Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

Recent Comments

« 小沢幹事長が記者会見で進退に言及
メイン
暴走する検察が子どもを人質に石川議員の女性秘書を約10時間拘束! »

堀江貴文:検察の目的は民主党政権の司法制度改革を阻止すること

horie100201.jpg

東京地検特捜部と政権与党民主党の小沢幹事長との戦いがいよいよ佳境に入ってきた。既に民主党が政権を取る前に大久保元秘書を逮捕起訴していたが、この時は同様の政治資金規正法での記載ミスが自民党の複数議員にもあったのに摘発されないとして非常に不公平感が漂ったものの、小沢幹事長は当時民主党代表を辞任することになる。その後民意は民主党政権を選んだ。しかし、小沢幹事長周辺の捜査は続いていたのだ。国会会期のスタート3日前に元秘書だった民主党の石川議員らを逮捕した。容疑は政治資金規正法違反。石川議員は少なくとも記載ミスは認めていた模様で、いわゆる罪証隠滅の恐れもなく現職の国会議員が逃亡するはずもないから逮捕は明らかに行きすぎであり、本丸の小沢氏の立件に向けた別件逮捕と言わざるを得ないだろう。

筆者も体験したことがあるが、東京拘置所の独房での身柄拘束の辛さといったらない。接見禁止措置で捜査中は弁護士と1日30分程度面会できるだけで、あとは取調か独房で孤独な日々を送るだけである。そんな異常な精神状態の下、ボスを立件するためにプレッシャーを掛けつづけられる。ボスである小沢幹事長の関与を少しでもいいから認めないと独房にずっと閉じ込めておくというくらいの精神的拷問を食らうのである。特捜部の目標は小沢氏の立件だ。最低でも在宅起訴に持ち込み民主党からの離党と出来れば議員辞職を獲得したいところだろう。しかし本来あり得るべきでない検察からのリークと思われる大手マスコミ報道を見る限りなかなか厳しそうである。彼らは政治家の汚職を摘発し正義を貫く事が正しいと思い込んでいるが、実際は民主党政権による司法制度改革で検察の権益が縮小することを恐れているはずだ。当然表立ってそれを認めることはなかろうが、客観的に見れば司法制度改革を阻止することが彼らの主目的であり、小沢氏は徹底抗戦してその検察と全面対決してほしいところである。大丈夫それくらいで自民党を利することはなかろう。

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ。株式会社ライブドア元代表取締役社長CEO。著書に、『徹底抗戦』(集英社)『なんかヘンだよね・・・』(集英社)『人生論』(ロングセラーズ)『「希望」論』(サンガ)などがある。

六本木で働いていた元社長のアメブロ
http://ameblo.jp/takapon-jp/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6567

コメント (45)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ホリエモンさん、ありがとう!
ホリエモンさんの最高裁での勝利も祈っています。司法制度は完全にほころびています。

堀江さん

健康に留意してくださいね。今回の内容はTwitterでも流してください。

この人は まったくの冤罪で、潔白 という事になっているの世間では

おやおやさんを真似てみました、おやおやさんごめんなさい

自民党から立候補した時のこの人の発言を知っている人、教えて下さい。

私はマスコミと検察とのただならぬ関係、検察のあり方を考えるきっかけになったのは、堀江さんが逮捕された時の報道を見てからです。
なぜマスコミは逮捕されると知っていたのか、なぜ護送車が通る沿道に初めから右翼の街宣車がいたのかと。
それは検察(また裁判所)が各団体とただならぬ関係にあるのではないかと思ったものです。
結果それは当たっていたのですが。

以前は政敵だったホリエモンさんを
よってたかって叩いてた民主党は情けないです。自分たちが同じ目に遭わないと検察の横暴に気付かないなんてね。人間みんなそんなもんかなとも思いますが。

堀江さま
はじめまして。実はアゴラの企業セミナーなどで活動されているのは知っていて、復活されたのを密かに喜んでいた人間の一人です。
今の、検察、メディアの現状を考えれば、あの時の買収劇が成功していたら、今頃マスコミにも、風穴があき、かなり改革されていたのではないかと思うと残念で仕方ありません。
あるいは、あの事件こそが、堀江さんが検察の虎の尾を踏んだということに他ならなかったのだというような気がしてなりませんが。(勝手な推測です)
さて、実際に拘留された経験から、おっしゃる事はほぼ100%間違えないのだと思います。私もこれで、検察が勝てば、日本はかなり危うい状況になるのではないかと思います。今は、現政権が勝つと心を強くして願うのみです。
ところで、新しい経済活動を是非初めてください。日本はどん底の危機的状況にあります。堀江さんは頂点も苦しい事も経験した人。後輩達のために、復活して、また新たなイノベーションを起こしてください。

堀江さんと言う人は人によってさまざまな見方が存在するのでしょうが、私の中では「検察の理不尽な拷問に耐え抜いた骨のある男」として、今は好感を抱いています。「額に汗していない労働で大金を得る輩は許せない」と言っていた人間がいましたが、それなりのリスクを負って成功した堀江さんを何の責任もとらず権力だけ振り回す(ノーリスク)検察が引きずり下ろしたところに日本と言う国の不公正が凝縮されていると思います。検察はろくな捜査もせず匿名性を利用した情報操作ばかりの組織なんだから、取り調べも記者会見も全部可視化してやれば、いかに無能な集団かが明らかになるでしょう。検察を陸軍の青年将校にたとえたりしているようですが、やっていることがあまりに卑劣すぎて将校に失礼ですね。

フジサンケイグループとの件があったさなか、堀江氏が「地デジ不要論」を発言した事を記憶しております。まったくそのとおりだと考えていたその矢先、堀江氏は逮捕されてしまいました。大変残念に思った事を思い出しました。今後もご活躍を楽しみに期待します。

ライブドアの時のほとんど弁護のないあからさまな一方的な報道を見てなかったら、今回これほど確信的にテレビ報道の異常性を感じなかったかもしれない。

堀江氏にとっては迷惑かもしれないが、そういう意味では今となっては報道の真実を知る幸運な過程であったと思う。

 小沢と堀江は本当によく似てると思う。法律の網をくぐり抜けて蓄財することにたけている。

 私は最初からライブドアなんてインチキ会社だと見抜いて投資していなかったが、被害者はたくさん見てきた。
 とくに分割で株価吊り上げる操作なんか、一般投資家の多くはひっかかって被害をこうむった。それ自体は法律に触れている行為ではなかったけど、確信犯的に投資家を騙して儲けようとするどす黒い行為だった。見てて吐き気がしたよ。

 人としてのモラルのかけらもないヤツ。こういう人物を祭り上げる人達と小沢信者も、実によく似てると思うよ。

堀江さんを検察が逮捕してJASRACを壊滅的な打撃に追い込んだのはまぎれもない「検察不況」でした。ライブドアもあれからつまらない会社になってしまい、検察もまったくひどいことをしたものです。あのままいけばひょっとしたらグーグルに対抗する会社が日本に誕生するかもしれない大チャンスだったのですが。

さて、株式市場のプレイヤーならびに経営者としての堀江さんは評価、尊敬にちかい感情までもっていますが、言論人としての堀江さんは私はあまり評価していません。 このひとはポジショントークを普通の話にまぜこむ名人であり、軽く聞いて議論の足しにするにはあんまりよろしくないなあという評価をもっております。

ホリエモンさん こんにちは
ブログ、いつも見てますよ。

今のような検察の暴走、検察ファッショ、検察不況は、本当に許せない!という気持ちです。

今、まずは、有識者の方々で、今の検察リークを行っている検察官を(被疑者の氏名は不詳のままで)刑事告発すること、はできないのかな、と思います。

刑事告発できれば、検察審査会の2回の起訴相当の議決を得て、選任弁護士による追加捜査と強制起訴にもっていけるのでは、と思います。

それが今の局面を変える決め手になるように思います。

八誠様

今、民主党と真の改革をやろうとしている人達を、総力挙げて潰そうとしている勢力って、秋篠宮ご夫妻のバックにいると言われている例の右翼的なメディア、桜なんとかチャンネルと同一のものか?西尾幹二氏らの勢力と同じなのか?
アベ元首相のバックにいる統一原理教会もこの桜チャンネルにからんでいる、と言われているが・・・・・・・。こういう勢力と検察・大マスコミはつるんでいるのか?

同年代として言うが、
オマエ仕事しろ
「労働なき富」は大罪だ、と、どこかの首相も言ってるし

>例の右翼的なメディア、桜なんとかチャンネルと同一のものか?
表向きは右翼だけど、民俗派保守とは違う。
むしろ、単なるヤクザの子会社だと思った方がいいですよ。
むかし、総会屋だったような。
資金は潤沢だろうからね。

小沢を告発した「真実を求める会」について
http://asyura.com/10/senkyo79/msg/182.html
より以下引用

15. 2010年1月31日 13:38:48
>>14
小沢告発を行なった「真実を求める会」が通称「日護会」系の
ファシスト勢力であることは、阿修羅でのみ暴露されています。
すでにこいつらは、昨日、自分らが行なった「告発」をネタに用いて
自作自演の「告発」支援デモを行なっています。
  ↓
===================================================
http://seaside-office.at.webry.info/201001/article_11.html
日本を護る市民の会(日護会)のブログ(仮)

1.30  1.31  護国活動
<祝!小沢一郎に対する刑事告発!がんばれ東京地検!>
朝敵、小沢一郎を許すな!売国政党、民主党を許すな!
あの手この手で利権を貪る巨悪に立ち向かう東京地検を
全力で応援するデモ行進です!
『敗戦自虐マトリックス』からネットの力によって脱出した
日本国民による逆襲が始まった!我々はもう黙っていないぞ!
秋葉原のオタク達よ、立ち上がれ!秋葉原の国民よ、日本を救え!
『朝敵、小沢一郎 刑事告発記念!国賊粉砕カーニバル in 秋葉原』
【日時】
平成21年1月30日(土) 13:15〜集合 13:30〜出発
【集合場所】
和泉公園  東京都千代田区神田和泉町1(JR秋葉原駅 昭和通口 徒歩5分・東京メトロ日比谷
線秋葉原駅 1番出口 徒歩3分)
【コース】
和泉公園→昭和通り→ヨドバシ北側→秋葉原駅北側高架下→
ソフマップ南側中央通り交差点→神田明神下交差点→
昌平橋交差点→万世橋交差点→秋葉原公園(流れ解散)
行進時間:30分(※)
※時間制約がかなり厳しいため、“見せ場”以外の
途上ではできるだけ速やかな移動をお願いいたします。
注意事項:
・雨天決行。日章旗、プラカード、ビデオカメラの持参歓迎です。
・当日は撮影(動画含む)が入ります。顔が映ると困る方は、
帽子やサングラス等を御持参下さい。
・特攻服など、現場にそぐわない服装はご遠慮下さい。
【主催】:日本を護る市民の会
【協賛】:在日特権を許さない市民の会、 そよ風
連絡先:黒田大輔
090-4075-1269
☆有志が作成・UPしてくれた動画

つべ
朝敵、小沢一郎 刑事告発記念! 国賊粉砕カーニバル in 秋葉原
http://www.youtube.com/watch?v=1OT2vtpdW_w



31. 2010年2月01日 03:18:53
「日本を護る市民の会」の動画を初めて見ましたが、これ全部統一協会じゃないですか?こんな、カルトが「愛国者」のふりをして、デモなんかしちゃって。
いっぱしの市民ぶってる、お前達の教義はナンなの?
「天皇ヒロヒトを許さないぞ!」と、お前達の教祖が、言ったこと知ってるの?
教祖の息子が、麻薬付けで奥さんが逃げ出したこと、知ってるの?
北朝鮮の金日成と義兄弟の契りなんか結んじゃって、金正日が義理の息子だってこと、こいつら、知ってるの?
知っててやってるから、カルトなんだけど。
少なくとも、日本のバカ右翼は、その程度のことを知らなきゃいかんと思うけどな。いいように、使われろ!

堀江氏の小泉郵政選挙での役割は、残念で怒りを感じたしだいですが・・・。

小沢さんには、何が起ころうが、信頼し、以下を断行していただきたい。

1、参議院選挙、民主党勝利すること。

1、司法検察読売メディア、金融の闇、自公政治の闇、断固追求を民主党一新会議員の団結で粉砕する事。

1、郵政住友清和会の闇追求、粉砕

以上を、作法ある行動で必ず達成する事。

以上の達成の為に私達は、いかなる事態でも小沢さんを信頼し、今まで以上の強力な支持を行う。
作法ある、小沢さんの精神を学び、作法ある行動で目的達成するまで行動する。

頑張れ小沢さん。民主党鳩山さん。

投稿者: 一般人 | 2010年2月 1日 22:15さんへ

全くですね!特に東証一部上場会社なんて、分割で株価をつり上げるのはもちろん、証券会社とつるんで不確定情報出して急落させたり、こっそり買い集めた後、根拠もなく買い推奨にして株価つり上げたり、どうしょうもないですね。決算や株主総会の頃になると、仲の良い企業同士でお互いの株を買って値段つり上げるなんていつものことです。東証一部なんてインチキの巣窟ですよ。全部潰してしまえばいい。JALなんていかに酷かったか解ったでしょう。ライブドアとは桁が違うスケールで被害者が出てるんですから。なんで助けるんですかね?

私はビジネス世界に生きてきたと自負しています。その同じビジネスをカネ儲けの道具に貶めた堀江貴文という男は「信頼に値しないと切り捨てて」います。同じ脈絡で村上某も然り。

「カネが有れば何でも買える」、「カネ儲けをして何が悪い」という夫々の傲慢な台詞を吐く者達は世間一般から信頼されるべきではない、人間性の基本部分が変わったと明確に確認出来るまでは。
堀江(敢えて呼び捨て)は、「賢い」故に此処で検察を論(あげつら)い移ろい易い大衆の歓心を引き込んで気が付けば何時の間にかメディアに紛れて表舞台に立っているが、「賢明ではなかった」事実は拭われていない。

JALは、某大臣が、「つぶさねー」
つってたから、売らずに持っていた。
だがしかし!!方針転換。ふざけんじゃねーーーーーーーーっ!!

某大臣に、小沢氏を批判する資格は全くない。
自浄能力を発揮したいのなら、まずは役立たずの己を浄化しろ。

JALの株は、多くの自民党関係者や天下り官僚が持っていたので、少しでも高く売り抜ける為の情報操作です。
某大臣が誰から利益供与を受けているか明白でしょう。

ライブドアの株の殆どは小口の個人投資家だから、躊躇なくバッサリです。

確か、鈴木宗男さんは自民党時代について総括と反省を語っていたと記憶していますが、堀江さんは小泉の郵政選挙のときの行いについて、何か言っていましたか?私は当時から亀井さんを応援していましたので、あの件についての総括なしに堀江さんを認めることはできません。

【日経ビジネスオンライン No.916】検察の「暴発」はあるのか(上)
郷原信郎が読み解く陸山会政治資金問題の本質
2010年2月1日

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100201/212548/

いよいよ佳境です。

■事実
一切不正な金はもらっていません。
■仮定としての一般論
もし、起訴などがあれば責任は重大。

これの■事実の言明を書かず(放送せず)、■仮定としての一般論のみ書く(放送する)ところが多かった。

見る方の印象操作としか思えんな。

ただ、NHKは「巧妙」だ。
宗男議員のコメント「検察の違法捜査」を紹介する一方、小沢と並べて宗男の写真を掲げた。
これは「同じ穴のムシナ」=悪・・という印象の操作。
公的(受信料を取ってる)機関としては、許されない情報操作、恣意的報道である。

2回目の事情聴取後の会見とすると、いずれにしても検察の裏金の事実証明は出来なかった・・と見るのが妥当でしょう。

もしそうだった、検察の週末の会見はどうなるのか。
検察の公式会見は、テレビを入れてやるべきだ。

米国、台湾武器輸出と普天間の微妙な関係
東アジアの平和と安定は、早くも崩れ始めた

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100201/212533/?P=1

検察の不毛(目的不明)な動きをよそに、もっとダイナミックな情勢(最終的には政界再編)になってきた。
参議院選挙前か、後か?

鹿田永之さん

>まったく尊敬にも信頼にも値しないブタ以下の男だと感じている。

ブタ以下の人間であれば、検察に不当逮捕されようと殺されようといいって事ですか。
それは違うと思うんですが。
物事は是々非々で個別に考えなければならない。

なぜホリエモンは逮捕されたのに、同じ罪を起こした日興コーディアルは誰一人逮捕されなかったのか?

それに検察批判してる人は皆が小沢さんをクリーンな人間とか思ってるわけじゃないですよ。

小沢なんて巨悪で腹黒で権力欲の塊でしょう。
奴は30兆円産業のパチンコマネーの在日韓国人共からの支援目的で外国人参政権通そうとする売国奴。

田原総一郎等と同じく自分が日本を動かしているって所に酔いしれてるブタ野郎ですよ。

しかしブタ野郎だといって、民主党だけ検察の標的にされている事とは全く問題が違う。
思想信条関係なく、法の下の平等の点でおかしい!って思って検察批判やってるんですよ。

2001年6月に「新世紀維新が目指すもの――日本経済の再生シナリオ」と題して出されたいわゆる「骨太の方針」

以下抜粋

今、日本の潜在力の発揮を妨げる規制・慣行や制度を根本から改革するとともに、司法制度改革を実現し、明確なルールと自己責任原則を確立し、同時に自らの潜在力を高める新しい仕組みが求められている。

 グローバル化した時代における経済成長の源泉は、労働力人口ではなく、「知識/知恵」である。「知識/知恵」は、技術革新と「創造的破壊」を通して、効率性の低い部門から効率性や社会的ニーズの高い成長部門へヒトと資本を移動することにより、経済成長を生み出す。資源の移動は、「市場」と「競争」を通じて進んでいく。市場の障害物や成長を抑制するものを取り除く。そして知恵を出し、努力をした者が報われる社会を作る。「構造改革」は、こうした観点から、日本経済が本来持っている実力をさらに高め、その実力にふさわしい発展を遂げるためにとるべき道を示すものである。

この時すでに、司法改革は唱えられています。
別に民主党・小沢が言いだした事ではない事はご存じの通り。

■その中で、刑事司法制度の改革
として

・刑事裁判の充実・迅速化 - 公判前整理手続
・被疑者・被告人の公的弁護制度の整備
・検察審査会の議決への法的拘束力付与 - 「同一の事件について起訴相当と2回議決された場合には必ず起訴される」こととなり、法的拘束力を持つことになった(2009年5月21日から)。
・国際捜査・司法共助制度
・身柄拘束の是正 - 監獄法の改正
・犯罪者の社会復帰と、被害者・遺族の保護

があります。

特に、検察審査会の議決への法的拘束力付与 - 「同一の事件について起訴相当と2回議決された場合には必ず起訴される」

という一節は重要ですが、西松事件での自民党二階・尾身への対応は、検察の「恣意的」操作をあぶり出す結果となりました。

今回の小沢問題(何が問題か不明なのが問題)でも、検察は学習効果が見えないばかりか、暴走しかねない勢いであり、ナンセンス。

法曹界全体のコメント(評価)が待たれます。

>時間の経過は不思議です。
堀江氏の登場で新しい株取引時代がおこり、殊勝な異端児の若い世代の代表に持ち上げられ、衆議院選に立候補するまではスゲー人物が登場したと思った。絶頂期の時、時代を凌駕する溢れるばかりの満身の笑い、泡立つ衆院選挙立候補、ダブつき気味だったほほ肉の厚みがそれを物語っていました。誰が裏で指揮したのか分からないが地検特捜のターゲットにされながらも、こうしてジャーナルに寄稿できる時代を再度作れたのはたいしたものです。経験に基づく事実である特捜糾弾のご意見に同感であります。
堀江氏が特捜の偏った強引な取調べに耐えながら世間並みに復権したのは、手元に蓄えがあったお陰でしょうか。上を極めるのも金、生き残り再チャレンジ可能にするのも金でしょか。人生の早い時期から山谷を経験した類いまれな凄い方だといまでも思います。


世論を誘導できるメディヤの力は強い
検察の司法権は強いと言っても
メディヤの世論誘導がなければ
検察の強権も半減する。
テレビに映し出される小沢氏の映像は頻度を重ねると
マイナスのイメージが先行する。
地検特捜の面々はほとんど表に顔を見せない。
起訴できなくても
重なるテレビ報道で小沢氏に対する評判が落ちていく。
検察の勝ちである。
検察の謀略,検察官僚の組織の生き残りをかけた
策略の意図は表に出してこない。

地検権力者がどこに住んでいる中も理解せず、顔も見たこともなければ、本人の直声も聞いたことがない。地検の唯我のバカ顔を毎日テレビに登場させると国民は正義の是非を直ぐ判断できます。メディヤを制するものは国民を賢くも出来ればアホにも出来る理屈だと思います。
革命政変が起こると真っ先にメディヤ発信の放送局を占拠する、この国は高額所得に満足するメディヤの国民に近くなる変化は望めないのでしょうか?

倒産でもしないと無理・・・・

投稿者: 特命ことtokumei | 2010年2月 2日 06:57

そんなに心配する事はないと思うよ。
小沢は小沢で先の先まで考えてますよ。

国民側は階層によって受け取り方は相当違うだろうね。
職業、地位、所得、性別、地域、年齢・・。

世の中を実際に動かしてる、忙しいビジネスマンは、無作為とか言ってますが、殆どアンケート回答などには無縁と思うよ。

ヒマなオバサンなんかは、×と答えるんじゃないかな。

女は子宮(上がった)で考える。

堀江氏は一流の錬金術師です。お断りしておきますが錬金術とは金を作るように見せかけているだけで金は作れません。最初の会社はオン・ザ・エッジがマザーズに上場したのがスタートですが、推測ですが会社名の通り合法と非合法の境目を渡る会社と位置づけたのだと思います。そこでやったのが株券を刷る仕事です。増資(株式分割)という名の株券印刷業なのです。何故ライブドアという会社を買収して名前を変えることにしたのかの答えだとおもっています。そんなこんなで堀江氏を全く評価していません。しかしながら検察の取調べに対しては堀江氏を支持する部分もあります。可視化については全く同感です。

推定無罪の原則があるのにこの長期間による拘束って人権的にどうなんだろうという思いもあり、自白優先主義からの脱却してもらいたいですね。

そういう意味でも可視化はしてもらいたいのですが、それと同時におとり捜査、盗聴、その他の現在のイリーガルな捜査もよく議論してから、このような異常捜査手法から抜け出してほしいです。
外国人引渡し条約とかもこういうのがあるがために中々条約結んでくれないのだと理解してます。死刑制度維持問題もあるのでしょうけど

2005年3月の4億円は、なんと知人から預かったお金でした。しかも、その理由は「新札に交換したかったのだろう」です(なぜか推測形)。

新札に交換したかった知人は、自分で銀行に持って行かず、一旦小沢さんを経由したようです。

いやぁ、これで国民も納得ですねー。

<司法改革だけではない>
小沢幹事長を検察が付け狙うのは、司法改革阻止だけが理由ではない。西松事件が第七艦隊発言の後だった事実を軽く見てはいけない。
実はYORONZに投稿したのだが、司法改革は即日米地位協定の改善に結びついている。
法律違反の米軍の容疑者引き渡しを阻んでいるのは、弁護士同席での取り調べが許されない日本の警察・検察の歪んだ自白主義が背景にある。
「東洋の野蛮な国」日本が、他の先進国に倣って、逮捕と同時に弁護士の立ち会いを認め、取り調べの可視化を実現すれば、日米地位協定改訂への環境が整うことになる。
困るのは、警察・検察、そしてアメリカである。
犯罪を犯した米兵を、「野蛮な東洋人」を殺した程度で、日本に引き渡すことは何としても避けたい。プライドが許さない。彼らは、中東で「野蛮なアラブ人」を殺してもらわねばならぬ。
なので、見事にアメリカと検察の利害は一致する。第一、今までの様に、特捜を使って、アメリカの国益を阻害する邪魔な政治家が潰せなくなる。田中角栄以来の日本の属国化の基盤が壊滅的な打撃を受ける。
司法改革とは、その様な側面があり、アメリカファクターなしには、考えられないのである。

以下のコメント投稿されたのに消されてしまいました。そこそこ冷静な発言であるであるにもかかわらず、消されてしまったのはTHE JOURNALそのものを批判しているからか、ブタ以下の男と堀江氏を批判しているからか、THE JOURNALが高野氏の宣言のように言論の自由を守り、議論の場を提供せんとするならば、議論で返すべきであり、判断なしに削除するのは皆が危惧する検察と同じ独善的な判断だろう。
どちらの理由か不明だが、仮に堀江氏側の要請によるものだとすれば、批判にさらされる勇気がなければメディアに登場などせねばよい。彼はいわゆる経済人として様々な発言をしてきており、その発言に対しての一般人の感想が不快だからと、投稿を削除という手段でしか対抗できないのは、THE JOURNALという場ではふさわしくない。


堀江貴文氏という人間は信頼に値しない人間であることは彼の直接の記者会見での様々な発言をみて感じてきたことである。

「金で買えないものはない。」
「投票に行くのは無駄」>立候補。
ライブドア証券幹部の沖縄での惨殺体自殺に対しての不可解なコメント。
株式分割による、株価操縦。
グレーゾーンな投資ファンドを迂回した、自社グループ株売却の利益計上。

まったく尊敬にも信頼にも値しないブタ以下の男だと感じている。ブタにはブタの生き方があり、公的な場での再チャレンジに値するとは個人的には思えない。偉そうに聞こえる言い方で恐縮だが、私的な再チャレンジはどんどんとしてほしいし、悔い改める機会と成長を望みたい。

一言言っておくと、堀江氏がメディアで復活し、発言するなど、取り上げるほうの神経(>THE JOURNALもである。)を疑わざるを得ない。


だが、それでも日本は法治国家である。グレーゾーンの利益付け替えを黒と恣意的な判断をして、堀江を挙げた、特捜部はやはり法治国家としてあるまじき行為であった。
罪刑が法定化されていない、案件を解釈によって違法とするのは中国や朝鮮などの人治独裁国家の専売特許であり、我が国にはふさわしくない。

堀江氏の人格と法治国家として先の特捜部による堀江氏の逮捕、立件については分けて考える必要があると思う。要するに、グレーでも恣意的な判断でしょっ引けるような権力を検察や政治に与えてはいけないということであり、メディアと国民がそこをきちんと検証していかなければ、いつか来た道(特高)が現れることになってしまう。

米国、台湾武器輸出と普天間の微妙な関係
東アジアの平和と安定は、早くも崩れ始めた

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100201/212533/?P=1

投稿者: 選挙好き | 2010年2月 2日 05:45

>検察の不毛(目的不明)な動きをよそに、もっとダイナミックな情勢(最終的には政界再編)になってきた。
参議院選挙前か、後か?

台湾へ武器売却は何故か?・・からの一連の分析からの先読みは、
何んとなくありそうな話だな。

さて、アメリカはどちら(自民。民主)を望んでいるか?
どちらでもなく混乱を望んでいる・・・。
分からん。

少なくとも検察は目先の事だけなんで、政治的影響度合いなどは深く考えていないだろう。

何故か?・・・彼等個々人は公務員として弾劾される事は無いからだ。

足利事件でも、担当検事個人はサラサラ謝罪する気もないし、当時の裁判官も黙して語らず。
同罪です。

ホリエモンも村上も、法律の範囲ギリギリで金もうけをしただけで、何らかの価値創造をしたとは全く思わない。賠償に応じている以上、罪を犯した自覚もあるのだろう。
それでも法の線引きが摘発ありきで書き換えられたこと、罰を課すにしても実刑はいかにも重過ぎることは否めない。最も法を軽んじているのは、法律を解釈の道具に歪めてしまった検察ではないか。

驚きました。ホリエモンがなんらの価値を創造したとは思わないとか賠償に応じたから罪の自覚があるのだろうとか、こんなにも無知の人がいるとは。そもそもこの人たちが書き込んでいるブログも日本でこれほど発達したのはホリエモンのライブドアがあったからこそであり、マスコミだけに頼らず、ネットでこれほど個人情報をとれるようになったのもホリエモンのおかげなのに。ライブドア事件だって、毎日垂れ流しにされる世論誘導でホリエモン=悪にされたのに、そのマスコミに洗脳されてしまって、批判をしている人がここで小沢さん擁護をしている矛盾に本当マスコミの恐ろしさを知らされた気がします。

投稿者: bobo | 2010年2月 2日 15:05さん

まったく同じ思いです。いろいろ問題はあったでしょうが、堀江さんの功績は素晴らしいものがあります。

当時、目立ちすぎたとか、官僚より稼ぐ姿にカチンと来たとか、いろいろ想像しました。霞ヶ関より高い所に会社作っちゃあダメだとか。
今考えると、ネットの普及によって国民に都合の悪い情報が簡単に手に入るようになるのを恐れていたのかも、なんて勘ぐってしまいます。時既に遅しだったにもかかわらず。

お上は、日本にゲイツやジョブスは要らないと判断したということでしょう。そのために情報技術の進歩が遅れ、アメリカにいいようにされても・・・ん? それが狙いか?

ちなみに、堀江さんのこのタイトルが正しければ、小沢さんの起訴はないことになりますね。 脅しにとどめて、小沢さんとの取引にしなければ司法改革阻止はできないわけですから。

いくつか同じようなニュアンスのコメントが投稿されていますが、はっきり言えるのは、佐藤勝氏・鈴木宗男氏の延長線上に堀江氏は位置しないこと。権力の被害者という意味では軌道が同じように見えるが、ネット界に投じた実績くんでも、それでもをまだ堀江氏はこちら側に来ていないように思う。彼にはどこかで強制的な分岐点が必要になるのだろうが、それは、実刑なのか分かりませんが...人並みの目線を持てるようになったら、また人前に出てきてください。

いいところも分かりますが、それくらいしか言えません。

[緊急・重大情報]
民主党瓦解を策謀する、CIA部隊(マイケルグリーン・・・・・)の実態が判明。

参考:「植草事件の真相究明」掲示板 :オホーツクの詩季
2010年2月2日(火)05時47分55秒投稿
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs

米もからんで、小沢サイドと検察となんらかの取引が成立したのかもしれませんね。
 今後、可視化法案がどのように扱われていくかを、興石さんあたりを中心にWATCHしていけば、そのへんのアタリはつけられそうな気がします。

Twitterネタですが、ほんと、安田喜憲って頭おかしいみたいですね。 こういうのこそ ザ・ジャーナルで音頭をとって辞任させられないんでしょうか?

ホリエモンの本音
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10389716081.html

小沢さんは政権交代は成し遂げたが、主義主張はコロコロ変えて、やっぱり選挙に勝つということを至上命題にしているだけで国民とか日本の未来とか考えていない気がするんだよな。「国民の生活が第一」とか良く言えたもんだよ。

問題は検察を支配している層が誰なのかを理解する事、何らかの意図をもって検察が動いている訳でそれは検察のトップの意思とは思えない、なぜなら米国に不利な政策にとる政治家は検察によってことごとく排除されてきた形跡があるからだ、1政治家の瑣末な犯罪よりも国家の利益が第一に優先されるべきであり政治家に求められるのは長期的な国家の発展を促すような戦略構築を行う事であり、その為には国の諜報機能は政治機関の配下に置かれるべきで警察権力下におかれるべきではない、もちろんアメリカはこの事を許さないだろうが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.