Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

« 《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:元木昌彦
メイン
上杉隆氏が東京地検宛に送った「厳重抗議書」はその後どうなったのか? »

《出所後初講演》三井環:自浄能力のない検察

mitsui100219.jpg

 昨日19日、三井環(みつい・たまき)氏の出所後初講演が都内で行われた。会場には合計220名の参加者が足を運び、講演開始10分前には用意された席が埋めつくされた。

 「これを話さないと前に進まない」三井氏は講演の冒頭から検察の裏金問題と解決への道筋を語った。

 《THE JOURNAL》では度々取り上げているが、三井氏は2002年4月、検察の裏金問題をテレビで内部告発しようとしたところ逮捕された(詳細はNews Spiral「元大阪高検公安部長が18日、満期出所。さっそく検察批判を。」)。

 三井氏は検察が本来の使命を果たす組織になるためには「検察が裏金問題を謝罪し、使った金を返し、身体を清くすることから始めなくてはならなりません」として、

・千葉法務大臣が検事総長及び事務次官に対して行政上の指揮権を発動すること
・樋渡検事総長が裏金作りの有無を法務委員会の証人喚問で明らかにすること

でしか「自浄能力がない」検察は変わらないと2つの具体的な解決策を提起した。

mitsui100219_2.jpg
会場は臨時に設置された席も埋まり立ち見が続出した

 三井氏が「自浄能力がない」としているのは約8年間検察が裏金作りを隠蔽しているからだ。
「原田検事総長から歴代の総長及び法務省幹部は、平成13年11月からすでに約8年が経つのに検察の裏金づくりを隠し通している。警察の捜査費、地方公共団体の食料費の裏金づくりは公表された限度ではこれを認め、国民に謝罪し、使った金を国民に返還して処分者も出したのに...。検察のみがただただひた隠しにするのだ」(魚の目「三井環さんからの手紙」より)

 また講演の後半には小沢幹事長に関する元秘書の逮捕と2度にわたる本人への事情徴収について触れ、「あまりにも暴走しています」「なんらかの物証を握ってから初めて逮捕するものです」と強引な検察の動きを批判した。

 三井氏は2月26日の『シンポジウム「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方』に出演を予定している。当日共演する鈴木宗男新党大地代表が提案する樋渡検事総長との参考人招致について「今後の見所になる」と語った。

mitsui100219_3.jpg

 今回の講演会については主催者である「アジア記者クラブ」(※1)が毎月発行している会報『アジア記者クラブ通信』で全編を公開する予定。また、映像についてもDVDで販売を予定しているとのこと。なお『アジア記者クラブ通信』はメールにて入手が可能(問い合わせはアジア記者クラブHP:http://apc.cup.com/まで)。

※補注1 アジア記者クラブ:日本独特の記者クラブ制度の閉鎖性に異議を唱えてフリーランサーや市民が集い17年前に結成した団体。会員数は、2009年5月1日現在で208名を数え、日本最大の「記者クラブ」に成長した。毎月1回、勉強と議論の場を持ち現在までに200回以上開催している。

取材:《THE JOURNAL》編集部・写真:鈴木貫太郎

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6647

コメント (43)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<三井様>
身内の検察が、落とし穴を掘り、実刑になり大変な思いをされた事について、同情を感じるとともに私自身の無力も情けなく思います。
さて、検察に自浄能力がないのは当然で、彼らはどんな冤罪を引き起こそうが、身分は守られ、出世していくのです。
三井様が所属していた組織に自浄能力を求めるお気持ちも判らないではないのですが、彼ら検察官という人間はクズです。合法的な殺人者であり、人間の顔をしたケダモノです。(ケダモノに失礼かもしれませんが…)中には良心的ないい人がいたとしても、悪徳企業の社員と同様で、被害者にとっては、悪徳のお先棒を担いでいる事に変わりはない。本当に良心があるなら、検察官を辞めるべきなのである。
佐藤元福島県知事は冤罪で落とされ、多数の自殺者をだしました。検察は、恣意的に選んだターゲットの人生や周囲の人の良心を砕き目茶苦茶にしても何ら心の痛みを感じない人種です。菅家さんを冤罪で起訴した検察官は、裁判の証人で出廷した際、ついに菅家さんに謝らなかった。警察幹部が、テレビカメラの前で、直接丁寧に詫びを入れたのとは、実に対称的である。
この様な検察及び検察官は、徹底的に糾弾されるべきで、自浄能力など生易しい期待を持っていても一歩も改善されないでしょう。
取り調べの可視化、弁護士同席の容認は当然ですが、特捜の解体、逮捕権の剥奪、証拠の保管と全面開示、弁護士会に冤罪認定チームを別組織で作り、冤罪認定で検察官の処分を行う事、検察官退官後の弁護士資格の剥奪、検察幹部の公選制度の確立、検察官裁判官の人事交流の禁止を行わなければ、国民は枕を高くして眠れない。
残念ながら、鳩山官邸では何もできないし、やる気もない。検察に怯えまくっている。
今度は原口大臣が狙われているという。彼らの考える「国体を護る」という歪んだ正義感によって…。民主主義は検主主義に完全に凌駕されている。北朝鮮を笑うことはできない。
例え鳩山官邸が検察と取引して「撃ち方やめ!」の号令の元、検察の望む人事を受け入れ、可視化法案の先送りをし、結果、鳩山さんがマスコミと検察から護られたとしても、我々国民が護られる事はない。検察の組織も不公正な行いも正される事はない。もし、取引が行われたのなら、この様な総理を選んだ我々も反省しなければならない。国家は鳩山個人の為にあるのではないのだから…。

三井環さまへ、


長い間、非常にご苦労さまでした。
衷心より、【お慰めの思い】をお伝えしたい、と思っております。

ところで、お疲れで大変とは存じますが、お教え下さい。
勿論、三井環さまでなくても、結構です。三井さまを支援なさる、どなたか、お教え下さい。

石川衆院議員の女性秘書にたいし、東京地検の検事【民野健治】は、極めて犯罪性の高い【違法な取り調べ」を行ったと、週刊朝日(2/12号)に書いています。

それに対し、東京地検は『デタラメ書くな』と抗議文を送り、これを受け取った週刊朝日(2/19号)では、『デタラメではない』と逆・抗議書を逆送付をしている≪事件≫があります。
しかし、その逆抗議に対し、東京地検は何の返答もしていないし、取材にも応じておりません。

この間の経緯に関し、鈴木宗男議員が民主党鳩山内閣に≪ことの、真相を求める≫質問趣意書が送られていますが、
鳩山内閣は閣議決定の結果、『東京地検の言うように、デタラメである』との、返答が鈴木議員に送付されたそうであります。

私たちは、民主党の鳩山内閣を信頼できるのでしょうか。また来る参院選挙で、民主党を応援して、大丈夫でしょうか。


また、この検事【民野健治】を私たち第三者が、【東京地検】に告訴できるのでしょうか。宛先は『東京地検』でよいのでしょうか。
お教えいただいたら、幸甚と存じます。

免罪の借りはキッチリ裏金返しで!
シンポジウム期待しちょります。

地検特捜部は廃止されるばきです。東京、愛知県、北海道、大阪九州?しかない、しかし、東京、大阪共に冤罪の可能性大の民主党政治家狙い、札幌でも民主党狙いですか、まるで戦後の特高警察そのものの組織を維持しております。だから国民にミスは認めない、反省はしない、謝罪はしない。こんな人間としての特別待遇を誰が認めているのでしょう。全て国民の税金をムダ使い、給料まで面倒見て、国民を怯えさす。民野健治の件、『デタラメ』だと誰が検証したのでしょう。デタラメだったら、何故特捜は上杉ジャーナリストを捕まえないのか?これが正に事実であると検察が認めた事では無いのですか?秘書の女性は一般人です。何か犯罪を犯したのでしょうか?この民野健治を告発する方法が我々には無い。官邸はだれの見方か?今のままでは自民党より悪い。鳩山さんが自分を救う為の裏取引をした様に急に弱腰になってしまった。我々の期待した民主党はこうでは無かったはずだ。鈴木宗男さんの様に大きな経験をした議員は説得力がある。彼の意見趣意書への答弁書は全て大変失礼な答弁だが、鳩山さんがハンコウを捺している事は確かな事だ。鳩山さんこのままでは国民は許しませんよ。
またどれだけの冤罪を特捜は産んでいますか?小沢代表を辞任に追いやった西松事件、厚労省への大阪特捜、福島元知事の冤罪、菅谷さんの冤罪、これほどハッキリとした冤罪を何も言わずに許すのでしょうか?それは何の為か?三井さんの意見を国会に求めてくださいよ。そこに事実が有るのですから。三井さんの捕まる前のマスゴミは何故騒がないのか?では小沢幹事長が不起訴になったのに何故未だに有罪嫌疑を持って報道を続けるのか。説明責任を果たすべきではないのか?

とくめい様

私もこの民野健治に関しては腹立たしく思っているのですが、何とかしてこいつを告訴したところで、所詮は検察、裁判所、警察はお友達なのでまともな裁判をせずに検察に有利な判決を出すに決まっていると思いますよ。
裁判所は警察、検察の要望するとおりの令状を、内容も精査せずバンバン発行していることからまったく信用できませんし、疑う余地は十分にあると思います・・
(だって有罪率99%なんですものねw)
もう中国となんら変わりない国ですよ・・・この国は、終わっています

小沢問題に触れずに、裏金問題だけ語ってくれれば素直に応援できるのに。

まあ、小沢問題に触れなければ取り上げてくれるメディアがないため、やむを得ないのかもしれないけど。

<とくめい様>
別スレでご質問頂いたので、このスレでお答えいたします。
まずは【民野謙治】について官邸が宗男先生の質問趣意書に、不当ではない回答した件、何故、そんな回答をしたのか私が聞きたい位です。
明らかに手打ちがあったのでしょう。問題は条件で、人事で譲ったのか?可視化法案で譲ったのか?検察幹部の国会承認人事で譲ったのか?それとも全部なのか?です。
精神的なダメージから立ち上がれない女性秘書は、顧みられていません。怒りを覚えずにはいられません。
手打ちの条件については、私たちが冷静に見て判断しなければなりません。
今、解っている事①党内で活動してきた「石川君の逮捕を考える会」や「検察リーク検討会?(正確ではありませんが)」等に対し平野官房長官を中心に抑えにかかっていた事
②本国会に提出予定だった可視化法案について鳩山氏が後ろ向きである事
③先日、千葉法相が「現場の声を寄せて頂き、可視化法案へのご協力をお願いします」と検察幹部に申し入れた事(検察が納得する可視化法案でないとやる気がない?)
④石川氏に離党も議員辞職も不要との小沢方針に対し、予算委員会の答弁で総理が事実上の離党を促した事
⑤小沢氏が幹事長留任の了承を鳩山氏に願い出た席で、バーターの様に、枝野行政改革担当大臣の人事を小沢さんに飲ませた事
⑥小沢さんに電話して国民への説明をお互いにしましょう。と呼びかけた事を鳩山さんが記者に語った事。以上が現在私たちに見えているファクトです。
私は情けなくて、涙もでません。鳩山氏は、完全に自分だけが助かりたいと読めます。
小沢の影響力をこの際、弱めたいのだと…。それは、私の見立てで、どの様に判断するかは、あなた次第です。
参院選は、私は民主党に入れます。あくまでも、小沢氏の影響力を堅持する為です。鳩山が決定的に小沢排除ができないのは、選挙があるからです。
選挙で負ければ、小沢秘書逮捕と関連づけられます。相対的に小沢氏は影響力をなくすかもしれません。
いずれにしろ、こんなグダグダな鳩山官邸が長続きするのは、国民の為にはなりません。彼らは、政権を手に入れたかっただけで、小沢さんが目指す明治以来のこの国の統治システムを変える事には原口大臣を除き無関心です。
また、民野を訴えることは、お勧めしません。とくめい様が冤罪でやられます。この国は検主主義で民主主義国家ではありません。
この際、「とくめい」ではなくHNをお願いします。

> 公募とまではいかなかったようだが、事務次
> 官は実質「政治任用化」し、民間人の起用を
> 可能とすることで決着、閣議決定することに
> なったと@kharaguchiからTELさっき。


> 今回の公務員制度改革法案の内容を確認。幹
> 部公務員バスケットには検事総長も含まれ、
> 民間からの起用も可能ということで、どらえ
> もんも「倒閣宣言」の鉾を納める。あとは、
> 法案成立後の人事で、鳩山さんがズバッとや
> ってくれるかどうか。見守ることにします。

http://twitter.com/matsudadoraemon

新政権、また金星です。
たしかに動きは進んでいます!
しかも民主党は全員野球で進めております。

特例の誰それ、というのは結局変えていこうとい
う全体の動きにとってはマイナスです。

更なる朗報が待たれるところです。

k.o様、 ご指摘の情報を、確認いたしました。ありがとうございます。
まさに全員野球でありますね。
またマスコミの否定的な報道が出てくると思いますが、政権を担っているのは民主党です。歩みは少々遅い時が、あるにしても、一歩一歩進めて行くべきです。私も次の朗報を待ちます。

k.o様、 ご指摘の情報を、確認いたしました。ありがとうございます。
まさに全員野球でありますね。
またマスコミの否定的な報道が出てくると思いますが、政権を担っているのは民主党です。歩みは少々遅い時が、あるにしても、一歩一歩進めて行くべきです。私も次の朗報を待ちます。

心中お察し致します。

だからこそ、自浄を求められるのだと

k.o 様| 2010年2月20日 14:58

 Good news ですね。公務員にとって一番怖いのは人事権で、誰の言うことを聞けば昇進できるかというのは、一番の関心事です。

 公務員法の改革ができるかどうかは大きいポイントで、読売は、猛反対のようですが、国民主権の錦の御旗は民主党側にありますから、マスメディアも、抵抗しがたいところでしょう。
 手を緩めてはいけないのでしょうが、検察、メディアの「政治と金」の問題も一段落したようで、これから民主党の攻勢が始まると思います。

 しかし、名古屋の河村市長の改革は、市民を巻き込んでどんどん進んでいるようで、国の進み方はいかにも遅く、比べるとやきもきさせられますね。

 やはり本格的な国民主権への作り変えは、地方主権のシステムが確立してからということでしょうか。

三井さんへ

何でわざわざ小沢氏疑惑とリンクしたんですか?
あなたの主張はそれ単体で戦うべきだと思いますが。こういうやり方を取ると、「現政権与党実力者小沢氏の疑惑隠しのオプション」と取られる可能性もありますよ。
(ここのラジカルな人たちではなく世間一般として)

あなたが本当に検察の問題点を指摘して、己の潔白を晴らしたいなら、こういう”キャンペーン”に乗るのは得策じゃないt思います。

また別に、こういう”キャンペーン”に乗ったほうがいいという判断ならそれはそれで構いません。
こちらも、乗らざるを得ない状況があるんだなあと、予断を挟んだり挟まなかったりしますから。

三井環さん、TV出演とのことで期待しています。ぜひ多くの人に視聴していただきたいものです。

INsideOUT(BS11)
・2月24日(水)22:00~
小西 克哉(国際教養大学客員教授)
金子 秀敏(毎日新聞論説委員)

「権力とメディア 世論誘導の実態」
ゲスト:三井 環(元大阪高検公安部長)
     青木 理(ジャーナリスト)

お返事、ありがとうございます。

民意を反映した法改正は、一度決まると有権者の
監視の目が光る間は、覆せません。

勿論、解釈や運用の骨抜きなどで役人特有の逃げ道
が残されてますが、今ネット基盤を後ろ盾に、真
の報道に挑戦している有志のフリ-ランスのジャ

-ナリスト人達によって、私達に伝えて貰えれば
いくらでも蛇の頭は潰せるだろうと考えています。

考えても見てください。法律から制度からこの国
の仕組みそのものが、旧態を前提に動く、今までの
長い時間があったわけです。

それが通用しない今の世界の時勢で、それを変え
ていくのは、進める方にも地獄の苦しみだと考え
ます。

その苦しみの一端は、あるいは三井氏に、あるい
は民主党の2トップに見える形で発現しました。

この一連の事態は、過去の歴史の中でも様々な時
代に姿を変えて繰り返されてきた史実を鑑みれば、

対象にされた人々がそれだけ歴史的には本物の人
物なんだという事だと私は思います。

そういう人達は、まもっていきたいものです。
何と言われようともね。

おやおやさんの意見に賛同します。

しかし、見方を変えると、小沢氏を擁護する裏事情があると考えるのも陰謀論かもしれませんね。

三井氏が検察に逮捕される前後のこと、当時の「噂の真相」に詳しく出ていたな。
「検察、ふたをしたな」と思ったことと当日インタビュー予定の鳥越氏が、直後、全然、検察批判しなかったのが印象に残っている。

たしか、三井氏は、公安部長だったはず。裏の世界の闇を見続けてきたはずなのに、何故、たかが検察の裏金(要は餞別・飲み代でしょう)くらいのことで、当時、熱くなっていたんだろう。

しかし、出所したと思ったら、すぐ現体制へ擦り寄りか。
帰れないからしょうがないか。

ここのひとたちは、待ってましたとばかり小沢に対する地検特捜部の捜査と結び付けたがるだろうけど、三井氏の逮捕・懲役と今回の地検の捜査は、まったくの別件だからね。
誤解のないように。

こういうこと書くと必ず、別件だと証明せよ!!
なんておバカなコメントが載るんだよな。ここは(笑)

<k.o 様>

ご紹介の松田光世さんのtwitterは、登場以来、民主党支持者から情報の宝庫と騒がれています。
http://twitter.com/matsudadoraemon

私も当初からずっと見ておりますが、一見出し惜しみの無い情報の中に、よく読むと松田さん個人の意図を感じさせる、マスコミ同様に脂ぎった世論誘導のための情報も多いことに気づき、警戒しています。

正しい情報もあるのですが、このtwitterが、松田さんの官邸向け猟官運動である可能性も念頭に置き、事実を確認しながら慎重に読むべきだと思います。

<k.o 様>

投稿者: 匿名 | 2010 年2月20日 17:33 です。

追加:
今回ご紹介のニュース、世論誘導で鳩山のイメージアップを図り、松田光世の名を官邸に売り込む狙いを強く疑っています。

官邸が実際にどう動くか、事実を見届けるまでは、皆さんのように簡単に浮かれる気にはなれません。

おやおや(2月20日16:20)の意見
「小沢氏疑惑とリンクした」「小沢疑惑隠しのオプション」とみるのは、検察裏金作りを矮小化しようとする悪意が「みえみえ」だ。
 三井氏が「けもの道」として検察が時の政府に借りを作った経緯を詳細に説明しそれを弾劾するのは、他省庁の裏金作りと検察のそれとは同列に論じられない「暴力装置つき権力機関」の醜悪な犯罪だから、としている。
(他省庁は返金の上、当事者を処分)
 それは「歯科医師政治連盟が橋本首相、青木参院議員会長、野中幹事長ら自民党幹部に1億円の小切手を渡した」違法献金事件を、同席した3人がおとがめなし、事情を知らぬ元官房長官1人をの在宅起訴してみ消した「返礼」を見れば明白だといっている。
 小沢幹事長がこういう体制の番犬に成り下がる検察を「公正、公平」な刑事司法のあるべき姿に戻し「国民主権・政治主導」にするべく闘っているのだから、これを妨害、挫折させるべく「西松建設事件」「水谷建設事件」を作り上げ、小沢幹事長(周辺)への執拗な攻撃を繰り返すわけだ。
 三井氏が検察裏金犯罪を糾弾するのはこの問題が「同根」であることを正確に認識するからで、「掠め取ったカネを返せばよい」問題では断じてないのである。

投稿者: 匿名 | 2010年2月20日 17:33 様

> 正しい情報もあるのですが、このtwitterが、
> 松田さんの官邸向け猟官運動である可能性も
> 念頭に置き、事実を確認しながら慎重に読む
> べきだと思います。

ありがとうございます。ご高名な方からのお返事
に、少々緊張しております。


> 官邸が実際にどう動くか、事実を見届けるま
> では、皆さんのように簡単に浮かれる気には
> なれません。


ご忠告の件、今後も充分留意して進行を注視した
いと思います。

ですが、希望は持ち続けて行きたいです。

民主党になり、徐々に、新しい動きが出てきていますが、決して、気を緩めてはなりません。検察、官僚、大手マスゴミ、自民党、CIAなど、虎視眈眈と反撃を窺っています。

一番やっかいなのは、民主党内部の渡部恒三に近い議員や、平野官房長官などの反乱分子の動きで、常に、この人たちは監視する必要があります。できれば、早急にこの人たちにお引き取り頂くのがベストです。

恵美さま
H・MIYAUCHIさま
猜疑心さま
悩める老人さま

ほか、皆々さまへ


いろいろと、ご指導頂いて、感謝に堪えません。今日まで生きてきて、真実、皆様方のご厚意に、厚く御礼申し上げます。


また、おやおやさまへ

あなた様の、ご健在を知り、(皮肉でなく) 、真実、嬉しく思っております。
今回のコメントは、いつもの≪寸鉄、人を射る≫のと違い、≪おやおや≫……、と、おやおや様も、とときには、長いコメントをお書きにいることも、あるのだな。……と、妙なところで驚いています。


最後になりますが、尊敬する【恵美さま】のご忠告の通り、これからは実名(HN、またはペンネーム)で投稿させて頂きます。

どうか、よろしくご指導をお願い申し上げます。

検察に限らず、官公庁を調べれば「不適切な公金使用」はザラにあると思います。私的流用は悪質ですが、予算化できなかった公的な目的に使われることも多いです。(佐藤優氏はそれで背任罪に嵌められましたが)。元公務員の自己弁護ではありませんが、裏金とか不適切な公金使用は、微罪であり小事であるように思います。

三井さん事件では、検察の裏金よりも、それをメディアに公表しようとしたところ、でっち上げに等しい微罪で逮捕・起訴されてしまったことの方がはるかに重大だちと思います。

刑事訴訟法では、「官吏または公使は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない」ことになってます。しかし、検察内部の犯罪を告発してもMomikesuに決まってますから、メディアに公表して世論を味方に付け、世論の後ろ盾で指揮権の発動を促すしか有効な方法がありません。

権力に対峙できる健全なジャーナリズムこそが、国民を守るよりどころなのです。

些細な件ですが、

平成における日本人女性の最大の敵となるであろう、タミノケンジ氏が、荒川区から日比谷線を使わず、タクシーで通勤されているようですが、我々の税金を使っているのであれば、許せないことです。
央合同庁舎6号館に通勤。今は、マスクでタクシーでの通勤らしいですね。

 我々の税金でTAXIを使うのは止めていただきたいものです。

中央合同庁舎6号館
03-5251-4788

k.o様、 松田さん来週発売の週刊朝日に検察庁についての寄稿が、あるそうです。
松田さんは、民主政権になってから政務秘書官にどうかという話があったようですが、決定しないようです。管財務相の元政策秘書で政策立案力はあるときいています。今回の検事総長のバスケット入りも含めてtwitterで民主党議員と会話しています。猟官でなく、任用になるかも知れません。どうであれ、松田さんの考えは、ジャーナリストとしてまっとうで、次の情報を期待しています。

--------------------------------------------------------------------------------........用は悪質ですが、予算化できなかった公的な目的に使われることも多いです。(佐藤優氏はそれで背任罪に嵌められましたが)。元公務員の自己弁護ではありませんが、裏金とか不適切な公金使用は、微罪であり小事であるように思います。
...........

投稿者: Kazzy Matsuzaki(日本を脱出した元公務員) | 2010年2月20日 20:34
-----------------------------------------------------------------------

あなた様の意見にはとても同意できませんですよ。
予算化できなかったと言うことは国権の最高機関たる国会が予算として認めなかったのですから公務員が独断で公金を使ったと言うことです。
いくら公的目的とは言え役人にそんな権限はありませんよ。したがってとても微罪とはいえませんね.

それと言葉尻を捕まえて恐縮ですが
”予算化できなかった公的な目的に使われることも多いです”
と言うことは公的な目的に使われないことも多くはないがあるってことですね。
それこそ、まさに横領でしょう。昔国鉄の職員が100円の横領で懲戒免職になっています。
それを考えるととても許せない。
でも善良そうなあなたがこういう場で悪びれるでもなく ”小事”と仰るってことはこれらの問題は相当根が深いことだと愕然としておりますです。

 倫理的な悪は法理をまとう。おおよそアウシュビッツ以降の残り物としての倫理についての知性の極限の問いかけがなされてきた。この法理と倫理についての誤謬齟齬をもっと真剣に議論してほしい。法は倫理ではない。法理で語ることでは無意味な同語反復の議論が続く。日本の検察、ことにその代表的な東京地検特捜部は倫理的ではない、という一点、そして、その規範の根底が官僚組織にある以上、従来の官僚組織が非倫理的である、という根本的な立脚点を意識すべきであろう。ここに三井氏の立場は、この非倫理性を明らかにすることのひとつの現実としての一穴であり、その本態を見誤ってはならない。法理の非倫理性、という困難かつ原理的な悪についての問いかけをしていることを見失うべきではない。

投稿者: なんとかならんか | 2010年2月20日 21:33様

荒川区のと言いますと、昔、あの警視総監の
銃撃事件があったところではないですか?
霞ヶ関6号館まで、約1万円のタクシー代は
往復で2万円となりますから、税金の乱費
としかいいようが有りません。
速やかに謝罪して、正々堂々と電車で
通勤するのが一番良いはずです
カツラを冠ればわからないでしょう。

投稿者: 清水 | 2010年2月20日 21:38 様。

> 松田さんの考えは、ジャーナリストとしてま
> っとうで、次の情報を期待しています。


ツイッタ-上では、空手形だったら倒閣運動をす
るという、極めつけの宣言をしてますものね。

私は単純に考えて、どらえもん氏は少なくても鳩
山内閣の公務員制度改革には、どこまでやれるか
氏自身が、懐疑的だと感じました。

次号の週刊朝日、政治資金規正法と何か記事が絡
むそうです。
中立性を担保するのに、そろそろ小沢幹事長側も
批判を始めてますが、あいかわらず国家権力糾弾
の論陣は強力なものがあります。

清水さんが仰るとおり、この国には本当のジャ-
ナリズムが生きていましたね。

それらがネット基盤に定着してもらえれば、新し
い政治報道の文化がネットで花開くのではないで
しょうか。

検察権力・メディアスクラム・民主党・鳩山官邸等これ全て権力です。
これら全てはの権力は自浄作用や説明責任を果せるものは無いでしょう。

よく政権交代を明治以来140年掛かった無血革命等と言う言葉で表現されますが、民主党・鳩山官邸が本当にそれだけの覚悟を持って権力行使してますか?(私は明治維新の際、武力革命に拘った大久保利通の考えが少しだけ解るような気がします。)

鳩山首相自らの脱税で旧態依然の既得権益である法務官僚と鳩山官邸は司法取引をしているのではないか?と疑っている人が沢山いますよ。

民主党は夏の参議院議員選挙後にしっかり国民に説明出来る政治信念・理念を基に分割すべきだと私は思う。

記憶違いならすいません
最新の「高野論説」削除されたんでしょうか?読んだ気がしましたが、ちょっと見当たらないんですが…

東京地検【民野健治を告発する会】の設立について。


私たち国民にとって、問題の【民野健治】は、許されない存在です。

私は【民野健治】を『東京地検』に、刑事告発したいと思っておりますが、

しかし、私独りでは【三井環さま】のように、たとえば≪某日、某夜、某所で、立ち小便したとか、横断歩道を、信号無視で渡ったとか≫ほんの微罪で逮捕され、懲役刑で刑務所に送られることは、目に見えています。

非常に勝手なお願いですが、私だけが微罪(それも、デッチ上げ)で逮捕され、刑務所に送られることはお許し願いたい、ですから、

どなたか、法曹界に明るい方で、バックに大勢の支持者のいる方、例えば、民主党の有力者の国会議員の方が【民野健治を告発する会】を提唱して頂ければ、

ただちに賛同して署名し、応分の資金カンパを負担をさせて頂きます。勿論、何かの使い走りもさせて頂きます。

どうか、どなたか、この微力な私たちの底辺の思いをくみ取って頂ける≪国会議員、または来る参院選挙で立候補なさる≫先生がいらっしゃらないでしょうか。

その先生にとっても、国民の敵【民野健治を告発する会】の発起人になられることは、来る選挙にとって、大きなメリットがあると、思いますが……。

匿名様 | 2010年2月21日 01:15

鈴木むねお議員ではいかがでしょうか。

>南の光 様
2010年2月20日 22:20のご投稿、三井事件の本質を指摘されたものと思います。有難うございました。
>なんとかならんか様
 頼りになる政治家として鈴木宗男議員を挙げられたと思いますが、同感です。私の「ムネオ日記」を良く覗きますが、氏のバイタリティーには本当に驚かされ、小沢さんとは別の意味で、尊敬できる政治家と思っております。エールを送りたいと思っていますが、残念なことに、氏のブログには一般からの声を取り上げる欄が見当たりません。小沢ブログのように自由に要望を書き込めるようにしてくれたらと思います。

いまさらのことですが、与謝野馨氏やメディアの言うとおり、鳩山総理の贈与税延滞や小沢幹事長が資産を一時親族名義にした問題が本当に贈与税の「脱税」ならば、なぜ特捜は政治資金規正法の虚偽記載なんて屁のような罪で起訴したのか不思議でなりません。
だってそりゃ両者の違いは大きいですよ。かたや税金泥棒、かたや世間体をはばかっただけのウソなわけですから。
挙げるなら当然脱税で挙げるはずでしょう。わかりやすいし。

時間切れといったって、小沢幹事長のことは秘書と元秘書の身柄までとり一年以上かけて調べてるのだし、鳩山総理のは資金ルートが明らかで単純な移動なのだから2~3ヶ月で全容はつかめているはず。
それでも政治資金規正法どまりで終ったのは、最後になって遠慮したのか、結局脱税とするだけの根拠が得られなかったのか、あるいは油断させておいて機を見て一気に攻撃するつもりなのか。
まさか、そっちは国税の仕事だからと身を引いたとか、はありえませんよね。

個人的には、贈与税の脱税で検挙された人がいるのか、という疑問もあります。相続税の脱税で検挙された人はたくさん知ってますけど。

そもそも贈与税で脱税が構成できるのか。なんか世間もメディアもこのへんはスルーしてますけど、贈与税と相続税の関係を考え、現実に相続税を申告する際の手続きを思うと、贈与税の無申告がそれほど「深刻」な脱法行為となりうるのか疑問は晴れません。

「贈与税の脱税」と指弾する人は、形式論ではなくて、実際のところどうなのかについて論じて欲しいものです。税務署に訊いてもたぶん教えてくれないでしょうから。

M.I.様(団塊世代) | 2010年2月21日 09:41

わたしは、鈴木宗男議員は好きではなく、信用していません。
真紀子議員とケンカしてた時、新聞の切抜きの投書を持って、騒いでいた姿と現在でも¥顔つきで、個人の価値判断ではNOです。

ただ、政治家の晩年、人生の晩年になって、彼を信用する人に恩返しをするためにも、鈴木宗男議員は突っ走られています。今回の件で、検察に表立って対抗の発言を継続して行ってられるのは彼だけです。
民の敵【民野健治を告発する会】の発起人になってくれる可能性はあると思います。

宗男議員はすべての手紙を読んでくれると思いますよ。

M.I.様(団塊世代) | 2010年2月21日 09:41

わたしは、鈴木宗男議員は好きではなく、信用していません。
真紀子議員とケンカしてた時、新聞の切抜きの投書を持って、騒いでいた姿と現在でも¥顔つきで、個人の価値判断ではNOです。

ただ、政治家の晩年、人生の晩年になって、彼を信用する人に恩返しをするためにも、鈴木宗男議員は突っ走られています。今回の件で、検察に表立って対抗の発言を継続して行ってられるのは彼だけです。
民の敵【民野健治を告発する会】の発起人になってくれる可能性はあると思います。

宗男議員はすべての手紙を読んでくれると思いますよ。

なんとかならんか さん

これも宗男議員の功績となるでしょう。

http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?m=0&i=0

これが民主党のことだったら、オリンピックもそっちのけで、朝から晩まで騒いでいたであろうマスコミは、どう報道するんだろうか?

ウーさん

 政府のコメントが変ってきているところがポイントですね。東京新聞ネットから転載しますが、内部の動きはじっくりですが、マグマが動き出しているかのようです。

以下

2010年2月20日 朝刊

政府は十九日、官僚OBが給与を公表する義務のない独立行政法人(独法)や特殊法人の嘱託職などに再就職する「隠れ天下り」のうち、年収六百万円以上の七十四人(十八法人)を原則として年度内に退職させ、ポストを廃止する方針を決めた。新設も禁止した。

 廃止の対象は年収一千万円以上が二十五人(独法十二法人、特殊法人一法人)、年収一千万円未満六百万円以上が四十九人(独法十法人)。

 年収一千万円以上のポストはすべて廃止。年収一千万円未満六百万円以上のポストは、高度な専門知識を活用するため委託でなく雇用契約が必要な場合や、嘱託の方が支出削減になる場合は例外として認める。

匿名さまが求められておられる国民の敵【民野健治を告発する会】の発起人は、鈴木宗男議員でしかできないと思います。

彼の存在はすごく大きいし、期待していますが、わたしの価値観では合わないだけです。

YouTubeの三井さんのインタビュー映像(11回分)全部みました。

三井さんの言われる方向で法曹界の改革を行うべきだと共感しました。

三井さんのお話を聞いて、何故特捜が冤罪ばかり起こしているのかその構造的な問題がはっきりとわかりました。

起訴すべきでないような案件を無理やり起訴したり、逆に証拠も揃って起訴すべき案件なのに起訴しなかったりという、我々素人から見てもちょっとおかしいなぁと思っていた過去の事件についても、何故そうなってしまったのかその心がわかりました。

その起源が検察の裏金問題の隠蔽に端を発していることもわかりました。

検察が自己保身のためにやってることが経済や政治、さらには国際問題にまで多大な悪影響を与えている実態に愕然としました。政治経済を停滞させている一番の原因が検察だったということに。

日本が先進各国の中で景気回復が一番出遅れているのも政治の遅延にあると思ってますが、それは検察が6年も前の会計上の単なる記載ミスの問題を収賄事件のように取り上げて政治家の政治生命を絶とうと時期も考えずにかなり無理な捜査をしたことが一番原因していると思ってます。

特捜の暴走を放置していては今後様々な案件で、ことあるごとに政治や経済、国際問題にまで悪影響を与えかねないと思うんで早く検察改革はずべきです。

少なくとも裏金問題はきちんと処分すべきです。それがスタート地点であってそこから本当の意味での日本の再生が始まると思いました。

民主党議員はもっとこの問題の重要性を認識すべきです。

それと、この検察の問題はドラマ「チャングム」や「女人天下」で描かれている組織内の争いにも大変似ていると思いました。

要は、ある組織が起こした罪を自己保身のために隠そうとすることが様々な問題を引き起こすということです。

このドラマなんかを見ていると、逆に検察は追い詰められていると思われて、そう考えると追いつまられた側は自己保身のためにかなり危険を冒してまで犯罪を犯してくる可能性があるのではないでしょうか?

彼らが新たな犯罪を犯さないうちに民主党政権は早くこの問題を解決してしまうべきです。検察の裏金問題に対して早く処分すべきです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.