Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Entries

« 鳩山内閣支持率激減、46.8%に 不支持も30.3%
メイン
普天間問題は「常時駐留なき安保」への扉である ── 10年前の沖縄への想いを振り返る(その1) »

田村参院議員離党に、世耕弘成氏「残念だ」

seko_int091218.jpg
2009年12月18日:編集部撮影

 本日18日、自民党の世耕弘成(せこう・ひろしげ)参院議員に《THE JOURNAL》/『政治家に訊く』の取材のためお会いした。

その際、「新世代保守を確立する会」で同じグループの田村耕太郎(たむら・こうたろう)参院議員(現在ホームページ閉鎖中)が同日離党を表明したことについて、「びっくりした」「非常にもったいない」とコメントした上で、今は自民党議員の結束力が重要であることを強調した。

以下、コメントを掲載 ----------------------------

─今日田村参院議員が離党されたようですが事前に聞いていたのでしょうか

 全然聞いておらず、びっくりしました。田村さんとはお互いビジネスや成長戦略に軸足を置いた政治家として一緒にやってきていたので、自民党から出て行ったのは非常に残念だと思います。
 ただ私はまだ今は党を出る時期ではなく、自民党は引き続き地方へのネットワークは強く持っていますし、優秀な地方議員、国会議員はまだまだ残っていますのでその力をばらけさせることなく束ねてやっていくことが重要だと思います。
 非常に残念でもったいない人なんですが、田村さんと我々が行動をともにすることはないのかなと思っています。

─すでに参院選の公認を取っていたとの情報もあるようですが...

 取っていたということですね。党への思いや、彼なりに冷静に選挙区の状況を見て、このまま座して死を待つよりも・・ という判断をしたんだろうと思います。

【関連記事】
■田村参院議員離党「県連に何の相談もない」と地元・鳥取県連不快感(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912181806005-n1.htm
■自民 田村参院議員が離党届(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014516691000.html#

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6383

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 田村参院議員離党に、世耕弘成氏「残念だ」:

» 【宦官勢力涙目】悪行の数々を一切反省しない宦官ジミンが復活することなど有り得ない【田村議員離党】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 先の総選挙の結果を受け、民意を受け政権交代を実現させた鳩山政権が発足して早くも3ヶ月が経過した!  この間、 鳩山政権は内外に山積する課題や宦官ジミンが... [詳しくはこちら]

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<世耕様>
ご苦労様です。さて、田村議員とはお仲間との事ですが、上面ではない具体的な所で、田村議員と世耕議員では大きな差異を感じています。
「成長戦略」についても、安い労働力を使って成し遂げられる従来型の成長戦略もあれば、田村議員のそれはオンリーワン中小企業の技術を世界企業に発展させる上での諸課題を具体案を指し示しています。
中小企業が資金がない為に、世界企業になるチャンスをみすみす逃している。つまり日本発の第二第三のノキアを作る戦略を公的資金の選択集中投下を行う事で成し遂げる。としています。せっかくの特許を大企業にみすみす渡しては日本の産業の成長はないと言われています。
見た目は軟派ですが、ものの見方は私も大賛成で、田村さんには来たる参議院選挙では民主党から出て頂きたいと願っています。
経産分野で彼は我が国の戦力になります。
さて、今までテレビ出演時に世耕議員から感心する成長戦略は聞いた事がありませんが、あなたのオンリーワンは何ですか?
まさか、未だに小泉竹中構造改革なんて、いわないでしょうね。

投稿者: em5467-2こと恵美 | 2009年12月18日 22:51  様

お久し振りです.
田村議員については,数年前から何と無く新聞等の記事で知ってます.
鳥取の地方新聞社の御曹司で,参議院選への出馬のとき,自己宣伝の記事を,その新聞に載せるなど,相当わがままな人物,という印象を持っています.
今回民主党に鞍替え,と読める記事も有る様で,「民主党は大丈夫か」と思っているところです.
私の理解は間違いでしょうか.
もし,参考になるデータをお持ちでしたら,教えて頂けると有り難いです.

<大野保志様>
レスありがとうございます。お久しぶりです。
さて、田村議員の事、大野さんの方が詳しいようです。地元新聞社の経営者のボンボンなのですね。性格は我が儘なのですね?
教えて頂きありがとうございます。
上記、私のコメントは、朝日ニュースターの葉千栄氏の「日本ぶった切り」に出演され、約2時間に亘り民主党の川内議員などと議論していました。
その際に私は、田村議員の経済戦略を素晴らしいと思いカキコミしたものです。
今回の離党も、何やら県連との揉め事が原因の一端らしいので、きっと我が儘なのかも知れませんね。
ご指摘ありがとうございます。今後、田村議員については注意深く見ていきます。

<大野保志様>
お返事を書いたのですが、どうやら削除を食らったようです(>_ 少し表現を変えて再度、書いてみます。
大野様、レスありがとうございます。田村議員についてのご指摘に感謝!私が知らなかった事ばかりで、勉強になります。
上記は、朝日ニュースターの「日本ぶった切り」という2時間番組で、田村議員のお考えを知り、民主党の議員には、彼の様な成長戦略を描ける人が少ないと感じた上での、田村議員賛辞でした。
大野さんのご指摘を受け、今後は注意深く田村議員をウォッチしてみます。ありがとうございました。

投稿者: em5467-2こと恵美 | 2009年12月19日 11:44 様

早速のご回答,有難うございます.
ご意見有難うございます.

先に私が記したことですが,私の記憶で書きましたので,正確性を期すため,今回Wikipedia等で確認しました.前回の私のコメントを下記の様に,訂正補足します.

地方新聞社の御曹司と書きましたが,娘婿が正しいようです.
自己宣伝の記事を選挙直前に当該新聞の記事として書いた,ということの中味ですが,本人の署名入りの政治に関する記事等を連載し,知名度アップに利用したのではないかとの批判が高まっていました.今回知りましたが,この件で新聞協会からも,注意を受けたとのことです.

補足は以上です.
改めて田村議員の経歴を拝見すると,相当活発な方で,今後活躍される方かと思います.
完璧な人間は居ないので,マイナス面を抑制し,日本経済の活性化に向けて,健闘を期待します.

先を越されて残念という人もいるだろうし、これで真っ先に見捨てたという汚名を着る心配が無くなったので安心して出ていけるという人もいるでしょう。

そういう不安定要素が取り除かれてはじめて、自民党に再生の可能性が出てくるのではないでしょうか?

世耕さんや山本さんは、最後の最後まで踏みとどまってくださいね!

【佐藤ゆかりが語る】(3了)参院選後は「いまの自民党はなくなるのかも」小沢氏の新人指導「サラリーマン教育だ」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091220/stt0912201755006-n1.htm


--古い自民党がなくなるとみていいのか


「やはり自民党という大木は、ヨハネの福音書『一粒の麦…』にあるように、
一度、麦が落ちて土に埋まり、土から新しい芽が出で再び実を結ぶという発想、
あるいは、立ち木の枯れた枝葉を剪定(せんてい)して全体に養分をまわして
初めて大木の再生が始まる、という考えが必要なのではないでしょうか」


「この難しい決断ができなければ、本当の活力ある再生にはならないのでは。
今は、大所帯の名残で、改革派からバラマキ派まで、
さまざまなものの考え方の人たちが混在しているのが現状です。
保守政治とは唱えるものの、経済政策になるとバラマキを訴える人もいます」


「本来の保守主義における経済のあり方というのは、
『小さな政府』で民間の自由意思と民主導の成長を尊重しましょう、
自助、共助が先にあって、そして最後に必要なら公助をしましょう、という考え方です。
保守主義だというモヤモヤとした声はありますが、
すべての人がそこまで理解して腹をくくって保守を訴えているとはとても思えません。
党内の見解がとても一本化できるような状況にはないようです。
『一粒の麦…』の発想もしないと、現実問題として再生は無理ですよ」

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.