Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

« 【海外レポート】中東和平問題「他国間協議は"死に体"」
メイン
石川知裕衆院議員が11日離党会見 »

石川議員が民主党を離党へ

 小沢一郎民主党幹事長の政治資金管理団体の記載をめぐる事件で起訴された石川知裕(いしかわ・ともひろ)衆院議員が10日、党幹部に離党の意向を伝えた。党もこの意向を認める方向で、12日にも離党するものと思われる。

---------------------------------------

【第6回】政治家に訊く:石川知裕
http://www.the-journal.jp/contents/politician/2009/10/post_1.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6613

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 石川議員が民主党を離党へ:

» 【民主党】石川知裕議員が東狂痴犬特騒部など反動勢力と戦い続ける限り断固支持する!【離党】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 トヨタやホンダなど日本を代表する自動車メーカーが相次いで大量リコールを発表するなど、日本経済を取り巻く環境は一向に明るさを見せない。  故に、少しでも疲... [詳しくはこちら]

コメント (149)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

印象としてはトカゲの尻尾きり

残念な決断だ!
石川議員が離党しないと党がもたないという意見があるようだが、尻尾をきってなぜ乗り切れるのか不思議で仕方がない。
世間の常識で悪いとしたら石川議員でなく小沢さんだろう。
小沢さんが悪くないのなら石川さんはもっと悪くないというのが国民目線だ。

石川議員は党としてしっかり守ってほしい。それがスジだろう。
石川議員が離党するなら小沢さんも離党しないと筋が通らないと思う。

頬につたふ
なみだのごはず
一握の砂を示しし人を忘れず
(啄木)

帰って来いよ、いつでも待ってるよ。

悔しいですね。残念です。

検察の横暴のために、マスコミの暴力のために、屈したのではないこと。信じています。

石川議員のこれからのご活躍を期待しています。陰ながら支援しています。

THE JOURNAL様

是非とも「政治家に訊く」で石川議員をお願いします。

松田光世 さんのつぶやきに、 http://twitter.com/matsudadoraemon
ここからは、立法の場で政治資金規正法の改正に現場でかかわってきた者としてのつぶやき。
そもそも「規制」法ではなく、「規正」法。政治資金そのものを規制するのではなく、
政治資金の自由を確保しつつ、収支を公開することで、
衆人環視の下で政治がゆがめられることのないようにするのが立法の趣旨。

政治資金規正法で、「質的規制」が加えられているのは、外国人や外国法人からの寄付禁止、
政府との契約や補助金などを受けた企業からの1年間の寄付禁止。
ゼネコンからの寄付は禁止とは書いてない。
まあほとんどのゼネコンは国と契約してるけど。

政治資金規正法の解釈権は、検察にあると検察は主張する。
しかし、すべて立法には、立法の趣旨がある。
特に政治資金規正法のように、
立法もその後の改正もすべて議員立法で行われてきた政治活動をしばる法律について、
行政府が「解釈権限」を行使して、
立法意図を超えた適用をしていいかという点だ。

今回、石川議員は、土地購入にあたり小沢さんの個人資金で資金繰りをつけたことを
収支報告書に記載しなかったとして逮捕、起訴されたわけだが、
それ自体が、検察による超政治資金規正法は、すべての「寄付」を記載することを義務づけているが、
検察の言うようにすべての「入出金」を記載することを義務づけてはいない。
「借入金」は、政治資金規正法4条の定義でいう「財産上の利益供与」ではないので
「寄付」ではない。
規正法上は政治団体の保有資産等報告に書けばいい。

「入出金」は、政治団体の帳簿に記載することが義務付けられているが、
収支報告書には、寄付のみを抜き出して記載する。
そこには違いがあるのは当然で、
そこまで公表すると政治活動の自由が損なわれるという与野党の暗黙の了解の下で、
政治資金規正法は運用されてきた。

検察は今回、その一線を越えた。法規的解釈ではないか。
「入出金」をすべて収支報告書に記載しないと
現職国会議員でも逮捕、起訴するという検察の方針は、
明らかに政治資金規正法の「立法の趣旨」を逸脱したものだ。
検察の言うとおりなら、政治団体の会計帳簿自体の公開を義務付ければいいのであって、
わざわざ収支報告書を作って公開する意味はない。

小沢さんのケースは、自民党議員もたくさんやっている土地購入
(昨日リストを某政治家から見せられた)がいいかはさておき、
陸山会の収支報告書には、
今ごろマスコミで騒いでいる沖縄の土地も含めてすべて記載されている。
小沢さんからの借入金も。隠す意図などないのは、最初から明白だ。

相続税対策だと自民党で騒いでいるのがいたが、税法を知らなすぎ。
個人資産を不動産に換えて政治団体に積んでも、相続税の「みなし課税」の対象になります。
政治団体のような「法人格のない社団」は、
非課税にはならないと相続税法に書いてあります。

それから、石川議員の起訴の不当性が、つぶやかれており、多くの人にも読んでほしく、書き込みいたしました。

<石川議員離党>
民主党幹部も随分臆病な連中です。
最も仙石さん辺りが毒を撒いたようですが。これでは世論調査と称したゴミの攻撃に屈したのも同じです。地元の支援者はどう考えるのでしょうか。
自民党は世論調査に右往左往して自滅しました。政権が不特定多数の有権者にあちこちいい顔をしても、信用を得られる訳ではありません。始めは批判されても、党としての筋を通して、仲間を守る方が、後になれば良い結果を生むでしょうに。目先で人の顔色をうかがうような事をしていると、コアな支持層が離れ、選挙ではボディーブローのように効いてくるでしょう。
反小沢の面々も政局だけ見て主導権を握ろうなどと夢、考えない方が良いでしょう。ゴミは「あなた達がいれば、小沢がいなくても民主党は大丈夫」などと囁いているかもしれませんが、俗に言う、七奉行の中にさしてオーラのある人はいません。よく自分達のさもしい姿を鏡で見てから、よけいな事は喋った方が良いと思います。

以下、反戦な家づくりさんのブログの転載です。
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/
引用始『
検察の大失態には、一切口をつぐんで何一つ批判もコメントもしないマスゴミ各社が、一斉に世論調査を行った。
ここまでやったんだから、民主党も地に落ちただろうと期待して開けてみた結果がこれだ。

内閣支持率
支持:不支持
41:45 朝日
41.4:45.1 共同
44:47 読売
49:37 毎日
43.8:43.5 平均

政党支持
民主:自民
34:18 朝日
32.1:22.7 共同
33:20 読売
34:14 毎日
33.3:18.7 平均

参院投票先
民主:自民
34:27 朝日
33.6:23.4 共同
27:22 読売
36:22 毎日
32.7:23.6 平均

などなど、いずれも民主党をたたき落とそうと画策してきた連中には、とても信じられないような数字に終わった。
これだけやっても、自民党が復権する可能性はゼロに等しい。
その衝撃を押し隠すかのように、必死で小沢たたきを続けている姿が、なんとも哀れを誘うようですらある。
』引用終
--------------------
石川知裕先生
第二の巌窟王となれ、反転攻勢への志願兵は世に満ちている。
--------------------

国民の生活が困窮している今日、政治の混迷が与える影響を慮っての決断であろうと察します。
党を離れても、貴方は地元の有権者の民意を受けた議員です。
その民意を、国政に届けることは、離党してもできるはずです。
今は苦しいでしょうが、ご自身の理念を含めた政治活動にまい進していって下さい。

それにしても、こうしたレッテルを一方的に貼り付けたマスメディアの進退伺い、今後の責任はどう取られるのかお伺いしたいものです。

検察官といい、記者といい、年収1千万を超える特権階級の人たちは、人の痛みなんてわからんのだろうなあ。
タイマンの張れない狡賢い奴ら。

党幹部って誰なんでしょう。
情報源はこの党幹部なんですか。
本当なら、大変残念です。

次は「蜥蜴の尻尾切り」「保身のために部下を身捨てた小沢」「党員を守れない臆病な民主首脳」「決断も当事者任せの鳩山総理」…よりどりみどりの攻撃材料に、自分がマスゴミだったら選び放題だな。

戦略があるのかもしれないが、現時点では党の対応に失望だな。

酷いです。
余りにも酷いです。

阿修羅の掲示板で見てください。
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/161.html

「ごみ野郎、くず野郎」検察の拷問・血だらけの紙オムツ1枚で取り調べを受けた屈辱は絶対忘れない[ゲンダイ]

どす黒い、世の中です。
カルトの臭いがします。

現在の腐りきった検察組織を解体することを念頭に置いた戦術であると思いたい。当面は、マスゴミに誘導されやすい多数の国民のことを考慮するならやむを得ないのかもしれません。小沢さんがこれでよしと思ってなどいるわけがない。そうでないなら、民主党には何も期待などできそうにないということになるでしょう。
当面は、大事の前の小事(大事を行う前は、些細なことには構わない方が良いと言う意味で)と理解させていただきます。

石川代議士。

離党の決断、心に期するものあると想像いたしますが、必ず又リターンしていただけると確信してます。

昨日、今日、テレビに映る、表情を見て、一段と表情が引き締まり、頼もししさを強く感じました。

今後期待できる代議士だと納得いたしました。
相当の困難、耐えがたきを経験させられ、何か腹に力が座ったのだろうと、私なりに見立ててしまいました。

今後、私はささやかの支援をさせていただきます。
頑張ってください。

小沢さんファン16年です。

肉を切らせて骨を断つ

鳩山の決断なんでしょう。
小沢も理解できない部分かと思います。
ただしかし、ここは石川を切っておいて、この後始末を検察とマスコミにしてもらいましょう。
いかに逮捕が不当であったか、後に国民が知ることになります。
いつでも戻ってこられます。
残念ながら石川がシロだと思っている国民は少ないようです。
同じ国民として恥ずかしい限りである。

どう判断して良いかわかりません。
マスコミに洗脳された国民が選挙権を行使するのであれば、緊急避難をしてとにかく来年度の予算を成立させることを最重要とすべきか。
国会議員の不当逮捕に抗して正義を貫き、結果国会が混乱して予算案審議に入れず。
これに乗じてますます野党、マスコミが図に乗ってくるのを制して予算審議に入れるか。
国民の生活第一の無血革命だから、予算審議を強行採決すべきか。

民主党はどうかしている!!

 石川議員を辞職に追いやることがどういうことか判ってやっているのでしょうか!?

 狂気は検察・マスコミだけでなく、≪民主党お前もか!!≫
というところまで≪落ちましたね≫。

 民主党は不当な逮捕をする検察
には何も触れず、逮捕される理由のない石川議員に責任を負わせようとしています。

 もし私が検察から足利事件の菅家さんのように、 ある日突然、≪お前が犯人だ≫と言われたら、少なくとも、それだけで社会的に抹殺されてしまう社会になったということになるわけですね!!

 検察とマスコミに煽られた国民世論が、≪真実≫よりも怖い民主党に何の期待が持てるでしょうか!?
 それもそんなに複雑な≪真実≫
でもないのに!!

 真偽の見分けもつけられず、
検察という≪官僚組織≫に完敗したわけですから、行政刷新委員に枝野氏を起用したところで何の意味も無いわけです。

 政治指導は愚か、無実の人間一人守りきれない腰ぬけの集まりでしかなかったということです。

 まことに残念です。

       つくば市 佐藤

       

 

今日配達された『週刊朝日(2/19)』を読んでいて、どうして東京地検は『週刊朝日』の≪東京地検抗議への、逆抗議へのコメント≫を出さないのか、不思議に思い、東京地検に聞いてみました。

言うまでもなく、『ノー・コメント』です。

そして、極めて不思議なのは【人権問題】には、常時、神経質に報じている『朝日新聞』が、自分の会社内で起きている【石川議員の女性秘書を巡る、人権無視の東京地検検事・民野健治の取り調べ問題】を巡り、≪週刊朝日と、東京地検のバトル≫が発生していることについて、一切報じようとしていないことです。

私の住む地方では『中日・日経』とも、若干、書いていますが、親会社の『朝日新聞』が、全く無視を決め込んでいますのに、絶望と恐ろしい前途を思いやられます。

石川代議士の離党は残念!

トカゲの尻尾切で批判をかわそうと考えたなら大間違いです。

小沢幹事長に対するネガキャンは激しさを増すでしょう。部下を見捨てた冷たい男。等等

参院選は勝てないでしょう。どう考えても離党は見捨てることです。B層の国民は義理と人情を欠く人間も、組織も支持しません。

血も涙もない小沢幹事長、そして民主党。そう思われても仕方がないでしょう。

民主党の意思決定者に言っておきます。貴方は重要なミスジャッジをした。

不当逮捕から起訴。これから潔白を主張し公判を戦って行くわけですが。原則「推定無罪」なわけです。仙石議員、枝野議員あなた方は弁護士ですよね。議員にはこの原則はないのですか?検察権力の一方的な不当な検察権力に屈してしまえと言う訳ですか。そんなあなた方には誰も弁護なんか頼まないでしょう。とても大臣が務まるとは思えない。政治家として負けを認めて居るのですからね。何が行政刷新ですか。官僚に対して負けを認めているではありませんか。あなた方に政治家として、行政改革など口にして貰いたくありません。弁護士としての資格はありません。検察と戦う以前に戦わないと言っている訳だから、誰も弁護を頼むわけは無い。政治家を名乗るのなら、もっと恥を知りなさい。あなた方に矜持というものがお有りですか。まったく失望する鳩山内閣。小沢一郎よ民主党を出たほうが良いのではないだろうか。鳩山政権は壊してしまえ!

まずは、鈴木宗男氏の「新党大地」に入り一緒に検察と闘ってもらいたい。
しかし、社民党もまったく何を考えてることやら・・・・
これでは、やがて連立からはずされるのは目に見えているのでは?
歴史的日和見野党の寝癖がいまだに抜けていないようで、何が真実で何が嘘かを見抜く能力が決定的に欠けているとしか思えない!!

これだけ小沢氏と民主党に対するネガティブキャンペーンにもかかわらず自民党の支持が上がっていない現状で、メディアが次にやると考えられるのはみんな悪党の持ち上げキャンペーンであると思われる。
あまり報道されていないが、自民党を離党した元小泉の秘書官の小野次郎氏がみんな悪党に入党した。
今後も昨年大量落選した小泉チルドレンが流れていくだろう。

一年にも及ぶ検察との死闘…一連の小澤事件の結末が石川智裕議員の離党。

誰が納得出来ますか?石川議員は罪を侵していないと私は今でも思っていますし、検察暴走・メディアスクラム何故、毅然とした対応をしないのですか?

政権交代 明治維新以来140年の社会変革等と言うのなら、民主党・内閣挙げて検察解体・メディア免許取り消しを批判覚悟でしっかりしたらいいじゃないですか?

出来ないのは、民主党・鳩山首相にしっかりとしたビジョンが無いから、都合に合わせて旧態依然の権力(検察)を宛にする。また、自民党より自分達の方がマシだと言う国会議員としてあってはならない、甘えが多分にあると思う。

権力を手にした民主党は今こそ、検察・メディア対して毅然対応をするべきだし、従来の形を壊さなければ、税金の使い方の見直しなんて出来るはずが無い。国民の多くは、石川智裕議員の正式な起訴内容についても知らされていない。
国民の多くは、この事件の独自に理解・検証出来ないこれで本当にいいですか?

東京地検特捜部は、今でも正義で最強の捜査機関ですか?

鳩山首相と民主党が謝った判断をしたなら、夏の参議院議員選挙は今考えている結果は出ないと思います。


石川さん

 無罪判決がでて、晴れて民主党に必ずや戻ってくることを信じています。マスゴミの「力」(括弧付き)は、まだ我々の小さな強さでは崩すことはできないようですが、着実に広がっていると思います。
 宮崎さんの提案された「検察官適格審査会」に樋渡検事総長以下佐久間特捜部長までの9名についてヤメロ!の申出書を出すことくらいしかできていませんが、応援していることを忘れず闘ってください。もちろん国会でも。

個人的にはマスコミと検察への怒りは収まりませんが、正直、こうするしか無かったのかな、という気もします。
ここの投稿者は良いとしても、ほか大多数の国民がマインドコントロールされている状態だとすれば、正論をかざすほどマスコミに揚げ足を取られ、ますます本来の仕事(予算策定や政策決定)に支障をきたす。指揮権発動などすれば、ますます民主党は危険だという印象を持たれてしまう。それでなくても小沢の院政だとかイメージ先行で報道されがち。
石川氏はいずれ悪質性はないことが公判で証明されるはず。と信じています。当面は新党大地で充電を!

先程「ムネオ日記」を読んだが、宗男氏は「16時半から民主党小沢幹事長と会談。
 小沢幹事長は石川代議士のことを大変心配し、思い、かばっておられた。小沢幹事長の心意気を感じながら、やはり人間関係は大事だと、つくづく思うものである。これからの流れ、動きを注意深く見守って行きたい。」
小沢幹事長は自分に向けられた不当な嫌疑といえども党全体に対しての責任を苦慮すれば、庇いきれずに予算成立まで忍従させられたと思います。
まだ政権交代して半年あまり。私は小沢幹事長を信じて、「これからの流れ、動きを注意深く見守りながら」堪え忍びます。

石川議員は被害者と思います。検察、および新聞、地上波テレビなど司法記者クラブ会員各社の被害者です。石川議員はどんな悪いことをしたのでしょうか?逮捕されて起訴されなければならない程の罪を犯したのでしょうか?私には全く理解できません。
不自然なお金の流れと指摘する人もいますが、お金の流れは全く妥当なもので経理の実務を経験した人ならごく当然のことです。
特に今回の報道で酷いのは、地上波テレビです。小沢民主党幹事長が不起訴となり、元秘書3名が起訴され直ぐに保釈されました。
一つの区切りがつき、そして新たな局面に移ってきました。
石川議員に対して地上波テレビ各社は「けじめをつけろ」と報道しています。
私が強く感じるのはこれまで検察側の報道をしてきたテレビ局に対して「けじめをつけろ」と言いたいのです。
あるテレビ局は石川議員が5千万円を受取った現場の様子をこと細かく再現していました。
あたかも石川議員が裏金を受取ったとテレビを見ていた視聴者は思ってしまいます。どのような情報を基にこのような報道がならされたのでしょうか?まさか’やらせ’ではないでしょうね?
追跡調査して「けじめをつけろ」と言いたいです。
その他ガセネタ?により誤った報道を行いながら訂正がなされていないものが沢山あります。現状ではいまだ地上波テレビが国民に及ぼす影響は非常に大きいです。従って報道各社は常に放送内容について自覚して、視聴者に誤解を与えることがあれば謙虚に修正・訂正する姿勢が重要と感じています。
間違った内容の報道をしても全く反省もなく、訂正もしないと感じているのは私でだけでしょうか?

小沢疑惑、トヨタへのプリウスリコーールへのマスコミの無理解欧米からの受売り報道
全く今の大手マスメディアの思考停止報道は日本を滅ぼします。
先進技術→時代の要請のエコカーと絶賛→欧米からの欠陥報道→一斉のバッシング
これはコンピューター付きブルドーザー→立身出世の今太閤→ロッキード疑惑→金権政治家
時を経ても相も変わらずのパターンの大手マスコミ報道と時代が変わっても変わらぬ外圧心中主義の報道姿勢がそら恐ろしい程酷似していることに恐怖しています。
石川知裕衆院議員の逮捕後の会見に対し2/10夕方の関西TVでの青山繁晴なる評論家が『石川』などと呼捨てなどと言うことが指しているように、この場合ほぼ形式犯
で逮捕されている事で否定会見している映像を放映した後の人権無視の犯罪者扱い、それを肯定するようなべてらんアナウンサーの当然のような応答。
中立報道、不偏不党と大マスコミは折に触れ言います。
では、何故これだけあれやこれや年末から一面にて疑惑報道しているのに、当事者が定期会見、釈放後の会見をしているのに会見全部の報道をしないのか?
『説明責任』とあらゆるマスコミが金貨往生のように報道しているがついぞ小沢一郎が幹事長定例会見を本人が拒否していないのに全てを報道しないのは何故だろうか?
石川知裕衆院議員の昨日の会見は
世間に対してと言うよりも自分の選挙区民に対してのメッセージだと私は思う。
大マスコミが国会議員としての出所進退と大層なことを言うが国会議員は選ばれた選挙区の選挙民に対し説明し理解を請うべきではないのか?石川議員の場合もそうである。
況んや彼の罪状は『収支報告書虚偽記載』とは成っているが
簡潔に言えば『記載記入ミス』と言う形式犯であり、そもそも逮捕し拘束すべき事柄かさえ疑わしいモノであるのである。
民主党議員は言うに及ばず全ての国会議員は、立法府の立場にいる選ばれた自分達が、試験だけで選ばれた選民思考的な検察及び霞ヶ関官僚に生殺与奪権を握られたままで良いのかと深刻に考えて頂きたい。

石川議員の離党は残念ですが、
この離党は、既得権益にしがみつく輩を壊滅させる為に必要だったと振り返る事が出来るように、
微力ながら頑張っていきたいと
強く思う。

ここまで腐敗しきった官僚統治政治を壊滅させる事は容易でないと思うので、引き続き小沢さんと
鳩山さんに期待したい。

現状をもどかしく感じる方が、
多いかと思いますが、
小沢さんと鳩山さんは慎重に
事を動かしている。

引き続き期待していきたい!!

あいつは悪い奴だと頭から決め付け、叩いて叩いて叩きまくる、まさにいじめの構図です。
メディアが率先していじめに加担してるのですからね、情けないです。
何度も同じ過ちを繰り返し、日本という国はどこかおかしくなっています、学びが無い国です。
石川さん、不当逮捕で検察から酷い取調べを受け、孤独と戦いながら過ごした日々、本当に辛かったでしょう。
本当に思いやりのある国を造れるのは、辛い経験をされた貴方のような方だと思うのです。
法の下に隠れ、お咎めも無くのうのうと生きている奴らに良い政治など出来るわけもありません。
私は石川さんが議員でいる限り貴方に一票を投じますので。

石川さんが離党になったことは、たいへん残念なことです。
こうなったのは、すべて検察の責任です。
単なる帳簿の記載ミスにすぎないにもかかわらず、検察が石川さんたちを逮捕、起訴するとはまったく許せないことです。

石川さんが、みなさんに迷惑をかけたくないという思いで、自ら離党することは百も承知のことです。民主党の議員の皆さんも、本当に悔しい思いをされていることと思います。

可視化法案成立を目指す。
これは石川さんの件に対する意趣返しとしてはならず、足利事件、志布志事件などの冤罪を二度と生む出さないことのために、その成立へと努力くださることを切に望みます。
いま、これに取り組むことは世間に意趣返しであると思われると恐れ、タイミングが悪いと考えるべきではありません。
やるべきことをやるという姿勢で取り組んでいただきたいです。

鈴木宗男さんには、ぜひとも、石川さんに対し、いろいろと力になって下さいますようお願いしたいです。

これから、石川さんは裁判というたたかいがあります。
まずは、心を休めて、ゆっくりしてください。休むことも大事です。
応援する人たち、味方になってくれる人たちは決して少なくはありません。それを忘れないで、安心してください。

志高く前途ある青年政治家を丸裸にして諸悪の根源である野党に差し出し、それで満足ですか、七奉行殿?
弁護士登録もしていながら暴走特捜・マスコミ連合に対して知らん顔の法務大臣等の与党弁護士議員殿、あなた方の存在意義は何ですか?
先人から聴かされていた特高警察や憲兵隊よりも悪質な特捜を御する方策が全く無い我国の将来は・・・。

「世論が鉄槌を下した」的論調のマスコミに何故屈する必要があるのでしょうか。

そもそも政策を論ずる力が極めて乏しく、政局しか論ずることの出来ないマスコミに迎合する民主党は大馬鹿です。民度低すぎ!

夏の参院選のとき、比例は新党大地にします。

今月25日、給与が入ったら石川議員に1万円献金しようと思います。

 皆さんが言うことか正しくて、小沢が正義ならば、なぜ、石川議員に「離党するな、俺が守る」と言えなかったのですか?

 石川議員が本当に悪いか、小沢がずるいか、どちらかですよね。

 小沢神話、崩壊しましたね。

 国民の間ではとっくに崩壊してましたけど。

 さすがに、信者さんたちももう屁理屈で小沢擁護しきれないでしょう。汚いだけでなく、卑怯な男であることがハッキリしたんですから。

法律とは、運用側の解釈で決まるものだと思うのです。今の状態で公正・公平な法の運用が出来ますか?

鳩山首相・民主党は、その対応をしないのであるなら、冤罪は無くならない。

また、自民党から離党した田村参議院議員の言う通り日本の財政2年で破綻するでしょう。

従来の仕組に配慮や拘ると全てのつけは、国民全体に及びますよ!私何かより民主党議員の皆様の方がご存じでしょ?既得権益としっかり立ち向かい闘って下さい。

分別ある国民の、検察・マスコミへの怒りが、いつしか民主の対応が物足りない、民主はダメだ、と批判の矛先を変えてしまった、結果として民主の弱体化を狙った検察・マスコミの狙い通りではないでしょうか?
オバマもそうであるように、既得権益と戦うには国民の圧倒的な支持が必要で、それが最大の武器なのです。メディアによる世論調査結果が正しいとは全く思いませんが、民主党への支持が減ってきているのは事実でしょう。非常にまずい。。。

とても残念だと思うのは、何故同士を救う動きが無いのか?民主党は、検察に、報道に、野党自民党にやられっぱなしだ。何にも立ち向かわない。民主主義、政治主導と言葉はきれいだが、黙っていて成し遂げられるものではない。政治主導?なら何故官僚検察と戦わないのだ。民主主義?何故推定無罪の原則で同士を守りマスミと戦わないか。この戦いこそ全国民の意思、政権交代の証なのです。戦わずして政権の維持は出来ない。国民が主権在民、1票の権限をもっているのだ。民主党、鳩山首相、国民の意見に耳を傾け行動すべきだ。その意気に国民は立ち上がるのだ。

「胆力あるねー、鳩山首相は」

2月4日、今回の政権党との抗争について、慎重派検察首脳は組織の玉砕覚悟で小沢起訴に突き進む過激派首脳を抑えて「不起訴」とした・・・・

政府は2月9日、今国会に提出する国家公務員法等改正案を提示した。内閣官房に「内閣人事局」を新設。

ただし、「検察庁」は適用外とした。

鳩山政権の粘り腰を強く感じました。
実質的には起訴された石川氏が攻撃の対象になるが、民主党に矛先が向けられることをかわし、かつ、石川氏は裁判闘争に全力で取り組める環境を作ることにもなる。無罪になれば粛々と復党です。
あとは、野党やマスコミは小沢氏の道義的な問題を突くしかなくなりますね。
しかし、一連の「関係者」の情報によってつくられた疑惑で何が追求できますか。検察は不起訴。政府はリークは無いと言っているわけですからマスコミ自身がすべての責任を負う訳です。分かりやすいですね。
検察の横暴については人事と組織の透明化でメスが入ります。
よってこれからはマスコミにとって小沢資金問題には触れたくないのが本音でしょう。
政治とカネの問題について自民党が追求するなんて悪い冗談でしょう。検察は自民党側を調べ始めているという話もあります。
総撤退する以外ないでしょう、これ以上墓穴を掘りたくなければ。
これからはオリンピックの話で持ちきりになっていきます。

石川氏は、虚偽記載はしていないと言いました。

みんな、何故、起訴に至る前に信じてあげることが出来なかったのか。

検察も、マスコミも、そして離党させる民主党もです。

この日本は、狂っているとしか思えない。

誰も、虚偽記載が、まったくなかったとは信じていなかったでしょ。
些細なミスすらなかったということは知らなかったでしょ。

検察が起訴理由としているのは、2004年に土地を購入した原資である現金の4億円の収入計上と、手付金・土地代金の支出計上ですよね。

結論から言うと、これらの取引は全て小沢氏個人の家計簿の世界の出来事だと言うことです。

言い方を変えれば、陸山会の会計事象とはなり得ないと言うことです。
 つまり、2004年の陸山会の会計事象は、小沢氏から4億円の借入をしたことのみです。(借入時期は、小沢氏個人の4億円の銀行融資が降りた後です。つまり、10月29日の午後以降です。)

では、解説します。

2004年の時点では、所有権移転登記が成されていないことから、例えば、小沢氏個人が土地を購入し陸山会に貸し付けることもできる訳であり、陸山会が所有権を持つかどうかは未定だったと考えられます。

 という訳で、2004年の土地購入の手付金・土地代金は小沢氏の個人資金にて支払われたものであり、その原資は小沢氏個人の4億円の現金と言うことになります。

翌2005年固定資産税(1月1日に所有していた者が納付)を不動産業者が負担する契約の為、2005年1月7日に当該土地の所有権を陸山会にする登記をすることとした為、登記料・登記手数料を不動産業者に支払い、結果的に手付金・土地代金相当額を小沢氏個人が立替をしていたことになった為、これを小沢氏個人に返済した。

2005年の陸山会の収支報告書には、342,640,000円の土地計上と、同額の支出計上が、ちゃんと、されております。

 以上の通り、虚偽記載などまったくありません。むしろ発生主義的・総額主義的な観点からすれば、とてもすぐれた会計処理だと感心いたしました。

 検察の狭義の現金主義的なやり方では、2004年に手付金・土地代金のみ(登記料・登記手数料の付随費用が含まれていない)の金額が支出計上だけされてしまい、土地計上がないことから、収支報告書を見ると当該金額が使途不明金となってしまいます。
また、2005年の収支報告書を見ると、土地計上だけが記載されることとなり、それこそ、支出がなく土地を購入したように見える事から、土地購入の“原資” “原資” “原資”って大騒ぎするやからが・・・。
従って検察が要求するやり方では、支出が年度マタギになるため、収入・入金及び支出・出金の同期・整合性が取れなくなるという訳です。

 それでは、検察が望む通りに2004年の収支報告書に記載していた場合には、今度は、石川氏は横領容疑で起訴されちゃうことになっちゃうわけですかーー。

 じゃあ、どっちにしたって起訴されちゃうじゃん。ワケワカラン?????

虚偽記載は、完全に冤罪だったという証拠資料がありますので、「よろんず」に投稿した場所を下記に添付いたします。

 私の分析結果は、きっと、お役に立てるものと自負いたしておりますので是非利用して頂きたいと願います。

↓↓↓↓↓ここからは、「よろんず」への投稿の場所です
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2009/11/post_27.html
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 17:43
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 21:40

【追】「よろんず」への下記の投稿も目を通して頂けたら幸いです。
【Yoronz】(2/8)
冨田秀隆:最近の虚偽記載報道は、間違いだらけ
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/02/post_53.html

【Yoronz】(2/6)
冨田秀隆:マスコミは、なぜ検察を追及しないのか
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/02/post_51.html

度々失礼します。
郷原氏が明らかにして下さったように、悪質な虚偽記載ではないことは明らか。あえて打って出てマスコミとの消耗戦に突入するよりは、様子見で良いのではないか。公判結果を待つべし。(西松の時のように、どうせマスコミは都合の悪い事は報道しないだろうが。。。)
揚げ足を取られないよう、裏で粛々と検察・メディア改革を進めるべし。

マシューさん

私も同じ意見です。

マスコミが民主も自民も駄目的な論調を持ち上げる。

桜の咲くころ、自民から舛添、小泉ジュニア、小池百合子あたりが蠢き、みんな悪党と連携し、躍進を狙うでしょう。

彼等は所詮、改革を声高に掲げたにも関わらず、結局は既得権益強化を煙にまいただけの小泉政権の血を引くだけあって、表紙だけ新しく見えてもバリバリの既得権益保護政党になるのでしょう。

おそらく、自分の置かれた立場が本当に分かっていない有権者も、マスコミに煽られ、安易に乗っかってしまうのでしょう。

今迄稼いだカネを有効に回さないと、結局既得権益に吸いつくされて、おこぼれにもありつけず、厳しさが増すものと思われますが…。

ペリーが日本人を優秀だがまっすぐすぎると評価していますが、あれから日本人の特質は大きく変わっていませんし、競争相手が少なかった冷戦前のラッキーな状況から一変し、多くのライバルとのグローバルな競争で勝ち抜くのは難しく、このままだと凋落の道を進んでいくものと思われます。

知は力なりと言いますが、一人一人が真摯に考え、行動することが先ず大切だと思います。

首相と検察との取引、わかるね。
首相と小沢氏の取引、わかるね。(枝野と石川)

誰が誰に聞いたのですか

間違いないのでしょうか?
度重なる誤報、誘導記事で、疑い深くなっています。

日本の民主主義のレベルを考えた時、離党についてはやむを得ないのだろうと思います。理は石川議員の側にあるとしても、日本はロジックではなく空気で動く国なので、一定のけじめの形が必要になったということでしょう。むしろ石川さんが国会議員に踏みとどまったことを評価すべきで、小沢氏が検察に勝利したことを示すものだと思います。民主党がこの勝利に乗じて、検察改革に踏み込んでくれるかと言えば、どうもその気はないようで、どうやって参院選に勝つかで頭がいっぱいのようです。残念ながら民主主義を一生懸命訴えても、この国ではドンキホーテ扱いで、そもそもそんな人は国会議員になれない。真の民主主義国家への道のりは遠そうです。

石川氏が離党か
検察と大マスコミの暴走権力によって民主主義が歪められたな
あってはならない事だ。
民主党も渡部とかボケ爺さんがまんま報道に洗脳せれてるのには呆れるが
弁護士資格がある枝野が不起訴なのに推定有罪のような小沢責任論を声高に叫んでるのはバカとしか
言いようがない

民主党がもし、腐ったリンゴを捨てるという観点で石川氏離党の流れを容認するのであれば、誤った選択でしょう。

渡辺周が対象なら分かりますが(元読売の彼は、おそらく参院選前、みんな悪党の一員になるのでは?)

民主党議員の皆様へ
8・30総選挙の際、輿論が貴方方を支持しました。(貴方達が興したもの)

今メディアが発する世論調査が貴方方の全てですか?だから私は貴方方は甘えていると思うです。

貴方方はネット層をB層だとか色んな形で語り、自分達の理想や信念を貫く事が出来ない事を誤魔化しいます。

このままでは、政党政治はおろか政治家不要です。

 まず石川議員の離党の決定は本人の意思でなされたものなので、その本人の意思を尊重しましょう。離党すれば、議員辞職するかどうかは当然本人の判断以外になる訳ですし。その決定について他人が不満を言う事は決して石川議員の本意ではないと思います。
 離党というのはそんなに重要な事でしょうか?自民党を離党する人も何人かいた訳ですし、その人が民主党に入ることもある訳ですし。
 今回の石川議員の起訴は不当なものだと思いますが、そういう不当な事のできる制度をなくさなかった責任は鳩山内閣、民主党にもあります。検察がそういう不当な起訴のできる制度が現時点では存在する以上、どんなにそれが不当でもその結果について従う事は必要です。今のところ裁判で何らかの結論を出す以外に方法はありませんし、起訴された事で何らかのけじめも必要かと思います。
 鳩山内閣がこれから検察の不当な行為ができなくするような対策をとると期待しましょう。

民主党はなぜ一丸となって仲間を守ろうとしないのか。

ゴロマスコミに屈して 一部の洗脳された国民と同じ目線で仲間批判を続けている

結局マスコミの思惑どおりに石川議員を見殺しにすると必ず次の
冤罪の犠牲者が作られる

石川議員は離党するべきではない

続「胆力あるね、鳩山首相」

首相と検察との取引。
首相→不起訴
検察→組織と人事権の維持

首相と小沢氏の取引。
首相→枝野入閣と石川離党
小沢→続投

政府は2月9日、今国会に提出する国家公務員法等改正案を提示した。ただし、「検察庁」は適用外とした。

私の素朴な疑問を書いてみます。
鳩山首相は自分自身の脱税問題を検察と裏取引で収拾したため、小沢幹事長や石川議員を守れなくなっているのではないかと思っています。そう推察すればすべての疑問が消えてゆきます。
今回の地検に対する人事案の据え置きや枝野の処遇なども納得できます。
私のいつも胸の奥に引っ掛かっている棘がそうつぶやくのです。

石川さんが無罪になってもマスコミは
「政治的道義的責任は免れぬ!」とまた石川氏を叩くだろう
冤罪をした検察には無批判でね。
その時は名誉を著しく毀損した訳だからマスコミに対して損害賠償で訴えるべきですね石川さん。

このスレッドは、石川議員が、離党へという報道に(議員本人が発表はまだしてない。)
おかしいんではないですかと、うったへているのでは?

自分のできる範囲で、そおいう流れを阻止しましょうと、呼びかけているのではないのでしょうか、、

冤罪は検察だけの罪ではない。
裁判官、弁護士、検察が三位一体となってグルになった組織的な犯行ということが分かりました。冤罪で逮捕されたり起訴、実刑を受けた人たちはかわいそうです。
弁護士と言われる人間ほど事実関係をよく吟味もせずに非人道的な発言を繰り返しているのはどういう事なのか疑問しか出てきません。
民主党でも仙石や枝野も弁護士出身の議員ですが、被告人の気持ちを推し量る器量もなく真っ先に批判していました。社民党の福島瑞穂もですね。
日本の司法は根本的に間違っているのです。民主主義国家として今後歩んでいくためには、検察もそうですが、弁護士、裁判官も民主主義にふさわしい者に変えてゆかねばなりません。
政権交代は単に政権が変わっただけで終わらせてはならないのです。日本の真の民主主義への変革を行わなければならない。
推定無罪の原則も分からない、違法捜査、公判の維持も出来ないような起訴も見抜けないような老害弁護士や裁判官、無理筋捜査を続ける検察にはさっさと隠居して貰い司法も筋肉質な体質に作り変えねばなりません。
最後に言いがかりの捜査と起訴理由で民主党を無念にも去らねばならなかった石川議員の気持ちを察すると無念でなりません。

相続税脱税なら渡辺嘉美・阿部晋三。

政治資金団体への迂回が疑われている小泉進次郎・小渕某きり無くネットで紹介されている。

私は民主党支持する人間だが、鳩山首相の脱税と小澤幹事長の冤罪は種類が違うと思う。

今までは自民党清和会ーマスコミー検察の攻撃とどう戦うかという側面が主だったが大勢が決着したと思うので別の観点から意見を言っても誤解は少ないと思う。

つまり小沢問題についてである。

これからの政治家は国民に対して自ら進めようとする政策について説明し、理解してもらう要素は必須だろう。身の回りの環境もそれに付随した問題になる。

そうした観点から言うと、小沢氏の政治方法は大いに問題ありとしなければならない。
たとえば親分-子分のような関係の作り方はどうしても旧自民党のにおいがする。数を頼んで押し切るのが正しいか。一年生議員を囲い込むのはどうか、議員としての政策論争が発揮できるのだろうか。幹事長室に一元化して陳情処理をするという方法は、箇所付けをめぐって国会で追及される元になってはいないか。等々。
本来このような問題は政党内部で公開されて論争されるのがいいが、誤解される危険が大きすぎて現在はできていない。
これを突いて民主党内では批判する議員がいない独裁政党だとかといった的外れな事を言い出すヤカラがでるし、批判すればしたで小沢ー反小沢の権力闘争だとみられがちだ。枝野氏が大臣になってもそのような見方をするのが大半だ。

こうした観点はすべて間違っている。国民が選んだ民主党政権をどのように育てていき、国民の生活をよくしていくべきか、、ここにこそ民主党を選んだ国民の責任があると思う。

今週発売の『週刊朝日(2/19)』を読んで、怒りがこみ上げてなりません。

同誌(2/19号)に記載された東京地検検事の民野健治による≪子供人質に石川議員の女性秘書【恫喝】10時間≫について、東京地検谷川次席検事からの≪デタラメ書くな≫の【抗議書】に対し、『週刊朝日』が逆抗議をおこなっているバトルの問題で、マスコミ各社が全く無視を決め込んでいるのです。

この一連の流れを眺めた時、東京地検は正義の味方でもなんでもなくて、まるでヤクザの集団としか思えません。

どうして、かかる人権無視の行為にたいし、マスコミ各社は【真相】を明らかにしようとしないのでしょうか。

激しい怒りを東京地検と、マスコミ各社に覚えます。
かかる投書をしたことで、戦前の特高警察の再来のように、私は、明日にでも、東京地検から【誣告罪】で逮捕されることを恐れつつ、あえて、ここに投稿いたします。

 ”記載ミス”のレベルで、離党も辞職も有っちゃいけないが、国会審議と参議院選挙に向けた、無駄な時間の浪費を避ける、石川議員の配慮でしょう!
 石川議員には、取調内容や逮捕のやり方や家宅捜査、石川議員秘書のだまし討ち事情聴取など、検察の”暴走”の事実を、是非、国民向けに話して欲しい。
 そうしないと、”検察”正義、些細だが、”石川”灰色と言う構図を印象づけてしまう。今、大事なのは、国会審議と同等、或いはそれ以上に、検察=特高拷問、暗黒司法を告発することだ。
 そういう意味で、国民に向けた説明をお願いしたい。

七奉行とか煽てられて、すっかりのぼせ上がっている輩や、社民党の一部からの狙撃なんかを見ていると、ここで無理して石川議員が残っても、ギクシャクするのは確かでしょうね。

さんざん恥犬に痛めつけられた挙げ句、今度は針のむしろに座らされるのでは本当に気の毒です。

彼には郷原さんや上杉さんをはじめとする(もちろん小沢さんも)強力な応援団もついているし、今は一度、党を離れて、誰にも遠慮せずに徹底的に闘ってもらった方がいいのではないでしょうか。マスコミやテレビでの反論もし易いでしょうし。

今の状態では、党は味方どころかタダの手枷足枷です。全く情けないけど。鳩山!ナンとしろよ。

本当に民主党もくだらない奴ばかりですね。他人の目ばかりを気にして、誰一人“自分”というものを持っていない。信念もビジョンも持ってない。それだけに“ぶれない”小沢さんの男っぷりばかりが光ります。そう思っている人は多いと思う。

昨年暮れの田中角栄さんの十七回忌のニュース見たとき、墓参りした政治家は小沢さんだけだったような気がするけど、そんなところにも彼の人間性を感じます。「本来、ココに来なきゃイケナイ奴はもっといるだろう!ちょっと違うんじゃないか~」と、その時ツッコミを入れたくなったのを思い出しました。

最後はきっちり小沢さんが守ってくれると思います。

親父を守り抜いて荒野に身を投じた石川議員は男を上げました。裁判に打ち勝って、一日でも早く小沢氏の元に戻ってきて欲しい。小沢氏も現状の民主党には満足していないはず。自民を完膚無きまで叩き潰して後、何れ党を割って本格的な2大政党を作るのでしょう。小沢氏が所有する土地も新党設立時の資金の一部になるはずです。これは金丸信氏が小沢新党のために蓄財した金の延べ棒事件と同じ轍を踏まないための合法的な処置です。比例区定員を削減して社民、公明、共産を消滅させるのが手始めです。小沢氏に残された時間で達成できるか心配です。

国家公務員法等改正案で、内閣官房に「内閣人事局」を新設し、
「幹部候補者名簿」を作って官邸主導で人事を決める改正案が政府から提出された。
『人事院、検察庁、会計検査院、警察庁の幹部職員は適用除外』という、
政府の腰砕けをネット内で読んだ。

国民は事の真相を「知る」事を放棄したくなるほど、
デタラメ情報の毒洪水を一方的に浴びせられ、
「小沢=悪」のイメージを刷り込む事のみに徹した、
これほどの検察・マスコミ主導の「魔女狩り」が行われた直後のこの改正案。
政府は自ら、今後、検察人事には触れることはないと宣言した様なものだ。
間もなく決議されるらしい。
一体水面下で何が起こっているの・・・?
私には、身震いするほどの恐怖を感じるのだけれど、
何故かこの改正案、あまり騒がれもせず、マスコミも積極的に取り上げもせず、
ひっそりと隅っこの方で、でも、錦糸の座布団の上で鎮座している。
これが、小沢と検察との「手打ち」の一部の始まりなのかな。
このままでいけば、取り調べ可視化も成されないままで終わってしまうの?

これじゃ、国民は組織に仕組まれたトラップに陥っても無理はない。
民度の劣化は、政治や報道側に望まれたことなのだ、と思った。
声を上げるにも、国民は個々に余程時事に張り付いて監視しないと、
「気付く」ことすら出来ない。
そんなの、実生活に於いて殆どの国民は無理だもの。

なんだか、いっそ、何にも知らない方が幸せだと思ってきてしまう。
マスコミのバカな祭りに乗らされるよりは、少しはマシかもしれない、
と、国民には手の届かない「闇」を痛感し、
石川議員の無念を思い遣りつつも、そんなことを思った投げ遣りの今夜でした。

石川氏離党はほんとうに、本当なのだろうか。
繰り返されてきた、マスコミの新たなデマではないのか。

昨日まで、「不正はしていない。離党も議員辞職もしない。」と言っていたのに、一夜明けたら、離党とは、とうてい理解できない。
民主党が、マスコミの批判の矛先をかわすために、石川氏を離党させるとしたら、それは、勘違いもいいところだ。
石川氏の次は小沢氏の離党または辞職を迫られるであろう。そのとき、石川議員を離党させた民主党は、どう反論できるのか。

起訴されただけで、ぺペナルテイーを負わされるのでは、法治国家に反する。
小沢氏は不起訴。石川氏は、限りなく冤罪ではないか。

ここで筋を通すことのない、民主党は、60年のこの国の膿を出して、本当の民主主義を確立することを託して、私が、一票を託した民主党なのだろうか。

石川議員のを見殺しにしても、得るのは、デメリットだけだ。
逆に、マスコミには、メリットばかりだ。まず、小沢氏の辞任をさらに追求できる。同時に民主党への支持者の信頼を揺るがすことができる。
民主党は、国民の失望をかい、
参院選では、マイナスにこそなれ、プラスには決してならない。
国民とともに戦わずに、改革などできるわけがなかろう。
それとも、改革など、ウソだったのか。

石川議員を離党させてはならない。
だって、筋がたたない。
理由がない。

大事なところで、筋のたたないことをしてしまうと、後になって、そのツケはおおきいのだ。

正式に鳩山さんからのから発表があるまで、私は、石川議員の離党など、信じない。


政治資金の出納簿は、1円単位で厳正に管理され、リアルタイムで公開されるべきである。

どこからどんな金をもらって、どこにどう使ったか、ということは、政治家を評価するための最も適切な指標のひとつである事は間違いない。

政治資金収支報告書によって事実と異なる内容を報告したという事は、小沢氏の言う政治と金の問題に対する政治家のあり方を妨げるものであるから、その意味で、政治資金の管理が甘い人間は、秘書として適性を欠いており、秘書としての経験を踏まえた代議士としての適正についても評価されなければならない。

一方、比例代表で「民主党」と書いた有権者の権利はどうなるのか。北海道第11区で118,655票を投じた有権者の民主党への信任はどうなるのか。

議員の党籍については、有権者の意思を無視した議員個人の判断は、極めて抑制されるべきである。

民主党に迷惑をかける

という事の本質的な意味が、理解されていないと思う。過失であれ故意であれ、不正を行って起訴された人物を含めて、民主党である。

その上で民主党を支持、あるいは指導すべきが、有権者の正しいあり方ではないのか。

また勝手なマスコミの誘導報道か
「離党しません!」と本人が発言をすればまたコロコロ進退を変えるな!
と叩くのだろうか
まったく意味不明な報道である
マスコミに対しては一切お金を払わない運動をしましょう
新聞、受信料払うなど持っての他です、冤罪に加担してはいけません。

投稿者: 宮田 雄大 | 2010年2月11日 02:11
>不正を行って起訴された人物を含めて、民主党である。

“不正”って?不正を行ったってナンで分かるんですか?

石川議員は「“不適切”な記載を・・・お詫び・・・」とは言ってますが、“不正”をしたとか認めたとは一言も言ってないですよ。ネットとはいえ、推定無罪の人間に対して浴びせる言葉だとは思えません。人権侵害、失礼です。

釈放されたってことは、
自殺する恐れがなくなったって
ことですかね?身柄の確保もそのためたったんでしょ

●石川議員及び女性秘書は・・・

「特別公務員暴行陵虐罪」 裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、7年以下の懲役又は禁錮に処せられる。

で「検察」を訴えるべし!

公務員である「検察」が、サボタージュで「起訴」をしなくても、裁判所が起訴できる「準起訴手続」が適用される可能性はある!

●週刊朝日及び上杉氏は、佐久間の抗議書に対して「名誉毀損罪」若しくは「信用毀損罪」(いずれも親告罪)で訴えるべし!


ご都合的な正義の味方の連中の拠り所である『(連中の解釈による)法の支配』に対抗すべく「法」で戦い、世論を喚起していただきたい!

世論調査の結果は、もし、ネットメディアがなかったらこれだけでは済まなかったでしょう。

ここまで食い止められたのはネットメディアやそれに影響を受けた一部メディアの存在によるものと思います。地上波での郷原さんの活躍も大きかったと思います。

今までは無批判に”検察は正義”を受け入れてきた国民も昨年の大久保被告逮捕あたりから、「あれ?ちょっとおかしいんじゃないか?」と思い始めて、政権交代までの様々な民主党への嫌がらせが明らかになるにつれて、ほぼ確信に近いものを一部の国民は感じたのだと思います。

さらに、過去の特捜検察の扱った事件を見直してみると捜査にかなりの問題があることがわかってきて、その捜査手法が冤罪の温床となっていることも明らかになってきたわけです。

そういう流れでの石川議員の逮捕ですからネットメディアは検察に対して批判的に見るのは当然と言えば当然の話になります。

このThe Journalでの発信者はTVや週刊誌などにも発信力のある方がおられるので、その影響力もあるのでしょう。

The Journal系のネットメディアが地上波での放送権も獲得できたら世論も相当変わると思いますよ。

まだ、ネットだけですから影響力も限定的です。ネットと地上波が合体したら相当強いと思ってます。

皆さん

 最近の言い方で言うと「心が折れる」ことは無いようにしようと思いますがいかがでしょうか?
 「○○はもうだめだ」のような言い方ではなく、受けてやろーぜ!と下腹に力を入れていきませんか?

実は今回の事件が起きるまで、石川氏については名前くらいしか存じあげませんでした。
上記のインタビューを拝見しましたが、暖かな人柄と真摯な物腰で好感のもてる方ですね。
地元の支持者からの信頼も前と変わらず厚いと、ラジオで時事通信の記者が伝えていました。必ず春はくる。捲土重来を期すことを祈っています。

 おはようございます。

 拘留期限直前に弁護士からの情報として民主党を離党する意向が伝えられてから約一週間、地元支援者の強力な支持を受け、国会に戻った石川衆議院議員は小沢幹事長に党への迷惑を理由に離党を伝えたと報じられている。石川衆議院議員の高い倫理観からして、当然の選択であり、予定通りの行動であったと思う。この自己犠牲とも思える石川衆議院議員の思いに報いる為にも、民主党議員はここで一気に攻めに転じるべきである。

○ 権力闘争の構図 ●

 今、野党自由民主党は、与党民主党連立政権への攻撃を、政権支持理由のコアな部分へ向けて戦術を変化させている。大村自民議員は「年金問題」で長妻厚労大臣を攻め立て、金子自民党議員は「道路予算仮配分」で前原国交大臣、馬渕国交副大臣、平野官房長官を攻め立てている。何れも民主党連立政権支持理由のコアな部分である。

 各種世論調査を見ると、内閣支持理由の上位は大方「政策への期待」、「政治主導への期待」に属するものである。小沢氏の騒動中もこれは変わらなかった。この騒動に感けて、民主党連立政権初の通常予算審議に汲々としている間に、敵対勢力は真っ当な戦略を立てて中期の戦術を組み、いま民主党連立政権の存立意義とも言うべき箇所へ攻め手を集中し始めているように見える。

 このような局面に至って、石川衆議院議員の自発的離党表明は的確な判断であったし、反小沢の筆頭格と目される民主党内きっての政策通である枝野氏の行政刷新担当大臣への起用は、当に的を射た対抗策であったと思う。当然、民主党首脳部では、このように見通しを持って戦略が練られ、具体的対抗策が打たれていくものと推察される。この民主党連立政権を支持する者達も、早くこのことに気付いて、次の局面への身構えをし、行動へ転じるべきである。

♂ 今こそ攻めに転じる時 ♂

 自由民主党や他の野党が上述のような民主党連立政権政策のコア部分へ攻撃の手を激化することこそ正当?な攻撃であって、支持浮揚への最も効果的な戦略であると思う。しかし、自由民主党や他の野党には、未だ支持を惹きつけるお題目は無く、重く暗い悪辣な前科が幾つもある。民主党連立政権が彼等へ攻め込むタイミングは今なのだ。自民党政権下で繰り返された失政を突き、疲弊した経済の加害者として槍玉に上げ、衰退した民度の象徴として準え、攻め立てろ。今こそ攻めに転じる時だ。
 
 今こそ、民主党連立政権の政策戦略の正当性、必要性を強く訴え、この疲弊した社会情勢から抜け出す目下最良の選択であることを訴え、既に実施に移った政策の効果を訴え、今後実施に移される政策の必要性を訴え、来るべき本物の、正真正銘の民主党連立政権だけによる予算編成の革新性を訴え、その劇的改善効果を訴え、国民へ明るい将来を視野に魅せろ。


p.s.少し苦めのコーヒーの所為でしょうか、ちょっと興奮してしまいましたぁ(笑。まぁ 石川衆議院議員の自発的離党に報いる為にも、枝野行政刷新相就任の効果を拡大する為にも、相手方が打った政策論議戦略に乗って、攻めに転じて押し切る気概が欲しいところです。後に控える桝添氏など論客の攻め手が何処にあるのか、不気味なところではありますが、怯まず自らの政策を前面に出して攻め立てて欲しいと思うのです。

鳩ポッポがやったのか、小沢さんがやったのか・・・そんな事はどうでもいい。

そんな状況を作った奴ら!

こいつらが本当に馬鹿なのは、革命が終わったと思っている事。
普通は、事が終ったあとで内部対立がおこり、粛清や造反が起こる。そして、政権の確立。
馬鹿は、革命の最中にやりやがった。

それとも、本当は政権交代なんかしたくなかったのかもしれない。
社会党が、奴らの理想だったのかもしれないな。
「無責任な批判(政党)業者」こそが、馬鹿どもの理想だったのかな。

ま、馬鹿はほっといて、小沢支持者を増やしましょ。

此処のサイトを訪問する皆様のことを、日々有り難い気持ちで閲覧している今日この頃。
残念で仕方ないのであえて苦言を、、、、。
未だに皆様マスゴミに踊らされ過ぎである。
マスゴミの思うつぼに、はまりすぎている。
なぜこのような事を言うのかといえば、小沢、原口、岡田、亀井の記者会見は全てノーカットで見れる。見れば、マスゴミがどう言う質問をしているか、どう言う返答を望んでいるか、見ればすぐに、意図している事がバレバレである。
それは、ただ「言質」を取りたいだけだ。それは単語だけでも良い。ニュアンスだけでも良い。(例えば、離党するのが望ましい。と国民が思っているかもしれない。)と会見で発言すれば、「国民が思っているかも知れない」の部分はカットして、「離党が望ましい」、の部分を、ネットや新聞の【見出し】に持ってくる。
普通の人は細かい所は読まないから、見出しだけで真に受ける。マスゴミの姑息な手にマンマと乗せられている。思うツボにハマりすぎるくらいハマっている。
何を言いたいかと言えば、裏を取りましょう。と。そうすれば、ゴミ達の本音はスグにバレます。兎に角、裏を取りましょう。
信頼があるとされている、時事や、共同通信は電通の株主である事くらい御存知ですよねぇ。
モット奥の奥、裏の裏を深読みして、御判断して頂きたく、苦言を述べました。
最後に、「民主党!本当に本当に頑張ってくれ!」以上。

歪んだ不正な権力の行使
邪悪な検察とマスコミの正体を各自がネット等で発信していけば、蟻が象を倒す日もそう遠くないかもしれない。

石川議員にはホント負けないで、がんばってもらいたい。
そしていつの日か必ず、検察へのリベンジをはたしてもらいたい。
応援しています。

枝野氏を閣内に入れたのは民主党の分裂を起こしかねない動きを封じ込めるためでしょ。

仕事漬けにすればそういうことをしている暇はありませんから。

検察やマスコミの狙いは民主党の分裂と政界再編です。

民主党が今やろうとしている需要サイドを喚起する政策は経済にとってはかなりプラスに働くことは間違いありません。しかし、ここで民主党を分裂させてしまっては元も子もありません。

今の検察やマスコミによって恣意的に作られた世論に一喜一憂するのでなく、民主党はしたたかに人事やら法整備やらで彼らの外堀を埋めていけば良いんです。

警察・検察の人権侵害に対しては可視化法案。ヤメ検弁護士の規制。検察の天下り先への規制。

一定以上の規模の宗教法人に対しては課税。

マスコミに対しては、ネット系メディアにも門戸を開放する。

などなど。

やるべきことを淡々と実行していけば次第に評価されます。

なかなかやらないから不満が溜まるんです。まずは民主党でないと通せない法案を通してしまうこと。これを最優先で行うことです。

きちんと評価されます。

--------------------------
投稿者: NANA | 2010年2月11日 00:25 様
 昨年来の特捜の議会制民主主義への攻撃から俄か小沢支持者になった私です。
The Journalは私の同類で溢れていると思っています。
しかし、民主党への期待は幻想であり、この程度の『手打ち』が行われるのは現実的なのではないでしょうか。
私には、枝野先生にしても期待する所も有ります。
--------------------------
投稿者: asuwoyoku | 2010年2月11日 01:05 様
 小沢一郎・巌窟王は本心を語っていないと思います。
現時点では過激であり、一般に理解されないと思っているのではないでしょうか。
韓国・国民大学での講演や羽毛田長官への反論などに現れています。
書生や小沢学校を通じて数十年を掛けて実現しようとしていると思います。
現状では師弟関係を重視せざるを得ないのではないでしょうか。
小沢先生にとっては、民主党の議員数よりコアの支持者が足らないのではないでしょうか。
その意味では今回の戦いは先生の圧勝だったと思います。
しかし逆に、多極的な政局からすると今は雄伏すべきであり石川先生の離党も戦術としては仕方ないのかもと思います。
--------------------------
投稿者: ばろんでっせ | 2010年2月11日 06:38 様
いつもながら、正鴻をえた指摘、同感です。
--------------------------
投稿者: 元株や | 2010年2月11日 06:51 様
私も、社会党(共産党)の今回の対応は心頭腹が立ちます。

緋付献金をする者は政権与党に不利な証言はしない。
それ故、特捜が小沢先生を標的にしてきた面がある。
特捜がスタンスを変えるのは時間の問題だとおもう。
私には嬉しくないが。
 マスコミは結局、何も前進せずに終り、自らストリーミング放送等への敗北の路に入ってしまったのではないだろうか。

民主党対官僚機構を、将棋で例えると官僚側の王は既得権益、民主党側の玉は民主主義とでも考えれば良いのかもしれない。民主の角は内閣で飛車は小沢グループといったところか。相手方の飛車は検察、角は国税。さしずめ自民は桂馬くらいか。ギャラリーはギャアギャア五月蝿いマスコミと、それぞれのタニマチや懸賞金を掛ける事が出来る国民と考えてよいだろう。ここに来て民主側の飛車角連携が思うように行かず、飛車を取られそうな雲行きとなった。一旦引いて、責め筋を変えようとしたのが、オバマ氏との会談要請と取れる。地味だが相手の歩兵(田村)も取った。攻め手を間違えば負けてしまう。要は敵は何かを見誤らない事だ。今回の枝野氏を起用し、マニフェストという歩兵を地道に“と金”にする手を打った事は好手だろう。「歩の無い将棋は負け将棋」の格言もある。元々、「王より飛車を可愛がり」では勝てない種類の勝負なのだと再認識する事が重要だろう。ギャラリー相手の盤外戦は程々にし、その声に惑わされてヘボ将棋を指す愚だけは避けて貰いたい。

投稿者: 旁葉 烏 | 2010年2月11日 09:10 様

 的を得た観測と思います。
しかし巌窟王・小沢に『王』の部分が今後とも有るのではないでしょうか。
鳩山首相ほかが小沢先生を凌ぐ強烈な意志を持っていれば、こんなに難しい話にならないのでは無いかと思うのですが、如何でしょうか。

提案ですが、皆で民主党のHPに「石川議員が離党するようなので参院選の投票は棄権するつもりです。」と投稿しよう!!

唐突ですが、心配事があります。
"スーパーモーニング"に今週は鳥越さんが出ていません。春の改編で首になるような話が有ります。このまま、大谷さんや江川さんもテレビから消えてしまうかも知れません。検察が敗北した上、裁判も無罪の模様、マスコミが本腰で攻撃をするつもりでしょう。(上杉さんは既に干されたと本人がラジオで話していたがいかに?)岩上安身さんが、ある新聞社が本腰いれて小沢さんが議員辞職するまで攻撃するという情報をつぶやいたそうだ。

もうひとつ、ついに枝野議員が閣僚入り、鳩山内閣は霞ヶ関(財務省)主導の第二自公政権化ほぼ完成といったところです。
去年の政権交代は、黄門と七奉行の働きにより守旧派の巻き返しに実質敗北した。

おはようございます。
石川議員離党したのですね。私は離党の必要は全くないと思っていたのですが、民主党の置かれた立場を考えると政権与党として正しい判断なのかも知れません。
石川議員については公判で無罪となる可能性も大きいでしょうしその際には復党もあると考えます。

今の民主党ですが、みなさんが仰るよりは纏まっているんじゃないでしょうか?肛門様や長島議員あたりは政局が好きそうですしはっきり言ってお邪魔虫ですね。
しかし、いわゆる七奉行の面々を見ると政局には疎いし、政治実践派の方々が多いのではないでしょうか。かつて自民党に辛酸を嘗めさせられてきた彼等は今、政権の素晴らしさを一番実感しているんじゃないでしょうか?
ちょっと出遅れた枝野氏も今回ポストを得た訳だしきっと政治に専心してくれると思います。
そんな人たちですから、一度得た政権を手放すものかという思いはひょっとすると小沢幹事長より強いのではないでしょうか?そうすると彼らにとっても小沢幹事長は必要な存在な訳で簡単に党を割る考えは全くないと考えます。
今は、なによりも参議院選挙ですこれに勝利したら鳩山長期政権も見えてきます。そしてここから真の政治改革がスタートするのだと思います。
焦らずに民主党を応援しましょう。
政権批判はそれからでも良いと思います。

それとは別に検察・マスコミ批判は続けるべきだと思います。最近の事件を改めて見聞きすると検察の捜査手法にはかなりの問題点がありそうですから。今のままじゃ検察を信頼できないと今回の事件ではっきりわかりました。
マスコミの報道はもう地に落ちていますね。朝日の星記者や毎日の岸井記者の頑迷固陋さには辟易します。こんな人が造る新聞を読まされる読者は可哀想だ。

どうも、流れがおかしいです。
私はずっと鳩山さんと小沢さんの関係は強い絆で結ばれていると思っていました。だから、遅遅として進まない政治判断も、これも戦略の一つとおもってきました。
しかし、ここにきておかしいと思うようになりました。
先日8日の官邸で行われた10分間会談のあとからです。
あの後、首相は非常に不機嫌だったそうです。
これは、首相に張り付いている記者がツイッターでつぶやいていました。
鳩山さんは珍しく不機嫌だと。
その後、「私は幹事長に頑張ってと言ってない」発言。
翌日の仙石氏の「私なら離党する発言」
そしてその夜の枝野氏の超スピード入閣。
・・・・どうも、おかしい。

官僚に取り込まれている民主党議員が増え始めているという。
第一号は仙石氏だとも、聞かれる。
刷新会議のおと大臣がである今では元だが。
いろいろな意味で、あちこちにコネや権力を持つ官僚は政治家の喉から手が出るような、「良いもの」を沢山ちらつかせているらしい。
鳩山さんは何を考えているのだろう?

私は、官僚お手盛りの政治に嫌気が差して一票を投じた。
それが、できないのであれば民主党に未練はない。
私の不安が、杞憂であればいいと願う。

石川さんの離党はマスコミの飛ばし記事が発端で、本人の知らないところで始まったことらしい、仙石氏がリークしていると言う話もでている。
離党離党と騒がれて既成事実にされてしまった模様だ。

敵は自民党ではない。官僚だ。これは間違なさそうだ。

官僚は既得権益をけして離さない。その死に物狂いの意気込みは凄まじい。

小沢氏は下手をすると孤立無援になるのではないか?と案じている。

原口さんや細野さんに期待してやまない。
宗男さんが言うようにしっかり、状況をみていかないといけない。
官僚に取り込まれた民主党に未練はないともう一度言う。

紙媒体のマスコミ(主に大手と呼ばれる新聞)・映像媒体の地上波テレビはこのままの報道姿勢では早晩立ち行かなくなっいくだろう事は容易に想像できる。
今回の小沢問題でその様相が明らかになったと私は見ている。
インターネットの普及により、時代はかなり速い速度で変革している。日本人は穏やかで勤勉で大きな変革を望まない人々が大半を占めていたと思うが、世界が狭くなってきてここに来て大きく動き出した感がある。
昨年の政権交代しかり、このたびの小沢問題も既存のメディア以上に人々の認識が変わってきていることがその証拠といえるだろう。
このジャーナルでの様々な意見を読むに付け、その意を強くしている。
小沢さんは寡黙であまり言い訳をしない分自身の価値を上げているように思う。
先ずは少し冷静に彼の行動を見ていこうではありませんか。むしろ私は彼に大いに期待しております。

石川議員に投票した数多くの有権者の意思こそ何より肝要。

自らがそこの有権者でないのなら、何一つ口は出さず、推移を見守るべし、と考える。

政治は、法治国家の中で、法が時々刻々と変化する現状に対応出来ない時に、法を上手に運用するすることで人の暮らしを助けるもの。

ならば、人間が、人間の暮らしが「一人一人違う」ことから始まるべき。
「政党」なんて組織でやるからおかしくなる。

「組織を守るために、自らの身を投げ出す」って。こんなものの考え方、軍隊と一緒でしょう。

政党政治、そのものが嫌い。

投稿者: sirokuma | 2010年2月11日 10:30 様 下記同感ですが・・・
------------------
引用始『そんな人たちですから、一度得た政権を手放すものかという思いはひょっとすると小沢幹事長より強いのではないでしょうか?そうすると彼らにとっても小沢幹事長は必要な存在な訳で簡単に党を割る考えは全くないと考えます。』引用終
------------------
しかし、小沢先生の過激さに付いて行くのは大変なのではないでしょうか。
先生にすれば遅すぎた政権交代と自身の健康面が重なって、時間が無いのではないでしょうか。
 他の民主党議員には、政局はこれからであり、遅すぎた政権交代への焦りが少ないのではと思うのです。
暫く、軋轢が生じるのは避けがたいとおもいますが如何でしょうか

離党するのは当たり前。

民主党にとって今一番大切なのは参議院選挙。
そのためには離党した方が得。
石川議員だってわかってるでしょ。

正義が力なのではない、力が正義なのだ、そして数が力だと小沢氏に習いませんでしたか?

石川氏は、虚偽記載はしていないと言いました。

みんな、何故、起訴に至る前に信じてあげることが出来なかったのか。

検察も、マスコミも、そして離党させる民主党もです。

この日本は、狂っているとしか思えないぞ。

検察のゆーとーりに記載したら、こーなっちゃうだろうが↓↓↓↓↓

2004年
【原資】         小沢氏の個人資金である現金4億円
【収入計上】      小沢氏の個人資金より借入として、借入金計上
【入金の資産計上】  預貯金残約6千万円部分
【支出】         事務所費として、手付金・土地代金3億4千万円計上

【出金の資産計上】  土地計上なし ⇒ 使途不明金 ⇒ 横領罪で起訴

2005年
【原資】         不明
【収入計上】      なし
【入金の資産計上】 なし
【支出】         登記料等の付随費用だけの計上
【出金の資産計上】 342,640,000円の土地計上
⇒土地を買った“原資”はなんだ。 ⇒ 贈収賄罪で起訴
      ↓
・・・昔、“原資” “原資”って騒いでいたことがあったよね。なつかしー(笑)

 ゆーとーりにしたって、結局、起訴されちゃうんだ。

こんなんで、離党させられるようで、裁判に勝てるのか!!!!!

なんとかしてくれる人はいませんかー。

裁判に負けたくなかったら、↓↓↓↓↓を読んでね。

↓↓↓↓↓ここからは、「よろんず」への投稿の場所です
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2009/11/post_27.html
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 17:43
投稿者: 冨田 秀隆 | 2010年2月 8日 21:40

民主党へは、石川議員が離党を申し出ても、是非とも離党を阻止して欲しいとメールしていたのですが、残念です。

しかし、本人も、民主党も、離党が妥当だとは思っていないはずです。
遠くないうちに、石川議員の潔白が明らかにされ、堂々と復党できる日が来ることを念頭に置いたものだと思っています。

<日本再構築の一過程か>
 私も、不当に逮捕・起訴された石川議員は議員辞職はもちろん、離党も全く不要と考えております。
 しかし、今回は日本の統治機構を根本から変革しようとする小沢幹事長とそれを何としても阻止しようとする既成勢力との熾烈な権力闘争の中で生じた事件です。合法的に制度の変革を考える以上は選挙によって投票者の過半の支持を勝ち取らねばなりません。
 残念ながら地上波、大新聞は現時点で既成勢力のもとにあります。当面のターゲットは7月の参議院選挙であり、小沢さんの判断はこの一点に絞られている気が致します。戦法で言えば小沢さんはゲリラ戦も含めた地上戦、松下整形塾出身者は空爆のみです。空爆だけで敵を殲滅することは出来ません。しかし、空爆もあったほうがないよりましなのです。
 ところで、ならし様が11日 01:04 の投稿でふれておられます弁護士出身者の推定無罪に対する無理解の件ですが、私も不思議で仕方がありませんでした。検察、裁判官それに弁護士までもが、何故そのような基本的な認識が我々一般人と違うのだろうと。おそらくそこには司法研修制度の問題があるのではないでしょうか? 私も2,3の弁護士と付き合いがありますが、相当彼らには違和感を感じます。一言で言えば独善的で鼻持ちならないエリート意識です。弁護士ですらそうですから、いわんや検察官、裁判官などは推して知るべしです。早急な司法改革が必要と考えます。

Y家の母妻様曰く『官僚に取り込まれた民主党に未練はない』
匿名 11:06様曰く『正義が力なのではない、力が正義なのだ、そして数が力だと小沢氏に・・・』
どちらも正しく思う、現実の変革は一筋縄では行かないものだ。(溜息)

与党内分裂というストーリーを作りたがっている人々がいて、それに乗せられる人々がいる。この流れで得をするのは、ストーリーの創作者達のみ。

大メディアは小沢氏失脚の大目的を遂げんが為に、党内のわずかな動きを捉えては「反(非)小沢」「小沢氏との距離云々」などと巧に煽り、自らそれを"リーク"しつつある。世論を味方につければ(或は人質に取れば)、さぞ仕事もし易かろう。

最高権力者「党主席小沢さん」のツイッター?

族議員をなくすため「政治家と官僚の接触を禁止」した。陳情は党の窓口である幹事長室に一元化した。今までの自民党のたくさんの族議員の権能をワシ一人にしたのじゃ。すべてのワシを通さない議員立法も禁止だ。党の政務調査会は廃止して、幹事長室と政務調査会とを一本化した。政府と党の政策は一元化されて、党の政策は政府の政策となる。政府の政策は党の許可承認が要る。たとえば暫定税率は幹事長室が存続といえば存続というわけになる。つまり政治主導とはワシ主導ということじゃ。ワシは政府の人間でないから、先般行ってきた中国の胡主席のように党が政府を指導するのだ。これからは民主党主席になる。何しろ首相にもならずに衆参あわせて200人以上の小沢グループを率いているんだからな。こんな政治家は百年に一度しか現れんぞ。ウン。官僚どもがワシを倒そうと挑んできたが、首相とワシとで描いたシナリオ通りに一件落着した。ご都合主義者だとか国連中心主義者と呼ばれようと、保守だろうが革新だろうが、嫌米だろうが反米だろうが親米だろうが、バラマキだろうが、そんなことは知ったことではない。民主主義ちゅうのは選挙に勝つことがすべてである。ワハハハ。ワシも歳だし持病もあるから参院選が終われば跡目を細野に譲って隠居とするか。どれ、悪代官大島屋の住む参院自民でせっせと草刈りでもするか。

《THE JOURNAL》編集部様

 石川知裕さんは、政治資金規正法と政冶倫理に違反する行為をした嫌疑で、『法的責任』、『道義的責任』、『政冶敵責任』を問われているようですが、当該の行為は、『六何(5W1H)の原則』に従って事実関係が特定されておりません。

 石川知裕さんの行為が世政治資金規正法や政冶倫理に違反する行為に相当するか否かについては、その嫌疑を掛けた側に、現実の証拠に裏付けされた事実を示して、その真偽を証明する『立証責任』があり、石川知裕さん側には一切の「説明責任」はありません

 石川知裕さん側には、嫌気を掛けた側の論拠に対して、反駁する権利があるだけです。

 石川知裕さん側に『悪魔の証明』を迫り、議員辞職決議案云々を唱える、自民党・公明党・共産党・社民党の人々は、『正義』・『責任』を弁えずに、『愚衆政冶』に依る『魔女狩り』を推進している過ぎません。

 石川知裕さんは、公訴されているのだから、法律に基づく『正義』の場は裁判所であり、判決が確定するまでは無罪と見做すのは、民主主義の属性である法定主義の下で日本国民に課せられた『道義的責任』であり、世論の多数意見を以て決着をつけようという考え方は『愚衆政冶』に過ぎません。

 また、石川知裕さんの行為が世間に物議を醸したことが『政治倫理』に反すると唱えるならば、その嫌疑に対して立証する『政治的責任』は、一義的に、検察庁・大衆通信媒体・犯小沢派の政治家など世論を扇動した側にあります。

 因みに、人間が活動するのに必要とされる資質は、情熱および洞察力ならびに責任感であり、『責任』には、或る行為の目的とそれに対する熱意による心情論理・感情論を以て結果の正当性を評価する『法的責任』と、それとは次元を異にし、その行為が如何なる結果をもたらすかを予見し、適切な手段の有効度を考量した上で、行為の結果について他者に転嫁することなく、社会に対する影響力についての包括的な勘定論を以て行為の因縁と果報の正当性を評価する『政治的責任』とがあり、何人といえども、『法的責任』と『政治的責任』の両方が課されているというのが、『責任』についての因果の道理です。

 『熱狂的な我ん張り屋さん』と思しき、ウヨク、サヨクに限らず、世間には、「頑張れ!」と声を掛けられると、一層「我を張る」ような単純バカや、その『熱意』だけを尊敬する愚衆も存在するようですが、日本国憲法も掲げた民主政治の理想・目的を達成するためには、『熱意』や『頑張り』は反って邪魔になることがありますよね。

 幹事長の職務を継続するという小沢一郎さんの決意も、民主党を離党するという石川知裕さんの決意も、其々の事情を考慮した上での『政治的責任』の取り方としては、妥当だと、私は評価します。 

to-chan | 2010年2月11日 03:43 様
確かに落ち込んでいては士気が上がりません。
こんな時こそ、「こみ上げる熱い怒りを」
「We keep fighting forever!」です!

布施 | 2010年2月11日 11:19 様
その通りです。確かに石川議員の離党は非常に
残念ですが、この件で民主党を見限ってしまえば
それこそ「ストーリーの創作者達」の思うつぼ。
夏の参議院選で自民党が勝ってしまい、
日本は、黒歴史へまっしぐらです。

まだまだ、小沢さん騒動の余波はあるんだと思います。

が、司法検査の改革と、新聞TVの構造改革、いずれも権力構造を民主党主導に変革することです。

8月時点での、政策結果責任、は内閣の責任、鳩山さん、菅さん、平野官房、仙北タヌキ、政策結果精査で途中評価し、10月以降の、民主党政治体制は、代表選挙で代表を決め、権力構造、政策推進を民意に沿い、実行すべきと思います。

民主党は、9月選挙を堂々と民主的にやらなければならない。
党則沿い、に忠実に必ずやらなければならない。

小沢さん、鳩山さんのでの、代表戦挙を期待する。

小沢さんファンとしては、ここらで断固とした権力構造のチェンジを、小沢さんの手で実行を期待したい。

鳩山さんの政治資金の問題は、政治的に重大な認識障害だと指摘したい。

フレーズ政治、アドバルーン告知政治、”金持ちおぼちゃま”政治で成果を上げられるか?。
参議院選挙結果とは別に、政策実現の進捗途中精査で、必ず9月、代表選挙を実施希望する。

小沢さんファンは期待しているようですが、何も変わらないと思いますよ。
箇所付けを国会で審議しようと言っていた人達が、政権を取るなり正反対の行動をとっているのを見ても、結局権力が欲しかっただけと言う事がよくわかるじゃないですか・・・。
ただ石川議員は気の毒だと思います・・・何時の時代も秘書は使い捨てですね。

何とも微妙な状況ですね。

報道の通り「意図的に虚偽の記載をした」と認めているのが真実であれば、政治資金規正法違反を本人が認めていることになるので、司法の判断を待つ前に本人の意思でけじめを付けたということでしょうか?

政治資金規正法違反であれば悪質性も無いに等しく、そもそも罪と言えるほどのものではありませんが、石川議員に無罪を主張する意思がないのであれば、その「微罪に見合った」責任の取り方を考えなければならなくなってしまいます。それが今回の離党という判断だったのでしょうか?

心配なのは離党することによる今後の影響です。検察や報道は、「やはり石川議員は悪人だった」、「民主党はトカゲのしっぽ切りで幕引き」、「小沢氏も連帯責任を負うべき」などなどと盛大に攻め立てて息を吹き返す可能性があります。

無罪を主張できるのであれば、石川議員も民主党も戦うことができるし戦わなければなりませんが、「微罪」を認めたために無罪の旗印を掲げて戦うことができなくなってしまったのが現状なのかもしれません。押しても引いても上げ足をとられる可能性があるので今後の対応は難しいですね。いずれにしても、事実に反して余計な策略を巡らすよりも事実に則して訴え続けることが、最終的に石川議員と民主党の身を助けることになると思います。

政治資金規正法違反で起訴された石川代議士が、「自らの意思で」現在まで所属していた民主党の党員を離脱する、ということには二つの意味がある。
1)今後の公判過程を見通した上で、それにまつわるマスゴミのデマ宣伝の対象から、民主党という政党組織を切り離し、石川個人としてすべてを引き受ける覚悟と判断の表明。
分かりやすくいえば、今後、党や党幹部、とりわけ小沢幹事長にこれ以上迷惑をかけない(この気持ちが、結果的に今回の不当な起訴につながってしまったのだが)という常識的な日本人の大人の配慮の表れ。
2)現在の民主党という政治組織が、全体としては、党所属代議士のひとりの正当な政治的権利を擁護できるような組織文化を有していないことへの「絶望と怒り」の表明。
分かりやすくいえば、かつて彼の秘書であり今回の起訴の件で迷惑をかけた(と、石川氏は感じているであろう)小沢氏を除く、それ以外の多くの民主党党員(これでも同志か)への「不信と決別」の意思の表れ(とは、石川氏自身は口が裂けてもいわないであろうが)。
今後は、今回もっとも強く石川代議士の逮捕、起訴をした検察を批判した現職代議士の鈴木宗男氏と一緒になって、北海道の地で地域政党『新党大地』を発展させる活動に、あくまでも「国会議員」として邁進してもらいたいものだ。

小沢さんファンは期待しているようですが、何も変わらないと思いますよ。
箇所付けを国会で審議しようと言っていた人達が、政権を取るなり正反対の行動をとっているのを見ても、結局権力が欲しかっただけと言う事がよくわかるじゃないですか・・・。
ただ石川議員は気の毒だと思います・・・何時の時代も秘書は使い捨てですね。

民主党は「攪乱戦術」に打って出るべきである。

検察のリークに対して、自ら検証能力、取材能力も喪失したマスゴミを操作するのは、逆にやさしいはずである。マスゴミの喜びそうなネタを次々と民主党は提供すべきである。

そのためには今一度、党執行部のスタンスを揺るぎなきものにする必要がある。(意外と既にそうなっている気配があるが)その上で、それぞれの役回りを演じることに徹するのである。既にマスコミ受けする「反小沢」を正面に立てながら、適当に小沢批判の正論をかましておいて、言うべきことを言う。正論は正論でしかなく「はいそうですか」と答えるしかないし、突込みどころもないからそれ以上の議論にならない。昨日の古館ももっと枝野に小沢批判やらを展開してほしかったのだろうが、形勢悪しと判断して、事業仕分けの話に振ってその話に終始した。

党内に亀裂がある、と、どんどんマスコミに騒がせておいて、選挙の実弾バトルは地上戦で着々と進めればいい。既に参議院も民主党の手に落ちたのである。更に自民党の中にまで手指を突っ込んでかき回し、確固撃破で、自民党内反執行部派を取り込めばいい。まずは離党、そして会派入りを促し、いずれは民主党入党が実現できるのが望ましい。

仙石氏の発言も考え様によっては「離党は仕方ないが、辞職は不要」という論法であったのではなかろうか。ならば枝野の「国民が納得する」という「目安」が「欺瞞世論調査」でないことを前提とするならば、「国民の納得」は「選挙」でしかないのである。ゆえに「国民が納得する」ことを「エセ世論」にすがりたい勢力は、永遠に小沢氏の「クロ」を「エセ世論調査」のみにすがってデマ報道するしかない。

もはや検察は「特別扱い」を認められた結果に安堵し、これまでの姿勢を変化させるしかない。跳ね上がり特捜部長一人のために、検察上層部全ての「利権」を天秤にかけるわけにはいかないのだと思う。

晴れてフリーの身になった石川さんには、民主党に遠慮することなく、自らの潔白を訴え、マスゴミのリークの事実関係と信憑性の検証や検察の横暴を暴くことに、鈴木さんや三井さんたちとともに積極的な行動に出てほしい。この「The Jounal」にも一日も早く登場してください。いまや、北海道の支持者10数万人の規模でない数百万の全国の国民が石川さんを支持し、行動開始を待ち望んでいるはずです。

そもそもが「二大政党」にするためには、スタンスの違いのある二つの勢力を民主党内で今から育てる必要がある。

投稿者: WL1の風 | 2010年2月11日 12:17 様

 大いに同感、臥薪嘗胆に耐えたのは小沢先生だけではない。
民主党議員は、この歴史の流れに逆らえる訳もなく、結果的に御説の「攪乱戦術」になって行くと思う。
そうあって欲しい。

投稿者: 揺光(M.Yanagida) | 2010年2月11日 12:11の投稿の訂正です。

「意図的に虚偽の記載をした」
  ↓
「収支報告書に不適切な記載をしたことについては深く反省する」(2/10 毎日、朝日、他)

政治資金規正法違反の微罪を認めているような発言であることに変わりはありませんが、だいぶ悪質性に関するニュアンスが変わってしまいますので石川議員の名誉のために訂正します。大変失礼いたしました。

 残党狩りは白兵戦だ。
経済団体・公益団体・議員連盟・・・
残党を隠家から燻りだし、政治的往生をさせなくてはいけない。

鳩山も小沢も、検察の捜査は「公平公正」と言ってるのに、
ここで、検察批判で盛り上がるのは滑稽に思えます。

小沢一郎氏が会見で言った”検察の捜査は「公平公正」”は、”検察が不起訴と言ってるんだから潔白が証明されたんだ””マスコミは「小沢は潔白だ」と今まで有りもしない疑惑を報道したのと同じくらい潔白報道しろよな!”ってことでしょ!

会見意図も理解出来ず、「ここのサイトの検察批判は滑稽」と言う輩こそひどく滑稽なり。

投稿者: 民主党支持 | 2010年2月11日 13:06 様
済みません。
私は特捜の議会制民主主義への攻撃から民主党支持になったのであってその逆ではありません。

http://www.youtube.com/watch?v=5ySd_iN56VY
の01:40からの郷原先生の発言を参照下さい。

匿名 様| 2010年2月11日 11:06

 「民主党にとって今一番大切なのは参議院選挙。
そのためには離党した方が得。
石川議員だってわかってるでしょ。

正義が力なのではない、力が正義なのだ、そして数が力だと小沢氏に習いませんでしたか?」

 そのとおりだと思います。

ルーク様 | 2010年2月11日 00:06

 「日本の民主主義のレベルを考えた時、離党についてはやむを得ないのだろうと思います。理は石川議員の側にあるとしても、日本はロジックではなく空気で動く国なので、一定のけじめの形が必要になったということでしょう。むしろ石川さんが国会議員に踏みとどまったことを評価すべきで、小沢氏が検察に勝利したことを示すものだと思います。」

 仰るとおりです。

 「政治は数」とは故田中首相の政治哲学ですが、小沢幹事長の国民主権という理念も、煎じ詰めればそこに行き着くわけで、最後は人々の投票が、国の行方を決めていくというのが民主主義でしょう。

 検察とマスコミの悪辣としか言いようの無い策動で、離党に追い込まれた、石川議員にはお気の毒ですが、日本の改革を成し遂げるためには、次の参議院選挙は、何が何でも民主党に勝って貰わなければなりません。

 小沢幹事長指摘のとおり、デマ報道によって作られた世論ですが、そのデマ報道で動く世論が、今現在の「日本の民主主義のレベル」であること、もまた確かです。

 ネット・メディアの発達により新しい情報伝達のルートが出来つつありますが、その完成には、まだまだ時間が必要です。
 しかもこのルート自体にも、既に多くの、既存メディアの分遣隊が跳梁跋扈し、報道機関顔負けのとんでもない情報が流れています。

 明治以来、100年以上かけて作り上げられたシステムは、一朝一夕では、覆りません。

 焦らず、慌てず、諦めず千里の道も一歩からで、着々と改革の道を進んでいくべきではないでしょうか。

 朝日新聞以外は全く無視ですが、上杉記者の、小沢幹事長会見での指摘にあるように、「ラジオ・ネットの世論調査では7割から8割は幹事長は辞めるべきではないという結果が出ている。」
 という、情況もあります。

 小生も、粘り強く、ネットを通じて或いは個人ルートを通じて、情報発信を続けていきたいと思っています。
 

 

検察に対しては、都合のいいときだけ受け入れ、都合の悪いことは陰謀だと騒ぐ。
それでは冷静な庶民は騙されませんよ。

民主党内で内輪もめするなんてとんでもありません。敵に塩を送る振る舞いです。攻めに転ずる時です。団結あるのみです。そして、純情な将来ある石川議員の復帰をみんなで心待ちしましょう。       「人民大衆は小さな嘘には騙されないが、大きな嘘にはたやすく騙される」と。  9.11の真実は世界中が知っていますね。小泉内閣が
、国民の大半が反対したイラク派兵と偽装郵政を強行採決したこと
。この悪政だけでも数百兆円の国の富(国民の税金)がアメリカに収奪された真実を有権者は知る権利があります。  これらの、大きな嘘がバレるのを一番恐れるのがマスコミですよね。さらに、そのメディアに世話になっている連中「政治学者、政治評論家、tvキャスター等」が、世論を煽る張本人だと思います。このサイトへ参加の皆さんはとっくにお察しのはずですが。  この国を本当に世直しできる人、小沢一郎をずっと尊敬し、支援するひとりの老人です

一般人 | 2010年2月10日 23:33

元福島県知事にしてもホリエモンにしても、今の日本じゃ検察の裁量権の前では等しく犯罪者扱い。小沢氏が1人でこの不整備な今の悪制度を叩きのめしたら、それこそ本当の独裁者だ。悪制度でも従って、その上で最善を尽くすからこそ法治国家であり、その意味で石川氏を後ろに回って擁護するのは政治戦略として正しい。心配しなくても明治以来の亡霊の様な悪制度は徐々に改革していくよ。ここの人達の支援を受けてね。

英二 様 | 2010年2月10日 23:32 wrote:
[今月25日、給与が入ったら石川議員に1万円献金しようと思います。]

私も、このまま検察+メディアの世論操作に何もせずにいることが、我慢できません。

石川氏が衆議院議員として今後も元気に活動を続けて行くことが、検察+メディアの世論操作と戦う一つの重要なカギになると思います。100回の心ない罵倒と記者によるバッシングに対し、たった1人からでも起訴後の石川さんへの1万円献金が励ましになることを願って下記のURLで申し込みました。チラシのために取っている新聞を切って、その金を献金に回そうかと。 

https://www.tokachi-ishikawa.com/support/kenkin/mail.cgi 

選挙区は遠く離れていますが、国会議員になった以上、石川氏は大阪にいる私の代表でもあると思っています。何がなんだか不明の罪状で起訴され、トカゲの尻尾のように離党させられ、あげく辞職に追い込まれるようなことは、私にはとても許せません。

今、彼が理不尽な理由で注目されている状況を逆手に取って、「起訴後に全国からの個人献金の申し出の嵐があり、勇気づけられました。」と記者会見あるいは国会で言えるような状況になればと思います。そうなれば、私も国の将来にも少しは希望が持てるかも知れません。企業献金やおかしな政治と金の問題から脱却できる議員の第一号になって欲しいと思います。

投稿者: 匿名 | 2010年2月11日 14:30 様 同感です。

引用『小沢氏が1人でこの不整備な今の悪制度を叩きのめしたら、それこそ本当の独裁者だ。悪制度でも従って、・・・』⇒その通りです。
引用『亡霊の様な悪制度は徐々に改革していくよ。』⇒そうあって欲しい。
-----------------------
追伸
私は全ての亡霊の往生を願っています。
しかし、内閣支持率73%が持続されるとしたら、異常事態だと思います。
50%弱でも高すぎると思っています。
-----------------------


大阪の一国民 様

私も貴方に続きます。
今までは選挙区の先生(私と思想的変遷がとても似ている。)に献金してきましたけれど、今回は石川先生にもしようと思います。
2万ですが・・・

尚、大阪の一国民様が挙げて下さったURLにはスペースが後ろに付いていて、そのまま叩いても石川議員の献金窓口に行きません。

下記の献金窓口は上手く開くかな??
https://www.tokachi-ishikawa.com/support/kenkin/mail.cgi

石川議員はすでに公判での臨戦態勢に入っているのではないでしょうか。それだけにマスコミの質問には慎重になっています。大久保秘書もそうだったけど、訴因変更は裁判をながびかすし、虚偽記載で公判まで持って行き、公判で全てを述べ無罪を勝ち取る考えではないか。選挙への影響を考えての取り急ぎの離党声明ではないか。無罪を勝ち取れば堂々と復党できますし。現状は理屈抜きに自民党が攻撃するでしょうから
党が党の為と判断したのではないでしょうかね。マスコミもこれによる報道の変化も考えられるのではないでしょうか。

「世論調査の欺瞞を暴く」

とーくめい様

>内閣支持率73%が持続されるとしたら、異常事態だと思います。
50%弱でも高すぎると思っています。

今となっては、(世論調査の欺瞞が暴かれた)そもそもが疑わしき数字です。すべてに「意図」があったとしたら、高くすることは一体何の意味があるのでしょうか。

その後の下落率を利用しようと考えているのでしょうかね。

私もせいぜい50%あればいいと思いますけど、そんな実態調査は不可能です。

ウソの許されないビジネスに必要な場合には、複数の側面からの調査を掛け合わせて整合性を取り、あとは「分析」で判断します。数字と定性分析は別物です。

またいわゆるデータギャザリングのアンケート形式の市場調査は充てにならないので、今では人為的操作が不可能なPOSデータしか、信用しないことになっています。

すみません、「世論調査の欺瞞を暴く」は、「WLIの風 」でした。

投稿者: とーくめい | 2010年2月11日 11:06 様

私も最初は参院選後の分裂もありと思っていたのですが、肝心な自民党がこの体たらくですし、自民党を割って第三極を造るようなエネルギーを感じさせる政治家は見当たりません。僅かな可能性としては舛添氏あたりでしょうが民主党政権が余程のへまをしない限り民主から割って合流する議員もほとんど出ないと思います。

だから残された可能性は小沢幹事長が自ら民主党を割りもう1極を作り出すかだけであると思います。でもこれには、待ったなしに改革を進めなければならないと考える小沢幹事長自身も前向きとは思えません。

大事な事を皆さんお忘れですが、今の民主党の右から左までの幅広い意見を一つに纏め上げる器量のある政治家は、政界広しとい言えど小沢氏以外に居ません。
こうして見ると、党内でかつての敵であろうが政権維持の為には小沢幹事長と連携して行く他に途はないと思います。
互いに妥協はしても政権を維持するのか、野に下りやり直すのか?
もう政局は結構、これからは民主の政治を実践しよう!と結局はそれが民主党議員の総意じゃないでしょうか?

逮捕起訴されたら有罪だというなら、裁判などいらない。検察が自分たちの基準で選んだ相手を逮捕し、リーク情報による有罪報道で世論誘導し、起訴して葬り去る。
まさに、検察とマスコミのリンチではないか。

離党してもしなくても、議員辞職してもしなくても、小沢非難に矛先は向かう。
検察と共犯関係にあるマスコミは今後、自分たちの有罪報道の正当化のために、小沢辞任に向けて、全力を注ぐと思う。
毎週狂ったように世論調査を繰り返す気だろう。去年のように、辞任するまで。

投稿者: sirokuma | 2010年2月11日 15:23 様 御論説に我が意を得たりです。
----------------------
引用始『党内でかつての敵であろうが政権維持の為には小沢幹事長と連携して行く他に途はないと思います。
互いに妥協はしても政権を維持するのか、野に下りやり直すのか?
もう政局は結構、これからは民主の政治を実践しよう!と結局はそれが民主党議員の総意じゃないでしょうか?』引用終
--------------------------
私は西沢建設で特捜が小沢先生の捜査を開始した数日後から、選挙区の先生に献金しはじめました。
と言うのは、小沢先生は私の履歴からすれば対極にある人であり。
選挙区の本田先生は私の思想遍歴を辿っていたからです。
本田先生と話して実感したのは、臥薪嘗胆に耐えているのは小沢先生だけではない。
海江田先生など、以って鏡とすべきだと言うのです。
現時点での民主党政治家は政治家の衿持としてプライドを共有している様に感じます。
今後ともそう有り続けて欲しい。

投稿者: 匿名 | 2010年2月11日 15:18 様

学生時代(三十余年前)ビデオリサーチのギャザリングデータのアルバイトをしていました。
その頃の彼等のデーターに対する執念、アンケート方法への拘り、アンケート方法の間違えやその修正方法、前後の集計との整合性等への、学究的なプライド/執念には驚きました。
しかし今、全く恣意的な集計を葵のご紋の様に翳すマスコミ。
なんと変わり果てものか・・・・

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20100211-567-OYT1T00425.html

国会開催中、野党は国民生活などまったく見向きもせずに、偽りの世論を維持すべく「政治と金」にしがみ付く算段だそうです。

生活に困っている方が、そんな如何でもいい問題を一番知りたがっていると風潮するマスコミの偏見報道が続くのが避けられない今、石川議員の決断は、苦渋の選択ですが支持しざる終えない。

ちゃんとした世界に誇れる民主主義国 確立の為、万一の参議院選敗北は有ってはならない事。

離党はしても無所属議員として国会に出席し、民主党の質問時間を与えるなどの配慮を小沢さんがしてくれると思うが。

今はこのジャーナルだけではなく良サイト・良ブロガー・ツイッターが増えたので、良い記事もたくさん読めるようになって来ていますね。

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1224.html

石川さんは今回の件を己の力に変え、今後も頑張っていただきたい。箔をつけて帰ってきたとおもえばいい。2年生ながら全国区の知名度を得たわけだから、地元の皆さんにかわいがってもらい、政治家として恥ずかしくない活動さえ続ければ自ずと道は開ける。宗男さんも出てきてからのほうが素敵だし、長い目でみれば、人の痛みと権力の恐ろしさを知る、しかも小沢一郎の愛弟子と言うブランドさえも備えた大政治家の可能性あり。精進していただきたい。

あるコメントの引用『小沢さんは寡黙であまり言い訳をしない分自身の価値を上げている』引用終
--------------
小沢さんは自分を説明できない。
羽毛田長官への反論でさえ、一般にはとても付いて行けなかった。
--------------
小沢さんを巌窟王としたコメントがあった。
モンテクリスト島の財宝をどの様に解明できるだろうか。 有り得ない。
--------------


ウーさま
ー国会開催中、野党は国民生活などまったく見向きもせずに、偽りの世論を維持すべく「政治と金」にしがみ付く算段だそうです。ー
この際です。徹底的にやらせて夏の選挙で壊滅状態にさせませう。喧嘩上等です。
大体自民党議員は、官僚とつるんでなければ何一つ出来ないアホ政党です。ゴミもそうですが、他のことを報道するだけの知力も分析力もありません。石川議員を風で離党に追い込んでも、またぞろバカな一つ覚えの報道ばかりしていれば、そのうちみんなから飽きられるのは必定です。
もう、小沢コールもみな、ぼつぼつ飽き始めています。ゴミも不審な空気を感じ始めればバンクーバーで視聴率稼ぎを初めるので、その頃が、法案成立の好機だと思います。
ゴミの思惑通りに終わらせるなんて、腹の虫がおさまりません。

>堀口雪文 | 2010年2月11日 17:50 さん

「景気対策や社会保障などは一切議論するな。政治と金だけやれ」と野党が言うなら、おっしゃる通りですが、あなたの意見は逃げの詭弁でしょ。

疑惑追及は別に時間とってやりゃいいんですよ。1,2時間も裂けないなんてアホな話しはないですよね?

潔白をそこで主張すりゃいいんじゃないの?
それが説得力あれば世論支持だって回復するでしょ。

なにか間違ったこと言ってます?

石川議員が離党されたようです。

この離党は、トカゲのしっぽ切り
や、小沢さんの身代わりではないと思います。

この先の公判に備えての事だと思います。
石川議員!頑張ってください!!
応援しています!!!

この裁判の中で、偏向報道のマスコミが成敗されると良いなぁと
願っています。
トカゲのしっぽ切りで(笑)

この石川議員の離党を無駄にしないよう、ひとりの国民としてブレずに、民主党を支持していこうと思います。

みんなへんですよ。もう今更この夏参議院選挙で民主党が負ける訳がないでしょ?枝キチ君もセンズリ君もネタですから。このまま夏までマスコミさんに民主党の内輪ネタで覆いつくさせましょう。そして誰もいなくなった。自民も公明も共産も、、、これで完成。それからがお楽しみに!石川くんもスーパーサイヤ人になりますから大丈夫。

おやおや様
よく文章を読んで頂けます?
「政治と金」で国会をストップさせようとしているのは自民党です。こちらとしては彼らが「政治と金」だけやるなら、彼らの能無し度がアピールされて、選挙に好都合という事です。み党も乗っかったのですから、追求頑張る事ですね。
>疑惑追及は別に時間とってやりゃいいんですよ。1,2時間も裂けないなんてアホな話しはないですよね?
あなたが、自民党に直接言ったらどうですか?政策考えてないから絶対やりますよ。肝心の議論そっちのけで、フリップ作って...

>潔白をそこで主張すりゃいいんじゃないの?それが説得力あれば世論支持だって回復するでしょ。
どうせ、ゴミが言葉尻を捕まえて、揚げ足を取って騒ぐだけでしょう。一般の人は私を含めて論戦の是非よりは雰囲気を見るでしょうね。決めては言葉ではありません。態度です。自民党の支持率が上がらないのがそれを物語っています。私としては夏の選挙で這い上がれない程負けてほしいと思っています。ゴミも自民も一蓮托生で、基本的に信用されていませんが、情報が無い人達は何故か無条件にゴミの情報を信じるというアンビバレンスな状態が続いていますが、いずれ前回の選挙のように瓦解するでしょう。
いっそ、どさくさに紛れて、さっさとクロスオーナーシップの法案を通してくれれば良いのですが(w

なにか間違ったこと言ってます?
>根本的な読解が間違っています。

いままで見えていなかった、この国の暗部が、今回の政権交代であぶり出されています。検察によってつくられたシナリオ通りに、佐藤前福島県知事、村木元厚労省局長、大久保秘書、石川議員らが起訴された事件で、わたしたちは日本という国の病状の深刻さに気づかされました。マスメディアが検察寄りのリーク情報を一方的に流し続けてきたことへの憤りはいかほどかと、お察しします。

マスメディアがこれほど情けない企業集団だとは、実はこれらの事件が起きるまで、認識していませんでした。石川議員はじめ犠牲になられたみなさんには、ほんとうに言葉もありませんが、マスメディアの腐敗ぶりを知ることができたという意味では、大きな収穫になっています。マスコミを使っての印象操作、世論誘導は、いまのところ成功していますが、これは許されないことです。記者クラブ制度はすみやかに廃止すべきです。 メディアと官僚や広告代理店との癒着がないか、調べることはできませんか。

http://twilog.org/iwakamiyasumi より
2010年02月11日(木)
是非、11社+通信社2社に直接、言ってください。ガンガンでも、ぐちぐちでも、いいですから、読者・視聴者は、ちゃんと見てる、いい加減に変わってと伝えてください。相当RT @umnmu @iwakamiyasumi マスコミは巨大な権力に見合う責任を負うべきです。
posted at 11:50:59

とにかく、政治資金規正法を政治家に対する治安維持法にしないためにも、石川議員を支えていかなければならないと思っています。政治とカネの問題だったら、自民党の側にとんでない話がいっぱい出ていた。知っていますよね、マスコミのみなさんは。

まあ、しばらくして新党大地にはいればいい。民主党にはけっこうがっかりした。

堀口さん
コメント有難うございます。

確かにアホ政党ですが、地方レベルでは支持団体は侮れるものではありません。気を引き締めたほうがいいと思いますよ。

今回の小沢さんへのマスコミ報道の異常さを考えても 最後の戦いに賭ける、報道権力の凄まじい偏見報道に恐怖を感じます。

その内、美しい方とシンジロウさんの婚約パーティで親父がプレスリーを踊る姿を特番で放送することもマジで考えられます(笑)

国民生活を良くする政策が無く、他党批判するしかない政党に残されたことは人気者を候補者にするしかないので。

石川さんの民主党離党の会見を放送したTBSニュースでキャスター後藤が酷かった。

小沢さんに相談していないという石川さんの会見を聞き「小沢さんに相談しないなんてありえない」と嘘吐き呼ばわりをした後10分間の民主党バッシング。公共電波で証拠も無いのによく言えるものだと。

言いながら目が泳いでいるのを見て上から言わされているのだと悲壮感さえ感じたんですが・・・

ばろんでっせsan | 2010年2月11日 06:38

【少し苦めのコーヒーの所為】というよりも、ここに書かれた内容や文章構成から拝察するに、正座をし威儀を正して書かれたので、【ちょっと興奮してしまいましたぁ(笑 】となったのだと勝手に思っています。

【大村自民議員は「年金問題」で長妻厚労大臣を攻め立て、金子自民党議員は「道路予算仮配分」で前原国交大臣、馬渕国交副大臣、平野官房長官を攻め立てている】が、谷垣総裁や大村・金子両氏を含めて攻め手のポイントがずれていて明後日の方を攻めるので全く迫力がない。高橋真梨子さんの歌ではないが、♪歯がゆいのよ、コア部分はそんなとこにないのよ♪と敵塩を贈りたい気分になります(笑)。
野党が、【未だ支持を惹きつけるお題目は無く、重く暗い悪辣な前科が幾つもある】状態では、この国の政治は非常に不健全で心配です。

他方、与党も政治主導の政府側も、【民主党連立政権が彼等へ攻め込むタイミングは今なのだ】という認識があるのかないのか、認識能力があるのかないのか、野党が用意したへなちょこ土俵に呼び込まれて一緒になってへなちょこ相撲をヨタヨタとやっている、野党相手の相撲はへなちょこでも問題は生まないでしょうが。与党と政治主導の政府側が相手するべきは、本当は今も今後もガッチリした相撲を取るべきは官僚組織であり、官僚が持ち続けている権力だと思うのです、彼らが持つ国家権力を政治主導の下に組み伏せる(※注)こと、その上で緊張感を持って政治(立法と行政)を進める体制を造ることが大切なことだと思うのです。
そのためには、賢明な国民有権者は今後決然として遣る事が沢山出てくると思うのです。

(※注)部門によっては、人事権ではない別途の高度な戦い方が必要だし、賢明だと思います。目的が達成されればよいのだから。小沢vs検察騒動では、私の主張は採用されませんでしたが・・(笑)。

今日、17時のTBSのニュース番組で、岸井が持論を展開した。枝野を起用したのは、鳩山首相が7奉行寄りになった証拠だ。いずれ、鳩山自身が、小沢氏を更迭するだろう。その理由は、石川氏は形式犯ではなく、重い罪である。そして、民主党の支持率はこれからずっと落ち続けていくはずだ。と言っていた。

内閣人事局「重大ニュース」

これを読めば今回の小沢事件がすべてわかった。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100209ATFS0900209022010.html

ウーさま
>地方レベルでは支持団体は侮れるものではありません。
各県の議会に外国人参政権でいちゃもんつけるように指令が出たそうですね。こういう撹乱戦法は国のためにならないと思うのですが、困ったものですね。
>マスコミ報道の異常さ...
私もかなり異常だと思います。大方の人は異常だと思っているようですが。やはり、公共のデムパはいざとなると強いものがあります。この必至さは、業界の利権の凄まじさを物語っています。ここの情報がリークされてくると世間の目も変わってくると思います。小沢さんの4億の比ではないくらいの利権がメディアにある事実が、どんどん流れればいいと思います。
キャスターの後藤だけでなく、げっとさまの言では、相変わらず岸井も酷かったようですね。メディアが解体された暁には、こいつらには自分自身の発言の責任を取ってもらいませう。
>言いながら目が泳いでいるのを見て
生活がかかっているのは皆同じです。こいつらの発言で、石井議員や大久保さん達も、おそらく家族の人たちも大変だったと思います。同情する事は無いと思います。

=(日本人を止めた)無国籍人さま=
>与党と政治主導の政府側が相手するべきは、本当は今も今後もガッチリした相撲を取るべきは官僚組織であり、官僚が持ち続けている権力だと思うのです、

横、書きます。まともなメディアのある国家ならとっくに戦いの模様が報道されたのでしょうけれど、官僚側にずぶずぶですから、与党はやりにくいでしょうね。しかし、これが日本を如何のダメにしているのかを、官僚もメディアも判っていないところに恐怖があります。自分たちこそが日本の舵取りを出来るのだと、まだ真剣に思っているから怖いのですね。

参議院議員選挙で民主党圧勝。
石川議員民主党復党。

枝野は大臣になったはいいが、今まで特に問題にならなかった失言が、大臣という責任ある立場では問題視され更迭。失言大臣ではテレビ出演もなくなり、お笑い議員引退。

こんな感じでどうでしょう。

堀口雪文さん | 2010年2月11日 21:24

引き続きご健筆で何よりです。
随分前に堀口さんにこのTheJournalで、「旧政権への偏向メディアは早晩悔悛するのでもう少しの辛抱です」と申し上げたのに、私の予想が狂って(※注)時間が掛かってご迷惑をお掛けしていますが(笑)、それでも然程の長期間は掛からないと思っています。今暫くの辛抱だと・・。
  (※注)言い訳(笑):鳩山首相が、記者クラブ制を生き長らえさせたり自然体を標榜したりして、国家の最高権力者然としない(小沢vs検察騒動も真にこれ)ことが計算外でした、ここまで現実離れして無邪気とは!!

民主党政権(鳩山政権には拘りません)が短期では終わらないと解れば、潮目は間違いなく変わるでしょう。
そのために、
1.観えてきている方策は、
1)懸案の記者クラブ制の解体がある、原口総務相がヤル気を出し始めている。
2)同じく原口さんのクロスメディア(またはクロスライセンス)禁止法の実施・・これは効くと思います、経営からの旧態依然の神の声が弱まり特に報道現場の自由度が上がると期待しています。報道現場に健全な志と使命感がある前提ですが(これは彼らへの挑発目的の蛇足とエールです)。

2.これは現在は私の大きな期待ですが、与党も政権も経済界ともっと親密にかつ緊張感を持って協働するようにならなければ、経済成長戦略が絵に描いた餅・単なる机上の作文に終わってしまう(今日のニュースではその作文が国際公約になるらしい)、このことは真に国家の命運に係わってくる重大事なのですが。
この関係が緊密になれば、経済に若干なりとも安心感が出てくる(筈(笑))、今は真っ暗ですから。そうなれば、偏向メディアは、政治からも経済界からも距離を置かれ、単なる「抵抗勢力」になり下がる(筈)。
風が吹いたら桶屋が・・式のお話でした(笑)。
私には、御手洗さん退任は順風なのですが、後任の米倉さんは未知数(期待との比較では逆風)で残念という処です。

小沢さんは石川議員に対して「不正なお金をもらったり、脱税をした訳ではない」と擁護していましたが、てっぺんにこれに該当する人がいるのには困ったものです。

石川議員は全く離党する必要はないと思うが、本人が決断したのであればやむを得ない。

てっぺんの人は国民の目線からはもっとあくどいと思うけど、石川議員の決断を求めていたような気がしました。

検察と仲良しになったのかな。
税金もまともに払わない人が政治のトップにいるなんて日本国民の恥と言う気もする。

石川議員の民主党離党は非常に残念です。

ご本人が一番悔しいかと察します。
しばらくはアゲンストでしょうが、嵐の止まない日はありません。
応援してるのは投票してくれた地元の方だけではありません。
今回の経緯は、機会ある限り善良な国民に知らしめて下さい。
女性秘書さんのご容体が心配です。

今後の活躍を期待しております。

なにやら、勘違いをしている方がだいぶおられます。
小沢一郎氏が会見で言った”検察の捜査は「公平公正」との言葉をかなりの方が勘違いをしています。

現内閣において、東京地検の捜査に関連した質問主意書に対し、鳩山内閣は公平公正に行っているとの答弁書を提出をしています。(同様の事を言葉や事案を変えて何度か鈴木宗男氏より提出)それが2月2日に答弁書があげられています。(その他の東京地検に対する答弁書は、衆議院のHPでも確認が出来ます)

小沢氏は、それを持って言葉を敢えて変えています。これは、内閣と党は一体(一元化)したものだとの考えからです。つまり、内閣の事情で公平公正だと答弁をしたものを、小沢氏が敢えて「戦う」と言葉を発した場合に、一元化の原則が崩れる事になります。よって、小沢氏は「公正公平」という言葉を用いたのです。

先日のサンプロでの郷原氏の怒りは、非常によくわかります。又自分もそう思いますが、少なくても「内閣と党は一元化をした」と小沢氏自らの言葉で今まで話ているのですから、その部分は察してあげようと思っています。

ですから、都合のいい時には陰謀だとか小沢氏が助かった(起訴をされない)から公正公平だという話ではないのです。正直に言えば、石川議員が逮捕をされた時には、「辞職も已む無し」とさえ思いました。が、twitterとインターネットでの情報が思いもよらず戦力となり、週刊朝日の記事等もありどうにか手を打てたと言うか間に合ったと見るべきでしょう。石川議員は確かに民主党を離党はしましたが、議員を辞職をしたわけではなく、職責をまっとうするために公判を受けて立つために離党をしたのです。そこは間違えないで理解をしてあげようと思います。

後は、3月15日以降まで何があっても石川氏を辞任させないように応援をし頑張る事です。その結果間違いなく、自民党から離党者がでます。ですので、変な情報に惑わされないでください。同時に、参議院選挙の日にちは決まっているのですから、参議院選に向けて「揉めたり、疑ったり」しても意味はありませんよw

夏まで、耐えましょう。今は石川議員を3月15日間では何があっても守りきって辞職をさせない事です。

ナゴヤシミン 様(2010年2月11日 23:12)

 検察庁や大衆通信媒体などが、いくら『我んばって』も小沢一郎さんが不起訴処分になったということが、小沢一郎さん側が法律に反する政治活動に資す金品の収受・運用をしていたという事実は存在しないと見做すべきだということを、検察庁が公明正大に証明したということの、客観的な事実ですよね…。

 石川知裕さんは、政治資金収支報告書に真実と異なることを記入して政治資金規正法に違反する嫌疑があるという事実で、公訴されましたが、それが犯罪に相当するか否かを判決する権限は裁判所にあり、検察庁にも、大衆通信媒体にも、国民にも、国会にもありませんよね。

 情報のキレッパジを見ただけで、勘定的な非難をするのは“恥知らず”の類だと、私は思量します。

 おはようございます。

 とーくめい さん、コメントをありがとうございます。恐縮です。

 (日本人を止めた)無国籍陣さん、コメントをありがとうございます。仰ることは至極ご尤もです。官僚支配の現状から脱却しなければなりません。

 であるからこそ、国会の本分、立法の府としてのあるべき姿に戻らなければならない。民主党連立政権のコア部分である「官僚支配からの脱却」に資する法案の成立へ向けて、国会議論を戻さなければならないと思うのです。

 初心者マーク胸にして、未だヨチヨチ歩きで、打ち出した政策に過謬無しではないでしょうが、「官僚支配からの脱却」の志や善しとして、直向に、誠実に国会論議を挑んでいって欲しいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
 今こそ、民主党連立政権の政策戦略の正当性、必要性を強く訴え、この疲弊した社会情勢から抜け出す目下最良の選択であることを訴え、既に実施に移った政策の効果を訴え、今後実施に移される政策の必要性を訴え、来るべき本物の、正真正銘の民主党連立政権だけによる予算編成の革新性を訴え、その劇的改善効果を訴え、国民へ明るい将来を視野に魅せろ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

mochizuki様 | 2010年2月12日 07:01

小沢さんを非難したつもりはありません。

小沢さんが脱税しましたか。
小沢さんは政権のトップではありません。

ナゴヤシミン様(2010年2月12日 22:50)

> 小沢さんを非難したつもりはありません。<

 あのー「小沢さんは石川議員に対して「不正なお金をもらったり、脱税をした訳ではない」と擁護していましたが、てっぺんにこれに該当する人がいるのには困ったものです」とありましたので、テッペンとは、小沢一郎さんを指すと思い増したが勘違いでしたか、申し訳ありませんでした。

> 小沢さんが脱税しましたか。<

 小沢さんが脱税したか否かについての事実を、私はまったく知りません。

> 小沢さんは政権のトップではありません。<

 政権のトップは、鳩山由紀夫さんですが、ここで話の対象となっている『陸山会』のトップは、小沢一郎さんのはずですよね。

 ま、『政治のトップ』が誰であるかは、人それぞれ判断が異なるでしょうが…。

 因みに、政権トップの鳩山由紀夫さんは、母上様から贈与さてた金銭があると知ったときに法に従って素直に税金を納めたと言っているから、『脱税(納税義務者が故意に税額の一部または全部の申告をせず、納付を免れること)』には相当しないはずですが…。

mochizuki様 2010年2月13日 19:01

返信ありがとうございます。私の想いを以下に示します。

私は、いつも優柔不断で第三者的な意見しか言わない鳩山総理が石川議員に対しては、厳しい姿勢で臨んでいると言う印象をもったので、「あんたが言うなよ」と思った訳です。

そのとき小沢さんが「石川議員は脱税した訳ではない」と発言したので、これは小沢さんも私と同じ想いかなと勝手に解釈しました。

つまり小沢さんは「石川議員は鳩山総理、あなたほど悪いことをした訳じゃないぞ。本来であれば離党など必要ない」と主張したと理解した訳です。
鳩山さんのような検察に目こぼしされた人が総理だと思い切った政策ができないことが私には残念です。
鳩山さんはなぜ石川さんを離党に追い込んだのか理解できていません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.