Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

« 小沢民主党幹事長、長崎県知事選について述べた定例会見全文
メイン
《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:上杉 隆 »

《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:鈴木宗男

 今月2月26日(金)に開催される「緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方」にむけて、出演者の連続インタビューを行っている。

 第三回は、鈴木宗男(すずき・むねお)新党大地代表に語っていただきました。

───────────────

suzuki100219_1.jpg

 三井環さん問題を取り上げたこのシンポジウム、楽しみに出席する予定です。

 いま、冤罪は大きな社会問題として取り上げられていると思います。三井環さんも、検察権力の被害者だと私は考えています。このシンポジウムを通じて、検察の強圧的で、「狙ったらなんでもあり」というフェアでない捜査について、みなさんに聞いていただきたいと思っています。

 また、今回の取り組みが「取調べ可視化」の実現に向けた一歩になってほしいと考えています。たとえば、総務省などでの記者会見について、フリーランスの出入りはOKになりました。官邸もそれに続こうとしています。そんななか、検察だけが記者会見を公開していない、という問題をぜひ指摘したいです。

 加えて、三井さんは元検察の立場から、リーク=(捜査に)風を吹かせる、ということがあったと述べています。この真意についても、みなさんに分かっていただけるように水を向けるつもりです。

インタビュー映像[Infoseek 内憂外患]
↓ ↓ ↓
「小沢VS検察」その報道は何だったか「取調べ可視化」の実現に向けて
http://opinion.infoseek.co.jp/article/769

関連記事
《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:篠田博之
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/vs_5.html
《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:元木昌彦
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/vs_6.html

────────────────────

■シンポジウム詳細

【出演者】
三井 環(元大阪高検公安部長)
鈴木宗男(国会議員)
上杉 隆(ジャーナリスト)
青木 理(ジャーナリスト)
元木昌彦(元『週刊現代』編集長)
安田好弘(弁護士)他

【司会】
篠田博之(月刊『創』編集長)

【日時】
2010年2月26日(金)18時~21時[開場17時45分]

【会場参加申し込みURL】
http://www.tsukuru.co.jp/

※生中継は「Infoseek 内憂外患」で放送します!
http://opinion.infoseek.co.jp/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6657

コメント (29)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

em5467-2こと恵美 様
匿名 様

冨田です。
お二方を見込んで、お願いがあります。
今回の騒動は、虚偽記載が原点です。
石川氏が有罪になったら長崎県知事選の比ではなく、小沢さんも最悪のシナリオを覚悟しなければならないでしょう。
しかるに、公認会計士の細野氏の論説を皆さん多少の批判はしている人もあるようですが、検察ストーリーよりも、もっとひどい内容だと言うことに誰も気がついていません。
さて、お願いですが、下記の細野ストーリーを紙芝居風に比喩した私の投稿を読んで頂いて、考えて見て頂きたいと思います。
盲目的な小沢信者であるよりも、耳触りの良いことを言う人の意見を鵜呑みにしないで、真実を追求する姿勢を持って頂きたい。石川氏を信じてください。真実は必ず石川氏を無罪にします。ホントに虚偽記載などないのですから。
その真実の中から、検察ストーリーの矛盾を探し出してください。
その矛盾から、公判に向けて安田弁護士に、ひとつでも多く役立つ情報を提供してほしいと思います。
私は、これを最後の投稿とするつもりです。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/post_499.html
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月22日 09:11

<鈴木宗男先生>
お疲れ様です。石川さんを何かと気にかけて頂き、民主党小沢支持者として、お礼申し上げます。
さて、民主党の千葉法務大臣は今頃「可視化法案は、現場の意見が大切なのでご協力をお願いします」と、幹部検察官にお願いしています。
どこまで、腰が低いのでしょう。呆れて物もいえません。
検察の意見を聞けば、冤罪を防ぐほどキチンとした法案になるのか疑問です。
【民野健治】に女性秘書が精神的な拷問を受けてなお、部下に命令ではなくお願いする法務大臣様には呆れています。夫婦別姓どころではなく、身近な党内の女性の人権が守れなくて、よくノウノウと大臣の椅子に座っていられるものです。
宗男先生、可視化法案というから取っ付きにくいので「冤罪防止法案」を是非とも宜しくお願いします。
参議院選挙は、民主党に入れますが、その後はわかりません。マスコミの間違った情報に右往左往する鳩山官邸は、見ていられません。ぜひ、小沢さんと共に、宗男先生「生活が第一党」でも作って、本物の政治をやってください。

直接、記事内容に関係ない投稿で申し訳ありません。

本日のBSフジプライムニュースで
今の政治に言いたい事、聞きたい事を募集中です。

ゲスト 加藤紘一、ジェラルド・カーチス

ご意見がある方は、
番組HPから投稿出来ます。

https://ssl.bsfuji.tv/form/j/form/primenews_opinion.html

いやー、それにしても今日の自民党のテレビを意識した審議拒否パフォーマンス、小学生以下ですね。

谷川さんのコメントは笑いました。

em5467-2こと恵美様に同意です。

千葉大臣の罷免を要求しましょう。

その地位にあって、役に立たない者は去るべきです。

罷免できないなら、罷免権者も去るべきです。

宗男さん、忍耐も限度ではないですか。

尊敬する、鈴木宗男先生へ。
敬愛する【恵美さま】へ。

私は鈴木宗男先生を、心底から、ご尊敬させて、頂いております。


そのことを最初に申し上げ、失礼ですが、このサイトに書かれている敬愛する【恵美さま】に申し上げます。

私が、千葉法相が≪宗男先生への回答書に【週刊朝日の報道は、デタラメです】と回答した≫ことについて、何かと【間違い】を指摘する方が、いらっしゃいます。

もちろん、私も自戒の念しきりですが、それとは別に、法務省(検察庁・民野健治)の作成した役人言葉を、分かりやすい日本語に翻訳し、千葉法相が≪週刊朝日の報道は【デタラメです】と回答した≫と、コメント(翻訳)したことについて、豪も恥ずることがありません。

敬愛する【恵美さま】には、理解して頂けるものと思っております。

確かに、役人の書いた文章には【デタラメです】とは書いてありませんが、文章の真髄を洞察するとき、宗男先生への回答は【週刊朝日の記事は、デタラメです】以外ありません。

敬愛する【恵美さま】と、尊敬する【鈴木宗男先生】の、益々のご活躍と、ご多幸をお祈りしております。         不一

<山口七郎同志殿>
レス有難うございます。揚げ足を取る奴もいますが、気にしない方がいいですよ。宗男先生の趣意書への回答は、検察は不正な取り調べはしていないとの内容ですので、週刊朝日の報道を否定しているに違いありません。
タメにする批判はスルーしましょう。
勝手に同志呼ばわりしちゃってすみません。

鈴木宗男様の日記を、毎日観ては、勇気と正義と知識ある意見に「異議無し!今後とも頑張ってください!」と心から応援しています。鈴木宗男様のHPには、そんな言葉を書き込む場がありませんので、この場を拝借しました。

検察の独立が時の政権に脅かされるほうがよほど怖い。お隣の韓国はいまだそういう状態で、権力の前に無力な検察への批判は強い。今回の件で韓国内には「日本の検察を見習え!」的な意見も多いのが実情です

政治権力と検察が一体になることは絶対にあってはならない。文字通り警察国家になってしまいます
。それは法治国家の姿ではありません。発展途上国の仲間入り、ということです

政権交代後の民主党はいささか権力の濫用が目立ちます
いっぺんやらせてみせよう、と思ったが、こういう政党だったのか、と、先の衆院選で民主に投票した私を含む多くの無党派層が幻滅しつつあることをお忘れなく

長崎知事選もそれで負けたんでしょ。頼みの小沢が民主のガンになりつつあるんだがね。にもかかわらず小沢に何も言えないなら国民の代表じゃねーよ。小泉チルドレンとなにが違うんだよ。タイゾーと同じだろ

前記投稿の鉄馬氏のコラム、小沢氏、検察・警察、マスコミ(記者クラブ)それら一連の内容であるキーワードが、あることに気がつく。
《情報公開》
《説明責任》
情報公開制度が、確立されたが未だ不十分なのだろうか?

少なくとも私には、小沢氏、検察、マスコミの三者のうちで小沢氏が、一番情報公開・説明責任を果たしていると思える。

検察の情報公開や説明責任は全く感じられないし、そうした報道がされた記憶がない。

マスコミは記者クラブという、閉鎖的な社会(検察・警察と同様)で、報道内容の十分な責任説明責任を果たしていると到底思えないのである。担当記者名及び編集長名など最低限の責任すらない記事である。TV報道は、そうした記事を元に報道する。云わば責任回避でないか!


閉鎖的な社会であるなら、それが正しく機能しているのか、強い監視機関が必要である。
当事者の利害関係のない第三者機関、すでにあるのであれば、もっと権限を強化するという方法もある。

報道の自由という、司法の秘匿性という、けれど一番重要なのは個人の権限でないか。
それのバランスが、おかしくなった社会になっていないだろうか?

鈴木宗夫様

先生の真摯な行動に敬服しています。
今後もご活躍ください。
それにしても不可解なのは小沢氏です。
小沢派が200人いようが党に政調がないので、小沢派の意見も党の意見も全く反映されません。
記者会見オープン化は党の方針で、党として進めるのでしばらく待ってほしいという政権交代後の党の意見でしたが、総理周辺は拒否したままです。
いわば小沢氏は全く権力者ではありません。選挙の公認権は持っているかもしれませんが、政策には何の力もない。
ただの裏方です。
自民党の幹事長とは月とスッポンです。
それさえ拒否しようとした岡田は何様のつもりなんだろう。
マスコミの操り人形か。
鈴木氏同様小沢氏は真摯すぎるし、まじめすぎる。あまりにも引きすぎである。
党と内閣が分離したままでよいのかどうか、政策の一元化を口実に国民の期待とは裏腹の内閣になっています。
国民はそれを感じています。
内閣は自民党以上の既存勢力に迎合していると。腹芸が全くないのでストレートに官僚に支配されていると。
特に千葉法相は、山口七郎氏ご指摘の通りです。
日本のマスコミは記者クラブを通して 神様である検察官僚による国民への洗脳を目的としているので、記者クラブ加盟のマスコミ以外は官僚にとってはデタラメとなる。
それを真に受けて閣議決定する。
誰も反対しないとは完全に内閣は腐っている。脱官僚改革を放棄したとしか思えない。
検察官僚の高笑いである。
千葉だけの問題ではない。
各種委員会や事業仕分けの委員は前内閣や小泉内閣からの引き継ぎであり、完全に小泉と改革競争をしたあの民主党に戻ったのである。
改革競争といっても小泉同様の官僚の手のひらの改革、改良である。委員自体が手のひらに乗っているのであり、官僚が仕切っている。
赤松農相も就任後小沢と違って私は貿易の自由化など念頭にないと発言していた。
内閣全体で小沢の大改革は退けられた。
守旧派日本は世界の孤児になりそうである。韓国との差が開く一方であろう。
マスコミは小沢は古い自民党のイメージを定着させている。
鈴木様小沢はこの事態をどう突破するのでしょうか、教えてください。
私はまず小沢には法改正で検察人事の改革を行い、小泉一派の人事を退けていただきたい。
検事総長に既定路線といわれる大林宏を起用しないことである。
それが復権の一つのポイントとみているが。
障害は鳩山であろう。
今の小沢には難しいかもしれない。

現在の大手新聞とテレビ等のマスコミ報道のあまりにも酷く、自浄作用のない現況にお灸をすえるために、国民は先ず新聞購読を一旦停止することしかないようだ。!!!!!!!!!!

私はAS新聞を長年購読してきたが購読中止した。偏向、不公正、捏造報道垂れ流し、記事を見なくて済み、頗る快調だ。!!!!!

それから、メディアの何とか調査、何とか支持率だが、誰に、どんな調査をした結果なのかを明らかにせず、偏向の無い中立の調査だったのか大いに問題だ。調査にはウソが多い。調査ウソを見抜くリテラシーが国民に求められている。もはやメディアは全く信用出来ないのだから。!!!!!

よくもメディアは国民を騙し続けておれる。太平洋戦争の軍部官僚とマスコミ連合による大本営発表で禍根を残したことに未だ懲りず、再び65年以上経過した今、自民党、官僚、マスコミ連合により旧来利権を守るため大本営発表を再現しているのである。国民を愚弄するにもほどがあるというものだ。!!!!!

最近起きた元民主党石川議員の女性秘書が民野健治とかいう非人間性の検事に監禁、恫喝等々の人権蹂躙がなされたにも関わらず、メディアは一切報じない体たらくだ。まともなメディアの役割放棄し、ジャーナリズムの体をなしていない。!!!!!

YO新聞、AS新聞、MA新聞、NI新聞、(論外だが3K新聞)よ、今一度問う。押紙問題、脱税問題、再販制度問題等々、疑惑の総合商社こそ、現在の新聞社だ。自らの都合の悪いことは恣意的に棚にあげ、うやむやにして、ひたすら利権にすがり、記者クラブからの検察捏造捜査情報を垂れ流し、世論ミス誘導し、もはや今の新聞社に政治、経済、社会がどうのこうのと論評する資格など、あろう筈がない。!!!!!

<冨田 秀隆様>
せっかくのご指名ですので、読ませて頂きましたが、私は膨大な紙芝居を理解できる頭脳は持ち合わせていない様です。
私は、小学校で植木算で引っ掛かって以来の理数がニガテで、ずっ~と文系の道を歩いてきました。
ごめんなさいm(_ _)mギブアップです。
下記に石川ともひろ氏のサイトのアドレスをご紹介します。後援会募集から投稿フォームに入れます。後援会用の投稿フォームですが、一般のメール掲示板は閉じられたままですので、かまわないから、お考えを伝えられたらいかがでしょう。
弁護士に直接渡る可能性もありますので・・・。
ご期待に添えずゴメンナサイ。数字を見ると頭痛がするタイプですので、平にご容赦をm(_ _)m
なお、当掲示板に二度と来ないなどといわず、またいらしてくだい。
https://www.tokachi-ishikawa.com

毎日、小沢さん、石川さん関連の情報をチェックしていますが、精神的にすっきりとさせてくれるのが、鈴木宗男先生の「ムネオ日記」、そして植草氏および永田町異聞のブログです。
世の中、まともな人間も少なからずいらっしゃいますね!
公園散歩中に出会った同年代の方々とそれとなく話をしてみると結構まともな考えのオッサンたちが多いですよ!
これからも鈴木宗男先生!大きな声で発言し続けてください。お願いします。

ムネオさんの連日の質問趣意書には脱帽します。すばらしい!

それにしても、”検察ファッショ”はここに極まれりといった感がありますね。

ネットで”検察ファッショ”と検索してみると戦前の”帝人事件”が出てきます。これをみると昔も今もほとんど同じ状況で、検察が長期拘留をして無理やりでっち上げている点とか政治的に政敵を追い落とすためにやっている点とか共通点が見えてきます。

長期拘留に関しては人権を侵害するとして国連人権理事会から毎年是正するように勧告を受けているんじゃないですか?

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/a33a18c7039f6fe0a7c6e8b16a35416d

何故、民主党政権はこの勧告を受け入れないんですか?不思議でなりません。

この長期拘留が冤罪の温床になっていることはここ数年の検察による様々な冤罪事件をみればあきらかです。民主党は直ちにこの件について是正するよう動くべきです。

厚生省の村井元局長の件も近年まれに見るほどの検察ファッショの酷い事件です。ジャーナルで取り上げられていないんで是非取り上げてほしいと思いますが、宗男さんもこの件について質問趣意書で質問してほしいと思ってます。

ビックリしたのは、なんと検察側の証人がことごとく証言を否定している点です。如何に調書が検察のシナリオで勝手に作られたかが良くわかる、というよりわかりやすい事例になってます。

聞くところによると担当した検察官は過去にも同様に強引な捜査手法でもって調書を作って裁判所で信用できないと言われて却下されたというではありませんか?

こういう人間は検察官として明らかに不適格であり厳しく処分されなければならない人間じゃないですか?何故、放置しているんでしょうか?

今回の小沢氏の件といい村井元局長の件といい、検察は明らかにおかしいです。関係者を厳しく処分することが絶対に必要です。でないと冤罪がこれからも延々続きます。それだけでなく、政治・経済、延いては国際問題にまで発展しかねない重大問題だと私は思ってます。

ロッキード事件以来、日本において政治が停滞した最大の原因は”検察ファッショ”にあったんじゃないかとすら最近は思っています。国民から支持された政策を推し進めようとすると決まって検察からブレーキが掛かる。で、結局、その後の政策は官僚さんに都合の良い政策になってしまって国民が不利益を被るような政策が実行されるといったパターンの繰り返しです。

今回も同じです。

大多数の国民の可処分所得を増やそうとする側の足を引っ張ってるのは他でもならぬ国民です。既得権益を守ろうとする大手マスコミの偏向報道によって完全に一方向に世論が作られて今の事態に至っているわけです。

検察の強引な取調べのあり方などをもっと詳しく取り上げて地上波で報道したら世論もこんなに極端には出ないはずです。今はまだネットからの情報ソースがあるからまだ支持率もここまでで食い止っていますけど、これがなかったらもっと極端に、恐らくは政権は年越しもできなかったでしょう。

民主党政権は、もっとこの件を深刻に受け止めて、それこそ大掃除を断行してもらいたいものです。これができないようなら、民主党だろうがどこだろうが、この先の政治は必ず検察のブレーキが掛かってやろうとすることはことごとく阻止されるでしょう。

まずは”検察ファッショ”を是正すること。これがこの国の政治・経済を停滞させないために絶対に必要なことです。

201X年、とある新聞経営者のWTが逝き、閻魔大王の前にひれ伏すと、おまえの極悪非道の数々は熟知している。ところで、いくら金を持っているとWTに尋ねると、閻魔様の望まれる通りに致しますと答えたそうじゃ。閻魔様は有り金全部出させて、天国はシャッターが降り閑散としており累積赤字が酷かったため、天国利権を全て購入し、すべて地獄にしたそうじゃ。当然WTは地獄へいく事になり、船着き場へ行って待つと、やってきた船は泥舟であったそうじゃ。出発してまもなく地獄さえもいけず、魑魅魍魎の住む河へ途中で投げ出され、行方知れずとなったそうじゃ。なんでも地獄が繁盛しすぎて、受け入れが困難になっていたそうで、泥舟を使わざるを得なかったそうじゃ。

因果応報じゃのう。WTの親戚縁者はWTと関わりがあることを永劫隠したそうじゃ。人間とはかくなるものじゃ。WTよ、空を知れ。

国会で使う場合、「質問趣意書」でなく、「質問主意書」が正しい使い方ではないでしょうか。

広辞苑によると、
趣意:意見、趣旨、特に、目的とするところの考え。また、文章などの、表そうとしている意味。
一方、主意:、(1)おもな意味・考え。(2)理性や感性に重きをおかず、意志を主とすること。(3)主君の意志。

質問主意書は質問する人の意志が表されるわけですからですから、主意がぴったりきます。

失礼しました。

vega様(2010年2月24日 01:29)

> 検察の独立が時の政権に脅かされるほうがよほど怖い。お隣の韓国はいまだそういう状態で、権力の前に無力な検察への批判は強い。今回の件で韓国内には「日本の検察を見習え!」的な意見も多いのが実情です<

 検察官はそれぞれが検察権を行使する独任官庁であるが、現行憲法上、検察権は行政権に属し、全体として統一されたものでなければならないことから、検察官は検事総長を頂点とした指揮命令系統となっていますよね。

 また、検察官は、例外を除き起訴権限を独占するという極めて強大な権限を有し、刑事司法/刑事行政に大きな影響を及ぼしているため、政治的な圧力を不当に受けないように独立性が認められルべきだが 然し、検察庁は行政機関であり、その最高の長は法務大臣であるため、当然に法務大臣が各検察官に対して指揮命令が出来るのであるが、この指揮権については検察庁法により「検察官の事務に関し、検察官を一般に指揮監督することができる。但し、個々の事件の取調又は処分については、検事総長のみを指揮することができる」として、具体的事案については検事総長を通じてのみ指揮が出来るとしているために、検察官の独立性に制限を設たのは、暴走して“特高検察化”して暴走を防止するための措置でしょうね。

> 政治権力と検察が一体になることは絶対にあってはならない。文字通り警察国家になってしまいます。それは法治国家の姿ではありません。発展途上国の仲間入り、ということです<

 あの~、『政冶』とは、或る社会の対立や利害を調整して社会全体を統合すると共に、社会の意思決定を行い、是を実現する作用にまつわり、権力の獲得と維持をめぐる争い及び権力の行使に関係する現象を指すから、『検察権力』も『政冶権力』の範疇であり、『警察権力』を『政冶権力』から分離しなければならないと言うのは『間抜け』に過ぎませんね、たぶん。

 従って、『政治権力』のうち、『行政権力』と『検察権力』の関係は、『不二而して二 亦 二而して不二』であるべきで、完全に分離そても癒着しても弊害が顕著になるだけだから、動的に捉えて弊害を防止する工夫を配慮すべきですよね。

> 政権交代後の民主党はいささか権力の濫用が目立ちます<

 あれ~、民主党が、何時、何処で、如何な基準または限度を超えた権力を、如何ように行使したのでしょうか?

 現実の証拠による裏付けのない事実を感情的に信じ込んで熱心に吹聴するのは『風説カルト症候群』とでも言うもでしょうか…。

 『風聞カルト』は、それ自体の存在は構いませんが、『虚偽の風聞カルト』は有害無益な存在ですよね。

> いっぺんやらせてみせよう、と思ったが、こういう政党だったのか、と、先の衆院選で民主に投票した私を含む多くの無党派層が幻滅しつつあることをお忘れなく<

 公職選挙で選ばれる政治家は、暴走して弊害があれば、次の選挙まで待てば何とかなりますが、検察官といえども行政官僚の暴走に依る弊害は、閣僚の指揮権を認めないで独立させたら手のつけようがありませんよね。

 それとも、検察官も公職選挙で国民が直接選任しますか???

編集部様 間違えて消えてしまいました。 明日またお届けします

投稿者: mochizuki | 2010年2月24日 20:07
阿久根市長ならそう言うでしょうね。長文ご苦労様

マスコミガつくりあげた、小沢=悪というイメージ。なんとかならんものかといつも案じております。でも、郷原氏が検察一家から、四面楚歌の面罵を浴びせられ、なお正論を貫かれるご人格には頭が下がるばかりです。それはそうと、野党側が毎日のように、小沢氏らの証人喚問をしっこく、どうでもと言うのなら、乱暴な発想で恐縮ですが、鳩山首相はいっそのこと、この会期中に、全面公開を条件として、検察の捜査当事者の大鶴検事を証人喚問する位の決断は如何でしょうか。公正を期するためにも、また、国民の皆様にも本当のことを解ってもらえる好い機会かと思うのです。  野党側は嫌がるかもしれませんが、ハズレでも元々です(笑)  なお、陸山会収支報告は専門家の先生方が仰るとおり心配ありませんし、会計実務を経験された方なら、キャッシュフロー会計(現金主義)でも矛盾は無く適正なことはご承知かと存じます。

rutu氏Vega氏の投稿に対し一言。
検察がどちらの方向を向くかは誰も理解できない事でしょう。
ましては国家公務員で有るところの検察が国民から直接の選挙を受けその地位を保証された国会議員に対し逮捕、監禁する場合にはよほどの罪状がなければ出来ないと信ずるのが民主主義を標榜した国家であると思います。
もう一度、表明します:国家公務員で有るところの検察の皆様は、国民から直接選ばれ、雇用された人ではないのです。
その検察が自分の権力保持、将来の自分の実績作りを計る為、現職の国会議員を逮捕、監禁して、嘘がばれて何らお咎め無しと言うのは、法律の不備です。
民主党が今回の政権移行に際し言ってました。「民主党に不備があれば、即、それに代われる様な自民党になって貰いたい。と。」
私は、警察、検察が時の政権の影響下において活動する事は、必要で有ると思います。前の政権のしでかしたモロモロの悪を穿り帰す。事ができるでしょうから。
政権交代の度に、前の政権の悪を暴けば、今までの様な悪さが出来なくなるでしょう。
今回の、一連の検察、マスコミ、裁判所の動き、また、週間朝日を配本しない、配本流通会社の動きは、過去60年にわたりこの国を支配して来た既得既存勢力が自分等の過去の過ちを如何に暴露されない様にしているとしか、思えない。
2010-2-24 15:49の匿名さまの仰る通りです。
無党派層を標榜して投稿している方がおりますが、既存既得権益の組織の方でしょう。
今回の事件(検察による謀略)を反省して、検察が誘導、脅し等で被疑者、証言者から何らかの証言を引き出し、有る特定の人を罪に落とし入れようとした場合には、その検察官の地位(弁護士資格等)の剥奪、公務員の罷免、10年以内の懲役刑の罪を法案として通すべきと、思います。

vega様(2010年2月25日 01:27)

> 投稿者: mochizuki | 2010年2月24日 20:07
> 阿久根市長ならそう言うでしょうね。長文ご苦労様<

 阿久根市の実情を、私は詳しく存知上げませんが、人口2万3千人余りの阿久根市の市民の大多数は、私の意見と同じだということでしょうか…。

 でも、vega様ご自身は、『虚偽の風聞カルト』を続けますか?

桜島様(2010年2月25日 07:35)

> 今回の事件(検察による謀略)を反省して、検察が誘導、脅し等で被疑者、証言者から何らかの証言を引き出し、有る特定の人を罪に落とし入れようとした場合には、その検察官の地位(弁護士資格等)の剥奪、公務員の罷免、10年以内の懲役刑の罪を法案として通すべきと、思います。<

 刑法第194条に「裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者がその職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処する」という規定があり:

また、刑法第195条第1項には「裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、7年以下の懲役又は禁錮に処する」という規定もあり:

さらに、刑事訴訟法第239条に「何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」、同条第2項に「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない」という規定がありますので、貴方様の希望する法律は、すでに制定されていると、私は思量します。

 然し、いくら法律が制定されていても、それが適切に運用されなければ、何の役にも立たないと言うのが、現実の問題でしょうね…。

小沢自身は左派出身ではありません。
しかし彼が選挙運動で汲み上げたのは自公政権とマスコミに見捨てられた国民でした。
だから小沢を撃つ事で見捨てられた国民の声に
「臭い物に蓋」をしたいのが官僚や経団連やマスコミです。
「永久に見捨てる」腹なのでマスコミと自民党は小泉路線のままなんですよ。

捜査機関が国連組織なら受け入れるんでしょうかね?自国の捜査機関は受け入れず?
小沢氏らしいですね(笑
シロートの私から見ても、国家観がまるでない。権力欲しか臭わない、よくもまあこんな古い人物にフリーハンドを与えたものだと。それも支持率低下の原因なんですが、議員らは何も言えないらしいね。
次は落ちるよ。しかし小泉チルドレンみたいなヤツばっか投票の対象なのか

このコラム主旨違いをお許しを・・・。
森元総理は、最近ご自身の人脈でスポーツ関係の名に知れた人に来る参議院選挙候補者にと呼びかけてご活躍と聞く。
スポーツ新党でもお作りになられるのかと・・・。
スポーツ振興には、貢献するかもしれませんね。

Vega様(2010年2月26日 03:01)
> 捜査機関が国連組織なら受け入れるんでしょうかね?自国の捜査機関は受け入れず?
> 小沢氏らしいですね(笑<

 捜査機関の所属の如何を問わず、所定の権力に従って公明正大な捜査をするなら受け入れるというのが、小沢一郎さんの基本的な態度であることは、東京地検特捜部の捜査で証明されていますね。

 従って、Vega様のご見解は、『マスゴミ』を餌とする『虚偽の風説カルト』という虫が住むカリフラワーから聞こえてくる声に過ぎませんね。

> シロートの私から見ても、国家観がまるでない。権力欲しか臭わない、よくもまあこんな古い人物にフリーハンドを与えたものだと。それも支持率低下の原因なんですが、議員らは何も言えないらしいね。<

 Vega様は情報分析のど素人で『虚偽の風説カルト』の構成員だから、貴方様の国家観と言うのは、『虚偽の風説カルト』という虫が住むカリフラワーの中だけの観方で、『マスゴミ』と『ゴキブリ』の臭いが漂っているようですね…。

> 次は落ちるよ。しかし小泉チルドレンみたいなヤツばっか投票の対象なのか<

 『虚偽の風説カルト』という『ゴキブリ』が住むカリフラワーの内部で『マスゴミ』が実施した世論調査ではそのような予想が成立するでしょうね、たぶん。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.