作戦でした。内閣改造は是までに無いカウンターパンチになると思います。これまで「一つ覚え」の政治と金を追及して来た「勇ましさ」が「とんだピエロ」が如くに惨めさを晒すことになるのです。「弱い犬ほど良く吠える」とは言ったもので、正義面を振りまく奴にろくなものは居ないのです。自ずと化けの皮が剥がれるという事でしょうか。

 韓国軍、哨戒艇撃沈事件。
ここの記事とは無関係なのですが投稿します。
 1)この事件の本質は米韓の軍事挑発に対して体制的危機下にある北独裁体制の危機感を持った反応である。
 2)事実経過としては以下になる。
 >2009、11月、米韓両軍は北朝鮮の体制の崩壊の際する奇襲攻撃計画を策定。
 >2009、2月、米海兵隊司令官、日本防衛省との会合で <沖縄海兵隊は北朝鮮の体制崩壊に際して、同国の核兵器を速やかに撤去する>と報告。
 >2010、3月同作戦計画にもとずく米韓合同軍事演習実施。
哨戒艇、撃沈。
 3)北朝鮮キム他中国訪問
事件を受けて今後の対応を協議したのではないか。
 4)北朝鮮独裁体制の基本動向は体制の維持を内外で追及することであり、そのためには何でもする用意があると、事あるごとに指示すことである。
 韓国、アメリカ、日本、中国、ロシア各当局は軍事冒険に頼るしかない不安定な北の基本動向を抑えた上で、その時々の自国政治軍事に利用している。
 5)従って、今回の韓国軍哨戒艇撃沈は民主党新政権成立による大きな政治方向としての日本の米国離れへの米側の恐怖感、米国の財政危機に対するの資金援助の渇望、韓国政権によるの民主化獲得物の簒奪=全国民労働監獄化
経済発展する対中国牽制、などの要因が絡まって、あくまでも米国主体で画策された戦争挑発である。
 6)米国は軍事的挑発によって自国の覇権を維持し、それを梃子に経済的獲得物を得るしかない。
その場合、北朝鮮、イラン、アフガン、イラクなどの自国の軍事力に圧倒的に劣る標的が必要であり、これらへの軍事挑発、侵略を繰り返すことで、全世界に自国の覇権を維持しようとしている。
 この基本動向の底には米国経済の寄生化、非生産化がある。他国からカネ、モノを流入させるためには、これまでどうりの世界覇権がどうしても必要なのである。
 7)鳩山首相の普天間問題への対応の転換は以上の情勢を踏まえたものであろう。
いろいろ学んだ結果、とは米国の軍事突出への無力さをさらけ出したモノと言えよう。
 時代は新しい世界市場の再編過程に突入し、各地で戦争の危機が経済後退を軍事的突出で糊塗しようとする米国によって高まっていかざるえない。

普天間に新事実?
松田光世氏のツイッターによると辺野古は普天間の代替地ではなく、嘉手納の予備飛行場として絶対必要との米軍の本音が判明して、鳩山総理が県内移転に舵を切ったとのこと。いわば外交密約である。
嘉手納なら抑止力も説明がつくとのこと。

総理は全て自民党・官僚の国民ごまかし外交の尻拭いでマスコミに大批判を浴びている。
嘉手納は国外では最大規模の空軍基地である。沖縄に予備の飛行場がどうしてもいるとのこと。

鳩山は果たして人が良いのか、人が良くて武村を切り、小沢を受け入れるのか、人が良いのでなく、何か大きな計算をしているのである。
父は財務官僚、祖父は疑獄事件と米との対立で失脚、大資本家。

私は小沢ファンで小沢のいないときの民主党の公約を覚えていない。今回のマニフェストは小沢が代表の時作ったもので、鳩山は脱官僚など頭からないのではないか。
これで外務省と米に大きな貸しを作り、安泰という思いではないか。
全てを内密にして、日米合意して沖縄の民意が変わるのを待つ作戦と見る。
こういった総理の官僚との協調路線というか協力路線が民主党支持者としてよいのかどうかが意見が分かれているところで、支持者の大半は脱官僚、官僚の既得権益剥抜を期待したのであるから支持率の低下は当然である。
期待通りの行動を起こすのは前原か、岡田か、管か、仙谷か、枝野か、小沢かと見た場合、小沢しかいないのではという思いである。
私は民主党内を改良派と改革派に分けていたが、今は官僚に協力派と改革・権力剥抜派に分けたい。

もし辺野古沖で決着なら工法いかんに関係なく一兆円、普天間跡地と地元振興策に推定一兆円、徳之島に推定5000億グアム移転費5000億となれば、
自民党より2倍に膨れ上がる。
※自民党時は知事、地元市長の賛成もあり、工費以外は少なくてすんだ。少なくとも賛成派の知事選、市長選勝利のため、相当な振興策が必要。
まさに官僚協力内閣である。

小沢なら米軍との密約を徹底追及して認めなかったのではないか。
当事者の責任を追及したであろう。宮内庁長官を怒鳴りつけた小沢と簡単になめられた鳩山・平野の違いである。
しかし、鳩山は実際は梃子でも動かない信念の人であるから、内実は官僚に心酔しているから簡単に協力すると見る。
官僚に協力的な一見ひ弱な鳩山は国民と沖縄に膨大な付回しをするのではないかと危惧する。
平野貞夫爆弾発言といい、普天間問題といい、民主党は国会で徹底追及すべきだし、ジャーナリストは真相を徹底的にネットで発表してもらいたい。
ついでに河村官房長官の2.5億官房機密費持ち出しも徹底追求してもらいたい。

野中氏の「官房機密費」、三井環氏「検察裏金問題」に続いての、麻生政権「小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった。」!平野発言は、正に爆弾告発といえる。
西松事件については、私も個人の想像として、三・三事件の直後に朝日「声」の欄へ、麻生・漆間=検察(小泉ボス指令)と、実名で投稿したことは前にも書いたが、元大物政治家・政治評論家・著作家としての平野貞夫先生の政界への影響は限りなく重い。ネット情報盛んな現在、この噂(真相!)は、グーグルはじめ様々なプログを通じて全世界を駆け巡るだろう。"悪事千里を走る"と言うではありませんか。昨日から丸一日経つが、大新聞・テレビは、これほどの大スクープを一切報じない。真実は必ず、後世の歴史にキッチリ残るのに。この国のメディアがモノ言わぬとは、実に、不思議な現象である。  小泉内閣の2大悪政であったイラク戦争支持・偽装郵政民営化の、主権者たる国民への検証と、検察一家との癒着構造についても、此の際、国会の場で糾弾しょう。!!!

映児さんのブログに「新聞の特殊指定」のことが解説されてます。
これを読んでマスゴミが民主党政権を恐喝しているのが解りました。

マスコミの「けものみち」ですね。
原口大臣に「クロスオーナーシップ」をもっと進めて「新聞の特殊指定を撤廃」を実現して欲しい。
また、報道のあり方についてどこかのサイトで内橋さんが「新聞社の中で民主主義が守られていないのでないか。」と言っていたけど、組織内で民主主義が無いのだから無理もないか。
押し紙にしても(広告主に対して)詐欺行為ですね。

記者会見の開放も当然だけど、もっと突っ込んで本質に迫って欲しい。

背後にいる連中に新聞やテレビの役割は終わったと思わせるために不買運動を進めましょう。

世に噛む日々
http://eiji008.blog19.fc2.com/

投稿者: 奥野 | 2010年5月20日 10:39 様、

>普天間に新事実?
松田光世氏のツイッターによると辺野古は普天間の代替地ではなく、嘉手納の予備飛行場として絶対必要との米軍の本音が判明して、鳩山総理が県内移転に舵を切ったとのこと。いわば外交密約である。
嘉手納なら抑止力も説明がつくとのこと。<

この話、私は信用はしません。

もし、普天間が嘉手納の予備飛行場として必要だとしても、核持ち込み密約のレベルが違いすぎます。

核密約時は、第三者である毎日新聞の西山氏がすっぱ抜いたんですけど、今度の場合は、当事者のリーク情報の疑いが濃いですね。

普天間が米軍の抑止力があるとの理屈付けするための、困った官僚かCIAが考えた悪知恵でしょう。

こんなことに騙される鳩山氏もだらしないけど、我々国民は、絶対に騙されないようにしたいですね。

[時事ドットコム] によると, 日米両政府は, 普天間基地移設の大枠に関する合意文書で, 辺野古周辺を移設先, と明記するそうだが, その計画の実行を阻むためには, 日本国民が移設阻止実力闘争を展開する反対運動の持続力が必要であり, 成算はその一点に全て懸かっている。 鳩山首相の構想を打ち砕くには, 移設阻止実力闘争しかない。 アメリカの野望も, 移設阻止実力闘争によって, 粉砕できる。 杭一本打たせてはならないのである。

いつまで表題と関係ない話題で議論しているんだ?
記者会見のオープンについての話題はないのか?

さぁ、そろそろ。
へのこに限らず、沖縄及び在日米軍基地全面返還運動に切り替えていいのではないでしょうか。

国民運動は、もはや沖縄だけの問題ではなく、米軍基地そのものの是非が問われる段階を迎えつつある。

そうならなきゃ、安保の問題も抑止力の問題も、みな他人事。

自衛隊もいいかげんコケにされていることを知れ!

[やまかかし] さん。

「記者会見のオープンについての話題はないのか?」 すでに論じ尽くされて, 自明の事であり, 私にはこれ以上ありません。 あなたは何か反対意見でもお持ちなのですか? 

[WL1の風] さん。 

「沖縄及び在日米軍基地全面返還運動」  一般的抽象的過ぎて, 取っ掛かりを作る為には, 喫緊の目の前にある具体的な問題を, 片付けない事には, 一歩も前進しない, と思います。 スローガンとして 「辺野古移設絶対反対」 はいいとして 「鳩山内閣打倒」 を加えますか。 あなたはどうしますか。 60年安保闘争の時のスローガンは 「岸内閣打倒」 でしたし, 現実的には, それぐらいしか可能性はなかったのです。 勿論, ほかにもスローガンはあるにはありましたが, 実現性を信じてはいなかったでしょう。 「やまかかし」 さんもあなたも苛つくほど, 私が辺野古移設阻止実力闘争のコメントを繰り返すのは, この件で, 民主党支持者が離れてしまい, 「日本の政治がどうなろうと, 俺の知った事ではない。 鳩山首相および民主党の馬鹿め」 という事態になりかねないからです。 もうなってますかね。 どうぞご意見をお聞かせください。  

匿名さん

高野さんと対談する, と言った事はありませんよ。 いつも <良心派> で投稿していますから, 調べてみてください。 どうして高野さんと対談しなくてはいけないのですか。 一面識もありません。

>TBSは20日、赤松広隆農林水産相が「口蹄(こうてい)疫発生後の外遊中にゴルフをしていたと複数の民主党幹部が証言した」と複数の番組で報じたことについて、同日昼のニュース番組で「裏付け取材が不十分だった」と謝罪した。

 同社広報部によると、20日未明のCS放送「TBSニュースバード」や、午前の地上波「みのもんたの朝ズバッ!」内のニュースでこのニュースを報じたが、同日午前に赤松農水相が全面否定。農水省側から訂正を求められ、再取材したところ、取材に応じた民主党幹部が「情報は伝聞だった」と述べたという。

 これを受けて昼の「JNNニュース」で、「発言には具体的根拠がなく、裏付け取材が不十分でした。おわびいたします」と謝罪した。<


またTBSだ

古くは、浅原彰晃、オウム真理教に坂本弁護士の情報を教えた。
坂本弁護士は家族もろとも殺害された

不二家のデマ情報を流した
不二家は潰れ他者に買収された


こんなマスゴミ(TBS)は、社会の害悪だ
との声が出る前に自ら身を正せ

「マスコミと金」はどうした


説明責任が有るはずだ


談合組織「記者クラブ」も廃止しろ

堀口さま
ご迷惑おかけしました。しかし、
丸く諌めて頂きまして痛み入ります。さすがですネ。
つい昔の悪い癖が出てしまいまし
て・・。申し訳ありません。
申し訳ないついでに・・
私の小沢考察ですが・・
今までの小沢の検察の対応に関しては、後手後手が否みません。
308議席取った与党幹事長が陥る立場ではありません。
いろいろ考えてみたのですが、
相手が「モンスターペアレント」
思考だからではないでしょうか?
今までの世間一般常識からはとても考え付かない難癖をつけて来る。こっちは常識的に万端整えていても幼稚園児のような論理とはとても言えない「文句」が正々堂々と出てくる。
戸惑いますよ。対応のしようがない。そんなの相手によくここまで、防いできたと思いますヨ。

亀井静香が「悪いのは米国ではない、悪いのは日本だ」と言ったのは言いえて妙だと思います。
言い換えるなら「悪いのは私だ」を心に銘じなければこの状況を
克服できないのでしょう。
まさか、それを亀井に小沢に突きつけられるとは思ってもいませんでしたが・・。私達年代も劣化
してたのですネ。

最後に再度、ご迷惑をかけたことを深くお詫びいたします。


投稿者: 奥野 | 2010年5月20日 10:39 様

>松田光世氏のツイッターによると辺野古は普天間の代替地ではなく、嘉手納の予備飛行場として絶対必要との米軍の本音が判明して、鳩山総理が県内移転に舵を切ったとのこと。いわば外交密約である。嘉手納なら抑止力も説明がつくとのこと。


について、これが本当かどうかは分からないですが、もし本当なら、飛行場という場所が必要なだけで、海兵隊の部隊そのものは、常時駐留不要ということになります。
沖縄に予備飛行場が必要なのであれば、今すでに沖縄にある自衛隊基地でも良いのかもしれません。

マスコミ報道されている辺野古沖はありえないと思います。ここで収まるとは、だれも思わないでしょう。

あと、反小沢と言われる人達が大臣で居続けているのは、閣外で野放しにするより、閣内で仕事させたほうが、政権の安定にとっては、まだマシだ。という考えもあります。

明日は、クリントン国務長官来日です。小沢幹事長の2回目の不起訴も発表されるようです。

やっぱりマスコミ報道では分からないので、結論が鳩山総理から説明されるまで待ちます。

良心派さま

普天間と辺野古移設問題は、住民(国民)の安全をどうするかの問題なのに、「抑止力」や「安全保障」の問題に絡めて、ねじ伏せようとしているのは、どうも旧勢力のみならず、政権内の獅子身中の虫たちやら、もしかすると鳩山自身なのかもしれません。もしそうであれば、普天間問題の解決には「鳩山政権打倒」は目的になりますが、「民主党支持」は不変でしょう。したがって倒閣運動にはなるが、逆の政権交代、つまりは自民党時代を復活させるものではありません。ゆえに、民主党政権自身が、「ねじれ」を起こしていて、ややこしいのです。
 これを打破する為には、ひとまず、参議院での圧倒的多数を、現与党が掌握してから、改めて、「無血革命」の真価を国民に問う必要があるのです。その際、その時こそ、別に米国を排除したり拒否する気はないのですが、改めて沖縄の問題、米軍基地の正当性を「安保」論として、国民的議論として皆で論じられるのではないでしょうか。

その前に沖縄の県民の皆さんや、県議会レベルで、はっきりとした、「米軍基地拒否宣言」を決議することが、かえって、本土の人々にとって、沖縄県民の苦しみを感じられるきっかけになるのではないかと感じています。

天木直人氏の5月20日のブログの普天間問題の内容は看過出来ない問題を提起している。米国の主張は道理が通らぬ。唯々諾々と米国に従う外務官僚では埒が明かぬ。自民党時代に米国との間で結ばれた「グアム移転協定」は実に不条理だ。国民の膨大な税金を移転に使うのであるから、当然、国会で議論しなければならぬ。

引用開始
普天間基地騒動の裏で大手メディアが決して書かないタブーがある。それは何か。

自民党政権の最後の段階で結ばれたいわゆる在沖縄米海兵隊のグアム移転に関する協定(グアム移転協定)のことだ。この協定は、もとをただせば2006年に5月に、引退直前の小泉首相が、まるで置き土産のようにブッシュ大統領と合意した米軍再編に関する日米合意(再編実施のための日米ロードマップ)にその源がある。

すなわち在沖縄米海兵隊をグアムに移転してやる代わりに、その費用の大部分を日本側が負担しろ、しかも普天間基地を返してやる条件として代替施設を辺野古に造れ、と言うものだ。

当時の報道では、グアム移転にともなう日本側の経費負担は全部で約60億ドル。そのうち日本政府が直接財政支援する額が約28億ドルと報じられた。この28億ドルは国民の血税から支払われる。だから国際協定を締結して国会審議を経なければならない。それが2009年2月にクリントン米国務長官と中曽根弘文外相の間で結ばれた「グアム移転協定」である。

およそ歴代の外務大臣の中でも最も外務官僚に従順だった中曽根弘文外相が、政権交代を見越して結ばされた協定だ。まともな国会審議もなく、誰もその内容を知らないうちに出来た。そしてこれに従って日本は毎年血税を米国に払うことになっている。

おかしくないか。

政権が交代し、普天間基地移設も在米沖縄海兵隊のグアム移転も再交渉中なのである。それなのになぜ日本の財政負担だけが何事もなかったかのように粛々と続けられているのか。そもそも2006年の日米合意は、米国がいわゆるパッケージ論を持ち出して、普天間基地を返還するかわりに辺野古に新しい代替施設を造れ、それが出来なければグアム移転もチャラにする、と圧力をかけた合意である。

しかもグアム移転は、米国が自らの米軍再編策の一環として決めた米国の政策である。ところが米国は在沖縄海兵隊の撤退を求める日本の足元を見て悪乗りした。グアム移転の経費負担をしなければ、そして普天間基地の代替施設を造らなければ、パッケージだからグアム移転もチャラだぞ、と脅かした。

鳩山首相は、よく勉強したほうがいい。外務官僚は決して教えないから自分で勉強して気づかなければいけない。

米国と自民党がつくりあげたパッケージ論を逆手にとって、いまこそ普天間基地移設問題が決着するまで、グアム協定の実施を凍結する、財政支払いを停止する、というべきなのだ。

これこそが鳩山首相が最後に切り出す最強の対米交渉カードなのである。

ところが普天間基地をめぐる議論の中で、鳩山首相ばかりが悪者にされている。このグアム移転協定のことなどまったく触れられない。日本は財政負担だけさせられている。しかもその財政負担が、とんでもないものであった事が5月19日付の日刊ゲンダイで明らかにされていた。

すなわちグアム移転協定はその第4条で、米国政府は日本側が提供した資金から生じた利子をグアム移転経費に使用できるとされているというのだ。これはあの沖縄密約からはじまった米金融資本主義の手口だ。米国は日本から金をむしりとるだけではなく、その金を運用して金利までむさぼっているのだ。

日本国民がこの事を知ったらふざけるな、という事になる。そんな遊び金があるくらいなら、利子ともども日本の国民生活に使え、と怒らなければおかしい。もとを質せば日本国民の血税である。

鳩山首相はこの事を国民の前に明らかにすべきだ。こんなふざけた協定が自民党政権下で結ばれていた、と。
普天間基地移設問題どころではない。米軍再編への協力合意も、グアム移転協定も、みな自民党政権が国民に隠して米国と合意したものだ。

政権交代をした鳩山首相は、この機会にはじめから国民の見えるところで再交渉をし直すべきではないのか。
少なくともグアム移転経費の凍結は直ちに行わなければならない。これこそが政権交代による対米外交の真骨頂である。 
引用終
http://www.amakiblog.com/archives/2010/05/20/#001622

pipiさま
ご心配なく。迷惑などかけられていませんから。ところで、どうでしょうね....後手後手というか、反勢力が、こういうとまた、版が荒れるといけないのですが、あまりにレベルが低すぎてやりようがないんじゃないでしょうか?民主党のインテリ議員(?)としては、かまうと男が廃るとでも思ったのでしょうか。同等の人なら相手にも勝負にもなりますが、異業種間競争みたいなもので、碌なダッグも組めない感じです。
でも、もうここまできたら、私なら正面突破しますね。負けてもその方が潔い気がします。国民が理解できないなら、それも国家の民度で致し方ないのでしょう。
刷り込み効果に弱い日本人ですから。そうでなければ、あれほど、コマーシャルで通販や健康食品の宣伝ばかり垂れ流さないでしょう。困ったものです。

28日に日米合意。
普天間の辺野古周辺への移転との情報。
それが本当なら、政権交代後の普天間問題は何だったのか。
別に自民党時代の日米合意で問題はなかったのではないか。
鳩山はなにを考えたのか。
県民も国民も知事も市長も総理の腹案に振り回され、夢を見た人もいたが、現実はなにもなかった。
どう後処理をするのか。
これから沖縄の民意を金で買うのか。沖縄は民意を金で売るまい。
生臭い争いが起きそうだ。
寝た子を起こして何もないから寝よといっても簡単に寝まい。
ばらまきのバラマキか。
それでも民意は金で買えない。

友愛は家族と部下に対しての話。
県民には友愛どころか非情な裏切り。沖縄の落胆が目に浮かぶ。

もう鳩山には絶望である。ここまで国民の期待を裏切った総理も珍しい。全く話にならない。
もう退陣すべきである。
小沢も声を上げて反対すべきである民意踏みにじるも甚だしい。
こんな結果に一票を投じたのではない。
もしマスコミの情報通りなら参議院惨敗だろう。自業自得である。

すみっち通信には別の案もあるが、果たしてどうだろうか。
別の案を発表してほしいが。
わずかだが望みをつないでいる。


小沢氏は不起訴処分になりましたが、旧自民党と検察が謀略した氏の灰色熊であろう世論への刷り込みは成功したようだ。検察審査会の最終の判断はどちらに転んでもこの段階でどうでもよい話である。
謀略を脚色した検察も最悪だが片棒を担いだメディアはさらに最低である。裏を返せばメディアの広報喧伝、情報掌握は侮れないということだ。
政権交代の政治的意義を説明する前に、小沢氏の追放に傾いたのはいかにメディアが既得権益に漬かり切っていたのが分かる。


事業仕分けに登場してくる官僚組織の逃げの説明責任を細かく観察していくと、共通の流れが分かる。ほとんどの組織人がほとんど消極の逃げ口上の説明ばかりである。権益を守ることが仕事の大半であり、職務責任を避け巧妙な組織の権益と安全を第一にしてきたのだから当然の結果でしょう。
長く変わらなかった行政の仕組みに温存されたのは、国民主権ははるか彼方で、ザル法の下で隠れ、繰り返されてきた官僚組織世界の公僕人の肩書きを持つアノヤロウ達・・悪知恵だけが目立つ仕分け作業に登場する公務員像さんです。

<回答率23.8%が物語るものは?>
不肖私が率直に感じるのは、一つには「マスメディアの資本と情報の系列化」…二つには「企業自体の思考停止状態と危機感の欠如」…まぁ、こんなところでしょうか。

新聞・テレビ業界は今、経営的にジリジリと追い詰められたジリ貧状態にあります。その主因は、景気不調による広告出稿量の激減…ってことになってるらしいんですが、実態はそこにはありません。
新聞を購読する世帯は40%を切っています。これを個人に換算すると約20%しか新聞をまともに読んでいないってことになります。“押し紙付の発行部数”というフィクションの化けの皮がすっかり剥されてしまったのです。
テレビの方も同様で“下駄を履かせた”世帯視聴率が、ゴールデンタイムのセットインユース(テレビを点けている)率で50%を切ることが多くなっています。全日に平均すれば、10%を切るという悲惨な(最早商売にならない)状況なのです。
この傾向は「政権交代」とは関係なく、1990年代後半のバブル崩壊後からジリジリと起こってきた現象です。
購読者・視聴者側から言えば、新聞・テレビのコンテンツに魅力を感じなくなったから…スポンサー側から言えば、広告の“費用対効果”が期待値以下に成り下がってしまったから…ってことになります。
勿論、その背景には“ネットメディア”を始めとする多様なツールの登場と進化があったことは紛れもない事実ですが…。

何故、マスメディアがこうした事態に陥ったかと言うと、メディア自体がが本来持っているべき「客観性と批評性」を投げ捨てて、「広告媒体」にのみ特化してしまったからなのです。つまり「チンドン屋~枕芸者路線」に暴走してしまったツケなんだと、不肖私は睨んでいます。
…というわけで、マスメディアの経営者・主幹には、最早「考える能力」なんてありません。ただ只管暴走するしかないのです。お気の毒なのは、有為の能力ある記者や制作スタッフの方々ですが、これも“巡り合わせ”と考えて、潔くお辞めになるか…内部改革の声を上げるか…ご奮闘を心より期待いたします。

<回答率23.8%が物語るものは?> のような, このサイトに適した [hal2001] 氏のコメントは丁寧に読ませていただいております。 場違いなコメントをお許しください。

[WL1の風] 様

ご回答ありがとうございました。 誠にもっともな考えだ, と同感しました。 今朝の 「朝日新聞」 に, 普天閒問題に関して, 「小沢氏, 首相に苦言」 という見出しで, 小沢幹事長が [鳩山首相の 「発信や決断の仕方」 の対応に苦言を呈した] (私的な要約) とあり, 辺野古への移設について, 小沢幹事長は [ 「沖縄の県民感情がある。 (県内移設に) 反対する県民大会もあった。 すんなりいかないだろう」 と地元合意は難しい, との見方を示した]  という記事が載っています。 この記事内容は, 必ずしも事実を歪曲してはいない, と判断しても構わないでしょう。 いずれにしても, まずはあなたが言うように  [沖縄の県民の皆さんや, 県議会レベルで, はっきりとした 「米軍基地拒否宣言」 を決議する]  事に期待しましょう。 

カネに魂を売る評論家達の愚劣さ

戦前戦中の「主義と精神」のために特高警察による獄中死したあまたの諸氏の墓の前に立って、おまえらは、恥ずかしいと思わないのか。小林多喜二にしても、尾崎や福本、滝川事件その他、皆「魂」のために命を掛けて自己の正義を貫いたではないか。我々の世代でさえ「仲間への仁義」のために口を割らずに死を選んだ者がいたというのに、この金のためなら何でもする、卑劣さと愚劣さを恥と思わないのか。世論操作とデマ宣伝に加担するために毒饅頭とわかっていながら、生活のためといって、正当化するという恥の上塗り。本当に、日本の評論家達は腐りきっている。更にそれを追求できない海千山千の政治家たち。まったくもって話にならない。国民を愚弄するのもいいかげんにしろ。

「マンハッタン計画」に不同意の科学者達は「科学者の良心」に従って、ロスアラモス研究所を退職した。私の恩師は、世界有数の核物理学者であったが、原爆の加害者国、米国の学会には頑として一度も出席することはなかった。皆、矜持する魂を売り渡すことなんぞ自己存在の否定として退けてきた。

こういう破廉恥な輩が跋扈し、それに便乗する勢力のなんと非道なことなのか、そんなまともな良識すら失ったゴミどもを、いつまでも言論の世界にノサバラさせていてはならない。

組織人の公務員は生き方をよく訓練習得していると思われる。
組織からはみ出すときっと孤立するのでしょう。
寄生するならば大樹の下、
あえて孤立を選択するほど馬鹿ではないし、甘味のある、変化が無い?厚遇を誰が否定しましょうか。

罪の意識をもつ必要がない、
多かれ少なかれ大多数の組織人が美味く棲み分けているのだから、あえて一人になる必要がないのです。公務員の当たり前の生活者の知恵です。

一気に制度改革は出来るわけがない。少しずつ確実に組織人を剥がしていく、抱き込んでいく、組織からの離反者を少しずつ増やしていく、待遇を落としていく
裏切り者、はみ出し者、内部から告発する者を高給で間引きすればよい。
居座る環境条件を減らせばいいだけの話です。

組織を変えるには正義の裏切り者、高待遇で迎え入れればよい。
その為の政権交代であり官房機密費のkane疑似餌の有効利用です。

今の民主官房にそれが出来る深慮遠謀の戦略家が到底見やたらない。上に厚く下に貧しい にわか仕込みの権力を振りかざす勘違い政策しか見えない。
徳之島の民意を混乱させてアメリカに何を交渉、もの申すのでしょうか。

機密費を取り扱う才覚は良心を持つ悪人を演じきる奇人性格でなければ勤まりそうもない。
担がれ官房に至っては自信の内ポケットにいくらか抜きながら、擦り寄る人々に機密費を無策散財して権力の快感を錯覚しているのでしょう。

毒まんじゅうを食べてたマスコミ・ジャーナリスト諸氏は、申告なんかしてないだろうから、脱税の疑いまでありますね。

まさか、官房機密費からお金をもらったら、それは非課税だなんてこと、ないよね???

投稿者: 良心派 | 2010年5月21日 09:56 様

たしかに、今朝の「朝日新聞」の小沢幹事長の発言記事は、信憑性が高いと思います。 

たぶん、
「発信や決断の仕方がどうだったのか」
「沖縄の県民感情がある。(県内移設に)反対する県民大会もあった。すんなりいかないだろう」
が発言事実で、

>小沢幹事長が [鳩山首相の 「発信や決断の仕方」 の対応に苦言を呈した]

は新聞の解釈だと思います。

小沢幹事長は、誰に向かってこの発言をしたのか?と考えてしまいます。

民主党支持者? 国民? それとも鳩山総理?
これらだと、どれでも深い失望感と憤りにつながります。

でも、アメリカに向かって言ったと思えば、違う解釈もあります。
アメリカに向かって「県内に大きな負担を残すのは無理だ」と駄目押ししてるのかもしれません。

「発信や決断の仕方がどうだったのか」も、苦言という解釈もあるし、「私はよくわからん」という公式スタンスかもしれません。

クリントン国務長官が午後来日します。
会談は非公開かもしれず、まだ全容は明らかにならないかもしれませんが、私は、正式な説明で沖縄の負担軽減がどのようなものになってるか、もう少し待ってみます。

毒まんじゅうってのは、一回喰ったら、早く吐き出すか、飲み込んで、死ぬまで苦しむかどっちしかないですよね。

ちょっと気が緩んで毒まんじゅうに手をだしたマスコミ・ジャーナリスト諸氏はバカですね。

楽して貰ったカネで人生を台無しにし、孫子の代まで、迷惑をかけるなんて、これほど最低の人生はないんじゃないんでしょうか?

役者が違う | 2010年5月21日 10:50 様

確かに現実はあたらずとも遠からずで、そんなところだろうと同意します。

かといって官邸には官房長官以下、とても一国の官邸を引っ張る能力、ましてや仰せの疑似餌の扱いなど到底期待出来る人材もいないということで、ならば、この愁眉を開くためにはを賜りたいものです。

<pipi様>
何を勝手に堀口さんと丸く治めているのですか?
私は赤軍派よばわりされながらも、できるだけ丁寧にお返事を返しました。
誹謗中傷したあげく、あなたは、私の問いかけに一切答えていません。
二度とあなたと議論するつもりはありませんが、よほど神経が鈍いか、理解力のない方とお見受けします。
堀口さんが「小沢さんに、むしろゾウっとさせてもらいたい位、小沢さんの豪腕に期待している」と書かれた皮肉が判らないのでしょうか?
あなたが、勝手に堀口さんに成り代わり鳩山友愛をバカにしたと私を判断した上で、いつか小沢氏の本質を私が知る事をこれまた高野さん、堀口さんが観察している、との妄想を繰り広げたのでしょ。
それに対しての堀口さんの皮肉が判りませんか?

感情的なコメントが増えて来た...

丸川珠代が鳩山総理に野次を飛ばして与党が怒ったらしい。最近、丸川議員って下品になったのか。調子に乗りすぎているのか。よくわからん。

民主党川内議員一行がサイパン・テニアンを訪問した際の北マリアナ・フィッテル知事の声明全文

北マリアナ・フィッテル知事の声明文全文(日本語翻訳)

http://ameblo.jp/kriubist/

引用開始
日本の国会議員との会合におけるベニグノ・フィティアル知事の挨拶
2010年5月8日(土) 午前10時 知事公邸会議室

おはようございます。
北マリアナ諸島の人々を代表して、私と副知事のエロイ・イノスは、皆様を心から歓迎します。北マリアナ諸島連邦にようこそ。サイパンにようこそ。

日本の国会議員の方々、特に、日本の政権与党である民主党の皆様がおいでくださったことをたいへん光栄に思います。わざわざお越しくださってありがとうございます。

本日は、私の弟であるグウアハン知事のフェリックス・カマチョも来てくれています。参加してくれてどうもありがとう。

本題に入る前に、この機会をいただいて、天皇皇后両陛下が、2005年6月に当地を訪問してくださったことは、歴史的な訪問でありまして、北マリアナ諸島連邦を代表して天皇皇后陛下に心から敬意を表します。

両陛下におかれましては、戦争犠牲者の慰霊のために海外を訪問するのは、皇族として初めてであり、また、第二次大戦で犠牲になった韓国人のために、彼らのために作られた慰霊碑を訪間し、慰霊するのもはじめてでありました。

1914年から1944年まで30年間に渡って日本の政治的な家族のメンバーであった我が諸島にとりましては、両陛下の訪問はたいへん光栄なものでした。比較的歴史の浅い我が諸島にとって、日本は、私たちの文化、習慣、伝統に多くの影響を与えてきました。多くの優れた価値観は、今日においてもまだ、残っています。私たちは、いまでも感謝続けています。

普天間の米海兵隊飛行基地からの部隊の予定されている移転に関しては、国際的にもたいへん注目されている間題であることを私たちは理解しています。また、鳩山総理が、この問題を5月末までに解決しようとする個人的な期限を設けていることも理解しています。

この問題の議論の中で、北マリアナ諸島連邦とグアハンが、部隊の移転先の代替地の候補と考えられるようになりました。特に、この議論に参加している政府関係者の何人かは、ある程度の海兵隊員を、米軍が三分の二の土地の借地権を有するテニアン島に移設する可能性に関して、しばしば言及しております。

テニアン島が部隊の移転先となりうるという考えが出てからは、多くの議論が巻き起こり、また、国際的な注目を受けることになりました。

この可能性を予想して、私は、住民の懸念やこの地域において提案されている軍事施設の増大による経済的な影響といった間題に対応するために、北マリアナ諸島連邦軍統合マネジメント会議を設置しました。数ヶ月前には、グアハンと北マリアナ諸島連邦の両方の地域において、環境影響調査を実施しました。

現在、この調査の結果と米国政府と日本政府の決定を待っているのですが、私の政府は、この件に関しては一貫した姿勢を貫いています。

他のアジア太平洋地域の多くの国と同様に、北マリアナ諸島連邦も経済の回復と我々の島と住民のためのより良い発展を望んでいます。米国部隊の将来の移転先となることを考慮するのは、当連邦にとっては、それが経済的にはたいへん大きな機会をもたらしてくれる可能性が非常に高いということです。そして、他の国と同様に、その後にどんな影響を及ぼすかを心配していました。

現場や国際的なレベルでの議論はさておいて、私と副知事は、この基地の問題は、日本と米国の2006年の合意による結果と理解しており、あくまでもその理解を変えるつもりはありません。私が強調したいのは、北マリアナ諸島連邦は、この交渉に一切かかわっていないということです。

このため、私の政府の立場は、軍事基地と訓練所の場所となる考えを受け入れますが、現存する日米合意を尊重して、米国と日本の合意事項に関して干渉することは差し控えたいということを繰り返し申し上げています。

それにもかかわらず、もし、米国政府が北マリアナ諸島連邦に部隊を移転することを支持するなら、私の政府は、この移動を喜んで受け入れますし、社会的、経済的な問題などすべての課題は完全に適切に対処します。

北マリアナ諸島連邦は、日本との関係を重要と思って受け入れてきました。長い間、我々の島は日本人の観光客の中心的な目的地でした。この地域においては、たいへん厳しい状況が続いていますが、私たちは、回復ももうすぐと期待しています。このために、私は、皆様に、日本の市場における私たちの経済基盤を強化するような支援をお願いいたします。私たちは、日本からの観光客、航空会社、投資が増えることを期待しています。皆様方のご支援により、北マリアナ諸島連邦と日本の経済関係が刷新され強化されると確信します。

我が連邦は、日本のあたたかく生命を尊重する精神により救われています。それほど昔ではありませんが、新生児が先天的な心臓病と診断されました。数日後に、手術のためにサンディエゴの病院に連れて行くために飛行機に乗せましたが、途中、名古屋空港で重症の状態になりました。医師団は、その赤ちゃんは飛行を続けるのは無理で、ただちに名古屋で治療を受ける必要があると判断しました。加藤氏の寛大なご支援のお陰で、その赤ちゃんは愛知小児病院で9時間に渡る手術を受けました。その間、加藤氏は、その赤ちゃんの両親の宿泊を世話しました。

日本における6ヶ月間のすばらしい治療で、家族は奇跡の赤ちゃんを連れてサイパンに戻りました。その後、北マリアナ諸島連邦は5人の赤ちゃんを愛知小児病院に送り、全員が無事治療を受けました。

この経験から、患者を日本に送るという住民の健康のための北マリアナ諸島連邦と日本との新たな関係が構築されました。日本での治療費が他国の治療費の三分の一とわかり、より安い費用で質の高い医療を受けることができました。日本の寛大な友人たちのお陰で、北マリアナ諸島連邦の患者は、有名な名古屋市立大学病院でも治療を受けています。この様な機会をいただいたことを心から御礼します。

日本からの多大なご支援に対して、私からは友情をもって皆様を歓迎いたします。もし、民主党から米国政府に対して伝えたい事がありましたら、私たちは、喜んで民主党と米国の仲立ちをしたいと思います。皆様の訪問とご支援を受けましてたいへん光栄です。北マリアナ諸国連邦は、どんなご支援もする所存です。

最後に、今回のご訪問ありがとうございます。どうぞ当地でのご滞在を楽しんでください。ありがとうございました。
引用終

普天間問題と示し合わせたように、タイミングよく日本の脅威を煽る事件(韓国海軍の哨戒艦「天安(チョンアン)」が沈没)が起こるものだ。米国軍産複合体が北朝鮮の仕業(日本に、それみろと威す、今や稚拙過ぎる)と見せかけるためにやったというのが実態ではなかろうか。何でもありが、いつもの、やつらのやり方である。専門家からも実際に北朝鮮が行ったとする説には疑問視する声があがっている。

以下、ライジング・サンの説明が詳しい。
http://ameblo.jp/kriubist/
引用始
世界で起こってきた(起きている)全ての戦争・テロ・紛争は、世界各国にいる支配層や軍需産業・大企業(軍産複合体)による覇権争いや人殺しと破壊によって得られる爆大な利益のために、人為的(共謀して)起こしたものである。 おそらく現在起きている北朝鮮による韓国艦船への魚雷攻撃というのも、ヴェトナム戦争勃発した時と同じような(トンキン湾事件)でっちあげ報道か、もしくは韓国・北朝鮮内にいる米国と内通している者たちによる自作自演だろう。
「サーチナ」によれば
(転載開始)
韓国軍と民間による合同調査団は20日の調査報告結果発表で、韓国海軍の哨戒艦「天安(チョンアン)」が沈没した原因は北朝鮮の魚雷によるものだと断定した。北朝鮮の攻撃と断定した「決定的証拠」は、収集された魚雷に記されていた「一番」のハングル文字。しかし、韓国の専門家らの間からは、すでにこれを疑問視する声があがっている。

韓国メディアによると、調査団は「一番」を決定的証拠としたことについて、魚雷には自国の文字が表記されることや、7年前に収集された北朝鮮の訓練用魚雷に「四号」の表記があり、その表記方法と一致することを理由に挙げた。「一番」表記は推進装置の内部に記されていた。

しかし、韓国の専門家らは、この「一番」表記に疑問を寄せている。専門家によると北朝鮮では順序を表す時、「一番」「二番」よりも「一号」「二号」という方法を用いることが多いという。実際、7年前に収集した北朝鮮に訓練用魚雷にも「四号」の文字が記されており、「一番」表記は見慣れないとしている。

また、文字が刻印されたのではなく、マジックのようなもので書かれていることも、北朝鮮による攻撃の「決定的証拠」とするには信憑性に欠けると指摘。

専門家らは、調査団の発表した「小型潜水艦による攻撃」の可能性にも疑問の目を向けている。調査団の発表が事実であるとするなら、北朝鮮が130トン級の小型潜水艦を使い、130トン級の小型潜水艦には装着不可能なはずの1.7トン重魚雷を装着して韓国軍艦を真っ二つにし、その後、北朝鮮の海軍基地に戻ったということになる。専門家らは、このようなことは理解し難いと述べ、発表内容には納得できない部分が多いと指摘している。
(転載終わり)

また1部では韓国にも知らされずに海中にいた米軍の原子力潜水艦が韓国艦船に魚雷を発射したとも言われている。

また海兵隊の抑止力といっても、戦争や紛争が起こって日本人が巻き込まれて海兵隊が優先する順位は1:米国人 2:グリーン・カード保持者 3:オーストラリアやカナダなどの白人 3:それ以外(日本人やその他の国)であり、ほとんど必要ない。 もし起こったとしても佐世保や嘉手納から出撃する空軍で十分だとジョセフ・ナイが言っているようだ。
引用終

スレ違いで申し訳ありません。

昨日、朝日テレビ「報ステ」で古館(蛇足:2006年で、出演料は一本200万円、年俸5億円とか、信じられない報酬だ。金のためなら揉み手でいかようにでもか(笑))がヘリで沖縄各地の米軍基地上空を飛行しながら基地の周囲状況を説明していた。

沖縄に小さな鳥島という島があり、米軍の射爆撃場、演習場(沖縄県島尻郡久米島町 (39 千m2))となっている。島の緑は完全に消滅している。驚いたのは、ここで「劣化ウラン弾」による実射爆撃演習しているというのである。イラク戦争で劣化ウラン弾が使用されたが、ここで演習していたと思うとゾッとする。島はもちろん、近隣の海の汚染は相当なものと推測される。海域汚染はどうなっているのだろうか。島の浜辺では奇形の魚介類、奇形の海藻類が増えているのではないだろうか。この海は海流でどこまでも、つながっている。こんな演習が許容されていい筈がない。好き勝手し放題である。

沖縄基地の全面返還が求められるが、単に返還せよだけでは軍産複合体の暴力団や戦争マフィアを抱える米国には通用しない。平成19年1月1日現在、在日米軍施設・区域(専用施設)は計85施設 (308,614 千m2)が存在し、当然、駐留経費も群を抜いて世界一である。2002年で直接、間接支援経費トータルでなんと44億1134万ドル。暴力団との腐れ縁が切れず、泣き寝入りで、見直しもなく、毎年毎年、惰性で莫大な金を貢いでいるようなものである。

民主党が先ずやらなければいけないことは、日米安保を見直し、従属から自立へ変えることであろう。戦後の占領期から冷戦後まで日本は米国従属路線を強いられてきたが、現在、米軍再編により、日米同盟へと変質し、米軍と日本の自衛隊とは一体化した、新たな時代に突入しつつある。これ自身大問題である。政権交代でしか、なし得ない憲法9条をコアにした米国従属からの脱却した戦略的日本の安全保障策が問われている。

  検察が二度目の不起訴決定


検察は、1年以上もかけて大騒ぎ。

西松事件でうまくいかなくなると、5000万円事件をでっち上げる。
5000万円授受の証拠は、何一つとしてでてこない。
ないものをでっち上げたのだから、でないのは当たり前。

1年に亘って、検察は虚報やあやしい情報ばかりを流し続けた。
一つでも正しい情報があったのかと問いたい。

マスメディアはそれを尾ひれをつけてたれ流し。

急に方針を変え、期ずれ記入を虚偽記載とこじつけ、石川さんを起訴。

さらに、この虚偽記載で小沢さんが共犯だと騒ぎ立てる。
起訴も出来ないことがわかっていながら、マスメディアと一緒になって大騒ぎしたあげく、嫌疑不十分といって検察審査会メンバーを煽った。

もともと嫌疑などなく、無理やり捜査だったことを詫びるべきだ。

しかし、今度煽りすぎて、強制起訴になると、捜査の過程が全てばれてしまう。
検察審査会のメンバーをなだめないと検察の存続そのものが危ない。

検察や如何に。

面白い記事が配信されていますね。
枡添氏もついに発狂したのでしょうか?


“第3極”キーマン、舛添氏を直撃「小沢倒して、総理になる」 (夕刊フジ)
--参院選の獲得議席、その先の目標は

 「20人ぐらい立てて、15議席も持てば大きな力になる。まず、小沢独裁政権に参院で単独過半数を取らせない。そして、政界再編を行い、近いうちに私が内閣総理大臣になる。そういうつもりで政治をやっている」

普天間基地を辺野古に移設する気になって, 沖縄訪問をするつもりになっている鳩山首相も, 舛添要一氏とどっこいどっこいだな。

国外、最低でも県外と主張して選挙戦に勝利した民主党政権が普天間を辺野古に移設することが現実的と言いたいのだろうが、どうしても許し難い。
本当に民主党政権を見捨てたくなる。

鳩山は駄目!
後は小沢さんに期待するしかない。

何年か前に、「何バカやってるんだ、地元も国民も誰も納得していないぞ」と思った、あの日米の外務・防衛の担当大臣・長官による2+2でのサイン・会見風景が目に浮かぶ。

あの風景が今月末にまた繰り返される。

太田総理の証人喚問で大橋巨泉や内田裕也はまじめなことを言っていた。内田は小沢が総理やったほうがわかりやすいといっていたが、お約束のハマコーの登場で遮断した。

>亀井静香が「悪いのは米国ではない、悪いのは日本だ」と言ったのは言いえて妙だと思います。

だな。
身内でくだらない夢や勝手な理想ばかり語り合ってるお前らこそ、亀井大臣の言葉を良く考えろってことだよ。

メディア各社は 随分頻繁に“世論調査”を行い “小沢民主党幹事長は辞任すべきである”と結論付け それは “80%国民の民意”であると報じている。
(不幸にして? 私は 1度も 調査対象者に加えてもらったことは無いが・・。)

ところで この“80%国民の民意”だが・・ おかしくないか。トリックに引っ掛かっていないか。

昨年来の検察・新聞・テレビ・野党連合による 理不尽な“小沢バッシング”の効果は当然絶大だ。それを信じて“小沢は悪い奴に違いないから民主党幹事長職を辞任すべきだ”と答えた人は 沢山居るだろう。それは検察・新聞・テレビ・野党連合の宣伝の手柄である。事柄の理非を正しく理解されてのものか否かは別にして 仕方が無いとしよう。

しかし “80%国民の民意”がすべて前述の検察・新聞・テレビ・野党の宣伝効果によるものではあるまい。われわれは 小沢は悪い奴に違いないから民主党幹事長職を辞任すべきだ”と思っている国民が80%居ると思わされていないか。


例えば 頑固な自民党支持者は もともと民主党は嫌いである。小沢氏を辞任へ追い込むことが出来得れば 民主党のイメージダウンを期待出来ると思うだろう。 また選挙戦略に長けた小沢氏を除くことが出来得れば 次期参議院選挙で少しは 有利に戦いが出来ると思うであろう。 小沢氏が真実 力のある人であるだけに当然だ。 ゆえに 「小沢民主党幹事長は辞任すべきである」と答えるにきまっている。 このことは自民党以外の野党支持者にとっても 同じであろう。


この人たちは 小沢氏に関わる事柄の理非など 初めからは関係ない。民主党の力を削ぐこと 小沢氏を貶める意図しか持っていないのだ。このような 人たちの意見は この世論調査の含む意味にあわない。“80%国民の民意”に悪乗りしているに過ぎない。本来無効な意見なのだ。


さらに ジャーナルへの投稿の中にも度々出てくるが 「理屈ぬきで小沢は嫌いだ」などと言う人がかなりいる。こう言う人も 殆どは 「小沢民主党幹事長は辞任すべきである」に○を記す筈だ。無意味な意見だ。


“80%国民の民意”は検察・新聞・テレビ・野党連合の(理不尽な)世論操作(宣伝)の効果も大きいが その中には 無効 無意味な 投票を多分に(30~40%分)含んでいるのではないか。

そんな 世論調査結果など 不純で 何の意味も無い。


私は 民主党支持者であるが 「自民党の谷垣氏は総裁職を辞任すべきか如何か」という 世論調査に出会ったら 即座に答える。「谷垣総裁は絶対にお辞めになるべきではない」と。


尚 民主党国会議員の中に わざわざテレビに出演させてもらって“小沢民主党幹事長は辞任すべきである”などと声高に言って拍手喝さいを浴びている(と思っている)らしい人が居る。この方々が 何故 参議院選挙を控えて 自党の幹事長を貶めようとするのか 国民一般に 醜悪な党内イメージを曝すようなことを敢えてするのか 真の目的はわからない。が メディアの世論調査の結果を聞いて あたふたしておられるのであれば 残念で仕方が無い。


それに もし 執行部の仕方に不満があるのであれば 自民党の 与謝野氏 鳩山氏 枡添氏などの例もある。民主党の足を引っ張るより 党外に出て自分の思うように活躍されれば如何かと思う。お勧めする。 
 

赤松農水相がゴルフやってたと言ったTBSが、実は誤報でしたと密かに訂正している。

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10540104562.html

みのもんたは一言も触れてないみたいですね。

読売としては、普天間基地問題は、どうしても辺野古じゃなきゃ困るらしいけど、そんなことを政府が言った事実は無いらしい。

http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10538892129.html


毒饅頭食べ続けたマスコミ及びジャーナリストの言うことなんか、信用しちゃいけないと言うことです。


沖縄県民のほっぺたを札束で引っ叩きながら、沖縄に基地があることで、政治家や官僚がどれだけ甘い汁を吸い続けてきたのかということに、皆が気づいてくれることを祈ります。

投稿者: 愛知県の熱烈な民主党支持者 | 2010年5月21日 22:22 さん


麻生政権でも世論調査の結果は同じようなものだったことを忘れてはいけません。

漢字が読めないと盛んに批判してましたが、麻生政権が間違いを犯したのかというと、そんなことないと思います。
あの当時、取りうる政策は行ったのではないかと思います。

故 中川昭一さんは酩酊会見で批判されましたが、総選挙後、どうして命を絶たねばならなかったのでしょう?

その前の福田さんだって、自民党の現状を冷静に考えることができた、真の実務派だったと思います。
ねじれ国会を打破するために、民主党に大連立を持ちかけたのも理解できます。

当時の小沢代表も、民主党が仮に政権を取れたとしても、経験の無い民主党では国民の支持を得るのは難しいと考え、大連立の中で民主党の政策を実現させながら、政権というものはどういうものかということを、民主党の中で理解してもらう必要があると考えたのではないでしょうか?

正に、今の民主党の状況を予見していたのではないかと思います。

大連立の中から、自然と2つに割れて、2大政党が出来上がればよいと思っていたのではないでしょうか?


党派に係わらず、意にそぐわない勢力は叩かれる。
そんな力が働いているように思えてなりません。

> 党派に係わらず、意にそぐわない勢力は叩かれる。


そうそう, 日本の国益になることは叩かれるんだよね.

「記者クラブ解放」については、既存のマスコミとしては「あ、そ」てな感じです。

例えば各地方の検察なんかは「解放するから、参加するメディアを記者クラブが選んで欲しい」とか抜かしてますが、記者クラブ主宰ではない会見の参加者を記者クラブが決める訳にはいきません。そんなもんそっちで決めりゃいいじゃないですか。週刊誌だろうとネットだろうと

記者のフリをして、手製の腕章して首長の会見で大暴れした「環境テロリスト」も実際いますよ。そんなリスクをマスコミに押し付けないでいただきたい。責任持てませんね

記者クラブは取材拠点に過ぎないし、企業など情報提供側も便利だから利用しているだけです。その便利さに安心してどっぷり漬かっている人も多いですが

これがどうでもいいというのは、
結局「人間関係」がすべてだからです。だから、記者クラブが解放されようがされまいが本質的にどうでもいいのです

>結局「人間関係」がすべてだからです。

いろんな意味で含蓄があるお言葉です。

昨日(5/21)の報道ステーションのコメンテータは鳥越さん。
何と珍しいと思ったら、小沢さんを検察が不起訴としたニュース!
なるほど、この日だけは小沢批判を封印せざるを得ないから鳥越さんか。

小沢さんを批判することは不起訴にした検察を批判することになるからこの日だけは遠慮したと言うことだろう。

検察審査会でまた「起訴相当」と出たらどんな報道をすることやら。その時も鳥越さんを是非出してほしいものだ。

それにしても、あの古館でさえ検察批判を躊躇するとは。
この日からは今日のように小沢批判を止める方向へマスコミ報道の流れが変わることを祈るばかりだ。

hal2001 | 2010年5月21日 05:25 様

ご明察、非常に解りやすいコメントで納得できます。

良い例が、ここ数年顕著になっている傾向として、新聞を宣伝媒体とした場合の顧客反響の激減が挙げられると思います。例えば、不動産広告を想定すると以前なら読売・朝日・地元有力紙の3誌位をメインに宣伝を行えば問題なく集客できたのが、昨今では、糠に釘状態でこれらの媒体に莫大な予算をつぎ込んでもそれに見合う反響を得る事が出来なくなっています。新聞を読まない世帯が急速に増え宣伝対象エリアをカバー出来なくなった事が最大の原因です。
それに代わる媒体としてネットも伸張してきてはいますが、まだまだです。ミニコミ誌やタウン誌は弱いし、結局は、ポスティングという一番原始的な情報伝達手段が最も効果を発揮しているのです。
このほか、ジャパネットなどにもみられるように、企業が消費者の中にダイレクトに入っていく手法を模索し始めているように思います。今後はネットの活用がもっと進歩するでしょう。それに伴い今まで以上に宣伝広告費の見直しも進んでいきますので新聞・広告業界などは減収は必至です。

TVも同じです、有料チャンネルの普及で地上波など全くくだらなくて見る気がしなくなった。これが素直な印象です。地上波民放はどのチャンネル・番組を見ても、出演者も番組構成もバラエティから報道まで同じカラーの金太郎飴状態なんだから話にならない、おバカチャンネルはひと括りにしてあとは潰してしまえば良い。どのみち現状では立ち行かないでしょう。

〈提供を「断ればいい」と言うのは簡単だが、必ず相手との関係が悪化する。最終的には良心の問題〉by三宅久之…(東京新聞)

官房機密費(税金)を受け取ったと認めたうえでの発言です。マスコミの常套句である血税を食い物にしている政治評論家の発言です。昔からこう云う輩は評論家ではなく政治ゴロと云うんじゃないでしょうか?
このようなゴロにペナルティーを課すどころか、たかじんの番組でお笑いで茶化すような報道をしているようではもはや救いようもありません。
他の局も同じです。メディア界最大の疑獄である官房機密費問題に、だんまりを決め込むようなプライドも真実を追求し視聴者に知らせる使命感も失った報道機関には存在意義は有りません。
今こそマスコミは自らにかけられた官房機密費受領問題について、国民の納得のいく説明責任を果たすべき時です。

投稿者: JIN | 2010年5月22日 00:48 様


コメントいただきありがとう。

>麻生政権でも世論調査の結果は同じようなものだったことを忘れてはいけません。<


そのほか お説に 同感です。


メディアの自作自演みたいな 内容も正当性の無い “世論調査の結果(民意)”が 国の進路に少なからず影響を与えている現実 また そんなことは 百も承知でいながら 臆面も無く報道するメディアの(知能犯的な)有様を観ていると 腹が立ちます。 悔しいけれど(今は)仕方の無い事のようです。

sirokuma | 2010年5月22日 13:39 さん


[今こそマスコミは自らにかけられた官房機密費受領問題について、国民の納得のいく説明責任を果たすべき時です]

まったくその通り。しかしあまり期待しないでください。彼らに”正義”はありません。断言します。

投稿者: 愛知県の熱烈な民主党支持者 | 2010年5月22日 17:03 さん


世論調査に参加するチャンスがやってまいりました。

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10540973505.html

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10541714839.html


1つだけ答えようがない設問もありますが、ぜひ、ご参加ください。

NHKの対応を注目しました、一応、回答していますね。

やはり、読売や産経や自民党大物政治家が支配している地方紙や傘下の放送局は無回答です。

日テレの無回答は当然として、テレ朝も無回答、しかしフジは回答しています、これは不思議ですね。

投稿者: fury | 2010年5月23日 11:43
> フジは回答しています、これは不思議ですね。

これじゃないですかね
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun100513.htm

鳩山内閣支持率(5月23日)
フジ・新報道2001  31%!!

フジは民主の応援団長

鳩山政権は参議院選挙の敗北を願っている!

普天間問題、消費税値上げ、高速道路料金問題など、国民に支持されない政策を積極的に推進しようとしているのが鳩山内閣の面々だ。

彼らはこれらの政策が参議院選挙で支持されないことは分かっていると思う。
それでも推し進めるのは、参議院選挙で負け、その責任を「目の上のたんこぶ」小沢幹事長に押し付けて退陣させることが鳩山政権の長期化に結びつくと考えているからだ。

参議院選挙までに鳩山総理には退陣願い、小沢総理を実現させないとこの国の改革はもう終わりだ。
それにしても鳩山総理はいつから変節してしまったのだろう。

ナゴヤシミンさん

組閣人事が間違いであったんでしょうね。高速道路無料化の提案者山崎さんが、前原大臣をぶった切ってます。

http://ameblo.jp/troussier100/

こんな駄目政策では、提案者としても怒りたくなるでしょう。

皆さんへ

平野貞夫氏が5/23日付で「財界ニッポン」で国際ジャーナリストの藤原肇記者との座談でとてつもないことを曝露しています。阿修羅のこの記事をご覧下さい。http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/633.html

結局、全てはこれで説明がつきます。魑魅魍魎の政治の世界は、かくなるものであって
我々国民は常に洗脳扇動されてきた。そして平野氏が小沢氏に継げたこと「あなたの功績は選挙に勝ち革命を始めたことだが、最も悪い点は出来の悪い人間を国会議員にして、政治が何も分からない代議士を大量生産したことだ」これが民主党及び現与党の最大の弱点であり、最大の問題点なのであろう。

まだまだ道半ばです。「無血革命」は実現したが「権力奪取」はいまだならず。
最後の「革命」まで頑張る必要があります。

上杉隆さんの「官房機密費」の記事を読みたくて週刊ポストを買ってくるよう夫に頼みました。駅のホームのキオスクで「領収書は要りますか?」と聞かれたとか。こんなことは初めてだそうです。
ということは領収書を求める人が多い → 必要経費で買っている → 目的があって買占めている?
疑心暗鬼になってしまいました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.