Calendar

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

« 事業仕分け録画放送中! 「国立保健医療科学院の養成訓練及び試験研究に必要な経費」
メイン
必死の事業仕分けも財源確保は難しい状況 »

日米同盟"深化"への模索が始まった ── 普天間移転は見直しが当然

takanoron.png バラク・オバマ大統領が来日しての2回目の鳩山由紀夫首相との首脳会談は、全体として大人びた、穏やかで知的な雰囲気の中で行われた。先頃前触れで訪日したロバート・ゲイツ国防長官が、相変わらず日本をポチ扱いし、「まるで占領軍司令官のように」(日本側関係者の表現)振る舞ったのとは打って変わって、オバマは、お互いに利害の相反や認識の食い違いがあるとしてもそればかりをことさらほじくり返すのでなく、大局的見地に立って、21世紀的な新しい同盟関係への"深化"を模索しようとする鳩山の姿勢に理解を示した。鳩山が目指す「対等な日米関係」は少なくとも第一歩としては成功を収めたと言えるのでないか。

 マスコミは相変わらずで、普天間移転問題が最大の焦点であって一刻も早く決着しないと日米関係が危機に陥るかのことを言い立てて、その問題の検証作業が辺野古への移転という過去の合意を前提とするのかどうかについてオバマと鳩山の間に重大な食い違いがあるという石破茂=自民党政調会長の批判を大々的に採り上げたりしていた。日米の外務・防衛官僚がSACO(沖縄特別行動委員会)と2+2(日米安保協議委員会)を通じて10年間もの迷走の末にようやく到達した05年の合意を「唯一の解決策」と主張したいのは当然で、両首脳ともそのことはある程度尊重せざるを得ないが、しかし、もっとマシな方策があるならそれを俎上に乗せることにやぶさかでないという気持は持っている。そのあたりのニュアンスは、東京各紙よりも『琉球新報』11月14日付の「現行案変更に柔軟、日米首脳会談」と題した次の東京発の記事が上手に伝えていた。

「鳩山由紀夫首相は13日、初来日したオバマ米大統領と官邸で約1時間半、会談した。米軍普天間飛行場移設を含む米軍再編合意について、大統領は『政権が代わって見直しすることは率直に支持する。(見直しに伴い、米軍再編合意の)ロードマップ(行程表)の修正が必要になることもあり得る。ただ基本は守るべきだ』と述べ、現行案の変更に柔軟な姿勢を示した。今後は、来週はじめに始まる閣僚級の作業グループを通じて早期に結論を出していく方向で一致した」

「鳩山首相は、会談後の共同記者会見で『作業グループを設置し、できるだけ早い時期に解決すると言ってきており、わたしの決意を申し上げた』と普天間移設の早期解決に向けた意思を表明。日米合意も重く受け止めているとしながら『選挙で(移設先を)県外、国外とも言ってきた。県民の期待感は強まっている』と説明。だが、会談で大統領に直接、県外への移設は求めなかった」

「オバマ大統領も『作業グループで日米合意について協議する。作業は迅速に終わらせたい。目標は同じだ』と語った。基地を抱える地域住民への影響を最小限にすることにも言及した」

 オバマも、何が何でも合意の遂行が前提などとは言っていない。政治家同士の日米同盟"深化"のための対話が静かに始まったことに注目すべきである。

●同盟"深化"の方向性

 同盟はどのように"深化"すべきなのか。第1は、グローバルな課題での積極的な連携である。今回の首脳会談では、「核なき世界」と「地球温暖化対策」について共同声明が出され、その文言自体は大した新味もないけれども、核については、オバマが4月プラハ演説でやや唐突に言い放って、さあこれからどうするかという時に、日本が唯一被爆国として率先それを支持し、オバマ自身の広島・長崎訪問を働きかけることを通じて言わば情緒面から彼を励ます姿勢を採って存在感を示すことは、大いに意義がある。また地球温暖化対策に関しては、これまでの自民党政権がハッキリした態度を打ち出せず、先進=欧州と後進=米ブッシュ政権の間に挟まってウロウロしているだけだったのに対して、オバマのグリーン政策への転換に機敏に対応して鳩山が9月に「中期目標25%」をスポーンと打ち出して、日本が欧州と歩調を合わせることで米国を後戻り出来ないようにする位置取りをしたことは、なかなか巧みな戦略判断である。米国を立てつつも、日本が米国の尻叩き役を買って出るというのが同盟"深化"の1つの形である。

 第2は、グローバルな安全保障とテロ対策について、日本としてやれることとやれないことをハッキリした上で、やれることは精一杯やるというクリアな姿勢を採ることである。自民党政権では、すべてがアンクリアで、「米国から言われたらやらざるを得ないが憲法の制約があるので後方支援止まり」ということで、イラクへの陸自・空自派遣、アフガニスタンへの海自給油艦派遣、さらにやや事情は違うがソマリア海賊対策への海自・海保派遣を、特措法で合法化して実施してきたが、これらはいずれも原理的に正しくない。なぜなら、米国の要請による自衛隊の海外派遣は、集団的自衛権の発動、つまり米国の私的な戦争に対する協力であって、例えそれが後方支援に限定されていようと、日本にとっては国権に基づく国益のための対外軍事行動に当たる。特措法などでこれをすり抜けることは憲法違反の疑いが濃厚である。

 それに対して、小沢理論に従えば、国連による要請があってそれに自衛隊が参加することは、完全に合憲である。国連による公的な戦争に関わる場合、自衛隊は日本国籍の軍隊として日本が自国の利益のために行う国際法的に私的な戦争に携わるのでなく、個別国家を超えた国際公務員として国際公共の価値としての平和の形成に貢献することになるのであるから、その場合には逆に後方支援に限るなどという馬鹿な話ではなく、命懸けの戦闘行動にも参加して当然である。

 アフガニスタンの場合、ISAF(国際治安支援部隊)は国連にオーソライズされて設立されたものなので、日本が自衛隊なり文官スタッフを参加させることは、法理論的には可能である。しかし実際にはISAFは、
(1)当初は確かに、米軍の作戦でタリバン勢力はすでに打倒されたという前提で、アフガンの治安警察軍の育成・訓練や地方経済の再建などの戦後支援を行うことを想定してスタートしたものの、
(2)内乱状態が鎮まるどころかますます険悪化したため、そのスタッフを護衛するための軍部隊を派遣しなければならなくなり、
(3)そのうちに主客転倒して、そのNATOなどの軍部隊が米軍の手が届かない地域を分担してタリバン・ゲリラと戦闘を行う羽目になり、
(4)さらには米軍がNATO部隊と統合して戦う態勢が採られ、
(5)とうとう最後には米軍司令官がISAF司令官を兼ねることになって、米国の指揮下で戦闘を行う組織に変質してしまった。

 こんな訳の分からないものに日本が参加することは百害あって一利もないことで、全くありえない。

 そこで鳩山政権は、まずアンクリアな海自給油活動は「やらない」と宣言した上で、現状のISAFではなく日本独自のやり方で民生支援を行うことにして、ほとんど有無を言わせず米国を納得させてしまった。オバマにしても、鳩山から「先月は1回しか給油を行っていない」と言われれば、「それでもいいから続けてくれ」とは言えない。しかもオバマは、米軍=ISAFが今後とも内乱に割って入ってタリバン撲滅まで戦うというゲーツ国防長官案か、パキスタン北部に部隊を集中してアル・カイーダ絶滅に主力を注ぐというバイデン副大統領案か、ゲーツ案で行くにしても増派は1万か2万か4万か、苦渋の決断を迫られている真最中であり、「今それどころじゃないんだ。日本はやりやすい方法で協力してくれればそれで結構だ」という気分だったに違いなく、そこを巧く突いて、望ましい方向に問題を整理しきってしまった。これは、鳩山政権が緒戦で上げた重要な外交得点として称揚されるべきだが、守旧的な外務官僚の手先となり下がって「米国に逆らったら大変なことになる」というようなことばかり叫んでいるマスコミは、拍子抜けしたと言うか、起きたことの意味が分からずに、ほとんど沈黙を守っている。

●米軍再編の見直し

 同盟深化の方向性の第3は、在日米軍再編を今日的な戦略環境に合わせて抜本的に見直して、沖縄はじめ全土の基地負担を最小限にまで軽減し、行く行くは小沢が今年2月に言ったように「第7艦隊だけ」にまで縮減していくことである。守旧派は、そんなことを言い出したら同盟は危機に陥ると言うが、逆で、このまま過去の合意を盾に普天間基地の辺野古移転を強行し、他の基地についても米国の言いなりに存続させて手を着けないでおく方がむしろ(沖縄県民と国民の感情面から)同盟は危うくなる。不要基地を返還させ、不急基地を縮小し、あるいは日米共用・軍民共用に切り替えて有事の際には米軍の進駐・利用を保証する協定を結ぶなどし、それに伴って「思いやり予算」も大胆に縮減するためのプログラムが必要で、その意味で、普天間問題を検証する閣僚級の作業部会が設置されることになったのは大事な一歩である。

 もちろんこの作業部会自体は、辺野古への移転を現行のV字型滑走路案のまま強行するのか、辺野古にしても一時検討されたことのある遙かに小さな施設に変更するのか、あるいはこれも一時検討された嘉手納空軍基地への統合案を復活させるのか、それ以外の県内・県外の可能性はないのか等々を至急検証して、早期に結論を出さねばならない。が、面白いことに「県外」には「国外」も含まれるはずで、仮に日本側がそれを持ち出しても米国側は今の時点では取り合わないだろうが、少なくともここで日本が「在沖海兵隊の存在意義について県民と国民が納得できるような説明をしてほしい」と言っておくことが、後々への布石として意味がある。

 そもそも96年旧民主党の主要政策の1番目は「常時駐留なき安保」だった。これは、当時、大田昌秀県知事の下で吉元政矩副知事が担当して作成した「沖縄基地返還プログラム」に学びつつ、それを応援していこうというところから発想したもので、その言葉自身は横路孝弘が提案し、結成直前の政策討論合宿で新党参加予定者の全員が了承した。この吉元プログラムは、東京に任せていても基地問題は埒があかないので、沖縄県が直接米国と交渉して、1つ1つの基地の有用性や活用度を吟味し、要らないものやほとんど使っていないものは即時返還させ、そうでないものも順次整理して、10年ないし15年かけて沖縄から米軍基地をなくしていこうという計画で、まさに冷戦後の戦略環境の変化に合わせて基地のあり方を抜本的に見直そうという意欲的なものだった。

 これに対する米国の対日政策マフィア、自民党、官僚、マスコミなど旧体制側の反応は一致していて、まず第1に、そんなことをを言い出しても米国が相手にする訳がない、第2に、仮に米国が応じて米軍が撤退していけば、その分だけ日本の自主防衛力を強化しなければならず、そんなことは不可能だ、というものだった。

 それに対して当時、旧民主党は、第1に関しては、米国もまた冷戦後の状況変化に合わせて軍備配置を抜本的に見直そうとしており、交渉の余地はあると主張し、また第2の点に関しては、冷戦時代と同じ規模と性質の脅威に日本が直面しているのであればそのトレードオフが成り立つが、旧ソ連の脅威が基本的に去った後では、北朝鮮にせよ中国にせよ、日本に上陸侵攻して占領するなどという作戦シナリオを持つはずがなく、別の種類の遙かに小さな脅威に直面しているのであって、米軍+自衛隊の量と質を同じに保たなければならないということにはならないと反論した。また他方で、日本は決して日米安保条約を直ちに廃棄しようというのでなく、上述のような形で順次、基地負担を軽減することでかえって同条約を長続きさせると共に、東アジアに経済協力と安保協力の共同体を作り出して、OSCE(欧州安保協力機構)タイプの地域集団安全保障体制を築き、それが実効あるものになっていく度合いに応じて日米同盟の軍事的側面を減らしていくという考え方を採った。

 鳩山政権の安保についての発想の淵源がそのあたりにあることを知っておく必要がある。

●グアム移転の意味

 沖縄は、米軍の3つの海兵隊遠征軍の1つである第3遠征軍(*)の本拠地である。遠征軍は海兵隊の最大単位で、米本土の東西両岸に1つづつと沖縄とに計3つあり、それぞれは通常、歩兵と砲兵を中心とする師団、航空団、後方(兵站)群の各1個から構成されるが、必要に応じてより小規模な海兵遠征旅団、さらに小さな2000人程度の海兵遠征隊が編成される。在沖の第3遠征軍は、海外に駐留する唯一の前方展開・有事即応の海兵隊部隊で、第3海兵師団、第1航空団、第3後方群のワンセットと、それとは相対的に独立している第31海兵遠征隊とを持っている。兵員総数は、定員も編成も常に流動していて、米軍当局もいちいち詳細を発表するわけではないので、よく分からないが、日本政府はSACOや2+2での米軍再編協議を通じて「1万8000」と言っており、米軍当局の08年3月末の発表では「1万3200」である。

*「遠征軍」はExpeditionary Forceで、日本政府は「機動展開部隊」と訳している。
*各部隊の概略は在日米海兵隊HP(日本語):http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Index.html
*第3海兵遠征軍HP(英語):http://www.iiimef.usmc.mil/

 05年の2+2で、普天間飛行場の辺野古移設と第3海兵遠征軍のグアム移転、それに伴う本土を含む基地及び米軍配備の統合・再編・一部返還がパッケージとして合意されたにもかかわらず、それが自民党政権下で一向に実行に移されず、その決着が民主党政権に押しつけられた形になっているわけだが、この合意に基づいて06年5月に策定された「再編実施のための日米のロードマップ」(外務省仮訳)のうちグアム移転の部分は次のとおり。

▼約8000名の第3海兵機動展開部隊の要員と、その家族約9000名は、部隊の一体性を維持するような形で2014年までに沖縄からグアムに移転する。移転する部隊は、第3海兵機動展開部隊の指揮部隊、第3海兵師団司令部、第3海兵後方群司令部、第1海兵航空団司令部及び第12海兵連隊司令部を含む。

▼対象となる部隊は、キャンプ・コートニー、キャンプ・ハンセン、普天間飛行場、キャンプ瑞慶覧及び牧港補給地区といった施設から移転する。

▼沖縄に残る米海兵隊の兵力は、司令部、陸上、航空、戦闘支援及び基地支援能力といった海兵空地任務部隊の要素から構成される。

▼第3海兵機動展開部隊のグアムへの移転のための施設及びインフラの整備費算定額102.7億ドルのうち、日本は、これらの兵力の移転が早期に実現されることへの沖縄住民の強い希望を認識しつつ、これらの兵力の移転が可能となるよう、グアムにおける施設及びインフラ整備のため、 28億ドルの直接的な財政支援を含め、60.9億ドル(2008米会計年度の価格)を提供する。米国は、グアムへの移転のための施設及びインフラ整備費の残りを負担する。これは、2008米会計年度の価格で算定して、財政支出31.8億ドルと道路のための約10億ドルから成る。

*外務省仮訳全文:http://www.mofa.go.jp/mofaJ/kaidan/g_aso/ubl_06/2plus2_map.html

 この意味するところは、恐らく(というのも、政府もマスコミもそれを明確に説明し切れていないので)こういうことである。

(1)第3海兵遠征軍は司令部機能もろとも沖縄から撤退し、グアムとハワイにまたがって米領土内で展開する(第3海兵師団の主力歩兵のうち第4海兵連隊は沖縄のキャンプ・シュワブにいるが、もう1つの第3海兵連隊は以前からハワイに駐在している。なお第12海兵連隊は砲兵でキャンプ・ハンセンにいる)。これが兵員8000人、その家族9000人である(もっとも家族について日本政府は「8000」と言い、米軍当局は08年時点で「8200」と言っていて、「9000」というのはどこから出てきた数字か不明)。

(2)沖縄には第31海兵遠征隊が(多少とも強化された形で?)残る。

(3)また、第1海兵航空団の司令部はグアムに移るが、普天間(の代替基地)の第36海兵航空群(ヘリ3中隊、C-130輸送機など)はもちろん残り、岩国の第12海兵航空群(有翼戦闘機、普天間から移った空中給油機KC-135など、約3000人)と一体的にグアムの司令部から指揮される。

(4)そのほか基地支援部隊などが必要で、それを加えると合計5000人程度が残ることになるようだ。

(5)在沖海兵隊の現有勢力が1万3000人だとすると、8000人を差し引いてちょうど5000人で、平仄が合う。

●残り5000人も不要?

 これは、簡単に言って、在沖海兵隊の主力師団の沖縄からの「撤退」である。日本の外務・防衛官僚は、米軍が冷戦後の戦略環境変化や米国の財政事情によって在日兵力を削減・撤退させようとするのをなぜか極度に恐れていて、これが「一部海兵隊のグアム移転」であるかのように印象づけようとし、マスコミもそれに調子を合わせてきたので、国民も県民も今ひとつ何が起きようとしているか理解していないかもしれないが、これは海兵隊主力の撤退である。

 なぜこれが可能になったのかと言えば、朝鮮半島での"第2次朝鮮戦争"とも言うべき大規模陸上戦闘が起きる可能性がほぼ皆無になったためである。北朝鮮の侵略に備えてきた在韓米軍は、6年前までは陸海空3万7500人あったが、03年以降順次削減されて現在は2万8500人、その主力は、1952年の朝鮮戦争終結後もそのまま駐留し続けてきた第2歩兵師団1万7000人である。量的削減以上に大事なのは配置変更で、以前は38度線と首都ソウル=漢江ラインの間の最前線を中心に43基地を構えていたが、今ではほとんどが韓国中部・南部の16基地に縮小・移転した。もちろん韓国軍の実力が向上し、2012年には半島有事の際の作戦指揮権を韓国軍に移管することが予定されているためでもあるが、米軍が基本的に第2次朝鮮戦争は「ない」と見ているのでなければこういうことは起こらない。

 さらに今後は、在韓米軍を撤退させて平時には他の地域に転用し、有事の際には来援して韓国軍を支援するという、まさに「常時駐留なき安保」に発展させていく構想が浮上しており、19日の李明博・オバマ会談ではこれを来年秋までにまとめることが合意される見通しである。この構想は「米韓同盟未来ビジョン」と呼ばれているが、このような安保の将来ビジョンも何もなしに「米国を怒らせたら大変」とオロオロしてばかりいた日本と比べると、韓国の方が余程「対米対等外交」を実現している。

 さて、旧来のシナリオでは、北が38度線を越えて南に侵略して来た場合、まずは第2歩兵師団が韓国軍と共に立ち向かい、5〜7日以内に沖縄の海兵師団が駆けつけて支援し、米本土からの本格的な大規模来援を待つということになっていたのだが、第一線の在韓歩兵師団が要らないのであれば第二線の在沖海兵師団も要らなくなるのは当たり前ということになる。だから海兵はグアムまで引くことになった。そこまではいいとして、では残りの5000人も何が何でも沖縄にいなければならないのかどうか。

 残るのは、主として、先鋒隊的な最小戦闘単位である海兵遠征隊で、遠征隊は普通、2200人の海兵・水兵から成り、海兵は、水陸両用強襲作戦向け、特殊作戦向け、ヘリ強襲作戦向けの3中隊から成る歩兵大隊のほか、砲兵中隊、兵站部隊などで構成される。第31遠征隊は、第7艦隊傘下で佐世保を母港とする第11水陸両用戦隊(ヘリ空母、揚陸艦など)と連動するが、この戦隊には別の海兵・水平2100〜2300人が乗り組む。遠征隊はまた、普天間(代替施設)のヘリや輸送機、岩国のハリアー戦闘機や空中給油機とも連動する。また沖縄の広大な訓練場も(一部は返還になるものの大半は)引き続き使用する。

 これまでの経緯を一切無視して素人考えで言えば、このように沖縄、佐世保、岩国に分散配置してあちこちやり繰りするよりも、それらの機能をすべてグアムに集約する方が運用性は遙かに高まるのではないか。もちろん米軍側は、60年以上にもわたって慣れ親しんできたこれらの基地を、日本の「思いやり予算」のお陰で安上がりに維持できるメリットを手放したくはないし、またいざという時に遠征軍本隊が沖縄に出張って来ることもないとは言えないから、すべてを明け渡す訳にはいかないと言うに決まっている。けれども、少なくとも日本は、「全部をグアムかハワイに移した方がかえって便利なんじゃないですか」と聞くだけは聞いてもいいのではないか。

●知恵を出せば...

 それでラッキーにも、将来はそういうこともあり得ないでもないという話になれば、普天間代替施設は、これから8〜10年もかけてサンゴとジュゴンの海を埋め立てて本格的な恒久施設を作らなくとも、移転までの期限を区切った緊急避難措置として、嘉手納空軍基地への統合、キャンプ・シュワブの陸上、勝連沖などの県内移転、あるいは吉元=元副知事がかねてから提唱しているヘリの岩国移転などの県外移転も、それぞれの地元の了解を得る道も開けるかもしれない。

 嘉手納統合に関しては、地元の反対は当然として、これまでの日米協議では空軍がヘリの受け入れに難色を示したために頓挫した経緯がある。空軍基地の隣には、それよりも遙かに広大な27万平米の嘉手納弾薬庫の敷地があって近年は弾薬貯蔵量が極めて少なくなっていることだし、空軍と海兵隊の共管でもあるので、そこに小さなヘリポートを作って、C-130やKC-135などの有翼機のみ空軍基地を利用するということも考えられるだろう。

 勝連沖というのは、沖縄本島東岸うるま市の勝連半島から沖合の津堅島にかけての一帯に海兵隊の普天間飛行場と牧港補給地区、陸軍の那覇軍港、航空自衛隊の那覇基地をまとめて集約してしまおうというもので、ロバート・エルドリッジ前大阪大学准教授が提唱している案。エルドリッジは、五百旗頭真=防衛大学校長が神戸大学教授を務めていた時にその研究室で日米関係史や沖縄問題を研究して政治学博士号を取得した米国人で、『沖縄問題の起源』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞を受賞している。彼がこの案を提唱した05年当時、海兵隊側もこれを支持していたと言われており、再検討に値するかもしれない。たまたま彼は去る9月、在沖海兵隊の外交政策部次長に就任した。

 日米双方で石頭の官僚どもを抑えて知恵を出し合えば、よりマシな打開策があるはずである▲


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6264

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 日米同盟"深化"への模索が始まった ── 普天間移転は見直しが当然:

» 【名護市長選】普天間問題の結論を出すのは選挙結果を見てからにすべきだ!【反対派一本化】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 何だかんだと言って、戦後日本における外交政策の基軸が日米安保体制にあったのは紛れもない事実である。  だが、日米両国において劇的な政権交代が起き、かつ世... [詳しくはこちら]

コメント (27)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

石破議員は、アメリカ共和党の人になったかのような発言を国会でしていた。どこの国の議員なんだろうか。

彼にとって、

共和党の利益>日本の利益

なのだろうか。

かといって、共産党の志位委員長
みたいに

「日本は、オバマを見習え!」

ってのも、極端だ。(笑)


そりゃ、民主党政権になるわけだ。

高野様
 詳細な、徹底した解説有難う御座いました。よく理解できました。
 それにしても、一部の、日米政府、マスコミ、言論人の人たちの危機だ危機だという合唱は、全く以っていよいよ不可解です。
 陰謀論は、嫌いなのですが、この一件と、911以来の、イラク、アフガンの経緯を見ると、その背後に戦争と危機を飯の種にする勢力が居るのだろうな、という感想をもってしまいます。

編集部さま

上記エントリーのなかで、タイプミスがありました。人名ですので、訂正されたほうがよいかと思い、お知らせします。

×大田秀昌
〇大田昌秀

単なる連絡ですので、この私のコメントは、削除下さい。

高野孟様

お友達である鳩山由紀夫さんに下記の伝言をお伝え下さい。

鳩山様 

貴方のお家が大金持ちであることは、充分わかりました。ですから、我々庶民にはもう関わらないで頂きたい。麻生太郎氏然り、鳩山家ご兄弟然り、お金持ちのお坊ちゃんの政治道楽に付き合っているほど、貧しい庶民は暇ではありません。

貴方方とお近づきになりたいなどと露ほども思っておりませんので、どうかお金持ちはお金持ちの中だけで人生を全うして下さい。ノーブレス・オブ・リージを実践していらっしゃるのかも存じませんが、一般国民はちゃんとやっていけます。

政治の世界は、大金持ちも貧しい人もいる世界ですから情だけで解決出来るほど単純ではないことぐらいは、お解かりのはずだと思います。

国民は、何も特別なことをして欲しいと願っているのではありません。公平で公正な社会であって欲しいだけなのです。

何故、官僚だけを特別に優遇するのか。
何故、議員と名のつく人が特別に優遇されるのか。
何故、その人達と関係のある人だけが特別に優遇されるのか。
何故、小沢一郎という唯一人にだけ検察が付きまとうのか。
何故、不正を見付けようとする時全ての不正を見つけようとせず、一部の人間だけにするのか。
何故、自民党の献金集めを役人がやっているのか。
何故、同じことをやっても役人なら許され、民間人は罪になるのか。
何故、役人は法律を破っても罪を見逃されるのか。

国民は、育ちの良い人やかっこいい人を期待しているわけではありません。確実な問題解決能力を持った実行力のある政治家を待っているのです。菅さんが知恵を出して欲しいと役人の皆さんにおっしゃっていましたが、知恵は経験や体験から生まれるもので知識から生まれるものではありません。頭でのお勉強しかせず、体でものを覚えるという経験のない人間に知恵など生まれよう筈はありません。

大局に立てない保身だけの役人は即刻辞めてもらって下さい。日本国の官吏である資格がありません。


匿名さま(2009年11月19日 15:19)

ご指摘ありがとう御座いました。

指摘いただきました箇所は修正いたしました。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

アメリカ合衆国がおかれた現状(経済状況)を考えると、彼らがいつまでも在日米軍を現状のまま維持し続けるとは、とても思えません。
そのことを前提として考えなければ、日本の「防衛」など、語るだけ無意味なことです。
高野さんのお話は、その点をきちんと整理されていらっしゃいます。
民主党の皆さんは、この事をどう考えているのでしょう。
自民党や、マスコミでは、これを本当に理解しているのでしょうか。

いわゆる「報道番組」で、この話をする時間を1週間に10分でも取れるものなら、日本人の意識も変わってくるんだろうと思うのですが、残念です。

1泊2日と、3泊4日の違いを、ことさらに日本軽視としか報道できないマスコミ。
今のアメリカにとって日本は、第2次世界戦後の歴史の中で最も重要なパートナーとみられているはずです。
もっとも、そんなことおくびにも出さないでしょうけども。

外交政策の一貫性というのは、前政権が締結した、あるいは交渉中のことは、相手国と改定交渉することすら、行ってはならないことなのでしょうか。
徳川幕府が締結した条約を明治政府が改定交渉をした事をどう説明するのでしょうか?

この沖縄基地の問題は、一般国民・特に本土に暮らしている者にとっては正に対岸の火事にしか思いが及ばず、余り深くは考えたことがありませんでした。

少し興味を持つようになったのも『きっこのブログ』での辺野古、ジュゴンの海に新しいアメリカ軍基地を造らせようという政府案に反対する座り込み住民のお話からでした。自公政権関係者は日本国民よりもアメリカの側に立った政策をしてきた。だから沖縄住民は反対し、何とかしてくれそうな公約をしていた民主党政権を選んだ。ですよね?

しかし、現実的にはイザ政権をとった民主党にも軽々しい決断は出来ない。可なり低いとはいえ北朝鮮や中国、ロシアに対する軍事抑制力と成るアメリカ軍基地の存在は否定できない。しかし沖縄県民の犠牲の元になっている安全に胡坐をかき知らん顔することも友愛精神とは反する。

決断を先延ばすから、総理や外務、防衛各大臣の発言がバラバラでマスコミ・野党の餌食となって只の政局話になってしまう。

ど素人考えで恐縮ですが、高野さんのお話からもアメリカ自体は日本が考えるより遙かに柔軟であり、グァムに基地を移らす方向で外交努力していけば展望が開けるのではないのか?そして同時に憲法9条の改正をし、自衛隊を軍隊に認めさせる大問題の解決。

仮にそう話が上手く進むとしても、十数年は沖縄住民の苦しみは何ら変わらず続いてしまう。せめて結論と年数ぐらいは示すことが国の責任者としての義務では無いのか? 
沖縄の就職率の低さや県民所得もワースト1だと聞いている。国として手立てや補償が必要なのに、犠牲だけを背負わしてしまっているのでは。

無責任に夢物語を言えば、何処かの無人島に基地を移動させられないのか?若しくは北方領土を取り戻し、そこに米軍基地を造る・・・やはり無理か。

別の種類の遙かに小さな脅威に直面しているのであって

いずにせよ、いまの世界平和は 過剰軍事力(overkill military capacity)に乗っかっている側面があるとおもいます。軍事力が過剰であるために、却って軍事力が使いにくく、そのために軍事の要素が一般の目に見えにくくなっている。
実際には 世界平和が過剰軍事力乗っかっているにもかかわらず、それが見えにくいので、
軍事的要素の役割を過小評価することにつながる傾向が出ているのではないか。
逆説的にいえば、軍事力の過剰さを解消すれば、外交の手段としての軍事力が使いやすくなってしまい、
軍事力が目に見えるものになるかもしれない。 

いまの軍事力、特にアメリカや中国のような超大国が有する過剰軍事力のひとつの目的は、心理的な影響力を
相手に及ぼすためのものでしょう。つまり、威圧のため。あるいは、威圧という露骨なものよりも さらに潜在意識に微妙な効果を狙ってのものではないか。 具体的に なにかのために行使するというよりも、ただ 持っている刃物、というようなものですね。 本人は この刃物は絶対に使わないという。しかも、 そのひとは至って常識的な振る舞いをする常識人だ。 しかし、なぜか刃物をもっている。(笑)
たしかに 凶暴な人物ではないようだが、それでも 刃物を持っていること自体がその周囲に微妙な心理的な影響を及ぼす。 この心理的な影響というのは なかなか測定できないだけにやっかいだ。 

確か、数年前にガス田問題が発生したときに、日本が試掘をやるのならば 中国は軍艦を出すぞ といってきたことがある。 正直言って 恥ずかしながら 私は びびりましたね。
そのゆえかかどうかは知らないけれども、 あれ以来 日本側は試掘はやっていないのでしょう。

こういうことで、 やはり 軍事は微妙に相手の心理に影響を与える。 
過剰軍事力は 心理ゲームの要素として使い続けられるでしょう。
しかも、その有効さは おそらく 過剰軍事力を持つ側でないと なかなか把握できない部分があるのではないかと わたしは推測しています。使われる側は それによってどのように影響を受けているのか 自分でも把握できない。それくらい 微妙なものではないか。
使う側は 比較的 その効果が自覚できるはずだ。
つまり、 過剰軍事力の有効性についての それを持っている側と それを持っていない側の間の
把握の度合いの非対称性があると思う。例でいうと、広告宣伝効果と同じようなことがあるかもしれない。
広告宣伝をやる側は その効果について明確に認識している。しかし、それを使われる側は わからないままに商品を買わせられるというようなことです。

思いやり予算があるから、海兵隊が沖縄で新兵訓練をやっているのではないですか?
嘉手納統合を嫌がっている理由も、空軍と海兵隊が仲が悪いという、米国側の都合でしょう。
米軍は思いやり予算の無い?フィリピンからはサッサと撤退したではないですか?
日本政府は米国民にたいして、駐留経費の額を直接伝えるべきです。
地図を見れば判るように、沖縄は日本の防衛に対して地理的に重要な位置にはないと思う、
半島有事を言うなら、岩国や佐世保さらに言えば舞鶴、美保、小松、等の方が重要です。

「米国の要請による自衛隊の海外派遣は、集団的自衛権の発動、・・・(中略)・・・憲法違反の疑いが濃厚である。」

全く同感です。

国連による要請があってそれに自衛隊が参加する場合、国連が間違っている場合もありわけですから、国連絶対主義となってはならず、国会での決議が必要となる。
ISAFはNATO指揮下の多国籍軍。高野さんのおっしゃるように、わけのわからないものに日本が参加することは全くありえないですね。

ちなみに、ある雑誌に、ある政治学者が、ISAFやPRTに自衛隊を参加を検討してもよいのではないかというようなニュアンスを書いていた。暴論であると思った。
絶対にやってはいけないことです。

>このまま過去の合意を盾に普天間基地の辺野古移転を強行し、他の基地についても米国の言いなりに存続させて手を着けないでおく方がむしろ(沖縄県民と国民の感情面から)同盟は危うくなる。

>少なくともここで日本が「在沖海兵隊の存在意義について県民と国民が納得できるような説明をしてほしい」と言っておくことが、後々への布石として意味がある。

全く同感です。

グアム移転について、ある軍事ジャーナリストは、アメリカはグアムの海兵隊移転予定地の狭さを知って、沖縄に基地を作ることにこだわっているとしている。本当でしょうか。その人は嘉手納統合案に賛成している。
その案も、解決案のひとつとして、ありうるのかもしれません。

アメリカは沖縄県民の気持ちに配慮しなければ、同盟は危ういことをしっかりと認識すべきであると思います。
マスコミはアメリカを非難せず、鳩山政権を同盟を危うくする政府の対応であると、自民と同じ論調で叩いていてよいのでしょうか。

確かに基地は無いほうが良いと言うのが目標ですが
日本とアメリカの国益より前に
沖縄と日本の国益に照らし米軍基地の在り方を多角的に検証すべきだと思いました。
確かに冷戦以降可及的緊張は無くなったのではないかと思います。
しかし伝え聞くところの対馬の現状を踏まえると沖縄の将来は不透明なのかなとも思います。
彼の国から見た沖縄の地理的なメリットとその近海の地下資源
国際法の解釈が日本の場合、翻訳されるので、海外の認識における
実効支配の解釈等々
それに対して日本政府の実績(政権交代したので正確には未知数ですが)
少なくとも対馬において自衛隊施設に近接して外資の施設が存在するらしく
これも海外からどう見えるのか
興味があります。
今後、驚異は軍事的なものではなく、合法な驚異も考えられるような気がします。
そうした意味でも、新政権には時間をかけて検証していただければと思います

<高野さん,もうしばらく我慢したいと思うのですが>

結論から言いますと,高野さんの言うような展開にはならないと思います。是非この思いを裏切ってほしいものです。

さて,民主党というのは『ハラハラ,ドキドキ』させますなぁ。政権交代を期待したものとしてもう少し賢く政権運営をしてほしいものです。
高野さんの論理で推移していけば共感も持てるのですが現実は果たして・・・という感じです。
今のところ鳩山さんに確固とした『哲学(戦略)』を持っているとは見えませんね。まして北澤さんとか岡田さんを見ていると。特に,ゲイツさんが訪日して一種の『恫喝』をした時の北澤さんの「急がなきゃ」という趣旨の発言を聞いた時は正直『興ざめ』でした。
高野さんの論理で行くのであれば「あんな発言」でるはずない。つまり,意思統一されてませんね。最初が肝心というのに・・・。まぁ,どうなることやら様子見といたしましょう。
最後に,一言。平野さんは民主党の足を引っ張っていますね。「機密費」発言といい,「非戦闘地域」発言といい困った人ですね。これでは『信頼される政府』は難しいでしょう。彼の資質に疑念を抱かざるを得ませんなぁ。あ~ぁ・・・。


高野孟さん、今回の力の入った論文には、
憂国の士としての秘められた決意を感じます。
一読者として感謝申し上げます。

ほとんどの政官財人、マスコミ言論人が、米国擁護の観点からしか発言できない中、
日本の国益に立脚して発言された勇気に敬意を表させてもらいます。

周りを見渡せば、
現在の安泰を失う危険に屈し、
ただただ権力に擦り寄る御用マスコミ、御用言論人、
そして政治家。

しかし、いつも
なんだかんだ言いながら、最後に
国民は彼らの主張する意見に馴染んでいきます。

そこで国民への洗脳が上手く行ったとほくそ笑むのでしょうし、
だからこそ、いつもいつも本質を隠し、
権力側に都合のいい意見を垂れ流し続けてきたのでしょう。

でも、誤解しないで欲しいのは、
国民はそれが嘘だと知っているということです。
嘘だと知りながら、騙されているのです。

それは自分も仮に、権力に近づく機会に恵まれれば、
同じように権力に擦り寄るだろうことを、
つまり自分の欲深さ、弱さを知っているからに他なりません。

人が嘘を付いているかどうかは、
3歳の子供でも分かっているとは、
よく言われるところです。

ですから、私ごと
自らの欲、弱さにもかかわらず、
私心無き評論、意見を求めてやみません。
これからもよき意見をお願いいたします。

普天間移設先は硫黄島かグアム、社民が検討要求へ
米軍は思いやり予算で遊郭を作れと言うでしょうね。

Trust Me と、鳩山総理は、オバマ大統領に言ったそうですが、この言葉には、アメリカの望むように、最終的には決断しますよという意味が含まれているのでしょうか。

日米の普天間に関する作業部会が行われていますが、日米合意は変えるつもりがないオバマ大統領の意向を踏み出してまで決断できるようなアメリカ側のメンバーではないようです。

残る道は、普天間の一部返還でしょうか。名護に滑走路を作らないようにするためには、普天間基地を規模縮小し、基地の一部を返還するという選択肢もあるかもしれません。

日米関係が深化するには、日本の国防と東アジアにおける米軍の抑止力について、日本もプランを立ててアメリカと議論していく必要があると思っています。もちろん、日本が核を持つプランも加えて議論してほしいと思います。

日本の自衛隊が国連軍に加わって他国で戦闘に参加するのは、合憲であるという意見があるようですが、これについては、非常に疑問を感じます。

コメントされた>久美子様。感謝です。
読ませて頂きました。素朴な問いかけに共振しました。
政治はあまりに複雑怪奇、魑魅魍魎です。わけわかりまへん。
ごく当たり前にあるべき政治をなんで実行しないのか不思議です。

金科玉条の如く国民のためにと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
殆どの政党、政治家がのたまうが・・・・・・疑問符ばかりが重なります。
正義のためには溢れる金の出所はノーマルと解釈しましょう。
生まれ育った環境に金持ちで住もうが次元がちがいます。
宇宙人と揶揄されようが庶民の正義を実現していただければいいのです。
ソウリわかり易い政治は自らの経験と信念で独断されてください。
信頼しています。

鳩山総理とはテレビでしか対面できませんが、テレビを通したうら若きぶら・ぶら・さがり記者面々との、鳩山氏の恐縮しながらの、会見に応じる所作を垣間見ると、ソウリの人柄と人格を覗い知る事ができます。
新しい発想で会見のスタイルも鳩山風にアレンジして頂きたいのですが、かつての自民党スタイルのぶらさがりはいただけません。替わるべきです。番記者は付録品にして国民に直に語りかけるようなセッティングはどうでしょうか。

小沢氏を核として、多数を獲得した選挙後の氏の際立った動きが見えませんが、どのような政局戦略が控えているのかずっと気になります。具体的な方針を知って何ぼの世界ですが、さすがにメディヤのちま・ちまの献金の類がリークされると、政権交代後の司法組織に方向転換を迫る手立てはないのかと思うばかりです。かつては自民党に擦り寄っていたであろう司法と捜査のセクションに自民党の裏庭?あらためを逆に問いたくなります。

自公政治でまともな自民議員への捜査も、出来なかったであろう時代に反旗を翻し、やっと来た公正の法の執行、捜査ができる時代だと思うのです。
自民党政治家の献金額、うら庭?金の類は情報のとぼしい国民から見ても、比較にならない程、多額で不明遼あるのは先刻承知していると思いますが、どないなってますか司法の検察の世界です。
いつまでも小沢、小沢で検察特徴部?のぶらさがりはいいかげん、国民も辟易しています。

高野論説、今回も極めて複雑なテーマで、私如き一市民にはなかなか読み解けませんが、大変勉強になり、いつもと同様、感謝しております。
沖縄の米軍移転問題に関しては、今鳩山政権が米国に対してとっている態度に、ある種の新鮮さを感じています。
つまり、民意による真の政権交代した政権が、これまでの日米関係を改めて検証し直して、当然に行なうべき日本の国益を守る姿勢を明確にして相手国と話し合うという態度だからです。
最高レベルのWGでの話し合いや、今後の外交を見据えて何らかの結果が導き出されることでしょうが、一部マスコミの雑音に惑わされること無く、まっすぐ信念を貫いて欲しいものです。
ただ、素人考えですが、新政権に、ここらでこれまでにない思い切った解決案を打ち出してほしいとも思います。
例えば、普天間基地を完全になくして、辺野古へも移さず、他の国内米軍基地で賄う、といったようなことです。さらに、グアム移転すら再考するぐらいの案です。
数千キロ単位のミサイル攻撃や防御システムが組まれる今、まして、日進月歩で技術進歩が進む時代に、たかが日本のどこでなければならないという考え方すら、カビが生えて使い物になっていないとしか思えません。
かつての冷戦時代の戦略に基づいた、基地と戦力配備をたらたら続けることで利益を得ているのは、果たして私たち日本の一般市民なのでしょうか。
難しくてよく分かりませんが、日本国民が真に何を望んでいるのかに配慮した、新鮮な外交を期待しています。

「これまであなたの家の番犬を我が家の庭で飼って、餌も与えてきました。ところが時々我が家の娘に噛み付いたりして、家族がこの犬を飼うことを嫌がるようになってきちゃったんです。もう私では説得しきれません。確かに我が家の庭にこの番犬がいることで多少は役に立ってはいるのですが、元々あなたの犬で、あなたにとって必要な番犬なんだから、あなたが家族に説明して納得させてもらえませんか?」
って事でしょ?

<安全保障の抜本的見直しを>

米軍の軍事情勢に詳しいハドソン研究所の日高義樹は「もはやカラッポの在日米軍」という次のような論説を展開している。

<以下抜粋>

日本の民主党は「在日米軍は要らない」と発言して、新しい主張をしているつもりのようだが、在日米軍はそういわれるまでもなく、急速に姿を消しつつある。私はこの7月中旬、アメリカ空軍の対北朝鮮爆撃訓練を取材するため、グアム島のアンダーソン基地を訪問したが、そこで見たアメリカ空軍の体制は、日米安保条約の空洞化が恐ろしい勢いで進んでいることをはっきり示していた。

アンダーソン基地のアメリカ第360飛行大隊の作戦担当者、トッド・フィンゲル大佐が私にこういったが、アジアのアメリカ空軍の主力は、嘉手納をはじめとする日本の基地にはもはや常駐していないのである。

「北朝鮮が不穏な動きをすればいつでも爆撃機を出動させる」アメリカ空軍の首脳が私にこういったが、グアムに常駐するB52が爆撃する前に、ステルスのF22が北朝鮮の防衛体制を破壊してしまう。

このようにグアム島のアメリカ空軍が目覚ましく強化されている一方、在日米空軍は急速にその存在理由を失いつつある。在日米空軍の基地は中継地として使われているだけだ。

「在日米空軍、とくに第5空軍は、カラッポのアパートの管理人のようなものだ」笑いながらこういったのはアンダーソン基地の幹部である。

一方、在日米軍の中心になるはずのアメリカ陸軍は施設を保有しているだけで日本には戦闘部隊を置いていない。座間基地に新しくできたアメリカ陸軍のアジア通信センターはきわめて小規模なもので、招待を受けて通信センターを訪問したという知り合いの海上自衛隊幹部は私にこういった。

「座間の通信センターの規模は、艦艇1隻に装備されているのと同じ程度のものだ」

横須賀を母港とするアメリカ海軍第7艦隊は、朝鮮半島に緊急事態が生じた場合には、北朝鮮によるミサイル攻撃を避けて、はるか洋上に避難する体制をとっている。

このように、日米安保条約に基づいて日本を防衛することになっている在日米軍は、いまやほとんど存在していないに等しいのである。

<以上>

ところで軍事専門家の田岡氏も、沖縄に展開する海兵隊のヘリコプター部隊は有事に米国民を避難させるためにあり(実戦部隊はすべてグアムへ移動している)、避難の優先順位もアングロサクソンを優先し日本人も含めたアジア人は一番最後だそうだ。

自民党や外務省はこのような状況を知っていて何とか米軍を引きとめようと(利権を絡めつつ)大盤振る舞いをしているのだろう。

しかし米国人から見れば日本人のために何故、米国民が血を流さなければならないのかという思いはあるだろう。

従って、沖縄基地問題も米軍再編(米軍が日本、韓国から撤退すること)を前提に自衛隊の戦力展開や日米同盟のあり方を抜本的に見直すべきなのではなかろうか。「自分の国は自分達で守らなければ」という思いを強くする。


この国の交渉下手の原因は自己主張下手が原因ですね。アングロサクソンに比べて自己主張が少ないアジア人のなかでも日本人はさらに少ない方だと思います。私は沖縄の人たちは優しすぎるのだと思います。沖縄も日本ももっと自分達の不利益と思われることは真剣に怒るべきです。交渉で真剣みがなければ、後回しにされるのは当然でしょう。

高野 様

本来野党が米国バッシングをする立場であり、そうなれば、与党は動きやすくなるのでしょうが、今の野党が情けないくらい米国共和党寄り。せめて昔の社会党くらいは米国をバッシングして欲しいもの。

それと部下である外務、防衛大臣がもっと強気に発言すれば、鳩山首相も動きやすいと思われ、見ていて歯がゆい思い。

アメリカはいつまで日本に居座るつもりなのでしょう。もうウンザリです。どこまでも図々しいアメリカ、訳のわからない中国、頭の狂った北朝鮮、不気味なロシア、なんでも張り合ってくる韓国、もう皆さん結構です。食料自給率100%、太陽光発電100%、核武装して鎖国したいです。江戸時代のように日本人だけで平和に暮らしませんか。そんな気持ちになるのは私だけでしょうか。

>早雲さん
あなただけではないと思います。特に民主党支持者の一部や社民共産党支持者、市民運動支持者には多いと思います。

高野 様

いつも興味深く読ませていただいております。
さて、普天間基地移設問題についてですが、地元紙「琉球新報」において"呪縛"の行方という特集で移設交渉の経緯が検証されております。
なかでも、交渉の当事者だった守屋元事務次官への取材などは、これまで見聞きしてきた県内移設の理由を覆しかねないものと思われます。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152829-storytopic-108.html
もし機会がありましたら是非、普天間基地の返還交渉の経緯について取材していただき、これまでの政府の不作為を明らかにして欲しいと切に願います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.