Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

Recent Comments

石川知裕衆院議員が11日離党会見
みのもんく 02/12
hiroko 02/12
良心派 02/12
古希・千葉県人 02/12
匿名 02/12
堀口雪文 02/12
匿名 02/13
お縄一郎 02/15
お縄二郎 02/15
お縄一郎 02/16

« 石川議員が民主党を離党へ
メイン
《出演者インタビュー》緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方:篠田博之 »

石川知裕衆院議員が11日離党会見

明日12日に離党届を提出すると報道されていた石川知裕(いしかわ・ともひろ)衆院議員が、本日11日北海道帯広市で記者会見をおこない、すでに離党届を提出したことと共に現在の気持ちを語った。

http://www.youtube.com/watch?v=EOE4Oecqigo

本日午後、私、石川知裕は、民主党に離党届を提出いたしました。

私が書いた離党届を同僚議員に託し、民主党北海道連合会の三井[辨雄(わきお)]代表に渡してもらいました。

保釈後、十勝に戻った際に、民主党第11区総支部、ならびに石川知裕連合後援会のみなさまから、「離党も辞職もせずに頑張れ」と励ましていただき、涙が出る思いでした。

31才で、「故郷や日本のために働きたい」との思いで、りっきしてから全力で活動してまいりました。

今後も地域の総支部の皆さんの熱い思いを受け、引き続き民主党で活動したいと考えておりましたが、現在、国会では予算案審議の最中であり、熟慮の末に、民主党に対してこれ以上の迷惑をかけてはいけないと考え、本日午前に離党を決断した次第でございます。

しかし、議員としては地域や国のために尽くしたいという私の初心、そして、この十勝で私を信じて応援してくださる地元の方々の思いを受け止めて、職責を全うしたいと思います。

平成22年2月11日、衆議院議員、石川知裕。

以上でございます。

(拍手)

石川議員の離党届は15日以降の党常任幹事会で了承される。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6618

コメント (58)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

石川議員、不本意な離党。さぞかし無念でしたでしょう。

けど、多くの志ある主権者はあなたを応援しています!

東狂痴犬特騒部や司法記者クラブ加盟社の策謀などに負けてはなりません!

議員は辞めるな。献金の申し込みをしました。ささやかなエールですが、、

鈴木宗男議員がいち早く石川議員支持を表明したことに心から敬意を表します。また、今回の石川議員離党に関するニュースが、離党届を提出する以前から報じられていることに、ある種の不可解さを感じます。

離党は本人の判断。本当でしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100211-00000919-yom-pol

>小沢氏と距離を置く議員は、「離党で幕引きなんかとても無理だ。小沢幹事長が辞めるまでは厳しい」と見ている。
...こういうこと言う奴って誰なんだろう?
しかもゴミウリに...
仙石?

諸賢様、石川知裕先生への献金お願いします。
https://www.tokachi-ishikawa.com/support/kenkin/mail.cgi

他のコメント欄にも(ヨロンズの投稿にも)出したんですが、この件は個人的にいろんな人に(関係者にも)見てもらいたいと思いまして、もう一度だけ、転載させて頂きます、すみません!

石川議員らは無罪!?

永田町異聞というブログの2010/2/5の記事に、今回の石川議員らの起訴事実(検察のストーリー)が紹介されていますが、それによると次のとおりです。

http://ameblo.jp/aratakyo/

・「石川議員と大久保秘書」は、2004年に陸山会が小沢氏から借りた4億円で、3億5200万円の土地を購入したが、4億円を2004年分の政治資金収支報告書の収入として記載せず、土地代金約3億5200万円も支出として記載しなかった。

・「池田元秘書と大久保秘書」は、2004年に支出した3億5200万円の土地代金を2005年分の収支報告書に支出として記載した。小沢氏から借りた4億円は2007年に小沢氏に返済されたが、同年の支出に記載しなかった。

・2004年に陸山会が小沢氏から借りた4億円は2007年に小沢氏に返済された。借りたことも返済したことも報告書に不記載。

・土地代金約3億5200万円の支出は、2004年分の政治資金収支報告書の収入として記載せず、2005年分の収支報告書に支出として記載した。

・4億円を定期預金にして、その代わり小沢氏が銀行から4億円の融資を受け、陸山会へ転貸した件は、2004年の報告書に記載された「小澤一郎 借入金 4億円」に該当するという判断のようだ。

また、阿修羅のsmacさんが「虚偽記載は存在しない」という論考を出しています。http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/440.html

これらを併せ見た私の考えを、次に記します。

1..検察ストーリーで組み立てられた事実は次のようなものでしょう。

①2004年に、陸山会が4億円(小沢氏の個人資産)を小沢氏から借りた・・・それなのに、石川議員は、この4億円の収入の記載をしなかった。

②2004年に、陸山会が3億5200万円を支出して秘書寮用の土地を購入した・・・それなのに、石川議員は、この3億5200万円の支出の記載をしなかった。

③2004年に、小沢氏個人が銀行から(第三者である睦山会の4億円の定期預金を担保にして・・・このような第三者の預金を担保に銀行から借りる形態は珍しくない)4億円の融資を受けて、それを陸山会へ転貸した・・・石川議員は、正しく、2004年の報告書に「小澤一郎 借入金 4億円」と記載した(ここには虚偽記載はない)。

④2005年に秘書寮用の土地の移転登記をしたとき、土地の代金3億5200万円の支払いはしていない(上記②のように支払いは2004年にしている)・・・それなのに、池田元秘書は、土地移転登記と同時期の2005年に「3億5200万円の支出をした」と虚偽の記載をした。

⑤2007年に、「2004年に陸山会が小沢氏から借りた4億円」を、池田元秘書が現金を小沢氏の自宅に運んで、小沢氏に返済した・・・それなのに、池田元秘書は、この4億円の支出の記載をしなかった。

2.上記1の検察ストーリーの見立てに対して、私の見立ては次のとおりです(※阿修羅のsmacさんの見解と同じで、smacさんからその旨の返事を頂きました。なお、下記の「預り金」という言葉は、会計上の意味をよく知らないので日常的な意味で使っています)。

①2004年に、小沢氏が自分の個人資金の4億円を、陸山会の金庫の中に、「自分個人の金」として、入れた(事実上現金の場所を移動させただけで、陸山会が借りたのではない)・・・「陸山会の収入」ではない(陸山会にとってはただの預り金?)ので報告書の記載義務はない、よって、石川議員は、正しく、収入として記載しなかった(もし記載していたら逆に虚偽記載となってしまったところだった)。

②2004年に、小沢氏が、「陸山会に預けておいた小沢氏個人の金の4億円の一部」を使って、3億5200万円の土地を購入した(その結果、陸山会ではなく小沢氏個人が土地の所有者となった。小沢氏は陸山会への転売予定で一時的に個人として購入しただけ)・・・土地代金の支出は「小沢氏個人の支出」であって「陸山会の支出」ではないので報告書の記載義務はない、よって、石川議員は、正しく、支出として記載しなかった(もし記載していたら逆に虚偽記載となってしまったところだった)。

③2004年に、小沢氏個人が銀行から(第三者である睦山会の4億円の定期預金を担保にして・・・このような第三者の預金を担保に銀行から借りる形態は珍しくない)4億円の融資を受けて、それを陸山会へ転貸した・・・石川議員は、正しく、2004年の報告書に「小澤一郎 借入金 4億円」と記載した(ここには虚偽記載はない)。・・・この③だけは検察の見立てと全く同じ。

④2005年に、陸山会が、「上記③の小沢氏からの借入金4億円(小沢氏個人が銀行から融資を受けて陸山会に転貸した4億円)」の中から出した3億5200万円を、土地の購入代金として、「上記②により土地の所有者となった小沢氏個人」に支払った・・・池田元秘書は、正しく、「土地移転登記と同時に3億5200万円の支出をした」と記載した(もし記載しなかったら逆に虚偽記載となってしまったところだった)。

・・・上記①で陸山会の金庫に預けられていた「小沢氏の個人の4億円」は、「上記②の土地代金3億5200万円の小沢氏個人としての支払い」により、5千万円に減っていたが、この④の土地代金3億5200万円の入金により、元の「4億円」(小沢氏個人の資金=陸山会にとっての預り金)に戻った。

⑤2007年5月に、「上記①の2004年に小沢氏が自分の個人の金として睦山会の金庫に入れていた4億円(上記②でいったんその一部が出たが上記④で元の4億円に戻っていたもの)」を、池田元秘書が小沢氏の自宅に運んだ(現金の場所を移動させただけ)・・・「陸山会の支出」ではないので(陸山会の小沢氏個人からの預り金を小沢氏個人に戻しただけなので)、池田元秘書は、正しく、支出として記載しなかった(もし記載していたら逆に虚偽記載となってしまったところだった)。

3.備考

(1)上記1の見立てと上記2の見立てのどちらかは、客観的な事実の有無の問題と思います。

つまり、西松事件でも、

A.政治団体がダミーかどうか(客観的な事実の有無)と、

B.仮にダミーだとして、故意があったかどうか(被告がそれを認識していたかどうか)、

との2つの問題に区別されました。

この事件でも、同様に、

A.上記①~⑤の事実は客観的にどのように見るべきか=客観的に「虚偽記載の事実」は存在したかどうか、

B.仮に虚偽記載の事実が存在したとして、石川議員らに故意があったかどうか(その虚偽記載の事実を認識していたかどうか)、

との2つの問題に区別されます。

上記の1(検察ストーリー)か2かは、上記Aの客観的な虚偽記載及び不記載の事実の有無の問題です。したがって、石川議員らが主観的にどのように考えていたかは、上記1の検察ストーリーが正しいか上記2の見立てが正しいかとはほとんど関係しません。これは、政治資金規正法の観点や会計の観点から、どのように事実を見るのが妥当かの問題と思います。

(2)これらの観点から検討しておきます。

上記①の「4億円」が「小沢氏から陸山会への貸付(=陸山会の収入=検察ストーリー)」か「陸山会への貸付ではない(=小沢氏個人の資金のまま=陸山会の預り金)」かについては、現金のまま金庫に入れておけば上記2の見立てに傾きますが、石川議員が小分けして陸山会の口座に入れている場合(実際はこれのようです)は、上記1(検察ストーリー)の見方の方がより自然ではないかということになると思います。

上記②の2004年の土地代金の支払いが「陸山会としての支払い(土地の所有者は陸山会になった)」(=検察ストーリー)か「小沢氏個人としての支払い(この時点での土地の所有者は小沢氏個人)」かは、2004年の土地代金の支払いに際しての土地売買契約書の中身によりどちらかに傾くと思います。例えば、土地売買契約書に買主として「陸山会 代表 小沢一郎」と記載されていれば、検察ストーリーの見方がより自然だということになると思います。他方、この土地売買契約書に買主として「小沢一郎」(陸山会の記載なし)と記載されていれば、陸山会ではなく小沢氏個人が購入したという見方が説得力を増すと思います。

石川議員の無実を確信しています。
「うその記載は無かった」と・・

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/203.html

石川さんの件は(歳が近いせいもあり)興味深く見ていましたが、正直失望しました。
政治家として一生巡って来ないかもしれない千載一遇の好機を見送るような人に政治家としてのセンスは感じません。(歴史の生き証人となる機会をみすみす辞退したのですよ!・・・伝書鳩としての適性なら、世界に冠たる日本の官僚のほうが遥かに上でしょう。)
略歴を見るに、あまり人生経験の豊富な方ではないなあ、というのが正直な感想でしたが、また、今回の騒動が貴方にとってのブレイクスルーのスプリングボードになるのではないかと密かに期待しておりました。
僕は、『会社が何もしてくれない。』と言う向きには、『だったら自分が起業して理想の会社を造れば?』と言い、『国は何もしてくれない。』と言う向きには、『立候補しろっ!』と言う性質です。(主権在民という言葉の意味を知っているからです。)
今回の貴方の身の処し方は、公器たる選ばれた議員のそれとしては、僕は失望を隠しえません。
が、一方で、過大な期待を負わせる気も毛頭御座いません。
何故なら、主権者は僕であって貴方では無いからです。

これから石川議員が活躍される事で、日本国がフェアな民主主義国家となるよう期待しています。

私も微力ながら応援します!

 朽ちた大木を栄養に若い芽は天を目指す。
踏み付けられても、潰されても、天を目指す。
耕雨と太陽さえあれば、
耕雨とは個人献金であり、
太陽とは叱咤激励である。

諸賢様、石川知裕先生への個人献金お願いします。
https://www.tokachi-ishikawa.com/support/kenkin/mail.cgi

石川さんには、これにめげず頑張って欲しい。決してこの経験を無駄にしてはいけない。

石川議員が党を離れるということは、やはり検察に力に民主党が屈したということだろう。
とても悔しいし、悲しい。
もし公判を経て石川議員が無罪になったら民主党はどう責任を取るのか?
それにしても、検察も狂っているがマスコミも相当狂っている。まだ多くの人がマスコミを信用している実態があることが悲しいが、今からの時代はこんなことは続かず、やがて検察と大手マスコミのウソがばれる日が必ずくる。
少しでも日本がまともなうちにその日がくるのを祈るが、しかし今騙されて検察を正義、大手マスコミを社会の木鐸と信じている人たちが、自分たちは騙されていたと知った時の怒りのエネルギーはいかほどだろうか。そのエネルギーの暴走が逆に心配なくらいだ。

石川衆議院議員様

 The Journal の「政治家に聞く」で、
 「日本をどのような国にしたいですか?」という質問に、

「ここに来て日本という国が目標を失いかけている。これからの日本人は世界に出て世界中をもっと豊かにしていくんだという若者を作れるよう教育をしていくことが大切だと思います」
と、回答されました。

 年甲斐も無く、感動し、胸が熱くなりました。

 離党はされるわけですが、民主党には志を同じくする同士もおられることと思います。
世界に先駆けた、先進国日本を作るため今後ともご活躍をお願いします。
 

昨夕石川氏の会見をTBSで見たら後藤とかいうクサレ豚足がゆっくりしゃべる不定愁訴のような物言いをしていました。横にいた若い男も尿検査が必要な目をしていました。あれではなんぼほど曲がろうとどうにもなりません。

わざわざ外道の術中にはまっては人生の損失。石川さん天は必ず見ています。今日も一日さわやかにっと。

今、日本丸という巨大タンカーが小沢・鳩山船長のもとで、確実に大きく舵をきろうとしています。一朝一夕に向きを変えることなど不可能です。激しい潮流の抵抗も、また内部からの抵抗もあるでしょう。いくら外から右だ左だと叫んでもそんなに簡単にはいきません。石川さんは船から下りても、タグボートとなって、タンカーを外から引っ張ってください。私たち力なき者たちも懸命に応援します。

ぜひ鈴木宗男さんと共に、検察の違法捜査を洗いざらい世の中に明らかにしてください。
民主党に留まっていては難しいと思うので、フリーか新党大地に席をおかれるのが最良だと愚考いたします。
検察改革の旗手になってください!!!

<夜明け前>
 石川議員、応援している人達が決して少なくないことを忘れないで欲しい。
 残念ながら現状は日本は独立国でもなく、民主主義国家でもないことが昨年の西松事件以来露顕してきました。
 特に今日のマスコミの惨状は目を覆うばかりで、推定無罪という民主主義の原則すら解っていない議員や識者なるものが大勢います。彼らこそ世界にその無知を恥じて職を辞すべきであると私は思います。
 日本が真の民主主義国家となり、国民の人権が尊重される日を目指して戦い続けて下さい。わずかですが、個人献金もさせていただきます。

裁判に勝てる資料を受け取ってください。

 皆さん、些細なミスはあったなんて、とんでもないことですよ。

 ミスどころか、発生主義・総額主義の観点から、とてもすぐれた会計処理だったと感心しました。

 収支報告書を分析した結果、検察の手口が判明しました。
【検察がでっち上げたウソのストーリー】
①小沢氏の個人資金4億円を陸山会が借入した。
②その4億円を使って手付金・土地代金をしはらった。
③陸山会は、銀行から4億円を借入した。
⇒これは全て検察がでっち上げたウソのストーリーだったことが判明しました。

【実際の資金の動き】
 実際は、上記①②③の全てが小沢氏個人の家計簿の世界の出来事だということが解かりました。
上記①②は、小沢氏の個人資金により、小沢氏個人が支払いをした。
上記③は、小沢氏個人が銀行から4億円を借入した。その後、陸山会に貸付た。
 2004年の収支報告書には、この実際の通り記載されています。

 どうですか、これで検察の言う起訴事実は、ことごとく崩れさりました。

 手付金・土地代金を小沢氏個人が支払ったということが引っかかると言う方に、ちょっと解説します。
 2004年の時点では、所有権移転登記が成されていないことから、例えば、小沢氏個人が土地を購入し陸山会に貸し付けることもできる訳であり、陸山会が所有権を持つかどうかは未定だったと考えられます。
 つまり、この時点では、土地を購入するのは陸山会だとは断定不可能です。
 2005年1月7日に当該土地の所有権を陸山会とする登記をすることが、初めて決定しただけのことです。
ちなみに、2005年の収支報告書には、この通りに記載されています。

 検察のウソのストーリーで記載した場合には、2004年は土地計上がないことから使途不明で横領罪となるし、2005年は突然土地計上となるので“原資”不明で贈賄罪となるので、検察は、このストーリーで国民を洗脳してしまえば、どうころんでも起訴は正当化されると思っていたのが、大当たりして今のような現状になってさぞご満足なんでしょうね。

 悔しい、それなりの立場のひと、なんとかしてください。

詳しいことは、こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓「よろんず」への投稿の内容です
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2009/11/post_27.html
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 17:43
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 21:40

本日(金曜日)、現在(午前8時から)、『テレビ朝日』のスパモ二で、毎週金曜日に(週一回出演の)の山口一臣さんが、コメンテーターとして出場しています。

なんとか、この場面で山口さんから、東京地検特捜部検事・民野健治による【石川議員の女性秘書監禁資源】をと上げてほしかったのですが……。

これは、やはりむりだったのでしょうか。

訂正。
先ほどの投書(09:34)で【石川議員の女性秘書監禁事件】と書くところを、誤字を打ってしまい、間違えてしまいました。
申しあけありません。

国政の混乱を避けるため、謂わば国民のため、国民目線を今後も忘れずに政治活動を継続してください。

私も、冨田 秀隆 | 2010年2月12日 08:43様が述べられているように、単純な記載ミスとしか思えません。
私も、確定申告で決算書(損益・収支報告書)を作成しております。
農業用会計簿記ソフトがあり、会計士の資格を持っていない私ですが、何とか作成できます。以前、金融機関の融資部門にいたこともあり、色々な決算書を見てきましたが、産業分野別に記載方法が、異なっています。
農業会計簿記もこれまでの経験から、会計資格を持っておられる会計士でも、記載ミスをされることも知っています。
専門家ですら間違いを犯すのに、普通の方から見ると何でこんな複雑な処理をするのだと驚かれるはずです。
一部報道でも、コメントされる方々は、虚偽記載だとの一歩的な報道をされますが、その方々自身自分で収支報告書を作成したことすらないはずです。家計簿のように簡単に作成できないことすら、ご存知でないでしょう(その家計簿すら書かれたことが・・・)
このジャーナルで、郷原氏が述べられている単純な記載ミス、悪意も疑わしいことで、政治生命を奪うようなことがあっては今後、国民のための政治を行うことの出来る政治家(政治家は会計士でない)を育てることすら難しくなる。

冨田秀隆氏の上記のコメントを読んで, 若干の感想を記したい。

郷原信郎氏の『検察の正義』を通読したが, 一番強く感じたのは, 文明が高度に発展して, 産業構造が複雑多様に成長展開し, 社会組織も多種多岐に渡って, 錯綜して織り成されてきた現代では, 司法において, ある問題を解決しようと試みる場合, 関連する分野の専門的な知的なレベルで, 精密に考察を繰り広げないと, 歯が立たないため, 司法関係者は相当ハードな研究心と知識が必要である, という, 当然と言えば当然の, 至極当たり前の事実だった。

たとえば, 長期信用銀行を破綻倒産させた経営首脳陣は悪者であり, 悪党退治は正義であるから, とっつかまえて, 牢屋にぶち込まないといけない, という旧来の単純な 「検察の正義」 の発想では, 事の解決はおよそ不可能, という事である。 検事達の能力如何に関わる, と言ったら, いいだろうか。 司法試験に合格するのが精一杯, という頭脳では, 裁判官も検事も弁護士も務まらないのである。

確かに, 今回の小沢幹事長の件では, 四億円に関して, 郷原信郎氏も独自の考察を示していたし, 冨田秀隆氏以外のこのブログの投稿者からも, 新聞等で紹介される記事に対して, 把握や理解の仕方に疑義が出されていた。 この件は, 石川知裕衆議院議員の裁判で, 明らかになるだろう。 冨田秀隆氏も是非とも何らかの形で参加して, 貢献して欲しい。

余談だが, 郷原信郎氏は検察の捜査方法等の惨憺たる失敗の比喩的な例として, かつての大日本帝国陸海軍を敗戦に導いた戦争をよく引き合いに出す。 戦艦大和の大艦巨砲主義の誤りをもたらした「日本海海戦」 「ノモンハン事件」 「ガダルカナル海戦」 検察は日本の軍国主義時代の陸海軍で,マスコミは陸海軍を支援する大本営発表に余念がない, と言うべきだろうか。

石川さん、どうぞバッチだけは絶対に絶対にはずさないでください。
彼方は、有権者の大切な一票の代弁者です。
公判見守ります。

若いのにさすがですね。
石川議員さんは強靭な精神を持っておられるんですね感動しました。
絶対に屈しないで頑張って下さい。
心から応援します。

今朝の 朝ズバッ!を 観ていたら コメンテーターの方(失礼。名前を知らない)が 「国民はそんなに馬鹿なのでしょうか」と確か2回も言っておられた。

小沢氏が 記者会見で 小沢氏に否定的な世論調査の結果に対して感想を聞かれた際 「小沢は潔白と報道をして欲しい」(つまりは報道は 正確・公正・公平であるべきことを)言われたことに対するコメントだったと思う。

この「国民はそんなに馬鹿なのでしょうか」とのコメントに 私は 徹底的に違和感を覚える。

朝ズバッ!は よく観ているが 小沢氏絡みの問題の取り上げ方は なぜ?と思うほど異常だ。

まず コメンテーターは毎回全員 小沢批判家 ばかりである。

例えば サンプロでの郷原氏の様な 冷静な論立てをする人は絶対入っていない。

報道内容も 常に“小沢=悪”である。本当か嘘かわからない様なネガティブ情報を 最大漏らさず報じる。
そして 「視聴者(国民)の皆様 小沢とは このように“悪”ですぞ」と吹きまくっている。

小沢氏がこれまでの政治の世界でなしてきた実績・力量など“善”なるものは 絶対に触れない。まさに意図がみえみえだ。

これは 朝ズバッ!に限らず 良心的な一部を除きメディア全般の姿勢である。(最近 小沢氏不起訴決定後少し変調も認められるが・・“君子豹変”???)

私が このように 言えるのは このネット世界に触れるようになったからだ。

しかし 国民の大多数は まだ ネット世界を知らない(触れ得る時間もない)と思う。

そのような中で 上述のようなメディアの“小沢悪”論(絶対に小沢擁護論は封殺)の洪水に あえば “小沢悪”と認識してしまうのは当然で 他にどんな理解の仕方があるのか。
「国民は馬鹿ではない」。当たり前だ。

メディアは 意図的に このような似非ロジックを弄び コメンテーターに「国民はそんなに馬鹿なのでしょうか」などと言わせている。

このこと自体 国民を愚弄するものだと思う。
まさに 似非で鵺的なものを感じる。

今後もこのような報道については確りウォッチしていきたい。
ついでに 北川 元三重県知事は こんな偏向番組からはおりて欲しいことを申し上げたい。名誉のために。 

石川議員離党残念です!!

 検察の見込み捜査、マスコミの機能不全、民主党全体のふがいなさ、小沢さんの自己保身によって、不当な扱いを受けたと思っています。

 検察に睨まれたら、こういうことになるということを、国民の一人として、しっかり自覚しておこうと思います。

 ≪政府も恐れる検察!?≫を持った国がまともな民主主義の国家であるわけがありません。

 まさかその自覚が無い政府、マスコミ、野党です。などと呑気な
回答が返ってくる訳ではないですよね!!

 それぞれから回答をいただきたいところなんですが・・・!!

 まずは石川議員に≪めげずに頑張って下さい・・≫とエールを送らせて下さい。

            佐藤

 

 

石川議員の人間性が読み取れます。次世代の議員として有望かつ期待の議員ですね。こう云う気配りの出来る議員に対し自民党の青森選挙区、大島はなんと人間性の悪い事。やつは民主党強いては小沢氏憎しがありありです。こんな政治家早くくたばるべきです。自民党は若手では有望な議員もいるけど、今の体制のなかでは生きない。まとめて離党しなければ厄介者で終ってしまいますよ。小沢幹事長の求める2大政党は、足を引っ張っての政権取り競争ではない。自民党だけが未だにそれを実行している。昨日の不毛地帯でも自民党幹事長は近畿商事からの依頼に昔見たく金を持参していたそれを平然と受け取っていた。これこそ国民とはかけ離れた政治、その利権奪還の為の政争は国民にとっては何のプラスも無い。それを今国民がわかった。だから民主党政権を彼らによって破壊されたくない。国民に目覚めて欲しい。それにしてもマスコミの堕落を何とかしなければならないですね。

諸賢様

石川知裕先生へメールが送れます。
献金か後援会入会の備考欄でエールを送れますので、ぜひ叱咤激励をお願いします。
https://www.tokachi-ishikawa.com/support/kenkin/mail.cgi

-------------------
追伸
 私自身もThe journalの未だ熱いのですが、世間は小沢先生不起訴&石川先生離党で取り敢えず一件落着の様に思えます。
確かに、近々の国民生活からすれば直接にはどうでも良いので、仕方ないのでしょう。
---------------------
 これからは、個人献金を薦める運動に転向したいと思います。
そして自分の思想遍歴を辿っている若き侍を支持しつづけようと思います。
最終的に望むのは、利益団体に余り頼らない議会制民主主義だからです。

今後とも諸賢様の活躍を期待します。
---------------------


3XXXさん

その方は与良さんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%89%AF%E6%AD%A3%E7%94%B7

以前、麻生さんが選挙引き延ばしている際、みのさんが選挙する必要は無く任期ギリギリまで引き延ばせばいいと言った時に、解散総選挙で民意を問うのが正しい選択だと、噛み付いていたんですよ。

あの偏見番組では少数派の良識を持ったコメンテーターでしたが・・・

しかし最近は変わりましたね。テレビ界で生きていく為でしょうが、小沢バッシングするコメントに覇気が無い。

今日のコメントも確かに酷いものでした。国民は小沢さんに馬鹿にされているんですよとも言ってましたね。

酷い番組を見ないという選択もありますが、見て批難する方を私も選んでいます。

お笑い集団・東京地検のある日の会話

谷川・・・ねえねえ。佐久間さん、何やってんすか?

佐久間…見ての通りよ。肩に桜吹雪のイレズミ彫ってんだよ。

谷川・・・何のために?

佐久間・・・お前も知っての通り、このままじゃ公判、維持できないじゃねえか。そこでだ、水谷建設裏金授受の現場を、桜吹雪のイレズミをした遊び人の「佐久間さん」が一部始終見ていた事にするのよ。

そして公判で、俺が「オウ、オウ、オウ、この桜吹雪、見忘れたとは言わせねえぜ!」と言って、相手に罪を認めさせる作戦よ。

谷川・・・さすが、佐久間さん。テレビでは100%相手は罪を認めてますもんね。

佐久間・・・だろ!

自民党の議員サン。
この時とばかりに石川議員を非難しているけどネ。
特捜は記載ミスでも政治資金規制法違反で議員も秘書も逮捕出来るって事なんですよ。
大切な事なのでもう一度言いますよ。
記載ミスで有っても逮捕、拘留しても良いと言う言質を特捜に与えてる事に成るんですよ。
是非は裁判に成るけれど、離党しなければ成らないんですよ。

石川知裕様

 読売新聞の記事に依ると、検察の捜査について「取調べ期間中、2人の検事は人間的にも優れた方だった。走した中で起訴に至ったので、後は、公判で主張してゆきたい」と発言されたようですが:

 その意味は、捜査官としての技術・方便ぶ関する様子も、人間としての性格・行動などに関する様子も優れた方だったが、対象とする事実に係わり、政治資金規正法の目的と基本理念についての価値判断の基準点については検事方との間に大きな差異があるということでしょうか?

 そもそも、政治資金管理団体が、政冶活動に利用する不動産を取得することが、政治資金規正法の目的と基本理念に反するという、固定的な概念を持つ人々には、如何なる説明をしても、“陸山会の行為は怪しからん”ということになり、そこが日本国における政治活動の限界であり、陸山会が取得して保持する不動産を陸山会名義で登記できないような法制度自体の欠陥だと、私は思量します。

 従って、資金管理団体による不動産の取得等の制限を決めた政治資金規正法第19条の2の2の規定は、政治資金規正法の目的に反し、且つ、財産権および/または思想・良心の自由、集会・結社・言論・出版その他一切の表現の自由を補償した憲法に違反するから無効であると主張して、資金管理団体が動産に限らず不動産をも取得・保有する権利をも認めさせるべきだと、私は思量します。

匿名 | 2010年2月12日 13:38派、私の投稿です。

<石川様>
小沢さんが、ついている。宗男さんもついている。十勝の支持者もついている。
大丈夫。堂々とあなたの目指す政治をやりなさい。
そろそろ、閉じていたホームページを再開してください。
ガンガンやっていきましょう。
十勝の支持者の総意として、離党も議員辞職もしないとなっていたのに、外堀を埋めて、離党をマスコミにリークした阿波の狸!。
仙人みたいな名のお前!。ぜってぇ忘れないぞ。宗男先生はお見通しだ。激怒していたぞ。
小沢氏が、目配りできない隙をついた枝野大臣就任。
いつか狸汁にして食ってやるからな。

やっぱりこうなると思ってました。

だいたい石川氏が、小沢氏に全然連絡を取っていないことが不自然でした。
もし自分が(原因はどうであれ)党あるいは小沢氏に迷惑をかけたと思っているのなら、
まず一番の恩人であり党の実質代表者でもある小沢氏に詫び、あるいは
単なる報告であっても行うのが、人として当然でしょう。
また小沢氏も、自分の秘書時代のことなんですから、何はともあれ
「御苦労さん」とか「大丈夫だったか?」とか、ねぎらいの言葉なりなんなりがあるのが普通です。

それが揃いも揃って「会ってない、連絡も取っていない」なんて不自然すぎます。
しかし石川氏が自発的に辞めたと言う絵図を描くならば、両者が連絡を取りあっていれば
「小沢氏の圧力あるいは意を受けて辞めた」と見られてしまうので、
やはりここは何の意思疎通もなかったことにしなければいけなかったのです。
そうすれば、上記の不自然さも納得できます。

もちろんそれでは小沢氏と石川氏はウソを言っていたことになりますが、
少し前にも鳩山氏と小沢氏が「話した、していない」か何かで
食い違う発言をしていた事もありましたし、「ウソも方便」程度の認識なんでしょう。
おそらくは強い義理人情、もしくはそれ以上の信頼関係のある両者が、
「検察から不当な取り調べを受けたり逮捕されたのに、電話一本し合わなかった」
などと言う不自然さよりは、説得力のある仮説だと思います。

石川知裕様

検察権力の無謀不当な行使によりいわれなき扱いを受け、更に加えて、国政の円滑化のためとは云え、不本意にも離党に至らざるを得なかったことは本当に残念で慙愧にたえません。この際、石川議員ご自身の決断によって清々となされたことを唯一の救いと思わなければならないのでしょう。
小沢さんもさぞや悔しいことでしょう。ここに至るまで、民主党議員諸氏や友党議員諸氏は何をやっていたのか、何の咎もない仲間を結果的にみすみす追い詰めてしまったでないか、無辜の仲間を守れないで国をそして国民を本当に守れると思っているのか、と改めて問いたいと思います。
石川議員、私達はみんな真実をそしてあなたの悔しさを知っています。そして起死回生の思いを知っています。地元の支持者や有権者のためにも、そして国民と民主主義のためにも、議員辞職など絶対にあってはならないことだと信じております。
石川さん、ガンバレ!

小沢氏は引いた。
永田町異聞にあるが、田中角栄と違い、絶対的なカリスマ性はないが、引くこともできる人間。
ここは引いたのだろう。
原因は鳩山派の離反だろう。
鳩山取り巻きは、元官僚や労組出身、七奉行に近い存在、小沢派と違い根っからの政治屋ではない。
肌合いも考え方も合う。現役官僚とも合う。
そして鳩山取り巻きはマスコミの世論調査だけを気にしている。
脱官僚や大改革など鼻からする気はない。
記者会見オープン化からして国民を裏切って、既存マスコミに媚を売った。
おそらく鳩山・小沢会談では小沢は石川を離党させないと突っぱねたのでないか、鳩山は支持率の低下を気にして機嫌が悪かったのであろう。
阿吽の呼吸で徳島の狸が石川に圧力をかけたのであろう。枝野の大臣就任の見返りに。
枝野もサンプロで小沢に遠慮してか、当初は弁護士として意見は言わないと言っていたが、恐らく鳩山の意向を知り、発言を増やしだしたのであろう。
完全に小沢包囲網を敷いている。
その分亀井が全くおとなしくなっている。連立の危機感を持っているのではないか。

鳩山は必要なら、石川だけでなく、小沢も切り捨てるつもりだろう。
政権交代まで鳩山は小沢を利用したのである。
小沢が邪魔になってきたのである。
鳩山は小沢以前の民主党に軸足を移したのであろう。
ミニ改革派の民主党である。
事業仕分けの委員を見ても、可視化の委員会の委員を見ても、小泉時代と変わらない。
いわば悪徳ペンタゴンの政が変わっただけで、他は全て引き継ぎとなっている。
その政も小泉と同じミニ改革派であり、財政規律重視派が大半である。
いわば小泉時代に戻ったのである。
よくマニフェストを作っていたものである。
あれがなければ小泉自民党と同じであった。

引いた小沢はいつ巻き返すのか、それとも政界再編を仕掛けるのか、また台風の目となっている。
民主党も鳩山、岡田、前原に変わって、小沢が総理になり、田中康夫や鈴木宗夫、田中真紀子を大臣に起用した時、真の脱官僚が実現するのであろう。
鳩山、平野に期待するほうが無理だった。岡田・前原よりましだが。

投稿者: 匿名 | 2010年2月12日 00:52
恐らく、千葉6区の生方幸夫だと思います。元読売新聞の人間で、太田総理なんかにもたまに出ている議員です。
新聞社やテレビ局からの取材、多いみたいですよ。本人が言ってましたから。その割りには、この人の名前のコメントって見ないですよね。つまり、匿名での取材ってことなんでしょう。地元では執行部批判を平然とし、先の選挙では小沢一郎がいなくても民主党は同じように勝てたと暴言を吐く愚か者です。
千葉は、野田だの、村越だの、反小沢氏の巣窟です。

民主党離党は石川議員の本心ではないと思います。しかし、言われるように国会の審議中でもあり、その最中に責任を取らないとマスコミが騒ぎ立て混乱を招く事を避けたかったのでしょう。辛い選択でした。

石川議員の不当逮捕そして起訴そして離党、私も悔しく、悲しく、辛い、涙が出ます。多くの人が同じ気持ちを抱えています。政権交代で何でこんなもの見せられなきゃいけないんだと怒りさえ込み上げてきます。ヨチヨチ歩きの政権交代の有様ですか。負けないで下さい。この理不尽に負けないで下さい。

予想されたことだが、検察審査会に市民団体が異議を申し立てたようだ。さらにマスコミが徹底的に扇動するから起訴されるかもしれない。心配だ。

[げっと] さん

心配ご無用。 郷原信郎氏の 『検察の正義』 からの引用 (137ページから138ページ) です。

「[検察審査会に審査を申し立てられて, 「起訴相当」 の議決が行われると, 起訴が強制されることになり, 裁判所の指定する弁護士が起訴の手続きと公判を行うので, 捜査記録を, すべて指定弁護士に提供しなければならなくなる。 特捜部の捜査の内実を外部の弁護士に開示しなければならないという 「悪夢」 のような状況となる]

検察庁にこのような恥曝しな真似ができますか。 検察庁長官は特捜部長に命じて, 絶対に検察審査会に 「起訴相当」 の議決は行わせないでしょう。 当然の事ではないでしょうか。

投稿者: 匿名 | 2010年2月12日 15:01 様
千葉は、野田だの、村越だの、反小沢氏の巣窟です。
には参りましたよ、まだ「松崎」さんは頑張っていると思うんですが。
とにかく石川さんを応援してます。

良心派さま。なるほどです。ただ、気になるのは、今日の国会中継の終わったあとの直後のNHKのニュースが報じたことです。産経や読売でさえ報じていないのに。

げっと様

そうですね。トップニュースとして、ご丁寧に2回も繰り返して報道していました。審査会に審査請求した市民団体は、一回目の事情聴取の直前に請求した同じ市民団体と同じと言っていました。少なくとも起訴された場合は離党との前例ができましたので困ったことです。検察、マスコミなど小沢さんを潰すことだけが目的の連中です。なんとしても防いでほしいものです。

難しいことは言えませんが、ただ石川議員に激励の言葉を送るためにコメントを投稿させて頂きます。
今回、石川議員が不当な逮捕、起訴を毅然とした態度で乗り越えられてきたのを見て、石川議員の志と強さを感じました。
石川議員がその志と強さをもって、この国を良くしていくこと、国民が幸せになることのために志を貫かれていけば、きっと素晴らしい政治家になられることと思います。
自民党議員や一部の民主党議員が、石川議員が悪いかのように、けじめをつけた方がいいというようなことを言うのを聞くと、この人達は本当にこの国のことを考えているのだろうかと情けなくなります。
正すべきは別の所にあることは国民の目にも明らかなのです。
今はつらいと思いますが、どうぞ頑張って下さい。
民主党にこだわることはありません。
小沢さんのように己を無にして国のために尽くして下さる政治家になって下さい。
そして、将来、本当にこの国のことを思う政治家だけで党を作って下さい。
石川議員が国民のことを本当に思って下さるのであれば絶対に国会議員を辞職することだけはしないで下さい。
試練を乗り越え、活躍されることを信じています。
貴方が志を貫いて議員として活動していかれれば、きっと道は開けます。
私は北海道民でも民主党党員でもありませんが、石川議員を応援します。
きっと私のような人間がたくさんいると思います。
多くの国民が貴方のことを期待を込めて見守っていることを忘れないで下さい。

北海道第11区支援者の暖かい声を受けつつ、ご自分に厳しい決断をされた、石川知裕議員の"志"に敬意を表します。  「災い転じて福をなす」! 一日でも早く、民主党に復帰される勇姿が見たいものです。

<大手マスコミの記事に変化が?>

「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判

産経ニュース2010.2.11 16:40

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100211/stt1002111642003-n1.htm

小沢幹事長や石川議員を一方的に批判していた大手マスコミの論調が上記のように変化し始めている。どうやらオバマが国家安全保障局(NSA)の運営する通信傍受( シギント)システムの情報とルース駐日米大使からの報告から、小沢の政治力や自民党の衰退を見抜き、CIAに指示し小沢不起訴を検察首脳に働きかけたことがきっかけのようだ。

米国の影響については次のようなことがもっともらしい証拠となっている。すなわち小沢氏への不起訴決定の2日前に、キャンベル国務次官補が小沢氏と会談し、小沢氏への訪米要請をしている点である。これはどう見ても小沢氏不起訴にオバマ政権の意向が働いたと見るほうが素直だろう。

どうやらオバマ政権は本格的に小沢氏に肩入れし始めたようで清和会も樋渡検事総長も米国から見放されたのだろう。今回の産経記事に代表されるように、他のマスコミもこれから民主党に対する提灯記事を書かざるを得なくなるだろう。

>3xxxさん
>ウーさん
みのもんたなんていう人物は、自分と関わりがあった人物には対応が全く変わりますのでね、それほど軽い人間です。まともな番組だと思わないほうが良いです。
朝青龍の事なんか、この度の件ではやけに庇っているなと思いましたら、歌が上手いですからね~!なんて言ってました。
美しい国(笑)の安陪晋三とも個人的なお付き合いがあったみたいで決して彼のことは悪く言いません。朝イチから日本中のお茶の間に、小沢下ろしの宣伝カーとして大活躍してますよね。

投稿者: 匿名 | 2010年2月12日 13:47 さま

石川議員が小沢幹事長と連絡を取っていたと言おうが否定しようが目くじら立てて追求し妄想をたくましくする必要はないんじゃないんですか?ノーコメントが一番いいんでしょうけどそれはそれで批判の的になるからでしょう。「嘘つき」だとかどうとか表層的な捕らえ方は止めにしませんか?

大事なのは今回の事件の本質(断片的な事実ではなく)を色んな視点からきちんと理解することだと思います。道徳の名を借りた不寛容と頑迷は社会にいい結果をもたらさないと思います。さっきも岸井氏が「予算委員会では政治と金だけではなくもっと本来の審議をして欲しい」という意見があったのに対して「政治に信頼がなければどんな政策も国民に受け入れられないからまず疑惑解明を」と言っていましたがそんなに疑惑に確証をもっているのなら「悪質、悪質」と言うだけでなくどう悪質なのかもっと具体的に説明すればいいのに・・

[NHKニュース  “小沢氏起訴を” 申し立て

民主党の小沢幹事長の政治資金をめぐる事件で, 嫌疑不十分で不起訴になった小沢氏本人について, 告発していた市民団体が12日, 「検察庁の判断は国民目線に立っておらず, 不起訴は到底納得できない」として, 起訴するよう検察審査会に申し立てました。
(2月12日 15時33分)]

仮にこの報道が正しいとするなら, 不起訴という検察庁の判断は 「国民目線に立って」 いないので, 「納得できない」 従って, 起訴して欲しい, という要請になる。 「国民の目線」 は法的根拠にはならない。  「国民の目線」 で人を裁く事は不可能。 馬鹿馬鹿しくて, お話にならない。 こんなニュースをもっともらしく流すNHKは, 阿呆の集まりか。

投稿者: 良心派 | 2010年2月12日 19:33 様
わたしもみました、何でかな?・NHKなんだよ、去年の二階の検察審査会への報道は記憶が無く、今回だけ全国放送する根拠は何なんですか。
民放で流れる旧検察の弁護士やらが声を振り絞っているのが「民」の声と思っているんだね。
体制は我慢出来ないからケシカケているんですか。
国民の心を逆なでする行為を平気でやるなんて許せない。
NHKは解体すべきです、総務大臣が問題を投げかけてくれるように願ってます。
民営化して報道の精神を示してほしいです。

投稿者: hiroko | 2010年2月12日 18:02 さん

妄想をたくましくしているのは、ここにいる人達の方でしょう。
自分に都合の良い解釈ばかりしている間に、どんどん世間とはかい離して行きますよ。
聖教新聞や赤旗をごらんなさい。
あれを見て普通の人は嫌悪感を抱くでしょうが、当人達は本気なんでしょう。
ここも、一般の人から見れば「小沢新聞」ですよ。

投稿者: 匿名 | 2010年2月12日 20:58さん
>自分に都合の良い解釈ばかりしている間に、どんどん世間とはかい離して行きますよ。
そんな事も無いと思いますよ。もしかして世間の人ってゴミ新聞の世論調査って奴ですか?笑っちゃいますね、その根拠。それに赤旗や聖教新聞は、コアな支持者の同人誌であり、資金源である事は取っている本人達も承知しています。世間の人も内容よりは支持していないものに資金が行く事をいやがっているのです。本気で内容をいやがっているとでも思っているんですか?みな、お互いの立場はよく理解していますよ。大人ですから。あなたあまちゃん。商売人なんか層化に買い物してもらう変わりに新聞取ってますよ。人は皆したたかです。
最近近所の年よりでさえ、自民党の政治と金の追求にはうんざりしている様子。むしろ、日本の世論調査って、実は社内アンケート?て思うくらいいぶかしがられています。(笑)ここが小沢新聞なんて、2chのニュー速、ウヨ版を考えたらかわいいものでしょう。大新聞もあまり自分たちの世論誘導の力を過信しない方がいいですね。犬や猫も学習します。いわんや人間をや、です。私の友人の母上は「小沢さん以外オーラのある政治家っていないわね...」と言っていました。ぐちゃぐちゃ騒いでる男なんてオーラが無いんです。ね、マスゴミの皆さん。

FK | 2010年2月12日 12:39 さん

せっかくのアイディア 是非 検察へ売り込んでください。

私は (これは誰かの アイディアの盗用ですが)今回の事案は コロンボ刑事か 相棒の杉下警部に 捜査を外注する方法があったとおもいますよ。

そうすれば もっと 短時日の内に正しい結論が出たと思うし 税金の無駄使い もなくてすんだと思いますよ。

「小沢新聞」どころか、ここはお縄真理教ブログだな。「政治とカネ」は民主詐欺政党が野党時代に最も力を入れていた政権攻撃の手段だったはず。それは政治テーマとして重要だと判断していたからではないのか。数億のカネが個人的家計簿レベルの話か? 確か民主詐欺政党は数百万か数千万レベルで国会審議をボイコットしていたはずだが、自分のこととなると「政治とカネ」より予算審議を優先しろ? ご都合主義もここまでくると実に見苦しい。

>数億のカネが個人的家計簿レベルの話か?
個人にも色々いまして、ピンからキリなんですけど。

東京の高級住宅街に住まわれているセレブな方なら、ビックリするような話じゃないと思いますよ。

まぁ私には想像できない家計簿レベルですけどね。

>確か民主詐欺政党は数百万か数千万レベルで国会審議をボイコットしていたはずだが、自分のこととなると「政治とカネ」より予算審議を優先しろ?

だから今の自民党さんはボイコットしてはならんのです。
審議に応じましょう。

>だから今の自民党さんはボイコットしてはならんのです。
審議に応じましょう。

自分たちは「数の横暴」に抵抗する戦術とか何とかまことしやかなこと言ってたくせに、他者にはそんなことしちゃダメよ…か。
お縄信者が自己中の極みであることがよく分かるコメントだね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.