Calendar

2010年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Entries

« 《第15回》竹中ナミの郵便不正事件公判傍聴記:えっ! 検察が証拠隠滅って・・・ それホンマ!?
メイン
またまたやってみる、今放送中の「朝まで生テレビ!」について語るスレッド(高野孟 出演中) »

《動画UP!》三井環×鈴木宗男×堀江貴文:検察に睨まれた3人が語る"検察改革案"

100324_1.jpg
写真:鈴木貫太郎

 3月24日都内某所で、三井環(みつい・たまき)氏、鈴木宗男(すずき・むねお)新党大地代表、堀江貴文(ほりえ・たかふみ)氏の会談が行われました。
 
 会談の模様は以下の画面で再生してお楽しみ下さい!(全4回)
 

*   *   *   *   *

【1】日歯連事件とライブドア事件の関係


【2】裏金の仕組み(鈴木新党代表が途中参加)


【3】どうすれば検察問題がなくなるか

【4】3者が語る、自身と検察問題とのかかわり

*   *   *   *   *

【参考記事】
■三井環さんからの手紙「けもの道」(魚の目)

【参考映像】
■内憂外患:三井環が語る「検察の"けもの道"。捜査は"戦争"である」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6776

コメント (28)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

凄いですね!。
3月26日21:58分に「THE JOURNAL」から投稿されたものに対して、私が、この投稿を見た時間の、3月27日21:40分現在まで、まだ、誰からの投稿もないなんて、驚きです。
この事自体が、「権力の恐ろしさ」を現しているようです。
投稿しない皆様からは、馬鹿な投稿者にみえるのでしょうが、何らかのリアクションが無いと、彼らが孤立してしまいますよ!。以上です!

人は欲望に弱い生き物であるこをさいしひいても、最低でも在任期間中においては国家(国民)に付託された権力を行使する者は自己を律する必要がある。行使できる権力に比例して強い自己抑制と正義が求められる。権力を自己のために利用する輩をはじき出すことをそろそろ真剣に我々一般の国民も考えるべきだ。

世のメデイアの中で、こんな画像が公開されてることに、まずびっくりです。

体験に基づく、生々しいやりとりの迫力に圧倒されました。

と同時に、ご出演の方々の勇気ある告発に感動さえ覚えます。

身辺にくれぐれも気をつけて下さい!!

私が毎日新聞の購読を止めてから、最初に訪れたのがこのジャーナルのサイトですが、既存メデイアでは「絶対に」に伝えられない報道に触れていたく感激してます。

このインタビュー画像の「3][4」まで、邪魔なく公開されたら、日本に言論の自由が存在したことを喜びたいと思います。

The Journalスタッフの皆さんの勇気に敬意を表します。

The Journalスタッフの皆さんの勇気に乾杯。ジャーナリストの本来の仕事とはタブーに挑戦することです。3、4も拝見します。よろしくお願いします。

鈴木議員の質問主意書(裏金問題)に対する政府答弁が如何にも奇怪(「ご指摘のような事実はなく、調査する必要はないと考えている」と自公政権と変わらない答弁をしている)だと思い、なぜそのようなおかしなことが起こるか、究明したところ、その原因は「鳩山システム」にあることが分かってきた。

「鳩山システム」とは昨年の11月17日の衆院法務委員会での自民党棚橋議員と千葉法務大臣とのやりとりをみればわかる。http://xcls.net
私は確信を持って言える。現政権はけもの道に踏み込んだのではないか?。「けもの道」と「鳩山システム」の関係がキーポイントだと。

特に三井環氏に申し上げます。「裏金問題」の追及のため、ぜひ「鳩山システム」を知っていただきたいのです。

鳩山システム?
もし、検察が鳩山首相の起訴を上申して却下されたとして、それをマスメディアにリークすれば民主党政権は終わりですよね。
脆弱すぎてシステムとして成立しませんよ。

どう考えても堀江の言い分はおかしい。彼がやったことは株券を刷る(株式分割)と一時的に株券が市場から消えてしまう株券電子化の前の腐った東証のシステム上の不備を突いた錬金術で実業でもなんでもない。それが検察に検挙されるべきこととは思わないが、堀江が正当な経営者であったとは思えない。堀江がしゃしゃり出ると鈴木議員、三井氏までうさんくさくなってしまう。彼が買い取った会社の決算がよくなったと市場が囃してたときに、何故、買収直後に利益だけが大きく計上できるのか不可解だった記憶があります。粉飾ではないかと疑っている人は少なくなかったはずです。

鈴木宗男さんが、鳩山政権になってからも、「検察裏金問題」についてあれだけ再三再四質問主意書を出しているのに、その政府答弁が木でハナをくくったような否定的答弁の繰り返しです。この事実についてどなたも疑問に思わないことのほうが不思議でならない。

この疑問が解けなければこの問題は解決しないでしょう。

堀江さんは知事か議員になってグイグイ経済を引っ張ってほしい

やはり堀江起用は間違っている、無理がある。
鴨川さんが上でおっしゃっているように、堀江は証券市場を利用して詐欺を働いたと思う。
長銀の件とは異なる事例だ。
それが、いかにも経営者面して、経済事犯は云々などと、盗人にも三分の理とは・・・。
私は、日本郵政について、大きな経済犯罪の臭いがしてならない。
時の権力者や、経営者、そして不動産取得に絡んだ面々、相当数の人間が罪の軽重は有るが、裁かれねばならない立場にあると思う。
「罰金」だなどと、下らん寝言を言わせるなど、とんでもない企画だと、不快感さえ感じている。

鈴木氏、三井氏は、大人だから堀江に何も言わないが、本当に「頑張ろう」などと思っているのだろうか。
大人二人に、こんな無理させてまで組む企画とは、とても思えないものだった。
せっかくの証言が、勿体ない。

この”journai”にも取りあげられている厚労省の不正郵便使用裁判は現在大阪地裁で検察によるでっちあげの実態を余す所なく世に晒しています。しかし東京の大手マスコミは一切とりあげず大阪でもベタ記事に止まっています。特捜制度に届く方策はないのか。
知恵者の出現を心から望んでいる。

司会のホリエモンのことはさておき、
三井さんが逮捕される直前に予定していた段取りを再現できないものでしょうか。
鳥越氏がこの件で何か話してるのを聞いたことがありません。
管さんも何してるものやら?。

当時Livedor事件のときは多くの人達が怒っていたことが思い出される。過去15年における日経平均株価の変化(チャート)
特捜検察が拘った事件の内容
時の政府首脳の発言、政策
円の動き(米国債の買付け)、チャートに重ね合わすと、面白い結果に成りそうだ、大体想像が付くが。

検察裏金問題
行政指揮権発動は今の法務大臣では無理だから内閣改造を待つしかありません。それと現政権になってから死刑執行がない。これは死刑制度反対の千葉さんを法務大臣にしたことで解るように鳩ポッポも反対なのでしょう。鳩ポッポ政権が続けば新たに選ばれる法務大臣も多分弱腰で指揮権発動なんて無理でしょう。頭から総入れ替えしないと何も出来ないんだ。この内閣には期待してない、早く退陣してくれ。

マスコミでは鳥越俊太郎氏、政界では管さん。野党時代には喚問まで約束しておきながら、今はどちらも取り上げない。どうしてですか?またムネオ日記でかなりの質問主意書が内閣に提出されておりますが、何故自民党みたいな回答しか内閣から出ないのでしょうか
不思議です。民主党は、野党時代の勢いを感じません。小沢幹事長を総理大臣にしなければ国民の為の政治は見えてきません。いくつかはマニフェストの政策は進んでいますが、根本の霞が関の崩壊は見えてきません。小沢氏にしか出来ないでしょう。平和ぼけの民主党、権力と戦う小沢氏、腹が違います。国を憂い、国民の心を憂い革命を政治の理念とする小沢氏にしかこの国は変えられない。小沢幹事長は一人で戦っている。革命は戦いに勝つ事だ。

闇司法権力、にメスを入れない限り、

どんな新政権も、砂上の楼閣である。

「司法とマスコミ」この不当、暴走

権力を粛清、改革が、急務である。

特に歴史上、最悪の不当地検の解体は

国民運動化しなければならない。

時の総理、心ある、民主党員は

「命」捨てる、覚悟で、司法権力

の解体、改革を成し遂げる以外

民主主義国家などあり得ない。

時は、今、政権転覆を狙う、地検

は虎視眈々となんでも捏造してくる。

小澤総理以外、選択肢は、この日本には無い!

要するに、民主党議員の中に、既に官僚連中に首根っこをつかまれているもの達が何人もいるということでしょう。

そこを、「もう、どうにでもなれ!」と振り切って暴露してしまえば面白いんですが、保身が優先して官僚の言いなりになってしまう議員連中がほとんど。
「官僚答弁」をしている民主党議員に対しては、「首相を含めて」もはや信用できなくなっています。
このことが残念であり、無念でもあります。
せめて、議員を辞めても生活には全く困らないであろう、お坊ちゃん鳩山首相には、開き直ってガンガン行って欲しいんですが。

とりあえず、普天間基地の政府案を「お手並み拝見」といきましょう。おそらく、官僚主導で作成した、「国民の生活第一」とはとんでもなく剥離した案を目にして、ガッカリすることになると予想していますが。

マコト さん
H.MIYAUCHI さん
白装束 さん
Rio さん

みなさんのコメントを読んで、鳩山内閣のここ数日のバカ騒ぎで覚えるやりどころのない悔しさを、何とか静めて寝ることができそうです。私と同じような気持ちの人がこれだけ多くいることを知り、まだまだこの国も捨てたもんじゃないと思いました。

検察・警察・裁判所・マスコミの私利私欲に塗れた邪悪な謀略に囲まれ、現状不可能に思えますが、やはり小沢総理大臣の年内実現を夢見ずにはおれません。

日本国内で最も愚劣で卑怯で凶悪な犯罪組織は特捜部であるということは紛れもない事実なんだと思う。そして2番が大手マスコミだろう。

 この記事に関して、堀江氏のことを悪くいい、その事で、三井氏や鈴木宗男氏の信用性までを貶めようとしている人がいるようだが、そもそも、堀江氏自身が、本当に法律を蹂躙した犯罪者なのかどうか、その点は未だに良く解からない、彼の人格がどうか、脱法行為がどうかは、私は深くは知らないが、それでも、それをもって彼を悪くいう事は、所詮、個々人の勝手な感想でしかないし、たいして意味があるとも思えない。
 堀江隆文は、少なくとも、この日本における、明治以来のエスタブリッシュメントではないし、戦後、CIAと癒着した、岸信介の清和会や、読売新聞社などの、卑劣な手段で利益を得てきた、この日本の、既得権益者の一族ではない。
 彼が成り上がるためには、多少の冒険も当然の事なのだ、それが脱法行為だとしても、違法で無い限り、責められるほどの事ではない、そもそも、江川事件の前科を持つゴミ売り新聞などに、脱法行為を四の五の語る資格は無い。
 ひとえに、堀江隆文が検察によって逮捕され、何か良く解からない理由で犯罪者とされたことは、ひとえに、彼が、日本の既得権益者、隠れたエスタブリッシュメントとしての、フジ・サンケイグループに対して、手を突っ込んだという事、そのことに対する見せしめであり、報復なのだ、バカでなければ、この程度の事は、誰にでもわかることだと思うのだが、どうだろう?? このことが解からないほど、日本人の知的水準は、崩壊しているのだろうか??
 勿論、彼の株を買って損をした人たちの、やり場の無い気持ちは理解できないではないけれど、所詮、株なのだ、損をすることも、覚悟しての投資ではないのか、要は、己の洞察力、研究力の不足の問題だろう、詐欺に引っかかる人たちと同様に、騙された人々にも、5分の責任はあるのだ、そのことを自覚できないで責任転嫁をすると言うのならば、実に、浅ましい事だ。
 

インターネットは完全匿名ではなく発言者の個人情報はおそらく“当局”に筒抜けです。その気になればいつでも個人を割り出せるでしょう。しかし,それを恐れて発言を自粛せざるをえない社会というのは逆に危険です。私は何者からもいかなる圧力も受けずに信念から情報発信できる“万能固定ハンドル名”を配布するサイトを作りました。興味のある方はぜひ私のサイトに来てみてください。19850726131431-20100330192202-1546

時待人様の記事の様に、公安が動きます。小生は学生運動に関わった為に、選挙活動で、地検に呼ばれたり、結構警察から呼ばれてました。しかし、小生は掲示板にも、全て実名投稿を試みています。それは、今民主党の目指す、民主主義国実現を願うから、国民主権の実現をねがうからです。角度を変えれば、仰る通り、警察、公安は、絶えず、政治的な組織は見張られております。日本は全く戦後変わっていません。特捜は特高の捜査方法に変わりはないし、自民党長期政権の汚点でしょう。

堀江氏は理論武装の典型。

このタイプはよくいるのですが、自ら動くことはないので期待しない方がいい。

民主党のほとんどの議員が腰抜けでは、いったいどこに投票したらいいのかな?

 確かに取り調べは密室の中で行われている。
 警察・検察の発表や起訴内容が取調べの全てではないことは確かだろう。
しかし逆に言うと、被疑者が語る取調べの状況を100%信じるのはどうだろう。
 検察が都合の良いところだけを取り出して調書にするように、被疑者側も取調べの厳しかった場面を取り出して、それがずっと行われていたように語っているとも考えられるが、どうでしょうか。

 三井様、鈴木様、堀江様

 貴重な話、有難うございます。検察裏金問題の具体的な内容とその解決方法、そして、司法改革の方向が具体的に判りました。

 民主党政権が、腹を決めてやれば、さほど難しいことではない事が判ります。

 一体、鳩山首相や管副総理、千葉法務大臣、また、民主党議員は何をしているのでしょうか?

 本当に、政治家に”誇りと勇気”を持って、国民の権利のために、”命がけ”でがんばって貰わないと困ると思います。

 次は、民主党の振る舞いが、どうして、こんなに生ぬるいのか、また、それを改めさせる方策を是非、論じて欲しいと思います。

 さらに、この動画をもっと多くの人に見て貰えるように、広めたいと思います。

 

白装束さんの言う通りで、民主党議員は命がけで戦う気力が無い。革命とは命を懸けた戦いなくして勝ち得ない。自分の保身なんて考えていたらそれは無理。じゃあ誰が守ってくれるのか?国民ですよ。不当な裁きがあるなら国民にその事実を伝えれば良い。政治家は国民が寄託した代表。遣られたら国民に助けを求めれば良い。国民にいい顔する様な政治家は国民は望まない。国民の為に、体制と戦う政治家を、政権交代に求めた。しかし?命を懸けられる小沢幹事長を政権から外した時点で民主党の期待度は落ちている。小沢幹事長は不当な検察、マスゴミ、自民党既得権保護政治家から物凄い攻撃を受けている。しかし、文句一つ言わずに、参議院選挙の為に戦っている。反小沢グループよ、自分達と比べて見ろ!格好良い事ばかりやりたがる連中よ、時には国民、有権者と膝ずめで話を聞いてみなさい。苦しさを感じているのは国民ですよ。長い年月、基地に囲まれ、不安と騒音に耐えてきた、国民の意見をきいてみな。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.