Calendar

2010年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

Recent Comments

« 【録画再生中】緊急トークライブ!高野孟×喜納昌吉×上杉隆
メイン
三井環:バブル化したリーク情報が「起訴相当」の議決を招いた »

《速報》小沢一郎氏「起訴相当」 検察審査会が議決

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京第5検察審査会は、政治資金規正法違反容疑で告発され不起訴処分になった小沢氏について「起訴相当」とする議決を公表した。

 東京地検特捜部は議決を受け再捜査を行い、改めて処分を決める。

【関連記事】
■小沢一郎氏「起訴相当」と議決 陸山会事件で検察審査会(朝日新聞)
■小沢氏は「起訴相当」 検審が議決 土地購入事件(産経新聞)
■小沢氏は「起訴相当」 東京地検再捜査へ、進退再燃必至(47ニュース)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6881

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 《速報》小沢一郎氏「起訴相当」 検察審査会が議決:

» 【頭狂第5検察審査会】断固として小沢幹事長を支持しつづけることをここに宣言する!【起訴相当】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 鳩山首相に対する偽装献金疑惑が検察審査会で不起訴議決を受け、「障害者割引郵便悪用事件」でも「凛の会」元代表倉沢被告の判決で、村木元局長との共謀容疑が明確... [詳しくはこちら]

» 【検察審査会】正体を明かせぬ組織が「国民感情」を騙るとは片腹痛い!【自称市民団体】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 「陸山会」の「収支報告書虚偽記入事件」なるもののに関して、頭狂第5検察審査会が小沢幹事長に対し、「起訴相当」の議決を出したものだから、 売国翼賛マスゴミ... [詳しくはこちら]

» 無料 携帯 エッチ 郷原 送信元 群馬のセフレ
出会い系サイトでタダでHをする方法 念のためフリーメールを用意。Yahoo!のメールが無料で登録も簡単。infoseek... [詳しくはこちら]

コメント (349)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

この決議には驚きです。
大手メディアのでっち上げ報道を鵜呑みにしてしまった審査会メンバーと説明に参加した検察側が起訴相当決議に誘導したとしか思えません。

郵政不正のでっち上げ事件でも本日一部無罪判決が出たみたいです。
検察と大手メディアは責任をとって頂きたいです。

とりあえず何を根拠に起訴相当としたのか、検察審査会がコメントを出さないことには始まりませんね。
なにか決定的な証拠が出たならば別ですが、無作為に選ばれた市民の心象だけで起訴/不起訴が決まってしまうのは危ない。
何しろ日本では逮捕・起訴されただけで有罪と同じ扱いですから。

審査会のメンバーは一般公募か選出でしょう。あの報道ならこうなるのも。もし息のかかった人間が選ばれらならなおさら。今日は郵便不正事件で偽装はなしという無罪判決が出た日です。わざわざぶつけてきたというこの浅ましさ。いずれその報いを受ける日がくると思いますよ。裁判で無罪になったらどう責任とってくれるのでしょうかね。

小沢氏の説明「不合理、信用できない」 検察審
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E5E2E7E38DE0E5E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

単に小沢の言葉が信用できないというだけの理由。
イメージだけでこういう決定するなら検察審査会という制度は欠陥制度ですよ。

 証拠がない場合は「無罪」
 メディアに洗脳され感情が優先し、確固たる証拠もないのに「印象有罪」
 いくら素人でも法治国家の人間として今回の検察審査会に選ればれた人間の思考能力はいかがなものでしょうか。
 仮に再議決があり、起訴した場合でも公判維持も出来ないのでは
ないでしょうか。

陰謀論は好きではないけれど
キャンベルが小沢氏に訪米要請
不起訴
米政府が訪米要請をキャンセル
キャンベル来日
小沢氏起訴相当の議決
この流れは偶然とは思えない。

審査の議事録を見たいですね

もう怒ったぞ。検察よやれるものならやってみろ。デモなり、何でもやってやる。民主主義を守る為に戦います。

国民目線という事で検察審査会の機能が数年前に変更されましたが、告発する会の正体が不明のままです。
法務省が管轄しているのでしょうが、審査員の人選といい何となく恣意的な感じを受けます。
司法の闇が垣間見えます。

鳩山首相が不起訴相当で小沢幹事長が起訴相当になる理由がまったく理解できない。マスコミが作ったイメージだけの判断なのだろうか。

またか、ですか。うんざりですが、またしばらくは「嵐」ですね。

そもそも「無血革命」がどういう意味を持つか良くわからなかった旧権力側は、いざ「政権交代」になってみたら「これはやばいぞ」と実感したのでしょう。「交代」がなされてからあの手この手でなんとしても元にもどしたい、と思っていたら、自民党自体がメルトダウンしてしまい、元に戻す「受け皿」も消失した。もう破れかぶれの自暴自棄でなんとしても「過半数」を阻止することしか目当てがない。、、、別に過半数でなくとも今のままで十分なのですが。

とにかく、検察はこれで再捜査を開始します。そして再び「不起訴」として再度「審査会」の議決を待つことになるはずです。その間に、選挙後の勢力図と力関係を睨んで、どちらかにするのでしょうが、たとえ「起訴」されようと、裁判で負けるわけがない。

 よってマスゴミは、今回の「起訴相当」だけで、小沢氏に追い討ちをかける、というのが筋道です。「起訴されたら有罪の極悪人」と。

でもねぇ、今更マスメディアがどう悪あがきをしようと、ネットメディアでは勝敗は決しているのですがね。

さていよいよ、鳩様の姿勢が問われる?といっても「まだ」かな。
結局「起訴相当」あるいは「起訴」のまま参院選に突入するのが、妥当な線かもしれない。
一喜一憂することじゃありません。

散々マスコミの流した小沢悪者では、この結果が出るのは予想された。ショックでしたが、週間朝日誌上の小杉さんコメントでは、『小沢サイドを取材すると、いまの世論では「起訴相当」が2回出されて強制起訴となることを織り込んでいるようです。その2回目が参院選後になるのか、・・・・そのとき、また1年前と同じ戦いが待っているだろうと覚悟している。実際、小沢事務所は、そうした事態を見込んで「最終戦争」の準備をしているといった感じです。≫らしい。
小沢さんはこの結果は予想していたようで、小沢さんにとっての、最終戦争が始まるようでなんとしても参院選挙を勝ち抜き、文字通り剛腕で検察と戦って勝ちをおさめてほしい。

 各位が指摘されている通り、
・鳩山総理の検察審査会不起訴相当
・郵政不正の一部無罪判決(大阪特捜のでっち上げ)
 と時を同じくしての小沢幹事長の検察審査会の起訴相当発表は、明らかに恣意的なものでしょう。
 冷静に判断すれば小沢幹事長の元政策秘書や石川議員の起訴さえ不当なもの。
 偏った報道に誘導された本検察審査会メンバーの見識を疑うと同時に、我々国民が司法や検察官僚やマスコミにも愚弄され、(B級国民として)扱いやすい生き物だと見下されていることに憤りを感じる。

夕食作りの前に急いで書き込みます。
あの郵便不正事件と同じ日の議決ですが、これと時効無しの参議院決議と同じ日に、どうして検察審議会は決議したのでしょうか?
時効無しという、民主党が挙げた成果を相殺する目的で、この日を選んだのでしょうか?
いつまで、検察はマスコミ操作すれば気がすむのでしょうか?
今度こそ、メール攻撃してみようかしら・・・・。大マスコミと検察など民主党の敵と思われる箇所に。

推定無罪が原則のアメリカなら「起訴相当」、つまり小沢一郎幹事長は悪と裁いた市民は死後裁かれ、地獄に落ちることになります。

郷原さんの予想では、起訴相当と議決された場合(今回されてしまいましたが)、検察は起訴すると読んでるみたいです。
もしまた不起訴にして検察審査会で再び起訴相当になったら強制起訴です。
その場合捜査資料を検察側から担当弁護士に渡さなくてはいけないみたいです。
検察は捜査資料を渡すのはなんとしても避けたいみたいです。

 どこのどいつが出した告訴状を受理して不起訴になったらどこのどいつかわからない団体が審議会を使ってメディアと一緒に小沢追放作戦を行う。民主主義が今、壊されそうとしている。それよりも河村前官房長官の官房機密費持ち逃げをしていりいろな人間にばらまいたことがゲンダイに書いていたし、みんなの党の渡邊代表のお金の問題の方が悪質が高いのではないだろうか?特に河村は立派な犯罪者ではないでしょうか?持ち逃げして他人に差し上げているんですよ。みんなの党が人気があるといいますがマスコミだけに人気があるだけでしょ?絶対におかしいですよ日本のマスコミも検察も・・・平気で民主主義をつぶそうとしているのだから。

初めて投稿致します。
この検察審査会の決定はおかしいと思います。法律のプロである検察官が客観的事実。証拠に基づき不起訴相当としたのにズブの素人の一般人がそれを覆し起訴相当とは、どう考えてもおかしいと思う。法律の知識が全くない一般市民が法律のプロの決定を変えるなんて・・・・・・。せめて審査会の委員は、弁護士の中から選択するとかじゃないとおかしいと思う。

外国人参政権にしろ、不可解なガイジンの子供にも金をばらまく売国政策の数々のゴリ押しを見ていて、小沢=鳩山政権=売国政権とはっきりしました。

検察が善か悪かではない!

売国奴がはっきりした権力者・小沢を逮捕してつぶしてくれ。

検察が審査会のメンバーを誘導しようと思えば簡単なこと。
検察がどんな資料を提供しどんな説明をしたのか知りたい。
しかし、検察サイドだけに説明させて審査するというのはアンフェアだ。
小沢氏サイドの説明も聞かせなければ検察のさじ加減で審査結果はどうにでもなる。

大人しくしていたマスコミが蜂の巣をつついたような大騒ぎをするでしょう。
小沢氏の判断を信じて今はじっと待つのみ。

これはどう見てもおかしい。佐久間部長の会見のあの余裕顔、即座に市民団体の告発、正体不明、即審査会と結果の早さ。アメリカの小沢氏正体ドタキャン、余りにも出来すぎストーリーだ。鳩山首相不起訴相当と何処が違う?むしろ鳩山氏秘書は有罪、石川議員他秘書未公判。これでは心配した通り、検察は証拠が無くても起訴で自分達のメンツも保てる。前倒しの人事で、大鶴が捜査継続するんでしょう。検察審査会の判断だからと、記者クラブオープン化でも責任追及されないからやったのだろう。全て検察はわかってやって居る事。この際、市民団体をオープンにして欲しい。

金権腐敗疑惑を一つでも解決してほしいので、妥当な判断だと思います(喜)。国民は大半は小沢など支持していないので「良き判断」です。

ともあれ、こういう結果が出たことに対しては、どうすることもできません。
一旦幹事長を退かれて、決着が付くまで裏方に回ったほうが良いのではないでしょうか。

民主主義じゃなくて、みのもんた主義ですね。絶対に許さないぞ。

<覚悟してた?>
すでに、以前から漏れるはずのない検察審査会の開催情報と「起訴相当」が出される事はマスコミにリークされていた。
起訴相当と出ても、検察は動かない、としていた郷原氏の予測はまたも外れた。郷原氏が愛情を持って「こうあって欲しい」と願う検察は、もはやもう存在しない。
小沢氏は、議員辞職するかもしれない。
これに呼応するカタチで、民主党のある中堅議員は5月から小沢降ろしを本格化するとしている。(田原総一郎司会のBS朝日の番組にて・・・)。
検察が一年かけて調べた証拠書類を審査会委員が読む間を与えない素早さで、検察官のお話を伺うカタチで、早期審判である。検察官の誘導による審査である事は明白であり、どこまで腐った組織なのだろう、と日本を脱出したくなる。
そもそも、より悪質な鳩が不起訴相当と出たのは、検察がその様に誘導したとしか思えない。
その差は何だろう。
これにより、民主党は「生活が第一」の看板を下ろし、官が主体の政党に変質するだろう。
「可視化」を先送りした魂胆、「検察人事」にまったく口を挟んだ形跡がない無作為・・・検察審査会の方針を官邸が先読みしていたとしたら・・・。何か、納得できる。
鳩さんは、幹事長辞任を望んでいた。辞任しないとの会談で「頑張ってください、とはいっていません」と、ムッとしたぶら下がりをした。「幹事長留任と引替えに反小沢の急先鋒=枝野大臣」をのませた。
こんな政党に小沢がいる事はない、さっさと手勢を従えて離党して頂きたい。
尤も、権力を失えば逮捕されるかもしれない。さらには、可視化されない取調べで、命を落とすかもしれない。
暗黒日本は終わらない。ミャンマーと何処が違うのだろう。

匿名さん
>金権腐敗疑惑を一つでも解決してほしいので、妥当な判断だと思います(喜)。国民は大半は小沢など支持していないので「良き判断」です。

支持があるかないかの問題ではない
法治国家として問題であり公平性の問題だ

今回の判定は、納得できない。
審議議決の内容も分からないが、この時点で何故との疑念など、これまでの経緯を鑑みても、納得できる理由があるとは思えない。
今の日本の状況に政治不安を起こすために起こしているものであるなら、私は反自民から民主党支持になる。
官僚政治から国民政治に取り戻す機会を又失ってしまう。

このタイミングで出してきたか、本当に恣意的というより他ない。


今回の件に先立ち、JR西日本福知山線脱線事故で歴代3社長が検察審査会の議決を受けて強制起訴されたというニュースが伝えられています。もちろん検察審査会による制度がとてもよいことというニュアンスで。遺族の方の無念が晴らされたというような作りで。これも小沢起訴のためのお膳立てだったのか。

正義を守るはずの検察とマスゴミが、完全に腐りきっていることを証明しましたね。

まさにCIA仕込みの手口で、どんな汚い手段を使っても、自分の利益のみ追求し、他人の事など一切考えていない連中です。

我々はこのような悪事を絶対に許すことはできません。

民主主義も有ったもんではありません。北朝鮮と同じじゃないですか!

鳩だけ起訴されない理由が分からない。
稀代の脱税王。個人であれほど脱税しているひとがいまの日本でどれだけいるのだろうか。

次席は大鶴基成か。
こりゃ、捜査資料が指定弁護士の手に渡る前にやるな。

匿名 | 2010年4月27日 17:02、匿名 | 2010年4月27日 17:08。おそらく同一人物だろうがこんなとこで遊んでるひまがあったら就職活動しなさい。どうせどこも雇ってはくれないだろうけど。(大笑)
履歴書に工作員と書けるかな?(超大笑)

<はる2様>
私はNHKのニュースで、当該事件で起訴相当が「市民感覚を取り入れた素晴らしい制度」だと、どっかの学者に語らせていたのを観て、ピンときた。
はじめから、小沢起訴ありきだった。
小沢氏の政治生命を終わらせてはいけない。ありとあらゆる方法で、私は小沢氏を支援したいと、思いを強くしている。
返す返すも、小沢氏は代表を辞めてはいけなかった。300議席はとれなくとも、比較第一党にはなれた。小沢氏が総理になっていたら・・・。今更ながらに、悔やむ。

スパモニのヤメ検大沢が前から「まだ検察審査会があるさ」とはしゃいでいました。ヤメ検の間ではストーリーが流通していたようです。
逃げていては敵はいくらでも卑劣な手を使ってくる。無血革命と言ってる場合ではない。全面対決し力でねじふせないと日本は終わり。すぐ目の前に沖縄の問題もある。

昨年三月あと一歩で民主党代表から総理になる男だった小沢氏、その秘書大久保氏が逮捕され、小沢氏は代表を退いた。この事件がなく小沢氏が総理になっていたら、どのような2010年を迎えていたか?
残念でならない。

<情報操作との闘い>
 非常に遺憾な決定です。検察や検察審査会なるものにも、透明性と説明責任が必要です。
 ①何故、千葉県の森田知事に対する公職選挙法違反についての告発は全く放置されているのか?
 ②検察審査会のメンバーは誰がどのような手続きで選んでいるのか?
 ③審査会の審査スケジュールはどの機関の誰が決めているのか?
 伝えられる、今回の検察審査会の決定理由は「小沢幹事長の証言は信用できない。」ということですが、こんな心証判断で起訴され、裁判に膨大な時間とお金を費やすことは、わが身になったらたまりません。ましてや、最も有能な政治家である小沢幹事長を。
 今回の決定はまさに検察・マスコミ連合軍の狙った小沢幹事長に対する政治的な集団リンチに他なりません。
 先日、「意志の勝利」というナチスドイツの大衆動員映画を見ました。彼等は「平和」と「正義」を掲げてドイツ国民を洗脳し、世界を戦争に巻き込んでいきました。沖縄の人々の声よりアメリカ政府の声を優先し、検察の裏金問題や詐欺とも言える新聞の「押し紙」問題は一切報道しないマスメディアは今日、大変危険な存在となっています。
 本当に戦前と変らず、又、北朝鮮ともあまり変らない、情報操作が日常的に行われている日本ですが、この現実を踏まえ、ネットを武器に、多くの日本人が自立した価値観を持つように周りに働きかけていく以外にないと思っております。

再捜査のうえ、3ヶ月後に検察が起訴しようがしまいが関係ありません。再び、検察のリークとマスコミの反小沢キャンペーンが始まるのです。それも、参院選直前まで。郵政不正事件の無罪判決や、事業仕分け第2弾に関する報道の扱いはこれで小さくなるだろうし、マスコミ・検察・霞が関にとっては一石三鳥です。私は、兵庫の事例などから、検察審査会なるもの、主観を一切排除し、客観的・科学的情報や資料に基づき、審査がすすめられているものだと思っていましたが、今日の結果を見ると、場合によっては既得権益者にとって都合の良いツールになってしまうということが分かりました。このような制度は、審査員の選考方法など、再考するべきではないでしょうか。

また魔女狩り裁判が続くのか
気分が悪い

全て、検察とマスメディアのせい。
1年に亘って、検察の虚偽のリークを続けた。
マスメディアは、デマ報道と偏向報道に明け暮れる。
特捜解体を叫ぼう。
大手新聞特に読売の不買運動をやるべき。

---村木さんの事件も もみ消すタイミング---

石川秘書を逮捕した時期は、無罪判決が予想された大久保秘書の裁判(2月中旬に判決が出るはずたった)を うやむやにする為に 行われた作為であると思っていました。そのために、東京地検は大久保氏の判決を延長したのです。

今回は、村木さんの事件を隠すためと、夏の選挙前にわざと風評被害を起すために 仕組んだのですね。恐ろしい世の中です。


PS
時効法案撤廃で、あの千葉大臣がテレビに久しぶりに登場した映像を見て、東京地検による着々とした事件捏造を予感していたのが、当ってしまった。

あの執拗に食い下がる検察が起訴できなかったのに、一体、何を起訴しろと言うのだろうか?

とにかくあの小沢が大嫌いだから徹底的に痛めつけてやれ!ということなのだろうか?

ほんの微罪でも1年以上の期間、刑務所に人を閉じ込めることをいとも簡単に行える、あの検察組織が不起訴にした小沢さんをそこまでして除きたいのでしょうか?

なるほど、そうかもしれません。既得権益側にいる連中にとって、本当に憎たらしいのでしょうね!

利己心なんて高尚な言葉を当てはめるのが馬鹿馬鹿しいほどにテメーのことしか考えない連中がウヨウヨいる世の中ですからねえ!

小沢さんのお宅にお邪魔して話でもしに行こうかなあ!

「小沢さん!お疲れ様です。毎日ザワザワ騒がしい中、本当にお疲れのことと思います。確かにアホばかりが目立ちますが、中にはマトモな連中もたくさんいますのでどうぞ辛抱なさってください!ここに聖書をもってきたんですけど、眼を向けてくださいませんか?詩編 の2編 1節ですが、・・」

「なにゆえ、国々は騒ぎ立ち/人々はむなしく声をあげるのか。」

「政治家などやめて、一緒に聖書研究をしませんか?」

「ありがとう!でも、気持ちは有難いのだけれど、僕はあのむなしく騒いでいる連中のことなど全く眼中にないんだよ! 私はね、励まされると涙も出るのだけど、叩かれるといっそう力が湧いてくるんだよ! 選挙の結果を楽しみにしていてください。」

なんだかこの国のマスコミや検察にはウンザリですね。
またこれから進退問題云々の話題ばかりだろう。こうなりゃ国政を停滞させる事も出来ないし来る参議院選挙が自身への信任投票だと考えてその結果で身の処し方を判断しますと宣言しちゃえば良いんだ!
それ以外に民意を示す場がないんだから。

思った通り、当コメント欄も早速、一種の炎上状態を呈していますね。
しかしね、みなさん。
パソコンの前で憤慨しながらキーボードをたたく「だけ」では、世の中そう簡単には変わらないということに、もうそろそろ気付いたらいかが? お手軽民主主義に付き合う人間が100人いても、実行に移す段が来たとして、はたして何人が残るかなぁ…。

<最大の戦い>
政治家小沢一郎のこの戦いは、正念場を迎えたのだろう。小沢一郎自身最も困難で最後の戦いと位置づけている。逆に奴らの危機意識は多くの皆さんが語っている様に正に「仁義なき戦い」そのものだと思う。恵美さんが仰る通り、これまでも暗黒日本だったのだが、存亡の危機感を抱いた連中が恐ろしい牙を剥いていると言えるだろう。敵は最も愛するものを利用して攻撃をして来ると云う。政治家は国民を愛し味方にし、世論を味方に付けなければならないが、小沢一郎は敵の手段としてそれらの攻撃に曝される、最も辛い戦いを強いられている。内部にも馬鹿な手先がいるが、それは問題外だ。
私も以前は馬鹿な党を出て小沢党でとも思っていたが、それは一歩後退に成りはしないか、前進のみで戦って勝つか、負ければもう政治家小沢一郎はもう最後と思わなければと・今日は正直悔しくて涙が出てしまった。私は小沢一郎と共に戦う事を心に決めている。小沢一郎は最大の政治家である。決して負けはしない。

小沢のウルトラCは何か?
期待してます。

千葉法務大臣よ、是非、指揮権発動を!

 検察は、自らの無能振りを白日の下にさらした事になると、私は思量します。

 そもそも、検察審査会の目的は、検察審査会法の第1条「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図るため』であり、その管掌は、同法第2条第1項の1号に「検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項」と明確に規定してある。

 ということは、検察審査会は、不起訴を決めた検察が故意か過失かは措いて、不当な処理をしていたと判断したに過ぎない、法務大臣は、仮令、検察庁が滅んでも『正義』を行うべきであり、小沢一郎さんも、仮令、自身の政治生命が滅んでも、法の本性を変えずに生き遺すために『正義』を行うべきだろう。

法治国家日本でこんな事が起こる事が信じられません。

最高権力者である内閣総理大臣は
何故小沢先生を守らないのか
甚だ疑問である。

我々に何かできることはないのでしょうか。

むなしいですね

なんて国なんだろ。

検察審査会なんて、要するに裏で操られているだけだし、今回の決定もとっくの昔に決められて(裏取引で)いたし予想されていた事だろう。


ゼノビア非日本人(同和+朝鮮工作員+ユダヤ)の走狗にして、"バスティーユ監獄" たる 検察、マスゴミ、電通を炎上させるか、オレ達日本人がヤラレルかのドッチかダゾ!!!!!!

検察、マスゴミ、電通をブッ潰すか、オレ達日本人がヤラレルかの選択の時は迫っている!!!!!!!!!!!!!!!!

http://www2.jfn.co.jp/people/scope/voicecommons/


特に video 2 を見よ!!!!!!!!!!!!

日本時間の今日 深夜に行われる、米上院でのゴールドマン・サックスの最高幹部連7人を呼び寄せての議会証言に注目セヨ!!!!!!!!!!!

米証券取引委員会(SEC)は4月16日、2年前に世界に大打撃を与えた世界金融危機の引き金となったサブプライム・ローン(信用力の低い個人向け住宅融資)に関連して、米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)が投資家に対して故意に情報を隠してサブプライム・ローン商品を販売したとして『証券詐欺罪』で告発した!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



今回の米議会で実施されるGS幹部多数の議会証言は、先の SEC の告発を受けた米議会上院が早速に多数の国民の疑念に答えさせる為に実施するもので、コウイウ所は前自公政権時の溜りに溜まった悪事と膿を未だに何一つ暴き出せないでいる日本に較べて実に早い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ゴールドマン・サックスと言えば、先の世界金融危機に於いて、大企業が(絶対に中小企業ではヤッテくれない癖に)経営不振に陥った際、何かと言うと政府に泣き付いて、グズればアッという間に日本国民の血税をまるで自分の金の如くジャブジャブと公金投入してくれる(嘗ての日航や住専問題時の金融機関に対する様に)日本とは違って、自己責任をモットーとし、救済の為の中央政府による公的資金投入(bail-out と言う)を行政も国民も極端に嫌ってきたアメリカの自由資本主義に於いて、異例とも言える様な公的資金投入を、矢継ぎ早に仰がなければならない程 深刻で重大なダメージを受けた大多数の欧米の金融機関の中で、唯一 被害を免れた金融機関として知られて来た訳だが、実は自らが、金融崩壊を引き起こす様な商品(CDO 別名 abacaus)を開発し、早くに金融崩壊を予見しておきながら、他の金融機関や一般の消費者にババを押し付け"売り抜け"たのではナイカという明確な疑惑が浮かび上がって来たのである!!!!!!!!!!!!!!!!


今回名指しで告訴もされているファブリス・トゥール氏(当時 副社長 なんと今でも30歳!!!!!!!)は友人に宛てた電子メールでCDO市場について「いつ市場全体が崩壊してもおかしくないが、生き残れるのは Fabulous (素晴らしい) Fab(自分)だけだろう」とのたまっていた事が明らかにされている。

GS(ゴールドマン・サックス)と言えば、日本としても人事ではナイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


旧自民党+公明党政権(特に小泉政権時)との信じられない様な犯罪的結び付きと悪事の実行は、特筆されなければナラナイ!!!!!!!!!!!!!!!

2005年のアノ忌まわしい郵政選挙において、電通を通じて"小泉郵政劇場" をデッチ挙げる為に、米AIG社(アリコの親会社だった)の膨大な5000億円もの金を日本のマスゴミに流し込んで、日本国民の洗脳作業(郵政民営化をヤレバ全てが上手くいくと言う幻想をバラ撒く)を貫徹させたのは、GS(ゴールドマン・サックス)社だと言ってイイだろう!!!!!!!!!!!!!!!!


奇しくも丁度同じ年の2005年にGS社は、後年の世界金融危機に繋がる自らが開発したCDO(abacaus)を AIG社に保証させているのだ!!!!!!!!!!!


今、アメリカだけでなくヨーロッパでもこのゴールドマン・サックスの問題が蜂の巣をつついたように大きなトップ・ニュースに為っている中で、日本のマスゴミは殆んど取り上げようとしないどころか、故意に避けようとさへしている様に見える。


GS(ゴールドマン・サックス)や AIG のニュースに為ると、自らの犯罪行為(AIG の金で自らの魂を売り渡して国民を騙した!)の古傷に触れるので、出来るだけ避けようとしているノダ!!!!!!!!!!!!


GSの日本国内の悪党との結び付きは、2005年の郵政選挙のズット以前から始まっている!!!!!!!!!!!!


http://blogs.yahoo.co.jp/pen_tsuyoshi/34507709.html

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-93.html

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-f18c.html

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2009/06/post-2c63.html

http://gensizin2.seesaa.net/article/121220077.html

<元株や様>
>何て国なんだろう・・・<
そりゃ、その通りなのですが・・・。
ファイティングポーズはとり続けましょう。
小沢さんは、私たちより、苦しいのだから・・・。

今週の朝生は、当然テーマ変更で、この問題でしょ。郷原さん、高野さんも出演していただいて、この検察審査会の存在意義を討論してください。

勿論この決定を擁護したいマスコミは、今晩から数日続くであろう小沢批判を見せられる。

そのマスコミ其の物に対しても討論をしてください。機密費より懐に入れていた政治評論家は誰なのかを含めて。

上杉殿
例の検察記者会見オープンはどんな案配か他の方でもけっこうですので情報を
この後の検察の戦い方は
マスコミを上手に使って(マスコミは上手に使われて)
二人三脚で今まではやってきたが
今回の検察とマスコミの役割は
フリーの記者も質問権は有るのかな

検察審議会で小沢氏起訴相当ついにジ・エンド。
普天間も官僚主導で辺野古沖修正案で決まるのでは。
日本の自立も日本人で葬られた。
これで、小沢氏は角栄と同じ道を歩むことになった。
大法要が最後のイベントとなった。
角栄のように花を咲かせず、金丸のように政治権力も握らず、裏方で終わりそうであるが、失意の晩年だけは迎えてほしくない。
権力に迎合した鳩山の勝利であり、平野戦略が功を報した。
訪米がなくなった時点でこういうことが予測されたが。
マスコミ、検察の勝利であった。
日本は戦前と同じ道を歩むことになった。
今度は巧妙である。マスコミが世論をつくり、検察審議会がその世論に基づき判断する。
マスコミは官僚、なかでも検察、外務、財務が支配する。
しかも権力が直接手をくださなくても良いので、絶対正義として実に見事なシステムとなる。
小沢にしても検察とは戦えても、世論とは戦いにくいであろう。

マスコミの力が強まった。
官僚様の天下は続く。
これからは官僚様配下、対米従属、マスコミ支配下の七奉行が民主党主流として高速道路建設に見られるようにやりたい放題であろう。
とんでもない政権となった、
小泉亡霊政権である。
清和会の復活である。森の高笑いが、ナベツネの高笑いが聞こえる。
角栄、金丸、小沢で民族派大物政治家の流れは途絶えた。


検察審議会の異常に早い結審も異常であるが、鳩山が最近目が据わっており、4月には全てかたずくといっていたのも、早い段階から結論が流れていたのであろう。
検察の結論が3カ月以内であるから、ちょうど参議院選前である。
起訴なら衆議院選に影響を与えるように裁判を行えば良い。
このなれば民主党の議員が悲鳴を上げ、小沢抹殺に動くと読んでいるのだろう。
角栄の時と違い小選挙区が政治家を小粒・不安定にしており、小選挙区が小沢殺しに加担することになる。

素晴らしいスケジュールである。
検察の政治に対する優位性を立証している。

政治に配慮するのでなく、政治に影響力を持つことをわざとしているのである。
天皇の官僚の誇りである。
民主主義とは何かを知らない国民は何の疑問も持たない。
やはり森の言う日本は天皇を中心とした神の国であった。
なんで一国の総理が馬鹿なことを言うのかと思ったが、選挙の時国民は寝ていてくれと言い、真実を言う、正直な素晴らしい政治家なのだ。
もっとも日本の神は古来からの神と戦後できた髪の色が違う茶色の眼の神と二神、二天皇である。

前原と鳩山会談も小沢の情報確認で高速上限制を前原案にしたのではないか。

枝野や千葉を見ても、弁護士は体制よりで検察という権力には逆らわない。
当初から内閣が検察と戦う姿勢を見せていれば、可視化法案等を通していれば、マスコミから流れる情報も違っただろうが、どうも民主党鳩山派や七奉行には神様や官僚様との関係で小沢を使い捨てにする機運が高かったのであろう。

これで、民主党は大政党から3年後元の似非改革中政党へと逆戻り。
地方は自民党が復活する。
人材が自民党から選挙に出る。
自民党が大政党として復活するのか、中と小の組み合わせで連立が続くのだろう。

小沢が議員辞職して復活しても世論が許さないでしょうから、表での活動は無理なのではないでしょうか。
といって合流政党のため、裏で動けるほど派閥も強くないし、難しい立場ですね。


お縄の国民に対しての説明が二転三転したのは何故かしら?

ポッポが資料を提出すると言ったのに提出しないのは何故かしら?

予定調和でございます。

4月からは
政治資金規制法違反としてではなく、
脱税、収賄罪、マネーロンダリング等々の網になります。

ポッポ、お縄
vs
東京地検特捜部、国税庁

提供はFIUにてお送り致します。

zele様 2010年4月27日 16:56
私は逆だと思っていたのですが。
不起訴になると捜査資料を小沢弁護士側に引き渡さなければいけない。
そのため検察は何としてでも小沢氏を起訴に持ち込みたい。
強制起訴されたら検察が手の内を明かすことはしないでしょう。
2回目も起訴相当なら自分が否定されたようで悔しくてたまりません。鳩ポッポが不起訴で何で小沢氏が?
理解不能。
小沢さんに直接声を届けましょう。
https://www.ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_a.php3?b_id=44&d_order=3

「一票一揆再び」
我々に出来ることはこれしかありません。参議院選挙で民主党議員一票を投ずるだけです。
 誰のためでもありません。自分のためです。

慌てる事はまったくなし。
7月の天王山に、集中してあたるべき
時期に来ている。

幹事長の構想力に信頼を置き、
(昔はこういう大きな政治家が
日本にも割拠していたんだが・・・)
こころある主権者の力を信じ
れば、必ず最後に愛が勝つ。

マスコミに踊らされるのは審
査会の8人だけで十分だと思うね。

検察は不起訴といっているのに、検察審査会はそれ以上の何がわかるのか、マスコミで得た小沢悪者だけの感覚論だけで起訴相当にしたのではないか。不起訴という事はこれ以上の証拠はないということ、検察は起訴できないといっているんだから、公判では何ら心配する事はないと思うが?
新たな捜査でなにか見つかれば別だが、それにしても選挙前、検察の恣意的な攻撃に、絶対に負けてはならない。
小沢さん、戦ってほしい。

数々の揺ぎ無い証拠があって起訴相当としたのなら誰もが納得しますが、証拠も無い・証言もデタラメ、頼みの綱はマスコミを使った印象操作のみという状況で起訴相当とは、検察の組織としての存在意義というものが完全に失われましたね。
単なる冤罪制作団体でしかない。正直、ここまで腐った国だとは思いませんでした。

昨日の小沢幹事長の会見の様子がかなり疲れていて元気がなかったので嫌な予感がしていましたが的中しました。私の周囲も「小沢悪人説」が蔓延していてどうすることもできません。このサイトでいくら反論しても怒りをぶつけても事態は変わりません。
小沢さんに打つ手はあるのでしょうか?メデイアの印象操作でここまでネガティブな世論が形成されてしまった以上、逆にメディアジャックをして小沢幹事長が徹底的に反論するしか方法は残されていないような気がします。もう法律云々は超えて印象先行なので最も効果的なメディア露出の仕方で反転攻勢をかけるしか・・・小沢さんも一人で闘うには年齢を考えてもかなり過酷で気の毒でなりません。

石川議員が逮捕されて取り調べを受けていた時期、応援の意味を込めて連日、ブログ記事を掲載していた。内容は自民党批判、特捜検察批判、「事件」の背景、自分の経験からする「政治とカネ」
 記事の内容は徹底していたから批判のコメントが多かった。
ネットウヨの様な立場からの批判は論外としても「一般の方」の政治意識の原型を知る上で非常に参考になった。
 >私からすれば「政治とカネ」の問題に対する異常とも思える潔癖症が日本人の中に巣くってるな、と思い、ゾッとした。
こんな意識が土壌にあるとすれば事実上、大人の民主主義的政治は成立しえないな、実感した。
 カネによって上から下まで政治や行政が左右されるなんてのは先進国のシステムではありえない。日本でも基本的に環境は同じだ。ところが国民の多くは自分たちのシステムの自然淘汰を信頼していないのか、カネの問題に対する異常な過敏症状態にある。
 多くの国民が真っ先に反応するのはこの種の問題である。
 >公明、共産というどんなことがあっても常に一定の支持者を囲い込んでいる組織政党の最大の党派性が事実上、自分たちの潔癖性を売りにしているという点で国民の中にこの問題に対する大きな岩盤が意図的に形成されている、これが第一。これらの政党は国政において本当の意味で目的を持っていない。故に副次的な潔癖性が党派性になる。
 >第二。「日本国民」の中で明治以来営々とこの種の問題に関して一切無縁な人がいた。天皇である。
 日本国憲法の1~8条までは天皇条項であるが、立法府、行政府の国事行為に関して全て天皇のお墨付きが必要と規定されている。
 天皇による一部官僚への認証権もハッキリと規定されている。ここに自分を認証したのは天皇であるとの国民から超越した絶対感が植えつけられる根拠がある。
 >憲法は一部官僚を頂点とする戦前の絶対的官僚体制維持をこっそりと忍び込ませている。
 そもそも歴史的に見て天皇制が象徴でなかった時期は実際上は古代、中世の一時期と戦前の軍国時代だけであった。
 もっといえば、近世においては天皇制は相手にさえされていなかった。明治の日本の近代的国家形成とともに意図的に政治や軍事の「象徴」に祭り上げられたのである。
 >従って、戦前の帝国憲法との違いはあっても、戦後の日本国憲法における象徴天皇制は戦前の天皇制の「継続」である。
 日本の民主主義が官許の民主主義でしかない本質は日本国憲法の1~8条にある。憲法第9条をその他を大切にする人たちの気持ちは理解できるが、イイトコドリで1~8条の歴史的問題性に目をつぶっている。本当の民主主義者なら、天皇条項の問題性が気になるはずである。
 >日本国民はカースト制の頂点の穢れなき、清潔感、潔癖性に未だ心性として執着心を持たされている。
 潔癖と絶対を政治に無意識に求めているから、自然的に民主主義の分配過程に付随しがちなカネ問題を政治判断の絶対基準とし異常反応するのである。
 天皇の臣たる認証官僚が頂点に立って政治の節目節目で暴力を発動し、マスコミがぴったりと寄り添って発信することによって、この反民主主義的意識を国民に植え付けているのである。そして国民を秩序的に統合し、分を超えた権利を要求しないようにしている。 同時にこの憲法の成立に深く関与したアメリカの利害も日本国憲法によって得られるようになっている。
 政治は特別なモノでない。国民生活、経済の日常性の延長である。国民はそこにおいて特別に清らかな日常を送っているのか。ここのところで判断しないと間違った判断をしてしまう。 
第三。いわゆる下衆意識。
省略。

われわれに何ができるか、参議院選挙で自分の意思を示すだけです。

小沢さんは、ある意味原理主義者ですから、一応、国民の代表から起訴相当の評決が出たのですから、潔く身を引くと思います。
どっち道有罪になることはないのですから、再度、選挙民に信を問えばよいのです。
その後、根本的な改革を断行してほしい。

この審査会の結論には異義ありです。
due process of lawを知らん、低脳審査会だと思う。

だが
小沢さんにも異義ありです。

こないだ長崎知事選の応援演説見たけど、思いっきり利益誘導だった。ごく一部を切り取った映像だったけど、それでもひどかった。
知事になれば道路も造れる、と言ってました。

あと、暫定税率の復活や、
高速料金値下げのごりおしに
「国民の願い」だの「総意」だの言うのがむかっ腹立つ。
それを言うなら議員定数削減こそが国民の総意だろが。

小沢信者が多いな~w

検察審査制度を非難すんなら小沢が起訴される前から問題提議すりゃよかったろ^^;

まあ、これから不起訴相当処分とかになるかも知れんし、まだ分からんがな。

立件できる証拠がほとんど無いのも事実。
その証拠は隠蔽されたものなのか、それとも元からないものなのか自分達には分からない。

まあ、なんにしろ今後の展開を見守るしかない。

今更検察審査制度に文句言っても、何か変わるわけでもないだろ。

投稿者: 匿名 | 2010 年4月27日 18:53さん

とりあえず、まだ起訴はされていませんので。
展開を見守るしかないのは仰るとおりです。

展開見守っているうちに選挙は終わり、仮にどういった形で起訴され、仮に無罪になってもそれまで受けたダメージを実害の保証はしてくれません。検察審査会の成り立ちからいって小沢さんの不起訴不当起訴すべしという結果は分かっていた事です。問題はなぜこの時期かという事なんだよ。その程度理解してかきこましょうね匿名君。

それとHNぐらい名乗りなよ。どっかの信者君

絶句。
この際、鳩山総理は党内の不満分子を一掃すべきです。
既に間髪をいれず退陣を要求している渡部恒三・生方幸夫は除名すべきです。
ここで党を割るくらいの覚悟が欲しいです。
検察権力に対抗しないでこのままでは何年経てどもこの国は普通の国にはなれません。
今、小沢氏の力になれるのは貴方をおいて他にない。

>>お縄様

良くご存知で。

今、ポッポとお縄が祭り上げられているのは、

悪魔で「政治資金規正法違反」の捜査範囲内としてです。

国会で言われている様に、
「脱税、収賄罪、マネロン等、例えその資料があっても今回の件に勘案されておりません。」

そして、潔白では無く、「政治資金規正法違反としての嫌疑不十分」という立場です。

お縄は必死に「私、潔白!」と申されておりましたが(失笑)

そして、証拠隠滅のお話ですが到底無理なお話なのです。

重要な書類であればあるほど、「残して置かなければいけない物」ですので。

お縄様は、FIUを御存知なので、この手の簡単なお話はずっと前からわかっていらっしゃると思いますので、

行く末を見届けましょう。

何なの、ここの意見は?まったく世間の常識と乖離してますね。
だいたい今のマスコミが小沢や民主党に攻撃的というのは、どこをどう解釈したら、そう捕らえられるんでしょうか。鳥越や大谷なんか過去の発言と、どう整合性をとるのか、というものばかり。そもそもここに来る人たちは官僚を支配階級だと思いすぎ。マスコミ人のほうがどれだけ特権階級なことか。本当にびっくりしました。

実は、昨日までに、平野先生の「小沢一郎 完全無罪」を読み終えたので、機会あれば、感想を書き込みたいと思っていました。特に感銘を受けてのは、終章243~25
5頁  でした。 現在の民主政権、そして、小沢幹事長に対しての、検察の暴走と、これに同調するマスコミあげての、小沢=巨悪人への世論誘導の流れが、平野さん仰るとおりソックリで。今日、発表の「起訴相当」を予言されていたようです。   不肖、私が、この動きに一言、いわせていただくと、前日からの前原発言は、予め、米国側の動き(キャンベル訪日)と呼応しての親米派国交大臣のアリバイつくりだったとしか思えません。  民主党サポーターのひとりですが、議員の皆さん。 此の儘でよいのですか!
!!

<ユダヤの知恵>
 夜7時のNHKニュースによると検察審査会11人全員一致の決議とのことです。
 私はイスラエル、ユダヤでは全員一致の決議は無効であるというルールがあること聞いたことを思い出しました。
 日本人も少しはユダヤの知恵を知る必要があると思います。
悪魔の笛に踊らされない為にも。

【検察審査会議決の要旨】
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/04/2010042701000886.htm

???!

民意を反映させてその適正を図るための検察審査会って、何の意味があるのか???

この議決内容を読んで、仰天してしまった!!

素人による、小沢怪しいという気分によるもの、バカバカしくて話にならない!!

とりあえずの感想。

個人的には検察審査会は良い制度だと思ってます。正しそれは検察とメディアが公平公正で正常だということが前提でです。
検察とメディアによって洗脳された審査会(一般国民)では問題があると思います。
現状の検察・メディアはどうみても異常です。

あり得ない。
検察・警察国家でいいのか。

「教えてください」

皆さんの投稿を拝見しましたが感情が先走っているようで心配です。検察審査会の制度についても新聞やWikipediaの情報を拠り所にしているようですが、裁判所のホームページhttp://www.courts.go.jp/の右列下部に「検察審査会」について詳しく解説していますのでご覧ください。

検察審査会は審査を終えた場合、(1)不起訴相当、(2)不起訴不当、(3)起訴相当の三つのうち,いずれかの議決をします。小沢さんについては 起訴相当の議決のようですが議決内容を私は分かりません。議決した後は(1)議決書を作成する(2)検事正と検察官適格審査会に議決書謄本を送付する(3)検察審査会事務局の掲示場に議決の要旨を掲示する(4)申立人に議決の要旨を通知することになっています。

鳩山さんの不起訴相当の議決については、(3)の検察審査会事務局の掲示場に掲示さけた議決の要旨がすぐに新聞等で取り上げられたと思うのですが、小沢さんについてもどこかの新聞やサイトに出ていますか。出ていたら教えてください。

私が探した限りでは見あたらないのです。日経新聞の内容がそうなのでしょうか(日経新聞の「起訴議決」は法律用語としては誤りです)。http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E5E2E7E38DE0E5E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL 私は「議決の要旨」を確認してから鳩山総理の不起訴相当の「議決の要旨」とを対比してコメントしたいです。

http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/221.html
パンさんのリンク先と合わせて読んでください。
検察審査会制度そのものは、被害者視点にたった制度だと思います。それで権限が強化されました。もともとは政治案件ではなく、事故死や飲酒運転の被害者の遺族の方の要望がという印象をもっています。

しかし公判での西松幹部の証言といい、裁判では無罪となる可能性が大です。それなのに今回の検察審査会主張する内容はあまりにも無理がありすぎます。無罪だったらどうするのでしょうか。

こんなに民主が好きな人が集まっているサイトは初めて見ました。すごいですね。皆さん必死の意見がよく伝わり大変安心しました。
皆に知らせます。

とうとう、くるところまできてしまった!!!
何故、今まで誰も起訴理由の矛盾を指摘して反論すらしなかったのか?

そもそも、2004年の4億円の収入は下記の通り記載されており、小沢氏への返済は2005年、2006年にそれぞれ2億円づつ返済されて完済されているのですよ。なので、2007年の返済は、小沢氏が銀行へ返済をしただけということなのです。

本件の場合、重要なことは、2004年においては当該土地を小沢さん個人の所有とするのか、陸山会の所有にするのか(陸山会の支出なのか)は確定していなかったという事実です。他人名義の土地を収支報告書に記載せよとはムチャクチャだわ。

従って、2004年の土地代金支払いは小沢氏個人の支払いであり、2005年に小沢氏より陸山会へ譲渡したのであるから、2005年の収支報告書に記載した内容は全て正しい会計処理です。

検察等の主張は、上記のストーリーをすりかえているだけで、もともと2004年の収支報告書に記載すべき会計事象ではありません。2004年に4億円の収入を追加すれば、8億円の記載をしろと言っている訳です。2007年に4億円の返済を記載しろと言っても総収入額にもそんなお金は陸山会にはありませんでしたよ。だって、2004年の4億円は土地購入で使ってしまっていますから。

下記に収支報告書の記載内容を示しますので、もう一度よく見てみましょう。
【2004年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 151,229,466
寄付 政治団体分 157,100,000
借入金 小澤一郎 400,000,000
【支出】
事務所費  38,355,343
【負債】
借入金 小澤一郎 491,478,416


【2005年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 610,051,380
寄付 政治団体分 309,060,000
【支出】
事務所費 415,254,243
その他の経費 239,702,734
【資産】
(土地)世田谷区 342,640,000 17.1.7 476㎡
【負債】
借入金 小澤一郎 263,939,061

どうです。どこにも虚偽記載などないでしょ。

「真摯に受け止めればいいと。花も嵐も乗り越えて」(亀井静香郵政改革相)

亀井さん良い事言いますねぇ!

私は16年間変わらず応援して来ました。モチロンこれからも変わらず応援しますので小沢さん頑張ってください。

小沢さん!決して忘れないで欲しい、日本国中にあなたを支持し変わらず応援し続けている数百万人の国民がいる事を。あなたは決して孤独じゃないと云う事を。

お互い顔も知らないけれど、みんなそれぞれの思いを込めてあなたと一緒に戦っています!

がんばれ!小沢一郎!


素人がプロの仕事に「ノー!!」

医者が健康体であると診断した人に対して、街行く素人11人全員が「この人は病気です」と診断した

建築士が構造計算した建物の図面を見て、街行く素人11人全員が「この建物は構造に欠陥がある」と判断した

なんでも鑑定団の陶器にやたら詳しいおじさんが「いい仕事してますねー」と唸った茶碗を見た街行く素人11人全員が「この茶碗はタダ同然だ」と言った


プロフェッショナルの判断に対して、その結果を知っていながら逆の判断をする素人たち。

検察から証拠としてどんな情報を与えられたのだろうか
はなはだ疑問である

検察は、起訴相当と判断したのはあくまでも民間人であり、それこそが民意である
とでも言いたいのだろうが

可視化されずに密室で行われた判断には少しの信憑性も無い。

自民党やプロ奴隷はツイッター攻撃を仕掛けています。あらゆる手段を通じて反撃を開始しましょう。

ここまできたら小沢の開き直りに期待したい。
幹事長に居座れば良い。
幸い支持率は無能鳩山と側近、岡田のお陰で20%まで落ちている。
小沢不起訴で0になっても落ちたのは20%だ。
逆に官僚打破に発破をかけて、内閣を官僚との戦いに引き出せば良い。
普天間も修正案は反対とぶち上げれば良いのだ。
検察審議会やマスコミなど無視すれば良い。
鳩山には民族政治家の祖父と官僚政治家の親父の血が流れている。
祖父を理想としても辞任や失脚にはなりたくなく、それでも親父を超えたいというのが揺らぎの源泉で、それが小沢を総理就任まで利用した要因だろう。
総理就任後は小沢を捨てた。
七奉行と官僚との友愛に戻ったのである。お暮らしなど東京の貴族、税金と権力をたらい回ししている現代貴族の言葉である。夜は食事と観劇、韓国俳優との付き合いと貴族社会での生活にどっぷりつかっている。麻生と同じ。沖縄の声などどこ吹く風である。
官僚は貴族予備軍。だからかわいい。リストラなんて考えない。
こんな鳩山に政権交代時の権力闘争で無力であった小沢の敗北である。
しかも小沢の持論を盾に党に押しこられた。
もうこうなれば小沢は批判を恐れず、内閣と戦うしかないのでないか。失うものはなにもないのだ。
どんどん意見を発すれば良い。
普天間は私は関係ないと逃げるな。小沢にしては情けない。
高速道路上限かも同様。
東京外環など民主党にとって下の下だ。完全に小泉ネオコンに戻った。
おそらく衆議院選後政界再編の準備で前原・岡田の七奉行は自民清和会安倍・中川と画策するのだろう。
これにみんなの会、日本創新が参加するとみている。


小沢は直接国民の期待に応えることだ。
総理が党と内閣の一元化など鼻から組織をつぶしているのである。
原則にこだわる必要はない。
今こそ戦え小沢一郎。
鳩山・平野・岡田・前原の官僚勢力との戦いに勝って初めて最強官僚天皇の官僚 検察との戦うチャンスが訪れる。
検察と戦う前に最強官僚 外務官僚にも勝利してほしい。

今日、大阪地裁で、凛(りん)の会元会長倉沢邦夫被告に対し、無罪判決。

おい!検察。
何だ、このグットタイミングは!!

誤魔化そうとしてんじゃねえぞ!!

大阪地検、【無罪とした点は、極めて意外】って、何だ???

こっちが、その発言に、超、超、超ビックリだ!!!

おい!検察。
おまえらを絶対に追い込んでやるからな!!見てろ!!!

小沢幹事長は幹事長を続ける旨宣言した。 当然と言わないといけない。 小沢幹事長を支持して, 官僚政治打破と議会制民主主義の確立を支援しよう。 

なお, 小沢幹事長は日本国憲法の解釈を巡る不毛な論争に決着を付けるために, 二つの案を持っているが, 日本国民はそのどちらかを選択するのがいい, と思われる。 【小沢一郎 : 『日本改造計画』 講談社 (122ページ~126ページ)】

---本を売る為のエセジャーナリスト---

最近、ツイッターを見ていると、ゴルフの話(?)をしているジャーナリストがいるし、2月に地検の不起訴判断が出たら小沢氏が反論しなかった事に不服を言う元地検のOBが出るし、小沢氏がやめるべきだとあきれた持論を書く主催者がいる。


TVで収入を得るために魂を売渡したのかと疑いたくなる気持です。最近では、自信の本を売るための宣伝が盛んだが、それがジャーナリストだといえるのだろうか?

・彼らは、プラカードを持ってデモでもしたのだろうか?
・注目されなくても、具体的行動を起したジャーナリストはいたのだろうか?

いや、ラジオ等で真実を述べたと言訳をするかもしれないが、それは日々の生活の延長でしょ。お酒を飲むための行動でしょ。そうではなく、無償でも、、、その方の心の中か沸騰した行動です。

今の危機を本当に感じているのだったら、本の宣伝をする ジャーナリストを私は信用することはできない。テロが起っているときに、立ち向わずに本を宣伝する?冗談ではない。それこそ、エセジャーナリストではないか?

ひょとして、彼らこそ、官房機密費から100万もらったのでは無いだろうかと疑いたくなる自分が情けない。

私も少しは(沖縄と東京に出向く)行動を起したが、所詮無力。でも、エセジャーナリストとはいえ、東京のど真ん中にいるのだったら、何か行動ができたのでは無いのか?
と、沸々と疑問がわき起るのでした。

検察は、検察審査会が起訴相当といえば捜査を再び行い、「民意」の名において小沢さんを起訴することもありうるのだろうか。きょうの東京新聞は、審査会が不起訴不当とした甲山事件で、容疑者が完全無罪を勝ち取るまでに25年を要した例を引き、「市民感覚」が「魔女狩り」と両刃の刃との危惧を記している。
「民意」、「国民感情」という実態の分からない正義感が、この国を引き回している。何かのお墨付きのように、大手メディアがこれをふりかざし、日本の未来に立ちはだかり、日本再生に向けたさまざまな努力を無にしようと死力を振り絞っているようにさえみえる。
小沢氏めがけて振り下ろされる鞭は、小沢氏だけをさいなんでいるのではない。この鞭によって傷つき、息絶え絶えになっているのは、日本という国の未来なのだ。
検察の小沢氏起訴はあってはならないと考えている。起訴はないだろうという観測の一方、「民意」の盾がさえあれば、検察は不起訴を撤回する可能性もありと、新聞には書かれている。
いま問われているのは、小沢氏問題を通して、国民が審査会の「民意」を阻止しうるかどうかである。
国民の政治意識の高さが問われている。

行政機構の一部である検察が「嫌疑不十分不起訴」としたものを
検察審査会という仕組でもって市民が「起訴相当」と全員一致で決定した意味は重たい。
これからは市民の時代です。

emー5467こと恵美様へ
 どうかまだ民主党を見捨てないでください。
生意気なことを言ってすみません。
いつも恵美様のコメントを読ませて頂いてその鋭さに納得させて頂いておりますが、私はまだ小沢幹事長が民主党内での天下を取る夢を諦め切れません。
しかも参院選を前に大きな影響力を持つ恵美さんの民主党を見限るかのような発言は大きな痛手です。
私も民主党にはいらいらしていますし、恵美さんのお気持ちもよくわかりますが、私のような恵美さんのご意見を参考にしてきた弱小者にとっては恵美さんの不存在はとっても辛いです。
どうか恵美さんの意見を心の支えにしている人間もいることを考え思い直して頂けないでしょうか。

春風さん

裁判は, 良かれ悪しかれ, 法律に則って行われるのです。 市民感情で裁くのではありません。 それとも, あなたは人民裁判の支持者ですか。

「検察と検察審査会を混同してはいけません」

検察審査会は当然のことですが検察庁の中に置かれるものではありません。裁判所の中に設置され運営費も裁判所の予算で賄われ、事務局員は裁判所職員です。

以下「裁判所」のホームページから検察審査会についての内容を一部引用します。

□これまでに審査した事件は
 これまでに全国の検察審査会が審査をした事件は15万件に上り,その中には,水俣病事件,羽田沖日航機墜落事件,日航ジャンボジェット機墜落事件,薬害エイズ事件,豊浜トンネル岩盤崩落事件,雪印集団食中毒事件,明石花火大会事件といった社会の注目を集めた事件もあります。
 また,検察審査会が審査した結論に基づいて,検察官が再検討した結果起訴した事件は,1,400件を超え,その中には,懲役10年といった重い刑に処せられたものもあります。

●検察審査会は,検察事務に国民の良識を反映させるところだといわれていますが,どのような仕事をするのですか。
 検察審査会の仕事は,大きく分けて二つあります。

・検察官のした不起訴処分の当否を審査すること

・検察事務の改善について建議・勧告をすること (asami注:検察庁の裏金疑惑などを取り上げることも可能)

●検察審査員に選ばれたら,事前の研修や説明などを受けるのですか。
 事前の研修はありません。

●法律や裁判のことを知らなくても,検察審査員として判断することができるのでしょうか。
 法律の知識は必要ありません。ご自身の良識に基づいて判断していただければ結構です。

●検察審査員・補充員として,守らなければいけないこと(義務)はありますか。
 次の三つの義務があります。

・審査会議に出席する義務……招集を受けた検察審査員・補充員は,原則として出席しなければなりません。どうしても出席できない理由があるときは,事前に書面でその理由を明らかにしてください。

・宣誓する義務……検察審査員・補充員は,必ず「良心に従い公平誠実にその職務を行う」ことを宣誓することになっています。

・秘密を守る義務……検察審査会法上,検察審査員又は補充員が,会議の模様(評議の経過又は各検察審査員の意見もしくはその多少の数その他職務上知り得た秘密)を外部に漏らすと6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとの規定があります。

●検察審査員に選ばれて万が一出席できなくなった場合どうすればいいのでしょうか。また罰則等はあるのでしょうか。
 病気などでどうしても出頭できないときは,検察審査会事務局に連絡してください。なお,出頭は義務であり,検察審査会法上,正当な理由なく招集に応じない場合は,10万円以下の過料に処するとの規定があります。

●守秘義務の内容はどのようなものですか。
 会議の模様(評議の経過又は各検察審査員の意見もしくはその多少の数その他職務上知り得た秘密)が守秘義務の対象となります。

●守秘義務はどこまで適用されますか。
 検察審査員・補充員を経験した感想を話すことは構いませんが,具体的な事件の内容などについて話すことは禁止されています。

●選ばれたことを知人に教えてよいですか。
 検察審査員として選定されたことを公にすることによって申立人や被疑者から不当な圧力が加わるおそれもないわけではありませんので,おすすめできません。

●検察審査員に対する守秘義務は,なぜ設けられたのですか。
 検察審査会の判断の公平性に対して国民の信頼を確保し,各検察審査員の自由な意見表明を保障するために守秘義務は設けられています。

●審査会議に出席するために必要な旅費などは支給されるのでしょうか。
 審査会議に出席した検察審査員・補充員には,出席される都度,旅費・日当のほか,必要と認められる場合には宿泊料が支給されます。

●日当は,どのようにして決めるのですか。
 検察審査員等の旅費,日当及び宿泊料を定める政令3条により,1日当たり8000円以内において検察審査会長が定めることになります。

●被疑者などに検察審査員や補充員となったことが分かって,逆恨みされたり,脅かされたりするといったことはありませんか。
 審査会議は非公開とされていますし,誰が検察審査員又は補充員であったか,どの検察審査員がどのような意見を述べたかなどについては外部に漏らすことが禁止されていますし,検察審査員の氏名が記載される議決書なども非公開ですので,被疑者はもちろん,申立人にも誰が審査に関与したか分かりませんので,ご安心ください。

●審査会長は,どのようなことをするのですか。
 審査会長の仕事には,審査会議の議長となって議事を整理するほか,次のようなものがあります。

(1)審査会議を招集し,検察審査員・補充員に招集状を発すること

(2)検察審査員が辞退したりして欠員が出た場合には補欠の検察審査員を選び,また,検察審査員が審査会議当日欠席したりして審査会議に参加できなくなった場合には臨時の検察審査員を選ぶこと

(3)審査の順序を変更すること

(4)審査会議に立ち会った検察審査会事務官が作成した議事録(会議録)を点検した上で,署名押印をすること

(5)出席した検察審査員・補充員に支給する旅費や日当の額を決定すること

などです。

●審査会長はどのように選ばれますか。
 立候補や投票により選ばれています。

●審査会長が選ばれる時期はいつですか。
 審査会長は各群の任期が開始した最初の会議で選ばれます。

●補充員とは何ですか。
 検察審査会は,11人の検察審査員によって構成されますが,検察審査員が1人欠けても,審査会議を開き,議決することができないことになっています。そのため,検察審査員が辞めたり,審査会議に出席できなくなった場合に備えて,補充員が選ばれているのです。任期は検察審査員と同じく6か月です。

●補充員に選ばれる人数は何人ですか。
 検察審査員と同数が補充員として選定されます。

●補充員の任期はどれくらいですか。
 検察審査員と同じ6か月です。

●検察審査員・補充員は,どのような身分になるのでしょうか。
 検察審査員・補充員は,その任期中,裁判所の非常勤の職員として扱われます。したがって,審査する事件についてわいろを受け取ったりすると処罰されます。しかし,任期中でも議会の議員の候補者になったりすることができる点などでは,一般の公務員とは異なります。

投稿者: マコト | 2010年4月27日 18:25 さま

小沢幹事長の掲示板に励ましのメールをしました。仰る通り、こういう時こそ支持者の声を直接届けることで精神的なサポートになることは大切ですね。

小沢さんは続投表明をしたようです、後はナベツネ氏と全面対決してどうやって選挙に勝つかですね。
小沢さんの事ですから勝算は有るのでしょう。

http://www.j-cast.com/tv/2010/04/27065435.html

こんな恥をかいたみのさん。明日の朝ズバは、番組冒頭から全力で小沢批判を繰り広げるでしょう。

国民を代表したかの様な態度で、一体小沢さんがどういった経過での起訴相当なのかも判らずに。

西松事件といい、この事件といい全く検証もしないで。結局判決なんて如何でもいいのだ。

起訴されたことで叩き支持率が下げれれば。後は無実で有ることが判るが誰一人これらの誤認の責任を問うものは居ないと言うことに成る。

こうなったら徹底的に小沢さんを応援しますよ。

検察審査会議決の要旨を見ても、虚偽記載する動機がないんだよな。審査会ではそういう事を議論しないのだろうか。もし裁判になれば動機が問題になると思うよ。水谷建設の4億円が出なければ、架空の物語だ。

ジャパンハンドラー・マスゴミ・悪徳検察・吸血官僚・薄汚い清和会・この国に寄生にする亡者どもは、流石に手強い。対する我ら国民は、その大半が偏向報道にまたしても踊らされ、大切な味方を血祭りに上げ真の敵の意のままに動いてしまうのか?歴史は繰り返すのか?
戦前から繰り返されてきた、このような非道を今なお続けていてはいけない。
このままでは、我々は黄色い猿以下でしかない事を自ら証明してしまうことになる。
選挙で亡者どもに『NO!』を突きつける他は無い。

<意志を力に!>
検主主義に鉄槌を下したいあなた!小沢氏を野垂れ死にさせない意志があるあなた!
意志を力に変えましょう。今こそ、敗北主義に陥ってはいけない。
小沢さんは、このまま民主党で参議院選挙に挑むのか?離党して、新党を立ち上げるのか?議員辞職して、禊ぎ選挙に挑むのか?
検察審査会の決定を予測していたはずの小沢氏が、どんな行動をしても支援できる様に、体制を整えましょう。
①小沢応援団に入ろう。
小沢さんの公式サイトでは、会費無料で応援団の募集をしています。サイトのエントリーシートに書き込むだけでOK!お金はかかりませんから、応援をする意志だけあれば、あなたの気持ちを小沢さんに伝えられます。
②民主党のサポーターになろう。
5月末までに登録すれば、代表選挙に一票をいれられます。万一、鳩山辞任で6月に代表選挙が行われても、投票できる予定です。2000円かかりますが、2000円で、総理が選べます。
小沢体反小沢の対決になる可能性も大ですので、ぜひ、準備をお願いします。党員とは違い、党の方針に従う義務はありません。
③「小沢一郎に日本を託す会」では、マスコミにツイッターで抗議を呼びかけています。アクセスすれば、各マスコミのアドレスが乗っています。
今こそ、意志を力に変えましょう。
<gristan様>
ゴールドマンサックスのお話、大変興味深く拝見しました。鳩山さんに辞める意志がないなら、平野・小沢切りの内閣改造をする可能性大です。
ゴールドマンサックスにとって目の上のタンコブ=亀井郵政担当大臣切りもあるかも知れません。亀井氏が担当でいる限り、いつ西川=ゴールドマンサックスの不正金融が表にでるか判りません。注意深く、見守る必要がありますね。
鳩山さんが不起訴相当で小沢氏が起訴相当になったのは、「早く小沢を切れ」との脅しです。アメリカ金融資本の意志かもしれません。
<奥野様>
小沢氏と取り巻きに、油断があったのでしょう。田中角栄も、まさか総理にしてやった中曽根氏が裏切るとは思っていなかったそうです。
誰かのお陰で地位についた者は、いつしか地位を手放したくない、地位は自分の力で手に入れたと勘違いします。
安住を許さない、小沢氏は邪魔でしかたないのでしょう。
小沢さんが田中角栄になるか否かは判りませんが、医者に変な注射を打たれない様に注意が必要です。
旧田中派の実力者は、不審な身体状態になる事態が頻発しています。

「検察審査会」というのは、一旦小沢氏不起訴を決定した「検察の判断」を再検証するのが目的ではないのか。小沢氏不起訴に至った過程に問題があったのならば、それを明確に指摘すべきであろう。
「審議議決」(要旨)を読む限り、そのような検討がなされたとは思えず、素人が相変わらず状況証拠からの推定を元に、例の「説明責任」を要求しているにすぎない。
こんなものは「審議議決」とは言えないお粗末なものであると思った。

「鳩山は不起訴相当」「小沢は起訴相当」。官僚支配という基準でみると至極もっとも。笑止。

民主党結党以来の支持者だが、小沢に乗っとられてしまい、いつかはこうなると思っていた。
法律的には悪いことではない(だから起訴できなかった)のかも知れんが、国民感情を完全に無視した態度。
このどこが「国民の生活が第一」なんだか。

10年かけて政権を取ったのにそれをわずか半年で潰しにかかってるんだから酷いもんだ。

岡田さんに頑張って欲しいと思ってるんだけど、彼も普天間で首相に鈴つけられなかったからな。
それでも、鳩ならまだいい。何で小沢に引っ掻き回されなきゃならんのだ?

結党以来の民主党支持者(小沢某などという外様は別)はみんな腸煮えくり返ってると思うぜ。

「クロじゃない」≠「シロである」ですよ。限りなくクロに近いグレーである事が白日の下に晒されようとしてます。

別項に投稿致しましたが、状況が状況なので、要領のみ再投稿させて頂きます。
ご容赦願います。
真の民主主義社会を護る為に、主義主張・党派を超えた会:
「小沢一郎幹事長を支援する会」の結成大会です。

「小沢一郎幹事長を支援する会」
日時 : 平成22年5月8日(土)午後1時から3時
場所 : 総評会館〔東京都千代田区神田駿河台3-2-11〕
参加費 : 1,000円
世話人代表 : 伊東 章 (いとう あきら)
事務局 :   〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-29-5
         山の手ビル11階 伊東法律事務所 内
          電話 03-3981-2411
          Fax 03-3985-8514
「結成大会への呼びかけ」文書の結語 :
  当日は、小沢一郎幹事長をめぐる政治状況等につき皆さんの
  率直な御意見をご披露頂けると幸いです。

本当に驚きました。
一体検察は小沢さんにどうなって
欲しいのでしょう。
政治生命を奪いたいのでしょうか?
そんなに悪い事をしたのでしょうか?
国民のどのくらいが小沢さんをここまで追い詰める事を
望んでいるのでしょう?
メディアの世論調査が検察審査会に影響しているとしたら
これは又非常に問題ではないでしょうか?
証拠が無くても起訴されるとしたら私たちは
何を信じたらいいのでしょう。
益々暗闇に引き込まれていくようで恐怖を感じます。
小沢さんに心の休まる日があるのでしょうか。
どうしたらいいのか、何にも出来ない自分が歯痒い。

検察審査会の判断を冷静に見て思惟すると、その本質は、検察の無能振りを白日の下に曝した事に過ぎないと、私は判断します。

 そもそも、検察審査会の目的は、検察審査会法の第1条「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図るため』であり、その管掌は、同法第2条第1項の1号に「検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項」と明確に規定してあります。

 ということは、検察審査会は、不起訴を決めた検察が故意か過失かは措いて、不適正な処理をしていたと判断したに過ぎないから、法務大臣は、仮令、検察庁が滅んでも『正義』を行い、小沢一郎さんも、仮令、自身の政治生命が滅んでも『正義』を行うことを、私は期待します、法の本性を変えずに生き遺すために…。

 因みに、罪刑法定主義の本性は、「法律を試みるに道理と証文に基づく事実に過ぎず、道理証文よりも現実の証拠に裏付けられた事実に過ぎず」のはずですが、世論調査の結果で起訴すべきか否かの判断が為されるならば、法定主義の『正義』が廃れ、秩序が乱れて『3K世間(危険な過誤で禍根を残す世間)』になリ、国民をして『不毛痴態』に沈没する『自殺行為』だと、私は思量します。

奥野様
小沢はジ エンドなどと情けないしょげたコメントでがっくりしていましたが、2回目の投稿ではどうされたんですか、開き直りは奥野さんの心中?、ほっとしました。うれしくなりました。
書かれているとおり小沢さんは徹底的に官僚、マスコミ、訳のわからない輩(七奉行とか)と遠慮する事なく戦ってほしい。小沢さんは参議院選挙の勝利を目指すためには幹事長を辞める事はない。必ず勝ってほしい。選挙後はすぐにでも内閣にはいることですね。学級委員もどき内閣を真の内閣に作り上げてほしい。起訴など弁護士に任せてこの国の舵取りをしてほしい。奥野さん、『小沢氏がこの逆境どう乗り越える』か教えてください。

検察やマスゴミが猛烈に偏向して叩いているからといって、小沢が善人という事にはならないでしょう。

何でここの一達って、盲目的に小沢=善人というのを信じてしまうんだろうか?

欠陥がある事がわかっていながら子供手当ての法案を、選挙の前のバラまきとして強行採決したのが小沢です。

選挙に勝つためにはどんな手段でも用いる。

それが明らかな売国政策である外国人参政権を推進する在日企業からの献金であっても、カルト宗教・創価学会の公明党とも組んでしまうのが小沢。

こいつのどこが善人なんだか。

まだ勝負は決まっていません。
昼過ぎ「村木さん事件」の傍系の無罪が出た時、いや~な予感がしました。必ずパックで来るとおもっていました。その2時間後にこれです。
私達が今怖いのは「もうウンザリだ」と小沢さんが投げ出すことでしょ?
残念ですが、しかし、もう、彼を解放してあげましょうヨ。
彼は闘った。経過はどうあれ
それだけで「良し」です。
結局私達は口先だけの「卑怯」な面々でしか有り得なかった事を反省すべきでは?
今の小沢さんにとっては私達への蔑視嘲笑の気持のが多いと思いますヨ。
ところで高野さん。「貴方はどこまでも民青根性が抜けきらいみたいですネ」
あの頃の人達がもういないってのは間違いですヨ。
奥さん「加藤登紀子さん」を懐中にしたとしても・・
ご忠告申し上げます。
樺美智子さんへの総括が貴方に出来ますか?知らないとは言わせませんヨ。民青的思考はスターリンと同じです。
金に塗れていようと汚かろうと
・・今までの潜在させらた価値観を覆そうとの小沢さの戦いに心か

ら感謝します。

予想されていたとはいれ、くだらない結果にただただうんざりするだけです。
特捜検察も検察審査会もいらない組織ですね。罪の有無が真実に基づいて判断できない以上、存在意味がないですから。

メディアが健全に機能しているのであれば、今回のようなことは検察の異常性が国民に知れることになるだけなので大した問題ではありません。問題はメディアと検察が一体となって両者に都合のよい解釈を報道することです。健全なメディアは国民に真実を伝え不正の監視機能を持つはずなのに、もはや常軌を逸しているとしか言いようがありませんね。おそらくメディアと検察は利害が一致しているから一体化して動くのでしょう。この利害を暴き消し去ることができれば状況を変えられるかもしれません。利害で結ばれた関係などは「真の友情」ではないので、利害を失えば壊れるのも早いかと思います。

「検察の暴走だ」と騒いでいた人たちが、
今度は抽選で選ばれて11人満場一致の決議をした「検察審査会に」いちゃもんですか・・。

裁判員制度と同じ趣旨で出来た制度なんですが、

ここの人たち、民意をなんと心得ているのでしょう。
もう少し冷静によく考えた方がいいと思います。

そよ風さん

あなたみたいな人がいるとは思わなかったよ。 樺美智子さんの名前を 「THE JOURNAL」 に出したのは、 僕が二度、 あなたが一度だ。 これからもっと彼女に登場してもらおう。 「民青的思考はスターリンと同じです」 その通り。 頑張れ!

「杉並からの情報発信です」からの引用です。
(http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/7b30830ddc40778331438282b05be8fd)

「小沢一郎を告発した市民団体と、在特会の桜井誠氏、「博士の独り言」の島津義
広氏が検察審査会へ小沢氏不起訴不当の審査申し立てをしたそうです。」

大体そんなもんでしょうし、今日の結果も想定通りですね。既得権益側が何としても民主党政権をつぶせないまでも、弱体化させようと必死なのだから、権力闘争だから必然かな!!

参院選挙まで騒ぎ立てるでしょうが、こういう時だから落ち着きが大事では…

世界がいまの日本をどうみているか・・・米国の真の狙いは何か・・・

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報さんの4月26日のブログは一読の価値があると思いますが…

http://amesei.exblog.jp/

愚者の楽園ですか

今回の検察審議会の起訴相当決定には驚きました。市民感覚などといういかがわしいもので安易な決定がなされるシステムに背筋が寒くなります。何れにせよこうなれば行くところまで行くしかありません。次にどうなるかを見守りましょう。7月の選挙のあたりに2回目の起訴相当を出すんでしょうね。こうなれば意地でも民主党に票を入れます。

能書き垂れてないでチャキチャキと反撃しよう。この期に及んでの分裂主義は利敵行為だよ。奴等の狙いは小沢潰しによる政権奪還だ。取敢えず団結せよ。

これからの展開がどうなろうとも小沢幹事長を信じていきます。

本来は先週発表で、一週間伸びたことが鍵なんじゃないのかね。この一週間で何があったかというと、高速道道路料金の小沢幹事長と前原大臣の対立がマスコミによって大きくクローズアップされてた。それが判断に土壇場になって判断を変えたんじゃないのか。
しかし特捜案件&政治家案件は検察審査会から外すべきだろう、直接的被害者がいないんだから、検察審査会の被害者救済という面も無い。
鳩山政権に与えるインパクトはまるで昭電疑獄とそっくりだね。

「神は死んだ、人間がそれを殺したのだ」

☆民主主義では、知性は全ての人間は同じと考えたから、多数者の意見が少数者の意見より英知があるとした(何の根拠もない)。個人が組織に属したとき「大衆」に転落する。ヤスパースは無知な大衆の中で効果をあげるにはマスコミが必要と断定した。ホセ・オルテガは言う「無知な大衆は無知な大衆でない者との共存を望まず、リーダーシップをもつ極めて有能な者を徹底的に憎む」「民主主義の欠陥は、マスコミの扇動により無知な大衆がこの有能な人を引きずりおろし、極めて愚かな人に熱狂することである」。(小沢と小泉のことか)。

☆大衆社会は極めて有能な人材をことごとく抹殺する宿命をもってすでに久しい。その意味で民主主義はプラトンのいう衆愚政治であり、知識人退治である。舞台は第一権力とも言われるマスコミの誘導をもとにした世論調査によって上演される。劇中で、無知な大衆がすべての有能な人材を抹殺した後、マスコミはこの混乱している世を救ってくれる理念を持ちリーダーシップをとれる100年に一度現われるような有能な人材はいないのかと、したり顔で嘆いてみせる。

☆官僚にとって政治家は無力かつ無能であることが望ましい。それよりもテレビや新聞を利用し、国民への洗脳で政治不信で無関心である事が最も望ましい。

☆マックスウェーバーによると「官僚制」はひとたび完全に実施されると、破壊することのもっとも困難な社会形象の一つとなる。官僚制化は、官僚による「共同社会行為」を合理的に秩序づけられる「国一番の利権行為」に導く特有の手段なのである。官僚制が一度でも、完全に滅亡するという歴史的実例はまったくない。官僚制は普遍的なのである。

☆明治以来、政治の実権を握ってきたのは官僚であり、彼らに逆らえば検察とマスコミが動いて政治生命を絶たれた。官僚と検察が頂点に立ち、マスコミが大衆を操縦してきた。日本の検察官は正義への鋭い感性で動機づけられているのではない。単なる公の秩序維持・体制組織の維持・官僚機構の既得権益維持に心を寄せているだけである。検察官も官僚制度の下僕であるから、革命的な強力政治家が現れて、官僚たちが脅威を感じたら、検察全体が動き出し、革命家を抹殺する。

はたして革命家小沢の運命やいかに。

<匿名 | 2010年4月27日 19:51様>
私の拙文をいつも読んで頂き、ありがとうございます。
さて、私も小沢政権を諦めていません。
その思いは、上記「意志を力に!」に書きましたので、読んでくだされば、幸いです。
匿名様、できればハンドルネームを頂けないでしょうか?
この板には「匿名」が複数存在し、中にはネトウヨさんもいます。
今後とも、イロイロ情報交換したり、議論をさせて頂きたいので、ハンドルネームで結構ですので、お願いします。

どうも今回の審議会の決定には合点がいかない。

11人の抽選で選ばれた民間人全員が起訴相当の判断を下したそうです。かの国においては満場一致の議決は無効との取り決めがあると聞いたような気がします。これ程、取りざたされ意見が交錯してる問題に満場一致で不起訴を否定する議決ほど不思議なものはありません。

どうのようルールのくじ引きで選ばれたのだろうか。任期は半年と言うことですがその間そのような問題を扱いどの様なレクチャーを受けてきたのだろうか。
本人達の素性は明かさなくとも、どの様な資料を基に判断がなされてきたのだろうか。議事録はあるのだろうか。

審議会の構成そのものがベールに包まれ、果たして公正性が保たれているのだろうか。非常に疑問です。

検察審査会法を読んだ限りでは、互選された審査会長が権限でリード出来そう。審査の順番は審査申請順だが、今回は会長の権限で優先的に審査しとるし。

今日のニュースは見るに堪えがたい。

小沢さんも相も変わらず「公正な検察の判断」で不起訴となるだろうと言うことで続投。(本当であれば検察を非難してほしいところだ)

しかし、起訴されることは目に見えている。
有罪無罪にかかわらず、公開の場である裁判所で議論すべきと言うのが起訴の理由だからだ。これは明らかに検察の担当者レベルの考え方と思う。

しかし、検察審査会は民意の一つだけに小沢さんも表立って非難できないと言うことか。

ここは、国政改革を実現するために、何としても踏ん張ってもらわないといけない。

小沢幹事長サイドで考えてみると
・連休中のアメリカ訪問を結局止めたこと
・今日行われるはずであった地方回りを直前にやめたこと
反小沢サイドで考えると
・高速道路での前原大臣がいつも以上に頑なな姿勢
・マスコミのいつもどおりの、事の本質から離れた意思決定のゴタゴタのみを取り上げた騒ぎ立て

やはり検察リーク以上の情報の伝達が審査会と外の世界で行き来し、事前に情報が漏れてる可能性がある。政治≒権力闘争という側面がある以上、特捜案件&政治家案件はいつも市民目線からかけ離れてるのが当たり前であって、被害者もいないのだから、審査対象から一律外すべきだと思う。実際に二階氏の場合はかすりもしないで外されてるのだから。

なにこの小沢擁護コメントたち・・・
気持ち悪い。

日本は平和だなぁ~さん
のおっしゃるとおりです。

戦いは始まったばかりです。2009.8.31の政権交代は市民革命の最終成果ではなく、戦いの火蓋が切られた日に過ぎません。
また、この歴史的な政変は、一人小沢一郎だけの戦いではないのです。
われわれ一人ひとりの戦闘です。

よしんば小沢一郎が戦闘能力を奪われる事態が惹起したとしても、戦いは収束しないし、遅滞逡巡する必要もないのです。

元株屋さん、
em5467-2こと恵美さん、
小沢氏への攻撃の苛烈さ、卑劣さにいらだつのは止めましょう。
われわれのいらだつ姿は敵の攻撃の「有効性」の証明になります。

敵が繰り出す妖術・幻術の目的は小沢氏本人の抹殺もさりながら、むしろ有権者・支持者の惑乱です。

このところの敵の手は、まさかこんな稚拙な、汚い手は使うまい、ということが常態化しています。
(ワシントンポスト紙やウォールストリートジャーナルのヨタ記事の無批判なタレ流しなど。)
つまり敵はなりふり構っていられないレベルまで追い詰められているのです。
新聞の購買停止運動や、テレビの不視聴運動や、スポンサー企業への抗議活動などが徐々に効いて来ているのでしょう。


少なくとも私の周りで、前回政権交代のために投票した人間で次回は投票先を変えようという人間はひとりも居ませんよ。

やるべきことは、
もし自分の身近な人間でマスゴミの妖術にかかっている人間がいれば、一人でも多く正気の戻し7月の参院選でもう一度きちんと投票に行かせることです。

われわれは冷静に、身の回りで「一票」を増やしていきましょう。
これが、フツーの生活を営む国民の民主主義確立への戦い方です。


私事ながら、
明後日還暦を迎えますので、アラカンではなくモロカンなりますが、
知人たちがくれるという赤いチャンチャンコを陣羽織に羽織って燃える闘魂を7月の陣に向けてブーストさせますよ。


*子育て現役アラカン → 子育て現役モロカン(4月29日以降)

jijicomより引用

「想定内」「証拠評価の問題」=起訴可能性に否定的-法務・検察

 検察審査会の起訴相当議決について、法務・検察幹部からは「想定していた」「証拠の評価の問題」などと、冷静な声が聞かれた。今後の再捜査については、「新証拠が見つかる可能性は低く、判断を覆すのは難しい」と、小沢氏起訴の可能性に否定的な見方が大勢を占めた。
 検察首脳の1人は「想定していた」とした上で、「共謀はあるとしても、罪を問えるほどのものなのか。どういう共謀なのか具体的な指摘がないのに、起訴できるという指摘ばかりしている。『小沢氏はけしからん』という気持ちがあるのかもしれない」と話した。
 別の幹部は「われわれは、80%有罪でも20%無罪だと思えば起訴しない。証拠の評価が違うということだ」と淡々とした様子。
 法務省幹部は「内容が粗い。公開の場に引きずり出せというだけではないか」と苦言を呈した。
 小沢氏や起訴された3被告への再聴取については、「任意捜査だから、断られたらそれまで」「事情聴取しても、同じ説明の繰り返しになる」などとする声が上がった。
 中堅幹部は「時間をかけずに不起訴にするのではないか。再び起訴議決が出れば、それは国民の意思だ」との考えを示した。(2010/04/27-21:12)

議決書には小沢氏のことを「絶対権力者」だって。マスゴミはこういう表現多いよね。検察審査会のメンバーはマスゴミの見過ぎで洗脳されてる?(笑)

「市民感覚」との言葉が出てきた時点でこの結果はわかりきっていた人も多いはずです。

米国では裁判員制度が出来てから、交通事故の再現にCGなどが多用されるようになりました。
裁判に勝つためには、「物理的」にあり得なかったり、あり得ても非常に特殊な条件でしか成立しないような車の挙動がCGで「それっぽく」再現されていたなどと、まことしやかに言われております。

「市民感覚」などと「それらしい言葉」を使うと「理論」「理屈」と言った人間として大事な「理性」が取りさらわれ、ただの好き嫌い、見た目のインパクトといった「感情」に流されます。
戦争を知らない若輩ものですが、日本が戦争に突入していった時はちょうど今と同じように「煽られた感情」が「人としての理性」を覆い隠していったのではないか、と危惧しています。

ただ、これも「市民を代表した人間」の意見と言うのであればそうなのでしょうから、そのことに関しては、是も非もなく、淡々と受け入れる以外はないのでしょう。

唯一あげるとするならば、「検察審査会の人間」が「市民の代表」との立場で権力を行使した以上、私達を含む「市民」に対して、この事件のどこのどういう内容を見て、どのように結論づけていったのか、を詳細に説明する責任は出てくるでしょう。

それは「代表者」を語る人間の最低限の責務であると思います。

鈴木ムネオ氏の言葉です。そのとおりですね!雑音に影響されないようにしましょう!

「民間人の声、判断も重要な民意だが、それが絶対でないことは明らかである。検察審査会の判断は判断として、今後の推移を見守りたい。
 同時に小沢幹事長は、堂々と幹事長としての職責を果たすことが、国民から選ばれた国会議員の責務である。雑音を気にすることなく、信念を持って、民主主義を守るのだという決意で先頭に立ち、頑張って戴きたい。

元々起訴したくてしょうがなかったのにもかかわらず証拠がそれ程無くて不起訴にしたのに「起訴相当」と言われても検察も困るんじゃないでしょうか。
審査会の人たちもこれまでの報道に影響されたような議決理由なのでマスコミの責任は重いです。

今回の小沢幹事長に関する「起訴相当」の議決、僕はすごく意外でした。
根本的には、「刑事裁判」「起訴」とは何かの捉え方が、今回の検察審査会と従来の検察とで大きく違うのだと思います(これは、今日の東京新聞でも触れられているようです)。

つまり、検察は、「確実に有罪にできる場合だけ起訴する」という考え方で、その結果が有罪率99%です。その結果、検察が起訴したらマスコミも「有罪=犯人扱い」で報道し、社会も徹底的に叩きます。

これに対して、今回の検察審査会は「怪しければとりあえず起訴して裁判で白黒の決着をつけよう」という考えで、その結果は、有罪率は50%となるでしょう。

今回の検察審査会の考え方も可能なのですが、これを日本に適用するためには、起訴されても50%は無罪になるのだからその起訴された被告人の日常生活は現状のまま保障して、「犯人よばわり」するのは止めようという体制・社会常識を作る必要があると思います。

「気持ち悪い」といった五感の皮膚感覚よりも、大脳皮質を使った思考を働かせろよ。交感神経で判断してたら、下等動物と同等じゃないか。
どんな形にしても全体主義はコリゴリだわ。政治が全体主義になりそうなら、今の野党に投票行動で応援するまでであって、小沢追求の話とは今は無きサンプロ始め各方面で言われてることだが、別問題だろ。

昔「革命的敗北主義」なんてほざいていたことがあった。

それが現実社会と乖離している間は良かったが、現実そのものに直結した今は「敗北主義」なんぞくそくらえ!なのだ。
あくまで「勝利」あるのみ。その勝利はまぎれもなくわれらが「政権交代」の第二革命での勝利すなわち参議院での勝利である。(別に現状でもいいのだが)
 と同時に、マズメディアに対するネットメディアの闘いであり、その完全勝利を勝ち取ることである。

ブローバンド世帯2300万、携帯ユーザ数1億2千万のこの時代、ツイッターの情報発信に接するネット人口だけでも軽く2000万は越えている。その他、多数のマスメディアに辟易したり、飽きたり、おまけに今更「黒電話」に「個人情報」を公開するまでもなく、永遠にRDD方式によるマスゴミのマッチポンプ与論調査の対象にすら引っかからないおびただしい「新世紀人達」の「良識」と「良心」を信じて、第二革命を実現しましょう。

ここでまた元の木網に戻るのか、真の国民革命を目指すのか、少なくとも「敗北」をいとわず戦うのみです。「がらがらポン」でもなんでもいいですから、最後まで小沢氏に期待することに覚悟を決めています。幸い亀井氏などもそのつもりのようですので、そのときはそのときで腹をくくるだけです。

今までの検察の脱法行為からして審査会人選に脱法行為があっても不思議ではない。
議事録も全く公開されずに結果だけ起訴相当だから検察の誘導や十一人の中に数人反小沢の輩がいれば如何様にでも結論は誘導できるだろう。全くの素人相手だから誘導するのはいとも簡単だろう。
所詮、検察官僚が国民のガス抜きのためにつくったものだろうから密室での取り調べと同じだろう。筋書き通りに進むだけ。

不起訴になったとき、朝日テレビでヤメ検の大沢が余裕で「まだ検察審査会がある」と言っていたのを思い出す。
この国の検索官僚のやりたい放題は酷すぎる。

でも裁判で有罪にはできるわけがない。参議院選の為になんとか風を吹かせたいのだろうけど絶対に逆風を吹かせよう。

千葉大臣いつまで寝ているのだ。あなたは何をしているのだ。検察審査会の議事録を発言者を匿名扱いで公表すべきだろう。

政治的に影響の大きな問題だから情報公開をすべきだろう。
この様なケースでは守秘義務は当てはまらない。
匿名なら全く問題がないはずである。

私は今日という日を忘れない。腐った日本を立て直すまで。雰囲気や印象の操作で「世論」という名の虚構を醸成させ自己の既得権をただただ守ろうとする官僚たち。こうなったら検察を頂点とした官僚と全面対決して息の根を止めるまで頑張って欲しい。小沢総理の誕生を強く求める。

匿名 | 2010年4月27日 21:50

おまえのほうこそキモい。

それだからまともな仕事に就けにないのだ。

戦後の代表的な冤罪事件である甲山事件で、検察審査会がはたした役割に思いを馳せるべきです。甲山事件では、一人の人間の人生を二十数年間奪う事を、検察審査会という名の匿名の人間の集団が行なったわけです。これはリンチと同じです。このような重大な公権力の行使を、匿名で行なう制度は許されないと思います。

上の方のコメントにも出てますが、時事ドットコムの記事によると、

「別の幹部は「われわれは、80%有罪でも20%無罪だと思えば起訴しない。証拠の評価が違うということだ」と淡々とした様子。
 法務省幹部は「内容が粗い。公開の場に引きずり出せというだけではないか」と苦言を呈した。
 小沢氏や起訴された3被告への再聴取については、「任意捜査だから、断られたらそれまで」「事情聴取しても、同じ説明の繰り返しになる」などとする声が上がった。
 中堅幹部は「時間をかけずに不起訴にするのではないか。再び起訴議決が出れば、それは国民の意思だ」との考えを示した。(2010/04/27-21:12)」ということです。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010042701054

これが検察上層部の意思だとすると、今後の予測としては、検察は改めて不起訴処分をして、再度、検察審査会が審査をするが、メンバーの半分はそのときは入れ替わっている。メンバーにもよるが、再度の「起訴相当」はなく、せいぜい「不起訴不当」の議決で終わるだろう。

しまった、匿名を批判しながら、名前を記するのを忘れました。再投稿します。

戦後の代表的な冤罪事件である甲山事件で、検察審査会がはたした役割に思いを馳せるべきです。甲山事件では、一人の人間の人生を二十数年間奪う事を、検察審査会という名の匿名の人間の集団が行なったわけです。これはリンチと同じです。このような重大な公権力の行使を、匿名で行なう制度は許されないと思います。

検察審査会の「起訴相当」を受けてまた小沢幹事長の「説明責任」がクローズアップされていますが今度こそ検察に「説明責任」を果たしてもらう絶好の機会では?これだけの強制捜査をしたにも拘わらずなぜ小沢一郎を「不起訴相当」にしたのかを明らかにして、ど素人の検察審査会の間違いを正していただきたい。市民感覚を持ち出すのなら見えない部分を徹底的に排除し「市民団体」の正体も含めてすべてを明らかにしてもらったほうがいいでしょう。

検察審査会の運営は、弁護士が担当している。検察審査会法の規定によると、選任弁護士は、法適用の解釈、証拠関係の整理、検察への意見徴収、議決書の原案作成などだ。司法筋の情報通によると、今回の担当弁護士は、なんと共産党系の敏腕弁護士。志位委員長の訪米(実際は招待)と密接不可分のような背景もあるのでは。代理人は多い国だから。要注意。

 今、無性に高野論説や田中氏や平野氏のコラムを読みたい。普天間や検察の横暴について何か記事を書いてください。新聞は全く信用していないので。

早速メディアは始まりました。NHKには生方にまでコメント、結局反小沢(枝野、前原、渡辺、生方らをわざわざ選んでコメント収拾とは予定通りの行動ですね。しかし、11人全員民間人が、起訴相当とは不思議な現象でしょう。1人も反対が居ないというのは、検察の説明が、大鶴、佐久間の様な検事の恣意的な説明に乗ってしまった結果でしょう。理由が全く感情的情緒的な理由。起訴が証拠より情緒的な判断が優先するとは?説明した検事さん、恥ずかしく無いのか?本来は何故不起訴になったかを説明、説得すべきなのに、まるで大阪の村木裁判での検察証人の検事の証言みたいにダブります。

いやいや、フルオープンになるはずの検察の記者会見が楽しみですね。
テレビも入るはずだし。

起訴するにしろ、またまた不起訴にするにしろ、まともなジャーナリストが参加すれば、的を射た質問が出されるでしょうから、どう検察は答えるのか?

我々国民の税金を使っているのですから、説明責任を果たして貰いましょう。

NYからのコメントです。この検察審査会、米国の陪審員みたいに、きっちりした制度で選ばれるのであれば、良いのですが。どうも、そうでもないようで。恐ろしい国ですね、日本は。外国人からして裁判管轄権を認めたくないですね。中国並みの人民裁判なんでしょうか、、、いや、おそろしい

民主党及びここの支持者は、認識が甘すぎる上に分析力に欠ける傾向が見られる。だから駄目なのだ。不都合な事が起きると、常に何かのせいにする。これは、無責任で無能な者がする行為だ。そこを改めない限り、明るい展望は開けない。CIAだの、マスコミだの、挙句の果てに日本国民の民度が低いのだそうだ。それを、何の根拠も示さず言い放つのだから始末に負えない。問題が起こらないよう、先を読み的確に手を打っていれば良いだけの事だというのに。そんな事も出来ず、自分の都合で考え相手を舐めているから痛手を追う。経験上、発想の転換や臨機応変、事の本質などの言葉をよく使う人も役立たずだと判断している。大事なのは、自身に起こった事の大半は、自身が招いたと認識する事なのだ。そう考えられない者は、何を言っても信用されないだろうよ。

弁護士阪口徳雄の自由発言
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/61493553.html
こちらで議決書の一部が転載されています。

素人の何も分からない人間が、マスゴミの報道のみを信じて、人を裁く事の出来る日本は、本当に恐ろしい国ですね。50年以上生きているが、こんな恐ろしい国だとは思わなかった。起訴を決めた国民は、小澤さんが無罪だったら、どんな責任を取るのだろうか?心が痛まないのだろうか?本当の情報を得ないまま、人を裁くなんて、私には考えられない。
キャンベルが今日日本に来たとのこと。やはりアメリカ、検察、小泉が、関係しているのでしょうか?

甲山事件、明石陸橋崩壊事件、尼崎脱線事故においては検察審査会は機能してるだろう。事件被害者がいて最もプリミティブな、法による報復による被害者救済に合致してる訳で。もっといえば脱税・汚職事件であっても、被害者が国民である検察審査会は被害者が税金のドロボーなのだから被害者は国民である以上機能させるべきだろう、が、件の話は被害者がいない。いびつな形でアメーバー状に広がったような不完全な政治資金規正法を放置したままで、特捜の介入による、最終的に検察審査会ソリューションとなった政治権力闘争の一部。なんでも国民目線で決めればいいってものでないのは、逆に、普天間移設問題で単純な解を出したがる国民目線を拾おうと必死にもがく現政権のゴタゴタな対応を見ても分かるだろう。

なんとなく予想していたけど、やっぱりでした。四位一体(旧政権。マスコミ。官僚。新政権の獅子身中の虫)の凄まじい反革命の嵐です。

これから、どうしたらいいのかよく分かりませんが、起訴相当の理由が、国民感情?に即してだそうですから、選挙で結果を出すしかないのでしょう。冷静に最後まで踏ん張りましょうよ。
もちろん選挙は、鳩山、小沢体制で突っ張るしかないでしょう。

嗚呼! それにしても・・・ 

以前にも the journal のどこかの記事で、同様の提案をしましたが、再度同じ提案をさせて下さい。

ここでの議題とは直接関係しませんが、提案をさせて下さい。少しでもネット外の空間へ影響を与える為の提案です。

「小沢さん関連の本」「検察関連の本」「マスコミ関連の本」などを購入する場合は「紀伊國屋・新宿本店で直接購入」または「紀伊國屋・新宿本店に電話 03-3354-0131 して宅配を依頼」をするのが良いと思います。

理由は「版元が今後の売り上げ予測や宣伝戦略の参考にする書店は、紀伊國屋・新宿本店であり、また紀伊國屋は新宿本店だけの詳細なランキング情報を業界(版元、書店、書籍取次ぎ業者)向けに有料回線で発表しているので、その中で上位入ると、紀伊國屋以外の各書店も『たくさん仕入れて書店の目立つところに置いてくれる』ので、ほんとうにたくさん売れるようになる」からです。

これは、作家の佐々木敏氏の考えを真似たものです。私は佐々木氏の思想には必ずしも賛同していませんが、本を売る為の同氏の戦略はもっともだと思います。

詳しくは以下(佐々木氏による解説)をご参照下さい。
http://www.akashic-record.com/angel/okehaz.html#okehaz

また紀伊國屋は NHK ラジオの朝の番組で、今週の売れ筋紹介のコーナーも持っています。ここで紹介されると影響が大きいと思います

すみません。四位一体(旧政権。マスコミ。官僚。新政権の獅子身中の虫)ではなく、五位一体でした。
アメリカさんが抜けていました。

読み進む間、所々に偏った思想に侵された意見が出てくるの見て感慨深く思った。偏った思想に侵された意見は、他者を落としいれようとする言葉や侮蔑する言葉で、なんとかこっち側に引き入れようとする。とても浅はかでみえみえで、面白い。反対意見をもった人間が反対勢力のど真ん中に入り込んで、ぶち壊そうそする術が稚拙で、底が見える。信望するなら正しいかそうでないか、自問自答した上で切り込め。小沢を悪と言うやからは、まったく真理を追究する頭を持っていない。すでになにかの宗教にかぶれた存在だと自覚すればよい。小沢をつぶしても、もう以前の自民党のようなマヌケな政党を支持する国民は、この世には存在しない。検察の悪あがきは、まっとうな国民意識によって壊滅されるというのが筋書通りの道である。

審査会で「全員一致」だそうですから、皆さんのお好きな陰謀論は説得力に欠けますね。
私としては、小沢批判が民主党全体への批判にならない事を願うばかりです。
事業仕分けでアピール出来るところに、こんなニュースが入るとは最悪です・・・。

検察審査会は裁判員制度と同様に、起訴に対して便宜主義(例えば警察・検察不祥事は不起訴、明石花火事故など)と独占権を持っている検察に対して市民目線を加えることで始まった制度ではありますよね。

これはこれで画期的なことであり、制度が緒に就いたばかりでしょう。

今回の議決の要旨も「市民目線で許しがたいというもの」であり、小沢氏を起訴して、公開の場(裁判)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである」等とのこと。

但し、諸兄がご指摘のようにマスメディアの政治・事件報道の未熟さ及び受けて側の情報格差が解決されていない段階では、今回のように「証拠」よりも「心象・感情」が優先される結果が出てくるでしょう。

今後、この制度による「強制起訴」の裁判の有罪・無罪の割合が統計上整理されるようになれば、数年後には相当慎重な審査会の判断がなされるようになるのではないかと。

また、「推定無罪」の大原則をマスゴミが率先して啓蒙活動することも、この制度を活かしていく上では絶対必要条件ではあるのでしょう。

日本にいるのがいやになってきた

巨悪で金の権化で権力欲の為にはどんな汚い事でもやり、汚い相手とも手を組む。

そんな小沢を何が何でも善人と決め付けるからには根拠があるんでしょうけれど、ではその根拠を示して下さいな。

どうせ金もらってやってる民主党の工作員でしょ?

テレビや新聞は前原・枝野氏にコメントを求めるのだけれども彼らの民主党の支持率は今の消費税よりも安かったし選挙活動もたいしてしなかったよな。それを小沢氏が戦う民主党に変えて今の勢力ができたんでしょ。選挙に勝たないと政策も実行できないしマニフェスト達成すらも実行できない。テレビでは小沢流選挙活動は否定されるけど様々な本を読んでいたら小沢氏の選挙戦術は市民に向けて正直に訴えてますよ。それよりも公明党の選挙活動の方が問題でしょう。全く会ったおぼえもない人がいきなりきて公明党に入れてくれときたりして迷惑だ。そろそろ政教分離について本気で議論して欲しいよ。

皆さん匿名というHNで投稿するのはやめましょう。HNがかぶる事と、基本的に本名に近い名をHNとするのが、こちらの原則だったはずです。近い名前が無理でも何かちゃんと名乗りましょう。某掲示板ではありません。最低限のルールはマナーはまもりましょうよ。そうじゃないと、何を言っても説得力を持ちません。

ろくな捜査もせずに不起訴としたのなら解りますよ。
でも、「小沢憎し」の検察が、1年間死に物狂いで、強制捜査や事情聴取までして出した結論が、「起訴したいのはやまやまだけど、どんなに捜査しても、起訴できる理由が見つからなかった。」なのです。

「起訴しろ」といわれても、他ならぬ検察が困っちゃうでしょう。理由がなければ起訴できないんですから。これ以上捜査して、何が出てくるのでしょうか。単なる人件費の無駄遣いにしかなりません。拷問でも何でもして自白させた調書でも作れっていうことですかね。

それにしても、全員一致だなんて信じられません。検察審査会って、もっと教養のある人達なのかと思ってたのに、みのもんた辺りに簡単に洗脳されるような人達しかいなかったんですね。
恣意的な人選がなければ、こうも見事に全員一致なんてことはないと思うんですけれどね。あ、もしかして、この人達って、自民党与党時代の生き残りですか?

こんなところに日本の癌が集まってるんですね。
君たちが支持者の20%ですか?

自称市民団体の似非右翼の方々は祝杯を上げているでしょうね。

検察審査会の議決の一部(次に引用)について、コメントしておきたい。

「(1)被疑者からの4億円を原資として本件土地を購入した事実を隠蔽するため,銀行への融資申込書や約束手形に被疑者自らが署名,押F「をし,陸山会の定対預金を担保に金利(年額約450万円)を支払つてまで銀行融資を受けている等の執拗な偽装工作をしている。
(2)土地代金を金額支払つているのに,本件土地の売主との間で不動薄引渡し完了確認書(平成16年10月29日完了)や平成17年度分の固定資産税を買主陸山会で負担するとの合意書を取り交わしてまで本基記を翌年にずらしている。
(3)上記の諸工作は,被疑者が多額の資金を有しておると周囲に疑われ,マスコミ等に騒がれないための手段と推測される。
(4)絶対権力者である被疑者に無断で,A・B,Cらが本件のような資金の流れの隠蔽工作等をする必要も理由もない。
これらを総合すれば,被疑者とA・B・Cらとの共課を認定することは可能である。 . `
4 更に,共謀に関する諸判例に照らしても,絶大な指揮命令榛限を有する被疑者の地位とA・B,Cらの立場や上記の情況証拠を総合考慮すれば,被疑者に共謀共同正犯が成立するとの認定が可能である。
6 上記1ないしSのような直接的証拠と情況証拠があつて,被疑者の共謀共同正犯の成立が強く推認され,上記5の政治資金規I法の趣旨・目的・世情等に照らして,本件事案については被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。」
審査会は「4 更に,共謀に関する諸判例に照らしても,絶大な指揮命令榛限を有する被疑者の地位とA・B,Cらの立場や上記の情況証拠を総合考慮すれば,被疑者に共謀共同正犯が成立するとの認定が可能である。」といっているが、「絶大な指揮命令榛限を有する被疑者の地位とA・B,Cらの立場や上記の情況証拠」だけでどうやって認定が可能なのか、理解に苦しむ。

審査会は「6 上記1ないしSのような直接的証拠と情況証拠があつて,被疑者の共謀共同正犯の成立が強く推認され,上記5の政治資金規I法の趣旨・目的・世情等に照らして,本件事案については被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。」と言っているが、この「被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。」という「責任」とは何か? まさか政治責任ではないだろう。法廷は、政治責任を明らかにすべき場ではないからだ。

「けしからん」という感情が立法論の問題と法の適用解釈の問題とで混同して噴出している感じですね。素人の感覚を入れるという検察審査会の趣旨が悪い方に出てしまった例になるんでしょうね。

こと恵美さん | 2010 年4月27日 20:34

<意志を力に!>→「民主党のサポーターになろう。」への補充

<怒りを力に!>
民主党本部に申し込んでも何ヶ月も放置されサポーターにはなれません。
私は小沢事務所からのメールでやっとサポーターになれました。

昨年の今頃
「支持率悪化は全部小沢のせい、選挙に勝てぬ」と強引に無実の小沢に責任を押し付けて引きずり下ろし、ごね得で実力もなくたなぼた大臣になりながら、
今年も、このインチキな「起訴相当」にかこつけておなじ轍を踏んで、小沢を切って人民を裏切るべく、奉行やら黄門やら生方やらが手ぐすね引いて待ちかまえている。
しかしこやつらは、それほど大切な支持者、(下降一途の支持率のなか)わざわざ支持者登録したいと名乗り出ている私のような「たなぼた・ねぎかもお宝支持者」すら、ほったらかしてとりこぼしている体たらく。
支持率悪化の責任を取らせた無冠の小沢に支持者を拾ってもらっているざまだ。


しかしここぞ、やつらの最も気にする我々支持者様様の出番です。


サポーター登録は必ず下記の方法で小沢事務所経由で登録してください。
そうすれば年会費2000円も岩手県第4区総支部(小沢の管轄)に入ります。
小沢に金と支持者を集中させてもっともっと力をつけさせねば。

この検察審議会不当決議への怒りをばねに、7月の最終決戦で今度こそ特捜マズゴミ徹底解体フヌケ議員追放のために最後の戦いに立ち上がりましょう。

ここまできたら、奥野様:(2010 年4月27日 19:40)のおっしゃるとおり、
失うものは何もなく、もう開き直りしかない。
アメリカ・官僚・マズゴミとこれに通じた獅子身中の虫どもを駆逐し、真の人民政府を樹立する以外選択肢はないであろう。
逆に黙っていたら明日は北朝鮮かミャンマー…大弾圧後、北朝鮮化した傀儡政権下で官僚の奴隷として夢も希望もない生活を強いられるおぞましい未来しかないであろう。
国政での、そして民主党での一票一揆に立ち上がろう!!

-----------登録方法------------
小沢一郎応援団 事務局
担当 /北出 美翔(キタデ ミカ)ouendan@ozawa-ichiro.jp
(または)
〒107-0052 東京都港区赤坂 2-17-12 チュリス赤坂 701号室
小沢一郎事務所  担当 馬場 慶次郎
Mail : baba@ozawa-ichiro.jp

充てに申し込み後、下記口座に払い込み
(口座名) 民主党岩手県第4区総支部
三井住友銀行 赤坂支店 (普)1066668
年会費(党員=6,000円/サポーター=2,000円)入金確認時に登録完了
(定時登録は5月末)
7月の下旬以降、党本部から正式な登録確認の手紙が登録住所に郵送され代表選に投票可。

他の支援組織も、(既に投稿済みで再掲ですが)便宜を図りここにまとめます。

1.ブログ名称「素晴らしい日本をつくろう!」                   
小沢一郎支援ブログ―市民による日本一新運動ネット版―
代表:平野貞夫 Blogger 二見伸明、戸田邦二、達増拓也 (以上決定のみ。開設後、随時追加予定)
会費:月払500円、年払5.000円(振込手数料:読者負担)
参加希望 申し込み先
*小沢支援ブログ(仮称)開設準備事務局宛
(メールアドレス) easycompany777@yahoo.co.jp に仮登録
ハンドルネームでOK。メル・アドも本アドでなくてOK。


2.「小沢一郎幹事長を支援する会」結成大会
日時 : 平成22年5月8日(土)午後1時から3時
場所 : 総評会館〔東京都千代田区神田駿河台3-2-11〕
参加費 : 1,000円
世話人代表 : 伊東 章 (いとう あきら)
事務局 :   〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-29-5
         山の手ビル11階 伊東法律事務所内
          電話 03-3981-2411
Fax: 03-3985-8514    E-mail: itou@jp3.so-net.ne.jp
当日は、小沢一郎幹事長をめぐる政治状況等につき皆さんの率直な
御意見をご披露頂けると幸いです。

これで日本が救われる!
外国人参政権や子ども手当の
朝鮮人中国人へばらまき
数々の売国政策で
僕たちの美しい日本が
朝鮮人や中国人の魔の手に陥り
中華人民共和国日本自治区になって
チベット化しそうな所を
よく踏みとどまってくれた!
民族浄化で虐殺されてたまるか!
三国人なんかに渡してたまるか!!!
日本は僕たち日本人だけの物だ!

日本が厭になってきた。小沢さんが好きか嫌いかという次元ではなく、恣意のない、フェアな議論や情報提供や判断が無く、決めつけや印象による判断が横行するなんて、レベルが低すぎる。この国は国民主権なんかじゃないんだ。当人たちに自覚がないし、「国民」をキーワードに官僚もマスコミも自分たちの考えを押し付けるばかりだ。憂国なんて言葉を使う人は外国人やらの課題にご執心だし。

策士策に溺れるといいますが、検察は追い込まれたのです。
到底公判維持ができない起訴をせざるを得なくなり、組織が崩壊するか、
あるいは強制起訴で、弁護士に押収資料他を渡さざるを得なくなり、違法捜査が明らかになり、組織が崩壊する。
どちらかです。

今回の検察審査会が開かれたタイミングは非常に良かったですね。
郷原さんや上杉さん、週刊朝日さんが国民を啓蒙すべく一方的な検察批判をしてきたのが一段落して、
賢明な市民がそういう意見も勘案した上で、冷静に小沢さんの起訴不起訴を考えて結果を出されたわけですからね。

つまり郷原さんらの意見に流されずに、純粋な市民感覚を反映した形で起訴相当の結果が出たこと自体は極めて重く受けとめるべきだと思います。

もっとも郷原さん曰く、今回のは井戸端会議レベルの検察審査会だそうですが、
自分の納得いかない結果が出たらそういう下品な見方をしてしまう大人には絶対なりなくないと一市民としては思いました。

起訴された石川議員の公判がまだ開始されていないこの時期に、何故検察審査会はこんなに急ぐのでしょうか?
検察側の捜査資料だけでこんな短期間に判断をくだすのは危険過ぎると思います。石川議員が起訴された政治資金規正法違反も経理・会計士の何名かの意見がこのThe Journalに寄せられていますが無罪との見方もあります。またこの法律に対する見解の相違との指摘もあります。石川議員の公判が始まって一審の判決が出て、検察・弁護人側の主張を考慮して審査すべきと考えますがおかしいでしょうか?

任意の事情聴取に応じない、家宅捜査も行われない、挙句秘書が逮捕に有罪となれば
怪しむべきは当然であり、同事務所の数々の不正がトップの判断をまったく仰がないというのはありえないでしょう
起訴相当は妥当な判断かと

ニュースを聞きながら血が引いていくの感じられ、妙に落ち着いてしまいました。
即座にとった行動が、「小沢一郎 サポーター」で検索。即座に申し込みました。迷いが吹っ切れて、これしか出来ないのだからと。。。
応援というよりも、日本を守って欲しい、貴方は一本の「蜘蛛の糸」。
頼みの綱。 誰も裏切ってはいけない。人を蹴落とした時に糸は切れ、民主主義の灯は遠のく。

東京はこんなに人が多いのに、沖縄同時行動でろうそくの火を掲げたのは1200人。ひとりぼっちでも、行けば数のうち。誰かと一緒を止めて、一歩踏みだそうよ!!!

なんだかなぁ。良識ある市民などと煽てられ、結局は電波や官僚に利用されてるだけだってのがわからんのかね。流石に馬鹿馬鹿しくなってくるね。小沢氏が、あほくさーと投げてしまわないことを祈ります。

投稿者: 真日本人 | 2010年4月28日 00:31

>これで日本が救われる!
・・・
数々の売国政策で
僕たちの美しい日本・・・
三国人なんかに渡してたまるか!!!・・・


貴様ごときが「真の日本人」とは笑止!

「三国人」などと他の極東アジア人を蔑称し、欧米では「イエローモンキー」と馬鹿にされるが、アジアでは日本人がNo1だと?!太平洋戦争に米国には負けたが、日中戦争、半島・台湾では負けてないのだと?!

無差別絨毯爆撃と原爆投下した米国には恨み節の一つも言えずに、未だに米国の保護国か占領下状態を押し付ける米国にはいまだもって「ギブミーチョコレート」か。

ポチ野郎が!

「南京大虐殺」を云々言う前に米国大統領に「広島・長崎」で土下座しろと言ってみろ!
それとも何か・・・米国が交戦中の非人道的行為を謝罪しないのだから、我々もしなくいでいいのだと!?


貴様の祖先は、モンゴル系でもなければ、半島系でもなければ、南方系でもなければ・・・「ポチ公」としての犬畜生の出自であろうな!

今回の小沢氏の「起訴相当」決議とは、開いた口が塞がらぬ。不条理さに怒りさえ覚える。全国の検察を総動員しても証拠が無く、不起訴にしたものを、素人の国民が何の証拠も無く起訴相当判断が何故できるのだ。!!!!!

一体何を意味するのか。審査会判断は二つの看過出来ない問題を露呈している。

一番目の問題は、市民たちは何も自分たちだけでは判断できず、すべて、検察から出される、また説明される供述調書、資料等に依存していることである(*)。したがって、検察の恣意がまかり通る危険性が潜在している。供述調書といえども捏造が常態化していることは、村木厚子氏の公判でもはっきりしており、全くの素人の市民11人(くじ引き、無作為)が検察審査会構成員となって、何を見せられ、何の説明を検察から聞かされたかで、判断はどちらにも転ぶといえる。検察が起訴相当に持ち込みたいと思えば、その通りになるのだ。

二番目の問題は、マスメディアによる昨年来からの小沢幹事長の執拗なネガキャンの世論操作、偏向したあるまじき不公正な世論調査を行ってきた。これにより国民の洗脳を行ってきた。洗脳が浸透した後の検察審査会でもあり、当然、審査会構成員はこのような公正でない報道の影響も受けており、公正な審査にならない。騙される方がバカなのだといえばそうかもしれないが、それを意図的に行ってきたのは紛れもなく新聞、テレビ(民放、NHK)、一部の雑誌である。マスメディアは自民党時代の官僚による守旧体制と米国と一心同体になって行ってきたことを知らない国民はそろそろ目を覚ますべきである。

今後、裁判になったとしても、検察の起訴証拠が無いのであるから小沢氏が「無実」となることは当然の帰結となろう。参議院選挙時期と重なり、マスメディアのネガキャンにより小沢、鳩山体制を潰す意図がミエミエであるが、これに騙されてはならない。しっかりと、小沢氏を国民が支援せねばならない。

*)Wikipediaによれば、「検察審査会の求めにより、不起訴とした検察官に、必要な資料の提出と、出席をして不起訴とした理由の説明をさせることができる(35条)。また、公務所又は公私の団体に対する照会(36条)、審査申立人及び証人の尋問(37条)、専門家から助言の聴取(38条)ができる」とある。

<凄まじい抵抗>
検察審査会へ怪しげな自称市民団体から審査提出があったときから、小沢幹事長自身は、少なくともこの事態は想定できたのではないでしょうか?
まあ、マスコミがおばかなのはさておいて、現行の、審査会のメンバーも、会議もまた審査請求した団体もベールの中と言うのは本当におかしい制度だと言わざるを得ないし、また、そういうことに疑問を持たないこと自体この国の国民の民度を示しているのかもしれないと思ってしまった。少なくとも、人を一人起訴する以上は議決の責任と言うものがあってしかるべきだし。審査請求する団体に対しても、きちんとした被害状況やスタンスをつまびらかにするのが、当たり前だと思う。裁判所のHPで、”この審査会は非公開のため、自由な雰囲気で発言.....云々”と言うのがあったと思うが、正直、おばさんの世間の茶飲み話で起訴された方はたまったものではない。日本の司法官は成績通いと言うだけの非常識人間が多いと言うが、その通りだと思う。こんな文章自体バカじゃなかろうかと思いながら読んでいたところだ。まあ、百歩譲って市民が、検察の捜査に関して異議を唱えることの出来る制度はみとめるにしても、訴える責任と決議する責任はしっかり負わせてもらわなければ困る。どうせ、自分は関係ないからと、こんな制度を野放しにしておいたら、自分がやられたときにほえ面をかくだけである。検察なんて正義でもなんでもない。所詮お上根性のクソ公務員だ。気に入らない奴は難癖付けていつでも放りこめる悪徳代官のようなものだ。しかも政治家は選挙でたたき落とせるが、こいつらは選挙でたたき落とせないのである。正義は人に作らせるものではないし、依存する物ではない。長い間取り調べ闘争をした人間を再び起訴するのである。その状況がいかに過酷なものであるか、きちんと責任を持つべきだ。審査会で審議した11人は、自らの判断内容をきちんとインタビューすべきである。もし、この事件の概要や司法的判断について、メンバー全員がわかっていないようならばこの判断は覆されなければならない。司法判断と言うものは、人権と名誉にダイレクトに関わる。だからこそ世情論に流されるべき物ではないと思う。

投稿者: β | 2010年4月28日 00:49様

>挙句秘書が逮捕に有罪となれば

あなたも、起訴相当、です。

初めて投稿します。
少年漫画じゃあるまいし、善悪の二元論に終始する一部の人の思考はいたたまれない。
自らの行動で示すことも必要だが、我々が良く見据えておかなければいけないのは、これから数ヶ月単位で起こるであろう課程と決着です。
誰がどんな行動に出て、どういう事になるのか、良く見ておきたいものです。

ちなみに今回私は小沢さんに賭けてます。(支持というより賭けが近い)

ネットの右傾化には眉をひそめるが、さりとて、別に小沢の支持者でもない私からすれば、“狂信的”にも見える擁護論には失笑を禁じえない。

どうやらここの住人は、世論は検察とマスコミに操作されているという愚民思想が好きなようだが、去年の衆院選で大挙して民主党に投票した有権者に対しても、そのような視線を投げかけているのか。

もしマスコミにそんな影響があるのだとしたら、それを使いこなす対策をしてこなかった党の無能無策ぶりも批判されて然りだ。しかし皆さんにそんな自省はまったく見られず、やれ検察だのマスコミだのネトウヨだの、スケープゴート探しに躍起じゃないか。やはり狂信的な集団と見られても仕方ないか。

要するに小沢は、次のどちらかだということです。

①真の極悪人
②国民への説明能力が極度に低い人

どちらにしたって、政治家失格です。

小沢民主党幹事党の政治献金事件での検察審査会からの答えは「起訴相当」である。一般国民から選ばれた11名の一般国民が答えを出したのがこれだから認めざるを得ない。いまこのページへ意見を投稿されている方々が検察審査会のメンバーであれは「不起訴相当」に成ったであろうが仕方がない。やはりまだまだ多くの一般国民は天皇陛下を筆頭とする皇室御用達の国家官僚並びにその地方も含めた公務員、皇室御用達のマスメディア報道のサブミナル報道を信用し常にそれが正義であるような錯覚に落とされる。ここまでweb等のインターネット情報が溢れていてそこには真実があるにも関わらずである。唯、明石の事件やJR西日本事件は検察審査会の出した答えは共感を呼ぶ。いまの民主党政権を見ると税金等や法で守られた報酬等にて飯を食っていない国民の、ここ半年で生活に窮している国民の生活が改善したとは思えない。まだまだ天皇陛下を頂点とする皇室御用達の官僚等公務員の生活は天国である。今後はいかに・・・。

小沢さん大好きな私でも、これは流石に擁護できませんね。国民の意思、民意ですから。
とにかく幹事長をお辞めにならないで良かった。民主党には大敗していただかないと。

さんざんマスコミに助けてもらって衆議院300超の議席をもらっておきながら、小沢の件ではマスコミの陰謀ですか。
都合の悪い事はすべて他人のせいですか。
小沢信者の底の浅さが露呈してますよ、皆さん。
もう一回起訴相当が出れば起訴確定ですね。
さすが麻生さん、いい法律を作ってくれました。

投稿者: 一般人 | 2010年4月28日 01:15

おっ、一般人さんはここにいましたか。こちらに戻っておいでよ。

http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/04/post_69.html

将来の司法のあり方、問題点がさらに明らかになった。

検察審査会の可視化も必要だ。
次回国会で必ず可視化すべき。

暴走検察の犯罪を裁くことも必ずやるべきです。

投稿者: 一市民 | 2010年4月28日 00:43さま

教えてください。今回の検察審査会のメンバーが「純粋な市民感覚を持つ賢明な市民」だという判断はどこから来ているんですか?そういう立派な方たちには私の周囲ではあまりお目にかかることがありません。自分には甘く人の話は聞かず批判ばかりする客観性のない人、多いですよ。今の日本人に増えてきているんじゃないでしょうか?そういえばモンスターペアレントも一例ですね。ほんとに生きにくい世の中になってきています。 

私の怒りや、心配事は皆様がすべて書いてくださっているのであらためて書きませんが、私たちがいますべきことは、団結して小沢さんを応援して、何がなんでも参院選で民主党を勝たせることです。
その後小沢さんに思いっきり検察・裁判所改革、マスゴミ改革をやってもらいましょう。その日がくることを願って、今私たちができる小さい事を積み重ねていくしかありません。とりわけ、新聞・テレビしかみていない人たちにどうやって、この検察、マスゴミのネガキャンが不当なものであるかを伝えるか何か方法はないものでしょうか?
横のつながりを広げていって、小さな集会でも参加して、その輪を少しづつでも大きくして日本全土に広げていけるように、マスゴミが手をつけられないくらい大きなうねりになるようにできることから行動していきましょう。
このまま手をこまねいて、やすやすと検察やマスゴミの思うようにさせてたまるかです。鳩山総理や平官房に不信感を持っていらっしゃる方、イライラさせられている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは落ち着いて最後まで信じて応援しましょう。参院勝っても何もしないようなら、その時にきっぱりと攻撃すればいいのですから。

なんでも11人全員一致で起訴相当だとか。
なぜ不起訴相当は無しですか?
不起訴相当出すのは非国民だから出せません?(笑)
いったい、いつの時代だよ。戦時中に逆戻りだな。

公判維持の観点から考えて、
「起訴」することは検察にとって鬼門になるんではないだろうか?
前にも後ろにも進めない状態の検察が唯一頼るのが世論だとすると今回の審査会の決定は内心喜ばしいと思っているだろう。また、元厚労相局長の判決と同じ日にぶつけてくる紋切り型の様式化された検察-マスコミの流れに棹さすことなく、迎合する世論なるものが思考の片鱗もない国民によって行われているならば、その程度の民意として捉えるしかないのかもしれない。外圧によってしか変われないという精神構造は骨の髄まで染み込んでいるのだろう。
奇人変人が稀有ながら日本を変えてきた。誰もが想像し得ないことや実行してこなかったことを成し遂げるには強烈な個性と突破力とささやかな慈愛が必要だろう。
小沢一郎に賭した人はどこか皮膚感覚でそのようなものを感じているのではないか。

小沢さんが白とか黒とかではなく、訴えた団体の、実質被害や審査の結果に責任を取れと言うことです。まあ、匿名なんかでチンケな意見を言うところを見れば、どの程度かわかると言うものです。コテハンすら使えないんだから。どうせ、威勢のいいことを言っても、お天道様の前では何も言えないような連中でしょう。しかし、ここまで小沢さんを目の敵にすると言うのはよほど怖いんですね。出る杭は打たれる、いじめ社会日本の典型ですわ。

投稿者: hiroko | 2010年4月28日 01:31へ

賢明な判断だと感じたのは、郷原さんを筆頭とした検察不信を煽る非常に一方的な批判記事や、テレビ番組が毎日雨あられのように垂れ流されたここ数カ月の中において、
「小沢は白、検察が暴走しただけ」という情報を刷り込まれることなく、
フラットな状態で一人一人の市民の方が起訴か不起訴かを考えることが出来ている点が今回の検察審査会で明らかになったと思うからです。
しかも全員一致で起訴相当とは驚きましたね。

もちろん検察捜査の問題点は一般論的には語られてしかるべきですが、
その事と、小沢さんが黒か白かという判断を分けて、検察審査会が開かれてる点が良かったのではないでしょうか。

意外に国民は、誰がもっともらしいことを語ってるか、テレビや新聞、ネット、週刊誌を通して冷静に見ているものなんですよね。
馬鹿なように見えて、なかなか賢いんですよ。
このサイトでも検察批判にベクトルを合わして情報が載せられてますが、
完全に国民を啓蒙するには至ってないじゃないですか。
その結果が表れただけだと思います。

検察審査会はぶっちゃけ検察庁へのペンキかけが会に化けただけだろ。
得たいの知れない世論に押されるという本質はなんら変わっていない。
検察審査会を審査する会が必要だね。

今回の件を含め、マスメディアは事実と”真実”の取り扱いを確信犯として誤用している。
事実は実際に起こったこと。
”真実”は、その人(その組織)にとって嘘偽りがない(=都合のよい)と思っていること。
事実の積み重ねが報道の本質なのに、事実のオブラートに包んだマスメディアによる(誰一人責任を採らない)”真実”の押しつけが今日の事態を呼んでしまった。

ちゃんと、政治資金収支報告書を読み込んだマスメディアの記者は何人いるのだろうか?
今の日本人には、twitter、SNSを始め、全国に発信する手段がある。
もう、事実の提供さえ確保されるのなら、既存のマスメディアのほとんどは存在価値がない。
28日朝からの動きが気になるが、今はただこの状態と、それを黙認してしまったこの国の浮遊層に怒りを通り越して悲しみを覚える。
2005年の衆議院選挙後の虚無感をこの期に及んで思い起こすことになるとは思わなかった。

起訴するに合理的な理由・証拠がないのに起訴してどうすんの?訴訟経済的にも無駄だし、面子を保つための装置ではないよ。

「起訴相当」とした検察審査会の議決に何か「イタイ」モノを感じます。

 この議決をした市井の善良なる市民は何か「とても良いことをした」と思っているのだろうなあ。

 分不相応な「権威」や「権限」を持つと何故か舞い上がって背伸びして、、、、精一杯「世間」の空気を読んで国民の期待に添う判断をしたのでしょう。

 善良なる人たちが集まると却って「邪悪な存在」となるという典型な様な有様ですね。中世の「魔女裁判」と同じ構図なのだろうと思う。

 選ばれた人の中にもう少し少し「クール」な人がいて欲しかった様な、、、、

小沢問題で検察審査会に再捜査の申し立てをしたという市民グループは「在特会:在日特権を許さない市民の会」という所で、凄い市民グループで驚いた。

『鳩山「不起訴相当」と小沢「起訴相当」、2つの議決を比較して思うこと』

1.鳩山さんに対する「不起訴相当」の議決の要旨と小沢さんに対する「起訴相当」の議決の要旨を見比べてみると、鳩山さんの審査については審査補助員(弁護士)は着かなかった事が伺える。むろん不起訴処分に対する検察審査会の最初の審査では、審査補助員(弁護士)に法的助言を求めるのは任意だからなんら問題はない(これに対し第2段階の審査については必ず審査補助員に法的助言を求めなければならない)。文章の表現方法から推察すると検察審査会の事務局職員(裁判所職員)が最終的に纏めたように思う。
これに対して、小沢さんの審査については、検事後に裁判官に転官した大東文化大学法科大学院の兼任教員をしている米澤敏雄弁護士(麻生総合法律事務所所属、経歴については→http://www.aso-law.jp/staff.html 申し分のない経歴である)が審査補助員になり、審査員に対し主導的な役割をしたように伺える。数多くの判決書きで身に付いた簡潔明瞭な言葉遣いはそのプライドとも相まって議決書のなかに十分うかがい知ることができる。とても一般人の文書構成とは考えられない。業務上過失致死傷罪や強制わいせつ罪のような刑法犯罪なら一般人でもかなり事実関係や犯罪性について認識可能と思うが、政治資金規正法の虚偽記載などという一般の人の日常生活にはほとんど関係ない、あるいは想像するのも難しい事件に対し、鳩山さんの審査会は弁護士に助言を求めなかったのに対し、なぜ小沢さんの審査会は弁護士を付けたのだろう。その差はなにか。興味と共に疑問である。

2.朝日新聞の以下の記事に注目。
『鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、東京第四検察審査会は、政治資金規正法違反(虚偽記載など)容疑で告発された首相と元政策秘書(55)を東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)とした処分について、不起訴相当とする議決をした。21日付。26日に公表した。』
http://www.asahi.com/politics/update/0426/TKY201004260133.html?ref=goo
小沢さんに対する起訴相当の議決は4月27日で即日公表されたのに対し、鳩山さんに対する不起訴相当の議決は4月21日になされていたのになぜ公表は4月26日まで伸ばされたのか。検察審査会法第40条では、「議決後七日間当該検察審査会事務局の掲示場に議決の要旨を掲示し」となっているが、掲示期間に差があるとすれば問題である。このタイムラグはなんなのか疑問である。

3.マスコミ報道に煽られてついつい基本を忘れがちであるが、検察官が起訴した事件であれ、検察審査会関与後に検察官が起訴した事件であれ、あるいは昨年施行された起訴議決に基づいて指定弁護士が公訴する事件、いずれにおいても同等の挙証責任があることには違いはないということである。
「犯罪事実について、検察官は、その存在が合理的な疑いを生ずる余地のない程度に真実である(確信)という証明をしなければならない。この程度に至らなければ、犯罪事実は存在しないものとして無罪の判決がされることになる(刑事訴訟法336条後段)「合理的な疑いを生ずる余地がない」とは、一般通常人ならだれでも疑いを差し挟まない程度の状態をいう。」(刑事訴訟法講義案265項 裁判所職員総合研修所監修 司法協会)

さて、東京地検特捜部は「起訴相当」の議決に対しどのような判断をするのだろうか。

小沢は辞めないでくれよ!
せめて参院選までは・・・

現状でも民主大敗は間違いないと思うが、2トップが辞めていなければさらにそれが磐石なものになるからな。

参院選大敗→起訴→辞任が理想だね

小沢さんには期待していたのですが材料握られすぎましたね。民主党に足引っ張られているのが致命傷でしょう。

このHPって何ですか?
集まってくる人達は何者?
どこぞの機関紙かカルト教団のHPと見間違えそうになりました。

どのコメントを見ても
小沢一郎の言動を盲目的に支持したものばかり。
通常、健全な集団なら必ず相対する意見がでるもの。
コメントを冷静に見てると気持ち悪いです。
そういう意味では2ちゃんのほうがまだ健全ですね。

小沢一郎を支持する人々の、層や程度が知れて面白いです。

ここの読者(いや信者?)の方々に聞きたい。なぜそこまで彼を支持するんですか?

自民を批判する人へ
戦後半世紀以上、与党として国をおかしい方向へ導いてきたことは否めませんが、その過程で一翼を担っていたのは小沢一郎本人ですが・・・
彼は田中角栄→金丸信の流れを汲む金権政治の本丸です。今の彼の手法は当時の自民以上ではないですか。

公明を批判する人へ
皆さん政教分離とかなんとか言って批判していますが、小沢一郎はそのカルト集団と「外国人参政権付与」をキーワードに、連携を越え連立を組もうとしていることについてはどう考えていますか?
「金を積み、信者を集めれば徳が上がる」という考えからすれば、両者の思想一致していますけどね・・・

鳩山、および民主を批判するひとへ
あの組織の意思表明は小沢一郎の思惑を代弁しているだけ、というのは傍から見れば明らかじゃないですか。
なぜ鳩山や民主を批判しておいて、小沢一郎の言動には疑念を抱かないのでしょうか。
小沢一郎の考えを上手に国民に伝えることができない、またはその意に反した言動を取っている、という意味で鳩山・民主を批判するのは分かりますが・・・

マスコミを批判する人へ
確かに煽情的コメントばかりの日本の報道姿勢には辟易します。
しかし、思い出してください。
前総理の「漢字読み違い」の時と比べ、今の民主党に対する報道はどんなに大人しいか。
事の重大さから言ったら、
たとえ疑惑の域から出ないとはいえ小沢一郎の不動産取得や地元岩手での建設業者との癒着のほうが、より報道されて当たり前なのではないですか?
また、何百人もの議員を引き連れ中国に渡り、そして韓国では日本国民には一言も伝えていないことを勝手に約束してくる。
こういうことも冷静に考えれば、
故中川昭一の酩酊会見より重大なのではないでしょうか。

検察を批判する人へ
検察も組織。どこか別の組織・団体と関係を蜜にしていることも大いに考えられます。
しかし、本当に秘書だけが悪く、当の本人はまったくの潔白ということがあるでしょうか?
通常の社会では考えられませんよね。それに不動産を購入した資金は個人資産だと言っていますが、それを皆さんは信じているのでしょうか?
一議員の所得で、そんなに高額な貯蓄ができるのですか?
ローンじゃなくてキャッシュですよ。

私は小沢一郎を支持していません。
もし、本当に支持しているとしたら盲目に彼の言動を信じるのではなく、今言われている疑惑について納得いくまで説明を求めます。そして本当に納得のいく説明がなされて、初めて彼のことを支持します。今の彼には説明が不十分に感じますし、むしろ何かを隠すために逃げ回っている感が否めません。


皆さんの意見を見ていると、
アイドルとファンの関係を連想してしまいます。
アイドルの多少の素行の悪さには目をつぶり、
「キャーッ!」と追っかけをしているファンの姿を。
そのアイドルの悪口を言う人を痛烈に批判している姿を。
そして、そんなファンの純粋な思いをほくそ笑み、しっかりと金儲けしているアイドルを・・・

推定無罪の原則というのがありますが、
日本においては一部の人に対しては「推定有罪の原則」が適用されるようです(笑)


 君!死に給うこと無かれ!ああ
 ニッポン!
 戦後、60年の垢を除去させまいと黒い集団の悪あがき!
 心あるジャーナリストはこの国には居ないのか!
 東南アジヤを後進国と軽蔑する
 資格がこの国にあるのか?
 逆進国ニッポンの正義とは?
 小沢さんを救え!小沢さんの心
 の痛みを和らげる為に我々は
 どう行動すべきか?
 ツイッターでこの国を目覚め
 させる事は出来ないのか?

 元株やさん、龍司さん、奥野さ
 ん、MIYAUTIさん、恵美姐さん
 マリアンヌさん、このサイトの
 先駆者さん、ご高説は小生の
 癒しです・・・
 願わくば、このサイトを飛び出
 しての日常活動で民主党を支え
 るプランを考えるべきです
 究極、小沢さんを守る事になりますから・・・
 最後に民主党の議員さんに告ぐ!
 この暗黒に向かって声を挙げよ!
 何を怖れているのか!
 自分自身一人が犠牲なってでも
 この国を救うという燃える情熱
 を辻説法行脚で示せ!

em5467-2こと恵美様
失礼致しました。
ハンドルネームを記入したつもりが、記入されていませんでしたね。
恵美様が書かれていた助言に従って私も早速民主党のサポーターに登録をしました。
怒りを行動に変えることが大事ですね。
ぜひとも参院選で民主党を勝利させて小沢総理を誕生させましょう。
いつも的確な情報やコメントをありがとうございます。
あまり書き込めないかもしれませんが、こちらこそよろしくお願い致します。

em5467-2こと恵美様
失礼致しました。
ハンドルネームを記入したつもりが、記入されていませんでしたね。
恵美様が書かれていた助言に従って私も早速民主党のサポーターに登録をしました。
怒りを行動に変えることが大事ですね。
ぜひとも参院選で民主党を勝利させて小沢総理を誕生させましょう。
いつも的確な情報やコメントをありがとうございます。
あまり書き込めないかもしれませんが、こちらこそよろしくお願い致します。

「想定内」「証拠評価の問題」=起訴可能性に否定的-法務・検察
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010042701054

>『小沢氏はけしからん』という気持ちがあるのかもしれない」と話した。
感情>法です検察審査会(笑)

当の検察がやる気がないWW

自分は小沢氏云々より検察審査会なるものに疑問を持っていた。
まず、決議を決めるのに弁護側の証拠や意見が反映されないこと。
これは法の元の平等が無い。
そらから、けしからんとか○○であるはずだとの"感情"で法を判断してはならない事。
例えば松本サリン事件の初期報道だけで検審が判断したならけしからんってだけで河野さんが起訴相当になっただろう。
こんなおかしなもの擁護できる奴は自分に降りかかって来た時どうするんだ?

あと、会計のプロである公認会計士がこの事件に疑問を訴えている。
素人>公認会計士ってのは

公認会計士の目から見た陸山会政治資金事件
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/post_499.html
矢野弘樹:政治資金の情報公開制度改正の提言 ── 陸山会の政治資金規正法に関する事件の考察を踏まえて
公認会計士 矢野弘樹
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/04/post_68.html#more

怖い制度だ、法判断に素人が口を挟むべきでない。

私、ポアされてしまいますかsんへ
>それに不動産を購入した資金は個人資産だと言っていますが、それを皆さんは信じているのでしょうか?
一議員の所得で、そんなに高額な貯蓄ができるのですか?
ローンじゃなくてキャッシュですよ。

はい、自分で事実を調べようともせず○○であるはずだと言う推測で法を判断ですか?
小沢氏の奥様の実家が東証一部上場企業でそこの大株主ってご存知無いの?
俗に言う逆玉の輿ってやつなんだけど?

『小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、購入翌年の2005年に陸山会へ入金された4億円の原資について、小沢氏が東京地検特捜部の2度目の聴取に対し、「知人から預かった現金だった」と説明したことが1日、同氏側の弁護士の話で分かった。(時事通信)

自分の女房を「知人」って言うんだなー。変わった人だね。

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地購入をめぐる問題で、同会の事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が、土地購入費として小沢氏から借りたとされる4億円について、「小沢幹事長の相続遺産と聞いた」と東京地検特捜部に説明していたことが、関係者への取材で分かった。(中日新聞)

ん?遺産なの?
あははw奥さんの遺産ってことか?

同会は昨年10月9日、読売新聞の取材に対し、土地代金は4億円の定期預金を担保に、金融機関から小沢氏名義で借り入れた4億円を使ったと答えている。(読売)

ん?預金4億担保に銀行から4億借りたの?あほじゃね?
奥さんが大金持ちなら、資金繰りに困ることも無いだろ?
なぜ、無駄金遣うの?
どれがどの4億かは知らんが、その場しのぎのことばっかり言ってるから、訳分からないことになるんだろうがw

陸山会が借りたんだろ?
そりゃ、個人資産と団体資産分けるわな。
それから、小沢氏から借り入れしたお金を土地代に使うと陸山会は運転資金が無くなるだから銀行から借りた。

は?
奥さまは大金持ちなんだろ
その個人資産で「土地を買った」って言ってるんだろ?このぴっくとか言う人は。

俺はあくまでも、ぴっくという人の論の上にソースを持ってきただけ。
後から出てきて、まったく違う下地で反論されてもね、困りますよ。

ささいなところにエッジ・オブ・ダークネスが見えてるだろ
それが何かというとマスコミの世論調査でも議員辞職と説明責任たしても7割強だったのに
最近は微減傾向だったのに

こういった場合は、適当に世論調査に合わせて2,3人反対票を混ぜておくもんだ
緊迫感満載のギリギリで決まった演出をかけておくべきだったのに、全員一致なんてやるもんだから怪しい怪しい
そのことがかえって小沢が居座る理由にもなってるんだろうよ

検察審査会はぶっちゃけ検察庁へのペンキかけが会に化けただけだろ。
得たいの知れない世論に押されるという本質はなんら変わっていない。
検察審査会を審査する会が必要だね。

どこに怒りをぶつけてよいのかのおもいで初投稿します。小沢一郎を告発する会の存在そのものに恣意を感じています、検察審査会が国民の意思を判断材料にしてしまう恐ろしさ危うさに危惧します。国民の世論はマスコミの報道姿勢に大きく左右されてしまう場合なおさらです。検察審査会のメンバーは最終的にはくじ引きで選任されるようですがその前のくじ引きされる候補者はどのように選ばれるのでしょうか、審査員が短期間でのレク(弁護士か検察それとも他に)にて検察で得られた証拠で判断できるとはとても思えません、結局市民感情が優先してしまい検察の意思が大きく結果に現れてしまうとすれば怖いことです。

くろさんのようなB層の人たちをなんとか救ってあげたい・・・。

くろさんのようなB層の人たちをなんとか救ってあげたい・・・。

投稿者: 龍造寺 憲 | 2010年4月28日 03:55さま


今、市民力が問われているのでしょう

自分で考え、声を上げる事が大事でしょう

民主党の各議員に声をかけ、身近な人にこの不合理を訴える事が

そして、各議員の行動を吟味して夏の参院議員選挙に投票として形を出しましょう


投稿者: 龍造寺 憲 | 2010年4月28日 03:55さま


今、市民力が問われているのでしょう

自分で考え、声を上げる事が大事でしょう

民主党の各議員に声をかけ、身近な人にこの不合理を訴える事が

そして、各議員の行動を吟味して夏の参院議員選挙に投票として形を出しましょう


短期間に多数のコメントが投稿されているため、荒らし目的と思われるコメントが多数掲載されていますが、量が多すぎると削除が追いつきませんので、申し訳ございませんが、そのようなコメントについてはスルーしてください。こういった人たちは短時間でたくさんコメントがつくことを楽しんでいるだけですので、反応がなかったり時間が経てば自然と消えていきます。ご協力をお願いいたします。

なお、念のため申し上げておきますが、削除行為は議決に賛成・反対に関係なく行っています。最低限のマナーを守った意見であれば、どのような意見でも削除することはありません。削除基準は下記の通りです。よろしくお願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

起訴と言うだけで大騒ぎすることがおかしいのです、検察官が公訴権に絶対的な権限を持ち、裁判所もそれに従うと言う体制が問題なのであって、有罪率99%などと言うこと自体が大問題なのです。
弁護士も付かないで作成された検面調書が幅を利かせて裁判所の存在意義がなくなっている。
つまり検察官が絶対的な裁判官になってしまっていて、明らかに憲法違反だと思う。
検察官が判断するのではなく、裁判官が判断する司法本来の姿に変えなければならない。
逆に、起訴猶予などと言うことを止めて、裁判所に判断を仰ぐようにすれば、起訴と言うだけで大騒ぎすることは無くなる。

今朝のマスコミ報道は、鬼の首でも取ったように小沢幹事長批判一色である。
しかし、マスコミは批判すべき対象を間違っている。
この段階で、検察審査会は検察の判断を批判したのであって、小沢幹事長を直接批判したのではない。
マスコミは検察の無能を批判すべきであり、国民の期待に応えられない検察の改革を提案すべきである。
マスコミは、自らの使命を間違っていることから目覚めるべきだ。

WIL1さんに賛同します。

ブローバンド世帯2300万、携帯ユーザ数1億2千万のこの時代、ツイッターの情報発信に接するネット人口だけでも軽く2000万は越えている。



em5467-2こと恵美さんが言われるとおりです。

「小沢一郎に日本を託す会」では、マスコミにツイッターで抗議を呼びかけています。アクセスすれば、各マスコミのアドレスが乗っています。
今こそ、意志を力に変えましょう。

情報に疎い20代に知らせることができます。はまっているらしい40代、50代にも浸透させることができます。

使い方次第で、うねりはおさまる方法論として強い武器になると思います。

よくわからん。わからないまだが起訴=立証可能として検察は獲得した証拠資料では立証不能と判断したが審査会は既存の証拠で(伝えられた石川氏の証言か)立証可能と判断したという構図のはず。のはずが虚偽記載の共謀が推認されるとか許せないとかの単語があるのは筋が違うやろと。証拠の解釈を検察と争うその根拠が前面にどんと来ないとわからん。許せないってなんやねんそれ。どこの誰が審査会に許しを請うたのかいうてみいっちゅ話。既存の証拠で立証可能との判断を受けてのはずなのに再捜査するって何の為にやるのか制度の仕組みの思想がよーわからん。検察が既存の証拠を起訴の根拠とすることの脆弱性を証明するための即ち審査会の判断を覆すための再捜査(再理論武装)なら理屈としてはわかる。となると小沢氏を追い込むためになりふり構わなかった検察にとってはダハハで皮肉な再捜査となるっちゅことか。審査会案件の受理要件も含めてこの審査会が醸すあれこれimplicationはなにやら怪しい。どう怪しいかというと当事者がわけわからんまま合成の誤謬で運用されてんのと違うか。

米大手企業のA君におまえんとこ中国市場をどないすんねんと聞いたらロマンティックじゃがノットリアリスティックというのでなんでやと問うとリーガルシステムがわややと。別の機会に米大手ローファームのパートナーであるB君と話をした時A君がこんなん云うてたけどとぶつけて見たら「そら嘘や、なんか別の理由があるはず、なんでかいうたらA君とこは日本市場にどっぷり入ってるやん、僕から言わしたら日本のリーガルシステムも中国に劣らずかれこれわやでっせ」と。その時はそんなもんかのーと思ただけだったが。

まあばかばかしいけど死人は出ないでしょうから僕は静観。天は必ず見ている。審査会にかかわった人々も知性無能品性卑怯の咎で個々の人生でそれなりに負に報われるはず。

ちゅうがくいちねんぼうず さん

>審査会案件の受理要件も含めてこの審査会が醸すあれこれimplicationはなにやら怪しい。どう怪しいかというと当事者がわけわからんまま合成の誤謬で運用されてんのと違うか。<

当に怪しい市民団体が中心で告発。その目的は・・・?

その人物はいつもの民主党は売国という妄想に取り付かれている方々。

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/7b30830ddc40778331438282b05be8fd

>審査会にかかわった人々も知性無能品性卑怯の咎で個々の人生でそれなりに負に報われるはず。<

確かに、マスコミの虚偽の風潮に毒されて一体何が問われているのかも判らずに この決定を今回してしまった。

将来、真実が明らかに成ったときに、審査会に参加された方々は自分達の無知さと後悔の念を抱くでしょう。

恐らく、一生後悔をせねばならない物を背負わせたマスコミには そんな後ろめたさは全く無いのも事実ですが。

微力ながら、個人的には、毎日数回ずつ、朝ズバとBSフジのプライムニュースと民主党のご意見募集のコーナーに意見を書き続けている。もし、100人でも、200人でも毎日書き続けたら少しでも流れが変えられないか

 検察の筋書き通り

 これで検察は、再捜査したふりして、小沢起訴。
 無罪判決でようが、責任は検審の一般市民。
 
小沢失脚、検察安泰

 日本は最低の国家に転落してしまった。

どちらかというと首相のほうが起訴相当にならなかったのがなぜだろう? と思います。
やっぱりマスコミに流されたのかなとか思ってしまいますね。
JR西日本の件も副署長の件もそうですね。
悪くない人が悪人にされて悪い人はお咎めなしとかおかしいです。

若い頃、観た洋画に「怒れる11人」という陪審員の裏側を描いたものを思い出し、昨日の「愚かなる11人」の全員一致という
結果に慄然としています。
11人を選んだ担当者は殊勲甲で
前政権の官房長官,河村より金一封が贈られた事でしょう
B層国民の代表であることを如何なく発揮したのでしょう

小沢さんのサポーターを全力で
勧誘して支援し続け、小沢さんの
心労を少しでも癒せるよう直接
伺って声を届けてください

マスゴミに洗脳された国民による
人民裁判は結果として、黒幕を喜ばせるだけです
あの特捜が1年かけて出鱈目捜査
を強引にやって小沢さんをパンツ
一枚の状態にしても、やましい事
がなかったのに、ド素人の愚かなる11人に判断できるはずが無い
!法的にマッ白である事をハグラカシて最後ッ屁みたいなセリフが
「絶対権力者」「国民目線・・」
法律の世界でのこんな低度の言葉
は検察が如何に審査員を誘導して
いるかが伺い知れます
これを機に世論は正義の方向に
向かうと信じて参議院選まで息を
つかずに頑張りたい!

---サポーター3名---

こと恵美さんからの情報で「サポーター」に参加しました。

実は、4/8日の小沢政経フォーラムに参加したときの封筒に、申込用紙が入っていましたが、今気がつきました。少々お恥ずかしいです。
3名入会し、全員小沢氏支持です。

今朝、小沢氏のWEB経由で民主党サポーターに登録しました。
(添付コメントは下記の通り。)

小沢氏の居る政党を支持する者です。(民主党である必要はありません。)
昨年の3.3事変以降小沢氏を支持するようになりました。
昨日4.27の検察審査会「起訴相当」決議の邪悪な茶番劇を見て、小沢氏を支持する具体的な行動を起こす決意をしました。

8.81の歴史的な政権交代は、われわれ自身の戦いの始まりでもあります。
政権交代を支持した私の周辺の者は皆参院選でも一票の力を再行使します。
民主党はうろたえることなく小沢氏を先頭に、「生活が第一」の政策の実現と、ファッショ検察・天下り官僚・捏造報道を繰り返すマスゴミなどの旧既得権益集団の壊滅に邁進すべきです。

覚醒した「怒れる市民」としては、卑怯者の渡辺耄碌肛門、こども議員前原、仙石狸、野田豚、玄場、渡辺(周)、クズの生方、小宮山(洋)らの除籍を心から願っています。(ま、いずれ選挙で落とされるでしょうが。)


子育て現役アラカン

起訴相当に至った経過を時系列に説明してほしいです。「何月何日に市民団体名(代表者名)より検察審査会に告発」から、いついつどのような資料を基に審議、だれだれより説明を受けるなどを情報公開していただきたいです。どのような経緯で今回の結果になったかを知る権利があると思います。密室での審議で「はいこれが結論です」ではいろいろな憶測が飛び交うのは当然です。

起訴相当とした検察審査会の議決要旨を見て、コメントします。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100427-OYT1T01024.htm
まず、この議決では、「5」で、「(1)「秘書に任せていた」と言えば、政治家本人の責任は問われなくて良いのか。(2)近時、「政治家とカネ」にまつわる政治不信が高まっている状況下にもあり、市民目線からは許し難い。」と言ってる。

しかし、これは政治的主張と立法論に過ぎない。今の政治資金規正法では、政治家は秘書の「監督と選任の双方」に過失がなければ処罰されないと明記されている。それが不当だと思うなら、法改正を国会に働きかけるのが筋で、それをしないでいきなり起訴することは、「法律が気ににいらないと言って起訴すること」と同じで、罪刑法定主義を無視することで、暗黒社会になる。この議決は、「けしからん!」という感情にまかせて立法論と法解釈適用論を混同・勘違いして暴走している。

また、「6」で、 「・・・本件事案については、被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。」と言っている。

しかし、裁判は違法かどうか、有罪かどうかを法的に決するための場であり、真実を発見するための場ではない。

法廷では、有罪をどうかを決する必要がある限度において真実の発見が行われるだけだ。それは、例えば、被疑者の過去の経歴などが一般人の興味をそそった場合でも、有罪かどうかに必要な範囲を超えてそのようなプライバシーを含めた「真実」を法廷であばこうとすることはできないことからも明らかだろう。真実の発見は国会の国政調査権などでやるべきだ。「責任の所在を明らかにする」のも、法的責任は法廷でやるとしても、それ以外の「政治的・道徳的責任の所在」は国会や選挙でやるべきで、法廷に持ち込むべきでない。どういうメンバーが集まったのか知らないが、法廷の役割を「勘違い」しているとしか思えない。

また、「4」で、「4 更に、共謀に関する諸判例に照らしても、絶大な指揮命令権限を有する被疑者の地位とA、B、Cらの立場や上記の状況証拠を総合考慮すれば、被疑者に共謀共同正犯が成立するとの認定が可能である。」としている。

しかし、これも疑問だ。「共謀の事実」の認定の意味がわかってるのだろうか?

例えば「人を殺した」というのは抽象的事実で、それを直接に証明することはできず、必ず、それに当てはまる具体的事実(何月何日の何時ごろに何処でAの心臓を包丁で刺した、など)を提示して、それを立証する必要がある。

「共謀」というのも抽象的事実なのでそれを直接に証明することはできず、必ず、それに当てはまる具体的事実(何月何日の何時ごろに何処で「○○」と言ってAに指示した、など)を提示して、それを立証する必要がある。

今回の検察審査会が検証した供述証書には、そのような「具体的事実」が明記されていたのだろうか?また、そのような具体的事実を証明する証拠はあったのか?極めて疑問だ。「議決書の作成を補助した審査補助員 弁護士 米沢敏雄」は、そのような法律の適用と立法論の違いなどについて十分に説明したのか、極めて疑問だ。

起訴相当に至った経過を時系列に説明してほしいです。「何月何日に市民団体名(代表者名)より検察審査会に告発」から、いついつどのような資料を基に審議、だれだれより説明を受けるなどを情報公開していただきたいです。どのような経緯で今回の結果になったかを知る権利があると思います。密室での審議で「はいこれが結論です」ではいろいろな憶測が飛び交うのは当然です。

---サポーター5名---

こと恵美さんからの情報で「サポーター」に参加しました。

4/8日の小沢政経フォーラムに参加したときの封筒に、申込用紙が入っていましたが、今気がつきました。そこで、同意してもらって 5名(家族3名+知合い2名)申込みました。

PS
昨日知合いの方が、昨日朝6時過ぎにNHKラジオを聞いていたら、ますゴミの報道が嘘っぱちであるとNHKラジオで話していたと 教えてくれました。そのことで、彼も私の小沢論をやっと信じてくれました。そこで、昨日深夜まで寝れなかったので、朝まで起きて NHKラジオを聞いたら、「経済の話」をしてたのでガッカリでした。

恐らくこの11人の委員は、検察正義と信じている人達でしょう。彼らに、週刊朝日、郷原信郎、上杉隆、そして三井環さん他のコメントを何らかの形で、読み聞きさせるべきです。新聞、週刊誌(除:週刊朝日)、テレビの報道しか見ていない一般人の感情的理由にしか見えない。小沢幹事長が求めて冷静な判断は無い。検察の暴走、検察が危ないというフレーズに接していない、そして悔し涙で起訴断念した検察検事の話しだけ聞いていれば、結果はこうなるでしょう。

冷静に考えて検察にとって実際のところ最初から革命とはそぐわない子供じみた正義感と政治の齟齬を感じてならない。このような政治的危機を回避するには「指揮権発動」しかない。検察が招いたこととは言えずるずると最高裁判決まで徒に引き延ばすことは国益民益に照らしてあまりにも害だわさ。(^^)

投稿者: 一市民 | 2010年4月28日 01:54さま

私がお聞きしたいことに対するお答えに整合性がないですね。あなたは「起訴相当」というあなたの考える「正しい結論」を出したから検察審査会」のメンバーが「賢明な市民」と言ってるだけです。それじゃあ小沢辞任を叫んでいるとメディアが報道する国民の8割近くは「賢明な市民」ということになりますね。既得権益で上手い汁を吸っている人達も、権利ばかり主張して他人の困窮には関心がないほとんどの人達も、あなたのように怒りに任せて
「投稿者: hiroko | 2010年4月28日 01:31へ」と敬称もつけずに
投稿するような人も含めてね。多いですよ。そういう自分を「賢明」だと思っている人。
私は顔の見えない「一般市民」なんて信用していません。

賢明な市民ならふつう「起訴相当」を「是」にするでしょう。
証拠があるのですから。
秘書が起訴されていない案件なれば「起訴相当」にはしないでしょう。
秘書が裁判で争われ、議員が争われないでは
事件は一部ヴェールに包まれてしまう。
事実を知りたい賢明な市民は「裁判」で「ヴェール」を剥がしてもらいたいと普通は考えるのではありませんか。

 そうした当たり前の「市民感情」を非難する方が市民の権利を閉ざそうとする横暴ではありませんか。

 制度としてある以上、市民は素直に自由に判断すればよいわけで抽出である以上、ないもここのコメントのように偏った人々でもないのですから。

 それはそれとして受け止めないと先に進みません。

日本が借金大国になったのは、冷戦下の構造を変えずに、収入の不足分を国債で補ってきたのが一番の原因です。

いいかえるなら既得権益集団の利益を、「清く」守ってきたことが、大きな仇となっているのです。

今迄、日本は幾多の苦難にあいながらも、決してデフォルトしませんでした。

国家が危機的状況にあるにもかかわらず、一歩踏み込んで論理的に考えない国民性が、自らの首を絞め、没落に拍車をかけていることに早く気付くべきです。

ここまでくると、日本復活は、韓国宜しく国家破綻後になるのでしょう。

恵美さま

私もサポーター登録します。大分前に小沢事務所から登録申込書が届いていたのですが、民主党自体に対する思い入れがイマイチで迷っていました。でも、こうなったら小沢事務所経由でサポーター登録し代表選の折には小沢さんの応援する候補に「清き一票」を投じたいと思います。

今日の朝日新聞の社説を見て驚いた。「小沢幹事長はまだ居直るのか。大局に立った判断をすべき・・」とのこと。大局に立つ?この言葉をそのまま朝日新聞に返したい。
昔の朝日新聞には確かに大局に立った論があった。社説は新聞の顔であり読むのが楽しみであった。
ところで今回の告発した市民団体は何なの?11人の市民は市民代表なの?その審査過程は公正なの?もっと情報公開し勉強したうえで論を言って欲しい。他人に言う前に説明責任を果たして欲しい。昨今の朝日新聞の社説は、漢字が読めない(と子供からも馬鹿にされた)麻生前総理と同じレベルになったと言うこと?・・か。
「親がバカだと子供もバカになる」と言われるが、わが国の若者の将来はどうなるの?
対策は新聞の仕分けが必要になったということだろう。くだらない新聞は買わないことだ。国民皆で、2ヶ月間海外に行っていたと思って新聞を止めれば、約2割の売り上げ減になる。それでわが国の新聞が少しは反省し(国際的に)まともになってくれるだろう。選挙の投票だけでなくこれも大切な主権在民と思う。

小沢さんどうこうの問題ではないです。

一人暮らしの人は注意しましょう。
あなたの近所で異常犯罪が起きた時、あなたが犯人にされます。

不規則な生活をしている人は注意しましょう。
あまりお金を持っていない人は特に注意しましょう。
犯人にされるにはうってつけです。

近所の人が、「あいつが怪しい」といえば、もう犯人です。
いくら否認しようが自動的に、捏造報道→逮捕→起訴→犯人です。
あとで無罪になっても、真犯人が捕まるまでは犯人です。

近所の方々とはくれぐれも仲良くしましょう。

■小沢氏「起訴相当」検察検査会議決 民主ダンマリ、自民ツイッター攻勢―民意を反映した審査結果は民主党新左翼の謀略を阻むか?

ブログ名:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理

こんにちは。検察検査会による小沢氏「起訴相当」という議決がでました。私自身は、高速道路の問題とか、政治資金の問題など、民主党新左翼のもくろむ日本の国民国家解体の謀略よりも、よほど些細なことだと思っています。
しかしこの議決結果、謀略を阻むことにもつながるのではと期待しています。普天間基地や、マニフェストなどばかりに注目するのではなく、新左翼の動きにも注目すれば、子供手当てや、日本国解体法案(外国人参政権、夫婦別姓、人権擁護法)が将来の日本にとってどのような意味を持つのか、良く理解できると思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

>「暴力団組長のガードマンが拳銃を所持していた場合、組長の指示がなくても共謀を認定した判例がある」。審査の過程で、そんな事例を紹介されたことも、判断を後押ししたようだ。

「クローズアップ2010」でこんな記事を見つけてあきれました。小沢さんを暴力団の組長になぞらえたのでは所謂“賢明な市民”は当然「起訴相当」と思うでしょうね。
小沢幹事長にも個人としての人権があります。「独裁者」との報道がよくみられますが、こんなにあることないことメディアや党内外で言いたい放題いわれる人のどこが「独裁者」なんでしょうか?

偏向報道にどれだけの国民が影響を受けているだろうかと心配しておりましたが、ここに書き込んでいらっしゃる方々を知り、少しばかり安堵致しました。
しかし、安心している場合ではありません。未だ事の本質に気付かない人達に教えてあげて下さい。そして、参院選で民主党側が過半数を確保できるようにしましょう。もう時間は少ないです。真の政権交代を実現するために行動しましょう。私も微力ながらできることをします。

市民参加型の裁判制度の問題点はダスティン・ホフマンのRunning Juryって映画が取り上げてるし
作られたマスコミ世論によって陪審員の意見が決定されるのはまさに映画を見るかのよう
もっと進んでいくと日本もこれからは札束で判決を買うようになるんだろうか

検察審査会メンバーはすでに推定無罪を無視している良識無き存在では無いか。石川議員の起訴に伴う自白を事実とし、有罪者に仕立てている。それに絶対的な権力者に相談しないはずが無い。石川氏&秘書の虚偽記載は無罪に近いコメントが富田様からココに何度と無く投稿されています。公判によって有罪が決まった鳩山首相秘書に関し鳩山首相が不起訴相当に対しまだ裁判も未公開の小沢幹事長に起訴相当とは納得出来る判断ではない。今小沢幹事長を失えば、政権交代の意味は全くなくなる。国民が絶対的に選んだ民主党を守るのは国民の義務ではないのか。その1票を投じた時の気持ちに戻って考えて見て欲しい。官僚腐敗癒着自民党政権から国民政党に国民は勝ち得た政党だ。牙をむき出している犬から逃げる方法は無い。牙をむき出した利権官僚を倒すには国民の怒りが必要だ。名古屋の河村市長の様に叩かれるターゲットは潰すしか無い(法に沿って)。マスコミには不買、不視聴で、官僚には改革への弛まぬバックアップを。国民の中に反守旧派政治家、官僚批判を耳に届くまで続けるべきではないだろうか。若き全共闘時代には身体を賭けて官憲とも闘った。今、私は何をしているのだろうと痛感する今日この頃です。皆でここで考えましょう。

検審委員の方々も、短期間でこの件の本質まで迫るのは、到底無理でしょう。民間人の方ならなおさらだと思います。
ただ、今回の議決においては、法的根拠よりも「国民目線」というフレーズを盾にしているのが気になります。そこにはシナリオライターの影すら感じますが・・・。

そして、一部の新聞報道では、「”疑わしきは罰せず”として不起訴にした検察、しかしそれを由としなかった民意。」という、さもドラマにでてくるかのような構図で作文を練ってらっしゃる。

なにがなんだか、もう・・・。

一市民様
新聞の仕分けですか?ぬるいです。つぶさなければいけません。TVも新聞も今やメディアは巨大既得権益です。無責任なことを言い散らして、世論を撹乱し、国民の思考能力を奪うツールなど百害あって一理無しです。きつい仕事はプロダクションに放り投げ、巨額の報酬でのうのうと暮らしているような貴族階級を生かしておく必要など有りません。

投稿者: 一市民 | 2010年4月28日 11:14さま

同感です

私は、新聞・テレビに抗議の電話をしました

不買運動と抗議の声を上げ行動することが大事かと

投稿者: H、MIYAUCHI 様| 2010年4月28日 10:28

>恐らくこの11人の委員は、検察正義と信じている人達でしょう。

検察正義と信じている人が、何故、検察が下した不起訴という結果を覆す議決をしたのですか?貴方の文章は、この矛盾を説明できていませんよ。不都合な結果になったとたんケチをつけてるようにしか読めません。


話は変わって、結果があまり伴わない人に共通する事なのですが、何かあると必死で目前の問題の最善策だけを考えようとするのです。で、最善策を見つけたとしても、次に起こると思われる事態に対応していない事が多い。その事象に対してだけなのだから、また問題が起こる。そして、またまた直面した問題の最善策を思いつくのですが、それが先の問題の最善策と矛盾してしまう。それぞれは良かった筈が、整合性が取れない事態を招く。当り前の事で、本人は臨機応変に対処したつもりなのですが、実は言い方を変えると行き当たりばったりなだけなのです。最後の決め台詞は○○のせいだ!現民主党の政権運営がまさにそれ。目先の問題に対し、次に繋げる為に今は満点でなくとも合格点で良いといった、発想の柔軟性がないのです。柔軟性に欠けるものだから、行き詰まると転換が必要だと騒ぎ出し、ウルトラCに走りがちになります。普段からきちんとしていれば、臨機応変や発想の転換などといった事態に通常は殆んど直面しません。常日頃その様にしておく事が、危機管理というものでしょう。では、何故こうなるのかと言うと、事の本質とやらに拘りすぎるからです。本質で考えるべきモノと、そうでないモノの区別が出来ず、固定観念化して、見通しを誤る事が多いのです。不確定要素があるものや、相手が存在したり、時間の経過による変化が見込まれるものなど流動的な事柄には、プランB、プランCとより多くの準備が必要なのです。万全の準備があるからといっても、必ずしも上手くいくとは限りません。そこで、漸く発揮されるのが、臨機応変であり発想の転換なのでしょう。それらを支えるのは、膨大な情報量を篩い分ける正確な分析です。正確を期すためには、感情や願望を交えないのは鉄則です。国民の代表たる国会議員には、この程度の事は軽々とこなして欲しい物です。責任転嫁の理屈だけ次から次へと垂れ流すだけの議員は要らないんですよ。さっさと議員定数を削減しなさい。

起訴相当とした検察審査会の議決要旨を見ると、この議決では不記載より金の出所を問題にしているようであり、真相解明を求めるための起訴相当で検察の見解とは違う。
検察リークのマスコミ報道で世論が形成されれば政治家は全てアウトになるシステムである。
戦前と同じで、官僚による政治家追放の常套手段である。

そこに善良な市民が必ず登場する。
西松事件の最中に改正された意味がある。福知山線事故や明石の花火事故で評価されているので一概に批判できないようにして、政治家に適用するところは巧妙である。

昭電疑獄事件と同じで、それ以降官僚天国、戦時統制に入っていった。戦後は善良な市民によって官僚が神格化され、政治家は胡散臭い存在となった。

神格化されて官僚が作った国は貧困率も高く、少子化で、国土も荒廃し、通勤地獄が繁栄のしるしで、情報統制されてアホ番組に狂喜する国民をつくった。

小沢が記者会見で説明しているが、マスコミが国民に伝えないのか、小沢が言わないのか、なぜ陸山会があの土地を取得したのか説明しないため、金儲けのためと報道されているから、マスコミ情報を信じる国民からは議員辞職を求められる結果となっている。
秘書の社宅をつくるためとか説明がいる。
法的に問題ない、知らないでは通用しない。小沢も説い不足だ。

私は政治家を金で判断しないが、そういう国民は少ない。
特にマスコミと対立関係にあり、狙われていたにしてはわきが甘い。

しかし、ここで小沢が引いたら何のための政権交代かとなるので、幹事長を続投して、検察の動きをみることと、党内で普天間の海外移設に尽力を上げてほしい。
総理が外務省の圧力に屈しないように党としてもっと発言すべきである。

それと高速料金上限制にしても

民主党前参院選候補のはたともこ氏はツィッターで
# 前原大臣は、高速道路建設のための料金値上げは、昨年 12月の党の要望のためだとしているが、建設財源1兆4千億円や東京外環道建設など、党は全く要望していない。党の要望をすり替えて利用している。しかも、党の要望には、割引率を順次拡大して、段階的に無料化を進めると書いてあるのだ。
# 前原大臣は小沢幹事長を二律背反と批判したが、前原大臣は「我田引水」「拡大解釈」だ。昨年12月の党の要望は、地方の採算のとれない「新直轄」高速道への財政支援。値上げして東京外環道をつくることに、党の要望を利用した!割引の順次拡大を求めた党の要望は、無視されている。
と述べている。

民主党の川内博史・衆院国土交通委員長もまた
「(昨年の党要望で)小沢氏は、地方の不採算道路の建設、1,000億円程度に財源を回せと言っただけで、国交省はやりすぎだ」
との意見だ。

党内の声から前原が官僚に屈したが石原慎太郎に媚びを売ったのは明らかである。
こんな大臣ばかりになっており、国民の支持率低下は当然である。

こういったことを議会で党より修正案を出し、解決すべきだ。

そうはいっても5月末に起訴される可能性が高く、いつまでも幹事長でいられるかどうか、その際はチャンスととらえ、幹事長、官房長官を小沢派で抑え、党幹部を内閣に任用させて、党と内閣の一元化をさすことである。
最大派閥としては当然の権利である。マニフェストの完全履行と公約の記者クラブの解散や取調べ可視化、公務員天皇任用制の人事等官僚・既得権益との対決を鮮明にすることである。

そして選挙に勝てば、鳩山続投、負ければ原口を総理として担ぎ、小沢派内閣体制をつくることである。
検察が起訴しないなら、幹事長続投で内閣改造を要求すれば良い。
選挙後に代表も可能となる。
そうなれば検察審査会の判断に影響を与える。
いずれにしろ内閣の主流派として官僚との対決内閣でないと小沢復活の眼はない。
鳩山は幹事長続投を表明したが、5月末に検察が起訴するとリークされ、普天間の移設先は小沢からフリーハンドになると読んで、動き出したのであろう。
辺野古修正案で決着し、小沢辞任で沖縄県民の勢いをそいで己の責任を回避するつもりではないか。

これで小沢が幹事長を続投しようが、辞めようが、選挙は惨敗である。
事業仕分けも30才前後のあんな若手を起用して、最大支持層の我々年配層、リストラ世代には逆効果である。

政権維持には小沢の力を必要とする。
私はサポーター登録をしました。
色んな形で小沢一郎を支援していきます。

それにしても産経が訪米中止も検察審査会の起訴相当も相当事前に報じている点が不気味である。

朝から早速、テレビでは小沢袋叩き状態です。「この結果はオモイ」だそうだ。
昼のワイドショーでは、れいによって生方 大副幹事長が活躍ですな。
ほんと、検察審査会にしろメディアにしろ「絶対権力者」「独裁者」という言われ方を平気でするが、小沢さんにだって人権があるでしょうって。民主党内では影響力のある党運営の最高責任者ではあろうが、酷すぎる。本当の権力者は、小沢袋叩きの報道を葉巻をくわえてほくそ笑んでる連中か。

**小沢事務所経由でサポーター登録します。**

今、民主党千葉県総支部連合会に生方さんの事で電話で意見してみました

忙しかったのかもしれませんが、話の途中で電話を切られました

風まかせで議席を得すぎた政党なのでしょうか、、、

悲しいです

議決書の内容をみれば、この議決を出した審査会メンバーの法律的な知識がいかに乏しいかというのが良くわかる。いってみれば「感覚」のみで起訴だと判断したんだろう。
政治資金規正法を「規制法」だと思ってるんでしょうね(笑)

当然でしょ。むしろ鳩が不起訴議決になった方がおかしいとさえ思います。

小沢、鳩山両人が起訴相当とされるべきです。

そもそもマスゴミは以前から腐っていますよ、漸く分りましたか、情報弱者の皆さん。
勿論、小沢応援の外国籍の方はとうの昔に知ってますよね~♪

気に入らない人は、起訴相当!

自分と意見が違う人は、外国籍?

この国は、自分で考える事が出来ない脳みそハエ野郎が増えてしまいました。

もうダメでしょう。

10年後は鎖国して自滅ですかね。

この決定が11人の市民の一致した意見と聞いて映画「12人の怒れる男」を思い出した人も多いはず。ああ、私たちの市民社会にはひとりの「ヘンリー・フォンダ」もいなかったんだなと。文書の中に最高権力者とか市民目線とかマスメディア生まれの妖しげな用語が悪びれもせず生のままで使われていることにも、それを得々と援用して反対党を批判する野党指導者の姿にも違和感を感じます。戦後民主主義はこんな市民しか育てられなかったのでしょうか。

小沢信者にとって気に入らない人は、情報弱者!

小沢信者と意見が違う人は、自民工作員?

この国は、小沢の言うことしか信じられないルーピー共が増えてしまいました。

撃退しましょう。

10年後は奴等涙目で国外逃亡ですかね。

ちゃちゃを入れてくる投稿者様へ

小沢がどうこうの問題では無いという意見を読んでないんですね。
きちんと意見を述べている人達は、
マスコミの言うことを鵜呑みにしていると、この先、全ての国民に災難として降り掛かってくる、ということを仰っているんだと思います。

安心して住める国になるなら、党なんてどこでも政治家なんて誰でもいいんです。そもそも国を良くすると言っている政治家が、なんで党で分かれているのか、党の中でさえ争うのか不思議です。

小沢が
売国政策をやめて
日本を心から愛して
核武装して
自衛隊を軍にして
竹島と北方と尖閣諸島を
力ずくで取り戻してくれるなら
今すぐ全力で応援してやるよ

今回の収支報告書不記載は法律上微罪ではないが、厳格に当てはめるとかなりの政治家が議員辞職しなければならない
オザワが真っ白だなんて思ってないし、集金力のある有名人が悪人なら過去の著名人はみんな悪人だろ
を前提として、

検察が「起訴」したら99,9%は有罪になって来た日本社会で、起訴される事はそのままその人の社会的地位を失う事を意味します。検察が不起訴にした案件を「民意」で(昨日の民放TVではさかんに審査会の民意がこれからは重大、との見解を示していましたが)「起訴」とし、その結果、有罪無罪は問わない、との社会を作りたいのであれば(最近儒教社会であるアジアを欧米型個人主義に全て当てはめていくのは無理があるのではないかと思うのですが)そのような社会は望ましいと思いますが(弁護士も仕事ないし)現状では上記の通り「起訴」されればほとんど「有罪」と同義であり、同時に社会的地位も失います。小沢一郎は、「起訴」されても徹底的に闘い抜いて裁判の有り様、世論の有り様を変えていく宿命を背負わされているのかもしれません。が、日本国にとって彼の立場で闘うのはリスクが大きすぎる、バブル崩壊以後の負債の増大ぶりはもうがけっぷちまで来てるし、、日本人は何事もデフォするまで気が付かないのかな、先の大戦でも原爆落とされて、陛下に決断してもらってる無能ぷりだし。。

男が一匹ぐらい居たって、 何の役にもたちゃしないね。 

赤信号  男一匹渡って  すぐお釈迦

検察へ不服申し立てをした右翼たち
不服申し立てをした内容がこちらにあります。
この程度で政治家をメディアにさらせるのですね。検察と親米右翼が手を結べば彼らの意に沿わない政治家はいつでも誰でも起訴・有罪にし放題です。

桜井誠
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10451351357.html
2010-04-28 08:53 noname URL

検察審査会に申したてた【市民団体】は、上記の右翼団体との情報があります。

マスコミは政治不信を煽る元凶ですな。

確信した。
電話して抗議したところで始まらないよ!でも、どうすればいいかわかりませんね。
小沢さんが参院選後も影響力を保持し、ばっさり既得権を剥ぎ取るしか道は無いが・・・
可能性は極めて低くなった。

11人全員が起訴を支持という報道に違和感を感じて、検察審査会の議事録が公開されてるんだろうかと調べていたらここにたどり着きました。非公開なんですね議事録は・・・。

皆さんのコメントを拝見してみると、ここでは圧倒的に検察審査会の判断に異を唱える方が多いようで、そういう傾向のサイトなのかなと思いつつも、それを差し引いても11人全員という結果にやはり大きな疑問を感じえません。

民意とか市民目線ってなんですか?告発した市民団体の素性も明らかにされていないし・・・この市民団体は記者会見を行ってもしかるべき事案のように思います。


それにしても検察審査会って何なんでしょうかね。審査会の議事録が公開されればどういう判断で決議が導き出されたのか垣間見ることもできるし、官僚や旧権力勢力の陰謀説が囁かれる中、おもしろおかしけりゃいい的なマスコミの偏った報道の歯止めにもなると思うのですが・・・


近頃のマスコミに一言・・・・

ワイドショーは元よりニュース番組においてもキャスターやコメンテーターと称する輩の長いものに巻かれれろ主義の発言にはほとほと呆れる昨今です。

自分の考えではなく、こっち目線で発言した方が無難という考えが見え見えで、我かわいさが先に立ってしまって自分の保身に走ってしまう気持ちも判らんではないが(以前に真っ向反対の意見を言って干されたキャスターかコメンテーターがいてその頃あたりから皆が無難な方向に行きだした印象があるんですが)、皆が皆それをやることで視聴者をミスリードしてしまうことを考えてほしい。


このサイトはサンプロによく出てた高野さんのサイト?ですかね?コメントにそんなのがあったような・・・よく知らないんですが。

ヨイショするわけでもないんですが、発言の賛否はさておき常に自分の意見を明確に述べられていたのは心地よかったです。(9割方賛同していましたけど)

投稿者: 旁葉 烏 | 2010年4月28日 12:59 さま
誤解招いて申し訳ない。検察官の説明を100%受け入れる委員達と云う意味です。検察は決してあきらめていない。ヤメ検大沢がTVで検審があると言っていた。つまりは、検察が検審を啓蒙している。だから11人全員が起訴相当とした。皆で渡れば怖くない信号なのでしょう。街角アンケートでも11人居れば、逆な意見は1人か2人は居りますよ。

ネットウヨだか工作員かどうか知らんが、ネガキャンネタでマスゴミが勢いづくとすぐ元気になる自民党野合野党とまったく同じ反応だな。

その比率も、丁度いい具合に自民支持率に符合する。

あんたらがなにをほざこうが国民の趨勢は「政権交代」支持から外れることは金輪際ないよ。

「スルー」されるの覚悟でせいぜい粘着しなされ。誰も相手にはならん。

郷原氏のツィートから
「議決書で審査申立人の名前が匿名になっているのは、どういうことでしょうか。」
検察審査会は何故匿名としているのか説明するべき。いったいどういう素性の人間(団体)が申し立てをしているんだ?

>WL1氏
『国民の趨勢「政権交代」支持から外れることは金輪際ない』

→支持率20%前半までいってますがw あと地方選も民主すごいことになってますがw一体何敗すれば気がすむんですかね。ルーピーだかなんだか知りませんが金輪際ないとかww


>やっぱり氏

『何故匿名か』

→あんたらみたいなのがいやがらせとか襲撃するからじゃね?

投稿者: アラン・ブース 様 2010年4月28日 14:04

>この決定が11人の市民の一致した意見と聞いて映画「12人の怒れる男」を思い出した人も多いはず。ああ、私たちの市民社会にはひとりの「ヘンリー・フォンダ」もいなかったんだなと。

あなたは、尼崎の鉄道事故や明石市の歩道橋事故・事件の検察審査会の決定、起訴相当の時も「ヘンリー・フォンダ」や「12人の怒れる男」を思い出して同じ感想を持ちましたか。

1万人の市民の意見が一致したら、それこそ北朝鮮のようで気持ち悪いが、たった11人の市民の意見が一致するのは全然問題にならないではないですか。
それこそ、一般市民の目から見たら小沢は真っ黒なんだから。

今回のニュースに対して、小沢擁護の鳥越・勝谷・落合恵子等々、マスコミに巣くう小沢擁護派が、11人一致が気持ち悪いとかマスコミに煽動された情報弱者の市民とか民意ではない等々、聞くに堪えない非難・批判を番組中で叫んでいたが、ダブル・スタンダード者の断末魔の悲鳴としか聞こえなかった。

彼らのほとんどが、上記2件の時は、検察審査会を「民意」「市民目線」と絶賛してました。

また、地検特捜部の捜査を「国策捜査」と批判していたが、検察の国策捜査の結果の「不起訴」を今回の検察審査会の一般市民が国策捜査の結果をひっくり返したのだから、アラン・ブースさん、あなたや鳥越やこのジャーナルで検察捜査を「国策捜査」と批判していた週刊朝日編集長たちも、今回の一般市民の決定を絶賛すべきなのではないですか?

投稿者: アラン・ブース 様 2010年4月28日 14:04

>この決定が11人の市民の一致した意見と聞いて映画「12人の怒れる男」を思い出した人も多いはず。ああ、私たちの市民社会にはひとりの「ヘンリー・フォンダ」もいなかったんだなと。

あなたは、尼崎の鉄道事故や明石市の歩道橋事故・事件の検察審査会の決定、起訴相当の時も「ヘンリー・フォンダ」や「12人の怒れる男」を思い出して同じ感想を持ちましたか。

1万人の市民の意見が一致したら、それこそ北朝鮮のようで気持ち悪いが、たった11人の市民の意見が一致するのは全然問題にならないではないですか。
それこそ、一般市民の目から見たら小沢は真っ黒なんだから。

今回のニュースに対して、小沢擁護の鳥越・勝谷・落合恵子等々、マスコミに巣くう小沢擁護派が、11人一致が気持ち悪いとかマスコミに煽動された情報弱者の市民とか民意ではない等々、聞くに堪えない非難・批判を番組中で叫んでいたが、ダブル・スタンダード者の断末魔の悲鳴としか聞こえなかった。

彼らのほとんどが、上記2件の時は、検察審査会を「民意」「市民目線」と絶賛してました。

また、地検特捜部の捜査を「国策捜査」と批判していたが、検察の国策捜査の結果の「不起訴」を今回の検察審査会の一般市民が国策捜査の結果をひっくり返したのだから、アラン・ブースさん、あなたや鳥越やこのジャーナルで検察捜査を「国策捜査」と批判していた週刊朝日編集長たちも、今回の一般市民の決定を絶賛すべきなのではないですか?

---会社の新聞も中止---

やれることを全て挑戦しよう。

考えて、会社の新聞も購読中止しました。地方新聞社に電話して「変更報道だから中止する」旨を伝え、配信元の共同通信にも 長々と抗議文章をメールした。

もうこれで、個人でできることは無いだろうか?

>地検特捜部の捜査を「国策捜査」と批判していたが、検察の国策捜査の結果の「不起訴」を今回の検察審査会の一般市民が国策捜査の結果をひっくり返したのだ

こういう論調が日経新聞でも見られました。
つまり、小沢さん側に都合が悪いと「国策捜査」といい「不起訴」を受けて「検察の公正な捜査の結果」と小沢さんが変節したというレトリックです。
全然違いますよね。小沢さんを失脚させようと国策捜査とも思える強引な手法をとったけれども、さすがに証拠に基づけば起訴できなかったことが「検察の(保身からくる)結果的な公正さ」となっている訳で小沢さんは検察のやり方を積極的に評価しているわけでもなんでもないんです。もし国策捜査の結果の「不起訴」だとしたらこれは検察の責任は重いわけで、素人の「検察審査会」に丸投げして「起訴相当」の判断をさせる一番卑怯なやり方で逃げたということです。検察はよろこんでいると思いますよ。手を汚さずにもしかしたら「起訴」できるんですから。小沢さんが正しいかどうかということ以上にこういう欺瞞的なスタンスがあちこちに見られて嫌な気分になります。

>地検特捜部の捜査を「国策捜査」と批判していたが、検察の国策捜査の結果の「不起訴」を今回の検察審査会の一般市民が国策捜査の結果をひっくり返したのだ

こういう論調が日経新聞でも見られました。
つまり、小沢さん側に都合が悪いと「国策捜査」といい「不起訴」を受けて「検察の公正な捜査の結果」と小沢さんが変節したというレトリックです。
全然違いますよね。小沢さんを失脚させようと国策捜査とも思える強引な手法をとったけれども、さすがに証拠に基づけば起訴できなかったことが「検察の(保身からくる)結果的な公正さ」となっている訳で小沢さんは検察のやり方を積極的に評価しているわけでもなんでもないんです。もし国策捜査の結果の「不起訴」だとしたらこれは検察の責任は重いわけで、素人の「検察審査会」に丸投げして「起訴相当」の判断をさせる一番卑怯なやり方で逃げたということです。検察はよろこんでいると思いますよ。手を汚さずにもしかしたら「起訴」できるんですから。小沢さんが正しいかどうかということ以上にこういう欺瞞的なスタンスがあちこちに見られて嫌な気分になります。

現役・卑劣で悪辣検事とは俺様たちの事だ!
http://www.kyudan.com/opinion/ozawa05.htm


年間6億円の検察の公金横領事件を闇に葬った
自民党の歴代最も無能だった法務大臣 森山真弓(2002年当時74歳)と言う耄碌婆(もうろくばばあ)発覚すれば検察の威信は地に落ち、
次席検事以上の幹部は横領罪で全員逮捕、当時の原田検事総長から泣き付かれた
小泉純一郎は過去に強姦事件を無かった事にしてくれた借りもあり、このばあさんに指示、原田と森山が国会で『事実無根』と証言した。横領の上に偽証罪も加わる犯罪人たちだ。


11人全員一致って異常ですよね。

11人全部が起訴相当と結論づけたからと言って、さも国民の民意だなんて、絶対言ってほしくない。

一億近い人間の民意がその人達に集約されてしまうなんてあってはならないこと

でも、週末アンケート行って、支持率がまた下がりましたなんて放送しまくるんでしょうね。

今回の議決書作成を補助した弁護士の所属事務所のイベントに
来賓として出席した方々の中に目に止まる名前があります。
http://www.aso-law.jp/topics.html

この名前を見てどう感じるかは、
人それぞれあるかとは思いますが。

小沢氏を起訴相当とした検察審査会の議決を読むと、感情丸出しの文章に見えます。

「共謀の事実を認定できる」って、「共謀」という抽象的事実ではなく、「共謀」に当てはめられる「何月何日の何時頃に何処でどういう状況で誰に○○と言って指示した」という具体的事実が供述調書に書いてあって、それを証する証拠があるというのでしょうか?

「共謀」という裸の抽象的事実を、そのまま、絶対的権力者だからという理由で直接証明してよいとでも思っているのでしょうか?

刑事裁判で犯罪をどうやって認定するのか(具体的事実を条文の抽象的構成要件に当てはめること)、そういう基本を知らないまま、メンバー交代の時期が近いということで焦って議決をしただけのような気がします。

国民として、大変「恥ずかしい」議決だと思います。

投稿者: H、MIYAUCHI 様| 2010年4月28日 17:34

>検察官の説明を100%受け入れる委員達と云う意味

誠に有り難うございます。理解出来ました。

今回の鳩山さんと小沢さんの二つの審査会、11人のメンバーをチェンジしたらどんな議決になったのだろう。
その際、小沢さんの審査会の審査補助員をした米澤敏雄弁護士を付けた場合と付けなかった場合、結論はどうなったのだろう。
法律論は別にして、二つの議決の要旨を読むと、そのトーンの違いに違和感を覚えるのは私だけだろうか。
(注:鳩山さの審査会では審査補助員(弁護士)を付けずに、小沢さんの審査会では付けています。)

投稿者: 気に入らない奴は起訴? | 2010 年4月28日 11:28 さん

の投稿が、ジョークで済ませられない現状になっていることを、今回の検察審査会の決定は示している。

かつて、松本サリン事件で、犯人に仕立て上げられた河野さんを思い出す。河野さんは、ばらまいたという証拠もないのに、自宅に農薬があるというだけで、犯人扱いされた。(実際は、犯人どころか、河野さんは犠牲者である。)

警察・検察とマスコミがタッグを組んで風評をばらまけば、そこに確かな証拠が示されていなくても、印象操作だけで、善良な市民をいともたやすく「悪人」に仕立て上げてしまえる実例である。
事実無根の風評で、人間一人の人生をぶち壊そうとした、全国レベルの集団イジメがあったのである。子供のイジメではない。大のおとなが、多数、イジメに加担していたのだ。

教養のある市民は、河野さんの件で、不確かな情報だけで安易に犯人扱いすることの危険性を学習し、今後の戒めとしたはずだ。しかし、残念ながら、今の検察審査会のメンバーの中には、この学習をした人は一人もいなかったようだ。

少なくとも、マスコミ関係者には学習してもらわなくては困るのだが。
マスコミが、虚報・誤報を繰り返しても大したダメージを受けない現状をいいことに、十分な裏付け取材もせずに、垂れ流し報道をしているさまには、ずる賢さは感じても、教養を感じ取ることはできない。

報道の自由は大切だが、自由には責任を伴う。しかし、無責任に自由だけを振りかざしているのが現在のマスコミの姿だ。
権利には義務を伴う。報道する権利には、事実を報道する義務を伴う。義務を果たさない場合には、厳罰を科すべきだと思うが、現在のところ、厳罰らしい厳罰が化された例が見当たらない。出版社や放送局の営業停止処分などない。ほとんどは数秒の訂正報告か、小さい訂正記事で済んでしまう。比較的厳しい処分でも、小額の慰謝料を支払うか、雑誌を休刊する程度のことで済んでいるのではないか。善良な人間の人生を台無しにした責任は、自社が潰れるくらいの代償を払うべきだと思うが。

検察審査会に対しても同様である。
起訴相当かどうかを審査するということは、当該者の人生を左右するような判断を任されているということだ。
審査の自由には、責任が伴う。審査する権利には、義務が伴う。今回、検察審査会は、責任や義務を果たしているだろうか。自由や権利を振りかざすだけで、自己満足していないだろうか。

「市民目線」だの「善良な市民」だのという言葉が踊っている報告書には、一人の人間の人生を左右しかねない決定を下す際に必要な責任感を見出せない。「市民」という単語を、「所詮、素人の判断ですから。」という意味合いで、責任逃れのための口実に利用している。

「絶対権力者」という表現を安易に使用している点も問題だ。マスコミや検察の偏った印象操作によって作られた小沢像を、あたかも事実だと妄想しているとしか思えない。絶対権力者とは、ヒトラーのような人を指す単語だ。警察からも検察からも、増してや党内から批判の声など出そうものなら、即刻処罰されるような存在、それが絶対権力者だ。民主党内部から「小沢氏は辞めるべきだ」という声が出るような人物が、絶対権力者であるわけがない。つまり、検察審査会は、事実に基づく調査によって、小沢氏を評価する義務を果たしていないのである。

一番の問題は、検察でもマスコミでもなく、私達国民にあります。自分達がこの国の主権者である、という自覚が無い人が多すぎるのです。主権者が選挙で投じた一票は、検察官の判断より重いのです。
この事を国民が自覚しない限り、国民が誰を選挙で選ぼうが検察に都合の悪い人間は全て排除されてしまう。
民主主義国家とは、政権交代が起こる国家ではなく、国民が主権者である事を自覚している国家の事です。

一番の問題は、検察でもマスコミでもなく、私達国民にあります。自分達がこの国の主権者である、という自覚が無い人が多すぎるのです。主権者が選挙で投じた一票は、検察官の判断より重いのです。
この事を国民が自覚しない限り、国民が誰を選挙で選ぼうが検察に都合の悪い人間は全て排除されてしまう。
民主主義国家とは、政権交代が起こる国家ではなく、国民が主権者である事を自覚している国家の事です。

今年に入ってからの小沢バッシングに関しては、以前より気掛かりでしたが右翼、特に極右の動きが気になります。小沢幹事長は親中国、親韓国と位置付け、そして中国習副主席来日の折の異例の天皇陛下の接見に対する右翼の怒りは凄まじく、銃弾の送付などの事件は記憶に新しいところです。今回の陸山会の政治資金規制法違反で告発した(謎の)市民団体、警察審査会に再審査を要請した同じ市民団体、そして今回この問題を審査した11名全員による「起訴相当」の判断、どこかで糸が繋がっているように思えます。また最近は銃弾送付などの事件は起こっていません。何か怖いような想像をしています。


文体がほぼ同一で、内容も判を押したようなものばかり

自作自演がバレバレなのが悲しいです

案の定、こんなものが発足されたようで。→「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」

郷原氏も絡んでいるようですねまた。
自分達の気に入らない議決が出たら、検察審査会そのものの位置づけを変えてしまおうという思考プロセスに恐怖を感じます。
司法に対する政治介入なのではないですか?

権力と対峙すべきマスコミが、民主議員や知恵袋である郷原さんを全く批判しないから彼らが暴走しはじめてるのではいないかと懸念します。

ぜひここは編集部さんや、お仲間の週刊朝日さん、田原さんにこういう司法に対する政治圧力についての批判を展開して欲しいですね。

といっても無理でしょうが。笑。
ズブズブな関係ですもんね。非常に残念です。

匿名 | 2010年4月28日 21:23 氏

同意。何このコピペばっかり。

ここが民主教小沢派の巣ですか。

匿名 | 2010年4月28日 21:23 氏

同意。何このコピペばっかり。

ここが民主教小沢派の巣ですか。

やはり、どう考えても合点がいきません。純粋に、ランダムに選考された人々の11人全てが不起訴を不当と考えることは確率論からもあり得ません。

選考段階で不正があったか、その後、半年間でスキンシップ的な飯を食いながらのリーダーによる意思統一があったとしか思えない。

個人名の発表は求めないが、構成要因の履歴やどの様な内容が討議されたのか。そのための教材はどの様なものが使われたのか。

採決は秘密投票とされたのか。
過程は明らかにされるべきだ。

検察審議委員が抽選で選ばれるなら、自薦が殺到すれば・・・

検察審査会が11人全員一致で「起訴相当」としたことについて、明らかに不自然との声が多く上がっています。

すでにご存じの読者も多いと思いますが、審査員の選出方法がイカサマとの重要証言があるようです。

charlie(橿原在住)
http://twitter.com/sukiforumcom/status/12974019280

(引用始め)「検察審査会の検察審査員は、無作為に抽選で選出されていませんよ。随分前ですが審査員の方からふさわしい人を推薦してほしいと依頼があったので推薦しました。任期は6か月、そのうち半数が3か月ごとに改選されていません。推薦した方は審査員会会長も歴任されました。」(引用終わり)

どうやら審査員の選出方法の詳細を、検察審査会に強制的に公開させる必要がありそうですね。ウソまみれのマスゴミに「くじ引きです。」で済ませるのではなく、最初に母集団を誰がどのように選び、そこから誰がどうやって11人を選んだのか、そして選ばれた11人はどこの所属の誰か、という最も基本的な情報が、今回のトリックを解く鍵です。

民主・辻氏、検察審査会に疑問=司法制度見直しで議連発足

民主党の「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」(会長・滝実衆院法務委員長)が28日発足し、衆院議員会館で初会合を開いた。議連の事務局長に就任した辻恵副幹事長は、検察審査会がJR西日本の歴代社長や小沢一郎同党幹事長を起訴相当と議決したことを念頭に、「国民の感情で簡単に被告席につけてしまっていいのか」と述べ、審査会のあり方に疑問を呈した。
 初会合には、辻氏や陣営幹部が政治資金規正法違反罪で起訴された小林千代美衆院議員ら国会議員約20人のほか、元検事の郷原信郎名城大教授が出席。郷原氏は「検察がわれわれに理解できないような捜査をやって、(捜査が)止まってしまったら、それをあおるような方向でこの制度が使われている」と指摘した。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010042800912&rel=j&g=pol

そもそも、この制度がおかしいのである。
ちなみに俺は以前から制度に疑問を持っていた。
法に感情を入れてはならない。
それと司法試験を受かった検察の捜査をど素人が否定することがあり得ない。
それとこの制度の重大な欠陥がある。
被疑者側の弁護人の証拠や意見聴取がないのである!!
三井環氏が言ってたが検察は有罪を追いかけ被告に有利な証拠や無罪を証明するような証拠を隠滅(実際村木氏の公判で隠滅した)したり証拠採用しないのである。
そういう証拠は被告弁護団が持ってるのでお互いの証拠や意見を聞いた上で判断するのが普通では無いのか?
被疑者側の弁護人の意見や証拠が無い状態で決議出すのは魔女狩りと思う。

人間である以上絶対に感情が発生するが司法試験も受かってないど素人なら余計に感情に流されやすい。
感情>法であってはならない。
春風って方が尼崎の件や明石の件云々言ってるが小沢氏の件は人が死んでるわけではないので比較対象にもならない。

一般市民が常識的に考えても、今回の議決は明らかにおかしいと思う。これは普通の市民感覚の持ち主なら、皆そう思うのではないでしょうか。

審査会構成員を法律にはズブの素人の一般の市民だけでは、検察の思い通りになり、重大な過失が生じ、無駄な時間が費やされる。

公正な審査会にするため、既投稿者の方が述べられていたと思いますが、構成員に中立の例えば、弁護士のような法律の識者を加えるべきである。

日本の政治の重大任務の職にあるものを、何も知らぬ素人市民が判断して起訴にするなんてあるまじき行為である。現法律そのものに欠陥がある。人間が作る法律もいいかげんなものが多いことはこれだけではない。

検察官僚は旧自民党清和研ならびに米国と一心同体であり、何でもありで、意図的に小沢氏を起訴に持ち込む魂胆であることはミエミエである。

>恐らくこの11人の委員は、検察正義と信じている人達でしょう。彼らに、週刊朝日、郷原信郎、上杉隆、そして三井環さん他のコメントを何らかの形で、読み聞きさせるべきです。新聞、週刊誌(除:週刊朝日)、テレビの報道しか見ていない一般人の感情的理由にしか見えない。


検察審査会委員の一般国民の方々に対して失礼千万、週刊朝日、郷原信郎、上杉隆なんかの意見を聞いていたら、頭がクラクラ、気が狂ってしまいますよ。

こんなものしか聞いたり、読んだりしていないから、この板に集う小沢信者の人たちは、情報弱者・無知蒙昧の政治音痴になってしまうのでしょうね。

もっと、ネットでまともなオツムの方々のブログやHPを読みましょう。

田中角栄、金丸真、そして小沢一郎に連なる金権汚職政治の系譜を勉強しましょうね。

検察審査会が「国民目線」で出した結論は、審査員11人全員一致だという。
マスコミ誘導で作り上げられた世論調査よりすごい結果だ。
常識的にはあり得ない数字で、これが「国民目線」と言われても俄に信じがたい。恣意的と受け取る方が常識的である。
しかし結果が出た事は事実で、この結果を自民、マスコミは最大限利用し、小沢おろしの大合唱だ。
マスコミ各社は、また週末の世論調査として発表するだろう。
残念だが、今のマスコミの発信力は絶大だ。
こうして書き込むのは、個として出来る最大限の発信手段だと思うからであるが、ネットの力はまだまだ微力である事は否めない。
しかし個も集合体となれば別である。
相当数の集団となれば、マスコミも取り上げざるを得まい。
個々の力を集め集団となって発信すべきは今を置いてない。
検察主義を止め民主主義を守るため、このおかしな世の中を変えるため、その先頭に小沢一郎を押し立てるべく、真の「国民目線」を発信すべく、皆で立ち上がりませんか。
目標、参院選1ヶ月前の日曜日、規模10万人。
主力の皆さん、如何ですか。

これは検察にとって厳しい議決。

これを受けて起訴すれば、先の不起訴は誤りだったということになり、面子がつぶれてしまいます。
再び不起訴とし、なぜ不起訴なのか説明をしっかりとするのではないでしょうか。
次の検察審査会で、せめて不起訴不当となるように。

マスコミの言うことを鵜呑みにした国民が多かったから民主党政権ができた。
都合が悪くなるとマスコミの報道が偏ってるとか言ったりご都合主義の支持者あっての民主党ってのがよく分かります。

権力側(検察)からすれば、法の知識が皆無に等しい検察審査会のメンバーを洗脳するなんてちょろいもんだろうな。
毎日のマスコミによる小沢=独裁者の刷り込みによって下地はできているから、いざ審査となれば検察が用意した恣意的な捜査の情報を見せれば一発で「洗脳審査員」の出来上がり。
後は検察の思うがままに、全員一致で「起訴相当」ってなもんだ。

鳩が小沢を追い詰めた。

沖縄の9万人集会の叫びも小沢起訴相当で消えた。
鳩山は県内移設を鮮明にした。
国民との信を反故にした

考えると政権交代後、鳩山は記者会見オープン化をせず、バラ展とかに終日ナベツネと付き合ったのも今日を予測してであろう。
故人献金と母からの子供手当を切り離させる報道で悪質性を否定し、知らなかったで押し通した。
その成果が今日の検察審査会の判断だ。ナベに媚びた成果だ。

その分検察の可視化やクロスオーナーシップ、記者クラブ廃止等のマスコミ対策は全て見送った。
公務員改革しかり、全て後退させている。
そして最後に平野と最強官僚外務省にひれ伏して、普天間の県内移設に踏み切っている。
ついに第二自民党化した。官僚の下僕と化した。

果たして検察審議会に闇打ちされた小沢に鳩山に対抗する力が残っているのか。
死力を尽くして鳩山・菅・七奉行の裏切りを食い止め、民主、国民生活第一に戻さないと民主党は、小沢は、国民から見放される。

鳩は普天間の失敗を小沢を人身御供にして5月末の難局を乗り切る算段をしている。
それが幹事長続投の真意だ。
検察が起訴に踏み切る5月末までが小沢復活の残された期間である。
徹底して鳩と戦え。
傲慢な独裁者小沢に戻り、鳩に公約を守らせろ。
普天間は国外しかない。
高速道路は無料化か上限1000円だ。道路はいらない。

そして選挙までに検察・マスコミ対策を作り上げ、内閣にその体制をつくり、官僚・検察・マスコミに抵抗しても無駄という状態をつくらないと今回のように闇打ちに合う。
頑張れ小沢、内部闘争にまず勝て。
総理に国民との公約を守らせろ。

鳩が小沢を追い詰めた。

沖縄の9万人集会の叫びも小沢起訴相当で消えた。
鳩山は県内移設を鮮明にした。
国民との信を反故にした

考えると政権交代後、鳩山は記者会見オープン化をせず、バラ展とかに終日ナベツネと付き合ったのも今日を予測してであろう。
故人献金と母からの子供手当を切り離させる報道で悪質性を否定し、知らなかったで押し通した。
その成果が今日の検察審査会の判断だ。ナベに媚びた成果だ。

その分検察の可視化やクロスオーナーシップ、記者クラブ廃止等のマスコミ対策は全て見送った。
公務員改革しかり、全て後退させている。
そして最後に平野と最強官僚外務省にひれ伏して、普天間の県内移設に踏み切っている。
ついに第二自民党化した。官僚の下僕と化した。

果たして検察審議会に闇打ちされた小沢に鳩山に対抗する力が残っているのか。
死力を尽くして鳩山・菅・七奉行の裏切りを食い止め、民主、国民生活第一に戻さないと民主党は、小沢は、国民から見放される。

鳩は普天間の失敗を小沢を人身御供にして5月末の難局を乗り切る算段をしている。
それが幹事長続投の真意だ。
検察が起訴に踏み切る5月末までが小沢復活の残された期間である。
徹底して鳩と戦え。
傲慢な独裁者小沢に戻り、鳩に公約を守らせろ。
普天間は国外しかない。
高速道路は無料化か上限1000円だ。道路はいらない。

そして選挙までに検察・マスコミ対策を作り上げ、内閣にその体制をつくり、官僚・検察・マスコミに抵抗しても無駄という状態をつくらないと今回のように闇打ちに合う。
頑張れ小沢、内部闘争にまず勝て。
総理に国民との公約を守らせろ。

鳩が小沢を追い詰めた。

沖縄の9万人集会の叫びも小沢起訴相当で消えた。
鳩山は県内移設を鮮明にした。
国民との信を反故にした

考えると政権交代後、鳩山は記者会見オープン化をせず、バラ展とかに終日ナベツネと付き合ったのも今日を予測してであろう。
故人献金と母からの子供手当を切り離させる報道で悪質性を否定し、知らなかったで押し通した。
その成果が今日の検察審査会の判断だ。ナベに媚びた成果だ。

その分検察の可視化やクロスオーナーシップ、記者クラブ廃止等のマスコミ対策は全て見送った。
公務員改革しかり、全て後退させている。
そして最後に平野と最強官僚外務省にひれ伏して、普天間の県内移設に踏み切っている。
ついに第二自民党化した。官僚の下僕と化した。

果たして検察審議会に闇打ちされた小沢に鳩山に対抗する力が残っているのか。
死力を尽くして鳩山・菅・七奉行の裏切りを食い止め、民主、国民生活第一に戻さないと民主党は、小沢は、国民から見放される。

鳩は普天間の失敗を小沢を人身御供にして5月末の難局を乗り切る算段をしている。
それが幹事長続投の真意だ。
検察が起訴に踏み切る5月末までが小沢復活の残された期間である。
徹底して鳩と戦え。
傲慢な独裁者小沢に戻り、鳩に公約を守らせろ。
普天間は国外しかない。
高速道路は無料化か上限1000円だ。道路はいらない。

そして選挙までに検察・マスコミ対策を作り上げ、内閣にその体制をつくり、官僚・検察・マスコミに抵抗しても無駄という状態をつくらないと今回のように闇打ちに合う。
頑張れ小沢、内部闘争にまず勝て。
総理に国民との公約を守らせろ。

反小沢の感情はたやすく洗脳されるらしい。

親小沢の感情も同じく洗脳されたとは考えないんだろうか?

そこが乗り越えられない壁ですね。

>これこそ善良なる市民の感覚である。
検察審議会の決議書はこう締めくくられれています。

検察審議会の起訴相当の決議は、「事実に基づいて」でもなく、「法に基づいて」でもなく、
「感覚に基づいて」起訴相当としたということです。
これが、通用するのであれば、日本は法治国家ではない、ということです。
国民の感情をあおり、人民裁判の名のもと、無辜の犠牲者を生み出した、中世の魔女裁判やナチスのファシズムと同じです。
その野蛮さ、その人権無視から遠ざかるためにこそ、人類は法を整備し、三権分立という概念を作り、民主主義を目指してきたのでは、ないですか。

今、この日本で、法の元の平等も、罪刑法定主義も蹴散らして、正体をかくしたままの怪しげな「市民団体」の申し立てによって、「善良なる」たった11人の「市民」の「感覚」だけに基づいて、国民から主権を託された、正当な政権与党幹事長が起訴され、その政治生命が奪われようとしているのです。

検察審議会の価値を認める意見もありましたが、本来検察審議会は、検察が意図的にか、無能であるかは問わず、検察の捜査が不十分であるために不起訴となった事案にたいして、市民が不服を申し立てることができるという、検察へのガス抜きシステムだと思います。
そこでは、検察と不服申し立てをした市民とは、対立関係にあるはずです。
しかし今回の場合は、「不起訴になっても安心するな、まだ検審があるぞ!」という検事の小沢氏への恫喝めいた言葉からもあきらかなように、検察と、申立人は、ともに「小沢氏を起訴したい」という方向で、一致しているのです。
ですから、検察主導の議決がなされてゆくのも、当然でしょう。、検察の、一年もの執拗な捜査を、不十分と申立人が主張する余地もないでしょう。

どなたかが、「検察は不起訴にした、検診は起訴相当にした、このどこが、検察主導か」とおっしゃっていましたが、それは、形式論というものです。
両者は、ともに小沢氏を起訴したいのですから。

このような状況で成立した検察審議会は、そもそもの検察審議会の趣旨に反しています。
まさに、検察の検察審議会の悪用であり、そこには、正当性は、ないと、思います。
正当性のないものを盾にして、小沢氏を追い詰めることなど、マスコミにも、出来るはずがありません。
たとえ起訴されたとしても、小沢氏が振り回され、辞任する必要など、ないということです。

マスコミのいう、市民感覚は、欺瞞です。
「市民感覚は、法よりも先に立つべきだ」と、マスコミとマスコミを援護する識者といわれる方々、胸を張って、こう、宣言されるのですね。
歴史に残りますよ。
あなた方は、ファシズムを先導したとね。
こうなったら、小沢さんは、民主主義を守るという本来の主張からも、もう、一歩も退くわけにはゆかないでしょう。
鳩山さんが、続投せよといっているのですから、誰も、小沢氏をやめさせることはできません。
ファシズムと反民主主義勢力に対しての、真正面からの最終戦争の始まりです。
なにが、共謀共同正犯ですか。
そもそも、石川氏の起訴理由である、会計処理上の不動産取得と記
載日時のズレが、違法行為として問えるようなものでしょうか?石川氏が無罪であれば、その共謀共同正犯なんて、煙のように掻き消えてしまうのです。
法務大臣は、大久保氏と石川氏の早急な公判開始を命ずるべきです。
これは、小沢さん一人の戦いではない。民主党対検察マスコミの戦いでもない。
我が国が、ファシズム国家に落ちててゆくのか、踏みとどまって、民主主義へ道を選択できるのかの、もはや、瀬戸際の戦いだと思う。
この戦いに総大将として臨むのが、小沢さんの運命だったのでしょう。
ファシズムはいやだと、思う人間は、小沢さんとともに戦いましょう。
たとえ長い戦いになるにしても、負けるわけにはゆかない、負けるはずがない戦いです。

名前を半分書き忘れました。
「ねこのしっぽ」ではなく、
「ねこのしっぽことSUMIKO」です。
すみません。

そらこの決議は当然でしょ?
被疑者側の弁護人或いは被疑者本人の証拠や意見は反映されてない検察側のみの主張で進めたらこうなるわ。

検察が小沢氏を起訴したいと思っている方々へ


検察は小沢氏を起訴する機会がありながら、しなかったのです。
検察が小沢氏を起訴したいと思っているとは思えません。
(すくなくともこの事件については)

週刊朝日編集長も無力感、脱力感とつぶやいておられます。

つまり、毎週のように誌面で検察バッシングを繰り広げたが、国民はそれに洗脳されずにがっかりという本音が出たのでしょう。

またサンプロでは小沢は関与なし、石川議員すら無罪という独りよがりな法律解釈をする郷原さんの見解も毎週のようにテレビで流されましたが、その見解に誰一人なびくことはなかった。
自分の良識で起訴相当とそれぞれが判断した。
それがたまたま、全員一致だったいうことでしょう。

そこに恣意性や、違和感など感じる方がどうかしてる。
それこそ感情論。検察審査会の存在意義を理解してないのでは?

つまり、毎週のように誌面で検察バッシングを繰り広げたが、国民はそれに洗脳されずにがっかりという本音が出たのでしょう。

はい、感情論と思い込み

疑わしきは罰せずの司法の基本を憶測で犯してはならない

>そこに恣意性や、違和感など感じる方がどうかしてる。
それこそ感情論。検察審査会の存在意義を理解してないのでは?

こう言われても仕方がない。
何故なら、小沢氏側の弁護人の証拠や尋問がなく決議されたから中立とは言いがたい。
ゆえに仕方が無い。

●匿名 | 2010年4月28日 23:22

さんが書かれていることを一般大衆が騒ぎ出すことが一番嫌なことでしょう。


>>どうやら審査員の選出方法の詳細を、検察審査会に強制的に公開させる必要がありそうですね。ウソまみれのマスゴミに「くじ引きです。」で済ませるのではなく、最初に母集団を誰がどのように選び、そこから誰がどうやって11人を選んだのか、そして選ばれた11人はどこの所属の誰か、という最も基本的な情報が、今回のトリックを解く鍵です。

●株でもそうですが、広くシナリオが知られればシナリオは使えなくなります。
●今回のマスゴミ報道は押さえ気味にしており、今は鳩山首相の基地に対するネガ報道、あまり小沢批判ばかりするとシナリオと検察委員会のいかがわしさに気づかれる可能性あるからだと思います。

我々ができることは、小沢事務所への応援者数、twitter活用によるシナリオのオープン化もしくは一人でも疑問を持つ人を増やすことでしょう。

今回たちが悪いのは、わたしの知り合いでも頭の良い人が金額の多さ(会社員の生涯年収より多いためか)に引きずられているケースがあります。

救いは、民主議員の多くが今回の件で、怒りが充満していることです。

>投稿者: ウー | 2010年4月28日 09:01 殿

お構いを頂きありがとうございます。

検察審査会設置の本来の趣旨からしたら審査請求の門を広く開いておく方が不埒者の恣意利用を阻むよりは大切だと思います。何事もコストは甘受(渋受?)しないとより高みにはいけないのでしょう。

ついでながら。ネットを泳いでみると小沢氏擁護かつ審査会議決はおかしいとの立場をとりながら小沢氏は強制起訴されたら政治生命が終わるとさも当たり前のように書いてあるのが散見されました。僕にはさっぱりわかりません。なんでかな。ああいうことをあたかも前提のように当たり前のように書いてしまう人の心象風景おつむの回路これまでの人生劇場を想像するに・・・やっぱやめとこ。なにしろ僕は小沢氏は起訴されたぐらいでどうこうなる実力(政治家としてはもちろん男一匹としても)ではないと思っていますが自分が起訴されたら社会的につぶされるだろうからには小沢氏も自分と同じだろうという前提に立つ人もいるのだなぁと。

ともあれ今後とも宜しくお引き回し賜りたく。

小沢氏支持者として、今回の議決には反対!

私の周りには私と同意見の一般市民が11人以上いる(苦笑)

本当に、お騒がせな検察だ。どうしようもない新聞とテレビだ。つくづく感じる、数年前に新聞をやめて、テレビを視聴しなくなったことが正解だったことを。新聞、テレビ、検察、こいつら腐りきっている。ジャーナリズムなんて、日本には存在しないね。

これからは、一般市民のみなさん方に全ての事柄について判断してもらい、その結果責任はきちっととっていただきましょう。
ですから、現行の法律を全廃してしまいましょう。
善良な市民が判断するんだから、文句ないでしょう?

The Journalに参集している多くの投稿者には叱責を受ける事を覚悟で投稿します。
検察審査会の委員11人の人選には必ずしも合点がいっていないが、国民目線からみて11人全員が起訴相当とした意味は重いと思います。
小沢幹事長は日本に民主主義を定着させる為には欠く事の出来ない不世出の政治家と思っていますし、今後も支持し続けたいと思っています。
しかしこのような審査会の結論が出た以上は、政治と金の問題についてきちっと国民に説明する必要
があると思います。
小沢氏は決して言い訳をしない人のようですが、やはりここは「沈黙は金」でなく不動産を保持して
いる理由や事情聴取の際の検察とのやりとりをそれこそオープンに話すべきだと思います。
個人資産については40年以上衆議院議員を続けてこられ高度成長の時代を経てきたのですからあの位の蓄財は当たり前の事と思います。
不動産については政界引退後に国家有為の人材育成をする塾の為と理解していますし、その時が来たら私個人も幾ばくかの寄付をさせて頂くつもりです。小沢先生の意思を継承し日本の為、世界の為に貢献する人材育成は大変有意義な事であり多くの賛同者を得ることができるでしょう。
小沢塾は松下政経塾(出世願望の強い人間が行く。自民党でも民主党でもどちらでも良いと考えている人間が多い)とは対極をなす塾だと思います。松下村塾の系譜を引く塾は小沢塾だと思います。
ただ残念ながら小沢氏の思いを理解できない国民も多い事も事実でしょう。
石川議員による収支報告書への不記載や細かい金のやりとりも、田中派以来、宿命的に負っている金権政治家(私は思っていませんが世間で)のイメージを少しでも和らげる為に善意から起こった事と理解しています。鳩山総理の秘書が、鳩山氏は金集めも出来ないとのイメージを払拭するために架空の個人献金を記載した行為とどこか通じるものがあります。結果的にどちらも裏目に出てしまったのですが。
何れにしても、5月に入ると検察による再度の事情聴取があると思いますので、この時のやり取りを完全に可視化して反転攻勢の機会にすべきと思います。
その事によって国民の疑いを晴らし、来るべき参院選に勝利しようではありませんか。
小沢氏は不倒翁です。

審査会の起訴相当の議決により小沢潰し、普天間問題での鳩山潰し、米国側の小沢氏招待中止等は、全てつながっている。

米国の言いなりの「米国従属、隷属」に逆らう、主権国民の負託を受けた鳩山と小沢の民主党体制を潰す意志が働いていることは現実に起きている全ての事象から明快である。

お先棒を担いでいるのが日本の新聞、テレビ等のマスメディアである。日本のマスメディアといわれる読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、東京新聞等の28日の社説をみれば一目瞭然である。一体どこの国の新聞、テレビであろう。特に変質著しいのが朝日新聞で今や米国のイヌと化している。これは朝日の主筆が現在の舟橋に変わってから顕著である。

米国の広報新聞、広報テレビと化した日本の新聞、テレビ報道に毎日、毎日、見聞きしていれば、何も知らぬ国民は洗脳されてしまう。早く、目を覚ましてほしい。

小泉郵政改革の時は米国金融資本が日本の電通に5000億円を渡し、電通が日本のマスメディアに金で情報操作したといわれている。あのとき、多くの国民がまんまと騙され郵政選挙で小泉自民党は一人勝ちした。日本のマスメディアというものはその使命を放り投げ、国民のことより、メディア組織の維持のために米国の意向を優先する腐敗した組織なのである。

とにかく、自民党時代の守旧派官僚と主権国民の意向を尊重する鳩山、小沢体制との情報戦争が起きているのである。国民もそれなりに対処しなければならない。

ジャーナリズムて何?これで飯をくっている大学の先生方は何を研究しているの?黙り込んでいるこの不思議。テレビ東京に今も出演している政治ジャーナリストの元早稲田大学教授は女子大生へのセクハラで辞任させられたと言うじゃない。わが国にはもうジャーナリスムという言葉も学部も職種も存在しない。大学の事業仕分けでジャーナリズム関連の不要な学部は潰した方が良いと思う。

有罪無罪というよりも、「検察が密室で済まそうとした」こと自体が問題、という意味に取りましたけどね・・・
もちろん、国民目線的に怪しいのは怪しいですが、有罪かといわれれば話は別。
起訴相当というのは、司法の場で徹底的にやった上で無罪ならまだしも、検察で片付けるな、ということではないでしょうか?

政治資金で「必要でもない不動産」を買い貯めることが問題ではないでしょうか?
それも秘書が住みそうにないところ、しかも何故か普天間移設先の周辺なんて、どうして政治資金で買うのでしょうかね?
小沢氏の「大量に抱える秘書の便宜を図りたい」という気持ちは分かるので、件の世田谷の土地はまだ理解できますが、どうして名護市の土地、それも山なんだろう?

ただ、自民党の世襲議員もそうですが、政治資金団体の世襲相続に税金がかからないというのは大問題。政治資金団体は個人に属するものであるので、世襲時には解散清算(=剰余金は納税)すべきでしょう。もちろん「寄付」という抜け穴は塞いだ上で。

いずれにせよ、民主党の一年生議員を数人知っていますが、彼らは決して小沢シンパじゃないですね。
党内の自浄能力は確実に浸透していると思います。それに期待します。

<民主主義の原則>
 民主主義が生まれた歴史的経緯から、司法、立法、行政の三権分立は最も重要な原則と考えます。
その中でも一般国民がその意志を反映出来るのは立法に携わる国会議員を通じてのみです。
 この点で国会議員に対して行政、司法は極力介入してはならなず、選挙民だけが議員の身分を奪うことが出来る制度が民主主義体制であると私は考えます。
 政治家を検察や司法が糾弾できるのはその職務権限を不当に行使して私利を計る贈収賄に限るべきでしょう。
 与党であれ野党であれ、政敵を倒すののに検察権力を使うような国は私は民主主義国家と言えないと思います。こうした考えからロッキード事件で三木首相を軽蔑するようになりました。

検察審査会後、タイミング良くなされた議連での郷原氏の検察問題の講演(下記URL)と最後に鈴木宗男氏のコメントに検察の不正義が象徴されている。

即ち、以前に石川議員の取調べの際に「検事が小沢氏は不起訴になったが必ず検察審査会で起訴してやる」と言ったそうです。

許されざる検察発言です。これが検察の最初から小沢起訴ありきで進められてきた経緯であり、検察審査会議決が検察の恣意的誘導でなされたものであることは明らかです。

それから、これほど大きな影響をおよぼした今回の検察審査会の申請人が誰であるのか、全く明らかになっていないことは、これも実に不正義の極みであります。

http://www.ustream.tv/recorded/6494872?lang=ja_JP

何度でもおさらいしないと。。。
↓ 阿修羅です。

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/203.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/867.html

この度の検察審査会の件で一つ、どなたか教えてください。

「善良な市民」というのは法律用語なのですか? その用に言う人がいましたので。

今回の容疑内容(笑)

土地購入がH16年10月がH17年1月になってるとの事、共犯容疑の内容がこれだけ、特に裏金、脱税とかもなく。善良なる市民が絶対権力者に鉄槌を下す(笑い)

>阿修羅です。

いやー、びっくりした!!!
小沢カルト教の巣窟は、このジャーナルだけだと思っていたら、「そっくり」さんがあった。
もっとも書き込んでいるメンバーは、ほとんど重複しているだろうけど。

ここや阿修羅のひとたちって、多分、週刊朝日、日刊ゲンダイだけを読んで、スーパーモーニングで鳥越氏や落合恵子さんのコメント聞いて、そして郷原弁護士(このひと元特捜検事って言っているけど本当かな?)の検察への恨みツラミ節に相槌打っているんだろうな。

オウムの毒ガス擬似体験をこのジャーナルに続いて吸い込みたい人は「阿修羅」へどうぞ!!

毒ガスマスク必携です。

しっかし、鳩山由紀夫氏と小沢一郎氏の結果が逆だったら、あるいは自民党の二階氏に検察審査会で「起訴相当」の答申出したら、ここで頭から湯気出しているメンバーたちは、どういう反応示しているんだろうか(笑)

検察審査会の議決は、それなりに厳粛に受け止めなければならないと思っていますが、審査員11人全員が「起訴相当」と判断したことには、びっくりしました。マスコミも検察も11人全員が「起訴相当」と議決したことには、驚いたと思います。

当の小沢幹事長も憮然とした面持ちで、インタビューに応じていたように見受けられましたが、依然として本人の口からは、「私は不正な献金は受けていないし、脱税もしていない」という言葉が出てきました。

今回の嫌疑は、政治資金収支報告書の虚偽記載の件で「起訴相当」と判定されたので、収賄とは直接関係ないものと思われますが、小沢さんの頭の中には、「検察は、小沢を収賄で起訴したい」という恐れというかイメージが固まっていて、小沢さんはその収賄の嫌疑からいかに逃れるかをテーマに戦っていたのでしょう。

議決書では、小沢さんの説明は不十分など書かれていましたが、審査委員には、小沢さんの事情聴取が不十分ではなかったかという、検察の捜査に対する不満もあるのではないでしょうか。

個人的には、政治家を取り調べるには、最低「略式起訴」程度でも確実に起訴できる場合に、捜査に着手すべきと思っています。一般の方と区別するのは、けしからんという指摘もあるでしょうが、捜査に入っただけで、政局が混乱し、少なからず国政に悪影響が出ることが予想されるので、今回のように小沢氏周辺の捜査を1年近く行い、最後に本人から僅かの事情聴取を行って「嫌疑不十分」で終わった捜査には問題点が多いと思っています。

佐藤優さんのコラムに、石川知裕衆議院議員の話として、「佐藤さん、特捜部副部長は『小沢先生が不起訴になっても、検察審査会がある。そして、2回起訴相当になる。今度は弁護士によって、国民によって小沢先生は断罪される』と言っていました。そんなことがあるのでしょうか?」と述べています。今回の検察審査会の判断は、小沢幹事長を正々堂々と起訴できなかった場合の東京地検特捜部のシナリオどおりに進行しているのでしょうか?
ロッキード事件の主任検事で東京地検特捜部長も経験している宗像紀夫さんも、小沢さんが不起訴になった後のサンデープロジェクト生放送で「まだ検察審査会がある」と発言されていました。
一緒に出演されていた郷原信郎さんが異を唱えると「郷原君の意見はバイアス(小沢一郎寄りの意見)が掛っている」と述べていました。
ロッキード事件、リクルート事件などで名を馳せた宗像さんの発言を不思議に思っていましたが、狙った「小沢一郎」はどんな手を使っても政治生命を断つとの検察のシナリオを察知していたのではないでしょうか?
それにしても検察審査会メンバー11名全員が「起訴相当」との判断になった経緯を是非とも知りたいです。
私自身としては、今後の展開が俄然面白くなってきました。しばらくは目が離せなくなりました。

裁判方法を仕分け対象に!

これまでに、検察が「小沢捜査」に使った費用は、莫大な金額だ。
今回、「検察審査会」の素人の審査により、振り出しに戻り再捜査となった。
国民の血税を湯水の如く使う酷い捜査方法に怒り心頭だ。
時間、費用が2倍かかる事なる。そこで提案。これからは「検察審査会」で起訴となったものだけ、検察が捜査するように順番を逆にしたらどうか。時間、費用とも半分以下で済む。

それに、ネット検索で、「検察審査会法」を読むと審査における全てが、非公開である。
これで「起訴」となったら怖い!本当にちゃんと審査されたのかも怪しい。
また、第6章/33条によれば、「申立による審査の順序は、審査申立の順序による。但し、審査会長は、特に緊急を要するものと認めるときはその順序を変更する事が出来る」とある。
審査会長が、上からの強い圧力に屈して順序を変えることがあってもおかしくない。とにかく全てが非公開のうちに進められた「起訴相当」は、認められない。無効である。
検察のこんな無駄遣いは、許せない。是非仕分けの対象にして下さい。


裁判方法を仕分け対象に!

これまでに、検察が「小沢捜査」に使った費用は、莫大な金額だ。
今回、「検察審査会」の素人の審査により、振り出しに戻り再捜査となった。
国民の血税を湯水の如く使う酷い捜査方法に怒り心頭だ。
時間、費用が2倍かかる事なる。そこで提案。これからは「検察審査会」で起訴となったものだけ、検察が捜査するように順番を逆にしたらどうか。時間、費用とも半分以下で済む。

それに、ネット検索で、「検察審査会法」を読むと審査における全てが、非公開である。
これで「起訴」となったら怖い!本当にちゃんと審査されたのかも怪しい。
また、第6章/33条によれば、「申立による審査の順序は、審査申立の順序による。但し、審査会長は、特に緊急を要するものと認めるときはその順序を変更する事が出来る」とある。
審査会長が、上からの強い圧力に屈して順序を変えることがあってもおかしくない。とにかく全てが非公開のうちに進められた「起訴相当」は、認められない。無効である。
検察のこんな無駄遣いは、許せない。是非仕分けの対象にして下さい。


「善良な市民」の感覚、などと普通の市民が発想するはずもなく、文面全体に異様さを感じます。

ところで、検察審議会が2度「起訴相当」を出したら強制的に起訴になるそうですが、素人の判断によってプロであるはずの検察の結論が簡単に覆されるということは、そもそも検察を税金で養う必要もないということではないでしょうか。何のためのプロですか?

そして今回のような事態に、法律のプロであるはずの弁護士や弁護士団体は何も意見しないのでしょうか。証拠もなく、怪しいというだけで起訴できるような社会は、まともな法治国家とは思えないのですが。弁護士会に問い合わせてみようかと思います。

投稿者: 匿名 | 2010年4月29日 20:34 さんへ。
少なくともTV、新聞の情報に犯されている人達は情報に対する受け取り方が受動的です。ネットの情報はあらゆる情報から真実を知ろうとする積極派なのです。貴殿のスタンスは良く判りませんが、少なくとも横から情報をこっそり探している方ではないですか?まだB層と言われる人よりはマシでしょう。日本は今どんどん取り残されて行く状況を見ると、日本人の平和ボケが因するのでは無いかと思っております。人任せで、生活も会社任せ、政治家任せ、役人任せ。これでは日本は変わり様が無い。政権交代により国民がその意味を理解する事こそ大切な事では無いだろうか?少なくとも自民党の政治に批判的な結果が民主党政権をもたらしたはずです。主権在民、政治屋から国民の代弁者政治に変わった現在をもう一度認識させる方法が今必要だ。国民が政治を奪還すれば国も変わるはずだ。

H、MIYAUCHI | 2010年4月30日 00:47 様

>人任せで、生活も会社任せ、政治家任せ、役人任せ。これでは日本は変わり様が無い。政権交代により国民がその意味を理解する事こそ大切な事では無いだろうか?<

同感です。

戦後からの影響が色濃く残り、多くの国民は政治に口出しすることを必ずしも是とせず、役人や政治家がする仕事と洗脳されてきたように思います。

企業ではサラリーマンは政治の話をするとやつは赤か、なになにかぶれかとかで昇進まで影響する時世が続いた影響で、政治の話をしなくなった。現在も同じような状態ではないでしょうか。だから家庭でも政治の話が出ないのではないでしょうか。本当は自分たちの生活が政治により大きく影響されるにも関わらず。

また、全国の市民の自治会で政治の話は御法度などというばかげたことを言う人がいる。明治時代ではあるまいし、官尊民卑がいまだに跳梁跋扈しているところが地方では多いのではないでしょうか。

長期の自民党政治が続き、政治に関心がないとかいうのも、そのように国から仕向けられてきたのではないでしょうか。

これで国民が政治がどうのこうのといっても変わる筈がありません。国民主権でなく、すべて「官僚主権」が戦後から政権交代するまで自民党政権の間、続きました。

国民はこのことに気がつき、目を覚まし、国民主権とは国民が政治に関心を持ち、政治に口出しすることが基本であることを認識しないと、日本は変わりようがありません。

話変わり、検察暴走が続いていますが、これも我々国民は検察の独立性を誤解しており、憲法にもどこにも独立性など記載がないのです。あくまで行政の一機関に過ぎません。検察は独立などと思い込まされる、いわば、刷り込みが起きているように思います。

もはやこの検察ファッショによる暴走を止めるには検察庁に関する法律改正が喫緊の課題となっています。これは国民的議論とし、次期参議院選挙での大きなテーマにしなければいけません。

マスコミ報道もさることながら、民主党内で小沢幹事長を快く思っていない一派の発言が賑わしい。
「幹事長や総理の進退に対し、周りがとやかく言うべきではない。ご自身で判断されるべきだ」と言うものです。

しかし、小沢幹事長はすでに「やましいことは一切していない。今の職を全うしたい」とご自身で判断されています。

前原氏や枝野氏のこういう発言がさらに民主党の支持率を下げることは明らかですが、執行部や鳩山総理はしっかり対応していただくべきと思う。

岡田氏や前原氏が代表当時、小沢さんは執行部に対して非常に冷めた発言が多かったことは確かですが、党内部ではともかくマスコミ等外部に対し、当時の代表を直接非難したり、進退についてとやかく発言されたことはないと思います。

小沢さんも「やましいことはしていない」だけではなく、検察批判になり得策ではないと言うことかもしれませんが、もっとしっかり説明してほしい。今のままだと民主党も小沢代表もじり貧です。

検察審査会が、これほど幼稚な人間の集まりとは全く予想外であった。こんな審査会なら「百害あって一利なし」と言わざるを得ない。無知な人間の感情論で、人ひとりの人権がふみにじられる愚かさは、衆愚民主主義の最大の危険性を露呈した。
司法を市民目線でといっても、その市民の知性が存在しなければ、害悪をばらまくだけである。そのあたりの本質をマスコミは殆んど論じていない。
だいいち審査員11名全員が起訴相当議決をするなど、いくら小沢氏が市民から嫌われているからといって、およそ考えられない暴挙ではないのか、不可思議極まりない疑義である。誰かの結果誘導の作為と審査員の法への無理解に怒りさえ覚える。誰ひとり反対意見がない事実は、実に奇妙で深刻な事象であろう。
これは小沢氏支持、民主党支持如何とは全然関係ない。民主主義に於ける法正義の重大なる問題であると考える。例え自民党議員でも、こんな議決がなされても私は断固、異議を唱えよう。ただ自民党議員では、この種の件で元来、元凶である検察は動かないのも厳然たる事実ではあるが…
議決理由の中で「絶対権力者である小沢」とあるが、誰がそれを認定したのだ。マスコミの喧伝する形容詞を議決文にする審査員のアホさ、最後に「これこそが善良な市民としての感覚」などと締めている。私も市民だが、そんな感覚など全く持ってない。
単に審査員11名の無知な独断を権威づけて言葉にするなど、ちやんちやらおかしい。はっきりと「法は分からないが無知な大衆審査員の精一杯の単なる感想です」と締めくくるくらいの謙虚さを出せと言いたい。
こんな一般的心性で、いちばん大事な具体的証拠説明がされてない議決をする審査会は、そのうち大きな冤罪を生むだろう。素人の感情論丸出しの人民裁判が多発する市民目線の社会なんていらない。 あいつは怪しいとか嫌いだなどで司法が左右されるなら、もはや日本も法治国家とは言えまい。
また、その重大な民主主義の問題を論じずに、相も変わらず小沢悪物事や政局ばかり話題にしているマスコミや、道義的と法的との区別も分からないキヤスターや評論家の何と多い事か、もはや、この国の民度のあまりの低さに、自身が日本人である事に嫌気がさしている。残念ながら本当に情けない国家、国民だけは、のうのうと存在している。こんな不条理はない。

>だいいち審査員11名全員が起訴相当議決をするなど、いくら小沢氏が市民から嫌われているからといって、およそ考えられない暴挙ではないのか、不可思議極まりない疑義である。


国民目線で見ると全然暴挙でもなければ不可思議でもないけどね。

東京地検の提出した証拠と資料で判断すると一般国民的には「真っ黒」だったんじゃないの?

常識的な国民ならば11名中11名が「真っ黒」な証拠を見れば全員一致するのは当たり前じゃないかな。

これが、1000名の国民に聞けば、変わり者が4~5名、反対意見を言うと思うけど。

>だいいち審査員11名全員が起訴相当議決をするなど、いくら小沢氏が市民から嫌われているからといって、およそ考えられない暴挙ではないのか、不可思議極まりない疑義である。


国民目線で見ると全然暴挙でもなければ不可思議でもないけどね。

東京地検の提出した証拠と資料で判断すると一般国民的には「真っ黒」だったんじゃないの?

常識的な国民ならば11名中11名が「真っ黒」な証拠を見れば全員一致するのは当たり前じゃないかな。

これが、1000名の国民に聞けば、変わり者が4~5名、反対意見を言うと思うけど。

匿名 | 2010年4月30日 17:18

>東京地検の提出した証拠と資料で判断すると・・<

昨年から検察特捜は無理筋事件をでっち上げ、検察は1年以上国民の税金を無駄遣いし、全国の検察を総動員して調べて、結局証拠が何一つ出ずじまいで、不起訴になったのよ。!!!

選挙人名簿から無作為、くじ引きで法律に素人の11名を選んだ。検察と補助員の弁護士が起訴相当へ、調書、資料で誘導説明を行わなければ11人全員の同意など出るはずがないのだよ。!!!

証拠もなく、市民感覚ではどうのこうのとほざいて起訴出来るなら、検察など不要となり、法治国家じゃなくなるんだよ。よくよく考えてごらん。!!!

<“検察審査会”は“地検特捜部”と同様、戦後のドサクサ紛れにできた“怪しい制度”です。>

そもそも“検察審査会”が誕生した経緯は、GHQがアメリカ並みの「地方検事公選制」を要求したのに対して、我が官僚機構サマが「それじゃぁ困る~都合が悪い」ってんで提示した妥協の産物の、法理論的根拠も法的責任の所在も全く曖昧な制度なのです。
もともと“検察審査会”の設置理由は、戦前の特高警察の暴走への反省・歯止めとしての、検察行動の「監視・審査」にあったのです。
…が、当時の法務官僚サマはそうはお考えになっておらず、自らの“既得権益再生”のためにこんな怪しげな制度をでっち上げてしまいました。だって、冷静に考えれば♪そうじゃありませんかお稲荷さん♪…じゃなくて何でしたっけ?…♪お巡りさん♪でしたっけ?

この制度の「欺瞞」は第一に、検察側が「起訴した事案」に関しては些かの“ノン!”も受け付けないってこと。つまり、この「陸山会政治資金報告書の虚偽記載案件」に対して、「起訴不当~国策捜査」って観点から“ノン!”っていう権利が国民には欠片も与えられていない!ってことなんですよ。もっともそれをマトモにやったら日本の「官僚制検察制度」なんて木っ端微塵に崩壊するでしょう…「地方検事公選制」にした方がよっぽどスッキリするってもんです。だからこそ、曖昧模糊・無責任・ご都合主義の官僚サマがこういう制度をデッチアゲざるを得なかったってことですよ。

「欺瞞」の二点目は、メンバーの「匿名性」についての法的な根拠への大きな疑念です。「法理論の専門家」を称する(自称でも他称でもかまいませんが)センセイ方に伺いたいのは、この「検察審査会」なる制度は現在の検察・司法の法秩序の中で、どういう位置づけと根拠に基づいているもんなんですか?です。「匿名」で他者の犯罪の有無を忖度できるんだったら、殆ど「魔女狩り」「クークラックスクラン」レベルの狂信的「人種差別」以外の何物でもありません!ってんだい。

「欺瞞」の三点目は、運営方法の「透明性・公開性」に対する疑念です。
不肖私が調べた範囲では…地方の選挙管理委員会が「適格候補者名簿」を作成し、それを基に各地の地方裁判所がランダムに抽選し、それを各地方検察庁が受け入れる…ってことらしい。では、その人選の公平性を担保するシステムはどこにあるの?…また、「検察審査会」はどこの管理下(予算上も運営上も)にあるの?ってことが今一不明なんです。
結局は「検察庁の下部組織」じゃんって思わざるを得ません。是非ともその道の<エキスパート>の方々の御解釈を伺いたい。
更に、この「会」の議論が全く公開されないってことが最大の“怪しさ”なんです。検察が捜査過程や取り調べ過程を一々公表する必要は無いと私は考えております。(取り調べ過程の「可視化」とは全く別問題であることを予めお断りしておきますが…)しかし、「検察審査会」は検察並みの非公開性を、法的に保障され得る存在なのでしょうか?

「欺瞞」の四点目は、「裁判員制度」導入に対応する形で、幾分かの法改正が行われたようですが、これこそが直近の最大の「欺瞞の三つ子」を生み出してしまったという超疑惑です。
「裁判員制度」は制度運営上は「検察審査会」のコピーに過ぎません。
だって、裁判の指揮権(証拠採用・証人申請の許諾権)は判事の専権事項であり、裁判員は口出しすら出来ません。つまり裁判員は裁判所の単なる下部組織に過ぎないってこと。
また、裁判員が参加できる裁判が極めて限定的ってのも“怪しい”理由です。重罪(例えば懲役5年)だろうが軽罪(禁固刑6ヶ月)だろうが被疑者の人生に与えるダメージは同じようなもんです。(「高知白バイ衝突事故裁判」を見たって明白です。)
こんな曖昧な制度だったら、いっそのこと「陪審員制」にしたほうがよっぽどスッキリするし数段マシってもんです。要は、デッチアゲ事件や冤罪判決を起こさないように「検察・司法」を監視する為の制度が正反対の方向に捻じ曲げられてしまっていると不肖私は、ズーット怪しみ続けております。

…というわけで、「地検特捜部」「検察審査会」「裁判員制度」は小賢しい法務官僚サマがヒネクリダシタ「欺瞞の3バカ三つ子」って私は確信しています。
つまり、多くの国民に不信感をもたれている検察・司法の「デッチアゲ事件~冤罪判決~ダラダラ引き延ばし裁判~公害・薬害訴訟の不公正判決」等々…に対する当局の「言い訳・隠れ蓑制度」と言っても過言ではないでしょう。

<“検察審査会”は“地検特捜部”と同様、戦後のドサクサ紛れにできた“怪しい制度”です。>

そもそも“検察審査会”が誕生した経緯は、GHQがアメリカ並みの「地方検事公選制」を要求したのに対して、我が官僚機構サマが「それじゃぁ困る~都合が悪い」ってんで提示した妥協の産物の、法理論的根拠も法的責任の所在も全く曖昧な制度なのです。
もともと“検察審査会”の設置理由は、戦前の特高警察の暴走への反省・歯止めとしての、検察行動の「監視・審査」にあったのです。
…が、当時の法務官僚サマはそうはお考えになっておらず、自らの“既得権益再生”のためにこんな怪しげな制度をでっち上げてしまいました。だって、冷静に考えれば♪そうじゃありませんかお稲荷さん♪…じゃなくて何でしたっけ?…♪お巡りさん♪でしたっけ?

この制度の「欺瞞」は第一に、検察側が「起訴した事案」に関しては些かの“ノン!”も受け付けないってこと。つまり、この「陸山会政治資金報告書の虚偽記載案件」に対して、「起訴不当~国策捜査」って観点から“ノン!”っていう権利が国民には欠片も与えられていない!ってことなんですよ。もっともそれをマトモにやったら日本の「官僚制検察制度」なんて木っ端微塵に崩壊するでしょう…「地方検事公選制」にした方がよっぽどスッキリするってもんです。だからこそ、曖昧模糊・無責任・ご都合主義の官僚サマがこういう制度をデッチアゲざるを得なかったってことですよ。

「欺瞞」の二点目は、メンバーの「匿名性」についての法的な根拠への大きな疑念です。「法理論の専門家」を称する(自称でも他称でもかまいませんが)センセイ方に伺いたいのは、この「検察審査会」なる制度は現在の検察・司法の法秩序の中で、どういう位置づけと根拠に基づいているもんなんですか?です。「匿名」で他者の犯罪の有無を忖度できるんだったら、殆ど「魔女狩り」「クークラックスクラン」レベルの狂信的「人種差別」以外の何物でもありません!ってんだい。

「欺瞞」の三点目は、運営方法の「透明性・公開性」に対する疑念です。
不肖私が調べた範囲では…地方の選挙管理委員会が「適格候補者名簿」を作成し、それを基に各地の地方裁判所がランダムに抽選し、それを各地方検察庁が受け入れる…ってことらしい。では、その人選の公平性を担保するシステムはどこにあるの?…また、「検察審査会」はどこの管理下(予算上も運営上も)にあるの?ってことが今一不明なんです。
結局は「検察庁の下部組織」じゃんって思わざるを得ません。是非ともその道の<エキスパート>の方々の御解釈を伺いたい。
更に、この「会」の議論が全く公開されないってことが最大の“怪しさ”なんです。検察が捜査過程や取り調べ過程を一々公表する必要は無いと私は考えております。(取り調べ過程の「可視化」とは全く別問題であることを予めお断りしておきますが…)しかし、「検察審査会」は検察並みの非公開性を、法的に保障され得る存在なのでしょうか?

「欺瞞」の四点目は、「裁判員制度」導入に対応する形で、幾分かの法改正が行われたようですが、これこそが直近の最大の「欺瞞の三つ子」を生み出してしまったという超疑惑です。
「裁判員制度」は制度運営上は「検察審査会」のコピーに過ぎません。
だって、裁判の指揮権(証拠採用・証人申請の許諾権)は判事の専権事項であり、裁判員は口出しすら出来ません。つまり裁判員は裁判所の単なる下部組織に過ぎないってこと。
また、裁判員が参加できる裁判が極めて限定的ってのも“怪しい”理由です。重罪(例えば懲役5年)だろうが軽罪(禁固刑6ヶ月)だろうが被疑者の人生に与えるダメージは同じようなもんです。(「高知白バイ衝突事故裁判」を見たって明白です。)
こんな曖昧な制度だったら、いっそのこと「陪審員制」にしたほうがよっぽどスッキリするし数段マシってもんです。要は、デッチアゲ事件や冤罪判決を起こさないように「検察・司法」を監視する為の制度が正反対の方向に捻じ曲げられてしまっていると不肖私は、ズーット怪しみ続けております。

…というわけで、「地検特捜部」「検察審査会」「裁判員制度」は小賢しい法務官僚サマがヒネクリダシタ「欺瞞の3バカ三つ子」って私は確信しています。
つまり、多くの国民に不信感をもたれている検察・司法の「デッチアゲ事件~冤罪判決~ダラダラ引き延ばし裁判~公害・薬害訴訟の不公正判決」等々…に対する当局の「言い訳・隠れ蓑制度」と言っても過言ではないでしょう。

明石歩道橋事件や尼崎電車事故のケースと異なり、今回の検察審査会の決定に対し批判的な見解が多く出されているが、批判・反対意見は二つに分けられると思う。

ひとつは、小沢氏擁護のために審査会の判断を批判しているもの。

もうひとつは、小沢氏とは無関係に、市民感覚に歯止めが掛からなくなることを危惧したものです。

後者は、もっぱら制度の問題点を指摘したいだけなので、勘違いされないよう小沢自身の問題とは意識的に区別しています。法律家に多いようです。
(郷原氏も実は、こちらサイドであって、決して小沢氏擁護、小沢氏支持ではないと、私は考えています)

区別せず、あるいは意識的にごちゃ混ぜに論じているものは前者(ひたすら小沢氏擁護)のスタンスである可能性が高いですね。
鳥越氏を筆頭に自民党を批判してきたジャーナリストやマスコミ人、そしてここに集うひとたちに多いです。彼らは制度批判を枕詞に使っているが、要は小沢擁護だけが目的となっているのはバレバレである。

そして、制度批判の枕詞に続いて、本来、制度と切り離されている検察に対しても、審査員を洗脳・誘導したと批判している。
もっとすごいひとは、お決まりの官僚・清和会黒幕説、多分、その内常連さんのCIAの陰謀説まで書き込まれるだろうな、と楽しみにしているところなんですよ。

私のような小沢氏批判者も批判するときは、検察審査会への問題意識を示したうえで理性的に論じるべきですね。審査会制度が常に正義で満点ではないし、それを省略してしまうと小沢氏批判の説得力が下がりますからね。

明石歩道橋事件や尼崎電車事故のケースと異なり、今回の検察審査会の決定に対し批判的な見解が多く出されているが、批判・反対意見は二つに分けられると思う。

ひとつは、小沢氏擁護のために審査会の判断を批判しているもの。

もうひとつは、小沢氏とは無関係に、市民感覚に歯止めが掛からなくなることを危惧したものです。

後者は、もっぱら制度の問題点を指摘したいだけなので、勘違いされないよう小沢自身の問題とは意識的に区別しています。法律家に多いようです。
(郷原氏も実は、こちらサイドであって、決して小沢氏擁護、小沢氏支持ではないと、私は考えています)

区別せず、あるいは意識的にごちゃ混ぜに論じているものは前者(ひたすら小沢氏擁護)のスタンスである可能性が高いですね。
鳥越氏を筆頭に自民党を批判してきたジャーナリストやマスコミ人、そしてここに集うひとたちに多いです。彼らは制度批判を枕詞に使っているが、要は小沢擁護だけが目的となっているのはバレバレである。

そして、制度批判の枕詞に続いて、本来、制度と切り離されている検察に対しても、審査員を洗脳・誘導したと批判している。
もっとすごいひとは、お決まりの官僚・清和会黒幕説、多分、その内常連さんのCIAの陰謀説まで書き込まれるだろうな、と楽しみにしているところなんですよ。

私のような小沢氏批判者も批判するときは、検察審査会への問題意識を示したうえで理性的に論じるべきですね。審査会制度が常に正義で満点ではないし、それを省略してしまうと小沢氏批判の説得力が下がりますからね。

明石歩道橋事件や尼崎電車事故のケースと異なり、今回の検察審査会の決定に対し批判的な見解が多く出されているが、批判・反対意見は二つに分けられると思う。

ひとつは、小沢氏擁護のために審査会の判断を批判しているもの。

もうひとつは、小沢氏とは無関係に、市民感覚に歯止めが掛からなくなることを危惧したものです。

後者は、もっぱら制度の問題点を指摘したいだけなので、勘違いされないよう小沢自身の問題とは意識的に区別しています。法律家に多いようです。
(郷原氏も実は、こちらサイドであって、決して小沢氏擁護、小沢氏支持ではないと、私は考えています)

区別せず、あるいは意識的にごちゃ混ぜに論じているものは前者(ひたすら小沢氏擁護)のスタンスである可能性が高いですね。
鳥越氏を筆頭に自民党を批判してきたジャーナリストやマスコミ人、そしてここに集うひとたちに多いです。彼らは制度批判を枕詞に使っているが、要は小沢擁護だけが目的となっているのはバレバレである。

そして、制度批判の枕詞に続いて、本来、制度と切り離されている検察に対しても、審査員を洗脳・誘導したと批判している。
もっとすごいひとは、お決まりの官僚・清和会黒幕説、多分、その内常連さんのCIAの陰謀説まで書き込まれるだろうな、と楽しみにしているところなんですよ。

私のような小沢氏批判者も批判するときは、検察審査会への問題意識を示したうえで理性的に論じるべきですね。審査会制度が常に正義で満点ではないし、それを省略してしまうと小沢氏批判の説得力が下がりますからね。

明石歩道橋事件や尼崎電車事故のケースと異なり、今回の検察審査会の決定に対し批判的な見解が多く出されているが、批判・反対意見は二つに分けられると思う。

ひとつは、小沢氏擁護のために審査会の判断を批判しているもの。

もうひとつは、小沢氏とは無関係に、市民感覚に歯止めが掛からなくなることを危惧したものです。

後者は、もっぱら制度の問題点を指摘したいだけなので、勘違いされないよう小沢自身の問題とは意識的に区別しています。法律家に多いようです。
(郷原氏も実は、こちらサイドであって、決して小沢氏擁護、小沢氏支持ではないと、私は考えています)

区別せず、あるいは意識的にごちゃ混ぜに論じているものは前者(ひたすら小沢氏擁護)のスタンスである可能性が高いですね。
鳥越氏を筆頭に自民党を批判してきたジャーナリストやマスコミ人、そしてここに集うひとたちに多いです。彼らは制度批判を枕詞に使っているが、要は小沢擁護だけが目的となっているのはバレバレである。

そして、制度批判の枕詞に続いて、本来、制度と切り離されている検察に対しても、審査員を洗脳・誘導したと批判している。
もっとすごいひとは、お決まりの官僚・清和会黒幕説、多分、その内常連さんのCIAの陰謀説まで書き込まれるだろうな、と楽しみにしているところなんですよ。

私のような小沢氏批判者も批判するときは、検察審査会への問題意識を示したうえで理性的に論じるべきですね。審査会制度が常に正義で満点ではないし、それを省略してしまうと小沢氏批判の説得力が下がりますからね。

自由主義者 | 2010年5月 1日 11:32

2回クリックは間違いかなとも思え許せるが、4回も投稿クリックを押すのは明らかに故意だ。投稿が反映されると、結果として嫌がらせとなる位のことは子供じゃあるまいし、わかるだろう。

読む立場も考えずに、己のエゴで重複クリックはやめてもらいたい。また、編集部に削除の負荷もかかる。

いやー、申し訳ない。何回、投稿をクリックしても不通表示が出てしまうので。4回目にOKサインが出たわけです。
当然、前の3回は届いてないと考えたものでして。
いずれにしても、お見苦しい点、陳謝いたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.