Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Entries

« 「沖縄密約」訴訟 元外務省局長が法廷で証言
メイン
出版不況!? 学研の「科学」「学習」が休刊 »

蓮舫&高野孟のオフレコトーク「事業仕分けでこんなことがわかっちゃいました」

TOKYO FM・JFN系全国33局ネットで大好評オンエア中の『ON THE WAY ジャーナル〜高野孟のラジオ万華鏡〜』。12月のゲストには、民主党参議院議員の蓮舫(れんほう)さんをお迎えしました。

今回は特別編として、収録後の蓮舫議員と高野編集主幹のオフレコトークをオンエアの前に先行公開します。

読者からの質問も投げかけていますので、ぜひご覧ください!

renho_takano091201.jpg

*  *  *  *  *

番組詳細
★TOKYO FM:2009年12月6日(日、ゲスト)&13日(日)、朝7:30~7:55
★東京以外:2009年12月5日(土、ゲスト)&12日(土)、朝5:00~5:30
東京以外は下記、JFN系列32局ネットで放送です。(全33局ネット、東京含む)
FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、FMふくしま、FM群馬、FM栃木、FM新潟、FM長野、静岡FM、FM富山、FM石川、FM福井、岐阜FM、FM三重、FM滋賀、FM大阪、Kiss-FM KOBE(兵庫)、FM山陰(島根、鳥取)、FMおかやま、FM山口、FM広島、FM香川、FM徳島、FM高知、FM佐賀、FM長崎、FM熊本、FM大分、FM宮崎、FM鹿児島、FM沖縄

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6310

コメント (20)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

蓮舫さん、本当にお疲れ様でした。
新しい時代が始まったと改めて実感することができました。


その事業仕分けで気になった事の一つ
初日に東広島にある酒類総合研究所とかが仕分け対象に
すぐ、NHKが地元の中小の酒造会社を登場させ「麹菌をここ頼っているので、なくなっては困る」と

ところがこの研究所の建物だけで100億くらいするような豪華な箱物。
中小の企業じゃ、利益がでても1千万とか2千万でしょう。

ところがさらにビックリは、TBSの報道特集
このあたりは、独法ランドと言って他に3省庁の壮大な箱物があった。

そういえば、もしかして、自民党のあの大物のNさんの地元か。
このかたが08年度の政治資金収入のトップで4.4億円でしたね。
新しくできた広島空港も中選挙区時代の地元みたい。

選挙前、若いひとがこの方を自民党の改革派とかっていっていたのを聞いて
笑ってしまったことがあるが…・・

このところの新聞、テレビで関係者の話として鳩山総理の献金問題が
ウンザリするほど取り上げられていたのに
自民党の鳩山邦夫議員にも飛び火すると、あら不思議、全くテレビで
放送されなくなりました。

一体この国の新聞、テレビの報道機関はどうなっているの?
「マスゴミ」とか「ダメディア」とかって、笑い事で済まされる問題じゃないよ!


   

蓮舫様

 今回の『事業仕分』で、科学技術振興機構の事業に関する運営費交付金の平成22年度予算の概算要求が削減されたことは、大衆通信媒体で大きく取り上げられましたが、日本学術振興会の事業に関する運営費交付金の平成21年度予算の概算要求について報道されていませんでしたので分りませんでした。

 然し、12月1日の夜、京都大学大学院生の息子から、日本学術振興会の特別研究員制度に関する運営費交付金の平成22年度予算の概算要求についても『事業仕分』の対象になっており、博士課程修了者らに経済的不安を感じさせず研究に専念させることなどを狙った研究奨励金の概算要求額170億円も、若手研究者養成のための研究奨励金の概算要求額125億円も、特別研究員に対する科学研究費補助金の概算要求額330億円も削減と評価されたと聞き、また、平成22年度の特別研究員の採用内定を受けていた人々の中には心配になり現場行ったが仕切の結果にがっかりして内定の取り消しを心配している人もおり、また、『何で世界1位なのか? 2位じゃだめなのか?』発言との交互作用で、若手研究者の間では、日本で研究することの希望がなくなる、米国にでも行った方がよいという声が広がっているという話しを聞きました。

 若手研究者たちは、「ここまで来た道、この道を進む以外わが道はなし」と『初心生涯』を貫く覚悟があるようですので、日本が科学技術立国を目指すには、日本の『理化 大好き人間』は、日本国以外に『往く所無き』という状況にするのが、一流の政治家・事業経営者の責任であり、単なる道具・方便の性能が1番・2番などという低次元の競争や目先の利益を求めて投資する金額の多寡に現を抜かした論争で、次々と『往く所』を作るのは、二流・三流以下だと、私は思量します。

 科学技術立国を目指すには、科学技術振興機構が特定の政策目的のため基礎から応用に至る研究を推進するための事業に関する運営費交付金と、日本学術振興会が研究者の自由な発想に基づく研究を支援するための事業に関する運営費交付金の両方が大切であり、費用対効果または利益対効果を考慮して無駄の徹底的な削減して限られた資金を有効に使う工夫をするのは当然ですが、多くの若手研究者に『研究奨励金)』や『研究費』が支給できるように配慮して『理化 大好き人間』の希望を叶えることにより科学技術の裾野を広げる方策は大切であり、その面で今回の『事業仕分人』のやり方は思慮を欠き不適切といわざるを得ないと推定します。

 科学技術の世界においては、或る物事に係わる理想と目的を、最高の品質と最低の費用で過不足なく達成して社会に貢献することが『世界1位』であり、そのためには、失敗から学ぶ知恵を糧として、不具合の是正と継続的な改善および創造的な改革の端なき循環活動が必要であり、その活動の道具・方便として用いる器具・機械・装置などの性能についての『世界1位』に固執して、利益を度外視した投資を続けることは無駄の因縁になる可能性が高いが、一方、新しい器具・機械・装置、また技術・方法などを世界で1番早く考案して特許権を取得したり世界で1番早く論文を発表したりすることは研究者として当然の願望であることは揺るがし難い事実であるから、今回の『事業仕分』に起因する電子計算機の演算速度について『世界1位の要否論』は、問題の本質から逸脱して物議を醸し出す弊害の方が大きいと察し、過ちは憚ることなく改めて、迅速に世論を正常化していただくようお願い致します。

 因みに、孫子が≪凡そ客たるの道は、深く入ればすなわち専にして、主人克たず。饒野に掠めて三軍食足り、謹みを養いて労する勿れ、気を併せて力を積み、兵を運らし計謀して測るべからざるを為す。之を往く所なきに投ずれば、死すも且つ北げず。死いずくんぞ得ざらん。士人力を尽くさん。等云々≫と説いている通り、時世時節が変わっても、日本国民が、其々の『往く所無き』という状態を設定できるのが理想的な社会であり、そのためには、次々と『往く所』を作る、いわゆる『天下り』・『渡り』の弊害や、不況の影響で昨日までの『往く所無き』場を去らねばならない人々を生み出すような『種々再構築』の弊害などを除き去って、全く新しい政治制度に改めるべき、『行政刷新会議』の効率的な運用を期待します。

<蓮舫様>
「蓮舫のつぶやき」フォローしています。お子様のお弁当をつくり、事業仕分けに駆け付ける、大変でしたね。ご苦労様です。
さて、事業仕分けについては、私は懐疑的な立場なのですが、一つだけ評価できる事がありました。
それは、殆ど全ての補助金に寄り添う様に、独法があり、天下りがいて、べらぼうな給与が中抜きされ、あるいは基金となって、金をせき止め、現場にスムーズに流れていない事が白日のもとに晒された事です。
研究費の補助金にしても、若者の引きこもり対策にしても不要ではありません。
中抜きを無くす事が肝心で、金額を絞るだけなら、独法の役員の給与もファーストクラスでの視察もなくならず、下流(現場)に流れる金が細るだけになります。
だから、様々な異論が現場から上がってくるのです。
それは、理事を公募しようと変わりません。
しかし、連合出身の平野官房長官は、不正をした社保庁の職員の年金機構への雇い止めについて、厚労省で雇えないか?とふざけた動きをしている。
私も子供ではないので、連合の支援を受けている以上、独法も安易に潰せないことは判ります。でも、独法改革に踏み込まなければ、限りある税金の透明度の高い予算化は実現できないのです。そこで、独法プロパーの60才以下の職員の扱いが問題になります。
民主党に期待したのは、行政のカタチの大胆な転換なのですから…。行政刷新会議の最も大きな仕事もそこにあるのだと思います。
だから、一旦独法は全廃して、60才以下の職員は、各省庁の管轄を離れて、内閣付きの準国会公務員として、一堂に会した新たな組織を作ったらいいのでは…。
省庁割ではなく、仕事内容によって横ぐしを刺して、研究、調査、広報、交付等の仕事内容で分けて、出来るだけ二重の作業が無いように仕分けつつ、予算を有効に使ったらいいのではありませんか?年収500万円程度を支払ってもいいじゃないですか?
60才以下の天下りのオヂたちは、国会戦略局付きのシンクタンクで働いて貰ったら?ただし、60才定年で、退職金はなし、年収も現在の半額程度で…。
何か、組織も含めた大胆な転換がないと、本当のムダは排除できないと私は考えています。
蓮舫さんは、独法改革の腹案はありますか?

蓮舫さん、いつも国民目線で政治活動をして頂き大変感謝しております。さて、今回の事業仕訳で色々な反論が出てきていますが、自分の都合だけを考えた意見が多すぎます。何故、今回の総選挙で国民が政権交代を後押ししたか?それは自民党政治の不公平感に、多くの国民は我慢ならなかったのが原因です。公平感がなければ、国民のモチベーションは決して上がりませんし、国力は低下するばかりだと思います。民主党には真の友愛政治を期待しています。

こんにちは。

記者クラブへの税金投入が一切話題に出ていないようですが、タブーなのでしょうか。

なぜ仕分けで査定されてないのでしょうか。

されてました?

蓮舫さん、お疲れ様でした。
枝野議員との終了直後の感想、「ひどいね」
この一言で、こちらまで伝わってくるものがありました。
ノーベル賞を受賞された小柴さんは手元にくるまでには一割になっていると・・・。
過剰反応された受賞者は総理官邸から ばつが悪そうに帰られましたものね。
中抜き報道だけでの判断には気をつけないといけませんね。
早くに亡くなってしまった義母にもこの革命、鳩山政権を見ていただきたかった想いでいっぱいです。
そして、次世代に心豊かな日本をつなげたいものです。
これからも陰ながら応援させてくださいませ。

mochizukiさんと対象が違うのですが、漢方の保険適用除外について民主党の過去の政策インデックスなどと比べて違和感があります。

妻は皮膚の難病といわれているじんじょう乾癬といわれる病気なんですが西洋医学でうまくいかず、漢方を試したところ非常に効果があり8割くらい軽くなりました。

もう7年ぐらい飲んでいますが、この間風邪や喉のいたみ腹痛などで薬を処方してもらいましたが大変よく効きます。

医療全般で西洋医学が確かにはるかに優位性があるのは論をまちませんが、西洋医学の弱点、副作用、体質強化、ウイルスなどもタミフルやヘルペスに効くという薬以外あまりありませんが、漢方が有効に作用されることは数多くあります。

ジャーナルによく投稿される週刊朝日の山口さんは、特集を出されるのでご存じと思いますが、漢方はさまざまなところで難しい病気によくつかわれています。

もともと民主党はコンクリから人へと訴え衆院選挙で大勝しました
。医療費が先進国で低いというのは長妻さんや鈴木寛さんが都議選の後も盛んにいわれていました。

スパコンやオリンピックの中抜きは国民にたいして説明がつきますがこの件は全く理解ができていません。

妻がこの間友達と旅行にいったおりこの問題が話題になり中に何人か漢方を使ってる人がいてこれが強硬されたら民主党にはいれないといったました。
過去の人生で自民党に入れたことのない民主党に一番近い人たちを利権でなく悲しみで拒否される愚を絶対おかしてはいけませんよ。

れんほう様

貴重なビデオをUpしてくださり有難うございました。とても理路整然としていて解りやすく説明してくださって有難うございます。今までの体系を知れば本当に無駄王国、よくぞ悪の仕組みを作ってきたなと今迄の政治家に税金返しなさいといいたくなります。改革とは一言でいいましても大変なことです。しかし、れんほう様を始めとする任された人にしかできないことだと思いますので、どうぞお体にお気をつけて頑張ってください。

蓮舫様

本当に大変な作業を見事にこなされ、感服しております。ますますのご活躍とご健康をお祈りいたします。

しかし、話にも出ていましたが、国の予算を調べれば調べるほど酷い中抜きが判明し、本当に必要な所にまでその額が下りていない現実。ほんと夢だ子供だと、名前が奇麗な程 その中味は程遠いものが多いとは その通りですね。

財政難で、増税やむなしみたいな話が出ていますが、時期早々です。この仕分け作業が横軸となり国の全ての事業をチェックすればどれほどの財源が出てくるか解りません。
そして、法改正後の公務員や議員の給与改革、定員削減、その全てが終わった後、まだどれだけ足りないからと言う時こそ 国民に増税をお願いする時ですよね。

今更ながら自民党政権での増税は底の開いたなんて生易しい物ではなく、底の抜けたバケツに水を入れていた感じでしょう。貯まる筈ありませんでした。

今、国民の選択は正しかったと言えますが まだバケツの穴は完全に塞がっていないのです。蓮舫議員を初め、民主党議員は これからも大活躍で早急に穴を塞いで下さい。

後、お願いですが増税の際は、今のままの「消費税ありき」の論調は避けてください。
自民政権下で、金持ち優遇税制を行い続けた為、物品税の廃止・累進課税や相続税などを軽減はすれど見直すことを避けてきた。

物品税の復活もしくは消費税20%でも良いが、生活必需品や文房具、学生服などの教育に掛かる品には消費税免除など 税額だけでなく、政治が目指す国民生活重視の方向まで見習ってください。

hikari様 (12月4日 11:43)

漢方のこと、ちょっと認識に誤解があるかもしれません。
余計なことでごめんなさい。
きっこの日記、きっこのブログで取り上げていました。
じっくり読みました。
仕分け作業のノーカットの音源もありました。
枝野議員は最終段階で一言も漢方という言葉は発していませんでした。
私の書き込み、小さな親切、大きなお世話だとは思いましたが・・・。
中抜き報道にはレッド・カードです。

一般会計のムダは山ほどあると感じがしております。しかしながら国民はそれぞれのケースの断片的なものしか見えません。一般会計に占める人件費の割合とか、何にいくらお金が使われていて、どこを絞れば予算を圧縮できるのか国民には全くわかりません。例えば公共事業予算はムダの象徴になっていますが、全体に占める割合は非常に小さく突っついてもその効果は小です。

ムダを省くことは非常に重要ですが、税収が40兆を割るなか国債を50兆も発行していてはどうしようもありません。公務員や公益法人の定員、給与を早くテーブルの上に乗せ処理した後、増税することを考えないと、到底無理です。国や地方を含めた公務員や政治家の待遇を改めないと国民は納得しないのはみんな総意であります。

JICAの職員の給与が国家公務員の1.3倍で議論になっていましたが、国家公務員の給与自体が高いうえ、こんな断片的に議論をしていても到底ゴールには到達はできません。また、地方公務員や地方議会議員の待遇も各自治体の財政状況からすればありえないことばかりです。この辺をしっかりスピーディーやらないと所詮、民主党も自治労の兼ね合いで何もできないと揶揄されてしまいます。

シンクロニシティ さんありがとうございます。

きっこのプログ読ませていただきました。2ちゃんやテレビで全部とはいわないまでも市販類似薬が除外のように言われてましたので不安を感じていました。

キリン堂などで漢方コーナーを見るとけっこう医師が処方するようなものがあって、「こういうものが適応されるとこまるな」とおもってました。それと私自身薬を合わすために大学で準教授をしながら開業している医師に先日診てもらったのですが、受付で反対署名をしてたので余計反応したようです。

お金のこともありますがそれ以上に民主党には頑張ってもらいたいという気持ち、困っている人をなんだかんだいって屁理屈でいじめるるような党になってほしくないという思いでかきこんでしまいました。

どうもありがとうございました。

皆さんに相談があります。

蓮ホウさんに個人的に質問というか真剣に考えて欲しい事があるんですけど(ちょっとここでは憚れる問題なので)、蓮ホウ議員のHPのメールアドレス宛で、私のハンドルネームを使ってメールすれば、議員に質問の主旨、わかって頂けるでしょうか?
政治改革と同様に深刻な問題なので・・・・・・・。

事業仕分けはブラックボックスだったものを国民の目にさらしたという意味で部分的にはまったく正当なものです。しかし全体から見ると、民主党が根本的な改革をやらない、または先延ばしすることへの非難へのアリバイづくりという見方もできると思います。天下りの定義を変えてしまった民主党は天下りは社会悪ではなく、単なるムダ使いの問題でカネを返せば問題ないぐらいのレベルに方向に誘導したいのでしょうか?あれだけ理路整然と官僚を追い込んでいた蓮舫さんが肝心な部分で「ひどいね」の粗雑な言葉では、そうとしか見えません。
改めて思ったのは、高野さんはあまりに民主党に近すぎて、もはや客観的な立場から民主党を論評するには不向きな人であるということ。ニューススパイラルがはっきり民主党を支持するネットメディアだと意思表示でもするなら別ですが、そうでないなら、もっと反対から見る人の意見も載せてほしいと思います。

仕分けのタブーといえば、宮内庁予算では。

<ルーク様>
>民主党が根本的な改革をやらない、または先延ばしすることへの非難へのアリバイづくりという見方もできると思います。天下りの定義を変えてしまった民主党は天下りは社会悪ではなく、単なるムダ使いの問題でカネを返せば問題ないぐらいのレベルに方向に誘導したいのでしょうか?<
私も同感です。事業仕分け程度で、増税のアリバイ作りにされたんじゃ、たまったものではありません。
<マリアンヌ様>
ご質問の意味を判断しかねるのですが…。
蓮舫議員に直接メールすればお答え頂けるのか?については、蓮舫議員にしか判りません。
その上で
一、蓮舫議員に対する相談事があるのか?
二、蓮舫議員に陳情したい事があるのか?
三、蓮舫議員に情報提供したいのか?
などがあるのですが、まずは、メールをしてみたらいかがでしょうか?
議員のマメさ加減や仕事の忙しさによって、回答の頻度は差があると思いますので、一概に決められません。
もし、蓮舫議員からお返事が頂けなかったら、地元の民主党議員にご相談されたらいかがでしょう。マリアンヌ様に一票があると思えば、割と親切に対応してくれると思います。
まぁ~、相談と引き換えに個人献金のお願いと振込み用紙が届くかもしれませんが(笑)
私の経験では、お返事を頂いたのは、選挙区の国会議員と秘書、そして小沢ガールズからです。
蓮舫議員からは一度もお返事を頂いた事はありません。しかし、それは私のメールが稚拙で返事に値しないと思われたかも知れず、マリアンヌ様にはお答え頂ける可能性もありますので…。

恵美様へ

別に蓮ホウ議員にお返事を頂かなくてもいいのです。でも、まず、この事(私が是非言って置きたい事は今後の日本とって重要な問題だと思われるからです)はまず、非公開のメールで内容を話し、蓮ホウ議員に十分な調査をして頂く必要があるのです。それも内密に、という事です。
だから、ここで使っている私のハンドレネームを使用すれば、いくらかは配慮して頂けるかな、と思ったからです。本当に返事して頂くの、必要ないのですよ。でも、この問題は、あの辺野古問題、八ッ場ダム問題なんか小さく見えるのです。聞けばびっくりするような事です。恵美さんも関心持っていらっしゃるとは思いますけれど。
ここで、たまに投稿している、って事がわかって下されば、て重いです。

マリアンヌさんの発言に関して

何だか相当、重要なお話のようですね。軽々しく言えませんが、ここは高野さんや編集部の出番ではないでしょうか?

全てではないにしろ、マリアンヌさんは高野さんにある程度の内容を話せませんか?

この投稿欄にはメールアドレスを書き込む欄があり、編集部はマリアンヌさんのアドレスを知っているのでしょ?編集部からマリアンヌさんへメール連絡して頂ければ良いかと。

余程の事だと思えるときは、このジャーナルを通さないで、メール通信で編集部や高野さんが話を聞く。そして極めて重要だとの判断が出来れば高野さんが知ってるであろう蓮舫議員の直メールをマリアンヌさんに裏で連絡するなんて出来ないものですかね。

国民にとって重要で、辺野古や八ッ場よりも大きな問題・・・気になりますね。

・・・・・

投稿を創めた2月頃は、メールアドレスを入れてましたが、入れないで匿名のままの中途半端なコメントでも搭載されることが判り それ以降メーアドは省くようになりました。やはりちゃんと入れるようにしますね。

意を決して、蓮ホウ議員のHPのご意見欄に書き込みました。皆さんにお伝えして置きます。
この問題を長期間、ほったらかしには出来ない、と思ったからです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.