Calendar

2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

« 【インタビュー】鈴木宗男:リークする検察官は処分しろ
メイン
23日、小沢一郎幹事長の事情聴取後会見内容 »

"鼠一匹"も出ない? 小沢事情聴取ーー追い詰められているのは検察である

takanoron.png 東京地検特捜部が目指しているのは、政治家=小沢一郎の抹殺すなわち議員辞職であり、それは無理だった場合でも、せめて幹事長辞職に追い詰めてその影響力を決定的に削ぐことである。

 すでに逮捕されている3人の元秘書に対する容疑は、政治資金報告書の「不記載」(規正法第25条1項2号)や「虚偽記入」(同3号)など、平たく言えば「帳簿のつけ間違い」で、本来は、問題があれば修正すれば済む程度の経理係レベルの形式犯にすぎない。こんなことで3人を起訴すること自体、「言いがかり」に近い不当起訴であり、ましてや帳簿記載方法のいちいちを知るはずもない小沢本人に累が及ぶことではない。

 もちろん、問題の土地を購入すること自体は小沢の指示・了解に基づくものであり、またそのための資金調達にも彼が携わっているのだから、仮に帳簿に何をどう記載したり記載しなかったりすることには直接関わっていなかったとしても、「不記載」や「虚偽記入」の「共犯」として小沢を起訴することは可能である。しかしこれもまだ形式犯の範疇であり、それで与党の大幹事長を失脚させようというのはいかにも無理な話である。

 そこで検察としては、これが単なる「帳簿のつけ間違い」でなく、ゼネコンの裏献金を用いて土地を購入し、またそのような資金の出所を偽装するためにわざと銀行融資を立てるなど、小沢自身が指揮して行った極めて悪質な意図に基づく「帳簿操作」だったというお伽噺を作り上げる必要に迫られた。そのために、無理は承知で3人の元秘書を逮捕し、また小沢本人にも任意聴取を求めて、何とかしてこのデッチ上げの材料を掻き集めようと計ったのである。

 これは無茶苦茶で、この大騒動の結果"鼠一匹"も出て来ずに検察が大恥をかくことになる公算が大きい。

●水谷からの5000万円?

 検察がデッチ上げたいお伽噺の中核は、この購入資金に「水谷建設からの5000万円の裏献金が混じっている」ということだが、これがまず実証不能だろう。

 第1に、水谷側の供述の信用性に大いに疑問がある。郷原信郎が指摘しているように、水谷側が検察の言いなりになって注文通りの供述をしている可能性がある。

 第2に、一般論として、この手の公共事業で政商的な地方の中堅ゼネコンが大手スーパーゼネコン(この場合鹿島建設)の下に入って下請け仕事を請け負おうとする場合に、「ウチは前々から○○先生(この場合小沢)とは昵懇で、しかるべき手は打っておきましたから」とか「この地元はヤクザ(この場合岩手県の田舎ヤクザ)がうるさくて私のほうで始末しておきましたから」とか言って、その"実績"を手土産に下請けに入り込み、しかもそのための闇経費分を下請け工事代金に上乗せしてスーパーゼネコンから支給して貰っていたりする。ところが、てなことを言って中堅ゼネコンがスーパーゼネコンから裏工作資金の支給を受けても、実際には政治家やヤクザに金を払っていなかったり、もっと少ない金額を払っただけだったりして、全部または一部をネコババしているケースもある。

 水谷あたりだとせいぜい年商100億円程度で、それで表献金として自民党政治家を中心に10億円も配っていては利益など吹っ飛んでしまう。そこで裏献金分のネコババが実質的な利益になったりするのである。そこを突かれると、裏支給を受けているスーパーゼネコンへの申し開きとしても、税務当局への言い逃れとしても、「いや、確かにあの政治家の秘書に金を渡しました」と言い張ることにならざるを得ない。従って、本当に水谷が石川にその5000万円を渡したかどうかは分かず、「受け取っていない」と言っている石川が正しいのかもしれない。

 第3に、これも一般論として、政治家秘書の側でも、しょせんはそういう闇の金であるから、帳簿に記入しないで済ませたり、自分でポケットに入れてしまったりする場合がある。石川が水谷から受け取ったにもかかわらず、自分でネコババしてしまったから「受け取っていない」と言い張っている可能性も絶無ではない。

 とすると、検察が思い描くお伽噺が成り立つには、(1)水谷から石川に本当に5000万円が渡っていた、(2)その金を石川はどこにも流し込まずにそのまま封も切らずに取っておいた、(3)土地購入資金を調達することになった時に、石川が「ここに水谷からの5000万円があるので、残りを小沢先生のほうで何とかお願いします」と言い、小沢が「おおそうか。では後は私のほうで何とかしよう」と答えたとかいうやりとりがあったことを、石川・小沢双方が認めた――という事実が確定できない限り難しい。仮に事実がそうであったとしても、それを裏付ける供述が2人から出揃う可能性はゼロである。

●マネー・ロンダリング?

 もう1つのポイントは、小沢がゼネコンからの汚い金で土地購入をしようとして、それを誤魔化すために、しなくてもいい銀行融資をしたのかどうかということである。

 検察が根本的に分かっていないのは、ごく普通の中小企業の月末の資金繰りというのはこんなものであるという世間常識である。

 まず第1に、良いか悪いかは別として、小沢は1つの「党内党」を作り上げている。彼個人が所有する私兵集団として20名ほどの秘書を丸抱えして、彼らを合宿状態で住まわせて、いつでもどこへでも派遣可能な選挙プロフェッショナルとして鍛え上げてきた。本来から言えば、そのようなオルグ機能は民主党本部が党として持つべきであるが、そうはなっていない現実では、小沢が私的に代位してきた。それこそが選挙上手=小沢のいわゆる"実力"の源泉である。

 第2に、その小沢私兵集団の経営形態は、「小沢商会」とも言うべき個人商店である。事業主としての小沢個人が君臨して、中心的な企業としての「陸山会」があって、他にもいくつか休眠状態のものも含め子会社があり、それらの間で資金を融通し合ったりするのは当たり前だし、会社本体が資金が苦しい時に事業主が自分や夫人名義の預金を崩して一時立て替えしたり会社に貸し付けをしたりしてその場を凌いだりするのも大いにあり得ることである。立て替えや、短期に相殺される個人の貸し付けを、帳簿にどう付けるかは微妙なところで、税務当局との間で「見解の相違」が生ずる場合もあったりする。

 第3に、定期預金を積んでそれを担保として銀行融資を受けるというのはごく普通にあることで、それがマネーロンダリングを目的とした不正操作ではないかと疑うのは世間常識とかけ離れている。不動産購入のためにまとまった代金を支払わなければならない時に、それを手持ち資金で賄ってしまうと手元現金が枯渇して月末の支払いに窮するという場合に銀行借り入れを起こすのは不自然ではない。本件の場合は恐らく、銀行借り入れで土地を購入しようとしたが、その手続きより以前に不動産屋に支払わなければならない事情が生じたため、至急に別途資金を掻き集めて支払いを済ませた上、後に銀行融資分と差し替えることにしたが、それと月末の支払いが重なって余計にバタバタした、というようなことではないのだろうか。

 こうして、私の見るところ、水谷建設の5000万円を絡めることで単なる形式犯でない悪質性を立証しようとする検察の思惑は、成り立たない可能性の方が大きい。追い詰められているのは検察のほうである。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6525

この一覧は、次のエントリーを参照しています: "鼠一匹"も出ない? 小沢事情聴取ーー追い詰められているのは検察である:

» 小沢一郎と小澤一郎は違う 送信元 雑感
  いやはや、マスコミの報道をみていて「こいつら。本当に物事を理解をする能力があるのか」と思ってしまった。 先日11日にThe Journalのコメント欄... [詳しくはこちら]

» 【冤罪】犬察の狗たる惨経が何をほざいても、取り調べの全面可視化を実現すべきだ【人権侵害】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 ↑ 01月22日付け 惨経珍聞 朝刊大阪版より  江戸時代以来、自白偏重主義を続ける旧態依然とした日本の事件捜査では、冤罪の発生が後を絶たない。むしろ現... [詳しくはこちら]

» いま 全力で闘ってる ひとこそ 送信元 ワタシ的暮らしの知恵お披露目帳
今日で大メディアと闘っているみなさんにも、一つの段落がつくと考えます。 いまは現実に小沢幹事長に対しての初めての事情聴取が行われていると思います。 今後の... [詳しくはこちら]

» 検察は「人間として失格」!! 送信元 過去と未来の間
 今日の「中日新聞」に、昨日の菅谷さんと元検事とのやりとりが載せられていた。 [詳しくはこちら]

» マスゴミ 2 ♪ 送信元 どなちゃんのおけつ♪
相変わらず、記者クラブに属する腐った大手メディアは救いようが無いですね~{%顔文字驚きhdeco%} [詳しくはこちら]

コメント (194)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

高野さんは小沢氏と”いろいろな面”で”仲良し”なんだから、ここでこんなアジ文書いて「擁護してたよ」なんてアリバイ作りしてないで、もっと矢面に立てばいいのに。

事情もよく判らないのに真剣に小沢氏を讃え敬うここの一部の人たちが、さすがに可哀相になってきますよ。

「おやおや」さん

高野氏は十分に矢面に立って発言しているし、検察批判をしている人たちは、大半が法的・論理的におかしいと言っている。
あなたの方が“おやおや”のようだ。

おやおやさんは工作員と”いろいろな面”で”仲良し”なんだから、ここでこんなアジ文書いて「反論してたよ」なんてアリバイ作りしてないで、もっと矢面に立てばいいのに。

事情もよく判らないのに真剣に投稿をよんで真に受ける人たちが、さすがに可哀相になってきますよ。(w

>大田区 | 2010年1月23日 17:25

あなたがそう思ってるなら、それはそれでOKだと思います。あなたにとっては。

しかし、高野さんもまさかこの文章を本気で書いてるわけないだろう。
この問題に関しては、微妙にテンプレ的な物言いしかしてないんだよね。
この問題を野次馬的に見てる立場からすれば、文章の本気度の違いを感じる。

この国はもう終わりなのでしょうか?
 民主党シンパの人間も、所謂ネトウヨ的な人も現状は昨年8月で政権交代が起こったことは覆しようのない事実なのです。 この点を抜きに小沢が良い、自民頑張れとか主張してもダメ! 今必要なのは国民の1ッ票で政権が変わりうると言うことがハッキリした訳であるから、今後の日本が進むべき道筋を右の人も左の人も自分の意見を主張すべきである。 JOURNALのサイトに投稿している右・左・反米・親米いろいろな立場の人間がそれぞれの主張できるサイトに為ればナーと思う今日この頃です。そろそろ人格攻撃とか質の悪い投稿でなく国を憂うる発言が必要な時期になっているのではないでしょうか? 発言の機会が保障されるこれが近代社会の第一歩でしょう。 それにしても官憲の質の悪さこれが一番の問題かも?

おやおや?具体性の無い批判かい?批判するなら高野さんの論拠をひとつひとつ論破すべきでないかい?こんな書き込みする程知恵が無いのかい?

こんにちは。

特捜の目的は、

・小沢氏だけか、
・小沢氏も階段で、参院選での過半数割れをねらっいるのか、
・次回衆院選での民主下野か、
・民主の完全制御か

何が目的なのだろう。

高野さんの仰る通りです!!
何の矛盾も無く、説得力がある!
検察の屁理屈を論破されていると感じます。


おやおや?
こんな簡単な事が理解できない人が居るようですね…

マスメディアから検察が世論誘導を狙ったリーク情報が氾濫しております。その中で信憑性あると思われるのは運転資金ショートの話だと思っており高野さんの意見に賛同します。
 小澤さんの事務所は地元、東京、仙台等全国にあり私設秘書だけでも約30名といわれています。また、政治状況の変化に即座に対応できる必要があり、当時は民主党内で何でも出来る立場ではありません。小澤さんが支援する候補者や議員も少なくとも数十名です。当然いつでも自由に使える億単位の政治(運転)資金が手許に持っている必要があるはずです。
 私も家を新築した時ですが手持ちの現金預貯金等を全て取り崩しませんでした。取得税、家具も少しは購入するし等々を考えれば概ね年収分は手許に残しました。
 預貯金等全ての資金を取り崩して支払いにあて、購入すればなどという人はいないのではないでしょうか。
「お金があるのになんで借金をするのか?」といっているコメンテイターがいましたが全く社会常識を疑います。これこそ机上の空論です。
 ただ、検察は自己の信じる正義のためなら何でもありです。
 特に現在の検事総長以下特捜部長までの系列は長銀事件、元福島県知事佐藤氏の事件を始め前科がある連中ばかりです。
 検察がおかしくなったのは裏金の問題を小泉政権時代に不問にして処理してもらって以来おかしくなったとの噂がネット上あります。
 

おやおや この人そうかの人

<検察の小沢潰しの真の動機>
 特に西松事件以降、露骨になっている検察の民主党政権つぶし、とりわけ小沢潰しの真の動機を炙り出す必要があります。
 検察の裏金の実態を内部告発して逮捕・拘留された三井 環氏は検察が当時の自民党小泉政権に検察腐敗の実態を知られ、検察首脳部と組織防衛の為に自民党政権と取引したことによって、漆間発言のように自民党政治家には決して捜査の手が伸びないのだという見立てをしておられます。正義面をした検察が裏金を作り、検事正がそれを私物化していたという事実が多くの国民の知るところとなれば官僚支配体制は総崩れです。検察は何としてもこの問題が表面に出ないように必死になっているのではないでしょうか? 公訴権を持つ唯一の機関である検察がこんな犯罪隠蔽の為に活動していてはまさに税金泥棒そのものです。民主党は三井 環氏を国会に招致し、検察の裏金問題を徹底的に追及すべきです。

検事総長は、最高検察庁の長として、検察官を始めとする全ての検察庁職員を指揮監督する国家公務員であり、検察官の職階の最上位。検察の公平性・中立性を保つため、検事総長は法務省の特別の機関である検察庁の職員であるにもかかわらず特別な地位を与えられており、次長検事及び検事長とともに認証官とされている。他の省庁では、事務次官が政治的任命職を除く職員(いわゆる事務方)のトップであることが多いが、法務省における事務次官は検事総長・次長検事・検事長に至る検察官の出世ルートの一通過点の位置付けとなっており、この序列は、検事総長・次長検事・検事長は認証官であるが、法務事務次官は認証官ではないこと等からも窺い知れる。なお、検事総長の直近上位職は法務大臣であり、法務事務次官の直近上位職も法務大臣(および法務副大臣)である。従って、検事総長、次長検事および検事長は法務事務次官より格上の地位にあるが、その上司ではなく、担当する職務・役割も異なることから、法務事務次官はその所掌事務について検事総長、次長検事および検事長の指揮・監督・命令を受けることはない。
*検察官定年(退官)は63歳
*検事総長のみ65歳(検察庁法第22条)
*検事総長の俸給額は月額151万2000円
*国務大臣・会計検査院長・人事院総裁と同額
*東京高等検察庁検事長の俸給額は月額134万1000円(副大臣等と大臣政務官等の中間程度の額)
*次長検事及び検事長(東京高等検察庁検事長を除く)の俸給額は123万5000円(大臣政務官等と同額)
*法務事務次官の俸給額は「一般職の職員の給与に関する法律」の別表第10に定める「指定職8号棒」により月額121万1000円
→検事総長、次長検事及び検事長の俸給の額は、法務事務次官の俸給の額を上回る。
検察庁法第14条(注1)により、個々の事件の取調又は処分について法務大臣は検事総長を指揮する権限を持つ。
検察官はそれぞれが検察権を行使する独任官庁であるが、結局のところ検察権は行政権に属し、全体として統一されたものでなければならないことから、検察官は検事総長を頂点とした指揮命令系統となっている(検察官同一体の原則)。
検察官は、例外を除き起訴権限を独占する(国家訴追主義)という極めて強大な権限を有し、刑事司法に大きな影響を及ぼしているため、政治的な圧力を不当に受けないように、ある程度の独立性が認められている。端的なものが法務大臣による指揮権の制限である。

検察庁は行政機関であり、その最高の長は法務大臣であるため、本来であれば当然に法務大臣が各検察官に対して指揮命令が出来るはずであるが、この指揮権については検察庁法により「検察官の事務に関し、検察官を一般に指揮監督することができる。
但し、個々の事件の取調又は処分については、検事総長のみを指揮することができる。」として、具体的事案については検事総長を通じてのみ指揮が出来るとした。法務大臣と検事総長の意見が対立した場合に問題となり、かつては法務大臣の指揮に従わないこともありうる旨を述べた検事総長もいて国会で問題とされたものの、法的には「法務大臣の職務命令に重大かつ明白な瑕疵がない限り違法なものでも服従する義務がある」とされ、その結果是非については、指揮権を発動した際の国民世論が決定することとなる。

だそうで、結局世論が問題。

法務大臣が指揮権発動するほどの世論が沸き、且つ法務大臣自身の
国民からの個人的資質経歴上の信頼性、またその上に政府与党の確たる信頼性支持が無いと難しい。
そう簡単には行使できないのは上記の通り。
検察の上記法的立場は強固と言わざるを得ない。

であるからこそ、検察による情報リーク(操作)は今回甚だ問題で、同じソウサでも、捜査に徹して、自信があるならササッと逮捕すれば良い。

小沢氏の事情聴取後の会見(書面らしいが)が待たれる。

もし不起訴となった場合、あるいは無理やり微罪で起訴となる、いずれの場合でも、足利事件、福島県知事事件、西松事件での検察側の失態が明らかになった以上、いずれの場合も、今回ほど検察側の説明責任が求められる事は無い。

また、特捜の扱う事件の性質上、また今回のリークによる世論捜査の過程から法律論だけでの説明では済まない。

大きいマスコミ(会社的に)各社も、netでの情報取得が容易な時代に大本営発表を追随する程度では今後生き残りは厳しい。

論評で登場するする識者?含め、記者含めたメディアは検察並みに信頼失墜した場合、netに取って代わられる。

明日のサンデープロジェクトには誰が出るのか非常に問題。
高野さん・・もしや出ないなんて事無いだろうね。
田原総一郎もこの際、番組も終わるという事なら、これが最後と思って、奮闘期待したい。
朝日新聞の星が何を言うかは想像がつくが、とにかくマトモな出演者が多い事を期待します。

検察のリーク情報の激しさと、その内容の無さから、ロクな材料をもっていないな、とは思っていた。

例えば、検察の裏金疑惑の頼みの綱証言をした水谷建設だが、裏金を渡した重要な証拠が見つかったとの報道があった。何事かと思ったら、喫茶店と新幹線の領収書だと言う。そんな証拠にもならないようなものを、仰々しく報道するマスコミにも驚きだが、リークする検察にも呆れる。

追いつめられているのは検察だと言うのは、よくわかる。しかし、それだけに何をしてくるかわからない。証拠のねつ造もあるだろうと思っている。事情聴取を何回か繰り返し、供述に信用性がないからだという世論をマスコミに作らせ、でっちあげで在宅起訴にもって行くと思う。無罪でも、どうせ判決が出るのはずっと先だ。

去年3月の西松事件から、私の検察とマスコミへの不信は、増大する一方だ。今回で、それが決定的になってしまった。特捜など解体すべきである。

温暖化問題と同じように、日本沈没が加速しているというのに、未だに既得権益にしがみついている連中の汚さに辟易しています。
全うな批判をしている方々は、教育水準も高いようにお見受けします。仕事もあるでしょうし、場合によっては海外で働くこともできるでしょう。
となれば、日本の政治が再度混乱し、暗黒の時代に突入して困るのは、現在検察賛美をしている箸にも棒にもひっかからない水準の連中なのに、何故それがわからないのでしょう。
このまま国民を巻き込んで小沢民主を追い詰めるようであれば、先々、失業率が上がろうが所得格差が広がろうが、自業自得です。小沢氏になにかあれば、この国は、落ちるところまで落ちないと駄目だってことなんでしょうね。

酷いもんだねぇ。こんなんで給料もらってんだ!検察と同じ体質だわ。勝手な「物語」を描いてそれにそった発言しか認めない。

特捜とカスゴミの共犯関係の本質がよくわかる。ビデオが入ったことでカスゴミの実態が白日のもとになったと言う意味で、記者会見オープン化の意味が重大だということがはっきり分かる。

検察が追いつめられてる姿を見て、捜査に使われる膨大な資金を税金で賄っている以上検察は説明責任を必要としているのは明らかで、西松問題の件も含めて説明に不足があるなら今後の人事に影響を与えるなどの必要があると感じてます。
検察が自分達に都合のいい正義を振りかざして浪費しているのは国民の税金である。
これだけは、政権が変わろうと不変の事実であるのです。
海外では、説明責任は主に官僚がするものであって政治家に説明責任ばかり求めるのはおかしなことです。
郷原氏の意見を聞いて「おや?」と思ったのはこの部分について検察も検察OBもあまり重要に思っていない事です。
もう一度言います。検察も官僚の一部です。国民の税金を浪費している責任を説明し、しかるべき責任を取るべきです。

この前から気づいてたのですが、
「おやおや」氏ってこのサイト専門に張り付いてますよネ。新しいコメントが出ると即、反応してる。暇なのか、雇われているのか
・・w

数年前、陸山会による不動産所有が問題となった時、小沢氏は確認書を公表した。それによれば、陸山会代表は「小沢一郎」、個人は「小澤一郎」と表記して、区別している。ところで、総務省がネット上に公開している、04年度の政治資金収支報告書によれば、問題の4億円の借入は、「小澤一郎」からとなっている。つまり、小沢氏個人から借り入れたのだと、ちゃんと報告していることになる。したがって、なぜ隠したのかという疑問自体が、そもそもナンセンスだということにもなる。細かい事情は分からないが、少なくとも、検討に値する重要な事実であることだけは確かではないでしょうか?

今日になってからのマスコミの(リーク)情報は、とにかく虚偽記載が超極悪な犯罪であるかのような宣伝が繰り返され、検察が自らのハードルを下げようとしている気がしてなりません。

今のところ裏金授受の証拠とされてるのは、入金時期と新幹線の領収書だけですからね。後者に限れば、その日に東京にいた人全員が疑惑の対象者になってしまいます。

えー 本音で言わさしてもらいますがこのJOURNALでの発信者全てがヒョットシテ60年安保当時の知識人今所謂言論人の最先端に位置したいとのあなたの希望とは別にあなた達がこれからの知識人になり得る若い人たちに対して考え方の基本を指導すべきである。 右でもいい、左でもいい、新米でもいい、反米でよい
でも日本は自分たちの国だこの感覚をいえない人間は排除すべき!!

去年、私たち有権者は選挙によって政権を交代させることができました。鳩山由紀夫と小沢一郎という二人の政治家が大きな役割を果たしたのは間違いありません。どちらか一人が欠けても実現できなかったかもしれません。政治主導を標榜し、脱官僚依存を掲げた民主党を私たちは選んだのです。そう、政治は選挙によって変えることができるのです。しかし検察をはじめとした役人(官僚)は私たちの意志で交代させることができません。

普通に考えても当時野党の国会議員だった小沢一郎に水谷建設がお金を流して何の利益が得られるのでしょうか?与党であれば利益を誘導する権限を持っているので建設会社側にそのようなインセンティブが働くことも理解出ますが・・・。

私は政治家だったら犯罪を犯してもよいと言っているわけではありません。微罪だろうと形式犯だろうと罪は罪です。しかし、この人の場合は修正申告でOK、この人は在宅起訴で罰金、この人は事を大げさにして政治生命までをも奪うという裁量を検察が思いのままに使い分けることはおかしいと思います。

今現在も続いている事情聴取ですが、今回、高野さんが仰るとおり"鼠一匹"も出なかったら官僚の大掃除に弾みがつきますね。そして官僚の大掃除が終わったらそこから改めて私たち国民は民主党という権力を監視していかねばなりません。

今日の日経新聞などは三権分立の基本すら理解できていない記事が満載でした。「検察に介入した」だの、「圧力をかけた」だの笑ってしまう。検察とは何者なのか?行政でも特別に認められた機関ではあるけれど神聖不可侵とする論評記事は異様です。なぜ小沢一郎が政権の交代が必要か訴えたのか逆によくわかる紙面ではありますが。

 高野氏の話は、ほとんど常識で意外でも何でもない。検察は、水谷の5000万は立証できない。提出させた通帳の5000万の入金に目をつけて、服役中の水谷に、仮出所でも取引にして特捜の都合に合わせて出鱈目を言わせているはずだ。
 石川のガサ入れで、名刺の束に水谷の名刺を加えておいて、「水谷の名刺が見つかった」とリークするぐらい平気でやるごろつき集団が今の特捜である。
 検察は、小沢が有罪になることはどちらでもいいと思っている。小沢と民主党の民主党政権を崩壊させることが目的だから。
 検察がどんなに民主党を叩いても、次にできる政権も反官僚権力勢力となる。そのことが、官僚に分かっていない、時代が読めない、KYアホ集団が官僚たちなのである。頭が悪い、誤謬だらけの官僚にまかせたために、国は860兆円も借金し、経済はボロボロ、国は衰退したのである。頭の悪い官僚集団から、優秀な国民の政治勢力に国のかじ取りを任せなければならない時代が来ている。
 記憶力だけの法科万能の時代は過ぎ、知能によるソリューション演繹能力のある、東大工学部鳩山や東工大菅のようなリーダーが日本には必要だ。頭がいいと思ったら、郷原弁護士も東大の理系らしい。
 

事情聴取終了。
逮捕無し。
8時から会見!

ィヤッホ~ィ!!

私は最近まで小沢氏の奥様が大変な資産家であるということを知りませんでした。

鳩山氏のように小沢氏も実は資産家であるということが世間に知れ渡っていれば、もう少し世論の見方も違っていたのではないかと残念でなりません。

検察とマスゴミの連携により、1月18日無事出所の三井環氏を検察は恐れ小沢氏一辺倒でマスゴミにリークし、マスコミを引きつけているのではないでしょうか?小沢氏は聴取後国民に向けて聴取内容を公開すると産経が書いていた様だ。はたして事前に小沢氏がこの事を公表したのはどういう意味なのだろうか?ジャーナルでも三井さんの記事を載せてもらったり多いに騒ぐべきです。これこそ検察の弱みです。問題化すべきです。検察の裏金問題はまだ解決していません。小泉自民党との取引でもみ消され三井さんがその犠牲になった。納得出来ますか皆さん!

高野大兄、極めて的確な分析で、感服いたします。

 しかし、それにしても分からないのは、何故検察が、此処まで見通しの付かない道を突っ走って来たかです。
 
 小沢幹事長を潰して民主党の、官僚主導から国民主導、中央集権から地方分権への、明治以来の政治改革を阻止するのが検察の使命と思い込み、勝ち目のあるなしを計算もせず、特攻精神で飛び込んできたのか。

 或いは、巷間伝えられている裏金問題で、三井氏が出所し、国会審議にかけられ検察の権威が泥まみれになるのを阻止するための取引材料作りであったのか。

 真の動機は不明ですが、いずれにしても信じられない精神状態にあることは確かではないでしょうか。

 油断は禁物であり、高野さんの前稿にあるとおり、一日も早い可視化法案をはじめとする、今回のような検察権力、報道機関の暴走を防止できる、仕組みづくりを民主党にお願いしたいと思います。

 

聴取後は書面で声明するという話だったと思ったが、
直接に記者会見するということは、小沢氏に余裕が
あるということかな。

一応、第一の危機は脱した!!!!!!!
一安心。
小沢さん、健康状態、大丈夫かな?4時間程って、小沢さん、言ってらっしゃけれど、それは、小沢さんの健康状態でそれ以上の事情聴取は無理だったって事かな?

それにしても、検察も国際世論を気にしているのかな?そろそろ、日本の’真の’政治状況がNYTなどに漏れ伝わり始めているから、荒っぽく「逮捕」は出来なかったんだね。

>小沢の政治資金問題はつまるところ個別的問題である。

地検特捜と小沢は対立している。地検特捜のトップ人事は自公政権時代の流れを汲むものである。

政権交代があり旧自公政治と政治の枠組みやり方が変化した。霞ヶ関の役人は民主政権を歓迎していない。

民主の改革に反対である。地検は自民の復権を裏世界で画策している訳でもないが、小沢の影響力の強い現政権と小沢幹事長職に反対・抵抗がある。
地検の組織力と権力維持は譲れない司法の領域である。
記者クラブに始まるメディヤへのリークは地検特捜の訴追権を実現する為の捜査権の戦力の一部である。

小沢は限りなく政治資金違反と裏金個人献金で灰色に近い。捜査するのは当然で司法の正義の実行であり職務である。国民はメディヤを通して小沢と地検いずれが悪者か判別できる訳でリークが機密漏れと言われているが些細な次元の話である。

地検官僚捜査は正義の実現であり、何も知らない国民のレベルは気にすることはない。あくまで法律違反の司法捜査である。結果的に小沢を狙い撃ちにしていると解釈されても関係ない。
政治・経済、国政の動向を問う以前に、司法による国体・国家体制の維持を優先すべきであり、われわれエリート地検特捜は組織の堅持と捜査の絶対的権利の崩壊はいかなる形を取っても維持することがさいだいの命題である。

よって小沢を下野させ葬ることは、とりえる方法の中で最大の戦略でありその結果鳩山政権が短期で崩壊し自問政治が復権するとすれば、以前と同様に自分らの官僚政治が程よく維持できるようになるだけである。

国民の散在?・・・・関係ない国家の司法に基づく安定が全てに優先する。これが国民大衆に通じる常識です。
・・・・と対立の縮図から見えます
この国の国民は眼くらましに遭うばかりで国民主体の自立の機会が殺がれてばかりです。
小沢が改革と国民生活を第一と政策している?・・・・・
それは単なる解釈のひとつである?

小沢の政治は私にとって生活に直結する何がしかの特典がありそうだが、地検の正義はなんら関係ない世界のようだ。
正義の味方、司法の仕切り役 >検察が>犯罪になる裏金を 溜め込み飲み食いに流用しているひどい国です。

国民をなめきっています。
小沢氏を応援しようと思うよ。
  

高野さん

検察はアホだったのですね(笑)。検察の赤恥、楽しみ!

小沢さん、事情聴取終えて、すごーく疲れたでしょうね。これから、記者会見、大変だぁ。

検察は告訴する権利、記者クラブメンバーのマスコミは知る権利をそれぞれ独占しているつもりだ。その暴走にだれが危惧の念を表明しても一切無視し「違法な介入だ」と罵る。
これは戦前の軍部が統帥権なるものを振りかざし、批判勢力を統帥権の干犯を許さんといって蹴散らしたのとまったく同じ構図だ。
国民が選んだわけではない検察やマスコミを、国民が選んだ代表が牽制することは、当然国民が支持する。
反革命クーデター軍とそれに占拠された放送局・新聞を信じてはいけない。スペイン人民戦線内閣、チリ・アジェンデ政権の悲劇をこの日本で再現してはならない。
われわれが選んだ政府か、旧時代の官僚機構とマスコミ。どちらの言い分を信じるか、それは明らかだろう。

小沢氏の会見はこれからだが、忘れていけないのは石川代議士他2名が逮捕拘留されているという事。

これを拘留満期(いつかは知らないが)まで引っ張っられるのは看過できない。

大久保秘書に至っては、公判で明らかなようにまさに無理筋で逮捕拘留され、今回2回目。

これを何とかしないといけない。
そこも忘れず注視していきたい。

二見伸明好きで反民主、反小沢、
おやおやはそうかだ。

予定を越える五時間半の聴取で、ただでさえ消耗しているだろうに、もしも小沢氏に不利な決定的証拠が特捜から突きつけられたとしたら、大事をとって弁護士による書面声明にするのが安全策。
なのに、聴取が終わってまもなく本人が、それも反小沢で手ぐすねを引いているマスコミを前に堂々と出て会見するということは、果たして、観念して開き直ったのか、それとも赤児の手をひねったのか。

> pipi | 2010年1月23日 18:38

タイミングですよ、たまたま。
まあ、そういう疑惑を持ってもらっても別にかまいません。それはあなたの問題だから。

小沢さん会見
CATV・CS放送の「日テレNEWS24」で生中継。

マリアンヌさん有難う。
どこで中継するかわからず見逃すところでした。
いま、チャンネル合わせてスタンバイです。

なんでNHK中継しないの!?
あんだけ煽っといて!
視聴者のニーズわかってんのか!
それとも
「編集したもの」でないと
自信ないのか笑

おやおやは

そうかそうかと

手をたたく

「官僚帝国の逆襲」
昨年ついに、明治維新以来140年ぶりに選挙で、いままでの自民党の政治丸投げの官僚主導から国民による政治家主導へと大きく変わった。民主党の小沢が法務・検察の人事や組織改革に乗り出すのは時間の問題となった。つまり検事総長の国会同意人事・民間人の登用や地方の検事正を選挙制にすることや可視化法案や特捜部の解体である。検察官僚にとっては自分たちの今までのやりたい放題ができなくなってしまう。官僚側はそれを何としても防ぎたい。昨年末、都内の宴席に集まった特捜部検事を含む法務検察官僚。この席で飛び交っていたのが、「小沢を許さん。小沢を葬れ。俺たちの将来が掛かっている」の“大合唱”だった。危機感をもった官僚組織は逆襲にでた。
まず宮内庁長官や駐米大使による反乱が始まった。そして今回、政治家抹殺を役目とするアメリカ仕込みの特捜検察官僚が“玉砕”覚悟で打って出た。これに呼応し自民党・マスコミなど守旧勢力も反乱軍に加わった。政権交代を帳消しにしかねない強引な捜査が始まった。民主党の原動力である小沢幹事長を抹殺するため、リークなど反乱の首謀者とされる谷川次席検事と佐久間特捜部長は与党幹事長周辺の三人連続逮捕という荒っぽい手法にでた。公然と検察ファッショが進行した瞬間であった。検察は必ず小沢を逮捕する。小沢を事情聴取し「自白」したと発表。小沢辞任が、鳩山政権の崩壊、民主党政権の崩壊に直結することは自明である。
検察ファッショに国民が選んだ民主政権が対抗できる唯一の武器は「指揮権発動」しかない。官僚側が勝ち、今までのように国民の上に君臨し官僚主導で支配するか、それとも民主党が勝ち民主主義による政治主導ができるか。いよいよ官僚対民主党の最終戦争はその幕を切って落とされた。民主党政権を潰し自民党の復権を願っている“オール霞が関”官僚は固唾を呑んでこの戦争の行方を見つめている。

今ちょうど二十三日午後八時二十分で,小沢幹事長の記者会見が始まっているはずだが,「検察は正義なり」ではなくて,「検察は政治なり」なので,今後の成り行きを見守っていきたい。

これから先,民主党は状況に応じて,政治的判断を誤らないように,努めて冷静に行動を選択する必要がある。

高野さん、大変うれしい記事、有難うございます。
高野さんの仰る通りの事実であり、検察には残念な現実が今、検察の直面していることでしょうが、近々、我々の目に見える現実が真実であるとは限らないです。

おやおやさん、小沢批判は結構ですが、小沢氏本人と直接の取材をしているジャーナリストはほとんどいません。
ほとんどのマスコミやジャーナリストはフィクション作家ですよ。
ここにいる、小沢シンパの方たちは、二見さんや平野さんのような行動を共にして来た側近の方や渡辺幹介さんの様なジャーナリストで独占取材100回を超えるような方の記事等を読んでいるので、おやおやさんのような投稿は愉快犯以外に無意味なことですよ。

高野様
いつもありがとうございます。
ところで、只今、小沢氏の事情聴取後の会見が行われている最中ですが、説明責任を果たしているまさにこの時を、地上波はどこも放映しません。説明責任!説明責任!と言いながら、ただの一社も、そのままの会見をリアルタイムで流さしません。どうせ、また適当な所で編集して自分たちの偏向報道の道具にしようとしているようですね。腹が立ちます。本当に腹が立ちます。

>あらいぐま | 2010年1月23日 20:23 さん
今、ネット放送の会見見てます。
感想はまた後で。

普通に考えて、
>行動を共にして来た側近の方や渡辺幹介さんの様なジャーナリスト
こういう人たちが、必ずしも、いつも客観的な評価できるとは思えませんよね。もうまったくシンパだから。
その手の言説を聞きたい人には耳当たりのいい事を言いがちですが。

他人の投稿を無意味うんぬん言うのも自由ですが、まあ、アク禁にならない限りは書き込ませてもらいますよ。あしからず。

 こんばんは。

 高野さんの御説はご尤もと思います。しかし、事実がそうであるからといって訴追されない訳ではありません。残念ながら。

 CATV・CS放送の「日テレNEWS24」は加入していないので観られません。残念!

 今回の事情聴取を受けて、東京地検特捜は何を仕掛けてくるのか?

 1.更なる事情聴取か、被疑者聴取。或いは、在宅起訴。
 2.小沢氏個人宅への強制捜査。
 3.在宅起訴。
 4.国会への逮捕許諾請求申請。
 5.石川議員(元秘書)などの起訴。共犯関係による時効の停止。
 6.小沢氏の嫌疑が晴れて、何も無し。

こんなところかな?(何か抜けていたらご指摘下さい)まだまだ道のりは長いと思います。
 
 冤罪痴漢事件容疑者の道を辿るのか?一度嫌疑を掛けられれば、捜査終了までは悲惨な道を辿る。その後の現状回復はほとんど望めない。その意味で、6.以外に政治的には小沢氏は負けだと感じています。
 
 潔白を信じ、ただ祈るばかりです。
 

検察は民主党をつぶすことなど考えていないと思う。

岡田や前原に交代させたいだけだと思う。つまり小沢さんだけが狙いだと思う。鳩さんを見逃したのも、トップに立ちたいだけの人間と見抜いてるからだと思う。

ここで見れますよ会見生放送
http://www.ustream.tv/channel/hatakezo

石川議員が政治資金報告書の虚偽記載に対する小沢氏の関与をみとめたという報道が正しければ、これですでに政治資金規正法違反で小沢氏は公民権停止ですよね。
 嘘リークの可能性もまあ、高いんですが。
 私には先行きはまったく読めません。

あれだけ聴取に応じろと言いながら、いざ受けたら、
与党の幹事長として検察からの事情聴取は異例の事態と言ったり、
説明責任を果たせと言いながら、聴取後の会見は地上波で一切生放送なし。

ただただ呆れております。

埋蔵金を隠し持つ霞ヶ関といい、検察の裏金といい立派な横領だ、犯罪だ。

それにしても政府もマスコミ対策が全然ない。自民党は都合の悪い事を書けば出入り禁止にして罰を与えた。これは国民にとって好いことではないけれど、それにしても開放する約束を反故にしてまで温存している記者クラブにやられっぱなしって、ちょっとマヌケてませんか。ここまでならずに済んだでしょう。

また民主党議員はもっと大きな声を上げる時、考えすぎて自民党的発想になっているのでは、まねしなくてよい。野党ボケもいぜんあるように見える。

小沢さん体調が心配です。

会見見ました。
堂々としたものです。
記者の質問も雰囲気のせいか抑制の効いた、しかし核心をしっかり尋ねるものであり、それに対して小沢氏は落ち着いて返答していました。
会見直前にレジュメを配ったようなので、そっちに記者が頼っただけかもしれませんが。

<不可思議な捜査の方法>

検察官が被疑者を起訴する場合、様々な捜査情報を集め、起訴のための仮説(検察独特の物語)をつくり、その仮説を補強するために証拠集めを行う。しかし最近は仮説に合う証拠だけを採用し、合わない証拠は表に出さない(無視する)傾向が強くなっている。本来ならば仮説を覆す証拠が見つかれば、それをベースに再度仮説を組みなおすという作業をやるはずだ。

ところで今回の捜査では、過去に色々問題を起こしている水谷建設という会社の役員の証言をあまりにも重視しすぎている点が気になる。もし今回、上記仮説に反する有力な証拠がありながらそれを無視して怪しげな水谷建設の証言を採用しているならば問題だ。私には今回の検察の捜査が、あまりにも「小沢が水谷建設から裏金をもらった筈だ」という、仮説に囚われすぎているように見える。

今回の捜査を見ていて、ブッシュ政権が「イラクに大量破壊兵器がある」という仮説を元に、不確かな証拠を集めてイラク攻撃したことを思い出した。当初、CIAなどの捜査機関はイラクに大量破壊兵器の証拠は無いと主張していたが、戦争ありきのチェイニー副大統領の「イラクに大量破壊兵器は必ずある」という仮説に沿う証拠しか認められず、結局意味の無いイラク戦争に突入した。

どうやら今回も「小沢が水谷建設から裏金をもらった筈だ」という仮説にこだわりすぎ、いまだに仮説を証明する有力な物証が見つからず、無理な捜査をせざるを得なくなっているようにみえる。私には有能な検察官が何故こんな状態に陥ったのか不思議に感じる。やはりイラク戦争のときのように、現場の検察官達が政治的圧力によって上記仮説を押し付けられているのではないかと思えてならない。

なぜ、生中継をきちんとしないのか、NHKは説明責任を果たしてもらいたい!

また、生中継をしたはずの日テレnews24は、

「民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、23日午後に東京地検特捜部の任意の事情聴取を受けた小沢氏は同日夜、都内のホテルで会見を行った。」
としか載せていない。
おいおい、どう書くのが適切かってことを地検に確認してから載せるってことですかね!

 小澤に近い人間や、シンパの発言は信用できないが、検察及び司法談合記者クラブの報道は するーですか
 さすがにおやおやと思わせますね。
 ジャーナルは検察できん(出禁)とは違いアクセスは禁止されないようです。

あれほど・・・

大マスコミは「説明責任に応えろ」だの「聴取に応じよ」だの「会見を開くべき」だのと声高に言い放ち、「国民も注視している!」と断じていたにもかかわらず・・・

地上波、BS含めてどの局も「今夜の記者会見」を生で報じたところは無いのである!

まったく・・・何なんだマス連中のいかがわしさは!!

それとも何か?
編集も出来ない「生」で放送したら「真実」が伝わってしまうからか?!
それとも「リーク情報」をもらうまでは、「脚色・演出報道」が出来ないからなのか!?
それとも、「リーク先様(検察)」から「生」で放送するな!と恫喝されていたのか?!

土曜のゴールデンタイムであろうが、視聴率に左右されないNHKさん・・・受信料返してくれたまえ!!

今NHKのニュースで会見の模様を見ました。その後で社会部の記者が解説していましたが、何となく当てが外れたという顔つきが印象的でした。
小沢幹事長を全面的に支持します。

国民の「知る権利」なんて
言いながら
一次情報は絶対渡さない。
NHKも。
なんと腐っているんだろう。
マジ受信料払う価値無し!!

下の1077さんが「NHKの存在意義」という題で論陣をはっていらっしゃるが、そのNHKでは、実は私は、地上波の報道関係番組以外は好意を持っている、って言うのに、肝心の報道が極めて自民党寄りである事が大不満なのである。

本日の午後8時45分からのNHKの定時ニュース、担当の野村正育アナの強張って青ざめた表情が、午後7時ごろ情勢一変〈小沢さんが逮捕されずに事情聴取終わった事)した大マスコミの今の気持ちを現わしている、と思う。大マスコミは、そのほとんどが、「東京地検 民主党の小沢幹事長逮捕」という予定稿を書いていたのではないか?99%そうだと確信している。
でも本当に、野村アナ、困ったなあという表情だった。

特に第3の部分に関しては、なぜメディアがあれほど騒ぐのか理解に苦しむ。

それではTV局は手元に資金があっても借入金があるのはなぜか?
なぜそれで返済しないのか?という理屈とまるで同じ。
まったくばかばかしい理由である。

投稿者: マリアンヌ | 2010年1月23日 21:09


「東京地検 民主党の小沢幹事長逮捕」という予定稿を書いていたのではないか?99%そうだと確信している。
でも本当に、野村アナ、困ったなあという表情だった。

------------

マリアンヌ様

小沢氏を逮捕するには国会開会中につき所属院の逮捕許諾が必要ですよね。
ですからいきなりの逮捕はあり得ないですよね、

「自民党に魂を売っていた自民党」というブログの記事をぜひ見てください。

私は、検察が組織防衛の為、自民党を利用しようとしているのか、と思っていました。

しかし、この記事を見て、実は、利用していたのは、小泉氏、飯島秘書官かも知れない、
と思うようになりました。

先に、小泉氏が”一気に行け!”と号令をかけた。

そして今日の鳩山、小沢タタキの演説では、いよいよ前線に出る気なのか、とも思える。

これは、三井環氏が2006年中小企業経営者の相互扶助団体 KU会第4回勉会で行ったものです。

検察と小泉政権以降、自民党との関係を深めていった状況がよく
理解できます。

http://blog.goo.ne.jp/fenetre39/e/a8e13aa6453594fa3f62296abe642d3b

まったくこれほどに日本という国は国民とはかけ離れ腐っていたとは、マスゴミ、官僚、自民に鉄槌を下すときがきた。

今夜の会見を明日以降に地上波ノーカット放送をどこの報道番組でもやらなかったとしたら、小沢氏の説明責任を国民の目に触れないように阻害していたのは党のマスコミということになりますね。

さすがに一社もやらない、とまでは思っていませんが…明日のサンプロぐらいかなあ、あとはどこも5分ぐらいに切り刻んで、揚げ足をとりまくるような気もする…。

TBSニュースで現場の記者の報告聞いていて、やっぱり報道の方法は変わらない。検察との癒着を平気で感じさせるコメントだった。

NHK9:45からのニュースを見ました。
今日に入ってからにNHKのニュースに登場する解説は社会部記者。
何故政治部では無いのか不明で、且つ話すトーン、内容も抑制されている。
9:45からの会見は断片的でしたが、水谷他言われているような事は無い・・と落ち着いて言っていた。
幹事長続投についてもそのままという事です。

今日は土曜ではあるが、このような選挙以上の関心事を特番組んでやらないのは何故か?
鬼の首でも取ったように騒いでいたマスコミが一体どうしちゃったのか。

小沢氏が聴取後即会見を開いたので、聴取に関わるリーク(偽)は検察もさすがに出せないだろう。
マスコミも一切否定しているものを、根拠もなくそんなハズは無いというトーンで反論するのだろうか?
イヤイヤまだ分からんぞ・・というニュアンスで語るのだろうか?

いずれにしても3人が囚われの身。
これで記載ミスだけで起訴となったら、検察は粛清だな。
粛清というと聞こえは悪いが、検事総長の権限(投稿者: 選挙参謀 | 2010年1月23日 18:03 にあるように)は、政治家をも凌駕する解釈も可能で、やはり特捜は「政治」的意図を持っているのは明白なのだから、まずは3名の釈放までは気が抜けない。

裁判官の弾劾は可能だが、検察の弾劾は聞いた事が無い。
このあたり、そもそもおかしい。

小沢氏他3名を守る・・というよりは、こんな事がまかり通るのであれば、根本的に憲法改正が必要である。

NHK8時45分のニュースを見ました。

小沢さんは余裕の話し方。検察からかけられた疑問はすべて解決したと、国民は理解していいと思います。

では、明日から大手新聞およびTVはどのような報道をするのでしょうか。楽しみです。
また、東京地検は国民にどのように説明してくれるのでしょう。

三井環氏と検察庁長官と対決する国会での証人喚問が早く開催されることを希望します。

【小沢幹事長:「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文】(毎日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100124k0000m040058000c.html

今回の小沢幹事長にまつわる秘書の逮捕劇を見ていると、検察のゼネコンと政治家の癒着にどうにかして鉄槌を奮いたいという意志を感じ取っています。

地方の建設局に巣食う談合の元締めのゼネコンと政治家の事務所が公共工事に参加できる業者を実質的に取り仕切る構図は、依然として改まらないようです。
元締めのゼネコンと政治家の秘書が仕切って、政治献金を貪るという行為が何の罪に問われない国である日本という国に不思議なものを感じます。

また、小沢一郎が狙い打ちされているようにも思われますが、多分彼だけは総理大臣にしたくない勢力というものが存在しているのでしょうか。

小沢さんの説明責任は、何故に秘書が3人も逮捕されることになったのか、事件の詳細と事件への自分の関与の有無を国民に説明することにあるかと思います。

不思議に思うのは、当初世田谷の土地の購入に関しては、政治団体が土地を購入するにあたって、登記の名義は政治団体でできないので、小沢一郎の名義を貸しているのみであるというものであったと思いますが、現時点では、土地は個人の資金で購入したものに変わっていることです。

暴力団の組長が、組長が住む家屋敷は個人のものではない、組の所有物だ、と主張するのに似ていて笑ってしまいましたが。

政治活動に不動産の購入が含めれるのか疑義があるところですが、当然不動産を購入できる利益が政治団体に生まれていたのは確かでしょうから、その利益に対する税金を申告していたのかも知りたいところです。

高野孟様

 小沢一郎さんと東京地検特捜部に限らず、全ての、政治家・検察職員、大衆通信媒体の関係者・国民にとって、この事件・事案は、其々個人が主体的に真価を表すべき最も大事なところだと、私は思量します。

 政治に資す金品を授受するのも、収支報告書いるのも、不正疑惑を捜査するのも、それを報道するのも、視聴・購読するのも、人間だから、情報伝達に間違いや虚偽がる可能性は否定できません。、

 政治活動に不正があるか否かも、公然の秘密裏に漏洩されたと見做すべき情報に操作された世論を背景にして増上慢になったと思しき東京地検特捜部の捜査手法の危険性をも、察知できない圧倒的多数の国民は『バカボント(vagabond)』に過ないと、私は推察します。

 公務員には『守秘義務』がありますが、政治活動上の秘密と思しき情報や、捜査上の秘密とお思しき情報などが、公然と報道されているのが現状です。

尤も、与野党の国会議員や公設秘書が、政治活動をする上で知りえなかった秘密情報や、検察関係者が、捜査上知り得なかった秘密情報、即ち『ガセネタ』を蒔くは、『守秘義務違反』には相当しないのでしょうか?

 一犬が影に吠えれば百犬が声に吠え、一人が虚を伝えれば万人が実を伝えるのも、知らぬのは亭主ばかりなりというのも、情報の性質であり、また、通信された情報の、情報変化容量が、∞(正確度0;虚偽)と0(正確度1;真実)の何れの場合でも、情報量は、1となり関係者には大きな影響をもたらします。

即ち『ガセネタ』でも、蒔かれれば目がでてやがて実がなるでしょうが、それは、民主主義の健全な発展にを阻害する危険性が高いと、私は推察します。

 因みに、「信なく場民は立たず」といわれるように、民主主義の健全な発展に対する危機に臨んで、政治家・検察職員、大衆通信媒体の関係者・国民の其々が、個々に、情報の読み書き算盤(勘定)の方便は、社会生活をする上で、最重要な手段でることを、真剣に考える必要があると、私は思量します。

>投稿者: 匿名 | 2010年1月23日 20:32様ありがとうございました。おかげで見れました。
皆様!録画も見れます。

ただ、やはり地上波が一社も、リアルタイムで流さないのは説明責任で騒ぎ立てておいてどういう事なのか理解に苦しみます。あおりにあおって、小沢氏側がやると言ったら、土曜日の皆が家にいる時間だから、自分らにとって不利益っぽいので止めようと言うのでは、何の為の、我々の公益の放送事業者なのでしょう?
月曜になぜこの会見を報道しなかったのか、各テレビ局に電話しようと思います。
もはや形骸化し、暴力的な都合の良い言葉と化した"説明責任"を、バカの一つ覚えよろしく、逆に、自由を守ろうとしている人間達が絶対反論できない事を承知で、いじめの最大の武器として、気持ち悪く使い続けてますよね。 
だから"説明責任"を金科玉条のごとく使った奴らを忘れません。
汚いよ!

投稿者: マリアンヌ | 2010年1月23日 21: 様

私は小沢/民主党支持の立場ですので,今日の会見で事態が一変し,検察批判の世論となることを願っています.

ところで,マリアンヌさんは本日の事情聴取直後の逮捕の可能性を述べられていますが,以下,そういう事態は法律的に起こらないことをご案内させて頂きます.
理由は,国会開会中の現在は国会議員には不逮捕特権が有るからです.詳しくは先日本サイトに記した私のコメント(下記)でご確認下さい.

-----------小沢逮捕は衆議院での逮捕許諾決議採択の場合のみ-------------
小沢逮捕の可能性ですが,当面は無いと思います.
これは,ご存知の様に,国会会期中(今国会は1月18日から6月中旬まで)は国会議員の不逮捕特権がありますので,予定されている1月23日(土)の事情聴取後,即逮捕は法律的に出来ません.
検察が逮捕をしようとすれば,その理由をつけて,小沢さんの所属する院,すなわち衆議院に逮捕許諾請求をして、逮捕許諾の決議案が採択される必要が有ります.
当然その理由に正当性が無ければ,採択されない訳で,現時点(6月中旬迄)では小沢逮捕のハードルは相当高くなっています.
逮捕している秘書3人の供述も含め,「逮捕の正当性」を構築したいのが,特捜ですが,郷原さんの指摘されているように,小沢逮捕の前提となっている,「石川議員逮捕」自体が,極めて「違法性が高い」訳で,違法なデータによる「事件の構築」に正当性があるのかが,疑われます.
とすれば,逮捕許諾の決議が与党の多数で否決される可能性も有ります.しかし与党内部も一枚岩とは限りません.「与党すなわち民主党内の泥沼の抗争」になることを恐れます.
なお逮捕されている石川議員の釈放も衆議院での決議があれば可能です.

You try to cope with every lie they crutinize ・・・・・ Make me wanna scream
Stop presssurin me
あと一息です。

高野様

涼風会の「平野さんに怒鳴られた」と書いてるブログがあります。以前からこの成り行きを煽り、小沢さんを悪し様に書いています。平野貞夫氏はどのように
関与していたのでしうか?

NHKのニュースで聞きました。
検察は冒頭、小沢氏に対してこの事情聴取に関しては「黙秘権がありますから」と言ったとあります。
懸念していた通りの結果となりました。
検察は当初より逮捕を視野に入れていたように思います。
確かに本日、タイミングよく小沢氏に対して都内の市民団体から深沢の土地の虚偽記載で告発状が出され検察は受理したとあります。
明らかに見え見えの行為ではありますが国会会期中でも逮捕許諾請求を出してくるものと思われます。
悲観論ではありますが検察・佐久間・谷川の異常さを思えばやりかねない事だ。
正義はどこにあるのだと言いたい。

きちんと生放送さえされていれば!
土曜の8時と言えば、国民の注目度も高い時間帯。
小沢氏もそれで、説明責任が果たせる、と思っていたんだろうな。
検察やマスゴミの底意地の悪さはハンパない。
小沢氏は人がよすぎる。目には目を、でいかなくては戦争には勝てない。
TV朝日、あす勇気を出してノーカットで流してくれないだろうか。

それにしても「検察権力」ってすごいのね・・・

聴取4時間半か・・・

あの小沢氏に、この何年間で「4時間半」も会談・打ち合わせ出来た人間など国内・国外問わず、どんなVIIPでもありえなかった事を・・・
しかも「(質問)攻める」なんて・・・

すごい!すごい!

これほどの「力」ならば、マスコミなぞは「蛇に睨まれた・・・」もんだわな。
『仰せの通りに書かせて(放送)させていただきます!』ってね。

>権力は私も欲しい・・・

官僚政治の弊害は?
国民は圧倒的に数が多いのに国民の主体、意思を実現するために国会議員を選挙で送り出す方法しかない。絶対的に少ない霞ヶ関の官僚が政治、国家を牛耳っている。国を仕切っている。国民の主義主張、まとまりが無い事を逆手にとって官僚組織による官僚政治を実現している。多くの国民は官僚を嫌いでも遺棄出来ない。

議員に脳力豊かならば、骨があれば官僚を凌駕できるが、取る足らない馬鹿だった場合は官僚に取り込まれ仲間に勧誘される。小沢は検察官僚にとって邪魔な存在らしい。
軽くて?罪にならないような億単位の記入ミスの?事案だが、地検は強引なはめ込み、今風で言えば計算した謀略・陥れで小沢の議員バッジを剥ぎとろうとしている。

地検はメディヤとの共同歩調で、しがない世論を誘導しながら、小沢を追い込むのに効率的に上手くメディヤを利用している。組織が生き延びながら権力を維持拡大してきた知恵である。生活の良心的知恵ではなく誰しもがもつ一度得た甘蜜の既得権は、けして手放さない人間のエゴそのものです。組織で守り抜く戦略的知恵です。地検の使い走り役回り・走狗になったメディヤ集団の集中的な小沢パッシングは、初期の目的である封じ込め小沢の勢いを封印したことに成功した。検察が訴追出来なくても勝ちである。

時代の替わりの節目に目ざとく立ち塞がった小沢は排除の対象です。折角キープしてある検察権力がひとつ間違うと喪失しかねないと予測したからです。
小沢に個人的な恨みは無いが、小沢の従来の価値観を破壊しかねない動向を断ち切らないと特捜の権力を失う恐怖感があったのです。犯罪である警察・検察の裏金の存在は事実であるが、けして認めてはならないし国民に知られてはならない事案である。

法律と戯れるケーサツ、検察、裁判官、検察庁は格別です。
日頃より通じ合っているメディヤを上手く誘導・活用することにより、国民の目にはいらない、伝えない、眼くらましする国民懐柔の手法は国家を効率的に安定させる為の高度な戦略である。
その目的のためには民主も自民もないがな。あるのはいかに国民を知らしむべからずの世界に幽閉することです。いちど国民は覚醒すると官僚政治を拒否し始めるからです。
アホな日本国民といえども侮ってはいけない。
今の権力を失わないためにも・・・・

と神様がゆっていました。嘘うそー・・・・裏金の流用は犯罪ではないのですか?
検察の政策的裏金の使い込みは国民の価値体系とは異なる司法の正義です。
うそー・・・・

信じられません・・・・・
権力ってそんなに魔力があるのですか?


大野様

このブログの常連、恵美様が、小沢さんの師匠の金丸信さんが暢気に任意の事情聴取を受けに行ったら、その場で逮捕された、と以前のスレにお書きになられていたから、大変心配していたのです。
国会会期中の国会議員の逮捕は有り得ない事は、頭でわかっていても、一抹の不安はあったのです。
でも、今日の先程の小沢さんの会見を見て少しは安心致しました。

配布された資料と同じことしか回答されなかったのなら、国民は納得しないと思います。というより、秘書のせいにして逃げた、という話になるでしょう。マスコミはおそらくそのつもりです。検察のポチですから、今までのリーク情報と違う報道=小沢氏サイドに立った報道、は絶対にしません。

肝心の記載について
「小沢一郎と小澤一郎とは違う」
http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1423316
のような説明をされたら、国民全員納得だったろうに。。。おそらく秘書達の供述と食い違うと双方つけ込まれるので、詳細は知らないという回答になったのでしょう。マズいですね。説明責任を果たしていないという報道が続くと思います。

再聴取があると思います。これで引っ込む検察ではないでしょう。冤罪とわかっていても、無理に容疑を作ってでも、在宅起訴に突進すると思います。検察は狂ってますから。

小沢幹事長の会見を見ました。
とりあえず、最悪の事態は避けられましたが、
敵は依然として強大です。その敵は非常に多く、
(スーパーロボット大戦Zの敵で例えて)
-----------------------
渡邉恒雄   = キラー・ザ・ブッチャー(無敵超人ザンボット3)
辛坊治郎   = ブッチャーの部下、バレター(無敵超人ザンボット3)
猪瀬直樹   = アレックス・ローズウォーター(THE ビッグオー)
竹中平蔵   = パプテマス・シロッコ(劇場版 機動戦士Ζガンダム)
古舘伊知郎  = ジャマイカン・ダニンガン(劇場版 機動戦士Ζガンダム)
佐久間達哉  = バスク・オム(劇場版 機動戦士Ζガンダム)
小泉純一郎  = ギルバート・デュランダル(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)
田母神俊雄  = ガガーン(宇宙大帝ゴッドシグマ)
谷垣禎一総裁 = ゼオ・ガットラー(宇宙戦士バルディオス)
御手洗冨士夫 = ベガ大王(UFOロボ グレンダイザー)
鳩山邦夫   = ヒューギ・ゼラバイア(超重神グラヴィオンツヴァイ)
みのもんた  = ブライ大帝(ゲッターロボG)
田原総一郎  = ブライ大帝の部下、ヒドラー元帥(ゲッターロボG)
渡辺喜美   = 頭翅<トーマ>(創聖のアクエリオン)
橋下徹    = アサキム・ドーウィン(スパロボZオリジナル)
小池百合子  = エーデル・ベルナル(スパロボZオリジナル)
麻生太郎   = ジ・エーデル・ベルナル(スパロボZオリジナルのラスボス)

検察[組織] = ティターンズ[組織](劇場版 機動戦士Ζガンダム)
マスゴミ   = UN(Universal Network)(スパロボZの世界の情報網)
売国者[組織]= カイメラ[組織](スパロボZオリジナル)
-----------------------

早速、上記の敵達は明日からのマスゴミを使って
小沢幹事長の批判を更に強めてくるはずです。
今後、参議院選に向けて、
小沢幹事長 = ランド・トラビス(スパロボZオリジナル)
と鳩山政権は、これだけの敵と戦わなければならないのです。
我々が、小沢幹事長と鳩山政権を信じて応援しなければなりません。

おやおやさん >しかし、高野さんもまさかこの文章を本気で書いてるわけないだろう。
この問題に関しては、微妙にテンプレ的な物言いしかしてないんだよね

しかし、宮崎さんのPDFを載せてるのは相当ぎりぎりの線まで踏み込んでいるとおもいますが・・・。

馬鹿な芸能人にコメントさせるのはやめて欲しい。
会計がわからない人間がトンチンカンなコメントをして、おかしい怪しい、と言っている。
どんなに小沢氏が丁寧に説明しても、聞く側に理解能力がなければいかんともし難い。

pipiさん、そうなのよおやおやは、 NHKの存在意義 とかには出て来ない、それに それはあなたの問題だから という言い方はそうかの言い方ですよ

ビデオニュース・ドットコムで無料放送中です。
http://www.videonews.com/

クラブプレス 小沢幹事長会見

http://www.videonews.com/asx/press/100123_ozawa_300.asx

高野氏及びここに集まるみなさんはとても素晴らしい方達です!

日本における真の理想の為に粉骨砕身、日夜努力される小沢氏を悪辣な検察は、その保身と私怨という低劣な動機だけで日本の救世主たる小沢氏を追い落とそうとしているのです!!

マスコミは、視聴率至上主義から連日民主党を叩き、
更には原口氏によるマスコミへの規制法案提出を恨み、卑劣な検察と組んで清廉な小沢氏のイメージを無理やり“金権政治の悪の権化”と捏造しています!

これは明らかに検察とマスコミによる国家転覆を狙う陰謀なのです!!

小沢氏による日本の輝かしい未来の為にもどうか、みなさん、これからも応援をよろしくお願い致します。

小沢先生は私達の未来です!!


・19日付「中国国防報」は、「小沢氏は12月の訪中で、(夏の参院選について)『日本全国を解放し、最後に全面的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。
だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざるを得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。

15日付「東亜日報」は、「小沢氏の政局掌握力が落ちれば、彼が主導する(参政権付与のための)法案の通常国会通過が影響を受ける恐れも出ている」と指摘。
19日付「京郷新聞」も、今や法案成立に向けた最大の懸案は「小沢氏が政治的苦境に置かれた事実」だと論評した。
(ソウル 竹腰雅彦)(抜粋)

仕事が忙しくて、ニュース見る暇ないけど、記者会見で、本当にこんなやり取りあったんですか?
教えて!! 記者会見、全部見たひと。

日本テレビの女性記者
「政治資金規正法に基づく収支報告書の虚偽記載の件で、一点だけご確認をさせて
頂きたいのですけど、これまで幹事長は、これは単純な記載ミスであるというふうに
ご説明されてきました。で、今日の会見をうかがっておりますと、えー、一切関わっていないと、
というふうに仰っておられるのですけれども、一切関わっておられないのだとすれば、
なぜ単純ミスだというような評価が、これまでできたのでしょうかと、いうことについて
一点おうかがいいたしたいと思います。」


小沢被疑者(笑)の答え
「うん、、あのーーー、こういうような、あーーー問題に、いーーーー、なってー えーーーーー、
まいりまして、私が言ってるのは、あーーー そのような、あーーー、単純なミスや記載ミスは、あー、
あったかと思うけれども、おーーーーー、その不正な、あーーーーカネを受け取って云々とか
いう類のことは、もう一切無いと私は信じていると、おー、いうふうに、いー党大会でも、おー
申し上げたー通りでございまして、私は、あーーーーーーーーーーー、、現時点におきましても、
おーーーー、石川議員も、また、あー他の、おー秘書、または秘書であった者も、おー精一杯、いー、自分の、
おー、任務を、おーーー、果たそうとして努力してきたと、そのように信じております。」


yuimakitu さん

サンキュです。見てみます。

↓を見れば検察が何を考えているかは一目瞭然です。

・オリエント貿易からの迂回献金を与謝野や町村が受けていたにも関わらず捜査すらしない検察
・大久保秘書は逮捕したのに二階の秘書は略式起訴で済ます検察
・中川秀直のグッドウィルグループから180億円サギった事件への関わりを全く捜査すらしない検察
・石原伸晃の歯科医師連盟からの4千万迂回献金疑惑や、地元の区議からの政務調査費ピンハネ疑惑を捜査すらしない検察
・安倍の政治団体安晋会の数々の疑惑を全く捜査しない検察
・森の異常な蓄財と、せがれの数々の疑惑を全く捜査しない検察と警察
・小渕優子や小泉進次郎の、親からの政治団体間の献金に見せかけた巨額な実質相続や実質贈与を全く捜査しない国税と検察
・麻生の事務所が談合企業から献金貰ったりパー券買って貰っても全く捜査しない検察
・社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」への補助金(税金w)が自民の厚生族議員に渡っていたにも関わらず、社会福祉法人は強制捜査しながら自民議員は捜査しない検察
・河村前官房長官が指名停止業者から献金貰っていたのに、捜査しない検察
・河村・麻生が総選挙の敗北で下野が確定したにも関わらず、2億5千万もの官房機密費を引出しているのに、捜査すらしない検察
・竹中平蔵が毎年暮れになると住民票をアメリカに移動して1月1日に日本に在住していない事にして毎年住民税を脱税していた疑惑を全く捜査しない東京都と検察

投稿者: 匿名捜査課 | 2010年1月23日 22:49 様

小沢氏はきちんと回答しておりました。
それにしても、なんだか貴方のPCの調子がおかしいみたいですよ。
キーボードが問題かもしれませんね。買い替えをお勧めします。
それとも、半分寝ながら打ってるからそんなおかしな書き方になってるんでしょうか。
なんらかの病気かもしれませんね。病院で検査を受けることをお勧めします。

忙しいってあんた、見てんじゃん、ええ、立派な会見でしたよ

もう読まれた方も多いと思いますが、NEW YORK TIMESの記事、今回の小沢氏と検察の問題をよく分析しています。このような新聞記事が日本の新聞にはありましたでしょうか?よかったら読んでください。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2001.html

投稿者: 匿名捜査課 | 2010年1月23日 22:49さんへ

私はケネディーが殺された後に生まれた人間だけど、1つだけ教えてあげるね。
小沢さんのしゃべりが、
"あーーー問題に、いーーーー、なってー えーーーーー、 "ってなるのはね、たくさん文章を読んできた脳構造によるものなんだ。
むしろ、我々に副作用はなく、言葉を選び、大事に喋ってるってことなんだよ!

産経MSNに記者会見が載っているのですが、小沢氏の最後の挨拶がこれです。
産経新聞社さん、仮にそう聞こえたとしても、他に書きようはあると思うのですが。

小沢氏「ありがとあーした!」

さすがは「下野なう」産経だなw

somebody | 2010年1月23日 21:29様

<引用初め>
不思議に思うのは、当初世田谷の土地の購入に関しては、政治団体が土地を購入するにあたって、登記の名義は政治団体でできないので、小沢一郎の名義を貸しているのみであるというものであったと思いますが、現時点では、土地は個人の資金で購入したものに変わっていることです。
暴力団の組長が、組長が住む家屋敷は個人のものではない、組の所有物だ、と主張するのに似ていて笑ってしまいましたが。
<引用終わり>

会見で小沢幹事長はそんなことは言っていません。
土地の購入は陸山会によるものであり、その運転資金が一時不足したから、個人の資金を一時的に貸し付けたという説明です。
小沢氏への返済について説明があったかはノーカット中継が無かったので確認できませんが、今までの「関係者発情報」の報道によればその返済の事実も(記載も)あるようです。
その他報道で、小沢氏個人からの借り入れを銀行からのものに差し替えたという話がありますが、それら細かい処理についての詳細は分からない(資料も検察にある)ということで答えていません。が、いずれにしろ陸山会が借金で購入したのだから、その後の収入で返済されたということでしょう。
相殺経理処理と考える経理マンもいるような内容が新たに加わりましたが、大筋では最初の説明となんら変化は無い内容と読み取れます。
笑うポイントがずれていると思います。
違いますか。

昨日の日刊ゲンダイによれば水谷の前会長は前福島県知事の収賄事件で検察に言われたままに証言した偽証前歴を持つ人物のようですが、そういうことであれば、今回の5000万円づつ渡したという金額も、検察が通帳の金額とつじつまを合わせるために検察のほうから示唆した金額ではないか。

まず、検察のシナリオありき。

ぜひとも可視化法案を。

小沢さんの会見
当然のことながら新しい事実はなかったが、実施したことに意味がある。
何も悪いことをしていない訳だから、あれ以外に話すことはない。

これでマスコミが納得してくれることを願うばかりだ。

敵は、法と正義を無視する狂気の権力集団だ。これで終わりなんてことは、絶対に無い。今朝の番組で辛坊治郎氏は、「事情聴取で、はい終わりとなったら、国民としては納得がいかない」とはっきり言っていた。それが今後マスコミが目指す方向だろう。
明日からは、秘書が小沢に相談した or 指示されたと供述したという話が出て来ると思う。供述と食い違いが出てきたということで事情聴取を繰り返す理由を作り、世論誘導して、小沢起訴を正当化するために。

検察の目的は、大チョンボの西松事件隠しと、検察の既得権益確保のみ。小沢に勝手に挑んで勝手にこけたくせに、恥をかかされたと小沢を逆恨みしている。だから、遺恨の起訴しか頭に無い。

パン様の情報で毎日新聞の小沢氏の会見文章見てましたが、その下に小沢幹事長4億円の虚偽記載で市民団体が告発状を本日出した、それが受理されたと記事がありました。まだ検察とマスゴミのキャンペーンは続くのでしょうね。三井環氏が気になるのでしょうか?マスゴミに報道させずに葬りたいのでしょうか。早く国会招致して社会問題にしたいですね。

会見を取り上げたTBSの北野が出ている番組を見ましたが、最悪ですねー。
取り上げ方が恣意的で、肝心の原資部分の説明の部分は映像も配ったペーパーの説明すらなし。
残念ながらこれからもマスコミによる小沢批判は続くと確信しました。
今後は「知らぬ存ぜぬを繰り返し(秘書に責任を押し付けて)逃げる小沢」となるでしょう。
そもそも説明責任と繰り返し批判し続けてきた当のマスコミが、検察聴取後に行なう会見を事前に承知しているにも関わらず、地上波で生中継した局がNHKも含めどこにもなかった事には呆れるばかりで、そもそも聞く耳を持ち合わせていないという事です。
「検察の犬」とまで、批判の声が上がりつつあるこの頃であっても、それら批判に応えようとする姿勢すら示さず、事実を事実として取り上げる事すら出来ず、自身の役割を放棄したマスコミなど、その存在に何の意味ももたないという事です。
このような実態に対し、当事者意識をもって声を上げる真のジャーナリストが内部に一人もいないのかと、心から同情します。

2010年1月23日22:20 なぎさ様                                      スーパーロボット大戦Zの敵の例え。面白い例えですね~。                        ランド・トラビスの後ろには、去年の夏の国政選挙で「有権者の意思」がついています。夏の参議院選挙も、相手が「ダメダメ自民党」なので、トラビスがチョンボをしないかぎり、民主党が勝つのは間違いないでしょう!!!

今日の会見を見て思ったこと。
質問した記者9人の内 日テレ2名 読売2名と明らかに偏りがあった。
結果としてそうなってしまったのであろうがこの確率を見る限り相当数の記者を送り込んでいたであろう。
会社ごとに人数制限を設けるべきである。

読売新聞の記事ですが
小沢幹事長・記者会見の主なやりとり
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100123-OYT1T00860.htm
フリー記者による(読売)新聞の飛ばし記事についての質問部分が省略されてますね。
↓動画の13:45~
http://www.videonews.com/press-club/0804/001344.php
何故省略したのか、読売新聞に問い合わせましょう。
購買中止を臭わせると効果的かも知れません。

社会面へのご意見、情報
 ご意見、情報は以下のいずれかへお送り下さい。

* shakai@yomiuri.com
* FAX:03-3245-1277
* 〒100-8055(住所不要)読売新聞東京本社社会部

こんにちは。チェックしてます。ここを批判してる奴って、少数派ですね。それとも日本からいなくなっちゃったのかな?ネトウヨもリアルに出るとやばいのかな?自民党に属する気持ち悪い人たちは、サラダオイルを体に塗って、ビキニで躍るくらいしかないんじゃないでしょうか?どちらにしろ、厳しい。厳しい冬になりそうだ。あ、検察はTバックね。

>>高野編集長
捜査の結果を見てから言っても遅くはないと思いますが?国民も民主党も検察と対立している訳ではない。あくまでも小沢氏個人の問題です

金権政治の権化のような小沢氏がカネにクリーンなど、信じている国民がどれだけいますか?「やってても不思議はない」と思う人がほとんどでしょう

政府や民主党からは検察やマスコミを批判する意見ばかりで、民主党議員には自浄能力は無いのか?と疑わざるを得ません

鳩山首相も「宇宙人」であることがよく分かった。コイツは信頼できない、と

参院選でいまさら自民党に投票する気はありません。しかし民主に投票する気も失せた。棄権するかオモシロ候補に入れるよ。疲れたわ

お父さんは検察を退職しました。これからホモクラブに通うそうです。なによりも男根を叩き込まれたので、忘れられないそうです。僕は防衛大に受かったのですがケツに穴を掘られたくないので、理科大の土木科に通います。穴を埋めるためです。

こんな風に検察の父親は馬鹿にされるのでしょうか?ご褒美として外国人の太いナニを挿入してもらえるんだ、と自慢げに言っていました。ナニが欲しいがために、みんな評価を欲しがるって言ってました。隣のお父さんもそうでした。「~くん、外人のナニはすごいぞ。ぶっとくて、気分が遠くなるくらい、感じちゃうぞ。」とか言っていました。本当にイヤでした。検察って、こんなんばっかナンでしょうか?おしりの気持ちよさしか考えてません。

新聞テレビの本質、実態が、国民がさらに実感できた。

新聞TVの実態は
営利会社であり、自己利益の方針で記者は行動する、これ当たり前。
記者は、所属会社しんぶんTVの利益意向に沿う、記事、編集、放送を行う。そうしないと首、左遷される、よって、思想、表現、企画の自由など無いのが常識。
記者、TV社員は、会社経営幹部の方針で、動き、時には捏造記事、放送を流し、視聴者を意図した方向に誘導し、洗脳、汚染させ
自分達の奴隷にしたいだけです。

TVは、国民が政治参加し、自分達の影響が権力に薄まることは、お金にならないのです。

民主党は、悪玉官僚マスゴミTVへの依存が危険だと警戒してます。
特に小沢さんは、マスゴミの悪玉体質を見抜いているはずです。

マスゴミTVは、
1悪玉官僚財界の宣伝企業です。
1国民の自己思考を嫌がります。
1番組で洗脳し、意図した方向に  誘導したいのです。
1国民が、おとなしく受身でいて ほしい。

民主党、鳩山さん、小沢さんではは困るのです。
権力のうまみ薄い、今まで散々うまみがあった。
国民生活第一は困る。財界第一がいいのです。

以上の本質から、小沢さん騒動を考察すると、
TV新聞は公正、公平でありえないが世界の常識。
悪玉検察官僚は、旧自公政治の残骸集団です。
TBSゴキブリもんたは、TBS経営幹部の、黒ゴキブリペット役で金を得てます。
お金になるから騒々しいのです。
こんな番組を作るから赤字になるのです。
国民は、ゴキブリ大声ツヤ黒もんたを、拒絶していることがわからないTBS経営者なんです。

鳩山さん、小沢さんでなければ
”悪玉官僚マスゴミTV金融資本”に立ち向かえない無いのです。

鳩山さん、小沢さんだから、勝てるのです。
理由は、人間の質、原理が今までの政治家より、優れているからです、
そこが、国民が理解、支持しているからです。

ていうか、無理じゃねー もううすうす感づいてんじゃんねー なんかこいつら、あやしいなー、って マスコミ、ちょ~うさんくさくね~ まじ鳩山とか超応援したいんですけど つーかマスコミ変じゃねー

【定期預金を積んでそれを担保として銀行融資を受けるというのはごく普通にあること】

まさしくおっしゃるとおりで、中小、零細、個人商店などの資金繰り、運転資金の入用などで、よく使われるもの。ごく常識的なもの。

検察、マスコミのエリートたちは世間ずれしているので、一般庶民の常識をきっと知らないのでしょうね。
そのような人たちの暴走を国民は決して許してはならない。

今回の記者会見を生中継しない理由は、フリーランスもいる会見で現在の偏向報道批判を国民に知られないための苦肉の策。

そうそう!仰るとおり!
嘘をついてるのは、マスコミと検察と水谷と石川と金沢と、後えーなんだっけ?そいつらが嘘ついてるだけで、小沢さんが嘘なんてつく訳ないよな。

投稿者: vega | 2010年1月24日 00:44様
>金権政治の権化のような小沢氏がカネにクリーンなど、信じている国民がどれだけいますか?「やってても不思議はない」と思う人がほとんどでしょう
小沢が「金権政治の権化」とは思わない。当然、政治資金確保に熱心だろうが、検察にやられた田中角栄や金丸信を見ているので、少なくとも自民の老害連中よりは「カネにクリーン」であろうと努めているように見えるが…。
>政府や民主党からは検察やマスコミを批判する意見ばかりで、民主党議員には自浄能力は無いのか?と疑わざるを得ません
何を「自浄」せよと言ってるかな?

==金権政治の権化のような小沢氏がカネにクリーンなど、信じている国民がどれだけいますか?「やってても不思議はない」と思う人がほとんどでしょう==
おっしゃる通りですよね、わたし(と周りの大半の人々)は信じてなんかいませんよ。逆に信じることができる方々に根拠をお伺いしたいです、推測とか教義はやめてね。

私は地上波テレビ見るのやめました、アホらしくて腹立つし新聞もやめる、けれど、テレビ見る人が減るとテレビ局にわからせる方法はないものかな、

投稿者: 気持ち悪い | 2010年1月24日 02:08様
>わたし(と周りの大半の人々)は信じてなんかいませんよ。逆に信じることができる方々に根拠をお伺いしたいです、推測とか教義はやめてね。
で、あなたの「信じなてなんかいない」という根拠は?推測とか教義はやめてね。

子持ち悪い。

お前が、信じられない根拠を出せ。
腐った脳ミソで、悪臭だ。

真理、信憑性の根拠無く、事実の開示無く、
バカ証明の悪臭だ。

無いものどう証明する。
自分の腐った頭の臭い考えろ。

気持ち悪い・・よ

”0”はゼロなんだ。
お前の様に、くさくないんだ。
ゼロが1と思うなら
1の説明してからでて来い。

無臭なんだ
お前がくさいんだよ。

ヨミウリ、日テレの記者さん

小沢さんの、疑う根拠を探して見せてください。
会社の幹部の指示をもらいなさい。
ヨミウリ日テレ記者は、大変だ。
しょうがないょな・・会社の方針だから、
ヨミウリ日テレは、信用無いな。
明日から、新聞100円月額だ。

ヨミウリ日テレ社員は、明日から
全員小沢さん不正、証拠探しするべきだ。
記者を暴走検察へ派遣し、証拠探し、但し、捏造、偽造しない宣誓書に署名捺印し、無料で派遣さすこと、

政府が認めればですが。
捏造、脅迫、ゴマカシ記者は、たぶんむりでしょう。

==信じられない根拠を出せ。==
あら、信じるのには‘根拠’が必要なんじゃないの?信じない理由なんて人それぞれだと思いますけど、簡単に言うと信じるに足る根拠が無いってことです。無いことを証明するのは「悪魔の証明」とかっていって小沢さんを擁護してるんじゃかなったの、みなさんは。ホント卑怯者だらけですね、日本人は。

また自民党とマスコミは「説明不十分」と大合唱を続けるのだろうが、「知らない」と言うものをどう説明せよと?
信じる信じないではなく、疑っている側が確かな証拠を持ってくる義務がある。それもなく「知らないはずはない」とわめく方が、無根拠のものを信じているだけだ。

投稿者: 気持ち悪い | 2010年1月24日 02:57様
仰るとおり、だとすると、金権政治とは思わない根拠を示せっていうあなたのご意見もおかしいね。頭も悪いんだね。自爆ってことですか?

==金権政治とは思わない根拠を示せっていうあなたのご意見==
そんなこと言ってないでしょ?すりかえは卑怯ですよ、ホント卑怯者ばっかし。

こんな気持ちの悪い人相手にしなければいいのに、

卑怯者たちはどこかへ行ったようなので、もひとつコメントを。
――検察が大恥をかくことになる――
==検察の赤恥==
==恥をかかされたと小沢を逆恨みしている==
こんな記事・コメントを書いちゃうよーなメンタリティだから日本はモダンになりきれない、ってことがわからないんでしょーかね、みなさん。

気持ち悪い様(2010年1月24日 02:57 )

> あら、信じるのには‘根拠’が必要なんじゃないの?信じない理由なんて人それぞれだと思いますけど、簡単に言うと信じるに足る根拠が無いってことです。無いことを証明するのは「悪魔の証明」とかっていって小沢さんを擁護してるんじゃかなったの、みなさんは。ホント卑怯者だらけですね、日本人は。<

 貴方様の気持ち悪いご意見を、反対解釈すれば、小沢一郎さんを疑うには根拠が必要だが、信ずる理由も其々であるが、簡単にゆうと、疑うに足る根拠が無いということでしょうね。

 然し、小沢一郎さんが政治資金規正法に違反したという事実を信ずるべき根拠が無いなら、小沢一郎さんは政治資金規正法に違反していないと見做し、他方、小沢一郎さんが政治資金規正法に違反いているという嫌疑があると公言するば、その事実関係を特定して、疑うに足る根拠を示す責任を自覚するのが、法定主義を属性とする民主主義の原理原則だと、私は認識しております。

 因みに、人間は、貪欲・瞋恚・愚痴・驕慢・疑惑・悪見の6種類の苦素を根本とする煩悩の働きで気持ちが悪い障魔と化すが、その根源は、因果の道理を弁えない愚痴に由来するという説があります。

 尚、ユダヤ社会には、次に掲げるようなユダヤ格言があるようですが、『金』係わる清濁/美醜の価値基準として、一面の真理だと、私は理解します:

 体は心に依存している。心は財布に依存している。

 お金は悪でも呪いでもない。それは人を祝福するものである。

 人を傷つけるものは三つある。悩み、諍い、空の財布。其のうち空の財布が最も人を傷つける。

 聖書は光を投げかけ、金は暖かさを投げかける。

 金貨が鳴れば悪口が静まる。

 成功の扉をあけるためには、押すか引くかしなければならない。

 金によって開かない門はない。

 大金持ちに子供はいない。相続人がいるだけだ。

 客と魚は三日もすると悪臭がする。

「投稿者: 気持ち悪い」が 気持ち悪い

「投稿者: 気持ち悪い」が 気持ち悪い

「投稿者: 気持ち悪い」が 気持ち悪い

世論操作は成功したのか?

小沢氏を失脚させるために、「小沢やめるべきだ」という世論を誘導し、あわよくば氏を幹事長職から辞職させること、これは悪徳ペンタゴンの狙いであり、検察は欺瞞マスコミすべてを動員して、虚位記載をたてとして、「小沢悪」を塗り込んでいる。「ウソも百ペン言われればホントになる」という論理で、メディアの一切合切をそう動員して連日キャンペーンが張られれば、その影響はない方がおかしい。そしてその結果はまたぞろ「世論調査」なるもので攻勢をかけられてくるであろう。

しかし、のらりくらり鳩ぽっぽのせいで、せっかく国民が選択した政権交代にも、「不安」を生じさせて来たのも現実である。その意味で、新政権へのダメッジも認めねばならない。だからと言って、今更旧自民党政権に戻していいとはほとんど誰も思ってはいないのではなかろうか。

だから、たとえ、世論調査での「支持率」などが下がっているとはいえ、エセ「世論調査」でない「選挙」を行えば、おそらく民主党が勝つ。決して自民に票が戻ることはない。

何が変わったかと言えば、やはり「浮動票」の「支持政党なし」の「B層」などの意識であろう。そういう自分も「支持政党なし」の人間なのだが、自らの信念において、小沢氏の思考回路に共鳴していても、鳩ぽっぽを支持しているつもりは、ない。なんでもっとしゃきっとなれないのか、と不信感さえ感じていて、さっさと内閣改造し「戦う政府」に早く改革せよ、と言う気持ちで一杯である。

と同時にこういう風に残酷なまでにひとの素朴な善意にまで汚れた手を突っ込んで、シロクロを問う「踏み絵」までを駆使して国を支配せんとするのが、「政治」であり擬制的国家権力でありその実体は検察であり欺瞞マスコミであった。「政治」を目指し「政治家」を自負するものにとってはこの「踏み絵」は容赦なく降りかかる火の子であり、降りかかった火の子は自らの意思ではらわねばなるまい。それが政治家の政治家たる義務である。
 政治の経験もなく自覚もない「評論家」達はすでにぶれまくっている。そういうあぶれジャーナリストの、ためにする欺瞞キャンペーンには惑わされてはならない。

翻って、我々は「欺瞞マスコミ」によって形成された「虚像」と闘い、繰り返される「エセ世論調査」に惑わされることなく、己が矜持を確認し、不幸にも「欺瞞マスコミ」の餌食になり「洗脳」された国民の一人でも多くを「洗脳からの解放」に努めるべきである。

==貴方様の気持ち悪いご意見を、==
どこが気持ち悪いのか教えてくださいませんか?
==小沢一郎さんを疑うには根拠が必要だが、信ずる理由も其々であるが、簡単にゆうと、疑うに足る根拠が無いということでしょうね。==
信じる根拠はない、ということを同意いただいたということでしょうかね。で、「疑う」と「信じない」は同じじゃありませんよ、ご用心。

連続投稿すみません。
==悪徳ペンタゴン==
また、根拠の怪しいことを・・・。
==のらりくらり鳩ぽっぽのせいで、・・・==
この程度にしか批判できないんですよね、鳩山さんを、みなさんは。
==「選挙」を行えば、おそらく民主党が勝つ==
究極の選択ってやつですね。国民新党とかの選択肢がある方々がうらやましいですね。


信じる信じないは意味無いでしょ
宗教じゃあるまいし

だから、捜査の結果を待ってから言ったらどうですか、って言ってるのに

==信じる信じないは意味無いでしょ
宗教じゃあるまいし==
さすがにわかってらっしゃる、オリジナルのコメント者は。

投稿者: 気持ち悪い | 2010年1月24日 02:57 様

>ホント卑怯者だらけですね、日本人は。

この文章、主語を間違えてはいないだろうかと考える事かれこれ30分。

それはさておき、今回、小沢幹事長が会見した事のみは良しと思う。ただし、その内容に納得するほど私はお人好しではない。これまでの主張に、金の問題には気を付けてきたとの発言や擁護が多く見られた。にも拘らず、知らない間に秘書が勝手にやったと言うのは摩訶不思議としか映らないのだ。それは、陸山会の現状が、当初の“潔白だ”から“微罪だ”とか“ただの形式犯”だとかを強調しながら“罪”を認めてしまっている事に由来している。

検察とマスコミにこそ自浄作用が必要だ。

検察は世論を味方に付けるために、ウソ情報まで流す。その証拠が、西松の政治団体がダミーだという情報だ。これこそ違法性の証拠のはずだった。しかし、公判で検察側証人がこれを明確に否定した。いわく、「総務省に届け出た政治団体であり、事務員もいて、経理も西松とは別だった。ダミーとの認識は無く、大久保氏にもそう言った」
もし検察が法と証拠に基づいて行動していたなら、当然捜査段階でこの証言を得ていたはずで、逮捕自体が無かったはずだ。もちろんその後の、ダミーだというリーク情報も無かったはずだし、起訴理由になる事も無かったはずだ。
マスコミはマスコミで、リーク情報を垂れ流す事などあり得ない、取材をして裏取りをしていると言い張る。もしその言葉どおりなら、ダミーではないことは取材ですぐわかったはずだ。

検察は法と証拠は無視する。そしてリークする。マスコミはリーク情報をそのまま流す。裏取りはしない、そういう検察・マスコミの強固な連係が確立している。検察OBが今の特捜を擁護するという事は、彼らも同じ事をしてきたということだろう。いまだにダミーの政治団体だというスコミ関係者もいる。説明責任と自浄作用が必要なのは、検察とマスコミだろう。

==主語を間違えてはいないだろうかと考える事かれこれ30分。==
で、結論を教えてくださいません?

すみません==投稿者: 匿名 | 2010年1月24日 09:42==はわたしです。

あー。

生放送のサンプロで郷原さん、高野さんの暴露話言っちゃいましたねw

どうも田原総一郎も最近は検察批判側になってるし、これは何かが変わるかもしれない・・・

投稿者: 匿名 | 2010年1月24日 09:21
投稿者: 気持ち悪い | 2010年1月24日 09:58 様

>で、結論を教えてくださいません?

主語を一部の日本人とする方がいいだろうとの、平凡な結論に達しました。その論拠、詳細に付きましては、私自身今この場でとくに議論すべき事と考えませんので、申し訳ありませんが割愛させて頂きます。また、別の相応しい機会があった時、そう判断した時に持論を述べさせて頂きたいと思います。よって上記の理由を持ちまして、前回投稿の当該部分につきましては、ここに撤回させて頂きます。加えて、この件に関して今後コメントは差し控えさせて頂きます。ごめんなさい。

==主語を一部の日本人とする方がいいだろうとの、平凡な結論に達しました。==
==また、別の相応しい機会があった時、そう判断した時に持論を述べさせて頂きたいと思います。==
わたしは多くの日本人だとおもいますが、お返事くださいましてどうもありがとうございました。

郷原さん、高野氏のサンプロ裏話言っちゃったけど、まずいんじゃないの?
だってその裏話自体どれだけ信憑性があるかわからんからね。

①高野氏の話は、大谷氏と宗像氏が話してたということ。高野氏本人が話したわけではない。
②当日の放送で、高野氏は宗像氏に呆れられてた。高野氏が曲解した可能性も無くはない
③あんまり番組の舞台裏言わないのに珍しいね

このレベルの話を持ち出す必要あったのかな?
あの場で宗像氏を叩きのめす必要はあったのかもしれないけど、ちょっと無理筋だったんじゃないのかな。

おやおや

執拗で必死だな(笑)
工作員活動、ご苦労さん!
もっと有意義な事に自分の人生使った方がいいよ。

おやおやさん

本人のいない所で欠席裁判で宗像氏がどうこう言ってたと郷原氏が言ったわけではなく、宗像氏に面と向かって、恣意的な編集の不可能な生放送で言ったんですよ。

それに対して宗像氏はまずい事いわれたなーといった面であやふやな返答しかしていません。
もしも嘘なら嘘だと御本人が自分の名誉にかけて猛反論したでしょう。

それに高野さんの書かれた裏話は、弁護士なんて時と場合によって平気で違う立場で発言が出来るんだって意味で、そんな事は宗像氏には何の害も無い弁護士なら当たり前だよって話でしょう。

一般視聴者がおや?と思ってネットで調べてくれればいいんですよ。

|匿名 | 2010年1月24日 10:45 様

私も「なにかが変わるかもしれまい」と願いますが、まだまだ気を緩めるわけには行かないようです。

「事情聴取」が「被疑者としての聴取」となりました。
検察・大手メデイアは これまで「参考人としての任意の事情聴取」として来ました。
しかるに検察による なんらの公式発表もなく、この切り替えです。

しかも「市民団体により告発があったので」ですと!!!???
確かに数日前の「朝日」が行政書士ほかの団体がそういうことをしたと報じていました。
いやに早い 即時行動です。

だったら宮崎学さんの呼びかけに応じた告発の方はどうするの?
どうなるの?
佐久間特捜部長も「被告発人」として呼ぶの??

まずそうしないこと ほぼ100%。

だとすれば、検察を抑えるのは、抑えられるのは「政治」とそれを支援する国民 我々を措いてありません。

すぐに日和ってしまう「鳩山」首相はもこの点では頼みになりません。
党が「取調べ可視化」、「検察人事への政治主導(抑制されるのは必要だが、検察ほか官僚が好き勝手な人事をしてグループを守ることは許さない)」、そて必要なら「指揮権発動」という武器を 慎重かつ大胆に使い切って 闘いに勝つよう、今後も党へ、議員へ働きかけましょう。

後先になりますが、「羊に率いられたライオンの群れ」と「ライオンに率いられた羊の群れ」では後者が勝つとの寓話があります。

大方の皆様先刻ご承知のごとく「相手」、もっと言えば「敵」は
小沢さんだけが怖いのです。
小沢さん抜きの民主党など、組みしやすいと思うから必死なのだと思います。(メール問題で揺れたあの同好会もどきの党では 政権を担うことなど できましょうや ??)

気を緩めず、党へ 議員へ働きかけましょう。
サイトでの意見交換は大事ですが、それを超えて「外」へ打って出ましょう。
大多数が新聞とTV番組だけが情報源という人から引き出された「世論調査」結果だけで 民主党におたおたされたくないですから。
ともにがんばりましょう!!
妄言多謝

サンプロ面白かった。

郷原さんが高野さんの裏話を暴露したのはまずいとの意見がありますが、宗像さんの真意を正す意味では良かったと思います。

私は宗像さんは検察を擁護しているのではなく、検察に対する「こんな暴走まがいの捜査をするにはきちっとした裏付けが必要なんだぞ」と言うメッセージだと思っています。
ところで、高野さんが出演されていなかったのは残念です。

しかしながら、高野さん不在の中で、財部さんが「一円でもコストダウンしないと企業の存亡にかかわる世の中で、水谷建設が5000万円を小沢さんに献金したなんて、業界常識では絶対あり得ない。鹿島から厳しいコストダウン要求を突き付けられているはずで、たとえ鹿島から水谷にお金が流れていたとしても、そのまま小沢サイドに流す余裕などある訳がない。」という発言には説得力がありました。

裏献金はなかったと確信しました。検察を国会に呼んで捜査のやり方、情報のリークに関して徹底的に説明責任を要求してほしい。

ところで、小沢さんの発言が、検察との対決と言う立場からトーンダウンしたのはなぜでしょうかね。

気持ち悪い様(2010年1月24日 07:40)

> ==貴方様の気持ち悪いご意見を、==
> どこが気持ち悪いのか教えてくださいませんか?<

 貴方様が露出している『バカボンド(vagabond)』と思しき秘所が気持ち悪いです。

> ==小沢一郎さんを疑うには根拠が必要だが、信ずる理由も其々であるが、簡単にゆうと、疑うに足る根拠が無いということでしょうね。==
> 信じる根拠はない、ということを同意いただいたということでしょうかね。で、「疑う」と「信じない」は同じじゃありませんよ、ご用心。<

 例えば、評価の対象となる或る出来事についての情報の正確度を度を「P(E)=0~1」とし、情報変化容量を「S(E)=-lpg2 P(E)=∞~0(低を2とする対数の値)」で表現し、また、情報量を「I(E)=1-P(E)・S(E)=0.5~1」で表現します。

 ここで、情報変化容量と情報量で以て、情報を信用度を評価した場合、S(E)≫0.5で、且つ、I(E)≪0.5の場合は、信用度が低い、即ち、虚偽/ガセネタの危険性が高くなり、反対に、S(E)≪0.5で、且つ、I(E)≫0.5の場合は、信頼度が高い、即ち、真実の可能性が高くなり、また、或る出来事に関しては、事実関係が特定されておらず、疑うべき根拠も信ずるべき根拠も無い場合、一般的に、S(E)=0.5で、且つ、I(E)=0.5と見做します。

 事実関係が特定されて容疑が懸けられる場合は、S(E)<0.5で、且つ、I(E)>0.5となるはずですが、一方で、S(E)>0.0で、且つ、I(E)<1.0と見做される場合は、『推定無罪の原則』が適用され、S(E)=0.0で、且つ、I(E)=1.0と見做せる場合は本ネタに生った真実と判断するが、他方で、S(E)>0.5で、I(E)>0.5と見做せるならば、ガセネタに生った虚実と判断すべきです。

 因みに、「真実は、風説より奇なり」という説もありもあり、情報の性質をよく表現するのに「知らぬは亭主ばかりなり」とか「一犬が影に吠えれば百犬が声に吠え、一人が虚を伝えれば万人が実を伝える」などという言葉があります。

 尚、「発言の自由があるのが、自由民主党。自由のないのが、民主党」などと言う巧言に騙されて、「能がないから責任力を自由に喧伝できるのが、自由民主党」という実体を晒した自民党体制に逆戻りし、「責任能力に抑制されて自由を叫べない」と思しき民主党に対しては、気持ちが悪い疑惑を向けて誹謗・中傷すると、憲政の常道から逸脱する危険性が高いので、民主主義の健全な発展を希求するならば、其々の国民が、ガセネタに生った虚実と、本ネタに生った真実を見分ける方便を覚えるべきだと、私は思量します。

 余談ですが、古来、「食を足わし、兵を足わし、民に之を信じせしむ。…、信なくば民は立たず」と言うのが政の基本ですから、信じる信じないは社会生活をする上での必須の要件であるが、それを無意味だと唱える『バカボンド』が蔓延すると、気持ち悪い社会に堕すでしょうね、たぶん。

==『バカボンド(vagabond)』と思しき秘所が気持ち悪いです==
よくわかんないのですが無党派層的ってこと?他でも言ってますが、国民新党・亀井さんを支持しています。
==例えば、評価の対象となる・・・==
理系は勉強しましたが難しすぎてよくわかりません。で、わたしの立場をいいますと、本件に関しては小沢さんを信じてません。疑ってるのかと問われれば、「怪しいようにも見えるが、よくわからない」ってとこです。検察を賛美してませんが、貶めるつもりもありません。小沢さん、内閣、検察は法律の枠内で粛々と行動すればよいとおもいます。特に、小沢さんは天皇騒動で法律至上主義、法律に従え!と主張しました。わたしは天皇騒動では善意に基づいた法律に欠点があるという立場ですが、それを根拠に小沢さんを非難はしませんでしたし、今でもそうおもいます。ですので、天皇騒動で小沢さんを非難しなかった方々が、今回は法律の枠外の理由で小沢さんを擁護するのはダブルスタンダード、卑怯者だとおもいます。彼を擁護したいのなら法律を変える/作る必要があると考えます。リークに関しては他でもさんざん言ってますが、鳩山ソーリ自身が検察は「捜査情報や捜査方針を外部に漏らすことはないものと承知している。」」と閣議で決裁された答弁書で断言してますので、鳩山批判を伴わない検察リーク批判は「卑怯者」のすることだとわたしはおもいます。

==信じる信じないは社会生活をする上での必須の要件であるが、それを無意味だと唱える『バカボンド』が蔓延すると、気持ち悪い社会に堕す==
賛同できません、宗教なら根拠なしで信じるのはかまいませんが。「支持」と「信じる」はまったく別のものだとわたしはおもいます。根拠があるのなら信じる行為は肯定します。ですから信じる根拠はなんですか?と問うているのです。

とるに足らないような、政治資金の記載ミスでも重罪なのだから議員辞職はやむをえない、というなら、国会議員も地方議員もほとんど全員議員辞職をしなければならない。それが、法の下の平等です。亀井さんが仰るように、政治資金規正法の改正も必要なのではないか。

mochizuki 様
すみません。数式を見ようとしましたが、追い切れません。
とりあえず定義でいうと、 

>P(E)=0~1」とし、
ここはOK
>情報変化容量を「S(E)=-lpg2 P(E)=∞~0(低を2とする対数の値)」
「情報変化容量」は謎ですが、エントロピーですね。 OK


>で表現し、また、情報量を「I(E)=1-P(E)・S(E)=0.5~1」で表現します。

ここが謎。 情報量は普通(マイナス)エントロピー、もしくはその期待値として定義するはずですが??

この記事の趣旨と離れてどうでもいい議論やってる人は、そろそろ空気読んで止めるか他の掲示板やブログでやった方がいいですよ。

ここは貴方達のサイトではありません。

事情聴取後の小沢さんの今回の記者会見、やっぱりと思いました。疲れていたようですが、あの民主党大会の検察と断固戦うというメッセージはなく、明らかにトーンダウンでした。
小沢さんの表情は耐え忍ぶ感情と安堵感があったように感じ取れました。それは今回の事情聴衆で何らかの手打ちがあったのではと思いました。それは何であるか解りませんが、何となく想像はいたしますが、可視化法案の問題か、次期検察の人事の問題(民間から登用)などか判りませんが、もしそうだとしてもいいと思っています。
小沢というまれにみる傑出した政治家をいま抹殺していけないと感じています。
革命ができるか出来ないかの政権奪取のときに、振り子が元に戻ってはいけない。
小沢さんを救出したい気持ちでは、手打ちもかまわない。 そんなに甘くないですかね。

みんな、戦ってるね。

世間は「検察」を、法律を基準に回っている組織だと思っているようだが、そうではない。彼らの基準は別にある。検察官となった若き法曹たちの多くは、失望し、弁護士となる。よって検察に残るのは、法の精神の希薄な者達となり、それが今日のような検察の劣化を招く一因となっている。今回の小沢事件で、小沢頑張れ、と密かにエールを送っている司法関係者は多いはずだ。

shousiminjp様(2010年1月24日 13:04}

> すみません。数式を見ようとしましたが、追い切れません。
とりあえず定義でいうと、 

≫ P(E)=0~1」とし、≪
> ここはOK
≫ 情報変化容量を「S(E)=-lpg2 P(E)=∞~0(低を2とする対数の値)」≪
>「情報変化容量」は謎ですが、エントロピーですね。 OK<

 「entropy(エントロピー)」が変化の変化の意をもつギリシア語のtropêを語源としているところから、「変化容量」としました、カタカナ語は、概念を忘れやすいですから…。

 一般に、情報理論での「entropy(エントロピー)」は、ある情報が得られる確率をもとに、情報がどれだけ欠如しているかの状態を示す量。情報の不確定さの度合いと説明されていますね。

≫ で表現し、また、情報量を「I(E)=1-P(E)・S(E)=0.5~1」で表現します。≪
> ここが謎。 情報量は普通(マイナス)エントロピー、もしくはその期待値として定義するはずですが??<

 情報理論で『情報量』という用語で表現・認識すの概念は、一般的にはそうかも知れませんが、そもそも『情報量』とは、或る情報の内容が受け手に与える影響の程度または情報の質を表現・認識する概念であり、熱力学で、温まる意を持つギリシア語のenthal-peinを語源とし『熱含量』という訳語が当てられている『enthalpy(エンタルピー)』と言う用語の概念に類似していると、私は思量します。

 因みに、情報量の算式は私が勝手に考えたものです。

投稿者: 匿名で | 2010年1月24日 13:40 様

「手打ち」などという,甘い事態はまったく無かったと思います.
第1回目の事情聴取なのですから,被疑者に言いたいだけ言わせて,第2回以降で,その証言と秘書のものとの矛盾を衝く,その為には,まず本人に自由に言わせ,それを記録に留めると言うことで,友好的な時間となったと思います.彼らの目標は,小沢逮捕/起訴であり,逮捕した秘書3名も起訴だと思います.

「手打ち」の段階は通り過ぎたと思います.此処まで来れば,彼らはむしろ,“玉砕”でも,彼らの美学にはOKなのでは無いでしょうか.

小沢さんの落ち着いた態度は,本サイトの別のところに私が記した以下の事情に拠るものだと思います.
(1)民主党大会での検察に対する徹底抗戦宣言
(2)事情聴取後の国民に向けた,検察捜査への協力/柔軟姿勢
正面での敵との対決と後面に控えて様子を見る国民への説得という,両面での戦いがある訳で,今回はタイミングよく,時間差で,2つの対応が出来たことで,小沢司令部には,少し余裕が出てきた様に思います.
検察は,水谷建設からの闇献金の証拠を出すことが,生命線に成りました.果たして出来るのでしょうか.
出来なければ,検察の敗北の筈ですが,「まるでストーカーの検察」です.簡単には引き下がらないでしょう.そうなれば,この時こそ法務大臣が指揮権を発動し,検察の暴走を阻止して欲しいと思います.

数年前、陸山会による不動産所有が問題となった時、小沢氏は確認書を公表した。それによれば、陸山会代表は「小沢一郎」、個人は「小澤一郎」と表記して、区別している。ところで、総務省がネット上に公開している、04年度の政治資金収支報告書によれば、問題の4億円の借入は、「小澤一郎」からとなっている。つまり、小沢氏個人から借り入れたのだと、ちゃんと報告していることになる。したがって、なぜ隠したのかという疑問自体が、そもそもナンセンスだということにもなる。細かい事情は分からないが、少なくとも、検討に値する重要な事実であることだけは確かではないでしょうか?

今回の騒動の狙いの一つと思われる。名護屋市長選挙が終わりましたね。
マスコミはアンチ民主を煽ることで推進派を勝たせ、今日の選挙結果を持って辺野古移設を国民の意思と断じる必要があったのですが、その思惑は潰えました。国民は今回の件を冷静に見据えて結果を出しました。
検察の無理筋な政治介入の為捜査自体を維持することが難しくなっている中で、これは大きな前進です。マスコミは報じませんが、大きな勝利がありました。

>>投稿者: ならし | 2010年1月24日 22:59
???
稲嶺氏当選によって
困るのは民主党なんですが?

辺野古移設という最も現実的な「逃げ道」である選択肢を放棄しなければならなくなった
5ヶ月以内に移転先を探さなければならなくなった。その自治体、住民、米国を5ヶ月以内に説得しなければならなくなった
全てが失敗して、結局、辺野古案になれば、沖縄県民の民主党に対する不信感は爆発するだろう
どれだけ危険人物とリスクを共有するのが好きなのか?鳩山政権は

反論するのもバカバカしいと思うんだけど。

対等な関係、なんて言うだけで媚米日本人と
日本を食い物にする自称知日派アメリカ人が
日米関係の崩壊だアジア安全保障の危機だなんぞと
騒ぐから、角を立てないように曖昧に言っている
政府首脳だが、対等な日米関係の構築はまずは
在日米軍の租界状態の解消から始まるというのが
基本なんだから、ファーストチョイスはどこまでも
海外移設。今回の選挙で辺野古反対派市長の誕生は
引き延ばしの良い口実だというのがコンセンサス
だと思うんだけど?

アメリカの言いなりになって辺野古の海を破壊する
ことが「現実的」?
どこまでアメリカ様のポチ思考なのかな?

小沢さんも「秘書が勝手にやった」という弁解はしたくなかっただろうと思う。
しかし相手は道理の通らぬ権力を持った狂犬ゆえ、やむを得ず安全策をとったということでしょう。

vega( 2010年1月24日 23:50)さん
匿名(2010年1月25日 01:32)さん

県外国外が鳩山さんの本心だと思いますよ。最初から。
だから、移設反対派が勝ちそうな市長選を、悪く言えば利用するために、結論を先延ばしにした。地元県民の思いを無視する事は出来ません、と言われれば、反論する言葉がみつかりませんからね。県外国外派に取っては、これ以上無い武器です。
効果は絶大で、知事まで「辺野古移設はムリ」に傾きました。

仮に小沢氏が水谷建設から裏献金を受け取っていたとして、それを土地の購入に使ったとして、それに何の問題があるのでしょうか。

検察、マスコミは異常なので放置するとして、私には問題があるようには思えないんですが・・・。

当時野党の小沢氏には公金を流すことはできませんよね?

どなたかご教示いただければ幸いです。

>>投稿者: pam | 2010年1月25日 09:44
あきれた。「ワイロもらって何が悪いの?」って、本気で言ってるの?釣りか?

わいろ 【賄賂】

(2)〔法〕 職務に関して受け取る不正な報酬。

小沢氏には職務権限はなかったはず。

自分で聞いておいて失礼かとは思いますが、匿名の方、ネトウヨ系の方のコメントは全て無視します。

永田町異聞
http://ameblo.jp/aratakyo

1月25日「小沢報道でメディアが果たすべき説明責任」


納得!

裏金というのは永遠に裏でぐるぐる回るものだろう。土地購入代金として、表に出て来るなんてありえない。第一、そんな高額の取引をしたら、税務署から原資について「お尋ね」が来る。
また、裏金を渡したとされる日と近い日に、同額の入金が陸山会にあった、と騒いでいるが、一体どこのバカが裏金を銀行に入金するんだ?
裏金を渡した重要な証拠が、新幹線と喫茶店の領収書だという。それが証拠になるなら、誰でもはめる事が出来るではないか。
会った事が無いと言ってるのに、名刺が出てきた、供述に矛盾!と騒ぐ。秘書なら、行く先々でその場限りの名刺のやり取りなど、いくらでもあるだろう。

リーク情報の内容や、新聞タイトルを見ていると、悪いヤツというイメージ作りのためにしているとしか思えない。世論誘導して、検察批判をかわし、小沢を失脚させるのが目的だろう。そのためなら、起訴もあると思う。検察は狂ってはいるが、目的だけは明確だから。

「一頭の羊に率いられたライオンの群れは怖くはない。私が本当に怖れるのは、一頭のライオンに率いられた羊の群れだ(ナポレオン)」という言葉を思い出した。

気持ち悪い様(2010年1月24日 12:38)
> ==『バカボンド(vagabond)』と思しき秘所が気持ち悪いです==
> よくわかんないのですが無党派層的ってこと?他でも言ってますが、国民新党・亀井さんを支持しています。<

 英和辞書によると、『vagabond(バカボンド)』には、1 “放浪者・漂泊者, さすらい人;浮浪者, 無宿者, 宿なし“、2 “のんき者, 無責任な人;ならず者, やくざ, 無頼漢”などの訳語が当てられていますので、支持する政党のない有権者層を指す、いわゆる『無党派層』が『vagabond(バカボンド)』に該当するか否かは、別問題です。

> ==例えば、評価の対象となる・・・==
> 理系は勉強しましたが難しすぎてよくわかりません。で、わたしの立場をいいますと、本件に関しては小沢さんを信じてません。疑ってるのかと問われれば、「怪しいようにも見えるが、よくわからない」ってとこです。検察を賛美してませんが、貶めるつもりもありません。小沢さん、内閣、検察は法律の枠内で粛々と行動すればよいとおもいます。<

 小沢一郎さんに限らず、ある物事を信ずるか否か、また、疑うか否かは、個人の自由(法律の範囲内で許容される随意の行為)ですから、特定の個人に他人がとやかく言って、強制的にある行動をさせる筋合いは無く、それは小沢一郎さんの出所進退にも当てはまります。

 従って、本件に関して、小沢一郎さんが民主党の幹事長を辞めるか否かは、ご本人が判断するかまたは所定の手続きを踏んで民主党の党員が決めるべきことであり、また、小沢一郎さんが国会議員を辞めるか否かは、ご本人が判断するかまたは所定の手続きを踏んで選挙民が決めることであり、また、小沢一郎さんの公民権を停止するなら所定の手続きを踏んで裁判所が判断すべきことであり、他党の国会議員やは大雄通信媒体の関係者などが、世論を煽って圧力を掛けるのは、民主主義の健全な発展を阻害すると、私は思量します。

 尚、公然と事実を摘示して人の名誉を毀損する行為は、公共の利害に関する事実に係り、且つ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合で、尚且つ、その事実の真否を判断しして真実であることの証明が証明できる場合を特例として、刑法第230第1項で、原則として禁止されていることは,公知の事実です。

因みに、何人に対してかに係わらず、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実に相当し、また、公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合は、刑法第230第1項の特例事項に該当しますので、小沢一郎さんの政治活動に関係して、政治資金規正法になどの法律に違反する行為が存在するとの疑いを公然と摘示するならば、事実関係を特定し、事実が真実であると確信できるように証明する責任があり、また、事実が真実であると確信できても『推定無罪の原則』を尊重ぢて、個人の基本的人権を保障するのが民主主義の健全な姿であり、根拠不明な風説を流して徒に世論を扇動するのは、民主主義に反すると、私は思量します。

 従って、政治資金規正法の目的や基本理念から逸脱した法運営や公務員の守秘義務違反などを、犯罪捜査の方便として検察関係者が用いている疑惑があるならば、所定の手続きで内閣が指揮監督する権限を発動するもは必然的な事柄だと、私は思量します。

> 特に、小沢さんは天皇騒動で法律至上主義、法律に従え!と主張しました。わたしは天皇騒動では善意に基づいた法律に欠点があるという立場ですが、それを根拠に小沢さんを非難はしませんでしたし、今でもそうおもいます。ですので、天皇騒動で小沢さんを非難しなかった方々が、今回は法律の枠外の理由で小沢さんを擁護するのはダブルスタンダード、卑怯者だとおもいます。<

 社会規範として強制力を持つ法律は、道徳や慣習または民意などの最低水準の事柄を淵源としているはずですから、天皇騒動にしろ政治資金騒動にしろ、何事につけても「法律に従え!」というのは社会生活をする上で、必須の条件だと、私は思量します。

 因みに、制定法の無欠陥性と論理的完結性とを仮定し、法令の条文を忠実に検討し、法概念の体系を形式論理によって構成することを法学の任務とする立場を指す『概念法学』は20世紀初頭以降は陳腐化し、法に拘束されるのは当然であるが、法的基準はには不十分な点または欠陥があることを前提とし、法の整備者によって、特定の社会的あるいは経済上の利益闘争を視野に入れながら下された決定であると理解すべきだと主張する『利益法学』や、法は固定した概念にとらわれるべきものでなく、条理や社会的現実面に即するように、自由に運用されるべきであるとする主張する『自由法論』または、法を他の社会現象との関連において考察し、法の機能・構造などを社会学的な方法・理論により経験科学的に研究しようとする『法社会学』などが、現今の法曹界の主流であるべきだと、私は思量します。

 尚、「一法と雖も機に従い時に応じてその行(法基準)に万差あるべし、取捨宜しきを得て一向にすべからず、時に適い、場に合うのみを、妙法とすべし」および、「法を試みるに、道理と証文に基づく事実に過ぎず、道理証文よりは現実の証拠に裏付けられた事実には過ぎず」というのは、末法の時代における仏教の方便だと、私は理解していますが、個々の事件毎に一々裁判をする理由は、前記仏教の方便と司法の原理原則は相互に適合するからだと、私は思量します。

 従って、法は、成文法に使われている文字の意味を国語的に明らかにし、そこに使われている文字について文法的に明らかにした上で、対象とする事案・事件に適用すべき法基準の論理的な配列を考慮し、法の制定された目的と基本理念に従って、拡張解釈・類推解釈・反対解釈・縮小解釈など、読み書き算盤(勘定)の方便を通じて、妥当な結論を得るべき、合理的に解釈すべきだと、私は思量します。

 また、『ダブル‐スタンダード(double standard)』という語は、“仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること”を意味しますので、『利益法学』・『自由法論』・『法社会学』などに基づいき、美⇔醜・利⇔害・善悪などの『価値観』に依って、或る物事の批評するときの基準は、対象が多用ならば、多重になるのは当然であり、また、適用すべき法律が異なる天皇騒動と政治資金騒動では、価値判断の基準も異なるのは必然なのに、「天皇騒動で小沢さんを非難しなかった方々が、今回は法律の枠外の理由で小沢さんを擁護するのはダブルスタンダード、卑怯者だとおもいます」と、主張する貴方様は、『バカボンド(vagabond)』の類に過ないと、私は判断します。

 因みに、合理的に解釈した憲法の規定に基づく、国事に関する天皇の行為に係わる手続きは、内閣が行為の予定についてなどの願い出などの助言をし、天皇が、行為実の実施を決定し、内閣がを承認して段取りを整え、天皇が国事に関する行為を実施し、内閣が天皇の行為を承認するという手続きになり、その全体について内閣が責任を取るという図式になるが、天皇の国事行為がなければ国政が停滞するので、天皇(の国事行為)を政治に利用するのは必然的な事実でです。

従って、憲法の基準に沿って天皇騒動を批評すれば、宮内庁長官の意見は不当であり、小沢一郎さんの意見の方が妥当だと、私は思量します。

そもそも、ご会見・ご引見・謁見・拝謁などの告示に関する行為の願い出の諾否について、天皇の御意思を確認しないで、宮内庁の官僚が独断で決定しているという慣習自体が、官僚に依る天皇利用の邪道に過ぎず、常に気持ち悪いのは、邪強を容認することに対する、自然法に基づく因果の道理に適う果報だと私は推察います。

 また、政治資金騒動にしても、情報の変化容量≫0.5で且つ情報量≒1と見做すべき情報で、情報源を秘匿した風説で世論が操作されている情状は、『バカボンド天国(vagabond‘s paradise;)』に過ぎず、法定主義を属性とする民主主義の健全性を害い、『衆愚政治』に陥る危険性が高いと、私は思量します。

> 彼を擁護したいのなら法律を変える/作る必要があると考えます。リークに関しては他でもさんざん言ってますが、鳩山ソーリ自身が検察は「捜査情報や捜査方針を外部に漏らすことはないものと承知している。」」と閣議で決裁された答弁書で断言してますので、鳩山批判を伴わない検察リーク批判は「卑怯者」のすることだとわたしはおもいます。<

 小沢一郎さんを擁護する積りはなく、法律を尊重して遵守すべきだと、私に主張しているつもりですが…。

 小沢一郎さんを攻撃するのも擁護するのも其々自由ですが、それは法律の範囲内で許容される随意の行為として相互に争われるべきだということです。

 因みに、仮令、いわゆる『ダミー』と見做されても、成否団体と国会議員の政治資金管理団体の間で、政治に費やす寄付金の授受することは違法ではなく、また、政党支部と企業団体の間で、政治に費やす寄付金の授受することは法律で禁止されておらず、政治団体が不動産を保有するることも当時は禁止されていませんでしたので、小沢一郎さん側を対象にして、政治資金規正法の運用基準を、特別に厳しくするような、『ダブルスタンダード』は『法の下の平等の原則』を否定する『邪道』であり、『邪道』を擁護するような言動をすると、気持ちが悪くなるのは、自然法の因果の道理に適う現象だと、私は推察します。

> ==信じる信じないは社会生活をする上での必須の要件であるが、それを無意味だと唱える『バカボンド』が蔓延すると、気持ち悪い社会に堕す==
> 賛同できません、宗教なら根拠なしで信じるのはかまいませんが。「支持」と「信じる」はまったく別のものだとわたしはおもいます。根拠があるのなら信じる行為は肯定します。ですから信じる根拠はなんですか?と問うているのです。<

 『信ずる』という語には、一般的に、“或ることを本当だと思う。疑わずに、そうだと思い込む”、また“信用する。信頼する。”という意味があり、むしろ“信仰する”というのは特殊な例であり、また、「信ずるべきを信じ、疑うべきを疑う」というのが『信義』であり、さらに、特別の事情のない限り他人が法規・信義に従って行動するであろうということを信頼すする『信頼の原則』に事づく社会秩序が維持されれば、平和な生活ができるが、特別の事情のない限り他人は法規た信義に逆らって行動するであろうということを懐疑するならば、常に気持ち悪い情状になることは、自然法に基づく因果の道理に適う果報だと、私推察します。

 また、『支持』という語は、“或る意見・主張などに賛成して、その後押しをすること”を意味しますので、『支持』するには、対象とする意見・主張などが価値在ると信じることが前提であるが、その前提を無視してむやみに『支持』するような『バカボンド(vagabond)』が、常に気持ち悪い情状になることは、自然法に基づく因果の道理に適う果報だと、私推察します。

 因みに、政治に資す金品の源として間接的に企業との結びつきがあることは『公然の秘密』と思しき政治家小沢一郎さん側が、政治資金規正法に違反してまで、事実を隠蔽しなければならない特別の事情は無いと思量したのが、『信頼の原則』に基づいて、小沢一郎さん側は、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為はしていないと信ずべき消極的な根拠ですが、小沢一郎さん側は、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為をしたと信ずるべき積極的な根拠はな何かと、私はと問うているのです。

投稿者: pam | 2010年1月25日 09: 様

必要無いかと思いますが,念の為です.

(1)小沢個人へ渡した場合,贈与になり,税金控除の限度額(確か年間110万円)を超えれば,贈与税の納入が必要です.もし5000万円であれば,勿論贈与税(恐らく半分弱の2200万円位)の納入が求められると思います.この場合は勿論公開しなくていい訳で,内密に処理されるとも言えます.
(2)小沢政治団体へ渡した場合,その団体の政治資金収支報告書への記載が必要です.その場合は税金は掛かりません.従って,報告書への記載だけですべて完結です.しかし報告書は公開されます.相互の緊密な関係も公開されるので,双方がそれを嫌うということが起こり得るという次第です.

(1),(2)以外の金銭の授受はすべて違法ということになります.
賄賂は,内密に金銭を貰って,相手に特別な便益を供与するもので,今回の小沢事件の場合は,仮に内密な金銭の授受が有ったとしても,「便益供与」の立証は出来ないと思いますので,結局「収支報告書の虚偽記載」しか立件できないと思います.
政治資金規正法違反の場合は,「修正申告でお咎(とがめ)め無し」というのが,従来の政府の対応のようで,今回突然罰則基準が強化されたことになり,これも,「公平公正な法律の適用」という観点からして疑義が有ります.

小沢幹事長に対する検察の捜査は、異常であり検察権力の不当行使である。水谷建設が小沢側に裏金を渡しているとリークし世論を誘導し、既成事実のように作り上げ、小沢幹事長を失脚させようとしている。権力をチェックするはずのマスコミ、元検事は検察応援団としか思えない。
小沢幹事長は、いかなる苦難に遭遇しようとも辞職せず、小沢改革を成し遂げてくれると信じています。

==英和辞書によると、『vagabond(バカボンド)』には、・・・==
で、どれ?さすらいびと?のんき人?あるいは全部?あいかわらずよくわかりません。
==強制的にある行動をさせる筋合いは無く、==
強制なんかしてないでしょ?わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。
==公然と事実を摘示して人の名誉を毀損する行為は、==
いつ名誉を棄損しました?わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。
==『推定無罪の原則』==
わたしはそう言ってきてますが、いままで。卑怯なものいいはやめてくださいな。
==何事につけても「法律に従え!」==
これは小沢さんの理屈で、その通りだと理解・同意し尊重しているのです。
==『ダブル‐スタンダード・・・対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること==
ですからそれをしている日本人がとても多いんじゃないの?
==対象が多用ならば、多重になるのは当然であり、==
対象によって基準を使い分けるのは当たり前ということですか?とても賛同できませんし、そのような方々を「卑怯者」といっているのです。
==憲法の基準に沿って天皇騒動を批評すれば・・・宮内庁の官僚が独断で決定しているという慣習自体が・・・==
いつわたしが宮内庁を擁護しました? ご指摘ください、卑怯者でなければ。
==小沢一郎さんを擁護する積りはなく、法律を尊重して遵守すべき==
これはわたしが言ってきてることそのものですけど。
==「信ずるべきを信じ、疑うべきを疑う」というのが『信義』==
ですから小沢さんを信じる根拠はなんですか?とうかがってるだけですけど。信じるなとはいってませんよ。あと、「わからない」という選択肢はなぜ無いのでしょうか。
==『支持』するには、対象とする意見・主張などが価値在ると信じることが前提であるが==
信じることは支持の前提ではありません。支持はたとえ信じてることができなくてもできるとわたしはおもいます。究極の選択というやつです。
==小沢一郎さん側が、政治資金規正法に違反してまで、事実を隠蔽しなければならない特別の事情は無いと思量したのが、・・・信ずべき消極的な根拠です==
わたしはこの根拠では支持はできるかもしれませんが、信じることは到底できません。
==政治資金規正法に対する違反行為をしたと信ずるべき積極的な根拠はな何か==
違反行為をしたと信ずるなんてていってないでしょ。わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。

難解な表現のお返事ですが、残念ながら実質は卑怯者のそれだとおもいます。

わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。

わたしの書き込みのどこがそれにあたるのかを指摘する必要があなたにはあります。
に訂正します、お分かりかとは思いますが念のため。

何度も訂正・補足すみません
~~残念ながら実質は卑怯者のそれだとおもいます。~~
ですが、あなたを卑怯者と罵ったわけではありませんよ。内容がわたしの考える卑怯者のそれと大差ないということをいいたかったのですが、表現が微妙、議論には適してないと反省しましたので取り下げますね。どうもすみませんでした。

小沢さんや鳩山さんへの告発状は、代表者名も所在地も不明でも、すみやかに特捜は受理し、きわめて詳細な捜査を開始するんですね。
二階さんや森田知事に対する告発状は、代表者名も所在地もはっきりしていましたが、捜査なんてしたのでしょうか。

投稿者: 大野保志 | 2010年1月25日 13:31 様

ご教示いただきありがとうございました。
(1)はありえないと思いますので、仮にあったとしても(2)ということですね。

虚偽記載というと聞こえが悪いですが、単なる記載不備とも取れます。そういう意味で従来は修正の上、お咎めなしなのでしょう。

やはり、客観的に見て悪質性があるようには思えません。

今回の世論調査で小沢氏は辞職すべきと回答している人は、なぜそのように思うのでしょう。不思議でなりません。

投稿者: 匿名 | 2010年1月25日 14: 様

森田知事については,私は告発人(確か800名位)の一人です.昨年12月千葉地検から不起訴の裁定がありました.
現在異議申し立てを行っています.私もその一人です.
結果はまだですが,恐らく却下されるでしょう.

>これは、検察(官僚主権保持派)vs.民主党(国民主権の革命派)の戦争です。<

 今回の問題を、特捜対小沢の対決として、どちらの主張が正しいのかと議論されていますが、事態を甘くみているのではないですか?これは民主党政権に対する特捜を使ったクーデター(政権転覆)です。そのほうが現状を正しく理解できる筈です。

 クーデターである以上、特捜は法律を超えた力で攻撃してきます。最終目標は、小沢の逮捕で、その後に民主党政権を第二自民党化して官僚主権を復活させる。それが彼らの目標です。

 政治資金規正法違反は単なる言い訳で、まず小沢を逮捕しその後はあらゆる冤罪をデッチ挙げ彼を抹殺するでしょう。クーデターである以上、冤罪かどうかは関係ありません。特捜が黒と言えば黒であるとされるのです。

 小沢が逮捕された後、裁判で争ったとしても、最高裁で決着がつくのに10年は懸かるでしょう。その間に、民主党を第二自民党化しておけば、小沢に無罪が確定したとしても体制に影響はないということです。

 この戦争にどちらが勝つかの分かれ目は、国民がどちらを支持するかに係っています。ポイントになるのは、国民に影響力をもつマスコミがどちらの側に付くかです。現状では、マスコミは完全に検察側に付いて国民をコントロールしています。これが一番のネックになっています。

 ネット世界の意識とネット世界を知らない一般国民との間の意識のズレは相当大きいと感じます。小沢民主党を支持する我々は危機意識を持つべきです。

何気なしに見ていたテレビでミヤネ屋という奥様あいてのワイドショウがあります。
その中のヨミきりタイムスという中で今日の夕刊で読売新聞が検察が押収した中に水谷建設が石川さんに5000万円渡したとされるホテルの喫茶店の記述が書かれた手帳があったと書いているそうです。皆さん、これをリークと言わないでなんというのでしょう。そのものは検察にあるのですよ。
どんなに優秀な記者がいたとして裏をとるにもとりようがないと考えるのが妥当です。それが真実かどうかという以前の問題です。これをリークというのが当たり前ですよね。
別に私は民主支持者でも小沢氏を好きでもなんでもありません。あるものごとに2つの意見があることが当たり前と思っています。まずは裁判で有罪が確定しないかぎり犯罪者、悪人扱いすることは法治国家ではありえないと思います。今のマスコミ報道は本当に酷い、天の声罪とか収賄罪とかあるのかということです。小沢氏は収賄罪には該当しないという事実だけはあります。どんなに記者が記事をねつ造しても罰せられないということが問題です。社会常識では考えられません。また私は検察という組織を初めから信用していません。

22日、東京地裁は、西松違法献金事件にて公判中だった大久保秘書の、今月26日・来月下旬に予定されていた公判期日をすべて取り消した。
大久保氏が、再逮捕されたためだ。
___________


“検察側証人の証言”による「検察ストリーの全面否定証言」翌日に、大久保氏を別件狙いの形式違反容疑で逮捕拘束しての無罪判決引き伸ばし策略は一応成し遂げたようです。

世界中が笑っています、、

我が国の人権意識は、ご近所の一党独裁の大国と目糞鼻糞のようです。

そういえば宗男先生のときは、過去に大病を患った女性秘書さんを、宗男先生抹殺を狙いのネタ集めのため、お得意の別件逮捕拘束したうえで長時間に渡る取調べにより、解放後に再発し亡くなられたと、いつか「ムネオ日記」にて拝読した覚えがあります。

狙われたら最後の警察・検察国家。
それに気づかないで、バカマスコミ論調を鵜呑みで脳内思考停止し、バカマスコミ御提供の“前時代の作られた常識”に浸ってる教養と想像力の欠如した多くの幼い国民。

11万人超の付託を得て国政に送られた国民の代表者を、実質被害該当者なしの記載期日間違いと立て替え資金の記入漏れ有無か、認識の見解相違で逮捕拘束されてる。
デッチ挙げの令状理由作り上げて

宗男先生の女性秘書さんへの最悪極悪非道行為を見るまでもなく、間接直接に国民一人一人の人権も同時に踏みにじられてるという、当事者意識が湧かないのだろうか。

>ashupetu | 2010年1月25日 15:57

正に、地検特捜部によるクーデターですね。鳩山総理はのんびり構えている場合じゃありません、指揮権を発動するべきです。

皆様へ 〈提案 & お願い)

ここで 情報交換し、危機意識を持とう と呼びかけ、あるいは悲憤慷慨するのも意味はあります。

しかし、ここで 検察を非難し、メデイアの問題を指摘し、あるいは法務大臣の悪口を言うだけでは 彼らはこたえないでしょう。
「すでにやっているよ」と言う方も多い(眼についたところでは恵美様) と思うので、まことに僭越な提案ですが、「外部」への働き掛けをし、それを本サイトで「開示」することにしてはいかがでしょうか?

私は 民主党とその議員へ「日和るな!」と何度か送っております。
今回 添付するには「旧い」ので、次回からそういたします。

何はともあれ、今を措いて 「外へ打って出る」ことが重要な時はないと 自らに言い聞かせております。

相手は 選挙民の意思(本格的政権交代で新しい態勢を望んだ)を無視して 彼らの都合のよい状態へ押し戻そうという まさに守旧派 の輩ですから 向こうも必死です。
ならばこっちも必死でなければなりません。
日和っている暇はないのです。(このこと 特に 鳩山首相以下の民主議員に申したい)


相手を甘く見て 後で後悔したくありませんから 抗議し、叱咤し、時には「お前の局は見ないぞとか 「日和見の態度を改めないと 次回は投票しないよ」とも言おうではありませんか。

妄言多謝

上のほうで面白いコメントがあったので書きますね。推定無罪でしたっけ?これって僕はいい語だと思うのです。
僕は基本的に人を疑う人間です。しかし少し情報を拾って、明らかに黒なら別ですが、グレーなものに対して検察やマスコミが言ってるからと、悪であると断言はしないですね。
ここにも少なからずいますけど、僕的にはそういう人は暗い人が多いと思うのですよ。もちろん書き込みの人が、民主党と良いも悪いも競争をしている、自民党員であったり、少しの違反も許さなく、自分自身を律して生きてきている方なら別ですが。
ここにいる多数の人は従来の日本人と違い、明るい人が多いんだと思ってしまいますね。

mochizuki
気持ち悪い
両氏へ

いいかげん空気読めよ。
自分で掲示板作るかブログ作ってそっちでやれ。

ここはあんたらのやってるサイトじゃないんだよ。

気持ち悪い様(2010年1月25日 13:33)

> ==英和辞書によると、『vagabond(バカボンド)』には、・・・==
> で、どれ?さすらいびと?のんき人?あるいは全部?あいかわらずよくわかりません。<

 “放浪者・漂泊者, さすらい人;浮浪者, 無宿者, 宿なし“、2 “のんき者, 無責任な人;ならず者, やくざ, 無頼漢”などのうち、どれに相当すると私はが思量したかは、既にmochizuki(2010年1月25日 12:13)で示唆してありますので、ご自分で判断してください。

> ==強制的にある行動をさせる筋合いは無く、==
> 強制なんかしてないでしょ?わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。<

 『強制的』という語は、“相手の意思を無視し、権力・威力などによって無理にさせるさま”という意味があります、一般論として、検察の捜査は凡そ『強制的』であり、また、世論を背景に特定の政治家を公然と批判して進退を促す手口は、ある面で『強制的』に順当すると見做すべきだと、私は思量します。

 因みに、小沢一郎さんは民主党の幹事長を辞めるべきだとか、小沢一郎さんは国会議員を辞るべきだとかいう、いわゆる『世論』の代弁者と思しき人の発言があることは事実だと、私は認識しておりますが、もし、気持ち悪い様の書き込みが、その『世論』の形成に影響していたら、貴方様の書き込みは間接的な『強制的』に相当する可能性がありると、私は思量します。

然し、貴方様の書き込みが『強制』に相当すると、何時、何処で、如何ように、私が言及したかの事実関係を特定する責任が、先ず、気持ち悪い様の方にあり、その責任を履行せずに、私に責任を転嫁するのは、『vagabond(バカボンド)』であることの証だと、私は思量します。

> ==公然と事実を摘示して人の名誉を毀損する行為は、==
> いつ名誉を棄損しました?わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。<

 一般論として、いわゆる『世論調査』の結果を見れば、本件事案の政治資金騒動の影響は、小沢一郎さん側の名誉・信用の毀損に相当することは、明確な事実だと私は思量しますが、気持ち悪い様はその事実を否定しますか?

 然し、気持ち悪い様の書き込みが「名誉を毀損した」と、何時。何処で、如何ように、私が言及したかの事実関係を特定する責任が、先ず、気持ち悪い様の方にあり、その責任を履行せずに、私に責任を転嫁するのは、『vagabond(バカボンド)』であることの証だと、私は思量します。

 因みに、書き込んだ情報を調査・分析して見たところ、[2010年1月24日 02:08]および、[2010年1月24日 02:57]、[2010年1月24日 03:26]に書き込んだ気持悪い様がの発言などは、対象者が『金権政治の権化』、『カネにクリーンではない』、『卑怯者』であるという風評を流して、名誉・信用を毀損する行為に相当する可能性が高いが、処罰の対象になるか否かは別問題だと、私は思量します。

 尚、一般的に、自分が発信する情報が対象者や社会にどのような影響を与えるかを察しない情報活動をするのも、『vagabond(バカボンド)』のと特徴だと、私は思量します。

> ==『推定無罪の原則』==
> わたしはそう言ってきてますが、いままで。卑怯なものいいはやめてくださいな。<

 この記事に関係して、気持悪い様が書き込んだ情報を調査・分析して見たところ『推定無罪野原則』という言葉は、[2010年1月25日 13:33]にでてきたのが最初でしたが、それ以前の何時、何処で、何故に、如何なる表現で、貴方様は『推定無罪の原則』についてのご意見を表明したのか、事実関係を特定して下さい。

 因みに、私が,『推定無罪の原則』という言葉を用いたのは、[2010年1月24日 12:04]と[2010年1月25日 12:13]ですが、それを使って如何なる表現をしたことが『卑怯なものいい』に相当するのか、ご説明して下さい。

> ==何事につけても「法律に従え!」==
> これは小沢さんの理屈で、その通りだと理解・同意し尊重しているのです。<

 気持ち悪い様は、 2010年1月24日 12:38「特に、小沢さんは天皇騒動で法律至上主義、法律に従え!と主張しました。」と主張死なしたが、『法律至上主義』とは、“法律は他のものの手段として存在するのではなく、それ自身が目的であり、価値であるとする立場”を意味し、いわゆる『概念法学の権化』と同義語/類義語であると、私は認識します。

> ==『ダブル‐スタンダード・・・対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること==
> ですからそれをしている日本人がとても多いんじゃないの?<

 対象によって異なった価値判断の基準を使い分けるのは日本人だけですか?

 例えば、男性・女性によって異なる道徳基準など、二重標準/二重基準は、欧米などでも存在し、むしろ、日本人よりも多いから「double standard」という英語が存在し、日本の方が少ないから「ダブル‐スタンダード」というカタカナ語を使っているのだという考え方はできませんか?

> ==対象が多用ならば、多重になるのは当然であり、==
> 対象によって基準を使い分けるのは当たり前ということですか?とても賛同できませんし、そのような方々を「卑怯者」といっているのです。<

 あの~、『ダブル‐スタンダード』は、言い換えれば、対象とする人によって基準を変えて責任・権利・自由などについての取扱いを差別するということですよね、そもそも、資格・能力・地位・身分・性別などに依って差別することがどうして『卑怯』に相当するのですか?

 道理に合わない『不当差別』は非難されて当然だが、世の中には、道理に適った『正当差別』が多々存在しませんか?

> ==憲法の基準に沿って天皇騒動を批評すれば・・・宮内庁の官僚が独断で決定しているという慣習自体が・・・==
> いつわたしが宮内庁を擁護しました? ご指摘ください、卑怯者でなければ。<

 何時、何処で、「気持悪い様が宮内庁を擁護した」と、私が言いましたか? 先ず、それを特定して下さい、『vagabond(バカボンド)』でなければ…。

 因みに、天皇騒動では宮内庁長官の羽毛田信吾さん側と民主党幹事長の小沢一郎さん側とは、完全に対立していますので、法律が不当な『ダブル‐スタンダード』を容認していない限り、何れか一方に非があるということは明らかであり、「憲法の基準に沿って天皇騒動を批評すれば、宮内庁長官の意見は不当であり、小沢一郎さんの意見の方が妥当だと、私は思量します」と述べただけですが…。

然し、気持悪い様の「わたしは天皇騒動では善意に基づいた法律に欠点があるという立場ですが、それを根拠に小沢さんを非難はしませんでしたし、今でもそうおもいます。」発言は、宮内庁長官の羽毛田信吾さん側の言い分を是と認め、民主党幹事長の小沢一郎さん側の言い分は非と認めたが、法律に欠点があるから、民主党幹事長の小沢一郎さん側を非難しなかったという主旨だとも解釈できますが、貴方様の本音を説明して下さい。

 また、気持悪い様は「ですので、天皇騒動で小沢さんを非難しなかった方々が、今回は法律の枠外の理由で小沢さんを擁護するのはダブルスタンダード、卑怯者だとおもいます」と発言されていますが、政治資金規正法の内容には欠点や欠陥はなく、且つ、東京地検特捜部による政治資金規正法の運用は、その立法目的や基本理念の範囲内で許容される正当な職権行為だと気持悪い様は認識されているのですか?、

> ==小沢一郎さんを擁護する積りはなく、法律を尊重して遵守すべき==
> これはわたしが言ってきてることそのものですけど。<

 気持悪い様が、小沢一郎さんを擁護する積りはないのはよ~くわかります、また、小沢一郎さん側に対しては「法律を尊重して遵守すべき」と言っていることはなんとなく判ります、然し、東京地検特捜部側に対して、気持悪い様は「法律を尊重して遵守すべき」と言っておらず、守秘義務違反や職権乱用と思しき捜査に対しては放任しているように見受けられますので、何時、何処で、如何なる表現で、「法律を尊重して遵守すべき」と気持ち悪い様が言ったのか特定して下さい、『vagabond(バカボンド)』でなければ…。

> ==「信ずるべきを信じ、疑うべきを疑う」というのが『信義』==
> ですから小沢さんを信じる根拠はなんですか?とうかがってるだけですけど。信じるなとはいってませんよ。あと、「わからない」という選択肢はなぜ無いのでしょうか。<

 ですから、小沢一郎さん側が、政治資金規正法に違反してまで、事実を隠蔽しなければならない特別の事情は無いと思量したのが、『信頼の原則』に基づいて、小沢一郎さん側は、政治資金規正法に違反していないと見做せると信ずる根拠ですと、私は説明していますが…。

 また、気持ち悪い様が「信じるなといった」とは言っていませんよ。

 物事には「わからない」という選択肢があるのは当然ですが、わからないことをわかったような物言いで批判すると、気持ち悪い果報をもたらすのだと、私は思量します。

> ==『支持』するには、対象とする意見・主張などが価値在ると信じることが前提であるが==
> 信じることは支持の前提ではありません。支持はたとえ信じてることができなくてもできるとわたしはおもいます。究極の選択というやつです。<

 思想・良心・信教・結社・言論・表現の自由は憲法で保障されていますので、他人の意見・主張に疑惑があっても法律に触れない限り支持するのは自由ですが、他人の意見・主張に疑惑を秘めたまま賛成して支持するのは、気持ち悪い『vagabond(バカボンド)』の類だと、私は思量します。

 因みに、『究極の選択』とは、例えば、「憲法の規定を守って戦争をしないか、特例措置として戦争をするか?」とか、「ウンコ味のカレーか、カレー味のウンコか?」や「ゲロ味のお好み焼きか? お好み焼き味のゲロか?」などのように、いわば負価値の選択肢しかない状況下において、物事の価値をつきつめ、選択肢の中では最良だろ判断をきわめた上で、最後の到達点としての選択を意味すると、私は理解します。

従って、或る状況下において最後まで価値判断の妥当性に確信がないままの状態で、他人の意見や主張を支持するような『vagabond(バカボンド)』が国家・社会に蔓延すると、侵略されて憲法が無効になる又は、戦争に負けて国を滅ぼすような選択をし、もしくは、カレー味のウンコや、お好み焼き味のゲロを選択して喜んだりするような果報をもたらす危険が高いと、私は推察します。

> ==小沢一郎さん側が、政治資金規正法に違反してまで、事実を隠蔽しなければならない特別の事情は無いと思量したのが、・・・信ずべき消極的な根拠です==
> わたしはこの根拠では支持はできるかもしれませんが、信じることは到底できません。<

 それは、貴方様の自由ですが…。

> ==政治資金規正法に対する違反行為をしたと信ずるべき積極的な根拠はな何か==
> 違反行為をしたと信ずるなんてていってないでしょ。わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。<

 「違反行為をしたと信ずると、気持悪い様がいった」と、何時、何処で、私ガ言いましたか? 先ず、それを特定してください、『vagabond(バカボンド)』でなければ…。


> 難解な表現のお返事ですが、残念ながら実質は卑怯者のそれだとおもいます。<

 ご自分が理解出来ないころを責任転嫁するのは、『vagabond(バカボンド)』の証だと、私は思量します。


気持ち悪い 様(2010年1月25日 13:38)
> わたしの書き込みのどこがそれにあたるのからご指摘する必要があなたにはあります。
> は
> わたしの書き込みのどこがそれにあたるのかを指摘する必要があなたにはあります。
> に訂正します、お分かりかとは思いますが念のため。<

 誤字・脱字・過字・当て字などは、私の常習ですので、違和感なく理解できました。

気持ち悪い 様(2010年1月25日 13:59)
> 何度も訂正・補足すみません
> ~~残念ながら実質は卑怯者のそれだとおもいます。~~
> ですが、あなたを卑怯者と罵ったわけではありませんよ。内容がわたしの考える卑怯者のそれと大差ないということをいいたかったのですが、表現が微妙、議論には適してないと反省しましたので取り下げますね。どうもすみませんでした。<

 貴方様が考える卑怯者の手口と、私の書いた内容とが大差ないなら、単刀直入に『卑怯者!』と罵られる方が、貴方様の率直なご意見が理解できて、論旨は明確になるから歓迎しますが、本心を一旦吐露しておいて、後から、上辺だけそれを取り消すという気持ち悪い態度は「卑怯者!」・『vagabond(バカボンド)』の証だと、私は思量します。

小沢さんがらみで一点
==小沢一郎さん側の名誉・信用の毀損に相当することは、明確な事実==
もし小沢さんがそうお考えなら法の中で彼がそう行動すればよいのでは。まわりがごちゃごちゃ言うのは大きなお世話に見えます。で、小沢さんは‘私は、捜査が公正さを欠くようなことをしているとは思っておりません。公平公正な捜査に、今までもそのつもりだったが、今後も協力していく’とおしゃっているのでは? 以前の発言との整合性は別として。

あなたとの議論がらみで一点。
==「違反行為をしたと信ずると、気持悪い様がいった」と、何時、何処で、私が言いましたか?==
↓↓↓
==小沢一郎さん側は、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為をしたと信ずるべき積極的な根拠はな何かと、私はと問うているのです。==
私宛のコメントなのに、上記の文章が私が言っていない事柄に私の意見を求めているとはとても考えられませんでした。そのようなことが多くあります、あなたの記述には。

他にも納得できない点がたくさんありますが、あなたとの議論は噛み合うの難しく、時間を含む物理的な限界もあり、よってここでこれ以上続けることは不毛であると残念ながら判断しました。以前、わたしがたかおじさんさまとの議論が不毛だと判断し以後スルーとしたことと同じだと思ってくださって結構です。以後スルーになるかとおもいますがあしからず。いままでありがとうございました。

気持ち悪い様(2010年1月26日 10:39)

> 小沢さんがらみで一点
> ==小沢一郎さん側の名誉・信用の毀損に相当することは、明確な事実==
> もし小沢さんがそうお考えなら法の中で彼がそう行動すればよいのでは。まわりがごちゃごちゃ言うのは大きなお世話に見えます。で、小沢さんは‘私は、捜査が公正さを欠くようなことをしているとは思っておりません。公平公正な捜査に、今までもそのつもりだったが、今後も協力していく’とおしゃっているのでは? 以前の発言との整合性は別として。<

 名誉毀損は親告罪り、また、人の信用毀損やや国会議員の名誉毀損に係わる事実については、それが真実である場合には、それが真実有ることが証明されれば、犯罪は構成しないということは、ご存知ですか?

現在、土地購入資金に関する事実が真実であるか否かは東京地検特捜部が検証中であり、また、西松建設からの寄付に関する事実が真実か否かは東京地裁で裁判中です。

 尚、何れの事案・事件も『推定無罪の原則』は適用されますので、周りがごちゃごちゃと小沢一郎さんを非難することは民主主義の健全な発展を害う危険性が高いという道理を、周りからごちゃごちゃ言っているのが私の立場です!

 因みに、気持ち悪い様は、如何なる立場で周りからごちゃごちゃ言っているのですか?

 また、「捜査が公正さを欠くようなことをしているとは思っておりません。公平公正な捜査に、今までもそのつもりだったが、今後も協力していく」との言葉を反対解釈をすれば「公正さを欠くような捜査をされるとは思わなかったから、任意の事情聴取(取調べ?)に応じたが、不公平不公正な捜査に対しては、今までもその積りだったが、今後も戦って勝負をつける」という意味ですすから、以前の発言とは表現が変わっても、何ら矛盾はないと、私は判断します。

> あなたとの議論がらみで一点。
==「違反行為をしたと信ずると、気持悪い様がいった」と、何時、何処で、私が言いましたか?==
> ↓↓↓
> ==小沢一郎さん側は、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為をしたと信ずるべき積極的な根拠はな何かと、私はと問うているのです。==
> 私宛のコメントなのに、上記の文章が私が言っていない事柄に私の意見を求めているとはとても考えられませんでした。そのようなことが多くあります、あなたの記述には。<

 貴方様との議論に関連した文章でも、公開されていますから、対象・対告衆を特定しないで「問うている」という言葉は、関係者の皆様方に判断を求めていると言う意味であり、もし、特定の相手を対象に質問している文章ならば、意識的に相手を特定するのが、私の習慣ですが、文脈からは読み取っていただけなかったようですね…。

 つまり、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為をしたと思っている人を対象にして、それが真実だと信ずるべき積極的な根拠はな何かと、私はと問うているのですが、気持ち悪い様は、犯罪に相当するような、政治資金規正法に対する違反行為をしたと思っていないならば対象外です。

 因みに、現実の問題として、気持ち悪い様の率直なお気持ちは、私の質問の、対象者に相当しますか、それとも、それとも対象者には相当しませんか?

> 他にも納得できない点がたくさんありますが、あなたとの議論は噛み合うの難しく、時間を含む物理的な限界もあり、よってここでこれ以上続けることは不毛であると残念ながら判断しました。以前、わたしがたかおじさんさまとの議論が不毛だと判断し以後スルーとしたことと同じだと思ってくださって結構です。以後スルーになるかとおもいますがあしからず。いままでありがとうございました。<

 どの様になさるかは、貴方様のご自由です。

 因みに、『公理系』が異なると思しき強敵との議論は、物事を多面的に観ることができるので、「不毛痴態」でも、種を下ろせば何時かは芽が出て成長する可能性を多分に含んでいると、私は認識しています。

《THE JOURNAL》編集部 様

mochizuki
気持ち悪い

この両名は既に立派な掲示板荒しです。

自分は正しくて真面目に相手に話をすればいつかわかってくれる…という、ネット初心者・掲示板初心者等によくありがちな、顔真っ赤にしてスレと全く関係ない異常なやりとりを延々とやり続けていますよ。

ほっておけば永久に続けますこの手の人達は。

いいかげん両氏の書き込み削除するかアク禁でもしてください。
本当に典型的な「悪意は無いが結果的には皆の迷惑になっている掲示板荒し」ですよこれは。


両氏へ

あんたらの書き込みを一度冷静に見返してみなさい。
あんたらのどうでもいい話なんて誰も読んでないし狂ってるよあんたら。
いいかげん止めるか他所で自分
で建てた掲示板でやりなさい。

匿名様(2010年1月26日 14:34)

> あんたらの書き込みを一度冷静に見返してみなさい。<

 はい、一度ならず、数度冷静に見直しております。

> あんたらのどうでもいい話なんて誰も読んでないし狂ってるよあんたら。<

 でも、正義の味方と思しき貴方様にはお読みいただけたようですね?

 それとも、余計なお節介を焼くのが趣味と思しき貴方様は、内容もわからずに「狂っている」と他人を診察するがあるのでしょうか?

> いいかげん止めるか他所で自分
で建てた掲示板でやりなさい。<

 威圧的な貴方様に命令される前に、気持ち悪い様は、自ら止めると1宣言しているし、私も相手の方の意思を無視して、顔真っ赤にしてスレと全く関係ない異常なやりとりを延々とやり続ける積りは在りませんが…。

 因みに、読者の代表を気取っていると思しき貴方様は如何なる権限・立場を以て他人に命令しているのでしょうか?

==スレと全く関係ない異常なやりとり==
と編集部さまがご判断されるのなるのなら、削除あるいはアク禁はもっともな話です。ご判断は編集部さまにゆだねます。

mochizukiさま

念のために、
散々(おそらく2度ほど)お二方のやり取りに対し編集部に異議を呈している「匿名」氏は、いつぞやの「ばかおじさん」とあなた様のやり取りにて「相手にするのは徒労では。お人が悪いですね<苦笑。」等の意で書き込んだ私「匿名」とは異なる人物ですので。
一応誤解されぬよう、自ら申告しておきます<苦笑>

因みに、私は当やり取りを非常に面白く、興味深く見させていただいていますし、自分自身の知的好奇心を刺激させていただいています。

だいたいが、投稿者名に「気持ち悪い」など、一つの公共の場において不特定他者へ礼節心や気遣い心の欠片も感じられない無神経さか意図的か、そもそも無自覚なのか。
このような神経の持ち主の○○○○の程度など、たかが知れていますしね。
文面からも十分それが窺い知れます。

匿名投稿のオマエが言えるかっ、とのツッコミは、どうかご容赦くだされ。
念のため、当投稿に「気持ち悪い」人は反応しないこと。

名前の書き忘れじゃない確信的「匿名」より「気持ち悪い」の方がまだいいかもしれない。

 通称が「実名」でも「匿名]でも「気持ち悪い」でも[あやし」でも、投稿年月日と時刻で投稿者を特定できるから、所詮、名前は、他人から呼びかけられたときに、対象が自分であることを自覚・識別するための符号に過ぎず、内容の方が大切だと、私は思量します。

1月26日発売の「週刊朝日」、“検察のリーク内容が掲載された”を読んでください(以下引用と要点)
、東京地検特捜部の「関係者」からのリークである。「小沢は、何があっても必ずやるよ。強硬派筆頭の大鶴(基成・最高検検事)
あと、
1月20日付のニューヨーク・タイムズが小沢疑惑を報じて、日本の検察の異様さと大マスコミとの癒着ぶりを指摘しました。マーティン・ファクラー氏は、「指導者たちが守旧派の攻撃を受け、停滞する日本」との記事で、小沢疑惑の実相が、官僚組織を改革しようとする小沢と、組織防衛に血眼になっている検察との権力抗争であると指摘した上で、日本の検察の特殊性を取り上げています。日本の検察は米国など西欧の民主主義国家の司法組織と全く異なっていて、検察には警察・司法長官、そして裁判官を総合したような権力が与えられていると説明。また、検察と大マスコミが密接な関係を指摘、小沢報道は「ほとんど検察寄りのものばかり」、「事件の報道は検察のリークに基づき、容易に予想がつく物語パターンで展開されている」と結論づけています。

いよいよ民主党の中で反小沢とい言われる議員から、浄化(?)を求める云々という記事が出始めた。 お坊ちゃま首相に指名されお坊ちゃま大臣と揶揄されている議員も、誰のおかげで大臣になれたのか胸に手を当てて考えろ! 顔を洗って出直せ! と言いたい。 浄化しなければならないの国家権力を牛耳る「官」なのに。

金曜の「朝まで生テレビ」の討論も「頭がおかしいと思われる元産経の記者と紹介された御仁」は論外としても大方の論は、結局小沢幹事長への疑惑は、限りなく消えたという理解でみ終えた。 が、驚いたのは番組最後の「解散総選挙を」という視聴者の声が多かった事である。 
検察の思惑通り、「小沢潰し」の為に巧にマスコミを煽り、新聞テレビ報道に乗ったのが大衆(Netには無縁の大衆)なのだ。 
自己の意見を持たず、頭からマスコミ報道を鵜呑みにするという正にこれを「虎の威を借る狐」と言っているのは「日本辺境論」の内田樹氏である。
敢えてこの言葉に便乗すれば「虎の威を借る狐」の狐、すなわち検察の懲りない面々こそ「虎の威を借る狐」である。
一方早々に見切りをつけ、先輩に当たるヤメケンと渡り合いながら検察の暴走を糾弾する郷原氏に更なる奮闘を願いたい。
検察の暴走に背筋に寒気が走る思いだが、ここは一番小沢氏にこの暴風に耐えて踏ん張って頂きたい、と切に願うのみである。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.