Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

Recent Comments

« 週刊朝日が東京地検から抗議を受ける!
メイン
野党が石川議員の辞職勧告決議案提出へ »

郷原信郎さんのコラムに《THE JOURNAL》のコメントが引用された!

 元検察官で弁護士の郷原信郎氏が3日に日経ビジネスオンラインに寄稿したコラム「検察の『暴発』はあるのか(下)」の結びに、《THE JOURNAL》に寄せられたコメントが引用されている。

 引用されたのは、山口七郎さんが1月17日に投稿した以下のコメント。
 http://www.the-journal.jp/contents/info/2010/01/181900.html#comment-39199

─────────────────────

戦時中、軍国少年だった私です。

太平洋戦線が始まった頃、学校の担任教師が『2・26事件』を論評し、政府要人を殺害した青年将校の所業について≪彼らの行為は自分の生命を犠牲にして、腐敗と悪臭に満ちた重臣たちを征伐した≫と、小学生の私たちに教えました。

戦後になって、その教師たちも、自分たちの誤りに気づいてことと思いますが、戦時中は、大多数の日本国民が、『2・26事件』の犯人(青年将校)を、そのように評価していたのは事実です。
これは戦時中に書かれた数々の書物に残っていますが、中には事件の犯人たちを≪幕末の勤皇の志士≫と同じとまでなぞらえ、称賛していた作家もいたのです。

だからこそ、事件を起こした青年将校たちは≪自分たちの政府要人たちの殺害は、昭和維新を実行する【正義の鉄槌】と信じ込み≫新聞・世論も、それを安易に容認していたのです。
その結果、あの悲惨な太平洋戦争へ傾斜していったのです。

今回の東京地検特捜部の独走は、戦前の『2・26事件』ほか、数々の≪自分たちだけが、正義である≫の誤った独断で、日本を破滅に導いた悪夢の再来としか思えません。

【自分たちたけが正しい】。こうした考え方を、凶器同然の【国家権力の逮捕権】を持っている人々が思いこんだとき、民主主義は破滅いたします。

─────────────────────

 郷原氏のコラムは小沢氏にさらなる説明を求めながらも、検察の暴走に警鐘を鳴らしている。本文は下記のリンクから読むことができる。
 
■郷原信郎:検察の「暴発」はあるのか(上)
■郷原信郎:検察の「暴発」はあるのか(下)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6574

コメント (35)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

検察は自己が正義では無いと自覚しているのではないですか。自己防衛とか保身が全ての動機になってるとしか。

山口七郎さんへ敬意を込めて、拍手します。

皆さんのご意見が聞きたいです。立花隆は小沢は聴取を受けた段階で起訴は間違いなく、政治生命はもう終わりでしょう。みたいなコメントを寄せてましたがみなさんはどう思いますか?立花隆に腹が立ちます。

From: 日経ビジネスオンライン
To: 朝起きオヤジ
Sent: Wednesday, February 03, 2010 4:28 AM
Subject: 【日経ビジネスオンライン No.917】《新コラム》20歳の若者は“ケガレた”日本しか知らない

という事で配信されるので、毎朝みてます。

表題の記事は内容はともかく、人生良い思いしていない、就職氷河期世代と平成生まれは、こんな無様な大人(検察)見てるとイヤになりゃせんかと思う。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100114/212175/

今回の小沢一郎関連の事件で、単純によくわからないことがあります。この事件において、被害者・被害団体または不利益を被った対象は一体どのようなものなのでしょうか? 殺人・暴行・詐欺・贈収賄・通り魔・偽装など通常の事件では被害者がイメージできますが、今回はよくわかりません。 マスコミの皆さん、教えてください。

投稿者: fs_kankan | 2010年2月 3日 17:45

誹謗中傷+悪口雑言・・です。

kouchan様
かなり昔の話なのですがNHKの討論番組で東大生と立花隆の討論会がありました。詳細は全く覚えていないのですが立花の学生を見下したような話し方が不快だった印象が強く残っています。それ以来、立花という人を信用していません。簡単に言えば取材をしても人に信頼されて真実を話してしまうような人的な魅力が全く感じられないのです。どのような取材をしているのか知りませんが、たぶん資料を丹念に漁っているのではないのでしょうか。その結果はご存知の通りです。

マスコミの大衆に対する刷りこみ「検察は司法機関立件するのは正義」このプロパガンダから打破しなければいけません。検察は単なる一行政機関です、公訴権を持たされてはいますが起訴便宜主義の考えのもと裁量権という武器を持たされています。しかしながら検察にとっては有罪だろうが無罪だろうが関係ないのです彼らは司法機関ではないからです。菅谷さんの事件を見れば判りやすいのですが検察は一切謝罪と言うものをしません。彼らは有罪だろうと無罪だろうと関係ないのですから自由に出来る裁量権の下、公訴権を遂行しているだけです。 ただし司法機関にいる司法研修生時代の同じ釜の飯を食ったお友達の協力のお蔭で99%の有罪率を維持。こんなものでしょ検察なんて。

<気づいていました>
先週号の週刊朝日に山口七郎さんのコメントについて、郷原さんが書かれていたので、さっそく当サイトに投稿したのですが、削除をくらいました。
今、やっと納得です。裏をとっていたのですね。
おやおや氏が、山口七郎さんの事をバカにするコメントをしていましたが、おやおやさん、間違ってもあなたのコメントが週刊誌に載って、日本全国数万人の目にふれる事はない。
人のコメントを斜めに見ないで、胸襟を開けば、あなたのふし穴にも真実が見える日がくるかもしれないのに、おバカですね。

>em5467-2こと恵美 | 2010年2月 3日 18:07 さん

いや、別に週刊誌に載せてもらいたいなんて思ってないし、郷原氏に評価(利用?)されたいとも思わないし・・・。だからなんとも。

正体不明な誰かが書いた「アジ文」だなという感想は変わりません。
もし本当にお年寄りだとしたら、論理思考がちょっと変じゃないのかなと(自粛

案外高野オーナーとか郷原氏が書いてたりして。
おっと、悪い冗談ですね、失礼。

敬愛する【恵美さま】へ

お目にかかったことはありませんが、貴女の後友情に心から感謝しております。
これからも、ご健筆を切願しております。


おや、おやさんへ

私は正体不明な人物でありません。
ここに投書する【メールアドレス】は私そのものアドレスです。

何年かまえ、何冊か自費出版ですが創作を発表し、その一つ創作『黙契』(原稿用紙850枚)は居住する都市の『文化賞』を受賞し、この書物『黙契』は、現在も、国立国会図書館に、蔵書として永久保存されています。
お疑いなら、国立国会図書館の蔵書目録を検索して下さい。

おやおやでやれやれなステハンの揚げ足取り。
次は気持ち悪いで登場かね?
山口氏に非礼を詫びたらどうだ。

敬愛する【恵美さま】へ。

先ほどの文章で『貴女のご友情に』と書くところを、誤字を書いてしまい、申し訳ありません。


おやおやさんへ

国立国会図書館に『蔵書』となっている拙作を検索して頂く場合、創作『黙契』はまちがいありませんが、本名とペンネームの違いがありますので、念のため。

郷原さんの勇気はすごいと思います。公の場で堂々と検察の間違いをきちんと説明したのは郷原さんひとりでした。これからも応援しています。

>テレビでどうにでも作られる印象効果?

テレビ朝日の中井国家公安委員長を長期の継続取材で構成された警察庁改革は、見ていて会心の番組であった。警察庁を国民側から管理・監視するという切り口に好感が持てた。

庶民感覚からすれば、霞ヶ関の警察庁そのものがよく分からず雲の上の存在であった。日頃めったに映像に流れない国家の公安委員会室の全景が、映し出されており手当て給与が年収2300万というのも、国レベルのトップに君臨する身分の中身を知るきっかけになった。

改めて民主の政権交代の価値を感じたわけです。高知の白バイ事件が警察・検察によって恣意的に捏造された冤罪であることを確信していたので、バンザイの世界です。逆に守旧組の体制維持を当然とする警察組織からすると、苦虫を噛み潰しているのが想像できて、私は明るく日頃の溜飲を下げることが出来ました。
中身を知れば知るほど、いかに組織温存のために警察組織が外からの監視を拒んでいたのかを知りえることが出来た素晴らしい番組でした。

極めつけは安藤隆春・警察庁長官の定番の定例記者会見が拒否され、政治主導で選挙民に選ばれた国会議員の中井公安委員長に会見の主導が移ったことである。
警察官僚が従来通りの会見を所望しながら、中井委員長に拒否され伏し目がちになった哀れな姿をテレビの向こうに見つけると、百聞は一見にしかずで見たままに全てを語るテレビの即効性にメディヤの力を再認識しました。発想を変えると善を伝えるか悪意を創作するのも、局側の政治信条姿勢でどのようにでも変わってしまう政権交代後の秀逸な番組でした。

既得権が奪われた、組織から剥がされそうな無力感が漂う高級官僚の一人の姿が見事に写っていました。持つべきものはヤッパリ力です、権力です。

・警察・検察の取調べの可視か法案は絶対に実現すべきです。
・テレビ報道は当たり前だが左右にぶれることなく真実を伝えるべきだ。

長い習慣に染まり込んだ官僚組織の生活者は、新しい変化に必要以上の拒否反応を示すことは当然でしょう。警察庁に住む人々、あたらず触らずで職務をこなすと、当たり前に給与は振込みされるのだから、あえて国民目線の改革などと無用の負担に誰が賛成しましょうか。公僕公務員の長いお勤め?から編み出したお上目線の非常識の悪知恵です。

このご時世、国民のためと枕詞を使いはするが、国民のための正義を実行する高級官僚がいる分けがない。出世の妨げになるリスクに飛び込むアンポンタンはいない。これも常識です。 情報公開を民主政権は早急に実現すべきでしょう。官僚、国会議員のゴタクを聞かされる前に、本物の情報さえ公開してもらえば国民は自らすべてを判断いたしましょう。

テレビのサブミリナルの連続報道で、さぞかしテレビ報道で映像焼けさせられた小沢氏が、メディヤパッシングから解放されるであろうことに嬉しく思います。
これから慎ましく深慮遠謀の戦略的・遠隔的反攻を地検特捜と没落の自民党へ撃って欲しいと思います。郷原氏は意趣返しの返礼は避けるべきだと論評していましたが、戦いに機を失うと相手方の予期せぬ行動が予想されます。民主的・健全な対等の関係を維持するための抑止力に通じる戦略の一部で御座います。黙していると参議院選の前に、姑息な地検特捜がみたび何を仕掛けてくるか想定していたほうがよかろうかと存じます。

郷原さんの記事を楽しみにいつも拝見しております。どちらが勝った負けたという判断以上にどちらも真剣に自分のことを立ち止まって見つめなおしてもらいたいと思います。その意味からも大変立派なご意見と思います。私も同感です。但し小沢さんの国を思う気持ちはどの政治家よりも深いものがあると感じます。この15年16年づっと彼を見つめてきましたが、彼以外にこの国をしっかり舵取りできる政治家はいないと多くの方々が思ってるのではないでしょうか?
「角を矯めて牛を殺す」ことにならない結果が出ることを心から望みます。

朝日ニュースターの動画です。

【上杉隆氏「週刊朝日」検察とメディアを語る】
http://www.youtube.com/watch?v=jk5fAkuvq4M
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v19760784QqsM6JYY

記事に関する一連の経緯について、上杉さん自身が語っています。
原田総務大臣も出演され、クロスオーナシップ規制と「関係者」の問題について解説しています。

ソースは朝日ニュースターですから、近いうちに削除されるでしょう。
お見逃しのないように。


《THE JOURNAL》編集部様

暫くアクセスできない状況が続いていましたが、何かサーバーに不具合でもあったのでしょうか?

東京地検総出で残業。
「the-journal.jp」を読者に見ることが出来なくするため、全員で頻繁にアクセス。全員で連続マウスクリック。特捜部以外は、いい加減嫌になって22時30分過ぎ退庁。明日の特捜部職員は腱鞘炎か?手の震えにご注目!

em5467-2こと恵美さん

>間違ってもあなたのコメントが週刊誌に載って、日本全国数万人の目にふれる事はない。

上から目線で他人を侮蔑している貴方ですが、貴方はそんなこと言える立場なんですか?

以前何度もTHE JOURNAL上でマリファナ喫煙していた事を自慢していたり、マリファナを解禁せよと語っていたのはどなたですか?

それも世間では押尾学やのりぴーの麻薬使用問題で大騒動の真っ只中の時。

麻薬がどれだけ一般の日本国民から嫌悪されているのか、普通の感覚もってる人ならわかる事だと思いますが、貴方は何度もマリファナ自慢と解禁を唱えてましたね。

皆さん、em5467-2こと恵美さんはどういう人物なのか解った上で投稿をお読みなさった方がいいですよ。

これは個人攻撃ではありません。em5467-2こと恵美さんが御自分からTHE JOURNAL上に何度も書かれたお話です。

麻枝光一の「大麻は日本を救う」
http://www.the-journal.jp/contents/maeda/

私は今まで何度もTHE JOURNAL上で「マリファナ喫煙自慢や解禁なんて反社会的な話は止めろ!」「やるなら自分のサイトでやれ!」と唱えましたが、なぜか完全に異端者扱いされました。

世間では小沢さんへの執拗な攻撃や麻薬騒動が起きている最中に、こんな反社会的な内容の記事を平気で掲載させてたTHE JOURNALの方針にも非常に疑問もってますが。

こんな記事が載っているサイトへ、一般国民が良い感情持つと思いますか? 検察関係者や反民主党のネトウヨ連中からすれば、絶好の攻撃材料ですよ。「麻薬をあがめる犯罪者の巣窟だあそこは!」って。

THE JOURNALにはがんばってもらいたいが、反社会的な内容の投稿記事は今後は一切掲載をやめていただきたい。

有名な「きっこのブログ」は、偉そうに自民党批判をやっていながら、違法賭博のパチンコ話ばかりやったり、スピード違反の暴走車をかっこいいとあがめたり、マリファナ解禁を必死に唱えていたりと、完全にアナーキストなサイトなので、まともな人は全く信用していませんよ。(きっこのブログをニュースソースとして貼るだけで、電波(※頭に電波が飛んできている=脳がおかしい痛い奴という意味)扱いされます。)

投稿者: 匿名 | 2010年2月 4日 00:41 さんの意見に同調します。

きっこの日記に関しては。。。見てると言うだけでもバカにされるサイトですね。
思い込みや勘違いでの飛ばし記事が多く(謝罪や訂正や削除も多い)、アフィリエイト収入目的の話題作りに政治経済問題を利用している、色んな意味での悪質サイトですから。

そんなの見てるヒマがあるんだったら、他にためになるサイト見たほうがいいですね。

「個人攻撃はマナー違反では?」
検察・警察・民主党・自民党、これらは公的組織ですし、マスコミや小沢一郎という国会議員も公的存在といえるでしょう。これらを対象に非難するのは問題ないと思います。しかし、投稿した個人や個人が作成しているブログに対する誹謗・中傷は慎むべきかと考えます。
 「おやおや」さん等に対する読むに耐えない誹謗文も同様です。過激な表現も時には必要かもしれませんが、このサイトが今後継続的に発展していくためにも「個人攻撃」は慎むべきであり、そのような投稿文は編集者が削除すべきと考えます。
 ところで、匿名氏推奨の「他にためになるサイト」を教えていただけると有難いですね。対案を出すというのは重要なことだと思います。

>完全にアナーキストなサイトなので、まともな人は全く信用していませんよ。
まともな人は全く信用していないってどうやってしらべたんですか?

上のコメントとは関係ないですが、発言者の人格攻撃や誹謗中傷によって発言内容の信憑性が低い印象を与えようとする攻撃って、前世紀ならともかく21世紀にはもうあんまり効果がなくなってる気がしますねえ。

>投稿者: 匿名 | 2010年2月 4日 00:41 さん

人の文句言う暇があるのだったら、ご自分の意見をなるべく説得力を持たして披露してください。

この記事の批判ならともかく、一個人のブログ批判をここでやるのは間違いでしょう。文句があるのなら氏名を明記して直接ブログ主にメールを送ればいいでしょう。

>これは個人攻撃ではありません。

いいえ、個人攻撃です。マリファナ解禁に反対なら、em5467-2こと恵美さんよりも説得力ある意見で反論すればいいだけのことです。あなたは感情的に喚いているだけです。

皆さんに提案があります!
日本国民を
「プリズナー(Prisoner)No.6」状態
に精神的に軟禁し、゛愚民゛化し、゛痴呆゛化して来た
電通+マスゴミ
によるメディア支配のヤリタイ放題を突き崩す為に、一見コノ問題とは関係無く見えるアル Institution(機関)の設立を強く働き掛けたいとおもいます!
ソレは、
『本当に公正・中立な ゛視聴率調査会社゛』
の設立です。

現在、日本で唯一 テレビの視聴率を発表してるのは、「ビデオリサーチ社」 ですが、ナントこの会社はアノ ゛電通゛ の子会社だってコト皆さん、知ってましたか!?
コレは例えて言うならば、゛証券等監視委員会(インサイダー取引等を取り締まる)゛ が野村証券の子会社みたいなモノで、モット端的に言うなら、泥棒が 「警察バッジ」 を付けている様なものです!

ハッキリ言いますが、現在 ビデオ・リサーチが出して来ている視聴率の数字というのは、
゛改竄(かいざん)と捏造(ねつぞう)の山゛!!!!!!
です!
以前、日本には ゛ニールセン社゛ というモウ一つ視聴率を公表する会社があったのですが、ドウイウいきさつと力関係があったのかは判りませんが、ニールセン社が日本から追い出される形となって現在の1社体制に為ってしまったのです。
コレでは、「視聴率」 という目に見えない ゛怪物゛ が、ビデオリサーチ1社(もっとハッキリ言うなら電通)の手中に握られてるのも同様で、ドウイウ工作が為されようと、誰も黙って受け入れるしか仕方がナイ訳です!

電通は、日本の全てのテレビ局(特に在京のキー局)の番組作りに関わっており、電通の差配一つでイクラでもアタカモ ブームが起きているかの様な実際には存在しない国民の中の嘘の ゛盛り上がり゛ をデッチ上げるコトが出来る訳です!
ソコにこそ、コノ電通という巨大宣伝工作機関の ゛力の源泉゛ が隠されているんです!
モシ、現在ビデオリサーチが出して来ている数字の2分の1、又は3分の1が本当の数字だというコトが判ってしまったら一体ドウイウ事が起きると思いますか、皆サン!!!???

日本の名だたる企業が、テレビ局と広告代理店に垂れ流している途方もナイ膨大な年間の広告・宣伝費を使い続ける根拠が根本から突き崩される事に為り、社外的にも社内的にも納得させる説明をするコトは不可能に為ります!
コノ部分が現在の日本のテレビ局と電通を筆頭にする広告代理店と日本のホトンド全ての芸能事務所(実質ヤクザのフロント企業)とスポンサー大企業が絡み合う殆ど ゛癒着゛ と言ってもイイ最大の ゛闇゛ の部分なんです!!!!!!!
現在 大変な問題となっている ゛トヨタ自動車゛ の年間の広告・宣伝費がイクラだか皆さんご存知ですか!?
「1千億円!!!!!!!!!!」
ですヨ!
ハッキリ言って、今 テレビに広告を投入したからと言って、車が売れるナンテ誰も思ってません!

トヨタの中で唯一 売れ続けているプリウスをCMで見て買いに来たという世間知らずのお馬鹿さんナンテ何処にも居ない訳です!
むしろ、テレビでウルサク宣伝してる車種ほど、余計 消費者の販売意欲を遠ざけているというのが実態なんです!
では、何故 トヨタを筆頭にした大企業というのは、そのコスト・パーフォーマンスが実態からはカケ離れた天文学的な莫大な広告・宣伝費を何故コノ様に掛け続けるんでしょうか!?

ソコにチョット公(おおやけ)には出来ナイ、先程 言ったスポンサー企業と広告代理店・テレビ局そして芸能プロダクションとの口にスルのも憚られる様なズブズブの関係が存在してるからです!
使いたくない言葉ですが、
『性上納』(一昨年でしたか、お隣 韓国で可哀想に女優さんが、性的接待をプロダクションに強要されて自殺するという悲しい事件がありましたが、寧ろ韓国の芸能界は日本の芸能界と実業界がヤッテル事の後追いをやってるダケなんです。)
を一つのキー・ワードに最近では ゛押尾 学事件゛ で明らかに為った様に、「薬物使用」 が加わりました。
実業界の方でも、簡単に広告・宣伝費を削れない相当な 下半身が関わる゛弱み゛ を既に握られているからです!!!!!!!!!

しかし、テレビ局一般職員の他業種の比べての異常とも言える高給(平均年収1300~1500万円 役員に至っては5000万円!!!!!! 因みに日本全体の最新の民間正社員サラリーマンの平均年収は427万円!)と、糞芸人共に支払われる信じられない様な出鱈目(デタラメ)で無茶苦茶なギャラ(゛みのもんた゛ の30分で500万円は有名ですが、例えば判り易い例としてフジの ゛歌バン゛ で1日2本撮りで石橋貴明に支払われるギャラが870万円!!!!!! つまり、日本全国の平均的サラリーマンが汗水垂らして手にする年収分の金額を奴は番組一本分で稼いでしまうというコトです! コノ異常な迄の日本のテレビ業界のアホ・バカ芸人共に支払われる高額なギャラというのは、海の向こうでも有名で、ハリウッド以上だと言われています! 日本を含めた全世界が不況の真只中に居る今 コノ時もですヨ!!!!!!! 一体 奴等はドンナ価値を生み出していると言うのでしょうか!? ドウ贔屓(ひいき)目に見ても、世界で最低レベルの屑・ゴミ番組を朝から晩まで公害の様に垂れ流してるダケじゃないですか!?)を財政的に支えているのが、結局 ズブズブの癒着の関係にある巨大スポンサーの広告・宣伝費だと言うコトを考えるとコレは絶対に放っとけナイ問題です!

ソコで最初に私が言った様に、現在ビデオリサーチが出して来てる数字が、
2倍3倍にも上乗せされた粉飾の数字だというコトが判れば、ドレダケ企業側の広告・宣伝担当のSEが弱みを握られていたとしても、膨大な広告・宣伝費を垂れ流し続けるコトは社内的にも社外的にも許されナク為る筈です。

世の中がドレダケ不況に喘えいでいても、別次元の給与体系で、ヌクヌクと甘い汁を吸い続けて来たテレビ業界と電通を中心に廻っている大手広告代理店のメディア支配を支えるシステムの根幹の部分が揺らぎ始めるでしょう!!!!!!!!!!!

下手すると民放の2つ3つは、アッと言う間に財政的に追い込まれる可能性はあります。
ソウ為れば、゛禁じ手゛ であった筈の世論調査の数字にまで手を付けて、電通・清和会支配の自民党、公明党旧政権・検察権力と結託して日本国民が選んだ民主党政権をナントカ引き摺り下そうと売国奴・逆賊的政治ゲームに明け暮れている余裕自体無くなる筈です!

コノ、゛公正で中立な視聴率調査会社゛ には、本当に正確で公正な 「内閣支持率」 の調査を併せてヤラセルと良いです!!!!!!!!!!!
ソウすれば、最近の大新聞を含めたマスゴミの世論調査の数字がドレだけ旧政権に有利に加工されたモノかもハッキリと白日の下に晒け出すコトに為るでしょう!!!!!!!!!!

コレは、今夏の参院選で現在 旧政権と電通・マスゴミが画策している、イランの昨年の大統領選で行なわれた様な開票に係わる不正を防止する意味でも非常に重要になります!!!!!!!!!!!

この ゛公正で中立な視聴率調査会社(内閣支持率等の世論調査も含む)゛ の設立を皮切りに、
2. 安すぎる日本のテレビ局の ゛電波利用料゛ と ゛電波オークション制゛ の問題

3. 日本の新聞業界の ゛押し紙゛ 問題

4. 先進諸外国では禁止されている、゛クロス・オーナーシップ゛ をコノ日本でも禁止していく様に議論を展開しましょう!
民主党の 『INDEX 2009』 の中に指摘されている、放送業界の問題・電波の有効利用について着実に民主党に実行させていきましょう!

総務大臣の原口一博がテレビ業界に取り込まれてしまって、゛ミイラ取りがミイラに為ってしまって゛ ソノ改革が出来ナイでいるなら、彼の罷免を要求しましょう!!!!!!!!!!!!

5. コレが本題に一番関わる事ですが、
検察が売国的・逆賊的暴走で国民に刃を向けるのを絶対に許さナイ為に、
『検察を訴追スル為の機関』
を創設しましょう!!!!!!!!

この度の一連の小沢バッシングの異常なまでのマスメディア報道において、郷原さんの言葉には何度か救われた一人であります。

しかし、どうも私は納得が行かない事があります。
下記、日経ビジネスの郷原氏の一節です。

貼り付け始め
検察捜査が敗北に終わった場合においても、小沢氏の側には検察に対して慎重な対応が求められる。報復的に検察組織に介入したり、支配をしようとする動きは、検察の捜査権限を政治的に利用する悪しき前例を残すだけだ。小沢氏側がそのような動きを見せた場合には、筆者を含め、今回の問題に関して検察の「暴走」を批判してきた多くの論者は、一斉に小沢氏側を批判する立場に回ることになるであろう。
貼り付け終わり

郷原氏は小沢氏に対して「報復・利用をしてはならない」は確かにその通りだが、検察改革を行う過程において摩擦は生じるところであり、正に今、声高に叫ばれている検察庁長官の民間人登用などの人事権なんかは現検察組織は体を張っても抵抗するのは目に見えています。
過去の古くはロッキード事件・リクルート事件の反省を踏まえれば、可視化・弁護士同席は最低限必要な被告人に与えられて当然の権利です。
それすらも、「やるな、現状でいい」と言ってる様に私には受け取れます。
そして、何より完全な上から目線の言葉であると言えますね。
それを物語るのは下記の一節です。
「今回の問題に関して検察の「暴走」を批判してきた多くの論者は、一斉に小沢氏側を批判する立場に回ることになるであろう。」

郷原氏に対する尊敬の念は一気に醒めました。

貴方に言われなくとも小沢氏は大人の対応を取る事は間違いありません。


郷原氏は、あくまでも中立の立場から「検察の暴走」を語られた。
その一方で、小沢さんの説明も重要だと語った。
郷原氏の立場から見れば、至極当たり前の言葉だろう。
しかし、小沢氏は「誤った官僚支配」との戦いを生きている。
自立した国民による、自己責任の国づくりを目指して戦っている。
この戦いの中で、誤った権力行使をいとわない「検察」と闘うのも、また彼の戦いの一つであり、小沢氏の戦いを支持する者の願いでもある。
いかにも、官僚利権の守護神になり果てている検察と闘うのは当然のことだ。
そうでなくとも、郷原氏自身が嘆く「検察の暴走」について、検証・改善を図るのは必要不可欠の事のはずだ。

地検特捜部は、まったく勘違いの暴走を行ってしまい、国民の信用を失ってしまった。
検察庁において、「地検特捜部」は、すでに不必要なものとなったあかしである。
民主党政権による「地検特捜部」の解体を望むものである。
また、警察・検察における取り調べの「完全可視化」を、4月以降に立法化し早急に施行すべきである。

>それにしてもマスコミ、政府もトヨタには腫れものに触る扱いですね。プリウスも当然リコールすべきである。テレビCMも辞めるべきなのに、マスコミは何も言わない。こんな偏向報道をしていたら企業も育たない。
トヨタはアメリカでも日本と同じと考えていたのが、アメリカの政権交替でつまずいたのか。
こんな隠ぺい体質の傲慢な企業は二度と立ち直れないのではないか。
本来ならワイドショーでガンガンやる事件であるが、本当に静かである。トヨタも大権力である。
トヨタは自家用ジョット機でワシントン入りして袋ただきにあったGMより悪質な体質である。
投稿者: 奥野 | 2010年2月 4日 09:26


奥野サン、今アメリカ国内のトヨタの問題への相当に厳しい空気(トヨタの Official は、社長を筆頭に全く説明責任を果たしてイナイとして、2月14日にアメリカ議会でトヨタ問題に対する公聴会の開催が決まりました!)とココ日本国内の貴方の言われる様にマルデ腫れ物にでも触る様な ゛モノ言わぬ゛ 日本のマスゴミとの落差は驚くバカリです!!!!!!

コレが普天間問題の時には、アメリカが怒ってるゾとワァーワァー大騒ぎして見せたのと同じメディアなんですカラネ!

実は普天間問題なんてのは、現地アメリカではニュースの見出しにスラ為ってナイ ショーモナイ問題で、日米に股がる防衛利権に巣食う日米安保マフィアの意を受けた日本の糞マスゴミ共が民主党を追い詰める為にサモ大事の様にデッチ挙げたイツモノやり口ダッタ事は、日本の検察のデッチ挙げ手法と全く同じです!!!!!!!!

しかし、今回のトヨタの問題の深刻さを正確に伝えてイナイのは万死に値する程の無作為振りです!

日本のマスゴミというのは、本当に全くジャーナリズムの体を為してイナイ、

゛腐抜け゛

゛屍(しかばね)゛

ミタイなモノです!!!

ソノ癖、御主人様の指令通り、民主党を叩く時はキャンキャンよく吠えるクセニですネ!


以前、政権交代が起きる前、TBSの ゛みのもんた゛ の 「朝ズバッ」 で、旧政権の腐(負)の部分を結構鋭く突くシリーズがアッタんですが、コレを見ていた旧政権とはズブズブの関係にあったトヨタの元会長でもアリ、日本経団連の会長でもアッタ 「天皇」 とも言われた ゛奥田 碩゛ が烈火の如く怒って噛みついたんです。

「コンナ放送を続けるなら、トヨタ・グループの広告をTBSから引き上げてしまうゾ!!!!」

という、破廉恥な恫喝をTBSに突き付けた訳デス!!!!!!!

ソモソモ、ジャーナリズム魂なんてコレっぽっちもナイ ゛腑抜け野郎(ソノ典型が解説員ヤッテル杉尾!)バッカリですから、奥田天皇の脅しにアッサリ白旗を掲げて、以後一切 自公政権の悪口をみのもんたは言わなくなったドコロカ、番組の総力を挙げて民主党潰しに邁進してると言う訳デス!!!!!!!!

トヨタという会社は元々自分には極甘ですが関連取り引き企業は徹底的に絞り上げる冷酷な会社でしたが、奥田が社長に為って以降 本当に非常さが際立つ様に為り、一昨年末のリーマン危機の際には非正規社員の首を大量に切った挙げ句、寮まで追い出して年末の寒空に放り出すという奴隷労働経営の本質を見せ突けました。もう、奥田からは数代後の社長に経営陣は変わっていた訳ですが、冷酷非常な奥田イズムは連綿と受け継がれているという訳です。

更に言うなら、奥田が経団連の会長に為って以降の日本の謂わゆる ゛経済界゛ というのは経済4団体全ての品がトコトン悪く為りましたネ!!!!!!!

(経団連の会長やってる)トヨタさんがヤッテルんだからウチも、てなモンデ平気で労働者を物品扱いする風潮が一遍で行き渡りました!

ソノ典型的な奥田イズムの信望者が、現在 経団連の会長やってる御手洗の処のキャノンでしょう!!!!!!!

労働者を奴隷扱い点ではトヨタに引けを取りません!


私はトヨタは10年以内に潰れる(場合に依ってはモット早まる可能性もアル!)カモ知れないと思ってます!


ヤクザ(弘道会)とズブズブに為り過ぎました!!!!!!!!

Small Hundred の台頭は、言うまでもアリマセンが!

<ぶち犬様>
私も郷原さんの文章に違和感を感じたものです。
そこで、郷原さんの身になって考えてみたのです。
郷原さんは、今でも検察特捜部を愛していて、だからこそ、ガダルカナル戦線の様な無茶苦茶な捜査を憂いているし、警鐘を鳴らしている。
彼の文章には時々、「私は検察がそこまで意図してやったとは思えない、いや、思いたくない」と書かれていて、愛する特捜の現状をOBとして、悲しい眼差しで見ているのだと思うのです。
だからこそ、特捜の解体や懲罰人事はして欲しくない、郷原さんの描く真っ当な姿の特捜に立ち直って欲しいと思っているのだと推察します。
それが、彼の限界でもありますが、この度の活躍を見れば、私は暖かかな目で彼の今後を見守り、期待するものです。

敬愛する【恵美さま】さまへ

貴女のご友情に、真実、感謝しています。
機会があれば、拙作『黙契』を贈呈したい思いですが、全く残部がありません。
前述しましたように、国立国会図書館に『蔵書』されておりますが、ともあれ、貴女のような情熱あふれる女性のいらっしゃることに、この『コメント欄』で拝読し、これまで生きてきて良かったと、思っております。

いろいろ、貴女を中傷するコメントを散見しますが、それにもめずに、今後のご健筆を期待しています。

投稿者: gristan | 2010年2月 4日 10:45さんに次の言葉を贈ります。
これは、2ちゃんねるの西村博之氏の言葉ですが、ネットやマスメディアに
接する際の注意点を、うまく表していると思います。


「嘘を嘘と見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」

<山口七郎様>
ご丁寧なレスポンスありがとうございます。
国会図書館は昔は頻繁に通っていました。調べものをする時にはとても頼りになります。(それに食堂は安くてまあまあの味)『黙契』、国会図書館にあるのですね。昼間に時間ができたら、読みにいきます。
ところで、水面下でいろんな事が起きている様です。小沢氏とキャンベルとの会談(キャンベルは小沢さんに会う為だけにやってきた。小沢会談後に外務省と会談したのはほんの付け足し)
その日の夕方、小沢起訴猶予の情報が駆け巡った。完全非公開で行われた会談で何が話し合われたのか。知る術もないが、十年後なら真実が判るかもしれない。
亀井静香氏が郵貯でアメリカ国債を買うといい出した。
ひとつだけいえる事は、何かが動いて小沢さんは助かった。
私たちは注意深く見守らなければならない。
ps/私もずいぶん以前に共著ですが本を出しました「おばあちゃんの知恵袋」という本で産経出版刊です。
この本はもともと野村證券がらみですので、絶版になっていると思います。

この際トヨタは、日本が抱えるアメリカ国債を買って、補償対象者にアメリカ国債で多めに支払えばよい。支払額に利息が付くのだから、彼らも喜ぶ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.